タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

February 2009

なすとうずらのカレー

56e7ff22.jpg


新横浜と言えば「横浜ラーメン博物館」。
今日も行っくのかなぁ〜(・∀・)と思っていたら、高司先生、入場料払って何回も行くとこじゃないかもとのお説。まぁね。第一、あそこのラーメンはほとんど食べちゃってるし。ということで、ぷらぷらと改装なった架線下のアーケードを散歩。

「イカリ」という兵庫県のお洒落っぽいスーパーも入っていて、なかなか面白い!中でも圧巻はレトルトカレーのコーナーで、見たこともないパッケージがずらり。どれも美味しそう…

気づいたらCOCO一番屋という、そこここ→荻窪にも西荻窪にも吉祥寺にもある→そこここで、よぉく見かけるお店に入っておりました。
一番最初に目についた「つばめグリル」に「なにもここ新横浜で つばめじゃなくても…」なんて言っておきながらCOCO一番屋ですぅ。
亭主以外なら考えられない展開かもね。

でも、ウズラの卵のフライとナスのっかったカレーは大正解でした。ほほほ。

横浜アリーナ「新春演歌祭り」

BlogPaint

当選ハガキを、出かける電車の中で、よっくみてみたら、15時半開演とあってあらら。15時半までにハガキをチケットに替えてもらうのだと思い込んでいて、開演は夜の部なのでもうちょっと遅いと踏んでたあたしがバカ。

15時半には会場に着くのだけれど、横浜アリーナは中がひたすら広いので、これは必死。結局、菊名から歩いてみました。約20分。もしもタクシーが通ったらとかも思ったけれど、道はひたすら一方通行を逆行していく感じなので、1,4kmならば歩いた方が早いかもと、かなり気合。

アリーナ着いて、チケット引き換え所は階段の上、という最後の関門も何とか登って、思いっきりエクササイズっぽい感じでした。ふぅ。スタンドのドンづまりの奥も奥、でしたが席に着いて一息入れた瞬間にオープニング。

長良プロダクションに所属する、山川豊さん、田川寿美さん、水森かおりさん、鹿島ひろみさん。森川つくしさん、そしてきよしくんの6人の舞台です。司会は西寄ひがしさん。
「北国の春」に始まって、きよしくんは「ああ上野駅」「男はつらいよ」「玄海船歌」「無法松の一生〜度胸千両入り〜」「きよしのズンドコ節」「浪曲一代」を歌ってくれました。
中でも「無法松の一生〜度胸千両入り〜」の度胸千両部分、すごかったですね〜。アルバムではデビューしてすぐの頃に集録したものがありますが、やはり、デビュー10年経って、若さに上手さが加わって絶品でした。

私の斜め前に、やたら大声でおしゃべりしたおしているオバサマ2人、きよしくんの時以外は、歌の最中だろうが何だろうが、ずっと大声でしゃべっている。響き渡る音に負けない声に付き合うこと1時間。さすがに「うるさいですよ」と注意したら、しばらくして、自分の真後ろのお嬢さんにあんたか?みたいな顔をして、その娘が私を指したら、ガン飛ばしてきました。
もちろん私はスルー、双眼鏡見ているふり。でも内心は不動明王、

いいのよ〜出るとこ出たって。いくら無料のチケットだって、きちんとマナー、守りましょうよ。あなたたちみたいな人がいるから、歌謡コンサートに行くと、周りの人たちに、冷たい視線で見られるんでしょ?
べらべらべらべら話してばかりで。何なのその態度!!

しかもステージで最後の歌を皆が歌う前には、さっさと撤収しはじめるしね。
お行儀悪いったらありゃしない。

テレビ、じゃないんだから。そこで歌い手さんが魂込めて歌ってるんだから、きちんと聞きましょうよ。
おしゃべりしたかったら、ロビーやお茶の間でどうぞ。

って話しを、お知り合いのTさんにしていたら、彼女のお友達は、後ろの人が大声で一緒に歌うんで参りました、って言ってました。
それもひどいね〜
歌いたかったら、思いっきりカラオケでどうぞ、も追加だね。

さて、外へ出てみたらば、何故か長靴をモップに差し込んで人待ち顔のオジサマが一人。
団体の方をお連れするのに、目立つものの方が良いから、ということでした。ナイスアイデア!
2b6b85be.jpg

おめでとうの品々

65cad861.jpg


お誕生日特需が続いている高司先生。

昨夜は次男が「白金台三丁目食堂」のレシピ本を、プレゼントしてくれました。やっているお店が本屋さんくらしかなくて、二人で選んだのです。
ケンタロウ×栗原心平という料理家の母をもつ、2世同士の男の料理本。

なんたって次男と私。高司の絵描き一本化記念でプレゼントしたNINTENDO DS「お料理ナビ」で、肉じゃが3連発を共に忍んだ同志なので、ここは何とかメニューのバラエティ化をお願いしたい、というところでのチョイスです。
『イモの料理は他にもあるだろぉ』と書いてある私たちの超不満顔に、高司は庖丁を握らなくなり、DSソフトも行方不明になっちゃって、幾年月。
お料理は呆け防止にもなりそうだしね。ここは頑張ってもらいましょう。

長男&nちゃんからのカードケースは綺麗すぎて、しばらくは飾っておくようかしらん。

そして私からは…((=゜エ゜=))

本日、横浜アリーナで開催される長良グループ「新春演歌祭り」へお誘いです。といってもプレゼントで当選したハガキで2名まで入れる、という
ゆるいものですが、でもね、買えばけっこうな値段のチケットなので当たってうれしいのは当然です。
高司は、長谷川一夫さんのおっかけしていたキヨさんの血を引いているので歌舞音曲好き。きよしくんよりも、水森かおりちゃんやら田川寿美ちゃんあたりで、目の保養をしてもらおうと思います。

よかった…晴れて

練馬地方、雪です

367927b4.jpg


朝からぶっちぎっていろんなところに連絡を済ませ…ホントは衛生病院で成人検診を済ませていたはず…でした、が、行きのバスの中、終点近くなって高司が「!?」。保険証から診察券までいれたバッグを家に忘れてきたことが判明。
なんでだよヽ(#`Д´)ノ しかもため息ばっかりついて。ため息つきたいのは私!!
朝からの一連の流れもあって、怒りの導火線に火がつきました。
検診用に朝ご飯抜いてたからよけい、ぷっちん。

結局、窓口まで行ったものの、3月入っても受診可ということで、今日は検診を諦め、早お昼を食べてから、練馬区役所に。昨日よりのさらに、用事ができてしまって…昨日たどり着いていたら二度手間だったかもしれないところを、せっせと雪の中、出向いていきました。

練馬区役所20階には展望室があって、なんとも寒そうな景色です。

3つの窓口で用事を済ませ、高司はそのままバードライフの会合に。私は中野坂上の病院で喘息予防薬をいただいたあとに、杉並区役所へ。電話で確認したにも関わらず、「え〜」というようなことがあり、待ち合わせをしていた次男に集合場所変更を告げて、その足で荻窪駅前事務所へ。とにもかくにも手続きが終わってほっと一息。

昨日からずっとお役所ばっかに行ってるような気がします。

なんだか「徒労」という言葉が似合う、身も心も寒い一日でありました…

日本橋眦膕阿如

BlogPaint

日本橋高島屋のローズサークルで4月9日(木)に「"タマゴ式"鳥絵塾」を開催させていただくことになりました。
ご尽力いただいた担当のTさまのおかげです。ありがとうございました!

29ff19c5.jpg
with LOVE from R

おなかすきました

BlogPaint

若松河田でも散々歩いて、結局ここで5時を迎え、最終ゴールの予定だった練馬区役所には間に合いませんでした。残念!
でも、行く先々で申請津にいただいて感謝でした。

午後中、父の書類のことでお役所を行ったり来たりしていたのは高司も一緒で、一日乗車券が大活躍でした。
二人とも、朝、小さなパン一個で走り回っていたので、もうおなかぺこぺこ〜ということで、ねぎしで早晩ご飯にしました。

明日は、成人検診、です。

メタボって言われるんだろうなぁ…
肥満気味、じゃなくって完全に「肥満」だろうなぁ…

水天宮

BlogPaint

戸籍謄本もぶじいただけて、水天宮から、今度は若松河田まで。
水天宮は何回かお参りしているものの、子が大きくなってからはとんと御無沙汰。なのでおかげさまで大きくなりました、のお礼をしがてらお参りに、
夕方だったので、お参りする方もほとんどおらず、とても静かな境内でした。
りっぱな狛犬さん…

9aeaaeaf.jpg
with LOVE from R

日本橋蛎殻町

4ec272f5.jpg


日本橋高島屋経由で、蛎殻町を目指して歩きます。
父の戸籍抄本が必要になって、調べてみたら本籍のある蛎殻町に区役所のサービスセンターがあるのがわかったので、だったら郵送で頼むより、取りにいったほうが早い、と思ったのです。

日本橋蛎殻町っていうとまるで江戸っ子みたいですが、父は薩摩隼人です。父の3番目の姉が嫁いだ先が、日本橋蛎殻町に着物の仕立職人さんだった縁で、シベリアの抑留生活から戻ってきて、こちらに養子に入って就活したようなのです。

ずっと以前に母と一緒に本籍地にいってみよう!とお散歩した時は、まだまだ昭和の街並みでしたが、耐震の関係からか、すっかり固そうな建物が並ぶ街になっていました。
ちなみに本籍地の場所には、しゃれたダイニングバーが建っておりました。

BlogPaint

62歳おめでとの2

a7fb75c0.jpg


若い二人はそのあとカラオケもお供してくれて、久しぶりぶりに数曲熱唱。
高司の62歳は「イヨマンテの夜」で朗々と明けたのでございます。

そして帰り実家に寄ると、待ち構えていた父と母とでお祝い態勢。

買っていったフュッセンのケーキで一息ついて、父や母の、年度末のいろいろな手続きを手伝った後は、木曽路でしゃぶしゃぶをご馳走になりました。
私たちとしては、晩ご飯までは長居せずに戻って、仕事をしたかったのですが、ここのところ食がまた細くなってきている父の手前、父本人が行く気=食べる気ムンムンなのを無視するわけにもいかず。
またまたモリモリ肥りそうな気配の私たち。

朝一番でNPの愛情たっぷりお祝いメールが届き、合間にはSちゃまから「ケーキの変わりに」と道東探鳥旅行のベストショットが送られ、可愛い次男からも電話が来て、高司にしてみたら、こんなにいろんなお祝いをしてもらえるとは思っていなかったようで、よい一日になりました。

これからも健康に気をつけて、良いお仕事して頂戴ね!

62歳おめでとの1

e377d88b.jpg


赤いちゃんちゃんこでお祝いするまもなく、60歳丁度で店をたたみ、母を送り、61歳の頃は私の実家の引っ越しで慌しく、やっと迎えた62歳の誕生日、嗚呼、高司、激動の60代っていうところでしょうか?

ともかくも若干メタボ・かなり健忘症っぽいながら無事にこの日を迎えられて何よりでございます。
長男とおともだちのNちゃんがささやかなお祝いをお昼に。
美味しい荻窪スパイスのカレーと、彼女のお見立ての可愛いカードケースに、涙腺ゆるみそうな高司でございます。

BlogPaint

ハート

「あ!ハート♪」
1b3d7996.jpg


また長男からの撮影要請で、ムカゴご飯の中から発掘した「ハートのムカゴ」御真影でございます。

「それ、今日のお父さんの誕生日プレゼントでいいじゃん」

「ぁ!食べちった」

食べちった…って、ハート発掘感動の余韻すらないじゃん。

0d4d20a9.jpg



ちなみにこのムカゴは、こないだの軽井沢ツアーの、帰りのサービスエリアで、荻野屋の釜飯買ったところで、買ったもの。そとに産直販売のテントがあって、売っていたのです。

ムカゴは前はこの辺りで獲れたのだけれど、このところ、とんとお姿が見られず。ここにも温暖化の波とか来ているのでしょうか?
お散歩ついでにむしってポッケに入れて、ある程度貯まったら炊き込みご飯にしていたので、今回も。

ひき肉と長ネギみじん切りを少し、よく炒めて下味つけて、洗ったムカゴを入れてさっと炒め、そしてお米投入。気持ち大目の水加減で、お醤油・お酒・塩で男前に味を調えて、あとは普通に炊きます。
ムカゴのホコホコとした感じと、ちょっと苦い野趣あふれる味が、美味しいです。

やっぱ寒そう北海道

BlogPaint

極寒の北海道、道東撮影旅行から無事、生還してきたSちゃまから、「ベストショット」と言って届いた一枚がこちらでございます。
ぇえ〜ベストショットがご真影なの!?

思わず「スイキョオ」とか言う言葉が頭に浮かびます。

「酔狂」はお酒に酔っ払って取り乱すさま、とものの本にありますが、Sちゃまはお酒が飲めないからいっつもシラフです。
「粋狂」という書き方もあるそうですが、「粋」のカケラもみつけづらいのでこれも当たらず…結果「スイキョ♪」

でもね…

そういう私も25年以上前に、おんなじような格好で鳥観にウトナイ湖通ってました。
baa14ab2.jpg



お友だちへのお手紙がキュートに描けたので、コピーして高野図鑑初刷りサイン入り、にぺったり貼ってあります。
BlogPaint


あの頃は、あまりに肥って描きすぎたかしらん?と思っていたのですが、いまじゃぁ〜立派な体格となり、まさにこの絵のまんまの状態で冬の鳥観に行っております。

預言者りつこと、呼んでおくれ。

街へいこうよどうぶつの森 カーニバル

4334451a.jpg


イースターから40日前の最初の月曜日、よくわからないけれど、それが今年は2月23日にあたっていて村はカーニバルというイベント開催日です。朝から紙ふぶきが舞っていてとってもきれい。

村役場の前にカーニバルのダンサー、クジャクのベルリーナさんがいて
「はい!おどリーナ、さわギーナ」
とブラジルのサンバのような音楽に合わせて賑やかに踊っています。
赤い飴、きいろい飴、青い飴、緑の飴…ベルリーナさんが希望する色の飴を3つ、持っていくと、今日だけの素敵な家具をもらえます。

飴はたぬきデパートには売っていないので、必死に越すプレをして、住民に誉めてもらってご褒美にもらったり、飴か500ベルを賭ける、しょもないゲームをして必死に数をそろえます。

で、必死に持っていった飴を強制的にとられたあげく
BlogPaint

っというあまり色気のない飲み込む、大きな音を聞かされます。

うおまさの「げふっ」みたいなもん?

それにしても40日って何なのでしょう?
ヨーロッパのクリスマス市も、クリスマスイブから数えて40日前の最初の金曜日から、と聞いたことがありますが。はて。

北海道の流氷です〜

BlogPaint
外へ出るのも考えちゃうくらい風が冷たい東京。
マイナス10℃とかいうもっと寒い道東に、行っているのはSちゃま。
流氷の中を舟で進んでいく、というのがそのツアーのメインだったのですが、流氷が風で飛んでしまってNG。でも最終日、別の場所の流氷が見られたということで写真を送ってくれました。

ぅぅぅ…やっぱり寒そうです。

荻窪中国料理ふじかけ

BlogPaint
昨日、久しぶりにバリバリ頭を使ったせいか、かなり呆け呆け。
それでも、朝一で家をでて、父をデイサービスに送って戻って。結局小一時間はかかるのですが、ご機嫌よく出かけてもらうためにはしかたありません。

午前中、連絡を取れる限りのところに、いろいろと本のことや、春のイベントのことで電話を入れて、12時に母を迎えにまた実家まで。
家にいたんじゃ息抜きにならないので、彼女の希望で荻窪まで。

水戸黄門のお供する、助さん格さんのように、高司と一緒に雨の中お供でございます。
バスの間中「何食べる?」「何食べたい?」とはしゃいでいる母もなかなか可愛いです。
寒さに負けずに母のリクエスト、ふじかけまでお供して、今日も母と、本日のランチと、麻婆豆腐定食をわけっこ。本日のランチは芝海老と高菜の炒め物。ギンナンとエノキの食感が楽しい一品でした。
今日も母からご馳走してもらって…どおもどおも。

松井由利夫先生の訃報に接して

松井先生は、きよしくんのデビュー曲「箱根八里の半次郎」やレコード大賞受賞曲「一剣」、そして今年オリコンチャート一位になった「浪曲一代」…全シングル15曲中、11曲の歌詞を書いてくださった方です。

もしかしたら先生がお亡くなりになったかも…というメールがきよしくんのファンのお仲間から届いたのが19日。それでもどこの新聞にもニュースにも載っていなくて、そのあとまた訂正メールが届いて、ほっとしたのの束の間、昨日のお昼の携帯サイトで訃報を確認しました。

哀しいです。

先生の書かれた歌詞には不思議な力がこもっていて、私はいつも心の中で、自分への応援歌だと思って歌っていました。
そこに描かれている世界は、親や子どもへの愛だったり、義理人情の世界だったり、生きていく姿勢だったりなのだけれど、どれもが真っ当でキチンと一本芯が通っていて、真っ直ぐなものでした。

今日のきよしくんの会津でのコンサート、どんな思いで先生の歌を歌ったでしょう。
まだまだいっぱい、教えて頂きたいこともあったでしょうに。
まだまだいっぱい、先生の歌を歌いたかったでしょうに。

心からご冥福をお祈りします。

街へいこうよどうぶつの森 春が来てました

BlogPaint
軽井沢以降、まったく森をあけている余裕がなくて、日にちを遡って開けてみると…雪の積もった木の葉が、緑に色づいていました。っていうことはもうそろそろ雪解けでしょうか?

必死で校正

f988f0b8.jpg


「大人のためのバードウオッチング入門〜イラストで知る探鳥術指南」
これが3月に東洋館出版社から出版していただけることになった、新しい本のタイトルです。

昨日の夜からけっこう必死で、校正です。気合入れまくり。
入門薀蓄編・基本の17種カラー・会いたい鳥もいっぱいカラーで載ってる図鑑コーナーの5章立てです。
「入門」と打ってあるので、やはり、少々うるさくなっても、薀蓄編からカラー部分に飛んでいけるようにページを打ってみました。索引を乗せるほど鳥の種類はないので、本の中でうまく行き来ができると良いのかな?
見づらいかなぁ?

葛藤。

葛藤ってなんで葛と藤なのかしらん?お互い絡まりあうと面倒よってあたり?

そんな葛藤を乗越えるべく目の前にはおやつ山盛りです。
うふっ!

ホントにいるのは赤ペン一本なのだけれどね。
新聞は…読むためじゃなくて校正入れる時のクッション代わりです。

はし本の天丼!っす

942a7b86.jpg


こないだから二人とも「食べたいねぇ」と言っていたはし本でお昼です。
いままで何十回頂いたかわからないけれど、やっぱおいしい。
追分コロニーの番頭さんが雑誌で見つけてきたお店で、美味しかったよ〜と教えてくれたのがきっかけ。ずっとまえの医科歯科で入院手術して退院してきた時に探し出せなくてすごく凹んで。でもそのあと見つけて行き始めて、次の入院手術の時は、退院のその足で一番で来たぐらい、ここの天丼は男前で好き。

私の一番天丼です。

あれ?高司にはレンコンが入ってて私にはない。
あれ?私にはサツマイモ入っていて高司にはない。

何か深い意味があるのかなぁ?
いままでもそうだったのかなぁ?
今度イナセなマスターに聞いてみよっと!

ごちそう様でした。

ささ、今日はこれから3月に出していただく本の校正です。
たっぷり見なきゃね!

かなり…ツボです

b76ec407.jpg


コンビニで見つけちゃいました!

飴ちゃんです。飴っていうよりキャンディ?

まずパッケージ、ツボです。このキュートな色あわせ、大好きだ。
中のキャンディも、いいよねぇ〜黄色いセロファンで包んであるんだよ。
きよしくんいうところの「きびる」ですね。

味もピーナツ&バター、しかもサクサク噛めちゃうのよ。神田精養軒のアーモンドタフィーも大好きだけど、これもかなり良い噛み心地。

うふ(^∀^)

裏のカロリー表示は見ないのさっ!
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ