タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

February 2005

あんたなんか別れてやる!

次男を朝学校に送ってから、9時まででろでろとベッドで…でも寝ていないんですね。気が立って。自分でも肩に力入りっぱなしなのがよ〜くわかっているの。

で起き出して。昨日足りなかったものを作ったり、いろんなところに連絡をしたり…その間高司は大急ぎのお仕事を仕上げて、夕方ユザワヤ経由で新橋まで。最終チエックです。
昨夜大車輪で飾って…でその額は全部私が選んでマット入れてもらって
重い思いして運んでさ、キャプションもつくってしてんだからさぁ、
高司く〜んもう少し顔に「感謝」「とか「嬉しい」とか感情出しなさいよ!!
と血管切れそうになるほど淡々とした夫の反応っていうかキャプションの台紙の曲がり具合がどうのとかいうのにメンチ切りまくったのは私です。

こんな弱小企業でさぁ確かに太ってるから「身を粉に…」ってのは実感はわかないかもしれないけれど。
あんたがもうダメ寝る!と
言って爆睡した後にもね、私は暗い作業してたんだからさぁ。

あんたなんか別れてやる!って言えたらどんなにすっきりするかしら

大車輪

準備が大体できたので今夜搬入することに決めました

昨夜電話したワゴンタクシーは当日予約で…ということだったの
ですが。結局車がなくて半泣き。バカヤロウだわ、運転手が休みで…
なんてそんなの前日だって分かることじゃないの?
5社かけてやっと最後に8時ならという会社があってほっと。
そして大車輪で箱詰めして。額は35枚。段ボール箱6個…

「八ツ」というコンパクトなものから「大全紙」というB2大のものまで
そりゃもうの大荷物。額だけじゃなくて他のものも諸々で…
でも乗ったんですね〜ワゴンタクシーってすごい!荷物積んで降ろすまで
44分でした。早い!

今夜は長男が搬入要員。途中食事を大急ぎでとって
場所決めて、飾って、高さ併せて、キャプジョン貼ってで12時過ぎまで。
…銀座線、駅に着いたら終電でした。意外と早いのね地下鉄の終電。
見附で丸の内線の終電に乗り換え、四谷は余裕でしたが…帰宅は1時過ぎ
でもあそこまでやっておけば明日は楽かもと。「大変よくがんばりました」の桜のハンコが欲しい私。

鶯谷〜弥生美術館

結局。ず〜〜っと2時過ぎまでお仕事している私。しかも長男があれで
次男は試験目前で、夫はこれ!っとくると…加えてナマきよしくんは
新宿コマまでしばらくお預けとなるとそろそろ脳みそ煮詰まりそうで…

今日は着物の師匠であるSさんと一緒に「弥生美術館」へ
ここは竹久夢二館も併設していて写真が鮮明でない時代に挿絵画家の人たちが残した膨大な絵から大正ロマン・昭和モダンのルーツを探るという展示会をやっているのを本で知り行きましょ♪ということに。
お昼に待ち合わせをして根津までどうやって行く?という話になり…彼女は私と一緒で「紙フェチ」というのは知っていたのですが同じく「地図フェチ」ということも判明。何だか嬉しくなりました。

で中央線で神田まで、そして鶯谷で降りてラーメン食べてから徒歩と
決まったのです…鶯谷降りたのがまずかったね。ラーメン屋さんめざし
ホルモン焼きのところの路地を入った瞬間、真昼間なのにやたらディープな空間いわゆる「らぶほ」ってやつでしょうか?

ど〜んと両脇に立ちそびえと前を行くカップルがすっと何件か先の建物に入って行って…よ〜っくみるとその辺りは右も左も正面もどこまで行ってもその手の建物only!そこをオンナ二人で歩いている私たちって何!?しかも…いるんですね
昼真っから春を売ってるお姐さん方が。それもびっくり。お化粧濃いわけでなし派手なわけでなしスーパーで普通にいそうな40〜50代の女性。
なんとも微妙な空気でありました。

ラーメンは有名な「T堂」秋田の食材をふんだんに使っていてお店は
シャビーだけれどなかなか美味。でも私たちの頭は「らぶほ」攻撃でくらくらそしてJRを渡ろうと線路沿いにでたらばここでもまた礼の怪しげな建物郡で、道を行くと芸大…芸大って傷に塩だわ!

それから寛永寺によって葵のご紋に目をくらませ→私の実家の菩提寺である護国院によってこのお寺にはじめてきた8歳の私は何だか派手な装飾に目が眩んだのですが…考えてみれば40年経っていて。あたしもたっぷりと落ち着きお寺もしっとりと落ち着き…でした。

途中で和菓子屋さんでお茶して…
私たちの後に5人入ってきたオバサマ方が大声でおしゃべり
「ほら調布だか府中のSさん」「あ…あのひと」「下半身が太ったって!」「そういえば…」と。同じ苗字が出てきたまさに府中にお住まいのSさん「すみません」とか言って苦笑い。

この調子じゃいつまでたっても根津には着かないかもよ〜とか言いながら言問通りから裏道に入って、東大の裏にでてうす曇に昭和2年のレンガ建ての建物、煙突から煙…となんだか英国裏町風不思議な景色でした「弥生美術館」もとっても味わい深く、竹久夢二は絵のうまい下手の世界で生きていたわけじゃなく。今で言うところのファッションアドバイサーみたいな人だったみたい…

で、堪能して「今度は着物でこようね」といいつつお別れ新橋経由で画廊によってオーナーに合鍵をお借りして吉祥寺で額を10枚受け取って…もうぐったりといいつつもリフレッシュできた一日でした。

嵐のような、夫58歳誕生日

自分で大島紬→ヤフオクで3900円だかの…着てみて。ベクトルのSさんに直してもらって→不思議!!すっごく自然になる。

そして東京医科歯科へ顔の袋の診察を受けに行って、私の先生も一浪して入った話を伺って。浅草橋行って個展に必要なものを20分で8階から1階まで走り抜けて買って送ってもらって池袋へ。

長男の受験結果を見に。いったらばぁ〜落こってました。
あらぁここは大丈夫かなぁとか思ってた部分もあったけれど芸術系って良く分からない…ただ受験票を出し忘れた芸大とちがってここの受験は彼なりにベストを尽くしたと思うからなぁほんのちょっと不憫。
でも言及すれば受験票騒ぎが全てかも。

で、東武の地下の「楽」でご飯食べてから私はバードライフへ
思いっきり凹みきっている長男は一人でいるのがいや!というので
一緒に新宿御苑まで。NPをはじめ長男を心配してくれるオトナの
人たちが色々な見解を述べてくれて少し落ち着きを取り戻し、新宿の町を徘徊して帰ったらば…父親であるところの高司が「!?」というような態度にでて、その瞬間に長男の涙腺がぶちってきれて号泣というような慌しい日でした。

着物着てると殴るとかさ、蹴るとかさしにくいのがよかったかも。ともかく自分の足できっちりと道を切り拓いて欲しいもんです
やれやれ。そうよ、高司58歳の誕生日だったのにぃとても「おめでと!」気分にはようなれん!それでも一応3色のいなり寿司食べさせてから近所の「H家」にラーメン。誕生日にラーメン…試験落ちた日にラーメン…
人生の悲哀感出すぎかしら?

一つ嬉しかったのは
お昼ご飯食べたところで隣のおばあさんがバッグ落としたときに
長男がさっと立ち上がって拾ってあげたのね。自分がこんだけ凹んでて
でもそんな優しさがすっと出せる青年に育ってくれたのは素直に嬉しい。
その優しさが詰めの甘さになっちゃうのかもだけれど。

ベクトル→バードライフ

偉いなぁ…今朝もちゃんと起きてお弁当3個作りました!
嫁のカガミだな。

そして夕方までこつこつこつと個展準備をして、またべクトルさん行って、コロッケ買ってバードライフに寄って、みんなで「おやつ〜♪」って食べて。先週のIBAのイベントが終わって、やっと一息の事務所も。揚げたてのコロッケの心地よさって、似合うんじゃない?で事務所スタッフのMちゃんと昨年秋から念願だった「おくど」で新作→秋の時点で新作ね…→坦々麺を辛くて甘くて…そしてここの丁寧なスープが活きている絶品の坦々コロリでした。

そのあと、文具好きなMちゃんが付き合ってくれて世界堂・高島屋も寄って…自称「紙フェチ」である私は、どうしても譲れないのが個展の「紙」関係。キャプションの用紙も台紙も何もカモ。
テーマに沿って納得いくのを探して…必ず多めに買うんだけれどでも切りそこなったり刷りそこなったり、内容変わったり…で在庫に不安がでて。それで仕入れの旅です。

このまま帰って晩御飯作って…2時半まで。お〜48歳8ヶ月頑張っております!

気が遠く…

今日もベクトルさん寄って、ユザワヤ寄って…ハンで押したような几帳面?な生活。
時々意識が遠のくような…なかで3時まで
零細企業ってやつでしょうか?でも最大課題だったキャプション
やく50枚無事完成しました。

生まれてはじめて自分で着物をきてみました。

搬入までにやることを、いつもは殴り書きのメモにするのですが
きちんとパソコンで打ってみました。活字にするとちんまりと
でもフォント12ポイントでもA4版にギリギリ収まる山盛りのご用。
気分がちょっと重くなりました。

おかげ様で大小あわせて今回で9回目の原画展ですが
やっぱり忘れていることも多々あって。搬入まで…というより終わるまで気がぬけないのですね。ずっしり…
で気分転換に生まれて初めて自分で着物を着てみて…
きよしくんのCD7曲入りがかかっている間に充分着られると思っていたのに。なかなかね。
カガミに映る私も珍妙…

個展に出すポストカード新作のお願いしがてらベクトルさん行ってSさんにもう一回着せなおしてもらって…着付けの道は遠く険しい?
あんなに苦労した腰紐縛るのも半巾帯締めるのもあっという間。日舞小さいときから習ってるだけあって、Sさんすごい!!

そしてユザワヤに額装お願いしに行って。この2週間えらい気合でフクロウ描きまくった整体帰りの高司と落ち合って、すっごく遅いお昼のラーメンを七匹のこぶたでたべて着物でもラーメン食べちゃうの私。

腰紐&帯締めダイエットはないな…ぷん

AMAでランチ

個展搬入まであと1週間!そりゃもう必死でキャプション作り。

合間に桃井4丁目角の「AMA」にカレーを食べに行きました。
ネパールのカレー料理のお店で、とても美人のネパール人のSさんがお店切り盛りしています。次男が大好きなカレーなのですが、お財布どきどきしないで食べられるランチがあるときは次男は学校で涙目…でも今日は土曜日の公開授業の代休で、早仕舞い。なので、そりゃもう意気揚々でAMAへ。

幸せ〜

おいもの漬物というメニューがまた美味しくて。どう作るのかは、香辛料の絶妙な配合が分からない素人にはわからないけど。

そして夜までまたこつこつこつとパソコンに。う〜う〜
パソコンの画面を見るのもいやになるくらい。

頑張れ私!

玉川上水探鳥会

今日は、一ヶ月以上も前からお約束していた、井の頭線富士見が丘駅から歩いてすぐの玉川上水の観察会です。
外 雨だし、寒いし…なんだかとても残念な天気です。

でもそんな悪天の中、地域で玉川上水の保護をされている方を中心に20人以上の方々が集まってくださって。嬉しかったです。
雨だったのでさっと見て、借りておいてくださった団地の集会室でお話をと思ったのですが、途中で何とか雨が上がり、2時間近くを外で野鳥を探しながら歩きました。

お馴染みのシジュウカラ、ハクセキレイ、ツグミに加え、この頃少なくなったオナガの群や、驚くことにキセキレイ、シメも…
16種類の野鳥が私たちの目を楽しませてくれました。
とても豊かな自然と、懐かしい泥道と、思いがけない静けさと…

魅力あふれるこの玉川上水にも、善福寺と同じく道路計画が持ち上がっているとのこと。何でだよぉ〜道路ってそんなに必要なもの?
そこにある町並みも、細々と残っている自然も、人間関係すら
断ち切ってしまうだだっぴろい「幹線道路」。
そこを通るのはその町の人の車ではないのですよね。

変なの!!

玉川上水探鳥会

今日は、一ヶ月以上も前からお約束していた、井の頭線富士見が丘駅から歩いてすぐの玉川上水の観察会です。
外 雨だし、寒いし…なんだかとても残念な天気です。

でもそんな悪天の中、地域で玉川上水の保護をされている方を中心に20人以上の方々が集まってくださって。嬉しかったです。
雨だったのでさっと見て、借りておいてくださった団地の集会室でお話をと思ったのですが、途中で何とか雨が上がり、2時間近くを外で野鳥を探しながら歩きました。

お馴染みのシジュウカラ、ハクセキレイ、ツグミに加え、この頃少なくなったオナガの群や、驚くことにキセキレイ、シメも…
16種類の野鳥が私たちの目を楽しませてくれました。
とても豊かな自然と、懐かしい泥道と、思いがけない静けさと…

魅力あふれるこの玉川上水にも、善福寺と同じく道路計画が持ち上がっているとのこと。何でだよぉ〜道路ってそんなに必要なもの?
そこにある町並みも、細々と残っている自然も、人間関係すら
断ち切ってしまうだだっぴろい「幹線道路」。
そこを通るのはその町の人の車ではないのですよね。

変なの!!

額で筋トレさ

午前中キャプション作りをしてから、ベクトルさんへスペシャルに作っていただいたポストカードを取りに伺って、そしてユザワヤで額装をお願いして…今回の「響き」は自然光がほとんど入らないので、額も照明に映えるようなものを選んでみました。

これが第一弾で、これから毎日のように額装頼みに行っては仕上がった額を受け取って…という作業が続くんだわ!額は重いのね、とっても。お米5キロが軽く感じるくらい。

おデブなのに腹筋割れそうな私。

雪の前に。

もう20年以上のお付き合いになるアボック社さん。
野鳥や植物イラスト等の案内ボードを特殊技術で作り、国立公園はじめサンクチュアリや観察路などのサインボードの草分け的存在の会社です。
そこからお仕事を頂いたのですが締め切りが急で、個展と重なってしまっていてもう少し伸ばしていただけないかお話を。いつもなら営業の方が調整してくださるのですが今回は「無理」とのこと「?」と思って聞いてみると、私達の良く知る島のサインボードのお話で…船との関係で、締め切りが動かせないのですね。

なるほどと思った次第。お仕事していると不思議なことと出会いますね〜
アボック社さんも驚いておられましたが私達もびっくり!島の人たちは
お会いするたびにいつもとても良くしてくださるので、ここは高司画伯に一肌脱いで貰うしかないでしょう。ギリギリ渡しめざして。

個展の方も、準備が追い込み。とりあえず新しい作品の額装に。今回は室内で自然光が一切入らない場所なので、額をちょっと派手めなモノでアレンジ。原画ってマットと額に収まるとぐんと輝きを増すから不思議。
さぁさ大車輪でお仕事お仕事…と思ったのですが、帰りのバスで急に体がつらくなり家でお風呂で暖まって、それでも?だったので4時間昼寝。

起きてみたら窓の外は雪でした。寒波が通ったってことですね、だから肺が苦しかったんだ。
降ってしまえばこちらのもの!2時過ぎまでいろいろとやってました。

ご挨拶周り→IBA会議→お教室

朝大荷物でタクシー飛ばしてベクトルへ。社長のSさんにお願いして着付け。
今日のシンポジュームはインドの方も見えるのでインドでは縁起の悪い
フクロウものはやめて。孔雀の模様が加賀友禅風に染めてある付け下げ
→桜鼠色に、孔雀の羽のところがお花になっているよそいきっぽいの。

それに「日本のブーケ」というテーマで織られた袋帯。黒地に、日本の季節の花がそれぞれ輪になって織り込んである美しいこの帯が、私が着物に
はまるきっかけになったものなのですが。オークションでこの帯を見かけたとき「何てキレイなんだろう…」「でも帯だけあっても着物もないし」「でもキレイ」と私にしては珍しく4日も悩んで清水の舞台から飛び降りる心持で買ったのです
Sさんは帯も着物もいいわぁと誉めてくれました。よかったぁ。花×花みたいになるのがどうかな?と思ったのだけれど

で日本野鳥の会さん→ホビーズワールドさん→新和ツーリストさんに
個展のご挨拶がてら案内葉書やポスターをお願いしに行ってから法曹会館へ。
今日はIBA Important Bird Areas のアジア地区の目録発表の会。
このプログラムは、国際的な鳥類保護組織BirdLife InternationalのものでNPはそこのアジア事務局を束ねている人なのですね。
でバードライフ・インターナショナル名誉総裁の高円宮妃久子殿下ご臨席のもと今日の会は開かれることに「なり、アジア各国で最前線の保護活動をしている人たちも終結。
強力なサポーターの皆様もお越しいただいての会です。
私は受付のお手伝い…顔見知りのみなさんにお会いできて嬉しかったです。

途中で長男も手伝いに来て。誘導から力仕事までなかなか役にたってくれました。着物の人は他にはいなかったので、アジアの人たちも喜んでくれてこちらも嬉しかったです。

カメラマンとしてお願いしたSちゃまですが
最初はうまく動いていたカメラが私達親子を撮った瞬間に動かなくなりぶつぶつと文句言われました…でもねぇSちゃま、野鳥写真家の名刺までもってるくせに、この頃中西翁のこと調べるのが忙しくて、野鳥の写真なんて撮ってないからなぁ。カメラ拗ねたんだと思うよ。単に。

で親睦会半ばで長男を人身御供に置き去り、荻窪の「楽しむ会」会場へ…
皆さんでお教室の準備をしていてくださっていてありがたかったです
今日のお題は「ペリカン」だったのですが強いご要望もあって「キレンジャク」に変更でした。
13色全部の色鉛筆を駆使しての力作となりました
テキスト作る高司も大変だったけれど、描いている皆さんも今回は少し
苦戦だったでしょうか?でもみなさんとても微妙な色合いが上手にでてて
素敵なキレンジャクができました。

解散後、昼もろくに食べていない私達夫婦は大好きなてんぷら「橋もと」へ。
胃袋が泣いて喜ぶ…とはこういうこと!?としみじみ。帯を締めても
ごはんをおかわりするオンナは私です。
全部のお手伝いを終えて帰ってきた長男と荻窪であえて…

「たにぐちじゅにおーる」と呼ばれアジアの人が可愛がってくれたこと
NPや高司が対外的には何だかすごく偉い人だということが
よ〜〜っくわかったことをしみじみ語っておりました。ささやかな
父権復活になるかしら?微妙ね〜

朝8時半から夜10時半まで14時間着物を着ていて、苦しくなかったのは奇跡のよう!さすがSさん、小さいときから日舞で鍛えてるだけあるなぁ。
ありがたかったです〜

5カ国の人をはとバスツアーで引率

今日はバードライフにいらしているアジアのお客様を数名、はとバスツアーご案内でご一緒する日です。

明日のシンポジューム前に時間のある方で、東京を見たい!という方が何人いるのかなぁ?というのが昨日までの話。蓋を開けてみたらモンゴル♂ベトナム♂ミャンマー♀インドネシア♀そして日本♀私です…の5人五カ国の多国籍軍になりました。

でみなさん母国語は当然違うから、英語はとても大切な意思伝達語彙。
にも関わらず、私はいっさい英語がダメなオンナ。それでもいいから…
というのでせっせと行きましたです。新宿へ。辞書1冊持って。

ウエンディーズというハンバーガーやさんで待ち合わせ。
時間がないから持って行く!というのに、最後に私が買い終わって振り向くと4人がすでに食べ初めていてまず眩み。タクシー2台に分乗する時点で事務所スタッフのMちゃんがおらず倒れそうになり。やっとの思い
はとバスの集合場所京王プラザホテルに着いたら、先発隊3人が
付いておらず大慌て。
なんと頼んだタクシー大回りしてきたのですね、でも迎えられたからま、いいか。

ホテルのロビーに飾ってあるいろいろなお雛様をみて、女同士ちまちま
話しているうちに、はとバス。これは各ホテルからお客さんを拾うバス
出発場所の浜松町を目指します。
さっきの続きのランチをしながら、ホテルで握ってきた英文地図を見つつ
桜田門、新橋抜けて浜松町まで。
4500円で英語ガイドつきのアフタヌーンコース。

みんなでじゃんけんをして席を決め。モンゴル以外の国では同じようなルールでじゃんけんが存在することがわかりました。モンゴルではね、5本の指を使ってじゃんけんするらしい「す〜うっ」って言って指を出すの。
親指が一番強くて<人差し指<中指<薬指<小指の順。
でも小指は親指に勝つんだって!じゃ、ずっと小指出してる方がいいかというと
そうでもないらしい。ふ〜ん

このツアー全部で15名。ガイドさんはトモコさんという私と同世代の女性。
とても分かりやすい英語で、さび付いた頭でも殆ど理解できる。
私達を除く10名はアメリカの3州・イギリス・スコットランド・スペイン・中国…からの旅行者
「この人数でこんなにインターナショナルなのは珍しい」そうです。
矢でもテポドンでももってこいって感じ?

まずは東京タワー。去年もきたぞ2回。ドイツ人とロシア人と来たぞ!
小学校2年生の5月5日にきたのは記念のコインがあるから分かるけど、
それ以降ビューンと飛んで東京タワーづいているこの頃。
でも展望階が雲の中の六本木ヒルズよりも人間的な感じがするから
いいかもなぁ。エッフェル塔より明るいし。展望台の下層には床の一部が強化ガラス張りになっていて下が見えるのも妙にシュールで怖いし。
売店にはいまだに「根性」とか入ったペナントや光る東京タワーとかも
売っていてなかなかね。誰が買うか知らないけれど

次は二重橋で降りて松と皇居を見て。車は浅草へ
浅草では40分の自由時間。記念撮影に余念のない3人と別れ
カメラののバッテリーを買いたい人をつれてコンビニへ。
で大急ぎで私の着物用の雨ゴートも買って、散策しながらバスに戻ると
モンゴルがいません!あれだけガイドさんが集合時間念押ししていたのに。
参ったなぁ。外は雨。しかも寒い…でも探しに行かないわけにはいかず
走りましたよ、浅草寺境内と仲見世と…悠々お買い物の最中でした。
ぷんぷん!他の皆様にぺこぺこと頭を下げこんな最悪の天気に走ると私の肺はパンクするのです。

メプチンという強い薬を吸入、深呼吸して息を落ち着かせたらもう銀座。
買い物したい!という声もありましたが6時半には新宿御苑のホテルに
集合して夜のプログラムもあるあし、女性陣は着替えたいともいうし
マリオンの17時丁度のからくり時計を見せて地下鉄へ。
バードライフ事務所経由ホテルに無事送り届けてミッション完了。
何だかとっても疲れきりました。英語分かったら逆にもっと疲れたかな?
とりあえずの意思の疎通ができれば良しということで。

荻窪で明日のお絵描き教室の手続きをすませ、買い物をしていると、最後の砦となった某音大の受験を一日がかりで完了した長男から電話腹が減って動けません…というので、私もそうだったと気づきルミネの中村屋で二人でカレーを食べました。他の二人には持ち帰りで。
長男の面接の話がけっこう笑えたのですが…受かってなけりゃ話にならず
帰ってから明日のIBAの法曹会館での寄り合いように着物の準備をし
お会いする方への個展のご案内つくりをし。

綿のように疲れて2時近くにご就寝〜

祝!「初恋列車」oricon週間チャート初登場一位♪

さて髪の毛切ってすっきりして、今日は整体→歌謡コンサートの私の王道的火曜日ざんす!!

でも気づくとご飯食べる間も無くパソコン向かっていろんなお手紙打って個展のご案内出しまくってる私。
個展をやるということは一人でも多くの方に来て頂きたい、だから何はともあれ「告知」!ぎりぎりまでいろいろなところにアプローチします。
いつも何もお願いしなくても出してくださるありがたい新和ツーリストさんや、バーダーさんや…
強力サポーターがいてくださる幸せを噛み締めつつも。やはり「告知」は大切。これを読んでくださった皆様もぜひ宣伝してくださいね〜お願い!!

「告知」と併行しつつ作品の額装→これってすごく大変。
まず額って重いしガラスだし→これは私だけの問題か…ただ、絵が生きるも死ぬも「絵×マット×額」のバランスなのね。
それはものすごく神経使います。会場の照明も考えなければいけないし。壁の色とのバランスも肝要。そしてそれぞれの作品にキャプションをつけるのですが。

これもタイトルだけでは私が見る側にたってもそっけなさすぎるので。一言加えそして雰囲気に合ったボードなり台紙なりに貼り付けて→このあたりは切った貼っただね→あとはご挨拶やらプロフィールやら会場で展示する必要なものを作って。今回はオリジナル葉書がベクトルさんのご協力でことのほか充実したので、これらもキレイに飾って…あれもこれもあれも…で初日になるのです

ちなみに高司は「画伯」なので絵、描くだけ…なのに風邪で病院もいかず作品は滞るばかり。滞るってことは私の進めたい仕事は何もできないってことで。一日過ぎるたびにため息。

根ばかり詰めて3週間。もちろん整体の先生には叱られ史上最悪!の体調だそうです。ははは。
テンション上げすぎでそのままだから肩がこるらしいけれどあれだけテンションの上がらない高司みたいなオヤジといると空元気出しまくらないと生きていけないだろう?
と思いつつ今日の歌謡コンサートは無理やりベクトルのSさん拉致して
行ってまいりました。ん十年ぶりのNHKホールだそうで。そのうえきよしくんファンでいっぱいのホール異様に感じたかなぁ
きよしくんラテンのリズムで「ズンドコ&ドドンパ」を歌うときに心臓押さえていて可愛かったよ〜初の試みって弱いのかも。

私は次男が小学校の1年のかけっこで胸を押さえてたの思い出しました〜

初登場1位に関しては放送終了後「踊り出したいほど嬉しい」
とコメント実際小躍りしてましたが。微妙だなぁ、あの歌で1位って。
「この歌を皆さんに歌いついでいただく名曲にするのが僕の使命」
ってコメントあたりからも、ちょっとにおってくるものが…

まったく!のバレンタイン。

バレンタインというのに何!?この盛り下がり方は?
それは咳が止まらないのに、意地で病院に行かない姑そっくりな意固地な夫がいるから!!。
28日には個展の搬入だというのに。それまで嵐のように忙しいというのに。嵐のように忙しいのは私だけだからなぁ…
あんんまりぴんと来てないだろう?え!?
みたいな感じ。その風邪うつしてみろよぉ

一日角出して怒っていて疲れたので、水曜には面接つきの最後の一校の受験を控えた長男をともなって高輪白金へ。提出するデモテープもどきもできたというのでならばと。髪の毛切りに。別に私はシロガネーゼになりたい訳じゃなく17歳のころからずっと切ってもらってるHさんの店が白金だから。

私は着物着るように太い首が見えてもいいからばっさりと。
長男は何とか賢く見えるように。
きれいにしてもらって晴れ晴れしたい!〜それにしても電話で「今から行っていい?」
「いいよぉ〜チョコ忘れないでねぇ」って。はいはい…
弟子に市原出身の好青年がいるのだけれど「Hさんって
フェロモンありますよねぇ」「え!感じないっすか?黒い革パンなんか
履くとほれぼれしますよ〜おれあの年であんなになってる
自信ないっすもん」とか言われても「………」

きっと私の好きなフェロモンのたちと質が違うんだわぁ
といってもきよしくんにフェロモン感じるわけではないしなぁ
枯れたってことでしょうか…

はぁ。。。

一つ出しそこなって、二校しか受けない世間的にはありえない浪人生の長男。
そのうち一校が昨日落っこちたのがわかって本人動揺。
まぁな。君の選んだ道だから。
と母は片目で見てみないふり。って疲れるんだなぁ

白い、ゴキブリ!?

白いイノシシが九州で捕まったり、白いハブだかが出てきたり…
白い生き物って縁起が良いんだそうです。何とか言うらしい。
高司のところにスミソニアン博物館からイラストの依頼があったときも
義父の墓参りの帰りに白いカラスに会ったと言っておりました。

このところため息の多い高司に
「白いゴキちゃんでもでてくればいいのにね」
と言ったら
「ぎえっ!」
と絶句しておりました。やっぱりいや?白いゴキブリは…
白いだけなら白髪の姑も毎日会ってるしねぇ
などと言いつつ今日も亀の一日。
高司は風邪が悪化で大騒ぎでした。静かに寝ててね!

冬眠!

前の日大車輪だと、今日は当然、呆けの一日。
昨日の氷川神社のワイドショーみてなんだかぐだぐだして過ごしておりました。
スポーツ新聞も買いに行かず亀のようだわ!冬眠!!

氷川神社へ「初恋列車ヒット祈願」

今日はY枝ちゃんのお勤め先?が創立記念日でおやすみというので
昨日策を練って「本郷菊坂散歩」をしようねということになっていましたが…

朝、「i モード」のしょうもない梨本サイトをのぞくと「氷川きよしヒット祈願10:00氷川神社〜ラジオ各局」とあって急遽予定変更。
去年は氷川神社→レコード店廻りだったけれど今年はラジオジャックですって
10時氷川神社スタートでどう?とメールしたら、Y枝ちゃん嫌がることもなく懐の深さに感謝。

で四谷からタクシー飛ばして行ったらば、赤坂氷川神社はけっこう閑散とした印象のこじんまりしたところで、100人越えくらいのファンとマスコミ陣がいて、ステージ衣装のきよしくんはじめ関係者はすでに本殿に入っておりました。
出遅れ〜かと思ったら「いくわよ!こういうときは普通が一番!」とY枝ちゃん。
彼女は大きな神社の一人娘だからね、神社には強いのかも。

で並み居る人を掻き分け、お参りを。こじんまりした本殿なのできよしくんの頭が3メートルも離れてないところにみえます。あ〜きよしくん♪と思っても冷静にね
「10円玉しかないよ」「いいのよ、いくらでも」とお賽銭を入れ、鈴を鳴らそうとしたけど鳴りません
「鳴らないよ〜」
「こうやんの!」
「がらんがらんがらん!!」
けっこうな大音響が粛々と神事が続く境内に鳴り響き
ここでも思いっきりの「二拝二拍手一拝」。私はY枝ちゃんの胆の据わりっぷりに感動すら覚えました。
そして、このお社に祀られている神様のレクチャーを受け、神話から知る国の成り立ちまでお話が広がり…ある意味専門分野だしね彼女の
もうありがたく拝聴。「初恋列車」ムード一色の中、完全に異質な二人でした。

すぐ横、社務所に可愛いお参りグッズがあって、Y枝ちゃんがいくつか欲しいのに誰もいなくて、神話の話をしながら15分ほど待っている間に、きよしくん一同がさらに脇の玄関からでてきました。超至近距離♪社務所と通路の向こうは奉納絵馬がかけてあるので、誰もいなくてきよしくんの視線独り占め♪「あ、どうも…」
とか言われても…去年新歌舞伎座最前列で青地にピンクの花の衣装ででてきて「これ梅の花なんです〜」きよしくんが言ったとき「え〜!櫻みたい」と言ったら私の方向いて「櫻ですか〜?」というので「櫻に見えるよ」「え〜梅のつもりなんですけど」
という会話?はあったけれど
。そしてその日の夜の部から「梅のつもりで作ったんですけど櫻ってことになりました…」という話をしていて、9月の銀座三越展での衣装説明でも「しっかり「櫻」って書いてあったけど→ホントは「松」「竹」「梅」の3部作の衣装だったのにすまんこって→あとはハワイのアラナイ運河の橋の上でパレード一人待っていた時とか…もしかしたらトナリの悩みの相談室で22分お話した時の写真と声でかなぁ…とか。

数少ない縁:ヨスガを掘り返しつつ、まわからんけど5秒ほどは視線ゲッチュできただけで幸せ♪
「無理しすぎないでね」って言ったら小さくコクンってうなずいてくれたし。

さてその間Y枝姫はというと、きよしくんにお尻向けて社務所の人とお話してました。
やっぱり大物!で、囲みのインタビューが始り、私たちはさっと神社を一巡り「待ってないでいいの?」というYちゃんを引っ張ってきよしくんの車の通りそうな方向にしばらく歩くと…嬌声と一緒に黒いワゴンが走り出し、かなり先まで来ていた私たち、カーブを曲がるきよしくん・スタッフ一同に思いっきり手を振ることができました。
もちろんみんな振り返してくれましたよ〜きよしくんはお辞儀つきで。わ〜い!
さすがにY枝姫は手を振るよりちょこんとお辞儀で育ちのよさ全開でしたけど。

「神社だから平気だったの。お寺ならダメだったかも…」とはY枝姫の感想。ともかく、いいお友達をもって私は幸せ♪
生きよしくん101回目、100でとりあえずのゴールとすると、今日は1からのスタート1からのスタートとしてはとっても素敵な幕開けでした。

そして本郷菊坂めざし、とっても無機質な六本木1丁目駅を経て、後楽園駅へ。文京区役所の25階展望室から東京を見て→都庁とか六本木ヒルズより程よい高さ。
すぐ側の東大はねまだ次男が付属でお世話になってるからよいのだが…
その奥に見える芸大には私は心の中で思いっきりお別れを告げましたね〜やれやれ。
アホな長男!実家の母のがっかりぶりを考えるとね。自分の父親が出た学校を可愛い初孫が受けるとなれば、ばあちゃん気合ものるでしょ?そりゃ楽しみにしていたのにね。絶対音感のDNAだってばあちゃん経由だし。

それが
「願書締め切り過ぎてましたぁ」だぁ〜ブァカモン!ほんとにアホだぜ
「烈士洵名」のラーメンで早お昼を済ませて、さぁ、本郷菊坂巡り!!
ほんとに路地が多くて不思議な空間。ここで濃い4人のオジサン軍団と3回も遭遇したのには参りましたが。Yちゃんも面白がってくれました〜
で、明月堂というパン屋さんでパンを山盛り買って、神社のお客様用に赤門前で「バレンタインのハート」というお菓子も買って…何と言っても今日は彼女は2時半まで帰宅しなきゃならないからね。

なかなか実り多いデート。

私は1回家に帰って、高司が夜でる会議の準備をしてから、ベクトルさんへ。
フクロウ展案内の葉書を受け取りに行って→昨日校正だったのにもう今日刷り上り!
大感謝!→新宿御苑のNPの事務所に寄ってお手伝いしてから、高島屋へ
頼んであった原画展用の文具をとりに行って、また御苑に戻って、スタッフのMちゃんと代々木「めじろ」まで歩いてラーメンを食べに行き→若い女の子っていいなぁ。
悩みがあっても未来に通じるものだしね…→で新宿まで戻って
それから銀座画廊「響き」のポストに個展案内葉書を届け…新橋も10時半を過ぎるとホームレスさんいっぱいでちょっと怖かったです。

地下鉄の一日乗車券は完全に元が取れましたね!

きよしくんパワーで一日大車輪、大全開で動き回れました。けど。ちょっとぐたり
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ