タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

April 2007

引っ越しそば

441bee6e.jpg
引っ越し先には荷物は収まったものの、朝まで住んでたチャリ5分の桃井4丁目のとこのマンションの掃除はしなきゃいけないのね。水回りはらくらくパックでやってくれるのだけれど、他はこちらでやらなきゃ…ということで最後の最後まで高司は闘いの一日でした。大家さんに鍵を返し終わってからも、引越し屋さんが積みそこなった荷物があってそれの移動もあったしね。
ま、いろいろ考える前にまずは引っ越しそばだわね。ということで「わのか」で十割そばをたべました。

初弾き

0025c9cf.jpg爆チャリで井荻に行って、また爆チャリで戻ってきて…もちろんトラックよりも早く家に着きました!!って威張ってられたのもここまで。
あとは引っ越し業者のお兄さん、お姉さんに恐縮しっぱなし。「すいませんね〜ちらかってて」「ごめんなさいね、片付いてなくて」。たしかに営業のお兄さんに「捨てるものだけ捨てといて」とは言われたけど、おっつかなかったんだもん。
ヨンさまそっくりの作業員のお兄さんもいました♪笑っていいともにでて、そっくりすぎて審査員全員◎で熱海旅行ゲットしたそうです。あの笑顔のかげで呆れてたろうなぁ〜
途中チーフの人が指の付け根骨折したり、水道がとんでもないことになったり、そりゃもういろいろいろございました。でも家具があまりないせいもあって2往復で完了。
200箱の段ボールに囲まれて、まずは長男のピアノ弾き始め。

さよならのあさ

ed26b1a7.jpgいよいよ!引っ越し当日でございます!!見慣れた朝のこの景色とも今日でお別れ。17年前に越してきた時からほとんど景色が変わらず、ということは青梅街道沿いながらとても緑が多い所に住みつづけることができたということですね。
昨日は一日日向にいて、帰ってきたら長男にえらそうなこと言われてむかばしったけど、でもそれ以上の幸せな一日を過ごせたので、かあさんきわめてハイテンション♪徹夜で荷物詰めとも思ったけれど「おまかせらくらくパック」頼んだんだし、睡眠のほうが大事…と2時には寝てしまいました。5時間睡眠でもすっきりさ!!
さ、これから井荻のトランクルームに爆チャリで行って、アート引越センターの人と合流して、チークの本棚やら高司の本を積み込みます!!

再度にっこり

79dcc9f5.jpg表彰式・各賞発表が終わってお開きになった後、化粧回し…もとい「外、行く」エプロンをつけてセドローさんと私たち3人でもう一回記念撮影していただきました。
早稲田と荻窪は近いので、こんどは遊びに行けるかな?

私たちは何のお手伝いもせず、ただお客さんとして一箱ださせていただいて、それでこんなに一日楽しい思いをさせていただいて…恐縮至極でございました。参加者の平均年齢を上げてるくらいの年回りなので皆さんに労わってもいただいちゃったし。オヨヨさんや退屈男さんにはことのほかお世話になりましたっけ。
スタッフのみなさんもそれぞれ本業があり、そんななか、告知から、店の配置から、地図つくりから、トートバックまで作ってくださって。ボランティアさんも時間を作ってつきあってくださって。そして今日の一日があるのですね。ほんとに大感謝です。
ありがとうございました。

タカコとふたり、もちろん来年も参加しようね!!と意気揚々と帰宅…と書きたいのですが、残った本を贈るべくコンビニ探して迷走しつつ、アップルパイや大豆のピクルスのお土産と一緒にとことこt帰ったのでございました。

古書現世さんのセドロー賞、頂きました

fb38c0ff.jpg5時にお天気に恵まれた市も終わって、場所を移して6時からはおしまいのセレモニーです。私たちの箱の売り上げはちょぼっとでしたが、でも思いっきり楽しい一日を過ごすことができました。去年の市でこの町にお世話になったのは数時間なのに、覚えてくださっているかたも多くて「あら、ことどりさん!」と、お声をかけてくださる方もいて、何だか勘違いしそうでした。
ほんとに素敵なご縁をいただいてのね〜とタカコと感激の連続でした。

表彰式、今年は誰かしらね〜なんてのんびり構えていると、思いがけなく!高田馬場・古書現世の向井さんから、セドロー賞を頂きました。
理由はただ一つ「お客さんをつかんだら放さない接客術」だそうです
。その受賞理由から説明されたとき南ちゃんが「誰っていわなくてもわかるじゃない」などと言って、そのあと「オヨヨ書林の…」まで言われても「え?誰?」とのんきに構えていたのが私たち。ふつうビギナーズラックは一回までのはずなのにね。ありがたいことです。
私たちに受賞者一言とふっておきながら、なんちゃん「もういいよ、早くはやく」とかせかしちゃって…でもなんちゃんとセドローさんの合間にいると、とても温かな気持ちになります
賞品に超オリジナル、世界でたった一枚のエプロンいただきました。化粧回しのようですねと言われながら。5月5・6日に池袋であるセドローさん企画のイベント用、らしいです。貴重なものを…

メタボリッカーズ

98263ea0.jpgYちゃんからいろんな方のサインを頂いてきてね!というのでセドローさんにもお声をかけました。「お!これはこちどりさん!」え〜♪♪私たちのこと覚えてくださってたなんて感激♪ということでまぁるい体を3つ並べて記念撮影。「僕にくっつくとメタボリックがうつりますよ」とおっしゃるので「私はメタボりつこと呼ばれていますぅ」というと「じゃ、メタボリッカーズとういうことで…」と。ちょびっと暑苦しい写真になりました。
私たちのような「ド」がつく素人でもとても楽しく参加させていただけるお祭り。なんて懐の深イベントでしょう!と改めて感激でございます。

一年がかりの懸案

8af23de1.jpg昨年、私たちこちどりは「谷根千賞」を頂くという、思ってもみない幸せで一箱デビューを飾ることができました。そのときの賞品が既刊「谷根千」一年分と、ここ「花歩」でのお茶券でした。
で、この一年、忘れる日はなかったものの、まったくこの「花歩」を訪れることができずじまいで今日を迎えてしまって、
タカコは会社の立て直しで奮闘につぐ奮闘、休日返上で闘ってましたし、私は日々の仕事にくわえ、家の事や姑の介護関係でかなり切羽詰まった状況でした。明日の引っ越しで3か月連続引越しの荒業も完了とはなるものの、これらにかける労力と時間は半端ないものでした。

一年がかりでいただいたお茶の美味しかったこと。すだれ越しの風と、草の緑と、明るい日差しと居心地のよい空間。思いもひとしおな幸せなひと時を過ごすことができました。

わ!懐かしい。

e5fcfef2.jpg3時までのお店番が終わって、またよみせどおりを目指す私たち。
今年は15か所で100箱のお祭り。場所によってお客さまの多少はあっても全体としてとても活気があふれている。商店街の元気のなさが気になる荻窪エリア住民からみると、とっても素敵な光景。
お!?この看板!懐かしい〜あたしの小さなころの牛乳箱にはこの模様が描いてあった。牛乳やさんが毎朝牛乳配達してくれて、近所の農家のひとが卵や野菜売りに来て…時々くる押し売りの人から母がゴム買わされて…庭にアオダイショウがのたくってた…なんとものどかな○十年前。しかも…都内でのできごとだもの。んんん。のどかで平和だったぞ、ぞの頃のほうがダントツに。なんてことを一瞬にして思わせてくれるなんて…恐るべし森永乳業。

はい記念撮影です!!

440df276.jpg3人元気で会えたので、もちろん記念撮影です。去年はこの3人で谷中珈琲店谷中店で箱をだしていたのでしたっけ。ほんとに短い逢瀬だったけど、とても印象深くて。
なんちゃんのおそばにいた人に、カメラを私って撮影をお願いしたら「プロに頼むかよ」と小声でなんが言っておりました。あとで知ったのだけれど、テレビの人達がくっついて回っていたのね…そうとは知らずに失礼しました。最初に言ってよね!痩せてとってくださいね〜なんて無理難題言っちゃったじゃないの!!

なんちゃまのキュートなカメラ目線

f8347d96.jpg大渋滞で店番の時間2分過ぎにやっとこ到着、みなさまごめんなさい!!とごあいさつ…とおもった視線のその先に、何やらあやしい丸い生き物がっ!!
「なんちゃま〜」と走り出す私たち、逃げるなん。何でだよ〜去年の7月末、ひょんなことからのぞいてくれた「ぬりえカフェ」以来の再開♪よかったよぉ元気そうで。お姉さんたちはなんちゃんの顎にできた脂肪の塊のこと心配していたのよぉ〜

さっそく拉致して用意してあった「しのばずくんトート」にサインをお願いする。お願いっていうか強要?今年の一箱の目玉の一つがこのオリジナルトートなんですって♪私たちは5枚購入。そのうち2枚は追分コロニーのYちゃん夫妻用。
私のには「思いっきり愛をこめて、とか書いてよね!」というと「充分こめました!」って。確かにこのペンネームは書くだけで大変「南陀楼綾繁」って字画だけで鬼のような数字になりそうだもの。さらに愛をこめたりしたらば倒れちゃうわ!とお姉さんたち、ここは大人の譲歩。
それにしてもなんちゃんのこのまぁるい感じ。かわいい…

豆腐roomDy's

c2aca824.jpg私たちこちどり姉妹のお店番は1時半から1時間半になったので、11時開始から30分ほど箱の前にいて、それからよみせどおりに向かって歩いてい行きました。きもち早目なのかあまりあいている美味しそうなみせがなく、結局去年もお昼と食べた「豆腐roomDy's」でアジアンまぜまぜご飯をいただきました。香草が入っていてとっても美味。小鉢で出てきた「お豆腐×塩×オリーブオイル」も新鮮なおいしさでした。
帰り不忍通りを通ったら根津神社のつつじ祭りに行く人たちで大渋滞。歩道で渋滞なんて…明治神宮の元旦に行く初詣のような人ごみ…と言ったらどんなに混んでたか想像つくかしら?

オヨヨのお兄さん

924deb8c.jpg
ことし軒先をお借りするのは「オヨヨ書林」さん。根津駅二番出口徒歩一分のところにある古本屋さんです。一緒に写真をとってるのが「オヨちゃん」さんです。なんだかシャイなお兄さん。
完全に怯えて映っているように思えますが…気のせい?
日差しが強烈ですが、去年の途中で「雨」を思えばなんのその。
かなり端っこな場所なのでお客さんはいかが?とおもったらスタンプラリーの起点もしくは終点にチョイスしやすい場所なので結構な混雑でした。ことしは超有名な「退屈男」さんほか全5箱8人で手わけしてのお店番となります。

一箱古本市

b7b49f9d.jpgつ・い・に来ました♪一箱当日。
私たちの箱は去年「谷根千賞」いただたときのものをそのまんま継続使用。きのうの雷雨で帰れなかった高司に、おやつに食べた五三カステラの金箱で「こちどり」をいっぱい切り抜いてもらって、周りに貼ったのでかなりゴージャスにバージョンアップしています。
もちろん私たちはことしも着物!姉タカコは大きな矢絣の紬、妹リツコは寛斉の洗える着物、二人のお仕事着ファッションの勝負服でございます。

新しい家のキーリングは蜂

de3ceca8.jpg
家が新しくなるんだから…と吉祥寺でみつけたのがこのキーリング。蜂がかわいいでしょ?こんどの家の電話番号が「8」が4文字も入る思いっきりおめでた系なのでキーリングも鉢にしてみました。COACHって実用一辺倒のイメージがあるけど、何年か前にお花のモチーフのバッグ作ってから、ずいぶんと方向転換してるのかしら?蜂さんの目が留め金でかなり頑強な造り、だけどキュート。
ちなみに高司のは吉祥寺中を何件も歩いてやっとこ伊勢丹で見つけた「双眼鏡」モチーフのもの。これで新しいおうちへの気合も盛り上がろうかというもの…では?

「引っ越し」するのは十分わかっているんだけど、今日は合間にたかこさんのとこへ、明日の一箱古本市の準備。Fさんが大急ぎで作ってくださったHPの表紙を見に高司も途中来たら、それに誘われるように大田黒公園まで来ていたSちゃまも寄って。そのうえ外はすごい雷雨。Sちゃま妻のJちゃんからは「ヒョウが降ってる!」という電話まで入って…ベクトルで4人軟禁状態でございました。きゃは!

なまこ

4b1e8d40.jpgついマヨネーズタヌキで熱く語ってしまったけれど…家の中では、3者合同で原画のチェック。Tさんの絵の邪魔にならないよう、良い仕事になるようみんな真剣そのものです。
今後のことも含めて食事を挟んで深夜まででした。お疲れ様!

さて私は…あさからずっと着物だったのだけれど、さすがに届いた家具の組み立てなんて着物ですることもないだろうと思って、Sちゃまにいくつか運んでもらった箱のなかから着られそうな洋服を見つけてお着換え。着られそう…っていうと違うか。着てもいいかな?と思う洋服。だってよそいきばかり持ってきてるから作業着じゃないんだもん。

さてとお二人が帰った後、息子たちを呼んだら、飛んできましたね!
地区17年とはいえ「あたらしいおうち」はけっこう彼らも気に入ってる様子。何一つ生活圏を変えずに暮らせる場所が見つかってほんとによかったわ!
出来上がったばかりのフローリングの床をナマコ?はらぺこあおむし?のような妙なかっこうで二人してにょろにょろ動き回っておりました。嬉しいのかなぁ?それにしても、ゆる…

おそるべしガッツ

a60ed56a.jpg高司が「直し」で闘ってる合間に、崎陽軒のシウマイ弁当を抱えて帰ってきて、なにしろまだ何も入っていない家なので、ドアから2分の「ガッツスーパー」へお茶を買いに…。名前も大胆だけれど値段も大胆でお茶とかお酒とかとても安いの。と、わかっていてもいままで足しげく通うことはなかったのだけれどご近所になったことだしと店内散策。狭いながらかなりの品数を扱っていて、これって!?と思う者もあったけれど、何が驚いたって調味料!自然食品やさんでしか扱っていないような品々が並んでて。思わず買っちゃいました。

真ん中のマヨネーズは松田のマヨネーズ。こだわりぬいた食材で作っていて添加物一切使ってないのに「蜂蜜」が入っているだけで「マヨネーズ」と表示することは許されず「マヨネーズタイプ」と表示しなきゃならない、なんともアホな法律が、この美しい国にはあるのです。ん、もうこのマヨネーズ食べたらほかのマヨネーズは別の食品!ということで我が家は20年以上前からこれ一本。
ずっと前、杉並会館で個展をしていた合間に荻窪のぐるっぺに買い出しに行ったらカメラクルーがいて、このマヨネーズをかごに入れた私に「すみませ〜ん、いまのところもう一回やっていただいていいですか?」「「はぁ?」というやり取りの後、もう一回かごに入れたらディレクターさんが「この商品は長く使っていますか?」「はいずっと」「ここにマヨネーズタイプってあるのご存知でしたか?」といきなりの突っ込み。思わず「え〜何ですか?これ?知らなかった?いつからですか?ふつうにずっと使ってるからマヨネーズタヌキって書いてあっても気づかないと思うけど」…「え?そんな法律があるんですか?信じらんない!お役所ってほんとにバカですよね〜」と怒りにまかせて放言。翌週TBS噂の東京マガジンで思いっきり放映されて…ぐるっぺのほかのシーンは全て割愛だった…東京マガジンの出演者から「マヨネーズタヌキ」が大受けしていて画面の前で一人恥じらった私。誰も見てないやね…とたかをくくっていたけれど、あらあら〜!?そのあと、そこらじゅうで「タヌキ見たわ!」と言われ、こ松田のマヨネーズ愛好者も私の周りに増えた。もちろんみんなわざわざ売ってるお店まで買いに行くんだけど。

そんなマヨネーズタヌキまで置いているガッツも恐るべし。
そして未だにこの良心の塊みたいなマヨネーズに「タイプ」をつけることを強要するお役所の石頭ぶりも恐るべし!

さっそくお仕事

e89968fe.jpg新居が我が家のものになった瞬間、我が家は強制的に千客万来モード。まずSちゃまに莫大な量の原画やら、大事な資料やら、を山盛り運び込んでもらって、そのまま私はタカコさんのとこまで乗せてってもらってるあいまに、AさんとKさんが、Tさんの図鑑の増補版のチェックに。去年の秋にお話があって、一年がかりでことしの秋のTさんのお命日に再版の予定。
2月3月今月とあわただしい中、高司はよくここまで描いたなぁと、改めて「尊敬」。このあたり、やっぱり職人だと思います。

デザート(@ ゜▽゜@)

4fae85cb.jpg今日をもって引っ越し先が我が家のものになる日。先勝なので午前中にすべてのものにハンコをを押してもろもろ澄ませて、西荻窪駅前から頼りの助っ人Sちゃまの2tトラックを呼びたて。待ってる間にシャチハタを買いに駅南口の印鑑やさんに行きました。何とも渋い作りの店。戦後にトリップしたような…活版印刷の活字の棚もあって。昔、競走馬の競走成績を作っていた時のことを思い出しました。「0」の起こし、とか。いまあのころの職人さんはどうしてるのかしら?
Sちゃまお気に入りのデニーズでお昼ごはん、は、もちろんデザート付。
2tトラックに着物で乗るのもなかなか気持ちの良いことです。

古い表札

66878044.jpg結局、家族4人完全徹夜ございました。お日様黄色く見えるし。まずいだろぉ。まっ黄色。思考回路は停止するわ、時間は迫ってくるわでお互い敬語。だけどこれって静かな恫喝のよう。ボーイスカウトで慣れてはいるはずだけど、しばらくブランクもある息子達。重いもの運ぶことに対しては柔になってましたね〜途中断念した食器棚とか押入れ家具も出てくるしまつ。でも、何とか処分ができました。
次男は健康診断で午後登校だったので、三々五々爆睡。ふたりともでかけた後にゾロリ起きて本日の活動。水道局に行ったときに見かけたのがこの古い表札。豊多摩郡、だもの。びっくり。
で、荻窪で買い物して、新居に置きに行って、帰りコジマに寄って、買い替えの小さな家電をいくつか頼んで…なんてしてたらすっかり真夜中。いかん!モグラのような生活になってるぢゃないか!!そしてこっそり買ってたWii用の「やわらかあたま塾」やろう♪とか思ったらテレビのケーブルも外れてました。がっかりだぜ!

たからものって何?

8b682f5e.jpg今日は大安吉日。ほんとのお引越しは先だけれど、日の良い日に何かを持っていくといいと聞いたので、家の大掃除の合間にそれぞれが大事な肝いりのものを持ってチャリでお引越し先へ。

高司は昨日絵を持ってちゃってるので、双眼鏡・プロミナ・ラジカセ→昔のタケノコ族かぃ!?、そしてスーツ。長男はギター2台を両肩に背負って。次男はドラムの練習用セットと北海道富良野の東大演習林で拾って旭川空港で危険物扱いされたシカの角→インディアンのおまじないのよう。
私はさっきロフトで買った新生活用品の大袋の他に、自分の大事なものとして、新しい着物と帯、家族のアルバム、ピアス…そしてオーデコロン。ここんとこずっとCHANELやBVLGARIがお気に入りだったのだけれど、こないだ久しぶりにグレを買ってみたので、今日はそれを持ってきました。写真だとキャベツに見えるけど、ふたはお花の集合体なの。ピンクとか白のもできてて、あら!?だったけれど。この緑ちゃんはことのほか好きな香りだったので懐かしさが先にたってつい。
衣装変えの時期は、電車やバスで防虫剤匂いをプンプンさせた人が多くて、喘息患者には受難。無臭タイプのものとかも匂わなくてもアレルギー反応起きるし。だから席やドアを移動して逃げるのね。でも混み混みで逃げられないようなときには、自分の手首につけた香りで何とかしのぐので、コロンは必需品なの。もっと、色っぽいワケならいいのに。

それにつけても、私一人大荷物で、もし災害にあったら荷物持ちすぎて逃げられないだろぉ…と真剣に思いました。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ