タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

June 2007

暖簾、完成です!!

38e5a714.jpg

02826a99.jpg

a626db25.jpg








源宗近の新シンボル「オオタカ」の暖簾。昨日はお店の上のお部屋で描いたのですが、今日はかけた状態のままチャレンジ。麻にアクリル絵の具でダイナミックな筆遣いで絵の具をのせて行きます。
こういうところは職人だなぁと思うくらい姿勢も筆捌きもよい。次男が現場監督のようですが、じつは彼もとおちゃんの背中を「かっけいい〜」とみてました。脚気じゃなくて格好ね。通りすがりのギャラリーさんも多数。気になるのか自転車で5回も後ろを通り過ぎた人もいました。そういえば昔、学校のそばの下高井戸の映画館で、看板描くところを見てた気がするなぁ私も。
午前中は看板効果か、オープンしたてのヨドバシカメラ効果か、満員御礼だったそう。無事、完成して、高司とJiroくんの2ショットでございます。
あ、サインは昔ながらの「パンツマーク」いいのかぁ?

そのあとはヨドカメにお散歩、次男に夏のシャツを一枚買い、エアパッキンやら、額装受け取りで大荷物を引きずり帰宅。チャリでクイーンズ伊勢丹まで、というけっこう動いた一日となりました。

濃厚和風

40af4fe4.jpg

Jiroくんのところへ昨日の暖簾を直しがてら、お昼へ。毎日食べても美味しいラーメン、というのはすごいことだと思います。
今日はワタシは濃厚和風ラーメン。春までの鰹そばの進化バージョン。この品の良さをもって濃厚というのはいかがなものか?という点だけが気になる、文句の付け所のない大人のラーメンです。

朝の善福寺公園へ

b8f46b8c.jpg

c1fb5eae.jpg

気持ちよく晴れたので、今朝は善福寺公園に。
といってもこの時期、珍しい鳥がいるわけではありませんが、ダイサギの蓑毛や、カルガモとマガモの混雑種・通称「マルガモ」のあてっこやら、楽しめることは山盛りあります。

この頃の善福寺公園のアイドルといえばシナガチョウ。狭いカゴに2羽押し込められて捨てられていたものです。恐らくは泳げるような環境にいなかったのでしょう、一羽はすぐおぼれて死んでしまいました。かわいそうに…残った一羽は何度か荻窪警察に忘れ物で届けられた後、何とはなしに善福寺公園のもの、ということになり、上池に暮らしています。以前、誰かに捨てられていたバリケンを凌ぐ人気者になりつつあって、いまではファンクラブもある様子。我が家では「しなこ」と呼んでおります。
ま、アイドルといえば根も葉もないウワサ話はお約束。
この「しなこ」今では悠々と水面を泳いでいるのですが、これは妙齢の美人が水着姿で一緒に池に入り熱血指導したから、ということになっております。ホントかよ!っていうかあの水には入りたくないぞ!ふつぅ〜

源宗近塩ラーメン

f04b9bdc.jpg
Jiroくんのところの暖簾に猛禽類の絵を描いてあげるね!とお約束していたのに引越しやらキヨさん入院やら諸々で、なかなか実行できずじまいのままでした。だいたいラーメン食べてないものなぁ、この頃。
でも!かねて構想を練っていた高司先生、今日はちょこっと時間ができたので「Jiroくんのとこへちょっくら行ってくらぁ!」ってあなた一人が美味しいラーメン食べるのは許さないわよ!と阿佐ヶ谷で新しい本の打ち合わせ前に、二人で出かけました。
お醤油はなかなか安定した味のと出会えないで、今は塩をメインに、ということのよう。工場で大量生産の醤油と違って、蔵元さんでじっくりと熟成された醤油はワインと一緒で、極端な話一本一本味が違うんですって。すごく微妙な世界らしい。ともかく繊細な彼の味の世界を楽しめるのは幸せ♪

紅い暖簾に「羽ばたくオオタカ」を描く高司画伯を置いて、阿佐ヶ谷へ。なかなか実りあるミィーティングの後は、一路、大塚のキヨさんとこへ。同部屋の元気なオバサマ方が「キレイなおばあちゃん」と誉めてくれると目をあけてにっこり…という芸を見せてくれました。「娘さんでしょ?一生懸命来られて…」とお褒めの言葉を頂いたので「嫁なんです」というと「ここまで通ってもらえば娘も同然よね〜、周りが良いから長生きできているのよぉ」と。ま、キヨさんは無反応でしたが。他所の方でも、そう思っていただければちょっと報われるかも。

帰りは池袋西武で閉店間際のOFFに遭遇。嬉しいな!戦利品を手に、今日は西武池袋線で大泉学園へ、そこからバスというルートを使ってみたけれど、けっこう時間がかかりました。こないだの高田馬場経由もやたら乗換えで難儀だったし。
やっぱ池袋→新宿→荻窪からバスが遠回りに見えるけれど最速かも。ふぅ

必死でWii

3a23774c.jpg


d703f4e4.jpg




せかっくNINTENDO Wiiがあるのに繋げられない状態だったのだけれど、次男がTVとDVD繋げてくれたついでにWiiも繋げてくれました。やったね♪

高司が遊べるように「縁日の達人」と「やわらかあたま塾」のソフトを買ってあったのに、2ヶ月以上放置してたし。ま、だから、なければないで、なんとでもないモノではあるのでしょうけれど。
でも!!はじめちゃうとこれが面白いんだわね〜、特に「やわらか…」はDSではまりまくったソフトだから焼けボッ栗に火がついた状態。小さな画面の制約がなくなった分、動体視力も鍛えられそうな脳トレの数々。さすがでございますぅ。
朝ごはん食べて30分以内にうたた寝しちゃうと呆けるといわれてSmちゃんに叱責されていた高司、一生懸命Wiiと格闘中です。がんばれ団塊オヤヂ!!

きよしく〜ん

8948698e.jpg
東京お宝市は、骨董やら古着やら質流れ品やらがドームの芝生部分にずらっとお店を並べています。広い会場で一際目立つ赤のきよしくん&青のきよしくん。私は赤の「きよしのソーラン節」が心底好きなので赤を撮ってみました。ん〜可愛い!
お?きよしくんも東京のお宝ってことでしょうか?全国のお宝だろう…でも仙台の方で亜「お宝坊ちゃん」というと馬鹿息子ということらしいからな、全国的にお宝と受け取られるのも微妙かも。

さて展示内容。デビュー5周年の時、銀座三越大々的にやった記念イベントの展示物に加えて、それ以降の活動紹介、そして衣装の数々。三越の時も衣装は飾ってあったけれど、今回はもっとゴージャス!大場由香里さんというデザイナーさんのものがやっぱり素敵♪5周年の時のバースデーコンサートのや、一昨年のクリスマスコンサートの時の、普段お目にかかれない衣装がたっぷり。シフォン・ラメ・スパンコール・レース・造花・錦・織り・コード…ありとあらゆる美しいものの集合体のような衣装は、ステージで見てももちろん美しいけれど、間近でみるともっとホレボレ。
キヨさんのところに行く前の高司も引き連れて、でございます。まあ、高司はね、見慣れた光景だけれど、明らかに東京お宝市場に来て、迷って入ってきたおじさんたちも展示ブース内に点在。怖かったかもなぁ…だってファンの人たちはお気に入りの衣装の前でそれぞれ思いっきり思い出を語っているんだもん。

私は淡々と2回観て周り、あとは横浜中華街のブースのなかの萬珍楼で肉まんと大根もち食べて、いろんなブースを冷やかして、Mr.中村半次郎のステージを三曲聴いてから、ダッシュで阿佐ヶ谷へ。秋のイベントの打ち合わせ。なかなか楽しいことになりそうです。ちょこっとお買い物して、久しぶりに6時台に帰宅。
浴衣でも十二分に暑い!一日でした。

東京お宝市場2007

d01d5f63.jpg
ギラギラのおひさまを無駄にすることはなく、大洗濯をしつつ、午前中は電話でお仕事やら何やら。
あまりの暑さに単の着物は断念。シャワったあと、去年大活躍した有松鳴海の絞りの浴衣に着替えて、一路「東京ドーム」に。すっごい久しぶりだ〜!野球で来たのは、ヤクルトのエースだった川崎が打たれて目の前で巨人にリーグ優勝決められちゃったときかな?音楽ではGLAYのあと、外人さんの何とか言うロッカーのコンサートだったような。そんなとっても遠い昔に来ただけで、とんとご縁のないまんまだったのですが…今日は、東京お宝市場2007というイベントがあって、きよしくん8周年記念のいろんな展示があるというの。まざ水道橋の駅から上り坂あり、上り階段ありで結構ハード。足腰丈夫じゃないとこれないんだろうかドームは。はぁはぁ

祝千秋楽で、お友達と高野でパフェ

42ce1a65.jpg
Kちゃんがチケットを回してくれて、今日の千秋楽に行かれることになりました、きよしくんのコマ劇場です。うれしい…一心太助じゃないけれど「一心岩をも砕く」。念ずれば通ず、でしょうか。やはり千秋楽は特別な舞台だからこの目で観たいもの。
高司が昔、白内障の手術で入院していたときに行きはぐれた、中日劇場での「きよしの森の石松」の千秋楽以外は、これで6回めのきよしくんの千秋楽のステージを、おなし空間で味わうことができました。幸せ。

緊張の初日のステージも良いものですが、千秋楽は感慨深いものがあって、「名残惜しいお芝居」をたっぷりと目に焼き付ける作業も私は好きです。おそらくこの「きよしの一心太助」は名古屋と大阪で再上演があるので、グランドフィナーレのステージではないせいか、きよしくんもたいそう余裕がありました。ショータイム最終曲前によってたかってファンが「きよし♪きよし♪」ときよしコールで泣かそうとしましたが一瞬涙ぐんで声が詰まったくらいで、最後まで凛々しい男前の舞台でした。ただ、アンコールでは、泣くまいとするためか、声が極限まできていたのか不明ですが、一小節ずつ区切りながら歌い上げ、終わった瞬間「終わった〜終わりましたぁ〜」と床にぺたんと正座、そのまま客席に深々礼をしていました。
最後は出演者が全員揃ったステージで座長としてのご挨拶。こちらもキリリ。太助のキャラが合っていたのかも。ともかく充実のステージを43回勤め上げて、これでまた階段を一段上ったように思います。
【今回のショーのセットリスト】
,よしの一心太助
∪蔚の秋子
きよしのズンドコ節
な未譴琉賈椰
グソノ鷦
雪の渡り鳥
Гよしのソーラン節コマバージョン
┐△个
大井追っかけ音次郎
番場の忠太郎
一剣
アンコール:箱根八里の半次郎

さて、きよしくんワールドに酔ってフロアに出るとFさんとばったり。お孫ちゃんができて、おうちの引越しも目前で、でも千秋楽なんで来たんですって。えらい!久しぶりにお茶。席が多くて回転が速くておしゃべりしてもOKな高野へ。昨日高司ときたのと同じ席だったので、同じフルーツパフェを。
それから大塚のキヨさんへ。入院以来はじめて会話らしい言葉が口から出たと思ったら「ちょっと、あんた、二千円ばかり置いて言ってくれないかい?」。嫁内心「はぁ〜〜?にせんえん!?」と思いつつも「ここはね、お金持ってきちゃいけないんだよ」「そうじゃないんだ。いろいろと返さなきゃいけない」???意思の疎通も難しい上に、車椅子での移動しかできないのに、何を返すというのかなぁ?ま、会話の内容はともかく、一歩前進ってことでしょうか?
合間にきよしくんを挟んで計267歳の婆・爺・婆にまたもや鋭気を吸い取られた可哀想なオンナが私です。ふぅ。

父ちゃん母ちゃん

fcae8758.jpg
13時に新宿へ行く前に、東京衛生病院まで。両親が今日は受診日なので「ごじゅういっさい」になった愛娘の顔見世に。ってあたしの顔見て喜んでくれるのは両親だけだからね。黒いバーバリーのポロシャツ着て、相変わらずお洒落さんな父だけれど、色使いのせいか、はすごく小さくなった印象。心配。パーキンソン病への不安が渦巻いているみたい。母は母でそんな父を心配しつつ苛立っているし。そんなでなるべくガス抜きに行ってあげたいけれど、どうしてもキヨさん優先になってしまう。「あたしたちは大丈夫」と言ってはいるけれど二人とも不安でたまらないのはよくわかっているので、短い時間でも会いに行くの。
薮内正幸美術館でご子息竜太くんオススメの「浅草・亀井堂」の瓦煎餅を、先週いっぱい送ってあげたのがとっても嬉しかったらしくて、美味しいんだぁと言っておりました。そんなに喜んでくれるんなら、お店にあるの全部送っちゃうぞ!とも思うけれど、食べきれないか。
この頃のお約束、握手をしてさよなら、の前に一枚。

タコリーナちゃんも同じ誕生日

6184b681.jpg
高司がこの頃気合を入れてお世話をしている「みずくま村」、そこのアイドル?タコリーナちゃんも6月26日生まれでございます。
うふ♪朝一番でらっきょちゃんが「タコリーナとじんぺいとお金を出し合って買った」ケーキを「みずくま村」のりっちゃんに届けてくれたので、夜はタコリーナちゃんに表敬訪問です。

朝一番で両親から電話を貰い、いっぱいのおめでとメールや、思いがけないプレゼントを頂いて、私の51歳のお誕生日は30歳目前の元気な「きよしの一心太助」と一緒にずっと思い出に残ることでしょう。皆様ありがとうございました。
付き合ってくれた高司にも、ありがと。

晩ご飯はカレー

bb6cd74a.jpg
東急ハンズで、引越し以来ずっと買いたいと思ってた物を、全フロアくまなく歩いて続々ゲット。吸盤フックとか、椅子の足につける床保護用シールとか、ご近所のスーパーやDIYにもあるけれど、サイズや質感が微妙に違うので買えなかったものたちが、さすがのハンズには全部あり。

で、おとなり高島屋の地下で「肉まん」買って帰ろう!と思ったら「?」とい感じ。何だか気取っちゃってる割には扱っている肉まんは冷凍モノを溶かしたんじゃ?と思えるような模様があったりして。「小洞天」か「維新號」か「五十番」の肉まんを探していたんだけれどないんだなぁ、じゃ伊勢丹へ…と明治通りを歩いてパッと見ると家具屋が2軒。かねて懸案の高司の仕事机脇用の書棚を探しに入ってみることに。大塚家具でサイズ・色ともバッチリのがあったので注文。これでいくらかすっきり?
なんてぐるぐる歩いているうちにすっかりおなかがすいちゃって、肉まんと口で言いながら結局は香りにそそられて三越の地下でカレー食べてしまいました。誕生日にカレーかよ!って気もしますが…2食盛&温玉っす。

でも「肉まん」探す旅は続けて…伊勢丹で「維新號」発見するも肉まん「472円」で思いっきりドン引き。肉まん一個でこの値段かぁ。いくら誕生日とは言え高すぎるだろう〜肉まんはMAX350円と思っているし、買うとしたら1コじゃないもん、4コだもん最低。ここはたまに主婦りつこさんきっぱり見送り、小田急へ。ここも「維新號」だけだったので最後は京王。でも欲しかったお店は入っていなくて、結局、テナント出店以来ずっと行列が耐えないPAOPAOで「158円」の肉まんを6個買いました。子ども達2個ずつ、残りは私たちのおやつ。
それにしても「デパ地下」気取りすぎてねぇ?食べ物じゃなくて、飾り物みたいな商品展示にもかなり抵抗がある。いわゆる高級スーパーマーケットと一線を画さなきゃならないから、しょうがないのかも知れないけれど、お財布出す気にもなれませんでした。いままでのイメージで行くなら小田急が近いかも。

それにしても誕生日に「肉まん」探して新宿のデパ地下全店制覇って何だか…

高野でフルーツパフェ

40c7a2bc.jpg半端にコマで小さめなお弁当を食べちゃったので、高野のフルーツバイキングとは胸の中でサヨナラして、パーラーのほうで「フルーツポンチ」をおやつに食べました。マンゴーのシャーベットが秀逸!でございました。
前は果物あんまり好きじゃなかったけれど、この頃無性に食べたくなるのあ、体質が変わったせい?って、体型も変わってますけど。
一度は挑戦したい「宮崎マンゴー」。高野プライスは「いちまんえん」でした。「いちまんえん」だったら私はきよしくんに何回か行った方が幸せかも…フルーツバイキングコーナーでは曜日や時間の限定があるけれど「宮崎マンゴー」のお皿も出るみたい。よっしゃ!

牛に曳かれて…

827ee627.jpg高司、前楽で太助でびゅー♪でございます。
しかも、前から9列目!お友達から教わって2日の夕方コマに電話して「戻り」で、奇跡のようにあった前からセンター気持ち右手通路側、という花○な席でございます。これで音次郎・石松につづいてきよしくんの舞台は三作ちゃんと観たことになります。感想は?「台詞もちゃんと間違えないで…」って、まだそのレベルかよ!思い起こせば6年前、初めてハーフチケットで行った越谷のコンサートで男の母性本能を刺激しまくられてから、こっち、高司はお母さんのような気落ちできよしくん見守っていたのでしょうが。どっこい!ちょっとこの頃は骨太よ!

終わって外に出たらSちゃんが待っていてくれて、そのあとKちゃんも来てくれて、二人からお誕生日おめでとうを頂きました。うれしぃ。ありがとう…
三人とも同級生なの。コマ劇場が出来た年に生まれました、あ、Kちゃんは早生まれだけど…、オークションでSちゃんと、新歌舞伎座の楽日に隣だった席でKちゃんと知り合って。オバサマたちは「きよとも」とか言ってるけど、なんか響きが安っぽいから私はいや。趣味が一緒の「だいじなおともだち」だね。こんど3人で朝からずっとカラオケしたいもんです。

どうも、どうも…

380f9792.jpg
c036b402.jpg

おかげさまで51歳になりました。
「ごじゅういっさい」。んんん。何ともな響きだぁ。
こんなに大きくなりましたっ!とかいう年でもないし、よくお年寄りが声を聞かれて「○◇歳っ!」ときっぱり言い切って長生きアピールするけれど、そんないっぱいの年でもない。
去年50歳になったとき、大昔の大河ドラマの「太閤記」で流れていた、あの織田信長の「下天のうちを比ぶれば 夢まぼろしのごとくなり…」という詞が浮かんで、すごっく複雑な思いだったけど。
年齢欄に
「50」と書くことになれないまんま、こんどは「51」でございます。ふぅ。


さかなや食堂

5f911d70.jpg
キヨさん転院の調整の電話に、朝30分もかかってしまって、んもう大慌て。
20分で着付けて新宿へ。あと3日でコマが終わってしまうと思うとただただ寂しい…

終演後小走りで阿佐ヶ谷目指し、3時半待ち合わせのお約束に3時20分に着いて、よっしゃと思ったとたん傘を忘れたのに気付き、発車寸前の電車に戻り、荻窪まで。あらあらオマヌケ。でも傘をちゃんととってまた阿佐ヶ谷についたのが2分前、肩で息。
新しい本の打ち合わせでNさん、Sちゃん、途中から高司も合流して、なかなかな盛り上がり。良い本を作りましょう!という勢いがあってとても実りある打ち合わせでした。

皆様はそのままに、私一人おいとまして、4時40分の中央線で新宿経由渋谷、こんどはハチ公前にSUちゃんと5時待ち合わせ。山手線へのダッシュが効いて5時ちょっと前に到着。横浜のLちゃんの入院している病院へお見舞いに。
手術も成功し、退院の目処もたち、ほっとしているLちゃんの横にイケメンの青年、???え?もしかして・そう彼女の三男Jくんでした。あらぁ立派なお兄さんになっちゃって。え?身長187センチ?あんなに小さかった子が?ともうおばさんたちは大感激。知り合ったフィールドが学校や幼稚園だと、卒業後、親同士はよく会っていても子供とはなかなか…ということは多々。そこへいきなり長身の青年だもの、どぎまぎしちゃう。

思いっきりおなかが空いてしまった私達。渋谷は好かんし、体調不良のSUちゃんはラーメンもパスというので、阿佐ヶ谷で下車「おさかな食堂」で美味しく晩ご飯頂きました。

50歳の最後の1日、慌しいままに過ぎて行きました、ふぅ

☆☆☆6月分のブログ、全部文章を入れました。51歳の誕生日目前に…
まるで夏休みの宿題だね…

ビビンバーグ

9918ee4b.jpg
善福寺公園の観察会に車で来ていたSちゃまにお願いして、高司と3人で井荻のトランクルームへ。探し物はなかったのだけれど、BANくんに上げる本棚のサイズは測れた。手ぶらもナンなので、階下のぱぱすでトイレットペーパやキレートレモン買って車に戻るとSちゃまの冷たい視線。雨だし…いいじゃん。上井草デニーズ×わのか×で関根橋のデニーズが何とか入れてビビンバーグ。ビビンバとハンバーグを掛けているのかな?もちろんお好みドリンク320円飲み放題つき。これが今の私たちのマイブーム。特にお気に入りはシークワーサーソーダ。
で、マンションにトイレットペーパやらナンやらを持った高司を置いて、私はSちゃま号で井荻まで乗っけてってもらって、ここでおいとま。

各駅で高田馬場って遠いのね…と思いつつキヨさんのところへ。
寝てるのかな?「おばあちゃん!」っていうと「あい…」とのお返事。起きてるよ!
体をさすってあげると気持ちいいらしい。手もマッサージしてあげたら、何だか腕を伸ばして私の髪の毛をなでてくれました。何でかな?
でもキヨさんにそんなことされたことがないので、何だか涙がどっとでて困りました。すっかり毒気の消えちゃった、私の知ってる強気のキヨさんとはまったく別の人とこの頃会っている気になっていたのですが、髪の毛なんてなでられるとよけいに戸惑ってしまう…もっとわかりあうことができた嫁姑だったのかな?とも一瞬思ったけれど、もう時計は戻らないし、やっぱりそれはありえなかったとも思うし。

バイトの終わった次男と荻窪で待ち合わせて、教会通り「慶屋」さんで焼鳥デート。
坊ちゃま、いとこのフィギュアが商品化されて、それを探しあてて大満足。自慢らしい。

青いハートのペンライト

49b63ff5.jpg
昨日発売のきよしくんの新作オフィシャルグッズ「青いハートのペンライト」です。後ろから四列目の席でのんびり一緒にお弁当を食べていたMちゃんが発見しました。
コマはアイスクリームやパンフと同様に、休憩時間に客席でのグッズ売りも認められたみたいで、小さいかごを抱えてスタッフが何人か歩いています。
私はきよしくんのコンサートに足りないのは斑のない拍手と思っているので、いつもはペンライト持っては行きません。ペンライト振るのに忙しいと拍手おろそかになるし。でも一応グッズはコレクションしているので一本は買います。

きよしくんといえばペンライト。最初が「ピンクのハート」→「青い星」→「赤いハート」→「青い星」となっていて新作がこの「青いハート」クールな感じでいいかも。このオフィシャルライトはおとなしめだし品もいいの。だから場内に灯るとお花畑みたいにきれい。でも何だか安っぽいの持ってくる輩もいて、これはとっても迷惑。特に某遊園地で売っている、赤や黄や緑の何色かのライトがくるくる回る数バージョンのライトはすごく迷惑。中には惑星見たいのがまわるタイプもある。振ってる本人は見えないからいいけれど、後ろに座ったら酔います。第一舞台に集中できない。
そういう時は私はすかさず苦情を言うことにしています。
「きよしくんがあなたのライトで観えません。迷惑ですから消してください」
最初のうちは我慢していたんだけど、こちらは悪くない、相手に常識がない、のに我慢することないか、と思って。もちろんガン飛ばされますけど、負けません。私が苦情を言うと、私の並びのオバサマ方は目礼してくださいます。そりゃそうだ、2時間近くぶるぶると振り回されるライトの後ろという劣悪な環境で見るのはイヤだもの。
場内放送で流れるお願い「他所のお客様のご迷惑にならない声援」=きよしくんの望む品のあるコンサート、だと思うけれどいかが?

池袋Spice

4571a519.jpg巣鴨でお昼を食べるほど時間はなくて、カレーデータベースにでていた池袋駅構内のSpiceへ。温野菜カレー、なかなかの迫力。程よいからさ、そして店頭の女性スタッフの気持ちよい接客。良い感じでした。
キヨさんは相変わらず、寝ていることが多い。っていうか目を開けていられないのかも。高司と二人がかりで行って、車椅子押してみても、反応がほとんどないので甲斐がない…のが正直なところ。でもディルームで他の患者さんの家族の人に「おばあちゃんは幸せだ、みんなに来てもらって。お嫁さんの声もハッキリしているから、ちゃんとわかってるよ」と誉めてもらって嬉しかったです。声デカイし…

雨の中を大久保の鍼の阪田先生へ。私も腰がバンバンだけど、高司も手がむくんでて。朝の電話でSちゃまに「午後鍼に行くけど行く?」って聴いたら「行く!」とのこと。大久保駅で待ち合わせて3人で先生のところに行って。Sちゃまは左肩が痛くて何軒も病院行ってたことがあるんですって。でも原因不明でいたのが、阪田先生に診ていただいたら「寝方の問題だね」と即答。Sちゃまは小さい頃から左肩を下にして寝る癖があったんですって。ほぉ〜
高司はくたびれている上に運動不足もありますね〜って。鍼デビュー二人とも超緊張でがちがちしていたのに、何処が悪いということではなくって、何よりでした。
私?私は腰と肩、神経の使いすぎでガチガチって言われました。さて原因は?

ぴったり

da9ce553.jpg朝9時台、京浜東北線の架線事故で電車中騒ぎ、のとこへ持ってきて乗ってた中央線の一本前の電車が速度が上がらないので、電車を新宿駅で空にするのでしばらく停車、という車内放送が中野で流れ、さらに不穏な空気に。一瞬の沈黙の後、乗客が総武線目指して走りだしたら、構内放送で「間もなく中央線発車」と放送が。出かけた乗客はまた戻り…だったのですが、こんなに人が乗っていたの?というくらいの数。一旦出たら入りきらない?とどこかで見た景色、あ、キヨさんの押入れのお掃除…と思いつきました。

なんでそんな時間に…というと板橋区の旧加賀藩のお屋敷跡にある病院へ、キヨさんの転院の相談へ行かねばならなかったから。荻窪9時13分発、板橋9時39分着の予定が、とんでもないことに。でも良い病院でほっとしました。あとは今入っている大塚の病院との調整。ともかく体力を戻して、グループホームに復活が目標です。

帰りは巣鴨経由で大塚に行くことに。都営三田線を降りたら、高司が巣鴨は初めてだというので、じゃ20分だけ社会科見学!ととげぬき地蔵まで。もやもや炊かれているお香を体中につけまくる高司。こういうことにはとっても熱心。カメラのシャッターが落ちた瞬間は口に煙をなでているところ。そうよ!あんたの口は大問題を醸し出すんだから、よっく煙刷り込んでおきなさいって!!
そのあと赤パンツの「マルジ」に行き。キヨさんのパジャマや必需品を買ってから巣鴨駅目指しました。
それにしても高司、巣鴨の町とも、そこを歩くおば様たちともすっかり溶け合って、まったく違和感なし。

コウノトリ

9fc2026c.jpg
今夜の「谷口高司と野鳥を楽しむ会」はクラッタリングをするコウノトリ、でした。クラッタリングとはクチバシを打ち鳴らしておこなう求愛行動。あたしの大好きなハシビロコウちゃんもするけど、そんなに多くの鳥はしない。何故なら声が出るから美しい鳴き声で求愛できるしアピールもできるから。このガテン系な力強い求愛行動ってなかなかすてき!!
で、教室の最後方で私が何をしていたかといえばタカコさんが持ってきてくれた「鬼谷算明学」にとっぷり。しかも10年以上前のananで、去年でまでの運勢しか乗ってないんだけど。当たってるんだわこれが。ビックリでした。いかんいかん、真面目にお絵描きしなきゃ!
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ