タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

オナガガモを描きました

49947943_1820219968078713_391264601473286144_o

谷口高司と野鳥を楽しむ会。
今日のお題はシックなオナガガモの♂。

描いていると、細い首や、小さな目で、ちょっと幸薄い雰囲気なことに気づきます。

でも今日は、幸溢れる、8カ月の坊やを抱いて参加してくださった、会員さんもおられて。
なんとも、ほのぼの。

私が抱いてるから、いいよ、連れてきてっていったの。
そしたら2時間ほんとにいい子で。
一番楽しんでくれたのが影絵でした。坊やの背中で手のひらパタパタやったら大興奮。
なんてチャーミングな。

無垢な命がそこにあると、何で人って笑顔になれるんだろう。
でも机の上に置いたら速攻はいはいしそうになって、あわてたけれど。

会員のみなさまの中には同じくらいのお孫ちゃんも居る方もおられて、ニコニコ。

ずっと胸にたかっていて、可愛かったなぁ。

そんなこんな、いつもと違う雰囲気になりました、戸惑われた方ごめんなさい。
ご参加ありがとうございました。

来週は、今日描いたカモを実際に観察しにいきますよ〜


20年ぶりの外用フリースが、モンペの柄でした。

50302012_1818808094886567_6086068666745487360_n

20年ぶりに、外用のフリースを買ってみました。
前着ていたのは、L.L.Beanの総柄。息子たちとお揃いの青地にお魚柄ので、けっこう写真が残ってる。
懐かしい。
それからあとは、家の中用のフリースは買っても、外用のは買っていない。
温度調整が難しい気がして、つい疎遠になっていました。

今度のはLANDS'ENDの。
送料ゼロ円になるように何か、ってさがしてて『え?ヒョウ柄のフリース作ってるの?』とビックリ。
でもこれは、今度生まれ変わって大阪のオンナになった時用にとっておこうと思って、青い色の小花っぽくみえたのをぽち。
胸に「R」の刺繍も100円で入れてもらった。

商品届いて、わくわく、箱を開けたらば。
「んんんんんんん?モンペ?」
写真では濃茶っぽく写ってるけど、紺地にエメラルドグリーン柄。
よくみたら「ディープシージオプリント 」とある。深海のなんか?

で、よせばいいのに、マフラー替わりの首巻タオルを、色を合わせてHOTMANで買ってみたものの、さらにドツボにはまった感が。

遠藤憲一さんの飛べないおじさんの妖精のドラマ、はまってるけど。
私もこれを着たら、朴訥で、心のきれいな「おばさんの妖精」にでも、なりそう。

お久しぶりの善福寺公園

50269915_1816996135067763_8606976077337722880_n

冬は毎年、善福寺公園での観察会を何回かお願いされています。
下見に行こうねといいつつ、谷口の花粉症がはじまったり、私の咳がおさまらなかったりで、なかなか行かれず。

今日は、午前中は入稿で忙しかったので、午後になりましたが、少し下見にいってきました。

池の水面も、周りの木々にも、がびぃぃぃん!というほど鳥影なしでした。
お逢いする作業中の公園スタッフの方が、口々に「今年はね〜ずっとこんな感じですね〜」とのこと。
そんな年もあるかもね、とも思いつつ。
オオタカもカワセミも居たので。何とか。

公園内もいろいろと変わってきていて、戸惑います。
時代の流れと片づけるのは簡単だけれど、人が入れない場所を確保することも大事だなとしみじみ。

ちょっと昼夜逆転の生活が続いています。
明日はちゃんと点滴打ちに行って、1月、急に忙しくなってきた後半に備えないとと思っています。

祝♪卒寿

50117237_1815351721898871_272594676559642624_n

おかげさまで、母キヨコ90歳を迎えることができました。

実の母マサコさんは、キヨコを産んだとき、まさか自分が3カ月で亡くなるなんて思ってもみなかったろうし。
さらに、その忘れ形見が、90歳を元気に迎えるなんて、想像もできなかったと思うと、何とも不思議で嬉しい気持ちになります。

青春も味わうことなく逝ったマサコさんの分まで、人生を謳歌して、生き抜いて欲しいと思います。

手に持っている写真の額は、週一回でお世話になっている「桃三ふれあいの家」で作ってくださったもの。
一年の活動の中から、母が母らしく撮れている写真をピックアップして、額装してくださるのです。
母がピンクが大好きなので、今年は可愛いピンクの☆を散らしてくださいました。

母にとってデイサービスの日は、とても楽しみな日。
何を着て行く?明日のご飯は何?プログラムは?お出かけは?
と行くまではそわそわ、帰ってきてからも楽しそうに話をしてくれて、母なりに社会とつながりを持てているのだなぁと嬉しくなります。

桃三の方たちには、姑も大変お世話になりました。
なので、母だけではなく、もちろん、私も谷口も、全幅の信頼を置いています。
スタッフの方たちの、的確なフォローと「第三者の視点」があるだけで、こんなにも気持ちが楽になるとは、思いもしませんでした。

週一のデイサービスを楽しみつつ、穏やかに、楽しく過ごしてもらえたいいなと思っています。

101169分の1の奇跡❤

50458273_1813546918746018_9061709755596144640_o

こないだのdewterのデイパックが、あまりに地味すぎて、母が私をみつけられなかったという悲劇が起きたので、ない頭を振り絞って「デコる」ことにしました。

缶バッチは売るほどあるのだけれど(実際、おかげさまでうちの人気商品だし)でも、それじゃあまりに身も蓋もないなって「ワッペン!?」と思い立ちました。

大好きなヤフオクで「ワッペン」って検索したら101169件とかヒット。
そのあとに「ワッペン 野鳥」って入れたら、これまたズラッとでてきて。その中で「お?」って思ったのがカモメ。
何とも可愛い目だし、ワッペンにしてはとてもいい感じ。
しかも日本製って商品説明に。

出品者の方の商品一覧の中から、可愛いと思った鳥を4種、大好きなクマのパディントン、夏にNくんに連れっててもらった太陽の搭をチョイス。
「まとめて取引」をお願いして、再度商品をみていたら?あれ、もしかしてこれって?ってYくんかしら?とモゾモゾ。

「まとめて取引」を依頼すると出品者がOKするまで、出品者情報が確認できないので、連絡を待っていたら、やっぱりYくんでした。
Yくんとは鳥がとりもつ縁で、もう10年以上のお付き合い。
もともとすごい才能のある人で、まさかこんな素敵なワッペンをみつける能力まであるとは!

ほんと不思議なご縁。
メチャ嬉しくなりました。
大事にするね!!

充電式カイロ

49898078_1812587048842005_565830695360921600_o

思わずポチットした充電式カイロ。
Amazonタイムセールでみつけました。
スイッチを入れて触ると温かくなる。
スイッチを切って、ちゃんとコードとかセッテイングすると、スマホの充電器にもなるという優れもの、だそうですが、さて?
マカロンみたいな色で、手触りもいい。
おされなスワロフスキーの石もはまっているし。

これで、きちんと温まるなら使い捨てカイロよりも断然いいんだろうけれど。

何といっても一昨年の暮れのウィーンの空港での荷物検査の時に、使い捨てカイロがひっかかってしまって、大騒ぎだったのがトラウマ。

1月末の根室に向けて、そろそろ準備しないとね〜などといっていたら、もう2週間もないというところで、ちょっと慌てています。
ま、根室は、いざとなればAEONもあるし、マルシェもある、しまむらもあるので、何とかなるのだけれど、ね。

エナガ三態

49840963_1811326548968055_4701086003211796480_o

今夜の谷口高司と野鳥を楽しむ会。

今年2回目の御題は「エナガ三態」でした。
2羽でいいわ、という方はゼロ。
顔の模様は省いて、シマエナガで3羽という方がお一方。

なかなかのチャレンジ精神で、寒さも吹っ飛ぶ講座となりました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

エナガは冬の小鳥の群れのスターです。
コゲラとも相性がいいように思いますし、シジュウカラや、メジロが一緒のこともあります。
観察会をやっていて、小鳥の群れに会うと、とてもほっとします。
小鳥たちはさっと抜けることはなく、行ったり来たり。
その様子をみるのも楽しい。
ドカンと猛禽とかもいいですが、小鳥がくれる小さな幸せ、みたいなものをこの頃しみじみありがたく思います。

deuter降臨

49827648_1807146962719347_1987143254595862528_n

今年、一個目のデイパックはこちら。

GREGORYのスーラ28というレディースタイプを欲しいと思っていたので、いろいろチェックをしていました。
が、Amazonで一夜にして1万円以上も値段が上がるという悪夢のような体験をし、それに連動してヤフオクも同じ商品8000円も値上げした出品者が居て、ふざけろよ、と買うのをやめました。

でも、この頃、谷口がヤワになってきたので、双眼鏡2台、プロミナと、できれば三脚が入る、しかも私の病気系の装備も収まる、背中の蒸れないタイプのデイパック探しは急務でした。

いまある山歩き系のデイパックは2つ。
MAMMUTのは18リットルで小ぶりな上に、背中部分が大きく反っていて真っ直ぐなものを入れにくい。
Lafumaの10年前に買って、まだ使ってない26リットルのは幅が狭くて、これだけのものを詰めると出し入れが大変そう。
大好きなCHUMSはみため重視だから、力仕事は無理で、もとより戦力外。
ということで、まず、背中部分に反りがない太短いシルエットのものを探しました。

探しているうちに思い出したのがdeuterでした。
何故か小文字のdeuter。TRFのように何時か大文字になるのかもしれないけど。

いまから8年前に使っていてdeuter、背中部分のクッションに工夫がしてあって、当時で75%背中に触れる部分がカットされていて背負いやすかったのだけれど。両脇についているネット上の外ポケットが2つとも、デロデロに伸びちゃって、とんでもないことになり、ドイツのメーカーでこれ!?と思いながら処分したのでした。

今回のこの「ウォーカー24」は、ユニセックス仕様。
両脇ポケットの、片方はファスナーつきで500ccのステンレスボトルOK。もう片方のオープンポケットは共布なので、上部のゴムが伸びたとしても何とかなりそうかと。
ま、オーガナイザー機能なんてもともと望んではいないし、にしてもざっくりしすぎだけど。
第一、33%オフのところにもってきて15%オフのクーポンも使えたので全然OK.

先生、これが着いたときに
「え?またデイパック買ったの!?」
とか仰ってましたけどね。荷物を背負うのは私だぞ。どの口が、それをいう?

とはいえ、コーヒー×デニム、の色合いはけっこう地味で、今日、グレー杢のダウンの上に背負っていたら、母が私を探しきれなかったという悲劇が。
確かにせっかくのナイロン製品なので意識して明るい色を買い続けて半世紀近く。
茶色の迷彩系はあったけれど、こんな地味な色合いはなかったな。

ま、ドイツのメーカーにチャーミングな色合いとか望んでもせんないことなので、母には慣れてもらって、私も慣れて、今年一番活躍するデイパックにするつもり。

ちなみに使い初めの日は、水筒・長財布・ポーチハガキ大~B5大まで4個・キャベツ一個・ミニトマト大パック・スペアミント2パック・べったら漬け・ブッツのハム6パック・わかさいも1パック入っても、まだ余裕でした。合格!!

母とお出かけ

49521147_1806978869402823_3823889248545669120_n

昨日のお教室のあとは、母と待ち合わせ。
昼食だけ谷口と3人で一緒に行って、そのあと谷口は御仲人さん宅に。
私は母の用事の付き添いにと午後を過ごしました。

母の今日の目的は
「UNIQLOじゃない新しいお洋服も欲しいわね」
つまりデパート行きたいということですが、お教室の荷物も全部持っているので、新宿や銀座は無理。
吉祥寺東急に行くことにしました。

ローズピンクのダウンを着ている母に、お墓の御影石みたいな色を色違いですすめてくる店員さんとかに、びっくり。
コートって長く着るからこそ好きな色を選ぶと思うんだけどなぁ。
一応すすめられた服を顔にあわせるたびに、母が暗い顔になって行って。
そりゃそうだわと、そこは撤収。
私が山用リュックにトランク押しているので、どこか遠くから来た人と思われたのかもだけれど。

でも、カシミアとかアルパカとかを扱っているお店で、サイズフリーのいい感じのを2枚みつけることができて、母いきなりテンションMAXになりました。
店員さんも押し付けじゃなくて、とっても親切。期間限定のお店ということで、ラッキーでした。
美しいローズピンクのカシミアってなかなかないのよね。

帰り道、少し歩いてみる?といって、バス停を一つ分ゆっくりお散歩。
東京女子大が建てた建造物で富士見坂だったのが、富士みえない坂になってしまった道で、夕陽が私たちを照らしてくれていました。

昨日は父の誕生日。父が亡くなった翌年に、母が
「今日はパパの誕生日よ!」
といったとき、死んだ人に誕生日はないんだから訳の分からんことをいうな、と強くいった娘なので。
今日も母は一切触れませんでしたが、その分一緒に居てあげられたのでよかったかなって。
夕陽はパパからのご褒美?

ホオジロカンムリヅル

49783327_1807155459385164_7987406055384547328_o

今年初の谷口高司と野鳥を楽しむ会。
御題はおめでたい鳥シリーズの中から「ホオジロカンムリヅル」としました。
お正月幕開けはツルとかタカ系とか、を選んでいるのです。

小鳥に比べると、大型の鳥は、バランスをとることがともかく難しいのですが。
みなさま、さすがです。
バランス面もクリアしたうえに、優美な雰囲気もとてもよくでていて、拝見していて嬉しくなりました。
寒い中、ご参加いただいたみなさま。ありがとうございました。

谷口高司と野鳥を楽しむ会を初めて、今年で足かけ19年め。

ご家族のこと、ご自身のこと、会員のみなさまそれぞれある暮らしの中で、それでもこの2時間のために来てくださる。
本当に有難いことです。
そして、せめて、この時間だけは、みなさまが集中して鳥に向き合っていただきたいなって、思っています。
私たちも、みなさまに助けられてばかりですが、今年もよろしくお願いします。

良い一年にいたしましょうね!

PRADA×オキシクリーン

49947105_1805567399543970_520123301209571328_o

とりあえず、洗っておこう的なオキシ洗いを一発。

明日は空の上に逝ってしまった父の誕生日で、ま、そこはもうどうでもいいんだけど、このバッグを買ったのがちょうど20年近く前の1月8日。

これの黒Ver. を持っていて、使いやすかったので探してたら、やっと立川伊勢丹のPRADAでみつけて、迷わず買ったのが、よりによって、ちょうど父の誕生日だったという。

そのあと使ったり使わなかったり。
でも、引っ越しの時も何となく処分しづらく、まだ使えるしなと持って来て普段使い。
うっすら汚れてきたので洗うとしたら今日かなと思い、バシッと洗って、ちょっと気持ち良くなりました。
洗うの2回目だから、皮の部分からの色もでなかったので一安心。

熱めのお湯に、オキシクリーン溶かして、もみ洗い。
ここはゴム手袋必須で。
よくゆすいで、脱水軽くかけて、型崩れしないようにタオルパンパンに詰めて、いまは空気清浄器の上。
明日、外で陰干ししてOK。次はTUMIのリュックだな。

それにしてもPC。何故、メールを送れないのだろう。
受け取れるけど送れない。
もう、電話で各方面にいろいろお話しするという、10年以上前のスタイルに戻ったきぶん。
これはこれで、細かいニュアンスをきちんと瞬時にお伝えできるし、メールやり取りするよりも意思の疎通は早いのだけれど。

明後日、うちのPC番長の次男にお願いしてみてもらいたいなって。懇願しなきゃ。

お年玉

49561101_1804092239691486_4455193464748900352_n

お正月、んぼ〜っ生きてて中だるんでいる年男の谷口に、お年玉のキットカットをお供え。
このイノシシは可愛いかも…あ、もちろんキットカットのほうね。
今日中国の十二支にはイノシシが居なくて、ブタだってテレビでやってたけど。
イノシシの方が干支っぽくていい気がする。
ブタだったら、辰とか寅とかに一発でやられそうだけど、イノシシだったら抵抗しそうだし。

このキットカットは、郵便局の、郵便物だすときのカウンターの横にあったの。
民営化以降、どんな辺鄙な街の郵便局に行っても、あのカウンターの横の棚は、けっこう魅力的な商品があって、ビックリしてしまう。
キャラクターものだけじゃなくて、名産和紙の進化版とかね。

今年こそあのトラップにひっからないようにせんと。

ユースキンA

49454396_1802688256498551_8514158329377849344_o

14歳の時から使っている、私の史上最強の手荒れの友
「ユースキンA」
父が面倒をみていた伯母に付いていてくださった家政婦さんから、「とてもいいのよ」と教わったのが最初。
後々、ユースキンを作っている会社の社長さんが、苦労をかけたご自身のお母さまの、あかぎれ・ひび割れを治したい一心で開発したと聞いて、さらにファンになりました。
その社長さんはサンプルをいつもポケットに入れて配っておられたそうです。

手荒れがひどい時は、ユースキンをたっぷりつけて手袋をして寝る。
それでも治らないときは、ユースキンをたっぷりつけて、薄い使い捨て手袋(少しでこぼこしている)のをして寝ると、手からでる汗のスチーム効果でかなりよくなります。3時間ぐらいがいい時間帯かもだけど。

そして今晩。我が家で最もユースキンの力を借りたい人が降臨。
「ぴぃ」
とか細い声で電話をかけてきた、10連勤中で疲労困憊の次男です。
「晩ごはん食べにくる?」
と誘ったら、夕食を食べに来てくれて、手をみたら案の定ボロボロ。
彼のお仕事は祭事だけでなく、境内や神殿・拝殿の清掃も必須なので、冬は特に大変。
ということでユースキンの新しいの1個空けました。

新しいと効く気がするのよね。

晩ごはん食べて、久しぶりにシン・ゴジラ一緒にみて、同じところで鳥肌立てて、野村萬斎スゲェ、余貴美子さんこえぇなどといいながら、手をずっとマッサージしてました。

早く治るといいね。

ぬりえ、リベンジ

49422669_1799876116779765_1070858509374980096_o

昨秋LOHACOで3Dぬりえというのをみつけました。
7枚ほどの様々な景色をくりぬいてあるぬりえを、付属の切れ目の入った台座に差し込んでいくと、あら不思議、景色が立体的にみえる、というものです。
まかなりアナログな3Dですが、大好きなロンドン、ゆっくり行きたいパリ、いつかは飛びたいモスクワの3つの景色を買って、お正月だからぬってみよぉ!と思ったのです。

いちばん突き当り奥の、なんの切れ込みの入っていないぬりえは、空も丘も木もたのしくぬれました。
でも、問題は、細かくカットを入れてあるほうのぬりえ。
5个らいの枠をぬることからはじめたのですが。
カットしてある細いところと鉛筆の先がぶつかったとたん、先端恐怖症でぬれなくなりました。

もうね、目がちかちかしてダメなの。
コンビニとかのお菓子をぶら下げてあるフックも、モノによっては辛いんだけど。
鉛筆の先は逃げ場がなくて。
あっちゅうまに断念。

それが超悔しかったので、昨日母宅の帰りに、一冊、がつんとした本を買ってきました。
(けっこう負けず嫌い)。
これは端っこぬらなくていいやつね。
っていうか、いろいろ熱心にみていたら
「お客さま、本日閉店時間7時です…」
とジュンク堂のお姉さんにいわれて、その時、握りしめていたのがこの本だったのですが。
でも色見本が一切ないのが、アマノジャックの私にはぴったりかも。
ファーバーカステルの廃番騒動で去年の秋超貧乏になったので、このぬりえは、うちにあったスッテドラーでぬることにするの。
あとはムーミン系のものを少し買いました。嬉しいな。

さ、時間をみつけてゆっくりぬっていこう!

母宅でプチお正月を

49896088_1799842263449817_149600698831470592_n

森下仁丹薬膳お節一段。
無事、冷蔵庫の中で30時間かけて解凍。
このままの形で送ってくるので、とっても気が楽でした。
お重に詰め替えて、とかしないでいいのはホントに楽ちん。

母も
「まぁきれい!」
と大喜びしてくれて、ぺろっと食べてくれました。
何より。

このお皿は、母の嫁入り道具。
ノリタケのセットを買ったそうです。
いまから67年は前のもの。
小さい時はハレの日に登場する、特別のお皿でした。
ということで、このお皿を探して、プチお正月気分を。

母が買っておいてくれた干支のお箸も大活躍でした。

このあとは大泉学園のルピシアにお茶の福袋を受け取りに。

お正月3日にして、少し巷のお正月気分を味わったのでした。

原壽園の冷やしぜんざい

49115058_1798063776960999_7219450187574411264_n
49133120_1798063816960995_5099875855539109888_n
お正月二日目。

昨日は弟のお嫁さん宅にお呼ばれしていた母。
昨夜遅くに電話をかけても連絡取れず。

様子がわからないので、今日の母宅でお正月する用に買っておいて森下仁丹の冷凍お節を、昨夜、冷蔵庫に移すのをやめました。
美味しい食べごろになるまで、30時間かけてじっくり冷蔵庫で解凍し、解凍したらすぐ食べないとNGなので、ダメにするよりも日延べ?と思ったのです。

案の定、母はテンションあがりまくったあとで、そのままの勢いでWelcomeモード。
いまから荻窪ルミネに買い出しに行くと息巻いていたのですが、そのテンションを何とか下げてもらわないと、反動が怖いので、まだお節が解凍できていない事。私も風邪っぽいこと。第一今日の天気予報はとんでもなく寒い!だったわよ、というと、あっさり諦めてくれました。
やれやれ。
これでフェィドアウトしてくれればいいのだけれど。

問題は、うち。
2日に母宅でお正月っぽいことをと思っていたのに、行かないことにして、何とも口寂しいなぁ
と、そこで登場。

原壽園の冷やしぜんざい。
愛する出雲の地にある原壽園は、出雲の素材を使った美味しい金平糖を、作っているお店。
で、これはその原壽園の冷やしぜんざい。

は?何で?冷やし?とかお思いでしょう。
私もね、この寒いのに、何でだよと思うのですが。

これがLOHACOのセールに出てたのは、残暑も遠い8月末だったんだもんなぁ。
あの夏に、この寒さなんて想像もできなかったし。

賞味期限まだ半年あるけど、温めていただくことにしました。うまし!

家でのんびりしまくる2日間。スライムのように溶けないか心配。

明けましておめでとうございます。

49446113_1795802093853834_8730754217309896704_o

新年、あけまして、おめでとうございます。

亥年で年男となる谷口高司&28年目を迎えるフィールドアート社を、今年もよろしくお願いします。

本業の本作りと併行して、「日本で一番コスパのいい講師」を目指し、世界各国、全国各地、お声をかけて頂ければ飛んでまいります。何なりとお申し付けください。

写真は、暮れの街角に咲いていた黄水仙。
冬空に毅然と咲く水仙の花を、いつの頃から美しいと感じるようになったのでしょう。

ナルシストという言葉のもとになったともいわれる水仙の花。
黄水仙には「愛に応えて」「私の元に帰って」という切ない花言葉もあるようです。

うちの場合、「聞いたことはちゃんと応えて覚えてて」「家にちゃんと迷わず帰ってきて」とならないよう、きちんと谷口の体調管理をし、飴と鞭を使い分けて、この一年、呆けずに、生きぬいてもらおうと思っています。

みなさま引き続き、鋭い突っ込みもお願いいたします。

またこの「ブログの説明文」下記内容でしたが、上記タイトル下に内容に変更しました。
ひきつづきご愛読いただければ嬉しいです。
四半世紀が35年に。感慨深いを通り越している感じです。

◆野鳥図鑑画家の夫と四半世紀。着物・きよしくん・演歌・“街森”・アメーバピグ、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々

1年ありがとうございました。

49161300_1793621027405274_3749370127146024960_o

昨日は、長男と彼女ちゃんと待ち合わせて、武蔵関にできたピザ屋さん、オッポラ何たらでランチ。

長男は、前夜まで、関取花ちゃんのライブ三本を含む怒濤の六夜連続ステージが終って、ぐったりだけど、ちょっと余裕ができた様子。
で、前々から約束していたランチをやっと実行できたのです。

横浜にぎわい座に持っていって長男に託した、彼女ちゃんへのクリスマスプレゼント。
行方不明になってたのだけれど、花ちゃんの所に迷い混んでいて、こちらも無事発見✨
彼女ちゃん、ホントに可愛いお嬢さんで、長男がポイされないように祈るばかり。
楽しい時間を過ごすことができて幸せでした。

ピザ、美味しすぎて写メ忘れて、最後のレモンのソルベだけ何とか。

一年をフルコースに例えたら、大晦日はデザートを食べ終わって、ごちそうさまの日。
なので、この写真をあげました。

本当に今年一年、多くの方に支えられ、勇気づけられ、365日進んでくることができました。
ありがとうございました。

ともかく、一日、一日、誠実に。
そして『無事』を重ねることだけを考えてきた平成30年の日々でした。

今年も旅をいっぱいしました。
根室・いわき・伊豆高原・名古屋・根室・大洗-苫小牧・上高地・松江出雲・豊岡・新潟・小海・軽井沢・我孫子・大洗-苫小牧‐八戸・大阪・
旅の空の下に50日以上居たことになります。
旅先で私たちを迎え、お世話してくださった方々にも、心より御礼申し上げます。

明くる年には何があるかは誰もわかりませんが、強く、明るく、晴れやかに進んで行かれたらと思います。

頂いたすべてのご縁、すべてのご厚意に心より感謝して。

駆け足駆け足

49178439_1793623594071684_201840575031279616_n

昨日の大掃除(気分)がまだ中途半端な状態だったのだけれど、今日は長男たちとお昼へ。
前々から行きたいね、とリクエストされていた武蔵関に新しくできたピザ屋さんへ。
楽しいおしゃべりと美味しいピザで、大満足のランチでした。

そのあとは荻窪郵便局本局→井荻のしまむら→西荻窪の紀ノ国屋→オリンピック→サミット→母宅と、本当に関東バスの一日乗車券さまさま。
風がどんどん強くなってきたのですが、あまり寒い思いをしないで済みました。
自転車で移動できる距離かもだけれど、こういう時は迷わずバスですね。

そして年に1回のお楽しみ。日本レコード大賞を。
はじまる時間を18時と思い込んでいて、急いで帰ったら、17時半から。
時間を間違えていて幕開けきよしくんは終ってましたね。
そのあといつ優秀作品の発表になるかと、待ちに待って4時間。
やっと「勝負の花道」歌ってくれました。やれやれ。

写真は荻窪本局でみつけた、使用済みインクカートリッジの収集箱。
あっというまに箱の外側にプリントされた
「公益財団法人日本野鳥の会」
の文字に引きつけられていました。

とてもお世話になっている、濃いご縁のある団体なのでセンサーが働くのかな?

さ、明日一日で今年もお終い。
もう少しお掃除頑張ります。

カオスとの闘い

49348331_1792646224169421_8869500949668823040_n

この辺りの可燃ごみは基本収集日が月・木。

だけれど明日の日曜日に臨時で収集とあったのは…
これは神さまが「お掃除をしろよ」といってることだと思い、5袋捨てたところで、ビニール袋に入ったままのMOEのムーミン特集号を発見。
2018年の手帳が付録って、あと2日で2018年終わるのに、今頃めっかってどうする?

で、さらに2017年の大量の領収書などを発見、凹みつつ3袋捨てたとこで、さっきのムーミン特集を探すも何処かに行ったまま。
そして計8袋のゴミを捨ててもなお、部屋の中のカオスは収まるどころか負のオーラを出しまくっている。

途方に暮れたわたしをみあげる、Hちゃんからの韓国みやげ「旅かえる」くんポーチ。
なぜ、日本発祥の「旅かえる」が韓国に!?
とここもカオス。
でもはやこれが正常なのかもと。

とはいえ獣道が林道にはなったかな。
と、昔もそう発言して3日で逆戻ったけど。

いやいや、がんばれ、まだ収集車到着まで9時間あるぞ。

今年こそ領収書は毎月整理しようと思ったんだよなぁと、遠い目になる私。
来年こそ、だな。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ