タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

October 2006

ヒヨドリジョウゴ

70f6dd68.jpgベクトルに行く途中に赤い実が成っていてそれがとても気にかかっていたのです。高司先生、一発回答!「ヒヨドリジョウゴ」。白い花は小さな百合みたい、実の赤もきれい、そして変わった生えかたをしています。他の植物にひっかかるように生えているの。ツルなら巻いていくけれど、これは引っかかるだけ。鳥が増やす…実を食べて、糞で種を運び増やす植物だそうです。高司といると歩く「植物図鑑」「動物図鑑」もちろん「野鳥図鑑」といるようなもので、それが楽しくて結婚したようなもんだったというのを、22年経って思い出したりしてね〜
で、ベクトルでぬりえを袋詰めして、看板作って。イベントって大変だけど文化祭みたいですきなの。

これでどうして350円!?

3144b0b7.jpg私の500軒越えのラーメン行脚の中でもこの三益は、かなり異色です。「節」がどうの「塩」がこうの…とくどいほど薀蓄を垂れ流している店もいっぱいあるなか→もちろんこういう店はそれなりに高レベルではあるけれど→ラーメンブームに関係なく日々オヤジさんが作り続けている、この店の潔さって言うか、凄みすら感じます。小さいお店で大きな元気をもらえるこういうお店って素敵だと思いませんか?

お久しぶりの三益…製麺機

eadf5c39.jpgベクトルさんでJBFに荷物もって行ってくださるというので高司が自転車山積みで荻窪まで。途中で買い物して、三益のマスターは元気かな?と寄ってみたらば…75歳とは思えない元気さで頑張っておられました!すげぇ…今日も朝5時半から仕込みして、この製麺機で麺打って…ともかく「カッコいい」オヤジさんです。

おやつ、おすそ分けいただきました

7c5263e4.jpg3日4日に迫った第6回ジャパン・バードフェスティバル、6回目の出店の今回は「谷口高司&ベクトル鳥のぬりえ工房」という名前でブースを出します。ベクトルさんにはぬりえではとてもお世話になっているので、せめてお名前だけでも…とお願いしました。
で、ぬりえの準備で夕方はベクトルへ。イベント価格も設定して、いやがうえにも力が入ります。
ちょうどKAMEKIYOのIくんが差し入れをって来てくれて。なんとフュッセンの秋のケーキ。おしゃれ〜一口食べたとき人の気配。何と次男が…何て鼻の効く奴だ!親子で美味しく頂きました。
帰ってからも延々パソコンに向かい2時まで。帰りのバスで5分うたた寝しただけで復活する程度の脳って、どうよ!?

遅いお昼ご飯はムーハンのタマゴライス

c05fd5ab.jpg昨日はすっかりシャ乱Qでテンションあがりっぱなしで4時近くまでJBFの準備やらヨッシ〜の原稿うちやらしていて3時間睡眠で1日動いておりました。思考回路も停止し気味で、とりあえずお昼と思ったら、大学の授業が早く終った長男が帰宅してきて、珍しく一緒にでかけるというので、超久しぶりにムーハンに。店内少し変わってましたが、もっと変わったのが長男の嗜好。今まではフライドチキンライスだったのが、今日はスチームチキンライス。揚げ物勘弁って21歳でスでの老境でしょうか?ちなみに私は鳥さんダメなのでザー菜入りタマゴご飯に中国醤油つけてもらいました。

横浜西口・麺場 浜虎

980dabfa.jpgシャ乱Qで抜け殻になったL子さんと桜木町まで歩き一駅乗って横浜で下車。このお店が美味しいらしいと携帯片手に探しました、少し。夜中に歩き回るには、ミュージカルの「CATS」気分満載のちょっと不思議なエリア。BARや立ち飲みなどの各種呑み屋、風俗、駐車場、ゴミの山…なんというか歌舞伎町の神座という大阪発のラーメン店を探しに行った時のような…何ともな気分。で決定打は「封切館」とある桃色映画館。ビデオ&DVD全盛時代にまだこの映画館が…映画のセットじゃないんだろうか?と思うようなシャビーなつくりです。
で、その真向かいにございました、このお店。ま、桃色で完全に思考回路が乱れて…乱れるといえば「シャ乱Q」6年ぶりの再始動ライブの帰りだったのでテンションも大きく狂い気味ではありましたが

その勢いで「チャレンジ!!」と勢い良くボタンを押したのが「黒納豆ラーメン」店内は工事現場の作業途中のようなつくりでここでも「CATS」気分。店員さんもつなぎ、いやがうえにもヤンキーの血が騒ぎます。ってヤンキーの血が流れてればの話ですが。でも店員さんとっても親切だし礼儀正しいの。だから見た目で判断しないでね。
納豆とラーメンは意外も意外。超美味しかったです〜♪
また行きたい!っていうか散歩したいエリアでございました。

パシフィコ横浜に来ました

d3a696c9.jpg2000年12月突然の休憩宣言以来、ず〜っと潜伏していた感のあるシャ乱Q、先々週は大阪で、そして今日、横浜で復活です〜♪でもチケットなかなか出物がなくて諦めていたら、意外な時間に意外な2枚がヤフオクにでて、一緒に行けるといいねぇと言っていたL子さんと行かれる事になりました。会場手渡しというドキドキの受け取りでしたが、長いQファンのお嬢さんお2人でとても感じよく話し大いに盛り上がりました。

会場、パシフィコ横浜はとても観やすく音も良く…私たちの席は29列。ファンクラブ枠の通路挟んで後ろのブロックの一番前にあたる何とも良い席。周りの方々も気合充分でいよいよ開演。「上京物語」始まった瞬間涙が流れてきました〜この空間を待っていたんですね〜6年も。「そんなもんだろう」「空を見なよ」「大阪エレジー」「涙の影」「Mybaby君が眠るまで」「18ヶ月」「いいわけ」「ズルい女」「シングルベッド」「メリーゴーランド」と端折るものもったいないような感じですが、ともかく全19曲、感動でございました。

6年前はナースやらセーラー服やらのコスプレも多かったし、つんくも動きが良かったけれど、6年経って会場はちょっとシックな色のお洋服姿が多くなり、若かった皆さんはオトナに、オトナだった皆さんはさらにオトナになっていました。そしてステージの4人も充分にオトナに。6年の歳月が皆に等しく訪れ、思い出や喜びや悲しみを置いて行ってくれたという感じです。6年前の弾けるような空間より、さらに熟成した温かみのある空間、数々の名曲がこの6年を埋め、そして繋ぎとめてくれていたのだとしみじみ思いました。彼らの楽曲は皆、彼らの手によって紡ぎだされてきたもので、そのあたりも歌に大きな力を感じさせる要因かもしれません。

それにしても6年は長いなぁ…子どもが小学校入って、卒業するまでの時間だ。6年前まで、シャ乱Q ライブに連れて行っていた息子たちも今回はやたらと行きたがったけれど。とてもとてもチケット取れずでした。長男のバンド仲間もQの曲で練習した子が多いのですって。ふむ。私の6年はそのほとんどをきよしくんに費やしているようにも思えてなりませんが。これから先、どうするかなんて野暮は聞いちゃいけませんよぉ〜そこの旦那!←高司でございます。「追っかける男はどっちか一人にしなさい」って。もうこの時点で自分は戦線離脱ってことですね〜はぁ〜

ちなみに私は「都会のメロディ」でL子ちゃんは「空を見なよ」でシャ乱Q
にはまりました。「いいわけ」も「ズルい女」もシャ乱Qだけど、バラードもそりゃたまりませんって!!ぜひぜひ一度聞いてみてくださいまし。

ふくふく村からお引っ越し

7d0ef305.jpgぶつ森同士で通信をすると、いろいろなことが起きて楽しいのですが、何と今回は「迷子ちゃん」です。ふくふく村に「迷子ちゃん」、みずくま村に「おかあさん」。迷子ちゃんは滝のような涙を流して「おあかさ〜ん」と泣き叫びます。おかあさんは「困ったわ、うちの子は一体どこへ行っちゃったのかしら?」とオロオロ。放っておくと一週間後には村からいなくなるのですが…村を歩くたびに泣かれるのはつらいし、ふくふく村のK子さんとはおうちが超ご近所なので、金曜日の夜に「じゃ角のセブンイレブンで…」と待ち合わせをして無事親子の対面となりました。ふぅ〜よかったぁ。
夜中にコンビニ前でNINTENDO DSをピコピコやってる健全なあたしたち。コンビニ前で車座でタバコ吸ったりメンチ斬ってる兄ちゃん姉ちゃん:とんと、この頃見ないけれど…:ま、その辺りに比べたら私たちなんてほのぼのと麗しく爽やかな高原の風のようなもん。ってかなり年かさのお姉さん達ですけど。

で、その二日後カバの「ゴンザレス」くん、ふくふく村からお引越ししてきました〜
うふ♪

わんたん作ってみました

df7b83ad.jpg高司のお腹が調子悪いというので、おかゆと何がいいかな?と優しい妻のあたしは久しぶりにリクエストを聞いてあげました。だってお稲荷さんも食べたくないなんてよっぽどなので。そしたらワンタン!というので挑戦してみました。
お肉・ネギ・生姜・調味料…餃子よりも簡単?あら、すぐできちゃうわ♪でもお肉入れすぎると皮が溶けちゃっちゃうのね〜と感動の初体験でございます。ワンタンメンって…5個位入って、それで普通のラーメン代+200円目安っていうと高くないか?と思いました。とりあえず30個作ってあっという間に無くなりました。ちなみに私たちはクイーンズ半額弁当「薬膳カレー」がメインでございました。

三鷹駅の前、玉川上水

32dc5d3a.jpgすごく木が繁っていていい感じです。毎年野鳥観察会をさせていただく富士見が丘ちかくの玉川上水より、かなり繁っている印象です。今は治水がすすんだのでしょう、水の流れはそれほど強く感じませんが、ここからちょっと行ったところが太宰治入水の地です。昔は人喰い川と言われるほど水の流れがきつかったのだとか。
今日はこれからタカコさんのところにお手伝い、着物でタスキで頑張ります♪

三鷹・文蔵

7f391f55.jpg原稿打ちもジャパンバードフェスティバルの準備も遅々としてすすまず、このモチベーションの低さは何!?と気合を入れなおしに三鷹・文蔵というラーメン屋さんに行ってきました。
私がらーめん行脚の目安にしているのは、ここ数年iモードの「超らーめんナビ」だけだったのですが、ネットの「ラーメンデータベース」に出会ってから、ちょっとラーメン感が変わってきつつあります。
「超ラ…」はテレビチャンピオンの覇者とか、それに準ずるいわゆる達人がオススメのお店がメインです。受信料は月300円。これは外でラーメン食べたい時、外したくない時には便利。達人8名で各一票入れられる★、つまり★8のお店は最高です!ってことですね…その評価も地図も乗っているのが携帯で見られる手軽さも◎。でも達人オススメとあっても「????」というお店もあるし、達人がオススメしてなくても、超美味しい「源宗近」ちゃんみたいなお店もあるわけで。人の味覚はそれぞれということですね。
片や「ラーメンデータベース」は6000人以上のユーザーが6000店以上のデータを寄せているいわゆる「民の声」系サイト。無料で見られるし、会員登録すれば自分が食べたラーメン店の採点もできるのです。で、この登録されているだけで6000店越えの全国にあるラーメン店の中で「源宗近」ちゃんが何位かと言えば、今月は今のところ6位、通算で全国26位です。ね、あれれれ〜でしょう?
ま、そんなでいま三鷹ではこの店がダントツなので行ってきました。いわゆる青葉インスパイア系ですが、もっとさっぱりしていて、なかなかスゴイラーメンでした。何より店のご夫婦の雰囲気がとてもいい。ほんとに美味しいラーメンでした。

さらに立往生

29c1dabc.jpgこの中央線、動いていないの。ホーム途中まできてはいるけれど、そなまんま。ここに来るまで代々木と千駄ヶ谷の間で軽く20分は停車していた電車でございます。原因は人が線路内に立ち入ったこと。で、やっと動き出したという放送があって、この電車がホームに入ってきたとたん停止信号でまた10分以上…こんどは中野方面に人が歩いていったらしい…
ホームはすっごい人。私は行列の一番前に並んでいたのでそんなに閉塞感はなかったけれど。階段までびっしりの人の中、あきらかに浮いていたろうなぁ、着物ばっちり決めてたし←今日は気合の小紋でオトナ。見渡す限り着物の人はいないんだもの。合間に、この時間帯終了のヤフオク、代理落札頼まれていたSちゃまをどやす電話もしてたし、しかもコンサート用のスケルトンのバッグからはウルトラマンメビウスの大きいなチラシがばっちり透けて見えたし。着物でウルトラマン。うう。
軽く40分は新宿駅で起立したまんまで、すっかりおくたびれ。この電車に乗っていた人も大変だったろうなぁ。それにしても構内放送「お客様が線路に立ち入り…」って客じゃないだろう〜そうゆうのは「不審者」とか「挙動不審者」とかじゃないか!?こんだけ迷惑かけてんだから。

渋谷公会堂が…

56469f4a.jpgあの渋谷公会堂がCC LEMON ホールでリニューアル、今日と明日はきよしくん2day'sなのですが、チケット取れたのは今夜だけ。オークションも何だか妙なのが増えてしまって。もう必死でございました…
渋谷公会堂は照明でステージがすごく白っぽく…ホコリっぽく見えるし、シートも座ったら沈んちゃうくらいへたっていたの。ともかくどこの場末のホール!?っていう感じだったのですね、で、骨組みはそのまんまで、リニューアル。噂ではアスベスト対応策らしい。で、2階の奥の一番左端の席にKちゃんとちんまり収まると…とっても空気がきれい。ステージ始まっても見晴らしがいい…ってことはやっぱりあの白っぽかったのはアスベストだったのかしらん?
きよしくんは出来立てのモノモライが気にかかってしょうがない感じ。でも明るくステージ務めていました、途中ライブならではのアクシデントもあり…会場中きよしくん大好きオーラが漂ってるから、何があっても「可愛い〜」「大丈夫!?」でまぁるく収まるのね〜きよしくんも居心地良いだろうけれど、誰に遠慮することなく手放しでニコニコできるファンにとっても、コンサートは居心地の良い空間です〜♪

恵比寿・瞠

7a662370.jpg夜遅くまで、家族でいろいろと話をしていて、結局午前中は不調の極み、吸入握り締めておりました、それでも今日はど〜〜〜っしても出かけねばならぬ!!時間に余裕をもって準備してたら、着物も帯も一発で決まったので、恵比寿に寄ってから行きました。
瞠=みはるは高田馬場の「渡なべ」をやっているラーメンプロデューサー渡辺樹庵さんがプロデュースしたお店、ある意味完璧、和食やさんのような店のたたずまい、もちろん清潔だし、店員さんの感じもいいし、味は、かなり魚介の匂いがして好み。ただ醤油の味がきりっとしすぎていて、好みが分かれる?かもしれないけれど私は美味しく頂きました。ま、私は宗近ちゃんの溜り醤油の、ほんわかとした甘みが一番のお気に入りなのだけど…

越後屋のお豆♪

74ecc6ea.jpg今日は一日こつこつこつこつ、パソコンに向かっておりました。合間に我孫子のバーフェスで、いろいろな方にお電話をして。ともかくこの2日を頑張らなきゃ…何でか、まだ中一週あると思いこんでいたら、え!?来週!?という状態なので。

で、脳が煮詰まりかけたので秘蔵の品を開けました。こないだのお教室でSさんからいただいた新宿越後屋のお豆です。私はここのお豆が大好き♪中でもこの、「イカが入っている衣でさっくり揚げたピーナツ」は、「お砂糖がけのピーナツ」と同じくらい好きなの。ふたを開けたら案の定、のこり1/4まで一気食い。ああ〜お行儀悪!!
このお店は宿通りからひとつ角、歌舞伎町に向かって入って行くところで、かなり大きくなるまで緊張しながらお豆買いに行ってました。二幸=今のアルタの裏口あたりなのだけれど、子供心に歌舞伎町は怖いところだったのかも。長じて歌舞伎町のどんづき、新宿コマに通うようになるなんて、思いもよらないことでした。でも、今でも怖いんだけどね。

そうそう、時代劇で、悪代官が「越後屋、お主も悪よのぉ…」という台詞を聞いたときは何でお豆やさんがこんなところで!?と思ったこともったほど、私の中で越後屋=お豆です。
ちなみにキヨさん98歳も、うちのキヨコさん77歳ももどちらも豆が好き。甘く煮た富喜豆とか花豆とかは、超ご機嫌取りアイテムです。



え!?

1369e331.jpgクッキーでSALT!?と、クイーンズで50%探してお散歩の合間に見つけて、ちょっと買ってみました。
どんだけ塩辛いのかと思ったら、そんなことはなく、チーズクッキーのような感じ。しかもホロホロと口どけも良くて…思わずにっこりでございました。甘いクッキーは箱菓子よりもお菓子やさんの方が当然美味しいけれど、このクッキーはなかなかヒット♪誰にもやらないとちょっと決心。いぢわる?

MADE IN JAPANってあるけれど

0cc60962.jpgこないだブラックジンガーを買ったときに薬局でいただいたクマザサ茶のパッケージ。何だか異国の香り…遠くて近い国のムードがプンプンするパッケージなのですが、実は国産らしい。この文字の配置と全体のキラキラ感が何とも大久保。お茶の味はちょっと漢方ぽくっていかにも効きそうではございますが。
次男がレポート書きでパソコンを占拠してて、お母さんはやること山盛り!なのに身動きとれずっていう感じです。やれやれ。息子が寝た後に、こそこそ起きてまたピコピコ。あまり健康的じゃないね〜クマザサ茶「痛飲」してやるぅ〜

もず村から…

c196948c.jpgこないだアンサンブル荻窪の教室が終ったあと、「ふくふく村」と「おかめ村」と交信をしたのですね、ピコピコと。で、うちの「あっぱれ村」から気立てのいい「ちとせちゃん」が引っ越して行ったばかりだったので、ちとせちゃんを熱望していた「おかめ村」さんとまず通信、したにも関わらず、ちとせちゃんは何故か「ふくふく村」に登場!!あらら〜。
で、私の村には通信こそしなかったけれど「おかめ村」さんのご主人の「もず村」さんところにいたゴリラのダンベルくんが引っ越してきました。可愛いカエルのチョキちゃんがいなくなって、何だか顔色の悪いゴリラ…しかも横柄なんだ〜KIYOPIくんとはじめてあった瞬間に「おまえんちに行っていい?」お〜
今あっぱれ村には、高ピー女のゾウのオパールちゃんと、オカマキャラのワニのアルベルトくん、犬系が2と、ちょっと大型化していますね〜住民が。
このところ放置してたので少しお世話しなきゃ!

天の道

bb0ec195.jpg11月23日に開催する「こちどり園遊会」の概要をとっても不得手な計算を交えながら、いろいろ練りつつ、よっし〜の原稿をうちつつ、パソコンに張り付いていたら、すっかり頭が煮えてきて、ちょっとオーバーヒート気味。情けないことです。で、ヘアーカットモデルを初めて知り合いのお嬢さんにやっていただいた次男と一緒に、青梅街道沿いにできた新しいラーメン屋さんに行ってみました、雨の中。背脂チャッチャッ系だけど、淡白で臭みもない美味しいラーメンでした。

今日は長男の誕生日だけれど、本人も回りもさほどの盛り上がりもなく。学校休講だったので昼過ぎに起きて御茶ノ水まで楽器を見に。高司は図鑑の打ち合わせ。結局夜中11時近くにケーキとサンドイッチでおめでとう会をささやかに。
小さい頃なんてお誕生日会は、んもう力が入って大変なものでしたが…淡々。ま、ね、21にもなりゃそんなもんかも。ふ〜

遅いお昼ラーメン

655e0c59.jpg得意ですね〜お昼食べはぐれての夕方のラーメン。さすがに豚汁とご飯だけだとちょっと少なめで。阿佐ヶ谷の「麺屋天勝」に行ってみました。ここもこの頃私がお気に入りのラーメンデータベースでけっこう上位なの、杉並区内では。ラーメンの中ではもっとも不得手の「背脂ちゃっちゃっ系」だったのだけれど、見た目以上にスッキリしていて、ちょっとカルチャーショック。

気づくと食べ物3連発になってますね〜食欲の秋だしなぁ〜
実は阿佐ヶ谷からの帰り、西荻の駅で、双子と呼ばれるYちゃんにばったり!エスカレーターで右側追い越し車線を下駄でカラコロドシンと駆け下りていく途中で遭遇。顔見なくてもわかるってやっぱり双子かも。で西荻窪駅構内のカフェで茶を。
彼女は谷中の一箱古本市に行ってきたところ。今回はアンダー30企画って聞いたので出店も30代以下と思ったら企画担当が30代ってことだったんだって。残念!
彼女が仕入れてきたての、元値1600円の着物本を「いくらなら買う?」と聞かれて「500円!」と応えると「300円」だったと告白。ま、200円は電車代ね。
とても好きな人の本で私的には超ラッキー♪

そして久しぶりにY子ちゃんとこの坊とあって、まぁ立派になってとおばちゃん思わずかぶりつき。でお別れしてから、キヨさん98歳を連れて車椅子お散歩ツアーでサミット&コジマ。おばあちゃん何故か冷蔵庫とか洗濯乾燥機を私に買ってくれそうになってちょっと慌てました。いまんところ家電は平気なの、壊れかけてるのは高司…
外へ出たらまた雨がチラホラ、でも、雨ケープかけて、本人に傘ささせて98歳は一滴も濡れずにご帰還。私は汗と雨でぐしょり。なかなか厳しいミッションでした。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ