タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と四半世紀。着物・きよしくん・演歌・“街森”・アメーバピグ、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々

とびうめ国文祭、ナマでみたかったなぁ

朝からパソコンに張り付いてこちょこちょ打っておりました。

途中で「とびうめ国文祭:国民文化祭in福岡」のオープニングセレモニー
をNHKテレビで観て…きよしくんがこの一大イベントのメインゲストで
とても頑張ったもののダイジェスト版。
昨日の夕方3時間近くのセレモニーを43分にまとめたものです。お〜皇太子様の前で、6000人越えの観客の前でこれだけ堂々と何曲も歌い上げて…声もでていたし、◎でした。
福岡行きたかったなぁ〜残念。

うちでこちょこちょパソコン打ってるってことは「お豆」が炊けるってこと?と思って、すごく久しぶりに「花豆」を炊きました。黒糖と洗糖ブレンドしたらお砂糖控えめでも美味しくできました〜ささやかな幸せ。

16キロの大荷物

この雨の中、中野の次男の学校の保護者会へ。
そして、中野ブロードウェイで国土地理院の地図と本をを買って、練馬大根酵母で作ったパンを大量に買って、ユザワヤでバードフェスティバルに必要なものを買って、そりゃもうの大荷物。

帰って荷物もったまんま体重計に乗って計ってみたら16キロもの大荷物持って帰ってきたことが判明…こんなもの抱えて歩いちゃいけませんね〜

でももっと驚いたのは、久しぶりに計って知った自分の体重だったりして!

で、雨はさらに強くなり、結果明日のボーイスカウトのハイキングは中止となりました。
え〜〜ん!長男がリーダーの補助で、次男はスカウトとして、秋の川苔山ハイキングが予定されていて、わざわざ買いに行った地図は、川苔山近辺の地図だったのです。この山は地図の隅っこのあるので結局4枚も地図を買わなきゃいけなかったのですね。大出費!
ホントは次男が買いに走るべきなのですが、赤点の古典と格闘中で…そしてつぶしちゃいけないと必死で持ってきたパンも、二人のお弁当用だったの…

プールの塩素が大敵!?

ご機嫌だったプール!のはずが塩素に思いっきりやられてしまって、そこらじゅうボロボロ!痒いところと赤いところとで、やっぱり、プールの塩素ってきついのね。行く前にちゃんとクリーム塗ってシャワーもきっちり浴びたのにね…がっかり。

こないだ長男の幼稚園時代からのママ友達Smちゃんと、ばったり会って「元気〜?」って聞いたらお寿司で蕁麻疹が出て、顔以外は全身痒かったんですって…
その話を”奥様”という感じの知り合いの方にしたら、奥様口調で「皮の厚いところにはでないんですって」と3回も言われて「私ツラの皮は厚いってことですか〜?」って突っ込みそこなって悔しいと言っていましたが。

今日の私の場合は足の裏とおなかにでなかったので、その奥様説によれば腹の皮が厚いわけでぇ。じゃ痩せないのも当然?ってこと?

そんなですっかりテンション低くなっちゃって家でこつこつと、バードフェスティバルの準備にパソコン打っておりました。
いじいじ…

お久しぶりぶりの、プール

昨日病院で疲れたのかなぁ…すっかり肩バリバリに!
でも整体に行っている時間もないので、すっごく久しぶりに、上井草のスポーツセンターに出かけました〜
どのくらい久しぶりかというと水着探し当てて、帽子探すのに1時間かかったほど…ってまとめておけという話ですけど、水着って久しく着ないと肩のゴムがクワクワになるのですね〜

びっくり

そして6時目指してチャリこいで。2年前までは年会100回以上通っていた道が、まぁ遠いこと、坂のきついこと。
この寒さなので、プールはガラガラ。水中ウォーキングコースも、貸しきり状態。入って20分ちょっとで軽く500米歩いてしまって疲れちゃいけないと、後はちんたらたらと約1時間。

出た直後は感じなかったのに、帰りモスバーガーで一息ついてたら、肩がほこほこしてきて、効果絶大!
あ…モスは何で行ったかと言うと、水中で思いっきりおなかが鳴ってお昼おむすび一つということを思い出したからで…

ま、今日は、ダイエットじゃなくて肩こりほぐしで言ったしね。
と言いつつ、蒟蒻ライスバーガーという腰の引けたチョイスは半端?
もちろん帰りの坂もすいすいと。たまにはプールもいいかもと思った次第。

ぐったり

午前中長男がお世話になっていた高校のPTAの人から、卒業を祝う会のことで電話があって、お話し。

そのあと入院手術まで2週間をきった母の、病院での説明を受けに荻窪まで
もちとんお神酒徳利のように父も一緒。
83歳と75歳。偏屈な父と毎日付き合ってる母もそれなり頑固で
わずか3時間のお付き合いなのに、おもいっきりくたびれてしまいました。
楽しく年をとっていくのってほんとに難しいのね〜

ぉお〜すごい雨!

そりゃもうの雨でしたね〜

そんな中、ベクトルさんへ。双子と呼ばれるY子ちゃんの名刺つくりに同席。彼女…というか彼女と夫君の夢のが一つ一つ形になっていくのを見ていくのってとっても幸せ。インターネット導入も彼女のところが一番手で、どんなに便利か力説されてもわかりづらかったのが遠い昔の出来事のよう。
国生活9年の知恵もいっぱいのY子ちゃんとは、会話が途切れることがまったくないまんまもう12年のお付き合い。
いつもは私一人がしゃべってる感のあるベクトルさんに、もひとり騒々しいのが乱入?でお仕事邪魔しちゃったかな?

で、ユザワヤへ…Y枝ちゃんに頼まれていてどうしても100枚欲しい紙が、よりによって99枚しかなくてくらみそうだったけれど。何とか…
で、彼女からの連絡待ちの私。手作りの殿堂ユザワヤを徘徊。バードフェスティバル用に幟が欲しいのだけれど、どうしたもんだか…
キャプションはどんなんが楽しいかしらん?などと思い浮かぶものの台風→熱低になった24号のおかげで思考回路がゼロ!

ユザワヤから手ぶらで帰ってきたのでありました…

NP来訪

昨日の大車輪モードが響いてなんとも動きづらい一日。
何も頭が働きませんって、考えてみたら台風がいるしね。
こっち向かってるしね。

それでも夜NPが歯医者帰りにご飯を食べに寄るので一応掃除をし→高司氏が。→買出しに行きやたらいっぱい色々作ってしまいました。
家族みたいに5人でご飯食べるって、一年前なら当たり前の光景なのだけれ、N氏が大病して足掛け8ヶ月の入院生活した後の今となっては、こういう時間も妙にありがたく嬉しくて。

彼が手術前夜どうしても飲みたいというので「ビール」買いに行って、でも飲ます勇気がなくて、絶食に入る9時過ぎに持って行ってすっごく哀れな目で見つめられた賞味期限切れのビールも登場。
思いっきり飲み干していました。満願祈願達成みたい。
楽天経由の釜庄さんから送ってもらった蟹やらウニやらも登場釜庄さんの「おとう」さんが中日ドラゴンズファンで半額セールだったのです〜何て価値ある太っ腹!

話したくない相手との時は蟹をチョイスするのが一番!というのを前に聞いたことがありますが…いつが静かな時だったか判らないくらい話が弾んだ一晩でした。

バザー→朝鮮大学校→つんく

今日はいろいろな人と出会ってお話できて実りある楽しい一日でした。

まずはこどもたちがお世話になっているボーイスカウトのバザー。
6月のバザーがスカウト主催とすると、今日のは所属している教会のバザーお祭りのような賑やかな中で、私は1960年代のロザリオを売るコーナーに。
信者でもない私がロザリオを触ってよいのかしらん?と思いつつ。この頃の「クロスブーム」に対してどう思う?って隣の店番してるKちゃんに聞いてみました。
彼女はこの教会の信者で、学校の時の同級生の妹で、私が30年来髪でお世話になってるH氏とだんながお友達でなおかつ同じボーイ保護者仲間という濃い関係なのですが…

「すっごくや〜。芸能人なんかがちゃらちゃらおっきいクロスしてると
おめ〜信者じゃないだろって突っ込みいれたくなるぅ」と辛口コメントだろ〜だよね〜、同じような理由で私は今はやりの水晶のブレスも、お数珠みたいで手が出せない。宗教って重いの、私にとっては。だからいまのところはバリバリの無信教者なのですが。

喧騒の中、深いところでいろいろ考えている私の前を、次男が等身大のダンボールの宣伝ボードを前後につけて横切っていくではありませんか〜
「ヨン様に抱かれてみませんか?あなたも冬ソナのヒロインに」が表、裏には「安倍なつみのポジションがあなたのものに!」って何それ!?判明したのはおっきなダンボールにヨン様の顔が貼ってあって、隣に丸くくりぬいた穴がある、温泉場などにある記念撮影ボードを作って撮った写真を買ってもらう…あれ!

あのさ〜、ま、お祭りだからいいけどね。もちろん裏は有効利用で「安倍なつみ」のところが丸くくりぬいてあるのだけれど。ボーイスカウトって…何と思われかねない出し物で、とほほでした。

そこを途中でおいとまして朝鮮大学校まで。こちらで教鞭をとられているT先生はとても素敵な方でとてもえらい鳥の先生なのだけれど、えばらない方、紳士、そして教え子がみんないまどきいないくらいとても良い子達。
これだけ真剣に生きている若者って日本にどんだけいるのだろう?国を思い、…未来を思い…家族を思い……この子達と話していると私は、平和ボケした親からはボケた子しか生まれないと、同世代の寝てばかりいる浪人生のことを思い浮かべすごく猛省するのです。

国分寺駅ビルで帰りお散歩堪能して、帰ってすき焼き作って、そして真夜中…新堂本兄弟という番組に、懐かしの「つんく」がでてました〜
ポップジャムの慌しい中のつんくじゃなくて、トークも満載余裕のつんく。

たっぷりオトナの落ち着きが出ていて、ある意味新鮮なつんちゃん。
思えば大阪南港も、大阪城ホールも、六日町も関が原も…
そして怒涛のNHKホール4連ちゃんも、がんばって通ったコンサートは
つんちゃんの歌聞きたい一心での「シャ乱Q][つんく♂ビート」ツアーでした

久しぶりテレビで聴くつんちゃんの歌声、曲はkinkiの「硝子の少年」
う、うまい…、やっぱりなんとも艶のある歌いっぷり。
ここに与えられた歌を歌うだけのきよしくん←これはこれでいいのよ、もちろん、創って歌うつんちゃんとの違いを大きく感じるのね
年の差、経験の差、もあるのは当然だけれど、私の許容範囲内というか守備範囲内の「揺れ」や「機微」みたいなものといえば良いのかな?全力投球のまぶしさと、緩急取り混ぜて魅せ技?

明日は久しぶりにつんちゃん聞きながらパソコンにむかってみよっか〜♪

長男、おかげさまで19歳になりました。

今日は長男19歳の誕生日。
19年前の14時7分に人生初体験の出産イベントがあった日です〜!
やたら秋晴れの気持ち良い天気でした。

生まれたとはとても指が長かった彼を、親族一同「将来はピアノ弾き」と決め付けてましたけど。そしていつの間にか本人、その方向に向き、ベートーベンとかシューベルトとかしゃらしゃら弾きまくってますけれど。考えてみたら新生児室で一列に並んだ子なんてみんな同じように真っ赤な顔してるしね、指くらいしかみるとこないかも。で、そのポイントの指がちょっと動けば初孫、初こども軍団は何か言うわよ興奮して。

産まれたての子に間違っても指が良く動くから「スリ師」になりそうとかは言わないし。で聞いていたのかどうなのか、乗りやすい性格の長男はそのまんまピアノ弾きに成長。

小さい頃はお誕生日といえばお友達へのカード作って、ケーキ特注して、お土産用意して、飾り付けてと異様な盛り上がりだったけれど…あれは喜ぶ我が子の飛び切りの笑顔と、周りのお子達の可愛い笑顔に合いたかったからかな。
19歳ともなると、思い浮かぶ顔は昼過ぎまで爆睡したまんまのちょぼひげが生えてる顔出しね〜思いっきり冷めてしまう私…

でも本人的には盛り上がりたかったらしく以前から目をつけていたドミノピザの1枚で4種類の味が楽しめる新作パターン、
しかもどれも1000円引きという企画ものの中から熟考に熟考を重ねて2パターンをチョイス。
直径40センチはあろうかというLサイズが2枚ど〜〜んと届きそりゃもうのご機嫌でした。
久しぶりの宅配ピザ。味は数段グレードアップした印象。でもね〜そうは食べられないかな〜全部で8種類の味だあって、生地もちがうわけだから食えるだろう〜と思っていたけれど。サラダも作ったしね。
でもね、喰えないもんです、だんだん同じ味に感じてきちゃって。
結局24ピース中19ピースでギブアップでした。うぷ。

もちろんお母さん今日は一歩も外に出ず。御身大事に徹底しておりました。

御茶ノ水→紀ノ善で打ち合わ→中野→四谷でジャズ

お天気よ!お天気〜!
たとえ迫り来る台風24号がいようとも、とりあえず晴れてくれたら太平洋高気圧が私を守ってくれているので、今日は動く!
吸入握り締めてでも動く!と決心し、結構必死で大洗濯をし都区内フリーパスを買ってまず御茶ノ水まで…と思ったら阿佐ヶ谷で人身事故が置きたてて、とりあえず急ぎ乗った東西線、阿佐ヶ谷通過時は事故現場の横を通るわけで…切なかったです
事故なのか自殺なのかわからないけれど…

御茶ノ水で結局用はたりず、約束の2時に紀ノ善へ今日は栗ババロアを食べながら例のSちゃんと例の本の経過報告会、というより作戦会議ですね。結局ページ数大幅増となりボリューム感アップ!
がんばらねばねばねばーぎぶあっぷ!!

かなりすっきりとした気分で10時のおやつが栗ババロアとするとお向かいのモスでの今日から発売「こんにゃくライスバーガー」は昼ごはんとこれが4時半。中野でパンを買ってからいったん帰宅して、再度おでかけ
今度は次男と四谷めざして意気揚々!

次男のドラムの先生が四谷のライブハウスでブルースのライブをやるので
行きたい!という気持ちを尊重してね。私はどっかのカフェで待ってるのも…ありかなと思いつつ行ったのですが、結局ペリエ飲みながら一緒に聞くことに。あまりにオトナな雰囲気に中学3年未成年一人放置もまずいし、第一、先生と組んでいるみなさんがなかなか魅力的で。ふてくされる次男横目に、お母さん速攻ライブ参加決定。

一番若い方がベースの36歳。先生とボーカル&キーボードのお二人が47歳てっきり年上かと思ってた先生が〜年下〜軽い失意。でも、演奏される曲はどことなく懐かしく、おそらくは同じような原風景を持っている年代だからこそのまったり感を堪能いたしました。
先生の年輪を感じさせるスティックさばきもうっとり。

年齢不詳のギターの人が、先生のドラムはとても叩きやすいって言っていたのだけれど、なるほどねという感じ。
今まではベースが野球で言うキャッチャーかと思っていたけれど、ドラムがキャッチャーなのかもと思ったりもして。
そして蒲田の行列店「和鉄」の四谷三丁目店でラーメン食べて四谷から西荻、徒歩で自宅を目指したシンデレラと息子は12時2分前に帰宅。

都区内フリーパス使い倒した一日。いくらお得だったかは単純計算すら
難しいこの頃の私には答えでなかったけれど。しゅん

元気なのは20日朝まで…

帰りも三重を迂回して帰ってきたので6時半到着予定が7時に

それでもうちへ帰って、ぶつぶつ言いながらも高司氏が用意してくれた
お風呂に入って、お弁当3つ作って、皆を送り出して、さて、お仕事〜
と思ったものの、時既に遅し。
台風の露払い状態で帰京していたから
あまり気づかなかった息苦しさが、ひたひたと迫り来る台風を待つ
状態になったとたん「?」モード。
吸入して、薬山盛り飲んで、ひたすら静かに。台風通り過ぎるころは
気絶状態で眠りこけていました。

ことし10個目上陸って、何!?

蟄居生活まるまる二日。大阪で一日浮かして台風で二日つぶす女。
何だか脱力でありました。

夜行バスで大阪城ホールへ

東名高速が工事のため三重を迂回して大阪…ということでしたが。
なんのなんの、結局窓際.の席とってもカーテン閉めッぱで外は見えないし
それより先に睡魔が遠慮なく襲ってきて、私の高速夜行バスデビュー。
あっけないほどの爆睡で終わりました。トイレ休憩回2回はさんで
気づいたら千里ニュータウン。
使い捨てスリッパもブランケットもついてなかなか快適。
飛行機よりも寝やすかったです…ってエコノミーしか知らないので…

大阪は梅田に到着が7時ちょうど。22時45分に新宿発ですから
8時間ちょっとの旅ですね。
景色も街のにおいも全く感じないのは寂しい気がするけれど。
でも朝一番からフルで使えるのは魅力かも
以前泊まった大阪ステーションホテルでモーニングと思っていたけれど
梅田から大阪駅、いっぱい、カフェバーやら居酒屋がモーニングやっていて、300円からととってもリーズナブル。

で、大阪駅構内のカフェは開くのを待って、まずは朝ごはん。
「パン+飲み物+スクランブルエッグ+サラダ」で450円はいいかも
席を探している時に何だかサラリーマン風のオヤジがぶつかってきて
私のモーニングは宙をと飛び「いあやーどないしまひょ。ほな」っていいながら自分のモーニング買いに行っちゃって。とても感じの良いカフェのお姉さんがさ〜っと片つけてくれたから良かったものの。
バカヤロウなオヤジは謝らないまんまで…で
いつもなら一発かましたい私も朝からこんなんでエネルギー使う気もなく…大人になった?かな?

で、ゆっくり食べても8時半。コンサート昼の部は2時なので時間たっぷり〜
新しいグリコの看板でも見に行くかと御堂筋線に乗ったら「動物園前」という駅があることに気づき「お…」と急に方向転換。グリコが動物園に。駅に降り立ったとたん何やらアヤシイ町並みにドキドキ。細い道を抜けるとなんのことはない「通天閣」がば〜んそびえ立ってるじゃありませんか…
大阪城のふもとで育ったSmちゃんに「一人で行ったら絶対あかんで」
といわれてたコワイ街に「動物園前」の名前にだまされて着いちゃった私。
ばかだ〜。節目がちにひたすら動物園めざし歩き、やっと到着。

天王子動物園はなかなかのどかなつくりのいい動物園でした。
見目麗しいオランウータンも2匹いたし。野鳥の展示もひろびろとして斬新。
動物園ルネッサンスと銘打って、各動物園で力を入れた展示をしているのだけれど、ここは爬虫類の館がこのルネッサンスでとても面白い展示をしていました。爬虫類って目つき悪いでしょ?
ちいさいくせにメンチきって…という感じですね。
まそれにしてもスッゴい雨で…びっしょり
アフリカ園というところにコウノトリ系のが2羽雨に打たれてたたずんでいて「お互いご苦労なこって」と思いつつ携帯でパシャ!お友達のNPに送りました後で気づいたら「アフリカハゲコウ」という大胆な名前の鳥で…頭頂部関係に悩みを抱えているNPには申し訳ないことをしたと反省。

で、通天閣の足元まで行って、通天閣劇場の入り口も拝んで…
歌舞伎町とはまた違った敷居の低い怖さを噛み締めつつ、「福島」駅を目指し「上方屋五郎ヱ門」でラーメンを食べそしていよいよ大阪城ホール。

場内満員の中、きよしくんは相変わらずの精一杯ぶりでした。
一部が氷川きよしコンサートでいつものミニ版10曲
二部がCROSS  CLOVERとしてのコンサートで3組のアーティストがそれぞれ持ち歌うたった後に、きよしくん。
ちょっとKIYOSHIへの切り替えが難しかったかな?

司会のセインカミュが「大阪のおばちゃん盛り上がってますか?」を連呼。
満員の会場85%はきよしくんファンで、ほとんどオバサン。
ダ・ケ・ド…
「おばさんおばさんってあんたに言われとないわ」
「なんや、あの態度」とカミュ総スカン。おバカなカュはきよしくんファン
敵に回す怖さをまだ知らないのですね。

かわりに株をあげたのが「ビリケン」の二人。代々木での日赤イベントの時はあまりにもつたなくて、どうなることか?と思ったら、
歌も上手くなって語りも一生懸命で…路上ライブの成果ありあり。
フォークにラップのコラボという、一歩間違えたら寒くなそうな芸風なれど
「おばさんたちにもちゃんと聞きこなせるラップ」
というスゴイ技できよしくんファンのこころ鷲づかんでいました。
お見事な無欲の勝利。

きよしくんライブレポは後ほど〜

合間に岐阜のMちゃんとご飯食べて夜の部は9時ぎりぎり終了
やっぱり最終新幹線はダメでしたね〜
11時に梅田発の高速バスに乗って、もちろん爆睡の私でした。

大阪前の大忙しっ!

朝から大車輪でいろんなところに電話をして、おでん作って餃子の種作って
整体まで行って大張り切りなのは、今夜の夜行バスで大阪に行くから♪

生まれて初めての高速夜行バス〜どんなかな?とちょっとお楽しみ。
大阪への夜行バスは4400円から倍近い料金のものまですごくいっぱい出ていて、まずそれにびっくり。でも4400円はフツーのバスがちょっとリクライニングするだけなのできつそうだし、4列シートだと狭そうだし結局3列独立シートで思いっきりリクライニングするシートのバスをチョイス。

新幹線じゃないのは、帰りが最終新幹線に間に合いそうもないから、だったらいっそのこと往復割引のある高速バスで…となりました

行く先はもちろんきよしくんのコンサート会場大城ホールです。
演歌の氷川きよしじゃなく、ポップスのKIYOSHI の初コンサート。
行かないわけにいきません!どんなかな?どんなかな?
わくわく〜♪
車中二泊連泊の暴挙!どんなことになりますやら〜!

銀杏祭→地雷源→杉並環境博

やっと何とか動けて、次男の学校へ行き、ああ文化祭の匂い♪と懐かしみ…ほら独特のにおいってあるでしょ?模造紙とポスターカラーと糊と埃が混ざったような匂いです…ユニークな展示も多くて見ごたえ充分。総合学習や課題別学習の研究校の意味合いもある学校なのでよけいかもしれませんが、オトナも楽しめる展示でした。

課題別「バードウオッチング」もなかなかの充実ぶり。
一年かけて「野鳥」や「環境保護」を学んだこどもたちがどう育って行ってくれるか、楽しみでもあります。
昨年はなかったバザーも復活していて、お友達の役員の人に
「全部買って行って!」と言われ、山のようにタオルを買い込みました。
ラルフやあくあすきゅーたむのやら、破格値で…申し訳なし。

そしてバスで方南町下車して「地雷源」というラーメン屋さんへ。
ここは名前もすごいし、親の敵みたいでかいレンゲもすごい店。
でも味はもっとすごくて、化学調味料不使用を謳いつつ、かなりインパクトあるスープのお店。夜が「FRIDAY」という濃厚つけめんのお店になったの聞いて、無性に行きたくなったお店ですが。

当然、昼なので「地雷源」バージョン。ま、これはこれで大満足ですけれど。チャーシュー丼まで食べて、杉並環境博2004にむけ京王線代田橋
駅目ざしひたすら南下。110分ちょっと歩いてもダイエットにはならないね。

高井戸の温水プールの周りはそりゃもうの人ごみ。区内外からいろいろな団体が集まっての環境を考える博覧会。単体の区でこれだけ人が集められて…なんで東京バードフェスティバルはああだったんだ?
などと思ってしまうほどの盛況ぶり。

高司氏がお手伝いしている環境カエルくらぶのブースで「双子のS」と
呼ばれるYちゃんと久しぶりの再会を果たし、後片付けを手伝った後
吉祥寺で久しぶりに人間らしいお茶を彼女としてちょっと幸せでした。

台風に告ぐ、台風。

昨日のご機嫌な一日と打って変わって絶不調。

結婚20周年記念に買ったげたシェラデザインのディパックを背負って高司が出かけたのを見送った瞬間、ベッドに倒れこんで一日起きられませんでした〜何でかな?沖縄あたりで横ばいの台風が原因かな〜?
でも肺が重い!で、酸欠状態なのか、睡魔がおそって来るのですね。はてさて…と思っていたら、ナンだ!また台風新しいの出来ているじゃん!!もういい加減にして欲しいっす台風。

ホントは今日行くはずだった杉並の環境博も次男の文化祭
明日はお天気になっていくらか動ければいいけれど。

ちなみに高司氏の新しいディパックは、今までのが少しよれてきて
しょぼくなっていたので買ったのですが、つい渡す時
「これからも大荷物背負って歩いて行ってね」とぽろっと言ってしまいました。
荷物って、私だったり、こどもたちだったり、姑のことだったり
迫り来る締め切りだったり…かな?

「人生は重き荷を背負いて遠き道を行くが如し」っていうでしょ?
日光の東照宮の裏山の階段を登っている時にこの看板があって
結構急な階段で息切れ寸前だったのだけれど。でこの有名な
言葉には続く文言があったのですね「…急ぐべからず」
ここの急ぐべからずなんて言葉はいるなんて知らなかったのです私。
とたんにのんびりと階段のぼり始めたのはいうまでもありません。
徳川家康公、さすがでございます。

ま、そんなで急ぐべからず…で参りましょうと。いろいろと。

結婚記念日

結婚記念日であります。20回目の。
つまり今日から21年目…
まず家族同然のN氏からお祝いメール。覚えていてくれてうれしいわ〜
で、府中の実家に寄って「昨日まで覚えていた」という両親とご飯、次男の学校のイベントで府中市民会館で3時間過ごした後、競馬会のときにすごく可愛がっていただいたK子さんのところを強襲。
いないかなぁと思ったらご在宅で、泣いて抱きしめて再会を喜んでくれました。
うちでお茶飲もうよ〜というのを、こんな天気の時にダメだよ外出なきゃ!
と大國魂神社までお散歩。私が一番好きな欅が並木になっているメインストリートを手をつないでお参りに。母より二つ下のK子さんは
ずっとお一人で暮らしているので、とてもお若くて元気。愚痴っぽくない
凛としたところは昔と変わりません…

今の私の年は、いつの間にか出合ったときのK子さんの年を越えてしまったけれど、今になるとあの頃の彼女のいろんな思いがわかる部分もあって。彼女は仕事バリバリにできて、口うるさいので若い子達からは煙たがられていたのだけれど、でも一緒に仕事をするようになってから、私はこの人を大事にしてあげようと思うことが多くなって、大事な人の一人になっていったのです。
小さなフレンチレストランで、夕暮れ時いろんなお話をしながら店が開くのを待って、お茶のつもりが、軽くご飯もご馳走になってしまって。楽しいひと時でした。家まで送って、また送り返されて…いつまでも元気でいて欲しいと願ってお別れしました。

家に帰ったら、Y枝ちゃんご夫妻から夫婦茶碗とお箸のお祝いを頂いた
高司も帰ってきました。姑からもお祝いいただいて…
さ、これから晩御飯食べに行こうね〜と言って、ドラムの教室から戻ってくるはずの次男を待ち続け…結局10時近くに帰ってきた次男含め4人で行かれたのは近所の「八荻家」というラーメン屋さんでした…
とてもレベルの高いとんこつラーメンで、美味しいんだけれど…

でもさ、20年目にラーメンかよ!と。この時間だとあとは大戸屋とか
ファミレスだけだしね…で、なんで次男が8時過ぎに終わる教室から帰ってくるのにこんな時間がかかったかというと、伊武雅刀さんの「私はこどもが嫌いだ!」というCDを探していたという、何ともな理由。
おかあさん、そのまんま君に返してあげたいようなタイトルだわ!

育てたように子は育つ…私も寄り道大好きだったしね…
でも結婚記念日に!?

おかげ様で20年。これからも全方位、よろしくご贔屓を!

こらこら、そこの君!

そりゃもう、真剣に朝から原稿打ちまくって、気づいたら
お昼も食べ損なっておりました。なんたってかちかち山のタヌキ状態
頭が少し煮えそうになりますが、いままでのんびりしていた私がいかんの。
もちろん昨日のきよしくんパワー全開だから苦じゃないし、栄養の備蓄?は日々励んでいるので全然平気〜

夕方、雨の中、ユザワヤでインチ額12枚受け取ってから中野新橋の次男の学校へ。額ってほんとに重いのね…
正門のところで次男と遭遇。「じゃ、どーも」とか言ってすれ違いで帰りやがんの!!もちろん母激怒。だって彼も課題別講座でバードウオッチング選択しているんだもの。
「君の絵も飾るんだよ!」
友達の前では、親と接触したくないお年頃の坊ちゃんなのは
判るけどね、君!ちょっと違わないか!?

で、担当の先生から文化祭の「バードウオッチング」展示を見させていただいて…
うちでもいくらかのお手伝いをしていたので、ちゃんと形になっていることにちょっと感動しつつ帰宅。

荷物だけ持ってさっさと帰った次男、結局、荻窪で遭遇して、お昼抜きの
母は彼をさそって南口「ぐるり」へ。博多の街中のとんこつラーメンと
オーナー自ら胸を張る逸品。夜も遅くまでやっているのでご贔屓なの
もちろん今日も美味でした〜

20年間、お疲れさん!

昨日、先生とお話していて、うちでお貸しできる資料があったので
次男に託すとお約束したのに、右耳→左耳にすべての事項が抜ける
次男。部屋の真ん中に堂々とその資料を置き忘れ!またまた母激怒!
で、昨日送った原稿の差し替えを大急ぎで送って、また中野新橋へ!
この学校は文化祭にすごく力が入っていて、今週は授業なし!
準備をこつこつこつとずっとしているのです。明日は開会式を会場借りて
やるので、やはり今日中に届けなくちゃと思って、結構必死。

部屋で先生を待ってると、どっからか湧いてきた次男「え、かあちゃんきてんの!」
バ・カ・ヤ・ロ・ウ
きてんの?じゃないだろ。私はこの時点で
今日の往復交通費を彼から徴収することを決心。ぷんぷん!

そして吉祥寺へ廻ってから長男のセンター試験の申し込み手続きを。
私が預かってやってもいいのかなと思ったけれど、でも本人のことだからなと、郵便局へ一緒に行きました。結果がでると良いけどね。ま、期待薄。

もちろんこの後は、お約束の「勝つ」で「カツ」を食べに行きました。某店へ。何回か来てる店で美味しかったのですよ。味は!でもね、でもね、隣のテーブルのねーちゃん。かなりご機嫌で食べてる私たち親子をしらっとした目でみながらロースカツ一切れ食べて、後は全部残し!!jキャベツとかは食べてたけど。
「なん!!??」と思いません?とんかつやさん来てカツ残す女。肉がいやなら湯葉で京野菜まいて揚げた「かつ」?もメニューにある店で、何で?
つれのオバサマも衣はがして食べてたし。だったら来るなよ、こういう店に!
吉祥寺ヘルシーなランチしたいんなら、もっといくらでも店はありますね
判らない神経。はっきり言って超不愉快。私たちが美味しいねと食べてるものが
隣の席では残飯として処理されてるわけよ!

もちろん長男にはないすばでぃを維持することに情熱を燃やす女より
美味しく一緒にご飯食べられる女と一緒になるように言ってしまいました…
やだったな。

今日でまるまる私たちの結婚生活が20年終わりまして…
明日の結婚記念日をもって21年目に突入!ということに…
おたがい「おつかれさん」ってやつですかね。

マイヅラ、やはり戸惑いが。

午前中、原稿うちをしてると次男の学校の先生から電話!
どきっ!ま〜た、何か!?みたいな「どきっ」ですが…
でも今日は、今週末の文化祭に、課題別学習の「バードウオッチング」の子供たちの絵を入れる額の話で、谷口もちろんお手配させていただきますということになり、ユザワヤに寄ってから、渋谷へ。

歌謡コンサートのハガキが当たったお友達がさそってくれて、雨の中一時間近く並んでからNHKホールへ。もちろんきよしくんです。
今日は「番場の忠太郎」フルコーラスでした。こないだの歌謡コンサートでは、きのこみたいにに大きかったきよしくんの「マイヅラ」。いくらかコンパクトになっていたけれど、やっぱり珍妙。っていうかこういう格好は似合わない!

本番終わってからの歌のプレゼントコーナーは「きよしのドドンパ」
相変わらずのキュートさで幸せでした〜

東京港野鳥公園→新宿御苑マミズクラゲ

今日はすごく楽しみにしていた東京港野鳥公園での「谷口高司と野鳥を楽しむ会」です。

今回は参加される方は少なかったのですが、いつも来てくださるKさんと
Hさんが、この公園のボランティアや観察会リーダーをされているので、楽しいお話盛りだくさん♪とても勉強になりました
木に詳しい方Kさんには実のなる木のことをいっぱい教えて頂きました。食べてごらんないさと、鳥の好物、ウメモドキを指差しておっしゃるので…しかもご自身でも口に含まれたので素直に思いっきり食べたら、下が3回転半するくらい苦かったです。え〜ん!

ハワイのメジロは唐辛子を食べると現地のママたちに聞いたことがあります。
大好物なんだって!「ほんと?」と思ったけれど、このウメモドキ食べたら何だか思いっきり納得してしまいました。次のガマズミはほろにがすっぱいけれど甘みも少し会ってニッコリ。コブシの実がはじけて細〜い糸をたらしながら実だけがでろーんと伸びているのも面白かったです。

鳥は、あの台風の後なのでどうかな?と思っていて描く鳥は「カワウ」に
していたのですが!なんと!
◇タシギの群れ→こんなに観たのは20年ぶりです私。地味なシギだけれど 羽が生えかわったばかりで色もシャープな感じ。「美しい」と感じました…20年前には「美しい」とは思ってなかったなぁ。侘び寂び世界へ突入?
◇オグロシギ→これはとっても美形なシギ。絵に描いたようなシギです。
 もうこれが目の前で餌つついてくれて感激でした。
◇セイタカシギ→私が鳥を観はじめた頃は「珍鳥」憧れの鳥でした。
 この公園がまだぶっきらぼうに「大井」とだけ呼ばれてたとき、わざわざ
 この鳥だけを観に来た記憶があります。誰もいない汐入の池で興奮して
 望遠鏡のぞいている24歳の私…ちょっと変わっっていたかもです。
 いまでは葛西あたりでも少し繁殖していて「お楽しみ」の鳥に。
 濃い灰色の背、白いおなかと、足のきれいな薄紅色の対比がきれい

他にもね、いっぱいいたんです。アオアシシギやウミネコやオオバンや…
でも描いた鳥は「カワウ」
ジミ系な鳥の好きな鳥博士のHさんも実は「カワウ」には恋心を描けないタイプらしく、「私とお、一緒!」とますます好きになりました。

そして3時目指して新宿御苑へ。
ここのギャラリーで楽しむ会にきてくださってるEさんとRさんが
バードカービングの作品を出展中で、3時で閉まってしまうので大急ぎ。
Eさんはオオルリ…羽のグラディエーションがとってもきれい
Rさんはカワセミ…とても可愛いプチサイズのカワセミ、キュート!
そして何と見知った名前「◇◇◇」と名を掲げてあるツバメの風見鶏の作品が
私たちの知っている「◇◇◇」さんは写真家で、鳥すごく知ってるけど
絶対えばらなくて、すごく良い人。高司氏の後輩でもあるのです…でも
この作品って!?おしゃれな作風がもしやとも思いつつ、でも彼がカービングやってるなんて聞いたこともなくて…思わず奥さんに電話しちゃいました。

「そうなのぉ」と美人妻の一言。「いまそちらにいるはずです。マミズクラゲもみたいっていってました」とのことこの「マミズクラゲ」に猫vsマタタビみたくらい反応したのが高司氏。
「りつこちゃんもみたいでしょ?」「??(なんで私がクラゲみたいか?)」
ま、内なる声をおしころして温室まで。なんだか突然沸くものらしい
マミズクラゲ。

善福寺池でも40年前異常発生して、義父と高司氏でいっぱい取ってきて水槽に飼っていたら、ご近所の昭和天皇のご親戚から「おじさんがみたいっていっているから…」と所望されて献上?したらしい。
義父はたいそうもったいながっていたんですって。→この場合のもったいないは、「ありがたい」んじゃなくって「あげるのが惜しい」のもったいないです→私は義父のこんなところ大好きでした…

温室の池…台風で水がにごっていたものの…わぉ!いるいる!海にいるこんにゃくのおばけみたいなものじゃなくて、人差し指の先ほどの小さくはかなげなのがふわふわと。
もう高司先生大興奮!池に張り付いたまんま、とても幸せそうに覘きっぱなし。
こういうとき「ほんとに良い人!」と思える心理状態で私がいるのって稀なので、マミズクラゲ以上に彼はラッキーでしたね。違う時空で生きているのでふつーの生活の時にはすごく大変なオジサンなのです。

生き馬の目を抜くどころか尾の毛まで抜きたいタイプの母子に囲まれ、父たる彼の立場は常に不安定…

生き物三昧で、楽しい一日でございました
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ