タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

April 2006

2ショット♪

32cd2c66.jpgのりぴと黒パグ小太郎ちゃんとの麗しの2ショットでございます…のりぴはともかく小太郎さまの肖像権はどうなのかな?この写真を撮ったのは白パグ高司。盟友のオサムさんとタカオさんと4人で、恒例の蝶々ウォッチング。「おぢさん蝶捕らない隊」と称していますが、足がもつれて竿振れないだけだけと私は読んでますが。
ともかく年に一度のお楽しみ前の一枚でございます。
明日、晴れますように!

萬福で満腹

339999c2.jpg表彰式は夜9時までかかり、結局帰りも追分コロニーさんの車に同乗させていただきました。本ってともかく重いし、私達は二人とも着物だったので、本当に大助かりでした。来年もよろしくぅ〜って気が早いですかね?
谷中の商店街も、古本市の人たちもみなさん優しく居心地がよくって、私達は来年も絶対来る!と勝手に決めちゃっています。小さな一箱に100人の思いがそれぞれ詰まっているのもドラマを感じられるし、皆さん個性的で…一日あっという間でした。
悪天にもかかわらず来てくれたYちゃん、Tさん親娘、Sさんご一家にも大感謝。また往復の車の心配だけでなく、値段設定の相談やら何やらこまごまと教えていただいた追分コロニーさんにも大感謝!
阿佐ヶ谷・萬福に途中寄って、美味しいラーメンでさらに幸せになりました。

いただきました(^^)谷根千賞

d5ae0331.jpg一箱古本市には、なんと!古本界やヤネセン界隈の縁の方が、それぞれ印象に残る箱を百箱から選んでの「表彰式」があったんですね〜
私達素人には他人事〜と思いながら、とっても楽しく表彰式を見ていたら、ミニコミ誌「谷中・根津・千駄木:ヤネセン」の編集長さんが「素人さんの箱で、一目で箱と中身のイメージがあっていて、ちゃんと何を扱っているかわかる看板もでている箱」ということで“こちどり”を選んでくださいました♪着物での参戦も誉めていただいて。んもうびっくり!
皆様の前でタカコさんと表彰されて嬉しかったです〜♪
ちなみにこのイベントを教えてくれた“追分コロニー”古本界のカリスマ岡崎武志さんが絶賛!いの一番に表彰されました。みどりの日にちなんで「緑色の箱で自然モノの本を揃えて…」の出店は確かに的をえています!

表彰式をみながら追分コロニーさんがしみじみ「若いスタッフ!」と言っていました。30代中心の世代が運営するイベントに参加させてもらい、出店者も若い方が多くて、ありがたいようなくすぐったいような不思議な気持ちでした。スタンプラリーのスタンプ押す人、伝令役の自転車部隊、集計係…多くのボランティアさんのご協力もこのイベントのハイライトの1つですね。若い人たちの気持ち良い動きが「ヤネセン」の町の底力に繋がっていきますように。
鳥の世界は高齢化?が進んでいるので、まだまだ「若モン」の気持ちでいたけれど、出るとこでたら立派なおばさんっていうことですね〜うううう。こうなったら立派な「おばさん道」目指すしかないかなぁ…

ともかく幸せな一日に万歳\(~o~)/「ヤネセン」の皆様ありがとうございました。

雨で3時に中止決定

a059f1c0.jpg本=紙なので雨が降ってきたらもうお手上げですね。一箱関係者の願いもむなしく、雨が降り始め、勇気ある撤退となりました。
追分コロニーさんが車で迎えに来てくれて大助かりです。みんなで根津神社そばの北海道特産物を食べさせてくれるお店で一息。

お昼でございます

088a14fa.jpg交代で店番なので、追分コロニーさんの大家さんのお豆腐のお店でお昼でした。どんな時でも…食べることは忘れない私。
わざわざ善福寺からYちゃんも忙しい中来てくれて、途中から合流。超嬉しかったです。

ナンダロウ「古書けものみち」店主さんと

cea762f1.jpgまんまる三姉弟のよう?ナンダロウさんはこのイベントのメインのお一人で、どぉんな方かドキドキでしたが、とってもさばけた方で安心しました。
お別れの頃には「とても年の離れた漫才師のお姉さんができたようで…」とまで言っていただきました。
申請時に年齢記入する場所もなく、「こちどりで〜す♪」なんてメールをお送りしていたので、もしかしたらうら若い姉妹と思われていたかも…ごめんなさいね〜老けた“こちどり姉妹”で。

やなか珈琲店

8f85930e.jpg製作4時間の力作の箱、デビューです♪朝、高司にこちどりの挿絵も描いてもらった看板も3枚貼り付け、記念撮影です。
とっても繁盛している珈琲豆屋さん。お客様の注文にあわせてブレンド・焙煎をしているので活気もあって、香りもよくて素敵なお店でした。

一箱古本市、いざ出陣

4eed7a80.jpgお天気だけが心配ですが、ともかく決行決定です。“追分コロニー”さんの車に同乗させていただいて、新緑の都内を走り抜けてきました〜爽快♪
気合いの乗った“こちどり”姉妹。今日一日がんばりますっ(^-^)

からなべ屋

6e28b304.jpg丸ノ内線銀座駅改札口の脇にあるカレー屋さん。昨日につづいて分速ごはん。着物でら〜めんも緊張走るけれどカレーもね…朝四時からパソコンピコピコしていてちょっと眠くなってきたかも。

イチョウだったんだぁ

511140ed.jpg丸ノ内さえずり館にぬりえの見本のお届け。お〜冬にイルミネーションがキレイだったのはイチョウの木だったんだ!
丸ノ内上空、ピーカン。このお天気があしたの一箱古本市までつづいてほしい!

一息

9ef76010.jpg国領の帰りに、なつかしの調布のスリジェにいきました。ここのケーキは大好き♪
このあとは大宮へ一直線!今朝偶然手に入った昨日以上に格安チケットできよしくんです。1階最後列だけれど、同じ空間にいられるだけで幸せ♪なので何の何の。それにしても3回行ってもチケット元値の一枚分にもならない「後方」きよしくんチケット相場って…確かに前のほうは定価の10倍以上の値が付く席もあるけれど。そんなに前の席って魅力かなぁ?ナマの歌や、ゆる〜いきよしくんの会話や、会場の雰囲気楽しみたい私は、濃い一回よりも、何回も参加して幸せな時間をいっぱい持てるほうがいいな。第一そんなお金もないかしね。
それにしても大宮近い!9時半には荻窪楽勝でした。駅からかなり歩く市川や八王子でのコンサートよりも近いかも。
さ、この3回きよしくんパワーで来月の嵐の日々を乗り切るぞ!

こいのぼり

73116295.jpg小さい頃から通ったり入院したりの病院、慈恵第三病院のそばにある、ディケアの施設で打ち合せ。69歳から97歳までのお年寄りがウロコ一枚一枚つくったこいのぼりのお披露目に偶然立ち会えて、嬉しかったです。それぞれのウロコに製作者のお名前入り。ほのぼのとした素敵な施設でした。
姑のデイケアの話を聞くと幼稚園みたいなプログラムと思っていたけれど、もっと高度な内容のものなのだと実感できる作品がいっぱい。確かに年をとって、動きも記憶も不自由な部分が出てきてはいるかもしれないけれど、でも人生:暮らしのベテランが集まってくる場だもの。それぞれの得意を生かすと、素晴らしいものになっていくのは当たり前かも。スタッフの方々の努力に負うところは大…というお話を聞きつつ、姑や両親のことを考えてた私。

分速ごはん

0b5136f1.jpg徳卵いくら丼・580円。国領駅前いくら屋。打ち合せ前の15分でごはん。出てくるまで1分もかからないんだ丼ものってと、ラーメン時間が染み付いているせいか新鮮。
国領は小さい頃から病院のこともあってやたらと縁のある駅でした。実家のある東府中、通ってた学校のあった下高井戸・仙川、一時住んでた千歳烏山の次ぐらいに降りていた駅かもしれない…駅前がすっごく様変わりしてびっくりしました〜寂しいような…

ついでに一枚

f3d883ed.jpg懲りない私達はもう一枚の前でもパチリ。
お話も上手になって、歌はもちろん全力投球で、何だかほんとにイイ男になってきたきよしくん♪声も今日は良く出ていて安心しました。コンサート大好きなきよしくん、開幕前に「早く歌いたい!」って言っていたそうです。ご立派!
夜の部は、亡母の遺影を持って最前列で泣きながら聴いていた人に「どうして泣いているんですか?気になりますよー」とMCコーナーの最後で振り、事情を聞くと「乗り越えなきゃ」「泣いちゃだめ」ってすごく優しく気を配ってました。おおおおお余裕が出てきたこと。ちょっとうるってきました。

くみちゃんに撮ってもらいました

2c746ec4.jpgきよしくんのCDやDVD売っている前に設置された二枚のタペストリーの前は、記念撮影大会と化しておりました。もちろん夜の部参加の私達も負けずに撮りあいました〜単純だわ〜

みんなでお茶♪

9ad6ff62.jpg昼の部行った3人でルミネでお茶しました。誰にも遠慮会釈なくきよしくんばなしで大盛り上がり〜こんな楽しいお茶ってめったに無いかもです。お昼はこのケーキセットと同じくらいの申し訳ないような値段でゆずって頂いたチケットでしたが、大宮ソニックシティは音も座席もよいので、後ろの方でも幸せでした。
夜桜演歌祭りで買ってずっと聞きふけっていたのは、きよしくんと同じ事務所の「唐木淳」"霧にむせぶ夜"黒木憲の息子→の「白蓮」のアルバム。すごくムードのある大人の歌ですね…だから今日のきよしくんのズバッとした歌唱はある意味新鮮でございました。

サービス?

e3f3bb10.jpgなぞのパネルが会場に二枚。大宮は埼京線のおかげでとっても近い。

夜のおさんぽ

06ba3a78.jpg頼まれものの“工作”をお届け〜こないだの熊のおうちのサイズ違いをちまちまと。ずっと懸案だった宿題がおわったかんじであります。

貢がれたお金でローンを…

dc60aca8.jpg返し終えた「あっぱれむら・きよび」くん。君の村は果物もまだ生らないし、君自身ほとんど額に汗してないんだからそんなに喜んじゃぁいけないんじゃないの?とマダムりっちゃん、ちょっとぶんむくれの図…こんなことばっかしやってちゃ…Sちゃんに愛のお叱りを受けるのでほどほどに…

貢ぐオンナ「みずくまむら・りっちゃん」

7603e58d.jpgこつこつと、果物拾ってタヌキデパートに売り、魚を釣っては売りして貯めた「お金」が前に並んでいる4つの袋に詰まっています。「あっぱれむら」までお金を届けにきて、きよぴにあげるところ。
わかいツバメにっていうか…ホスト?に必死で貢いでいる感じであります。ふん。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ