タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

March 2008

三益☆☆☆☆☆ラーメン

e2ce8a08.jpg


世間は年度末で慌しい中、私達は、両親が引っ越してくるマンションの間取り図の細部を確認しに、爆チャリで青梅街道を走り、ありとあらゆるところのサイズを測りたおし、あげくメジャーで高司が指を切るというトラブルまで。
はじめて物件を見に来たその場で購入を決めた父、母は急展開に舞い上がり、二人とも内部詳細をよく見ていなかったので、彼らも無理やり呼びつけてっと。「きれいなマンションね〜」という母の他人事のような発言に笑っちゃいましたが…。父も再度見て、またこの新しい住処に惚れ直したようでほっとしました。

で、衛生病院に行く彼等を見送って…と思ったら「ご飯は!?」と突っ込まれ、三井のリハウスのKさん運転の車より先に「三益」に着くべく、さらに爆チャリ。同着という快挙を私の太い足は成し遂げたのであります。

が!!雨上がり、急に晴れて、すごい花粉が舞ってたみたいで、元気だったのはそこまで!ラーメンご馳走になって帰りはじめた瞬間に、顔中すごいことに。結局そのあとは使い物にならず、でした。
なんだか締まらない31日でした。

うどん

fbf23b94.jpg


薄着で出たら公園ですっかり冷え込んでしまい、Sちゃま号でご近所のデニーズに。高司はモーニング、私は温かいうどん。ここでただの「かけ」にすればいいのに、200kcalはゆうに高い「桜海老のかき揚げうどん」にしちゃう意志の弱さ。いかんいかん。でもうどんはやっぱり天ぷら系が幸せだろぉ…いいかこれをお昼にすれば。

Sちゃま高司と3人で散々お話し、大笑いしてから、サミットまで送ってもらって解散。買い物をして家に歩いていくと途中でKちゃんご夫妻とばったり。
誰もいない歩道で青梅街道のケヤキが芽吹いてて、まるで映画の1シーンのような出会いでございます。
Kちゃんたちも公園帰り。今日はやっぱりバードウオッチングよりマンウオッチング日和だったらしく「シナガチョウを抱く麗夫人」や「巨大なスピーカーによる場所取り」に目がいってしまった!とのこと。私達が「?」と思ってたことをお二人も「??」と思ってらしたのがわかって、何だかほっとしました。

今日は何でも鑑定団のあとは2時間ドラマもないので、冷えた体を得意の「塩入り腰湯」で温めて気づいたら爆睡。軽く4時間は寝てました。今日に備えてた次男につきあって、私も緊張してたのかなぁ。まずいだろう、息子が真剣に頑張ってる時に…とは言いつつ、肺の具合もあまり良くないからしょうがないかも。
そんなで晩ご飯は9時近くに。食べない選択もありかな?とも思ったけれど、朝「トースト・チーズトースト1/2枚ずつ、キャベツ、ハムエッグ」昼「かきあげうどん」だけじゃどんなもんよ?と思い「しめじ・モヤシ・ニラ」の炒め物メインで軽く食べました。高司と長男はひつまぶし。

明日は2月の寒さに逆戻りとか。研修中の次男には厳しいけど、乗越えて欲しいです。


思いっきり時化

618b6e33.jpg


52dae24c.jpg


人はいつもの数倍、鳥は妙に落ち着かず、時化模様の二人。しょうがないね。

善福寺公園つきました!

 


お参りを済ませ善福寺公園に向かう途中でSちゃまから、サクラ満開の写メが届きました。
曇ったら写真を撮りにくると行っていたSちゃま、早々に善福寺公園にご到着の様子。「いま、どこ?」とメールを打っても返事がないので電話をかけつつ下池に到着すると、大荷物で公園を横切るSちゃまが。
「電話、気づけよぉ」「ひぇは!?」
カメラ2台の重みで携帯出る余裕がなかったようです。あらら。

サクラ満開でヒヨドリはご機嫌ですが、他の鳥は…せかっくカメラ担いできたSちゃまも、どこにレンズを向けても、陣取りのブルーシートが入ってしまうのでお手上げ状態。
それでも努力してみるの図↓↓↓
おしりのクギ袋がお洒落でしょ?

 
 

井草八幡宮へお参り

7b21040f.jpg


何かあるたびにお参りに伺う、井草八幡宮です。
今がサクラも盛り。大鳥居の脇にも、大燈篭の脇にも、サクラが見事に咲き誇ってそれは見事です。
こちらの神社は5ヶ所の入り口から拝殿に伺うことができるのですが、今日はきちんと大鳥居から参道を歩いて行きました。

エリカの花

a1f693f9.jpg


見かけない紫色の塊があって、近寄ってみるとエリカの花でした。
ものすごくいっぱい咲いているの。
アップでみると、エリカって、この頃私のお気に入りの本「きもかわくん 不思議でかわいい生物たち」の表紙になっている海のツツボヤくんにそっくりです。
高司が言うには、私の好きな「ジェーン・エア」のに出てくるヒースもこのエリカの仲間だというのです。
え…ジェーンが、どこからともなく聞こえてくるロチェスターさまの声にひかれ彷徨う丘の上に咲いていたヒースの花が、このエリカ!?
ヒースの花も知らずに、本がボロボロになるまで読んだ小学生だった私。憧れすら持っていた花が、海のツツボヤに似てるってわかったら、どんなに幼心が傷ついたことでしょ。この年だってかなり凹んでるのに。

黄水仙、みっけ♪

bdccebc3.jpg


次男を荻窪まで送って、私たちも電車で西荻窪へ。駅からまずは井草八幡宮におまいりをしてから、善福寺公園のサクラを観て帰りましょう、ということになりました。何だか早起きしていい気持ち…ってこの時間を朝早い、と感じてしまうほど、この頃は夜が遅くて、朝も遅いのです。7時過ぎに起きてお弁当多い時は、高司・息子達・キヨさんと4つ作って8時半までに順次送りだしていた日々は遠い昔のようです。お弁当、21年作ってたのよ、確か…

道を歩いていると黄水仙を発見!!
次男と3月にバーミンガムのドールハウスショーに行ったときに、一週間の滞在の間で、ロンドン中の公園の黄水仙がいっせいに花開いて、それはそれは見事でした。異国の春の訪れに、とても胸がときめきました。
それまで水仙ってあまり好きではなかったのに、この時に、花のパワーを浴びて好きになりました。
次男が新しいスタートをきる日に、黄水仙。何だかおっしゃっ!という気分です。

いってらっしゃい

3348c6ca.jpg


さて、いよいよ次男が研修に出発です。トランクいっぱいの大荷物。大変だぁ。ちゃんとスーツ着て、高司に涙目で訴えて買ってもらった、アディダスのアルゼンチンブルーと白のストライプの、メッセンジャーバッグをタスキにかけての出立。
ともかく無事にこの3泊4日の集合教育研修を、乗越えてくれるのを祈るばかりです。がんばれ〜

夜桜にご挨拶周り

9b19fced.jpg


今夜も早晩ご飯を終了。今日は長男がいたので、家族4人でそろってご飯。明日の晩から次男がいないと思うと不思議な気持ち。ボーイスカウトのキャンプの時はせいぜい一週間だったけれど…こんどは最低でも一年。そのうち何度、家に戻ってこられるかなぁ。

さて、買い足すものもあって、西荻へ志願の爆チャリ。何故ってきよしくんの「玄海船歌」のDVD予約しっぱなしで取りにいってなかったから。
でも、その前にシャ乱Qが久しぶりテレビに出ると言うので、ビデオに撮ってからおでかけ。「ズルい女」高音ちょっと辛そうだった。声帯の具合の悪いつんちゃんが心配。12月6日に結成20周年ライブが武道館であるというので今年はこれも楽しみだわ♪

ご機嫌でチャリをこいでいると暗い道ですれ違った、大型犬を連れていた方に「こんばんわ!」と言われビックリ。前住んでいたところの大家さん。声でわかったと言われました…その時は「望郷ひとり泣き」歌ってたところ。「俵星玄蕃」だったりしたら避けられてたかしらん。こちらの大家さんにはとてもお世話になったのです。家族みんなで。

家を出て八幡幼稚園→井草八幡宮脇→西荻窪→駅周辺→児童館前→善福寺公園下池→上池と周って、お馴染みのサクラたちにご挨拶。駅の途中の駐車場にあった2本はなくなっていたなぁ。
最後、善福寺公園脇のグランドのサクラを一枚。ここで年中さんからサッカーを教わっていた次男、ボールを蹴るよりBB弾探す方が楽しかったみたいで、やっとサッカーに意識が向きはじめたのが小学3年でした。ゆったりと見守ってくれたコーチたちのおかげで、ここで過ごした8年はとても楽しい思い出なのだそうです。
彼のペースを理解してくれた多くの方に感謝ですね。

おみやげ

7d1acd06.jpg


高司と二人で善福寺公園のパトロールに出向いていたSちゃまが、成田山新勝寺のおみやげ持ってきてくれました。
Sちゃま本人のお誕生日に、父君母君含め一家5人で成田山にお札を返しに車でおでかけして、合間に、ご子息の写真やら、博物館にある頭蓋骨の写真やら送ってくれていました。おみやげのリクエストを聞かれたので、ネットで見て美味しそうだった「亀谷堂」の黄粉焦がしらくがんをお願いしたら届けてくれたのです。隠し味にココアパウダーが入っているみたい。焦げ…というほどではなく、品のいい香ばしさがすごく美味しかったです。
焼きおむすびとか、おこげご飯のオカカむすびとか、めっぽう弱いので、このらくがんはストライクゾーンでした。

5ee53b4a.jpg

真夜中だけど…たべます

34fb786d.jpg


次男はプリンが大好き♪上石神井駅構内にパステルができて、駅前まで買い物に流れた時に視界に入ってきたので、本人のリクエストを電話で確認。さっきのラーメンで思い切り打っちゃられた私の「本日のダイエット」はここでもあびせたおし。12時過ぎて一段落したところで、親子3人で深夜のお茶会となりました。あ、あびせたおされながらも、私の食欲はプリンはつかまずに、ゼリーをチョイス。

私たちは東京で生まれ育って、子ども達もずっとそうだったから、次男が学部実習生という制度に申し込んで、家を離れるなんて想像もしていなかった、なので、思いがけない気持ちのブレがそこここに出てくるなぁ。地方の大学に行ったとか、もし地方から東京へ子どもを行かすとかだったら、また別の気持ちだろうけれど。明日から4日間の実習が終わるまで未確定要素がいっぱいで、なんともかんとも落ち着かない。

明日は最終準備で忙しくなりそうです。

ふふふ…無敵の援軍到着っ!!

dc55dddb.jpg


コジマに行って、体重計をいろいろいろと見る。880円からあるのね…でも目盛りが250グラム刻みじゃ、あんまり目に見えた効果は期待できないわ。確か、競走馬の体重計がこのくらいの刻みだったけれど、500キロのサラブレットで、ボロ=う○ち、一回2キロとかするような大型獣だから、250グラムでもいいわけで。さすがの私でも500キロはないからなぁ。

機能満載だと10項目ぐらいチェックしてくれるけれど、そこまでは求めていない。「体内年令」機能のついているのに興味はあるの。Sちゃまそういうので図ったら実年令−17歳だったって鼻の穴全開だったけれど、いつも若く出るとも限らんし。妙に高齢になったら凹んだまま立ち直れないでしょ?
で、体重+体脂肪+消費カロリー+内臓脂肪+BMIとかがついているのにしました。まずピンクで可愛かったし。他のはグレーで、毎日乗るには気持ちが暗くなりそうでしょ?とっても値ごろ感もあったし。

で大騒ぎで家で基礎データを入力して、乗ってみました。
「おぉまいがっ!!」全てが私の想像を超える高レベル。やっぱ880円にしとけばよかったかしらん。

井草八幡

f3da5dcb.jpg
∞りつこ∞

天の道へラーメン

5dde16ae.jpg


明後日早朝から進学する大学の学部研修にでかける次男。今日は準備してあった荷物をトランクに詰め、不足しているものを買いに行きつつ、本人のたってのりクセストでラーメンを食べに。
ダイエット…早晩ご飯…でも次男と夜のお散歩もこれから最低一年はあまりないかも…と思い、ダイエットは今日はあっさりうっちゃりで負け。
親子3人で「天の道」へ。久しぶりだけれど、さらにスープがパワーアップ。トンコツなのに臭みがなくて美味しく頂きました。ここのマスターの丁寧な仕事振りはいつ来ても気持ちがいいです。

お向かいの井草八幡宮の大鳥居の脇に咲くサクラも今日が盛り。
父たちは4月末にすぐそばのマンションに越してくるので、来年、この美しいサクラを思いっきり楽しむのでしょうね。
去年の今頃はこのサクラを携帯で写真を撮った後、携帯が行方不明になって大騒ぎだったんでした。そうだった、それも引っ越しの合間だったんだ…一年あっという間だわ。
f3da5dcb.jpg
∞りつこ∞

春のポトフ

84c6003d.jpg


今日で10日目の早晩ご飯、気合入れまくりです。
今日は春野菜のポトフにしました。キャベツのはんなり緑も、新人参の柔らかい色もキレイ♪
味付けは…(財)日本野鳥の会のバード・プラザで売っているフェアトレード商品「モンゴルの岩塩」と、フォションの粒黒コショウをひいたもの、だけです。今日はちょっと気合の入った野菜なのでよけいかもしれませんが、野菜の力ってすごいなぁと思います。

力強い野菜のパワーをもらいながらも、今夜はやたらおなかが空きました。何でかな?パンだったからかも。それでもじっと我慢で口一文字。お茶で耐えた私です。

千疋屋プレミアムバナナミルク

7b012d9e.jpg


じじばばが次男の入学祝を届けに、わざわざ荻窪まで出て来てくれました。
病院と買い物以外で出かけるのはちょっとしんどいはずだけれど、今日はご機嫌。二人の大好きな「はし本」の天丼をカウンターでご馳走になりながら、高司がばばの、私が父の愚痴を聞くという、次男おいてけぼりの展開。
そのあとルミネの一階の千疋屋でお茶をしながら、5人でおしゃべりしました。

そのとき手相の話しになって、父の手相を見たらば、ぬわんと!私と同じマスカケでした。ひゅ〜ひゅ〜。娘になって半世紀、越えて初めて知る新事実だぃ!

8bbb88d7.jpg

ケヤキ芽吹きました。

80712b37.jpg


我が家の前を通る、青梅街道のケヤキ並木も芽吹きはじめました。
ちょっと黄色みの入った緑色です。

四面道からこちら杉並区内の街路樹はイチョウで、私たちは22年間ずっとイチョウの芽吹きを楽しみにしてきました。
もうすこししたら芽吹きはじめるイチョウは、小さな芽が、鮮やかな緑のハートのようでとても可愛いのです。

東京競馬場前は馬場大門のケヤキ並木があって、4月に入るといっせいに芽吹いて春を感じたものです。
ここへ引っ越してきたのが昨年の4月末、だから、ここのケヤキ並木の芽吹きは初めてです。どの木が早いのかなぁ。これから毎日ケヤキウオッチングです。

善福寺公園のサクラ便りです

上池
4e92a22a.jpg
r clear="all">
下池
bfb1871b.jpg



いまは八分咲きくらいだそうです。

だそうで…というのは私は行っていないからです。
高司が気合でパトロールしてきて途中で写真を送ってきました。
おそらく今日中に満開となるでしょうってことでした。

ばら

e7d80285.jpg


あっぱれ村にはオレンジのバラが咲かないし、みずくま村には紫の花が咲きにくい。ということで物々交換をして、お洒落に口にくわえさせてみました。たまたま同じヘアスタイルだったので、お揃いの「ファイヤーな服」で記念撮影です。

昨日も早めの晩ご飯を6時半には終わらせて、荻窪本局まで、速達出しに行往復歩いて行ってみました。ちったぁ痩せるものでしょうか?

生まれて初めて買った洋書

981b8eb0.jpg


こないだ実家に行ったときに、何故か弟の部屋の棚から出てきたのがこの本。彼がゴミ袋に迷わずポンポンゴミを捨ててて、何の忌憚もなく捨てられて気持ちいいじゃないと思ってよく見たら、私のもんばっかりだったわけです。そりゃそうよね、姉ちゃんのもんだったら思い出もなんもないや。

私だってとうに忘れたものばかりだったので、捨てるに任せていたけれど、この一冊だけは拾い上げました。
これは中学入って、はじめて自分で買った洋書。高校校舎の方の玄関ロビーに洋書屋さんのワゴンが出ていて、この絵があまりにきれいだったので、少ないお小遣いから買ったのでした。おそらくまだ、「GARDEN=庭」って英語で教わる以前の、ホントに通いたてのころです。

その頃の私の愛読書は講談社の「少年少女世界文学全集」。小さいときからタイトルに弱い私は、父がずらっと買ってくれた40冊以上あった全集の中から、最初に選んだのは「石の花」でした。何だか地味で難解な内容に、大ためいき。だって、こんな暗いお話しばかりがこの全集に詰ってるんなら、本を読むことが嫌になっちゃうでしょ?でも手当たり次第読んでいくうちに、面白いものに行き当たりました。
「小公女」「小公子」「十五少年漂流機」「長靴下のピッピ」「赤毛のアン」中でもお気に入りは「ジェーン・エア」と「大きな森の小さな家」でした。無人島に一冊だけ本を持っていっていい、っていうことになったら、どちらを持っていこうか真剣に悩んだほどでした。
ただ、そのどれもが、少しだけペン画の挿絵が入っていただけで、装丁はゴージャスだけれど、目に美しい本ではなかったのです。

そんな私が、この本と出合った時の舞い上がりといったら、ありませんでした。英国のガーデニングの本で、中はお花のガイドブックのような作りですが、全ページカラーで、お花と蝶、ロビンなど、見ているだけで心弾む嬉しい本でした。
ここで英訳して楽しんだ、とかしていれば、別の道もあったかもですが。

KEW GARDENに初めて行った時、売店で売っていた絵葉書にすごく惹かれたてすごい数を買ってきたのですが、その時の理由がこの本をみてわかりました。絵の具の使い方、光線の描き方など絵のタッチが一緒だったのです。

存在すらも忘れていた本が、いろんなことを一気に思い出させてくれました。これはとっておこうかな。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ