タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

January 2008

のり弁食べて、いざ!

df747887.jpg


両親のリクエストの津多屋のお弁当を持って、大国魂神社経由で実家まで。夕方お客様が見えるので、まずは腹ごしらえ。
セレモニーは無事に終わって、父たちの新しい歴史がまた始まることになりました。これからも今まで以上に元気で、日々楽しく暮らして行ってほしいものです。
大手町→大国魂神社→実家と、一日、あっと言うまでした。
あ〜今週は2時間ドラマ一本も観てないわ!!
なんとか「きよしとこの夜」だけは見られたけれど…でも新曲「玄海船歌」はまだ歌ってくれないのね。残念!!

拝殿

12c06784.jpg


豆撒き用に、境内に柵ができています。
由緒ある神社ということで、競馬会に居た頃は、毎年5月3日の夜には「競馬式:こまくらべ」でお手伝いにあがったものでした。暗い中で馬が暴れたら大変なのだけれど、灯りは松明だし、人も興奮しているから、怖いんだ…とっても。

梅の話

4233687a.jpg


家内安全、無病息災、商売繁盛、世界平和をお参りをしてから、社務所にご朱印を押して頂きに。紅梅が咲き誇っていました。金柑や橘も見事。

境内

8453ac0b.jpg


ここには枝垂桜があって、高司がはじめて府中に来たとき、満開でしたっけ。落ち着いた境内が春にはそこだけ、花が咲いたようになるのです。

つきました

af61a0ec.jpg


毎年七月のすもも祭りでは、すももの市が立つ参道を通り抜け、隋神門に着きました。提灯が迫って来ていますが、この門はとても美しい門です。

武蔵国総社・大国魂神社

f2ecc751.jpg


今日は実家の節目の年なので、両親の代わりに大国魂神社のお参りに。私が小さいときから私の節目の時には母がいつもお参りに行ってくれていたから。
2月3日の節分にそなえて参道には提灯がきれいに飾られています。

ぶろがーさんと軽くごはん

0b92ded1.jpg

会場をおいとまするときに、キュートな若い女性から「着物素敵ですね!」と声をかけられました。あら嬉しい。
一緒にお茶でもいかがですか?と言われまたまた嬉しい♪
地下のランチやさんに一緒に行って軽くお昼。
彼女はダイエットのブログを書かれているそうで、可愛い人妻さん。初めてあったのに、とってもおしゃべりが弾みました〜。メール交換して、途中まで一緒に電車に乗って。楽しかったなぁ〜。思いがけない出会いに感謝です。

彼女のブログにお散歩しに行かなきゃ!

囲み取材のうしろから

393f7882.jpg



7603891e.jpg



イベントが終わったあとはテレビや雑誌や新聞の人が囲み取材をしました。その後ろで邪魔にならないようになら写真撮ってもいいと言われたので撮ってみました。寒い中でも笑顔、タレントさんは大変ね。
ウルトラセブンさんの「トワッ」が最後は舘さんにまでうつって、最後に舘さん〆の一言が「トワッ」でした〜。キャ、素敵♪

社会科見学気分で行って、とても楽しく45分過ごしました。
ライブドアの企画に感謝です♪

ジョージア!!上出来

39efb3aa.jpg


これもお約束でしょうか?
ジョージアの缶のUPでございます。凛々しいブルーが冬空に合いますね。

ジョージア上出来の豆撒き!

11e992dd.jpg



いよいよウルトラマンさんに登場です。
「シュワッ!」とか「トワッ」とかしか言わないからトークショーの参加はなしなのですね。
お三方揃ったところで豆撒き開始!!
豆と言っても珈琲袋風の生地できれいにくるまれたコーヒー豆です。
中、右、左とお行儀良く投げてくれますが、受け取る方は、やっぱり頑張っちゃいますね〜といいつつ私は一個もとれないまんま。着物だしなぁ。
3791e4fe.jpg


ウルトラマンさん張り切りすぎて裃脱げちゃいました。
拾えない私を哀れに思ってくださった、コカコーラ社の方でしょうか?一個渡してくださいました。ありがと。

df28ce21.jpg

ウルトラマンは?

8e81c45b.jpg


高田馬場で3分ダッシュで東西線に乗り換え、開始一分前には大手町サンケイスクエアの「招待席」に通されました。全部で20名ほどのブロガーさんがお招きされたそうです。ちょっと嬉しい。けど寒い寒い。風ビュンビュンだもの。

ジョージア上出来!を合言葉に新しい製品ができて、それにちなんで新CMもできて、そして今日のジョージア豆撒きイベントとなったのですって!麻雀編も抱腹絶倒だったけれど、今回のも大仕掛けで笑えました。すっきり!っていう感じ。

商品説明やCM披露のあとに、萩本欽一さん舘ひろしさんが出てらしてトークショーのはじまりです。
あらウルトラセブンは?
と思いつつお二人の話芸にぐんぐん引き込まれる会場。
匂いたつようないいオトコ、というのが舘さんでしょうか?かっこよすぎ。
「欽ちゃん」と気安く呼んでいいのかどうか、萩本欽一さんとてもお年に見えず、なんだか嬉しそう。
司会のおねえさんが裃について尋ねると、「風を受けて押されるから背筋がのびるのよ」とおっしゃってました。

ジョージア節分イベント、行ってきますっ!

わーいわーい♪
昨日の夜に嬉しいお知らせ、今日大手町で「ジョージア節分イベント」にお招きします、というメールが届いていました。このライブドアのブロガー限定のお招きですず。
「審査の結果、モニターブロガーになっていただくことが決定いたしました。。。」ってあるのでちょっと嬉しい。
ジョージアの「萩本欽一&舘ひろし&ウルトラセブン&もうお一方」の麻雀のCMを最初に見たときには大爆笑で、ジョージアのサイトに行ってもその前のCMしかなくって、がっかりしたものです。
今日はナマ ウルトラセブンに会えるのですね〜きゃっ♪

と、今日学年末最後の試験で徹夜で勉強していた長男に告げると
「舘ひろしだろ〜ふつぅ」
と言われました。だめ、人間は…私にはきよしくんがいるから。

鯉の居る店で、恋しい人たちにあいました。

52bbab0b.jpg


今日は夜、目黒で小さな寄り合いがあって、そちらに。残念ながらお弔いの席で会うことが殆どの皆さんと、久しぶりに楽しいひと時を過ごしました。お知り会いになってから25年以上になる方もいて、良い年の重ね方をしているなぁと嬉しくなりました。皆が笑顔で会える、元気で逢えるこういう機会を設けてくださった方々にも感謝です。
お金はなくても人とのご縁があることの幸せ、しみじみかみしめました。
みんなまた笑顔で会おうね〜♪

さてその帰り道、某美大の先生もしているMさんに、先日の高司の女子大でのボロボロの講義のことを話して、どうしたらいいの?と聞きました。一緒だったTさんも時々大学に呼ばれるけれど普段と勝手が違うんだよな、と言います。若い子相手だと妙に力が入っちゃうらしい。
M先生、一言

「可能性はゼロだと認識して話せばいいんだよ」

教壇に立ち続けて○十年、ずいぶんと前にこのことに気づいたんですって。ほぉ。彼は食べ物も極力薄味にしているというし…なるほど、自分を律するというのはこういうことなのね。人生修行だわ。
言ってみりゃ超俗物のおじさん二人、「そうなんだぁ」と感心しきり。でございました。


「渥美二郎新春コンサート」→Johanでお茶

0ed4efde.jpg


ホントは原稿も終わって、晴れ晴れとした気持ちで、昨日の「青春歌謡コンサート」と今日の「渥美二郎新春コンサート」に行くはずだったのだけれど。ダメダメな私は、まだ打たなきゃいけない原稿がいっぱいあって、でも、だからと言って、このお楽しみを誰かにあげることもしない、欲張りなオンナです。

ということで、お楽しみだった板橋文化会館での「渥美二郎コンサート」は、謙虚なお人柄がにじみ出たステージ。日本の名曲コーナーあり、フルート、ピアノ、津軽三味線の演奏あり、ヒットパレードありのノンストップ1時間50分でした。
中でも「情熱のルンバ」は、幼いときに別れたままの歌手だったお母様が、彼がおなかの中に居る時に十八番だった歌だそうです。そうと知らずにお気に入りでずっと歌っていて、あるときお父様が「それはお前の生みのお母さんの得意な歌だったんだよ」と教えてくれたんです…というお話しは、ちょっとうるっとしました。
彼と、生みのお母様とを繋ぐ歌が「情熱のルンバ」なのですね。
さすがに昭和26年の歌なので高司は歌えなかったのですが、実家の母は「高峰三枝子のよ、ちょっとキーが高いのよね」とさらっと言ってました。母ちゃん22歳の時の歌、まさに青春歌謡だったのですね〜。
フィナーレは「なみだの花」、渥美さんが病床で作った歌で、これを聴くと昨年病気で夫を送った幼馴染のことを思い重ねて、号泣しちゃう私。

ともかくダッシュで板橋だったので、帰りは有名なハッピーロード大山の商店街アーケードをくぐって川越街道、そこからバスで池袋、バスを降りたら三越のところだったので、Johanのイートインでお茶しました。ハニートーストがどうしましょ!というくらい美味しかったです。

丸の内通過

6e3f49f0.jpg


お茶したあと、ここまで来て寄らないのはいけないわ、っと丸の内さえずり館に。途中とってもキレイなイルミネーションが目に嬉しかったです。
帰りはユザワヤへ額装しに寄って吉祥寺経由で帰宅。
火曜八時は名曲三昧の「歌謡コンサート」も5分欠けただけで観られて、今日は一日歌謡曲だらけとなりました。
夜は実家の両親や弟と電話。親が高齢だと心配事が増えていきます。私は体重が…
一日があっというまに終わっていきました。

日東ティールームでお茶

f0a61760.jpg


「同窓生コンサート」と銘打って、なかなか渋い選曲、高司は橋幸夫の曲を口ずさんでおりました。女性陣も皆さん美しく年を重ね…それなりにお客をいじるのですね〜なんとも新鮮。
ナマ「虹色の湖」嬉しかったですね〜なんとも昭和の匂いがして。
衣装替えもたっぷり。
みんなで橋幸夫の「盆ダンス」踊らされました。なんだかゆるい空間でした。

松本楼

39add77d.jpg


もうこの頃には原稿も打ちあがっていて…と年末に用意してあった「青春歌謡コンサート」のチケット。日比谷公会堂で、橋幸夫・小川知子・中村晃子・麻丘めぐみが出演するの。
私は一度でいいからナマで中村晃子の「虹色の湖」を聞きたかったのでオークションでみつけてワクワク。そしたらSちゃまも行きたいというので、結局Sちゃまと奥さんのJちゃ、高司の4人で行くことになりました。
でSちゃまが日比谷・松本楼で「ハイカラビーフカレー」をごちそうしてくれることに。雪が降らなきゃいいけれど…なんて言いながら美味しくごちそうになりました。

必死の矢場とん

75beb3ae.jpg


何が必死だったかというと…
昨夜、「名古屋グルメ」の相談に乗っていただいたHさんが「帰り間際に新幹線の地下街にある『矢場トン』でしめると良いいですよ、3時頃なら行列もないし」と教えていただいたからなのです。
「やばとん」ってやばいくらい美味しいってこと?と思ったら矢場町にあるからやばとんなんですって。手羽先の「世界の山ちゃん」というネーミングも聞いただけでびっくりでしたが、やばとんもかなり。

で3時10分に着きました、地下街の一番はしっこの奥にある矢場とんに。
「あ…」という高司の声。ぬわんと、改修工事をしています。
新幹線は16時13分。一番近い矢場とんは名鉄デパートの食堂街。なんと私達がタクシー降りたったところ、新幹線やJR各線の線路を横切ってしかも地下街の逆のはしっこよりさらに遠いところ。
もう一回、いま必死に歩いてきた道を戻り、さらに右手に進んで…間に合うのでしょうか?
行くだけ行くばい!!と必死の形相で歩き名鉄についたものの、交通整理のおじさんがエレベーターの位置をファジーな教え方をしてくれてものだから、中に入るのが大変!店についたのは25分でした。
5分でできます!!というのでお願いして来たのがこの「味噌かつ丼」でした。ホントは丼じゃない方がおすすめらしいけれど、食べている時間がないからね。

↓で息子達へのおみやげも折で。

e4182a83.jpg



なんと16時4分には新幹線のホームに立ってました。
どんな気合で味噌カツ丼を完食したことか。

さて、新幹線は無事に東京に着き、高司はお通夜へ直行。
私はコロコロと、、大きなリュックと、ハンドバックと、矢場とんのやたら目立つ紙袋を引きずりながら中央線の駅へ。
「本日中央線は○○駅と△△駅の間で小動物と衝突しダイヤが乱れております…」
びぇ!?このラッシュ時に、何にぶつかったんだよぉ〜。
私?私がいけないのか?ニワトリ→鹿と思いがけない遭遇したし。
乗車待ち行列で前から2番目のナイスなポジション、でもこのお荷物。しかも振り向けばすごい人だし。この状態で矢場とんの紙袋がきれたら、それこそ私がヤバトンになっちゃうので、必死でハンドバックに押し込み、そりゃもうの状態でゆられて帰ってきたのであります。

愛知県支部のみなさまとお会いできたこと、そして名古屋グルメをほんのちょびっと堪能できたこと、大きなお社ふたつにお参りできたこと…大きな収穫でしたが、一番は、この大荷物で電車に乗れて、ちゃんと荻窪で降りられたこと、かもしれません。
母ちゃんが必死で守りぬいた愛息への矢場とんは、もちろん大好評でありました。

ぇえ(●´∀`●)/

f8e1e99b.jpg


帰りは正門に抜けて…と歩いていくとこれ以上ないくらい眩しいものを正面に発見!!ぬえわんと金の鯱でした。でかい。人垣があってよくわからなかったけれど、実物大の模型でしょうか?
足もおびれもあったのよ!近所の売店で売っていたマグネットには「雌」「雄」と書いてあったので、鯱にも雌雄があるのがわかりました。龍はどうなんだろうなぁ。

ロウバイと金の鯱

d32030c1.jpg


タカコさんに昨日の報告をしつつ名古屋城のはなしをしたら「登るの大変よぉ〜」と言われたので、素直に私達は手前でお城を拝んで帰ってきました。白い壁、銅ぶきの屋根、金の鯱、ゴージャス感漂うお城です。黄色のロウバイがとても似合います。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ