タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

谷口高司と野鳥を楽しむ会会員作品展のお知らせ

62438839_2044339889000052_4673264532213202944_o


谷口が主宰している野鳥を描いて観て楽しむ「谷口高司と野鳥を楽しむ会」。

新宿御苑インフォメーションセンター1階アートギャラリーをお借りしての、会員作品展が、今年で10回目を迎えます。

今年のテーマは「”タマゴ式”で描く街の中の鳥」

野鳥だけでなく、動物園や水族館、博物館でも会える鳥が登場予定で、会員のみなさま、いま、ものすごい勢いで仕上げてくださっています。

美しいご案内ハガキがいま、届きました。
谷口の絵の特徴を理解し、最大限に魅力的なデザインに仕上げてくださる「鳥の印刷ベクトル」さんには、感謝しかありません。

◆会期:2019年7月9日(火)〜15日(月・祝)
◆時間:9時〜18時半・最終日15時
※昨年より閉廊時間が延びています。
◆入場無料・会場内撮影録画禁止

お待ちしています。

麗しの梅

62539256_2045005382266836_7794289027082878976_n

Yくんちの梅。
今年もたわわに実をつけてくれたそうで、我が家に送って来てくれました。
嬉しいなぁ、
部屋中、とてもいい香り。

昔は梅って何だかダサい、垢抜けない花!って思っていたのですが。
寒い中、いの一番で花を咲かせ、花だけでなく香りも楽しませてくれて、しかも実までつけて。
なんて偉い花だろうと、絶賛リスペクト中です。

Yくんちで花が咲いた時、虫の代わりに、彼が一生懸命受粉作業をしてくれたんですって。
大きい体の彼が、ハチの役をしている姿を想像すると、何とも愛おしいです。

ほんとに毎年ありがとう!

梅干しも作りたいけど、今年は煮梅も作ろうかな?
少し、この香りを楽しんで追熟させてから、作業に入ろうと思います。


うふふ、届きました

62134067_2043190429114998_7822739405847658496_o

Amazonできよしくんのアルバムとムックを頼んで、届いたのが2口。
違うところからの出荷?と思って開けたら、なんと!成島悦雄さんからお送りいただいたご著書でした。

成島さんのご著書は、動物と半世紀近く歩んで来られた視点で書かれたものが多い。
この本は、本をマンションに見立て「ああ今日もウン〇ディナーさ」という衝撃的な第一のお部屋から、か最後65号室ニホンカモシカまで、獣医さんならではの視点で、絶滅危惧種を監修されたもの。掲載されている動物のメンツをみるだけで、かなりワクワクしています。
私は一時、獣医の多い世界で過ごしてきたけれど、こんなクセのない威張らない獣医さんは初めてで、大好きな方。
なおかつ、長男の高校の先輩=市田の後輩ということで「のりぴ」と対で「なるぴ」と呼ばせて頂いて、敬愛しています。

そして、なるぴの御本の後ろに隠れているのは。
きよしくんのアルバム「新・演歌名曲コレクション9」。

きよしくんのアルバムはこれで34枚目?35枚目なのだけれど、初めて、オリジナル曲とカヴァー曲がミックスされていての構成。
いままではオリジナルが前半6曲、カヴァーが後半6曲という展開だったけれど、このミックスが、もう、素敵すぎて。唸っております。
「うそ」の色っぽさ 「海の匂いのお母さん」の男くささ、一転「百万本のバラ」の妖艶さ。
20年コツコツまじめにやってきて、改めて、他の誰でもない「氷川きよし」を生き始めた印象。

今まで私の中でのベストなアルバムは「男気」だったのですが、おっ!!と目が☆になっています。
お勧めです。

資生堂パーラーの缶

62015770_2039239899510051_1220553207860690944_n

実は私は、バッグや、リュック、が好きなだけではありませぬ。
水筒、保存容器、柄つきジブロック、いわゆる「容れモノ」系全般が好きです。
当然…
缶や箱も大好き。
美しい缶をみると、中身は何であれ、嬉しくなる。

中でもシーズンごとにチェックをかかせないのはGODIVAとユックモック。
中身も美味しいうえに、缶のデザインがキュートなんて、ドキマキしてしまう。

今年は、頂きものの可愛いGODIVAのイチゴ柄の缶と、ユックモックの春の缶が、増えて幸せ。

そこへさらに、大人な幸せが、加わりました。
お友だちから頂いた、資生堂パーラーの超ベーシックな「花椿ビスケット」。
海のように深いブルーのふた。
そしてボディは、その美しいブルーとホワイトのストライプ。

あまりのおしゃれ感に眩んだほど。

ただ、この六角形のかたちを、活かして使う術がありませぬ。

さぁ、どうするかなぁ?
クッキー食べながら、考えようっと。


ファン道って?

62174834_2034508289983212_2753189717385150464_n


ガールズ&パンツァーの映画の舞台挨拶チケットが、昨日の10時スタートで発売、だったらしい。
次男から朝一の着信履歴があったけど。
私は薬疹を抑えるために、抗アレルギー剤飲んで爆睡中で気づかず。
結果、援護射撃はできなかった。
スマホからの方が早くアクセスできる説もあるけど、もともとのパイが少ないからしょうがないか。

ごめんね、とメッセージを入れると
少し愚痴が続いた後に
「しおどき?」
と返ってきた。
おまえ、こないだは大洗まで聖地巡礼してたろうと思いながら、母のファン道への思いを綴る。

,△譟好きかも期
燃え上がり期
2燭何でも期
ちり取り期
ゴ鵑蠹困じ守り期
ΧΔ棒犬て行く期

ファン道は軸・幹・芯さえぶれていなければ、枝葉の部分はどうでもよくなっていくのよ。
貴方はその次のステージに上がったんだわ。と返信。

お返事ないから、納得かしら?と。

いったっぱじゃ、息子といえども失礼だから、自分のことも分析してみた。
ガールズ&パンツァーの「茶道・華道・戦車道」にかけて「ファン道」とは?だね。

たとえばきよしくんに例えると。

,涼奮
当初は色物認定だったのに、カラオケで「きよしのズンドコ節」を歌えなかったのが悔しくて、CDを買ったらカップリングの「恋送譜」に心が震えた2002夏

△涼奮
いろいろ調べていくうちに生の声が聞きたくなり、至近時期で開催の越谷チケットを購入、あまりの歌のうまさに驚愕したのが2002.9.13

の段階
行ける範囲のコンサートに何が何でも行きまくる。
2日4公演とかもこなし、ハワイ公演にも個人手配で行く。劇場公演は名古屋・東京・大阪、初日、中日、前楽、千穐楽メインで通う。
もちろんヤフオクに出ているきよしくん関連の切り抜きを大量購入&雑誌も3冊は同じものを購入

い涼奮
きよしくんは好きだけど、劇場公演は歌の時間が少ないからなぁ、いいかなぁ行かんでも。
そして、私の中で最難関の姑の世話が終わって、きよしくんに助けてもらわないでも元気を使いきらずに済むようになったのも大きな要因。

イ涼奮
新曲は出たらその日に買うのは継続。
でも、コンサートや「うたコン」は行かれる範囲で、行かれたらラッキー
もちろんニュースのチェックとかは欠かさない。

そう、足掛け18年応援してきて、私はいま、きよしくんに対してはッ奮。

つんくや森進一さんはΔ世福
ドールハウスは
FROG STYLEは、不良在庫抱え気味の
「きのう何食べた?」は
そして鳥はδ兇┐討襪も。

今まで、気持ちもお金も、いろいろ注ぎ込んできたけれど。
一度の人生だから、微塵の悔いも無しでございます。

写真はDAM氷川きよしPremiumデュエットの扉。
こんな感じで誘われちゃうと、い涼奮に戻りそうだけど。

結婚指輪

62605323_2038188392948535_4556404248820056064_o
テレビ東京「きのう何食べた?」。

先週は休みだったので、待ち望んでいた放映。
今夜はシロさんがケンジに指輪を買ってあげる話しがメイン。

頭と最後だけダイレクトに観て。
合間は大玉先生大好きな「タモリ倶楽部」にチャンネルを合わせるのは、じっくりビデオで観たいから。

ビデオを観ながら、そういえばうちにも「結婚指輪」なるものがあった?と探し出してみたら。
大玉先生無邪気に
「どこの指にするんだっけ?」
『は?忘れたんかぃ!?』
と内心思いながら放置していると、ハメてみたら指が抜けないと大騒ぎしはじめました。

ビデオ中断して
「石鹸ぬってクリクリしてみれば?」
と、指南。
「あんたも、太ったんだから気をつけないと…」
って大きなお世話だわ。

同じ指輪でも、ケンジの思いと、うちのタコの思いは雲泥の差。
といってる私も最初の2カ月くらいで外したしなぁ。

梅雨入りの始まりの雨

61991826_2037398019694239_7009364898832449536_o<br clear=”all”>
雨はまだ降らない?と、お昼前にテラスに出た時に、ぽちぽちと降りはじめました。

この雨が、梅雨の始まりになりました。
それからひたすらずっと降っていますね。

6月生まれなので、雨も大好きです。
被害のない程度に、ちゃんと雨が降って、ちゃんと梅雨が明けて、ふつうの夏が来てほしいって、心底祈ります。

数日前から粘膜系が痒くて、薬疹?と思いながらも薬を飲んでいたのですが。
耳の穴まで痒くなるに至って、さすがにちょっと。
最悪の拷問は痛みよりも痒みって聞いたことが歩けど、まさにそんな感じ。

糖尿病系の薬で、前も同じような症状がでたことがあったので、とりあえず、ちょっと休止。

1日飲まずにいたら、少しいい感じになってきました。

薬は毒。ともいうので、ちょっと慎重に。







縛られた感たっぷりな荷物

62055303_2036084059825635_5276111072502218752_n

すっごい縛られた感が強い状態でAmazonから荷物が到着。

中身は…醤油。
奥出雲古式井上醤油の「こはく」とか「造り」は、関東では大磯の「いづ常」さんでしか売っているのをみたことないし、松江の行く予定もないので、Amazonで。
割れずに届けばいい、んではありけどね。

そして、鍋の持ち手。
30年くらい前のVita CraftRの5層4ℓの両手鍋。かなり気合が要った買い物だった。
そのあと7層が出て、しくった?と思ったけど、電磁調理器は使わないので関係なかった。
毎日とはいわないけれど週3位、いまでも登板しているからとっくに元はとれている。
でも、ガス台で鍋を置く位置によっては持ち手が焦げる、というか不注意で焦がすor火が強くて焦がす
→すぐ気づいて鍋の位置をずらす
→を延々繰り返すと炭になる→
怖くて持てないくらいユルユル、になったら持ち手だけ交換する。
前は伊勢丹まで頼みに行ってたけど、Amazonで買えると分かって、ぽち。

そして一番欲しかったのが「CUT」という雑誌。
テーマが「食べる男」にときめく。
先週「きのう何食べた?」が放送お休みだったので、ロス埋め。

わずか6000歩ほどの母との散歩だったけれど、起きられないくらい疲労困憊して、昨日は一日撃沈でした。

母とお散歩

62139769_2034124736688234_2950028223179653120_n

昨日はお昼から絵をご注文いただいたお客さまと、お打ち合わせ。
可愛いお孫さまへのプレゼントということで、ご希望を伺いながら、世の中の方に谷口の作品をご利用いただけることの幸せを噛みしめておりました。

そのあと、谷口は、もう一本打ち合わせで都心に。

私は、母が気がかりだったので、彼女の好きなアップルパイを携えて母宅まで。
肩が痛いから、水着の脱ぎ気が心配ということで、プールはお休み。
肩が痛かったり、足がつったりで、ちょっとやさぐれ気味だった90歳。
ならば、と荻窪ルミネまで、遅いランチを食べに向かいました。

どうも「つな八」でも「つばめグリル」でもない、そんな気分らしい。
じゃ、お寿司?ときくと
「たまにはいいわね」
と賛同をいただきました。

旭鮨は、小さい時、下高井戸本店に父が良く連れて行ってくれたお店。
さらに遡ると、母が私がおなかに居たとき、陣痛が来たけど食べ終えてから、という根性みせたお店でもあるので、何だか好きなのです。
以前は、ちょっと?な雰囲気だったのですが、けっこうコスパがいいランチに変身していました。

食べてくれるのが一番。

氷川きよしPremiumデュエット

61924336_2032858520148189_6807323022978973696_n

超久しぶりにカラオケ♪に行ってみました。

まぁ、声が出ないこと、出ないこと。
声を出すのが商売なのに、声が出ないのではダメじゃん?とかなり根性を入れたのですが、大玉先生も私も、3番までもちませぬ。
まだまだ修行をせねばです。

とはいえDAM。
こないだのDAMでは、何処を探してもなかったものが、今日のDAMにはありましたね!
きよしくんと歌が一緒に唄える「氷川きよしPremiumデュエット」。

10の扉があって、10の曲のタイトルが書かれている。
歌いたい曲を入れると…
きよしくんが、それぞれの扉に誘ってくれて。
衣装も舞台設定も違うきよしくんが、待っててくれるという、うふふな展開。
しかも、歌いやすげな歌ばかり10曲。

きよしくんと、まさか「麦畑」をハモることができる日が来ようとは。
最高でした。
しかも始まりと終いの言葉がそれぞれ違う。凝ってる。

きよしくんファンならエンドレスで3年は居られるくらいの、楽しい空間。

大玉先生に帰れば?っていったんだけど、ま、先生は先生なりの挑戦で、90点台連発。
鼻の穴全開での3時間。

歌うと肺が楽になる、のは何故?

カイツブリLOVE

BlogPaint

6月最初の谷口高司と野鳥を楽しむ会。

今日の御題はカイツブリでした。
鳰の浮巣のカイツブリ。
姿の愛くるしい、日本人に馴染みの水鳥ですね。

以前、新宿御苑での作品展用に、みなさまと観察会に行ったとき、和風庭園の池で、背中にヒナを乗せたカイツブリに遭遇。
会の中で、とても人気の高い鳥になりました。

今日は、そんな光景を思い浮かべながら、親鳥、エサをねだるヒナ、さらにそれより小さなヒナ、という3種類のカイツブリに挑戦。

みなさん真剣に取り組んでくださいました。
3羽も挑戦していただいて大変だったと思います。
でも、もう、何処で、どの段階のヒナにあっても、全然OK!ですね。

蒸し暑い中ご参加いただきありがとうございました。

善福寺公園のカイツブリは、この頃繁殖がうまく行っていません。
今年はどうかなぁ。




シャトレーゼ

61669497_2026167174150657_3963016987453423616_n


昨年10月「小海・星と自然のフェスタ2018」でお世話になった小海リエックスホテルは、シャトレーゼというお菓子屋さんが経営母体。
ホテルも居心地が良くて、ご飯も美味しくて、社長さんが素敵な方で、お菓子もいっぱい頂いて、幸せな時間でした。

今年の、小海・星と自然のフェスタ2019は10月26日(土)27日(日)。
もちろん私たちも伺います。

そういえば、田無にシャトレーゼの支店があったと、先日小平の帰りに寄って、いろいろなお菓子と一緒にお教室のおやつを調達してきました。
シンプルな素材の、素直な味のお菓子が、やっぱり一番好き。
うふ。
みなさま、喜んでくださるかしら?

シャトレーゼのすぐそばに、1時間に2本ほどですが、花小金井―吉祥寺の西武バスが通っていて、ちょっと意外な展開。
駅まで歩いて西武新宿線に何駅か乗って、駅からまた歩いて家に、と思っていたのに。
至近のバス停を通るバスが、ここを!?
おかげさまで、帰りはとっても楽ちんに帰ってこられました。

もし、根性があれば、青梅街道をまっつぐ行ったり来たりすればいいのだけれど。
そこまではなぁ。

でも、こんなに行きやすいのなら、通ってしまいそう。

できあがり!

61593737_2027537900680251_7290076960502317056_n

すっきり!
鉢植え完了しました!

木曜日に点滴に行った帰りに、中野しまちゅうまで歩いて、鉢を買い。
金曜・土曜と、「底石5リットル1袋+観葉植物の土6リットル2袋」を各々買いに2回爆チャリし。

主役は奥の鉢。母が35年前に、東府中の花屋さんから京王線→井の頭線→関東バスと抱えてきてくれたベンジャミン。
3本の木をねじって一本の木に仕立ててあって、そのうち1本はとっくにダメになったけれど、いまだに元気で、もつけてくれています。
引っ越し4回したけれど、ずっと、家で家族写真を撮るときには必ず写ってた木。

手前の木はガジュマル。
これはベンジャミン降臨の少し前、38歳にして高司が初めて実家を出た記念?で買いましょう!え?買うの?とかで、新宿丸井のリビング館で喧嘩になった、もの。

実家を出て小さなマンションに移って、グリーンがなくて味気ないかなって思ったんだった。
小さな素焼きの鳥の鉢に入っていたのが。こんなに大木に。

小笠原母島の廃校になった小学校に、ガジュマルの巨木が壁のようになってたけど、そこまではね。

気がかりの

61605257_2027427554024619_5109459658448306176_n


もう一つの気がかり。
ベンジャミンたちの植え替え作業。

引っ越しやら何やらで、植え替え時機を逸していた我が家の35年物ベンジャミン。
鉢から外すのが大仕事。
「いっそのこと鉢叩き割ろうぜ」
「どうしてそんな無茶なことを…」
無茶というなら、あんたが何とかしなさいよ、ということで、大玉先生、額に汗して根っこ剥がしていました。

「お茶にしよ!」
というので、職人さんには塩分かしらと、いぶりがっこを出したら
「こういう時は甘いもんだろう!」
はいはいはい…
やっぱ、鉢割ればいいんじゃね?などとグチグチ云いながらも暗い作業を二人で。

スポッと抜けた時はさすがにVサイン。
「採ったどぉっ!」
けっこう根っこがびっしり生えて、瀬戸物の鉢内側一面に貼りついていたもんね。

うちにあるもので、と思って、全然切れなくなった、VICTORINOXのベジナイフと、かみ合わなくなったトング
を伸ばしたので、キコキコキコと鉢と根を剥してっと。

そんなこんなで、気がかりの△皺燭箸クリアかな?

気がかり

61356697_2026145877486120_2469483114322198528_n

実は5月31日、ギリギリのタイミングで、長男&長男の嫁ミッションで小平へ行ってきました。
お墓の草むしりです。
混んでいる時は線香の臭いで発作が起きるのでNG。
さらに今年は谷口の腰椎横突起の骨折で行かれずじまいだったのです。

芝vsドクダミの闘いは芝の圧倒的な勝利。
芝ならずっと生えててもらいましょうと、無駄に抜かずに。
いつもの手順ですべてのお参りを終えた後、同じ小平に眠る、高野伸二さん令夫人のお墓参りも行くことができたました。
一夜明けての昨日、朝一のfacebookで、4年前の6月1日、「フィールドガイド日本の野鳥 増補改訂新版」の出版日だったと分かりました。
前の日にご挨拶に行ったのは偶然だったのですが、ちょっとほっとしています。

宿題は早めに。本当にそうね。

写真は雑木林。
絵にかいたような…
小平霊園の奥にあった、もう、とんでもなく素敵な雑木林があって、日没まで、口を開けてシジュウカラのヒナをみていました。

がんばる6月

61900990_2026892284078146_4709306415997517824_o

6月最初のお仕事。
まず早起きで、谷口高司と野鳥を楽しむ会の秋のお楽しみ、お泊まり鳥散歩の宿泊先予約を、8時半ちょうどにスタート。
無事に確保できました。ほっ。
いつものお教室の講座用の会場をお借りする時よりも、緊張。

いつもは晩秋なのですが、今年は宿泊先の改修工事との関係で少し時期がずれます。

この一週間で、例年参加させていただいている秋のイベントの募集の詳細も、4ヶ所から届き、気分はもう秋、かもしれません。
先を考えながら、日々過ごせることの幸せを噛み締めて、6月もがんばろっと思います。

キッチン窓辺のガーベラ、昨夜saleで4本200円だったので、母宅に3本、うちに1本。
母にはいつもピンクの花を持っていくところを、コスパ優先で、オレンジ。
でもオレンジの花も、めちゃ元気が出そうで好きかも。
シジュウカラのステンドグラスは、大阪のソウルメイトOさんからのプレゼント。
毎朝、ご挨拶をするのです。




Bean to Bar

61449181_2022682584499116_9112284168032616448_o

市貝で逢ったフィリピンのお友だちAlexとまぁちゃんから、チョコレートを頂きました。

チョコレート大好きなので、やった!と一口食べると、もろ、カカオの味。
すごく骨太、しかも1个盍鼎ない!!

いろいろ調べてみたらば。
フィリピンの方たちはチョコレートが大好きで、国としてもカカオ豆の栽培にもすごく力を入れているとか。
だからいつも美味しいチョコレートをお土産に下さるのですね。

さらに、
「Bean to Bar(ビーントゥバー)」
と呼ばれる、カカオ豆の状態からチョコレートにするまでの行程を、一人もしくは一つのブランドで作る、specialなチョコレートがあるそうです。
ビーントゥバーとはBtBとも表記されるんですって。

他のカカオ豆を混ぜたり、香料とか混ぜたものは、ビィーントゥバーとは呼ばないらしい。

つまり超高級品な本物の純度の高い手作りチョコ、ということなのね。

カカオそのものの味を楽しめる、大人の嗜好品。
ミルクで溶かして飲んだら、最高のチョコレートドリンクになるかも…と思う辺り、私はまだまだお子ちゃまかも…と思っていたら、大正解。
Mikeliちゃんが、詳しく作り方を教えてくれました。
お湯やミルクに溶かして、好みのミルクや砂糖を入れて楽しむんですって。

Alexにいわせると、これでウヰスキーを飲むと最高!らしいんだけれど、ねぇ。

さ、美味しいチョコレートドリンクを作って、6月、がっつり乗り切ろうっと。
みなさま、よろしくお願いします。






ゴジラ?

61254383_2020424394724935_8531358260354088960_n

先日、宿直明けの次男が、立川に映画を観に行った帰りに
「晩ごはんを食べに行こうっ」
てメッセージをくれました。でも、母は気分が乗って、山盛りおかずとか作っちゃったあとだったので、
「うちへおいで」
と返信。

荻窪ルミネの茶屋に電話をしたら、次男の好きなスワンシューがまだあるというので、大玉先生パシリで行ってもらって、ケーキだけは用意。
お誕生日は出張でお祝いまだだったし、でも、さすがにケーキふぅ〜って年じゃないかなと。

その後しばらく経って、次男降臨。
ご飯を食べてから、何とゴジラ系の映画をAmazon primeで2本観覧。

KEN WATANABEの出ていた米国2014年版の前作。
世界のKEN WATANABEが、問題解決に何の活躍をしたんだか?的な戸惑いはあるものの、かなりブルル😱

主人公の骨太イケメンくんが、2012年版「アンナ・カレーニナ」で妖艶な演技をしていたアーロン・テイラー=ジョンソンとわかりそっちが驚き。
この映画はドイツの行くときの往復の飛行機で見入っちゃって、帰ってからDVD買ったほど、どはまりしたの。

そして、もう一本のゴジラは、1954年版。
CG全盛の時代でも、いや、そういう時代だからこそ、アナログ以外の何物でもない、荒削りなゴジラのこの凄味が半端なく、真夜中に目が覚めるという展開。

肝心のケーキは?というと。
スワンシュー2個と、サバラン1個、ゴジラ並みの食欲で平らげて、嵐のように次男は帰っていきました。

ゆるいお誕生日会だったけど、おめでとう!
これからも健康に気をつけて、がんばってね!

8010♪パレットって読むの。

61131257_2013908725376502_6629006069727232000_n
話しが少し前後しますが…

二荒山神社のあの長い階段の上り下りで、すっかり疲労困憊した私たち。
そのあと何としても食べたくなったのがフルーツパフェ系。
体よくいえばビタミン補給的な。

Googleで調べたら、何とホテル至近の駅ビルに美味しいお店があるらしい。

でも、暑さでぼぉぉぉぉぉっとしていて、店の名前わからなくて。

駅ビル2階の案内のお姉さんに聞いたら、1階のちょうどその辺りです、という極めてわかりやすい教え方をしてくださって。
なだれ込んだのが、8010:パレットというフルーツパーラー。
14106:愛してる、みたいな感じでしょうか?
とても長くお商売をやっている老舗のフルーツパーラーとのこと。
店内はモノクロでクールな雰囲気。
そこに果物がくるとさらに輝いて見えるという心憎い演出でした。

とちおとめのゼリーを頂いて、外に出ると。
レジ横のフルーツサンドイッチ、パンに合うスペシャルなクリームを使っていてとても美味しい、と地元のマダムに教わって。
とちおとめ、ぎっしり!!
思わず戻って一個買って、感涙するほど美味しく。

市貝から戻って帰りの電車に乗る直前にも買ってしまいました。

でもね、電車、来るときは四人がけだったのに。
かえりはフツーの中央線のような向かい合わせのシートで。
食べるのに、ちょっと勇気が要りました。
あ、こぼさないようにもしなきゃだったしね。

またこんど、栃木・宇都宮を訪ねることがあれば、
泊まりはメッツ、餃子はみんみん、フルーツは8010、に行こうと思います。

60966620_2017465631687478_8540338779271987200_n

幻覚?

61156757_2015218375245537_8225540259413229568_o

「あれ?サシバ!?」
と壁の影をみて、一瞬どよめいたのは、酸欠の頭だから?
何しろ、体育館の小学校に、ぎっしりの人。
しかも緞帳で前方はふさがれているので、風の通りもイマイチ。
生きて帰れるかしら?と思う気持ちも薄れるほどの暑さ。

途中、ポスター発表の会場に行くときにみかけた影が、一瞬サシバにみえてしまったのです。

午前中は、
「サシバ?」
「気持ちよく鳴いてるね?あの辺?」
っとお友だちの岩手大東先生とキョロキョロ探していたら。
テープでサシバの声が流れていたという、何ともな展開。

でも、サシバの繁殖数が日本一確認されている市貝という場所だから、という期待要素が大きいとね、あるあるかもしれません。

栃木がとても暑いから、運動会は午後はしないで云々というニュース本中で入ってきて。
もちろん、市貝も快晴の極み、農作物がよく育つ場所といわれるのが、よくわかります。

気力で乗り切った昼下がり。
大幅に終了時間が延びて、気づいたら宇都宮駅へのバスの発車時間に迫る勢い。
とんでもなく、アワアワな後片付けとなり、さらに消耗したのでありました。

こんどはもう少し、ゆっくり来たいな市貝に、って思いました。
私たちは急いで帰るけど、サシバたちは、この豊かな自然の中でのびのび子育てしてほしいです。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ