タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

January 2009

オーロラ

a07061a8.jpg


寒波、といってもいつもと同じ寒さだから気にもしなかったのがNGで、夜中、ちょびっと発作が起こりかけて、あわてて吸入。出る前に抑えたわけじゃなくて、ちょっと発作が出てきか抑えたからダメージありありで、今日は食べて、寝るだけの全く使い物にならない一日。
高司は締め切りを二つ抱えていて、かちかち山の古狸状態だけれど、ご容赦でございます。

ここ数日、気合入れてやる間もなかった街森、時間早送りで今日に持ってくる途中で、ひかわきよぴ村、オーロラが燦然と輝いておりました。

やったね、105円

2e802863.jpg


昨日クイーンズ伊勢丹に行って、レジ終えてお米抱えて帰ろうとした瞬間に、パンコーナーの菓子パンが1個105円に値下げのアナウンスがあったので、即座に売り場に戻りました。
一番乗り!
こういう時の私はかなり機敏な感じだ、と思う。あとは電車の席とりとか、50%OFFのお肉を見つけたとき、とか。高司は「オンナ芋洗係長」のようだ、というけれど私はダンスはできないからなぁ。

ダンスもしない重めのカラダでゲットした、私の好きなクリームチーズペストリー。180円が105円。幸せ〜。

とっぷり雨

95d3129e.jpg


こんな雨の日に両親のお出かけ予定が入ってなくってよかったぁ〜と思いつつ家でシコシコお仕事。でも冷蔵庫の中もお米の入れ物も空っぽなので、今日も一日関東バス乗車券を買って、両親の生存確認をしがてら買い物に。

西荻窪に向かうバスの中、いかにも雨らしい窓の景色をおもわずパチリ。外の冷たい雨のしずくと、内側の人いきれで、不思議な景色。
いまは電車も換気がいいからこんな感じはあまりないけれど、小学校の時に乗ってた京王線なんて、雨のたびにこんな感じだった気がする。遅い時間に帰る時の、通り過ぎる踏切の赤いランプは物哀しい感じだった。
でも、窓にいたずら書きって、あんまり好きではない。指についた水滴をどぉするんだ!?と思うもの。

で、何回かめの本日のバスで、窓際の席に座っていた20代半ばの女の子が、なにやらチラシを見おわったあと、気だるく指で窓に「バカバカ」と鏡文字で書き始めた。なんでわざわざ外から見たら「バカバカ」と読めるように書いたのかなぁ?と思っていると、下にも続けて「バカバカ」と鏡文字。
何にそんなに荒んでいるのか乙女は!?といぶかる私。
続けて「○○出」。よくわからんが確かに「出」の字は裏表いっしょだからなぁ。ひらがなで鏡文字の「で」を書くより簡単か…。すぐさま彼女の指文字は水滴で流れていったけれど。

怒りの「バカバカ」なのか。甘えての「バカバカ」なのか。乙女の心はいろいろかしら?
元乙女も、昔は「バカバカ」、なんて時期もあったかもしれないけれど、今じゃ一喝の「バカッ」「バカか?」ばっかりでございます。
怒りが私の原動力。何だか燃費が悪そうだ。

四葉の一枚

フォーリーブスの青山孝史さんが逝ったと、日刊スポーツ一面に大きくでていた。

フォーリーブスといえば私が中高校と通っていた6年間あたりが、活動のピークで紅白歌合戦もこの頃7回連続出場を果たしている、らしい。
でも、いま思い出しても、私の周りで誰一人、フォーリーブスのファンって居なかったような気がする。オンナばっかしの学校で400人近く同級生が居るのに…。もしかしたら忍びでファンだった子が居たのかもしれないけれど。

森進一ファンの私の周りは、五木ひろしやゴールデンハーフ、大相撲の大麒麟・輪島のファンが居て、日々盛り上がっていた。
ある日「男の子女の子」でデビューしたての郷ひろみの写真が、授業中に廻ってきたとき「趣味わりぃ〜」の一言で笑い飛ばしたほどだったが、今考えてみれば、17歳くらいの女の子としては、ひろみ発掘した子の方が、ずいぶんとマトモな趣味だったように思う。
フォーリーブスの終わりの頃でた「踊り子」「ブルドッグ」だけはけっこう口ずさんでいたのだから、ひねた姉ちゃんだったわけだ。

今日の訃報に、確か一回だけフォーリーブスのステージを見たことがある…と思って、記憶の糸を手繰ってみた。2006年NHK思い出のメロディだった。2階のとても良い席でステージが間近に見られたあの時だ。
NHKホールステージに、ホンモノのフォーリーブスが姿を現したとき、青山孝(こっちの表記の方が馴染みがあります)さんだけがとても痩せて顔色が悪く、誰だかわからなかったほどだった。
男性アイドルも老けるのだなぁと思い、もしかしたら、どこか悪いのでは?とその時不安に感じたのを覚えている。でも、前奏が始まるとそこにはアイドルオーラ放つ4人の踊りと歌があって、見事なステージングだった。

57歳の若さで逝くなんてご本人は、さぞ悔しく無念だったろうと思う。ファンの方も言いようのない悲しさに包まれて、今日の暗い空を見上げていることだろう。何もできないけれど、同じ時代を生きてきたものとして、気持ちに寄り添うことはできる。
ご冥福を心から祈ります。

井草八幡宮参道に一の的

4e571a3e.jpg


父はご機嫌ですが、結局ほとんど歩いていない、ということで、帰りはバスで途中まで行き、井草八幡宮の参道を歩きながら帰ることにしました。
新しく見つけてきた介護用の靴のせいか、一歩一歩が大きく踏み出せるようになって、父の歩様はなかなか良くなってきました。
歩様…って馬の歩き方ですね、競馬用語です。

この参道で数年に一回、流鏑馬があります。かなりの迫力。その迫力の的は3つ。そのうちの一の的の目印です。大鳥居をぬけたら、高司が小さく「あ!」と。バス停に宮司先生がおられて、思いっきり手を振っちゃいました。

紅梅

28c3252b.jpg


午前中は家でメールや電話で、これからのお仕事のことをいろいろと。おいて午後からは西荻窪に用事を済ませに行きたい、という両親のリクエストに応えて、よっこらしょと出かけました。
車椅子で途中まで行ってバスのつもりが、かなりご機嫌なお散歩だったらしく、結局、西荻窪まで4人で行くことに。途中、紅梅をみつけたり、善福寺川にコサギをみつけたり、のんびりモード。

銀行、郵便局と用事を済ませて、こけし屋まで。
父と高司はハヤシライス、私と母はグラタンで美味しいランチ。
父は時折笑顔までみせて、大好きだったのに、ここ一年近く飲む気分にもならなかったコーヒーまでオーダーしたいと言いはじめました。びっくり。それはそれは美味しそうにカプチーノを飲む姿、思わず弟に携帯で写真とって送ってしまったほどでした。
まいどまいどごちそう様です♪
e318fe25.jpg

今日も一日ぐわんばりましたっ!

28ed5bcd.jpg


今日はタカコさんのところでお手伝いの日。番頭のSさんがお部屋を暖かくしておいてくれたので、ぬくぬくで幸せでした。久しぶりだったので山のような書類と格闘でございました。でも、こういうことは好き。違う頭を使っているようで何だか冴え冴え?

帰宅途中に高司と一緒に両親のところに。父が見たがっていた、さるお方の色紙を、高司が見せびらかしているところの図、でございます。母も父といるとなんだか嬉しそうでほっとします。

そして夜は、不定期更新にもほどがあるのんびりぶりだった「着物でハーネス」よっし〜の原稿をひたすら打っておりました…気づいたら原稿用紙21枚分で、2話分できあがっていました。そんな日もあるのね〜

Kiku→病院→千疋屋→御茶ノ水

2732764a.jpg


今日は父はデイサービス、父・娘とも、時間を間違えていて、私は見送りしそこない空振り。ま、母が見送りできたというので、これはよしとしよう。速攻で家に戻り、着物に着替えて、再度母のところへ。
今日は介護認定のケアマネさんの面談。「おかげさまで元気になって」ってあんたね、元気じゃないからこの事態なんだよ!

そのあとは土曜日に、KちゃんやHちゃんと行ったKikuへ。母と私の好みは一緒なので、気に入るだろうなぁと思ったら大ヒットでした。二人でわけっこして食べた後は、2時予約の荻窪の病院へ。

退院後ひさしぶりにお会いする担当の先生に、「いかがですか?」と訪ねられ、ここでも母は「おかげさまで元気になって」と答え。思わず娘、身を乗り出し「先生、元気の前を、思いっきり端折ってます」と直訴。
だって、首が動かなかったり、足が腫れて熱が出たり、薬ぱっくれて飲まなかったりで大騒ぎだったの、全然言わないんだもん。
端折るにもほどがあるでしょう?

とりあえず問診とCTをかけて頂き、結果は翌週に。
まだ少し時間があったので、母がお茶しましょうと千疋屋に誘ってくれました。「え〜肥るだろう」「大丈夫よ、果物だし」
そういいながらケーキセットでお好きなケーキを、と言われ二人とも選んだのはモンブラン。たっぷりのクリーム&中にも大粒の栗。美味しく食べながら、栗はもしかしたら果物じゃないんじゃないかと、うすぼんやりと思う、餌付けされた娘。
0ad3bd72.jpg


母と解散した後は、一路、御茶ノ水へ。今年初めて赤い電車で中央線に乗ったように思うぞ。Nさんの出版社に行って、今後のことをいろいろとご相談。みなさんが一生懸命新しい本の事を考えてくださるのがただただ有り難いこと。
そのあとはよっし〜のところへ。スタッフ全員、新しいホームページの作成で頭中から湯気が吹いていました。リニューアル、楽しみだわ。

そんな一日でございました。

サザンC と 仁和寺寺・招福おたふく守

363dec98.jpg


先週あった茅ヶ崎のKちゃんから、地元の有名なお菓子屋さんのお菓子をいただきました。茅ヶ崎といえば…サザン、だからサザンC、なのだそうです。ちょっと置いておいたら、あっというまになくなって最後の一個、死守しました。ごちそうさま〜

そして、愛しのよっし〜からは、こないだ京都に行った時の仁和寺のお土産「招福おたふく守」です。こないだのカモメツアーで「忘れました」って言ってたのをわざわざ送ってくれたの。うれしいな。
とっても可愛いおたふく。桜の花のようなまなこ。ぷにゅっとしたほっぺ。よっし〜に、勝負根付けにするね、ありがとメールを送ったあと、電話でお礼を言ったらば「いえいえ、どことなし姐さんに似ているような…」なになに何か書いてあります。

「わたしゃお多福 御室の桜 鼻が低くても 人がよく」

お褒め頂いてどうもありがと。いいことがあるように、よっし〜が特に念を入れてくれたそうで。今年はこれで頑張りぬくね!

街へいこうよどうぶつの森 灯台

d5d2f92d.jpg


村への積立金でできるものは橋、噴水、そして最後は100万ベル積み立てで灯台or風車。夜中に着くという灯りが見たくて、灯台をリクエスト。
1週間かかって灯台登場です。
朝、確認して、役場に行ったらぺりこちゃんから告知。改めて灯台に戻ると、村長さんが立っていました。彼は灯台の周りを徘徊して、今日一日過ごすようです。
夜の灯りが楽しみ〜

afd8f378.jpg

安納芋

7f6ff109.jpg


母はとってもサツマイモが好き。もちろん私も好き。
ということでネットで見つけた安納芋を、母のリクエストで頼んでみました。いつ、届くかもわからなかったのですが…今日、届きました。ずっしり5キロ。とんでもなく大きいサラダ菜くらいのものから、お店にちんまり並んでいそうなものまで14個入っています。無選別、と謳っていたので、まあそうか、とも思うけれど、あまりの大きさにビックリ。

父はサツマイモNGなので、母に美味しそうな大きさのものを5個よりわけて、残りを娘一家で食べることに。
サツマイモの糖度はじっくり加熱する方があがると聞いているので、洗って水がついたままラップし、電子レンジの低いパワーでじっくり14分。美味しそうな匂いがしてきて、庫内に水蒸気がついてきたら、できあがり。しばらく蒸らして半分に切ったら、以前高司が描いたツンドラのシロフクロウのシルエットのようになりました。
干しブドウで目をつけてみた。それにしてもすっごい量、すっごい迫力。

次男と美味しく半分こをして、お昼ご飯はおしまい。
307b65f2.jpg

Meat&Deli Cafe KIKU のごはん

fce790f7.jpg


追分コロニーのYちゃんから、おいしいお店ができたよ〜と聞いていてなかなか行かれなかった「Meat&Deli Cafe KIKU」へ。お教室の後、Yちゃんと学校で同級生でもあるKちゃんとHちゃんと行ってみました。寒くて飢えてた私達〜。20種類以上あるおかずから好きなものを3品、ごはんとスープがついて730円ですって。しかも、美味しい!
730円、いまラーメンでも730円ってどうよ?という価格なのに。拍手です。

レンコンのはさみ揚げが美味しかったので4個買って、今日の晩ご飯に。長男も今日はバイトがないので、熱が下がりはじめた次男と、久しぶり4人の晩ご飯になりました。
6daa2517.jpg


今朝みた夢は…同窓会に行っているうちに帯が緩んでほどけちゃって、その状態で、出していないままのレポートを今さら書け!と先生から言われて、古いワープロまで登場する、というもの。帯がゆるむって、いっぱいいっぱいってことらしい。
なのに、父が「木・金、出ずっぱりで疲れた」と一日言っていたと、母から夜、電話で聞いて、思わず「疲れたのは、私!」と言ってしまいました。いっぱいいっぱいな原因は、やっぱりね、そうだろね。でございます。

さむい中ありがとうございました。

d042d890.jpg


寒いのに3名の方が参加して下さいました。ありがとうございます。
上池で、シジュウカラやエナガ、コゲラが群れているところがありました。コゲラ、とても元気で、首を振って枝をつついている姿に「いい仕事してるねぇ」と皆勤賞のKさんが。みんなで見上げていると、小さな粉のようなモノが落ちてきて「コゲラの木屑?」とか言っていたら、なんと雪でした。寒いはずね。

カラスが公園のテーブルの上にあった小さなケースの水に、何かを浸しながら食べているのをみて「カラスがテーブルで食事しているよ」とおっしゃったのもKさん。いつもお元気で、いろいろなものに興味をお持ちで、ホントに素敵な年の重ね方をされていると思います。羨ましいなぁ。

場所をかえて、カモちゃんのお絵描きです。
窓の外にも、またチラホラ、雪が降っています。
ec4bbe3f.jpg

善福寺公園、まずはシナコと

60ecd156.jpg


今日は、カモを観て描く会、です。
まずはシナガチョウのご挨拶。なんだか会話が成り立っているようでしょ?高司と。シナコもうれしそうに頭を上げ下げしております。

鳥はそんなにいませんね〜肝心のカモ、オナガガモ、キンクロハジロ、カルガモ、ちょびっとマガモ、だけでした。あら、残念。
でもカワセミは上池下池ともに居てくれました。カワセミを必死で観ていたら、それまで草むらに隠れていたダイサギが、ボクも観てよ!と出てきました。
373a84de.jpg

街へいこうよどうぶつの森 おけら

df743d29.jpg


「おいでよどうぶつの森」で、超難物なのはシーラカンス。でもそれとおんなじくらい難物なのはオケラ。と思っております。
難しいんだわ〜オケラ。お友達に村に遊びに来てもらって、一人が声のするところを穴掘って、一人が網持って待ち構えるという、連携プレーでやっとこ捕れたくらい。穴からノソノソ出てくるのに、とても捕まえられない。

で「街森」はどうか?といえば、意外とあっけない。第一大きいのオケラ。アジ、くらいの大きさがあるのです。穴からノソノソは変わらないけど。
ただ難しいのは網。網振るの、もう少し練習しないと夏の虫捕り、制覇できないかも。

ふじかけで、ごはん

88ad7ccd.jpg


病院で待っている間、父は「お昼、何にする?」と楽しみにしていて、結局母が出て来やすい、お気に入りの荻窪・ふじかけに。
父は塩鶏そば、私と母は麻婆豆腐と本日のランチをわけっこ。
両親そろってのふじかけは2ヶ月ぶり。ホントにいろんなことがありました。ふぅ。二人がお気に入りのお店で楽しくごはん食べている姿は、なかなか微笑ましく幸せなものです。

父もご機嫌で、タカコさんのところにちょっと寄る、という私に「新しい車椅子を買ったので義捐金、お願いします、って言おうか!?」という冗談まで出るほどでした。

ケーキも食べたい!という父のリクエストでルミネもお散歩。っていっても車椅子ですが。でも楽しそうで、この頃お気に入りの、LOBROS SWEET BOUTIQUEのシュークリームに決定。
我が家の分は4つ別に箱に入れて、次男のおみやげになりました。

昨日というか今朝3時まで近くまで原稿打って、さほどたっぷり寝られず、結局6時間のおつきあい。けっこうぐったり。今週は3日間、両親にかかりきりでした。でもね、病気を持ってはいるけれど「病人」ではない、からこその病院通い、だから、頑張る。

それにしても何故痩せない?と思ったら、親にたっぷり「餌付け」されているからですね〜さすが私の親だけあって「ツボ」をよぉ〜っくご存知で。

757f4802.jpg


義捐金ではありませんが、うれしいことが。折りたためる、この軽量車椅子のカバーを探していて、Sちゃまに相談したらば、東急ハンズでお買い物ついでに買って、午前中の病院の間に、母のところに届けてくれました。
(′∀`)ありがと!

日赤→杵築大社

c026e8b1.jpg


ちょっと時間が足らない気がするこの頃。力技で時間を生んでる気もするこの頃。がんばるぞっと。

今日は父の日赤、でも昨日のデイサービスで疲れた!と言うので行きはタクシーをお願いして、少し楽ちん。いつも混んでいる先生なので、ついた瞬間「90分遅れ」の掲示をみてもやっぱりね、という感じでした。たっぷり待って、診察時間はあっと言う間でしたが、あっという間ということは病気は進んでいない、ということなのでほっと。
帰りはあたたかくなったので、歩いて武蔵境の駅まで行くことにしました。

杵築;きづき大社が途中にあって、思わず参拝。ここの富士講の富士は三多摩一番なのだそうです。

間に合いました!いまから!

117afa86.jpg


うちに一人で帰れる、という次男と吉祥寺で別れ、一路、荻窪へ。
待ち合わせ2分前に到着。千疋屋で「本のタイトル」「著者は誰にするのか」あたりと、校正部分の詰めを1時間以上かけてたっぷりと、Nさんと担当のイケメンくんと4人で、いろいろとお話ししていくうちに、いろんなものが形になっていきます。こういう作業は大好きです。

とても面白く美しい本になりそうで楽しみ。
タイトル決まったんだよ。って、私も高司も次男のインフルで慌てていたせいか、二人ともMEMOすらしてなくて、もう一回聞かなきゃ、情けない!

Nさんが「あ、校正しないで、銚子行ってるって思った」と別れしなに一言。メッセンジャーバッグの口が開いていたら「ほら、ちゃんと〆ないと…」、も、もしかしたら年末のお財布騒ぎもご存知で?
きっぱり「読んでるよ」と言われ、ブログを読んでくださっていることを知り、恐縮至極にございまするぅ〜と気持ちだけザリガニのように後ずさり。
銚子はね、お仕事だから…でもゲーム突っ込まれたら、下顎呼吸して倒れるところでした。ゲームはね、真昼間じゃなくて、真夜中にこっそりやってるの……オトナのNさんに感謝しつつ、インフル患者の待つ?寝てる?我が家へと急いだのであります。

次男、熱、少しさがった様子。大学の試験も迫っているのも気にかかるところ。
なにか見ると食べたいけど、全然食べられない、気分らしい。ま、いいさ、うちに居たら何とでもなるもんね。
高司も長男も私のインフルにかからなかったから、何とかなると思っているみたい。そうでありますように。

今、夜中3時過ぎ、追加の原稿も送って、ちょっと街森もして…
今日もいろんな人に助けていただいた一日でした。ありがとうございました。明日は9時まで爆睡して、今週2回目の父の日赤、です。

クイーンズ伊勢丹弁当のあとの嵐!

10a8a353.jpg


いったん大荷物を置きに戻り、今度はクイーンズまで。鱈を買いたいと言っていたのがいつの間にか父の好物のほうぼうになり、父のお世話は大変なこっちゃ、と思います。

お弁当を買って、母と食べて、食べながら、夕方のNさんとの打ち合わせ前にもう一回校正したくて、私の中では時計がカチカチ廻っている感じ。
昨夜2時過ぎまで原稿打っていたのだけれど、念には念を入れたいな、と思ってると次男から電話。

「もしもし、お母さん?何か僕、ヘン…」聞くと熱があって頭痛くてとのこと。ふだん病院行きなれていないので、これはお付き添いってことでしょうか?この時点の予定は、うちに戻って再度校正して、17時46分に父を迎えて、そのあと直接Nさんと会って、と思っていたのですが。これは無理。ともかく急ぎ戻って、いくつか原稿を打って、高司に父の迎えを頼んで、中野坂上まで。

次男、久しぶりの仁友クリニックで理事長先生に「立派なインフルエンザ」とお墨付きをいただいてました。あらら…じゃ奉職先の寮にはいられない?私と同じA型なので、私にはとりあえずはうつらなそう。うちに連れ帰る前に奉職先へ、事情説明がてら着替えをとりによって、今後のご指示を仰ぐと、ともかく熱が下がってお医者様から「治癒証明書」を頂いたら戻ってきてください、とのこと。

ふだん、あまり人に頼ることがない、というか頼りベタな次男が「へん」と電話してきたくらいインフルエンザは妙な感じなのですね〜そういえば私も暮れに39度9分熱が出たときに、いつもは一人でさっさか行く病院へ、高司に「連れて行ってくれぃ」と頼んだっけ。ともかく無理やり時間をあけて付き添ってきてよかったとしみじみ。

先生は「君はこんなに若いんだから、すぐ熱が下がるさ」とおっしゃってました。そうだといいな。もちろんお薬は、お空を飛びたくなるタミフルではありません。リレンザという吸入タイプのものです。

キティのジュリアン

58c775e7.jpg


むずかる?父をなだめてデイサービスの車に乗せ、ふりむくと、美容院に行く気むんむんの母。でも、まだおぼつかない足元で、この雨の中、府中まではとても無理。私もお付き合いはできません。仕方ないので、父の軽量車椅子用の箱と、こないだ買ってあげたヴィオラの鉢を買いに行く事を提案。
ご近所のホームセンターに行くだけなのに、これが長い旅に。

何たってすぐいなくなるんだ、この80歳。いままで居たなと思って角曲がって後ろ振り向くと、忽然と姿が消えている。そのたびに探しまわる→見つける→また居なくなるの繰り返し。
どっかで、こんな思いを散々したと思ったら、次男がかなり大きくなるまでこれ、やってました。川のゴミDNAは母から来ていたわけです。

車椅子の箱はちょうど良いサイズもなく、途方に暮れてつつ、こういう方面イ明るいSちゃまに相談。カバーっていう手もあるんじゃないか?というあたりから、ちょうど東急ハンズで買い物があるから見てきてくれることになりました。ありがと!

さて、もう一つの課題の鉢、あーでもない、こーでもない、とやっと決まったと思ったら「土もいるわよね」と培養土5キロを2袋、そして底に敷く大き目の軽石状のものも5キロお買い上げになりました。軽石だって5キロって重いんだよ。誰が持つのかなぁ?とりあえず一袋だけ持ってあとは預けて帰ろうとすると、鉢花が欲しいとまた川のゴミ状態。
軽石の大袋もって、着いて歩く孝行娘…なかなか決まらないんで「ばばぁ重いんだよ〜」と毒づいてやりました。「あらあら重いの持たせちゃって」だからぁ早く帰りましょうよ〜

やっと決まったのはジュリアン2鉢。キティコレクションらしく、このシリーズのジュリアンは色も咲き方も超キュート。いろんなとこに出張っているのでキティも。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ