タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

足元はロゼット祭り

54217275_1909718799128829_4808122429383639040_o

こないだ、いつものバス停を下りて、ふと振り向いたら、他所の御宅の作業所の入り口が、ロゼット祭りになってました。
タンポポとかカラスノエンドウとか。
地面すれすれに葉を放射状に出したバラのような模様にみえる状態で生えている草のことがロゼット、というのですって。
薔薇→ローズでロゼット?なのかな?
花が咲いたり、背丈が伸びたりしたら、何の草か調べるのはまだ何とかかもだけれど。
こんなぺったんこの状態では何だかわからない。

文一のあの本をこういう時に持ってないと、ね。
ロゼットの薄い本なのだけれど、この本を手にしたときに沸き立つ気持ちがなかなかのものでした。

この時期持って歩かないと、だよね。

遅まきながらインコフェスタ2019のお話し

インコフェスタ2019

すっかりUPを放念しておりました。
先日のインコフェスタ2019のブースの様子です。
お顔馴染の、包みボタンの包み屋さんや、クールな布モノの山鳩さんも一緒で、和やかな時間でした。
お立ち寄り頂いたみなさま、ありがとうございました。

フェスタの内容は、かなりお勉強度の強いもの。
「かいどりまつり」とは色合いが違って、野生インコの猛者と呼べるような方たちが4名、スピーカーで登場。
金曜夜の関空発飛行機で、タイのカオヤイまで行き月曜関空着で戻ってくる、なんてバリバリハードな方もおられました。
ま、アジア、やろうと思えばそれはできるかもだけれど、身体がついて行かない予感。

スライドも150万羽のセキセイインコの動画とか、ひたすらものを食べている他人と思えないインコとか、けっこうワイルドな一面も覗きみられて、新鮮でした。

そして、こういうイベントでは必ず襲ってくる睡魔も…すいません準備で睡眠不足なことが多いので。
流れるビデオに当然入っている、インコの、そりゃもう大きな鳴き声で、ばっちり、目が覚めていたというおまけつき。
大型のインコが大きな声なのはもちろんだけど。
一番気の毒に思ったのは、ジャングルそばのコテージの話し。
夜遅くまで大型インコが行ったり来たり。朝も早くから大声でミーティング。
つまり宿泊者は安眠できないシチュエーション。
セキセイちゃんだって150万羽って数になるとね。
もう、音を立ててずわぁぁぁんと動く黒い雲です。

写真は企画運営をされたAちゃんが撮ってくれたモノです。
Aちゃん、何からかにまでお世話になりました。
ありがとう!

ウルム、ぐわんばれ!

54204352_1906189222815120_8911312662453813248_n
スマホのゆる〜いゲームに「旅かえる」というのがあります。
以前流行った「猫あつめ」と同じ会社のゲーム。

お金をかけるところがない、というか課金ゼロで、ひたすら、旅に出るかえるを支援するゲーム。
ゆるいだけあって、スマホを変えた段階で強制終了。
また、一からやらんといけなくなる。
これが引継ぎできないおかげで、私のひび割れたスマホは一年間、哀れな状態になっているのですが。

その「旅かえる」
うちの子はウルム。
ドイツの街の名前。素敵な街だったので、かえるにつけてみました。

で、ウルム、今日は何処に旅に行っていたかといえば、お友だちの蝶々と一緒に、アオバズクの前に出くわしたらしい。
紙で顔隠してますけどね。カエルは好きじゃないんじゃない?むしろ、お友だちの方が危ないんじゃ?
でも、このアオバズクの指、見事ですね。
ちゃんと前2本後ろ2本で枝を掴んでいる。

ちゃらけた絵だと、フツーの鳥のように足指3本前のフクロウ、よくみますけどね。
これはちゃんとしてるとこに好感。

こんなところに好感度感じているって辺り、今日も家で蟄居という流れです。

あ、夜に次男が来てくれたのが、ま、今日の一番?

不思議な木に会う

53673267_1903072509793458_7384192527319957504_n53593384_1903072549793454_2454657454152089600_n

昨日の目黒・自然教育園でみかけた木。
園内には樹齢3000年を超すおろちの松や、物語の松をはじめ様々な巨木がありました。
江戸時代からずっと人が自由に出入りできなかった場所ということで、無用な伐採がなかったのでしょうね。
生えている木、すべてにストーリーがありそうな感じ。

写真左は、空から悪魔が出て来そうな。
写真右は、大木に行かないでと後ろから羽交い絞めしていそうな。

そんな物語を作れそうな木がいっぱいありました。

こういう木に、真夜中に出会ったらどんな気分かしら?

ローラ・インガルスの名作「大きな森の小さな家」。
私が小学校3年生の時から大好きだった物語で、少年少女世界文学全集の中で、唯一表紙の綴じが緩くなるまで読んだ本です。
その中に、ローラの父の幼少時に、夜の森を歩いていて、フクロウの「ホーホー」という声が「Who?Who?:誰?誰?」と聞こえてとても怖い思いをした、という描写がありました。
今から半世紀以上前、私の実家の周りも充分自然が残ってはいたのですが、夜に外を出歩くことなど皆無で、このときのローラのお父さんの気持ちだけは想像がつきませんでした。

いまだに、ホントの闇の中を延々歩いたことはないのですが、もし、夜中にこの、自然教育園を歩いたら、それなりに、かなり怖い思いをしそうだなと。
こんな木をみて思った次第。

目黒自然教育園

53615556_1903065939794115_1554993832934768640_n

谷口高司と野鳥を楽しむ会。
今日は目黒の自然教育園に行きました。

最初の予定は、田無の東大演習林だったのですが、下見の時、工事の関係か鳥影が全くなく…
あ、正確には、ヒヨドリ2羽しかおらずで断念。
久しぶりに自然教育園に行くことにしたのです。

こちらは、縄文時代に遡って人が住んでいたエリア、そのあと大名屋敷になったり、明治大正時代は弾薬庫になったり、と、長い歴史を刻んできた場所です。
でも、人が自由に出入りできなかったことで、貴重な植物が自生している、都内でも稀有な場所です。

鳥もそこそこ楽しめたのですが、植物が面白かったです。
アマナ・カタクリ・ユキワリイチゲ・バイモ…せめてこの4つぐらい、今度みた時に名前がいえると良いなぁと思う花にも会えました。

季節の変わり目で、ご本人やご家族が体調を崩された方もおられたので、今日はこじんまりと。
でも、中身の濃いお散歩ができました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

園内、通路の両脇でダントツ多かったのはアオキかな?

写真は、アオキの雌と雄の見分け方をレクチャー中の谷口です。
このくらいの動きならOK。

橋寛憲さんの一筆針金いきもの:カツオドリ

53720100_1902480189852690_978548465204199424_o

ART IN PARK HOTEL TOKYO 2019
先週末に開催された、パレスホテル東京でのアートの祭典に、お友だちの針金造形作家の橋寛憲さんが出品されていました。

阿佐谷OPPOで作品を拝見したばかりでしたが、21時までということで、インコフェスタ2019終了後、東新宿から大江戸線で汐留まで急ぎ行ってきました。
26階27階全部の客室が、日本中のギャラリーさん一推しの作家さんのもので飾られていて、圧巻でした。
2728号室は、名古屋のギャラリーAPAさんのお部屋で、オーナーの女性もとても素敵な方。
針金の生きものたちを作る橋さんと、アクリルの人物像を描かれる方との作品で部屋の中はワンダーランド。

いつか会いたかったカカポも、ペンギンも、想像以上の大きさで大迫力。
小さいカエルの作品群も、ヤモリも、ネコも…
ツインルームの半分が橋さんのスペースでしたが、所狭しと並んだ作品に大興奮でした。

ベッドヘッドにいたのはカツオドリ。
あまりに可愛い、一筆シリーズ。
橋さんに無理をお願いして、ちょっと体調が心配なお友だちのために、もう一羽、作って頂きました。
小さな可愛い鳥、お友だちがおうちの壁に飾ってくれて、喜んでもらうことができました。
良かった!
橋さんに感謝です!

打ち合わせ

53476519_1900913693342673_9165528194701328384_n

今日は母を連れて吉祥寺へ、母の用事を済ませがてら、ランチをかつくらで。
そのあと買い物に付き合ってバス停でお別れ。

そのままダッシュで駅まで向かって、別行動だった谷口も集結、新しい本の一校をみながらの打ち合わせでした。
中のページ立てを云々いうと、また大きく変わって来てしまうし、そこは編集者の方の考えを重視。
あとは表紙をどうするか、導入部分のフォントやデザインをどうするか。
叩き台があれば活発な意見の交換ができます。

自分が携わった本が、書店にならぶのは、もちろん嬉しいのですが、私が一番好きなのは、この工程です。
やわらかくふわふわしていたモノが、きちんとかたちになっていく過程は、とてもワクワク、エキサイティングです。

ま、そんな私の気持ちの気持ちの高揚を知ってか知らずか、今日の谷口のチョイスはイチゴタピオカミルク?。
タピオカが好きだなんて知りませんでした。
で、そのタピオカに辿り着くまでが、とっても大騒ぎで、原稿を横におきながら、けっこうこぼしてくれて。
まったくもって。なことでした。

ま、本ができてくれれば、まったくもってな出来事も、楽しい思い出になりはするんだけどね。

大洗のこと

53916317_1897331050367604_430515826555092992_n

先日のインコフェスタの最中、次男からの着信がありました。
はて?と思って、折り返し電話をすると、やにわに
「シラス、食べる?」
「おぉ食べるに決まってんじゃん!」
「おばあちゃんも食べるかな?」...
「喜ぶんじゃない?」

もうすぐ30歳、遠路、大洗から、親と祖母用にシラスを持って帰ってきてくれました。

次男が、それはそれは熱心に大洗に行くようになったのは、アニメ&映画の「ガルパン」こと「ガールズ&パンツァー」の聖地巡礼からでした。
ガールズ&パンツァーは大洗港に係留中の学園艦で暮らす女子高生が、茶道・華道と同じように女子のたしなみとして戦車道を極める、という荒唐無稽な内容のアニメです。
でも、女子高生でも下着がみえない設定、しかも、古い戦車を操り、大洗の街を縦横無尽に走るという、想像しがたい内容なのです。

でも。
とてもまじめに作ってあって、女子高生の発する言葉の一つ一つが心に響き、何度観ても涙が出るシーンがあります。

3.11以降、福島に近いけれど、茨城ということで忘れられた被災地だった大洗が、このガールズ&パンツァーの聖地巡礼で年々賑やかになり、年一回の大イベントだったあんこう祭りも、震災前の4倍の人が訪ねるまでになったと聞きます。
これも施しではなく、ガールズ&パンツァーファンと地元の方々との交流が成せたこと。
これからも良い関係を保てればいいなと願っています。

まだまだ震災の影響が残っているところも、多いのだろうと折々に感じます。
いま、ここに居られる幸せを噛みしめて、日々を過ごしたいと思います。


渡良瀬遊水地へ

53742515_1898191320281577_4191913176389910528_o

年に一回のお楽しみ。
今日は、古河 丸満餃・・・もとい渡良瀬遊水地でのバードウォッチング💞
日本野鳥の会群馬県支部探鳥会にお邪魔しました。
Tさんご夫妻はじめみなさまに、いつも優しくしていただいて、ありがたい限りです。

JR古河:こが駅に、お迎えに着てくれたNちゃん号を降りたとたんに。
ものすごく紅い羽色の、ベニマシコが、お出迎え。
おおおおおお‼️
思わず、
「さ、Nちゃん餃子行こか🎶」
と口走ったのは内緒。

タゲリも、シギ類も、シメの群れも、ミサゴも観られて大満足。
4時間睡眠で、朝6時半起床で来たかいがありました。

来週には渡良瀬遊水地は人い範囲で野焼きされます。
あたらしい季節の始まりですね。

帰りはもちろん、古河 丸満餃子でみんなでランチ。
真ん丸の餃子を楽しみました。

もちろん渡良瀬を歩くのはちょっと難しいかなぁ、行くのに一時間半以上電車乗るし…
と、今回涙で断念した大玉先生にも、丸満餃子をお土産に、買ってきてあげました。
車内、美味しい匂いが蔓延…

ペットボトルを買わない作戦

53520568_1896582743775768_2727598180521738240_n

ステンレスボトル&補給用ボトル。
今年に入って、なるべくペットボトルを買わない作戦を実践中。
荷物は増えるけれど、しょうがないですね。

ペットボトルを捨てないで済むのは、かなり精神衛生上もよい。

そして、お茶はいろいろ好きなんだけれど、それは家で楽しむことにして、持って歩くのは水だけにしました。
薬も飲めるし、ボトルに茶渋もつかないし。
なんなら途中で入ったお店とかでも補給できるし。

10分に一口、水を飲めばインフルエンザにもかからない伝説も、今のところ、まるっと当たってるしね。

今年頑張ることの一つが頑張ってお出かけ中の水を持つこと。

先日の環境教育関東ミーティングで、お茶や水も、その場でボトルに入れて売ってくれるシステムがあればいいのに、と話しが出ていましたけれど、激しく同意。
コーヒーばかりが飲物じゃないのに。

今日のインコフェスタ2019は、長丁場なので1リットルボトルに生ハーブティーも持っていきました。
フェスタの様子はまた後日お知らせします。

アオフウチョウを描きました

53435242_1895835080517201_2403230306023768064_n

今夜の谷口高司と野鳥を楽しむ会。御題はアオフウチョウ。
昨年のヒルトン東京・ヒルトピアアートスクエアでの作品展では、ご案内ハガキに登場してもらった鳥です。

背中の美しい青と、お尻のホワホワな毛と。難しいかな?と思ったら、みなさんすごく上手に表現されていました。
風の強い中、ご参加いただきありがとうございました。

実際は観ていなくても、みなさんにはハガキで馴染のある鳥なので
「みてみた〜い」
という声が多数あがりました。
「でもね、ヒルとか、ヘビとかいるところに居るの」
と高司がお応えすると、ふと流れた空気感が
「だから?」
私だけではありませぬ。
モノともしないマダム達ばかりで、うふふ。
鬼が出ても蛇が出てもツチノコがでても。
きっと平気。

強く生きて行かないとね!

美しいお花、いただきました。

72彩のお祝いのお花晶子ちゃん我家の2月は、大玉先生お風呂場転倒事件でで、あわわわわでした。
転んだのが2月の最初の谷口高司と野鳥を楽しむ会の当日。
ということは、あっという間に4週間過ぎたわけですね。
やれやれ。

少し落ち着いてきたとはいえ、いまだに、お出かけはジャージのズボン。
コルセットが頑強すぎて、手持ちのズボンは入らない。
でも、あとは靴下はいたり、床のものを拾ったりできるようになったので、いいかなと。

落ち着いた頃をみはからって、Aちゃんがお誕生日プレゼントでお花を送ってくれました。
フラワーアレンジメントを習っているAちゃんが「元気になるように!」とビタミンカラーを選んでくれたのですって。
72歳、大喜びの図。
お花は幾つになっても笑顔がこぼれますね。
ありがとうございました。

レモングラス&ミントで宇宙戦争を

53439519_1893117317455644_3859060327710720000_n

レモンバームを扱っているお店はそこそこあるのだけれど。
レモングラスを扱っているお店はかなり少ない。

荻窪タウンセブン地下にある八百屋さんでは、3回に1回はお目にかかれるので、あったらば買い。
天地を少し切って、真ん中で切って、洗って保管。
ミントの葉もけっこうもつけれど、こちらもかなりもちます。

ミントの生葉に、レモングラスを数本、少し爪で切れ目を入れてマグカップに。
熱めのお湯をいれると香りが立ってしゃきっとします。
ここのところの私の大のお気に入りです。

今日は出張に行っていた次男が、春休みということもあって、お土産を持って来てくれました。
もちろん、お昼と夜をうちで食べて行きました。
そんな予感もしたので、昨日真夜中に、ブロッコリー茹でて、キウリの甘酢漬け作って、豚汁も4リットルの鍋ギリギリまで完成させておいたの。
大正解でした。

で、次男は大玉先生と映画を観るのが小さいころから好きでした。
いまは付き合ってくれる風なのだけれど、それでも、一緒に観ると楽しいらしく、今日は「アニー」と「宇宙戦争」の二本立てを。
ミュージカル映画はとても苦手。ギリギリCHICAGOは、ギアさまが出ていたので観たけれど。
でも、アニーは罪がないからいいわね。

問題はトム・クルーズは 何処までいってもトム・クルーズの、トムが主演の「宇宙戦争」
これは著しく疲弊しました。
スピルバーグは何をしたかったのだろう。
怪獣ものの怖さではやはりゴジラが群を抜いている気がします。
アメリカもんの「GODZILLA」じゃなくて、日本産「ゴジラ」の方ね。

思いがけない強制休養みたいになったのだけれど、天気も雨だし、咳も出るしで、ま。良いか、な一日となりました。

ミツユビカモメ

BlogPaint

3月最初の谷口高司と野鳥を楽しむ会。
カモメはカモメでも、ミツユビカモメを描いていただきました。
雨上がりの変なお天気の中、お運びいただいた会員のみなさま、ありがとうございました。

ミツユビカモメ。
なかなか会えないけれど、でも会えたら嬉しいだろうなぁ〜楽しいよね〜
身近な鳥だけでなく、そんな鳥も御題に入れています。

3月のあと2回は、アオフウチョウと、キレンジャク。
4月はドードも描きます。
会員のみなさまのリクエストを頂いた鳥も散りばめてあります。

ご興味のある方、ぜひ!

谷口はこのあと都心に会議にでかけ、私は関東バスの一日乗車券で行ったり来たり。
一回家を出たら、全部の用事を済ませようという、ちょっと欲張りな気持ちにさせるのが一日乗車券。
母宅にも、ハーブの土を買いにも行けたのでOKです!!

ここだけ爽やか

53352479_1889412001159509_3817483279053881344_o

いつもは、マグカップにミント&レモングラスを直入れのワイルドなハーブティなのだけれど。

今朝は、ポットにハーブをたっぷり入れてマグに注いでみました。
新茶の日本茶のような鮮やかな色。
美しい。

でも。
我家で爽やかなのはここだけ。

私は、昨日の大荷物で肩こりバリバリバリーさん。
40年リュック背負い慣れてますとは大声でいえるけど、重さ的に10kg越えは早々ないかも。
ホントは上に伸びていくタイプの方が入れやすくて積みやすいのも重々承知、なのだけれど、いかんせん、私には背丈がない(凹)

その大荷物を背負って昨日の雨の中帰ってきたらば、一昨日脱いだ私の洋服が洗濯籠の中にそのまま放置してあって、しかも、自分で着替えたものも洗っていない。
何故!?選択するっていったでしょ?
量が少ないから云々。
は?じゃ私がいまここで抱えている、昨日今日のけっこうな量の洗濯物のことは考えてなかったわけか!?

さすがに怒りましたね。
どう考えたって2回洗濯機をまわす量。しかも浴室に干しきれるかどうかも微妙。

天気悪いし、晴れたって花粉とんでるし、この時期は浴室乾燥機の世話になるしかないのに。
しかも、その洗濯物を干すのを、本人お手伝いのつもりで、めちゃ二度手間だし。

置いておいたご飯食べただけって、ハムスターのお留守番みたいじゃない?
超ムカつきました。

なので、もちのろん、今日も大玉先生とは朝のご挨拶程度で、相当な距離を保ったまま。

あ、ナロンエースが写ってるな。
頭も痛くなるわ。

ムーミンのカップは昨夜、我が家の空気を読まずに来ちゃった次男の名残。
なんだかレモングラス噛んでたのが可愛くて、置いてある。

環境教育関東ミーティング2019の2

53086083_1888399437927432_582580011253366784_n

今日の八王子は朝から雨でした。
といっても、目覚めたのが9:11。
久しぶりの9時間爆睡。
一昨日が点滴ハイで2時間睡眠だったり、薬飲んでだったりとはいえ、まさかこんなに寝てしまうとは。
良かった、バスとかでのお出かけだったら居残り隊だったところです。

当然、任意出席でエントリー済みだった早朝プログラムも行かれず、ご飯もとっくに済んで、全大会も終って、もう分科会がはじまっている時間。

20分で、洗顔&歯磨き、血糖値測ってインシュリン打って、荷物を詰めて、着替えて部屋を出るという荒業。
インシュリン打っちゃったから、何か食べないとヤバヤバになるので、講座のディスカッションの時に、同じテーブルの方に事情をお話しして、パンを食べさせていただいてと、何ともな展開になりました。

分科会はマイクロプラスティックの話し。
海洋のプラスティックゴミは以前から話題にもなっていたけれど、鳥の話し的には漁船の網の混獲の方が、先決問題だった印象でした。でもトリポールがいろいろな国で導入されて、この問題は落ち着いてきて。
さ、プラスティックの方はと思ったら。
身体の中にぎっしりプラスチックゴミが入って死んでいる、大型海鳥の写真に驚愕したのが半年ほど前。

大型のゴミだけでも問題なのに、そのゴミが、波にもまれ太陽光で砕け、マイクロプラスチックになり海に浮遊しているという。みえないゴミの影響。そこで私たちが何ができるか。
もう、話しが複雑になりすぎていて、大きな宿題を頂いた感じです。

多くの方に逢えて、多くのことを学んで、そしてそれをどうこれから活かしていくのか?
自分でできることを探りながら進んでいこうと思います。
世話役のみなさまのご尽力に感謝しかありません。

写真は、私が思い切りぐっすり眠れた松下館。
個別にユニットバスもついていて、古いけれど清潔な建物でした。

環境教育関東ミーティング2019

53392902_1887380988029277_7591293634129952768_n

環境教育関東ミーティング。
楽しみにしていた、八王子・大学セミナーハウスでの、イベントです。
野猿峠の奥の方、小高い丘の木々の間に点在する建物が、とてもユニークなかたちをしている、学びの場。
中には、故松下幸之助さんが建てた「松下館」という宿泊施設もあり、今夜はここへお泊りです。

お昼を目安に、関東近県から、三々五々、行動を目指して参加者が集合。
そこで普段なかなかあえない方々と、普段知ることもないまま終わっているテーマで、普段使わない脳をフル稼働させていきます。
写真は、メイン会場での、ポスター発表の様子。
興味を持ってくださる方が多いのが嬉しいです。

場所は抽選で13番に決定。
え?13って何だかじゃない?と思いかけて、息子が神主していて、なぜその母が「13」にびびってるんだかと、踏ん張る。
去年と同じ場所でした。違和感なし。

今日から3月、頑張ろうっと!

53241736_1886064211494288_1783467951140110336_n

今日から3月。
というわけではないのですが、俄然、忙しくなってきました。
5月に大きな作品展が決まり、もうずいぶんと先のお仕事まで、調整をしていただいる段階、本当にありがたいことです。

今日はお昼過ぎまで、関係各所に電話やメール。
そのあとは東京メトロ24時間券で行ったり来たり。
納品も、点滴も、中村屋のピロシキも、ミントも、母宅慰問も全部クリア。
点滴打たずに、グダグダしているよりも、もしかしたら、効率が上がるのかもしれません。
吸入と点滴で、息ができる=酸素が体に入るのって、こんな助かることはないなぁ。

で、明日は「環境教育関東ミーティング2019」の参加。
ポスター発表をさせて頂くことになりました。
「野鳥図鑑画家の描いた、美しく正しい野鳥イラストを用いた自然保護への啓蒙活動や、その入り口としての体験”タマゴ式”鳥絵塾のご案内」
がテーマ。
長い時間をかけて読んでいただけるとは限らないので、端的に数ページにまとめてみました。
とはいえ、大きな紙を丸めて持っていく自信もないので、小分けにして現地で張りつける作戦です。

谷口は当然、「良い子」でお留守番ですが、ま、台紙に貼るくらいはお手伝いお願いしてもいいかしらんと。
ううううん、コルセットが痛々しい?

CP+2019、KOWAのブースに♪

CP+2019

今年もパシフィコ横浜で開催される「CP+2019
「CP+」はカメラや写真の大きな祭典。
カメラ好きな方は、一日中居たいくらい心弾むイベントだそうです。

いつもお世話になっている興和光学さんも、もちろん出展されます。

今年の「ねむろバードランドフェスティバル2019」で、興和光学さんとお逢いしたときに、展示用にとコースターをお求めいただいて、「CP+」で使いたいと伺っていたのです。
北海道の鳥だけじゃなくて、ふつうの鳥も、と仰るのでスズメやカワセミなども、そのあとにも追加でお送りして…
ワクワク、どんな使い方をしていただけるのかな?と楽しみにしていました。

そして今日の午後、こちら現場です!のような素敵な写真を、スタッフの方が送ってくださいました。
なんと嬉しいこと。ありがとうございます!

おぉ、うちのエナガちゃんが、あ、オオワシもオジロワシも!
キレイに並べられて、明日、お客様に観られるのを待っているかのようです。

双眼鏡も、プロミナも、鳥を観るための有効な道具。
それをアピールできる会場で、谷口の描いた野鳥が飾られている。
想像するだけで、とても胸弾みます。

興和光学ブースは「G-43」とのこと。
みなさまぜひ!お立ち寄りくださいね。

#cp+2019 #興和光学 #KOWAの双眼鏡 #KOWAのプロミナ
#KOWAの双眼鏡明るく観えて大好きなの #鳥を観るならやっぱりKOWA

おかげさまで順調に回復中

52796988_1882485225185520_2779728633839747072_n

大玉先生、整形外科受診日。
欠けた背骨のピラピラ、マイコルセットの位置が下にずれていたにもかかわらず、順調に回復しているそうです。
今までは週一の受診だったのですが、今度は一ヶ月後の受診。
みなさま、ご心配おかけしました。
あとはいい子でコルセットを3カ月ハメ続けて入ればいいみたい。
しばらくはジャージじゃないと、ズボン入らないのでご容赦くださいね。

そして、午後は、某お仕事先に。
5月に出る本の打ち合わせです。
新宿駅の駅弁屋さん、壁いっぱいのサンプルの中に、タマゴ型の駅弁をみつけて色めいております。
一体どこの駅弁かしら?
もちろん、このあと一直線で目的地まで。

午後いっぱい使って、思い残すことがないよう、内容のチェックにあてました。
久しぶりに脳を使ったみたい→大玉先生が。
72歳でも、笑顔で迎えてくれる方がいてくださって、お仕事くださる方もいてくださって、ホントに幸せなものだと思います。
日々感謝を忘れずに進んでいきましょうね。

記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ