タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

March 2009

旅の途中 3月の遊び つけめん

BlogPaint

大宮八幡宮の鳥居の脇のバス停で、時刻表を見た瞬間にバスがすっと来て、まるで「街森」のバスのようと嬉しくなりました。
今日は高円寺行きです。昨日の中野行きよりはるかに早い到着。

明日は父の病院もないので。高円寺をすこしお散歩していくことにしました。15年ほど前の吉祥寺東急裏あたりにあった雰囲気のお店が、ずらずら並んでいて、エネルギーを発散させています。
「オシャレ」で「こだわり」があって「手軽なもの」というのが世の中にはこんなにあるのね。

昼の天ぷら定食も、朝から車椅子押しての肉体労働続きだと、さっさと消費。ここまで来たのだからと「旅の途中」まで。こちらは月曜日休みのラーメン屋さん、ってわかっていながら2回もお休みの時に訪ねてきています。

レギュラーつけめんよりも細い麺、きゅっとしまって、まず美味しい。
そしてこちらの丁寧なスープ。塩が立っているわけではないのに、しっかりした味付け。煮干系の渋みも良いアクセントです。
サイドメニュー、炒り豆腐もさすがの美味しさでした。

こちらで元気をいただいて、3たび両親宅に寄って、帰宅。
今日一日、大変良くがんばりました。

大宮八幡宮のサクラライトアップ

841a50d0.jpg

大宮八幡宮は閉門されていましたが、参道には提灯もならび、ちょっと幻想的です。
一の鳥居から本殿方向に向くと、ライトアップされたサクラが見事に夜空に浮かんでいます。鳥居の上には三日月が…絵本のように美しい光景でした。
bab16721.jpg


みかづき

f3e7bdd5.jpg


両親&車椅子&ぐるっぺの山盛りお野菜を実家に送り届け、荻窪に戻り、タカコさんと積もる話しをしてから、次男の頼まれ物を調達して、連日の実習先訪問。今日は宿泊当番なので施設からはでられず、あっというまの対面時間終了。

ま、帰りたい、とか泣かれるよりもずっといいさ。

見上げる空にカラスと三日月。
高司のカメラだと上手く撮れないらしく、リクエストで撮りました。」

父、病院開放記念 はし本でランチ

789e1ea6.jpg


今日も!!自称孝行娘さんは、父を吉祥寺の病院まで。しかも母もおまけでついてきて、行方不明になりかけること1回、肝心なときに父から視線をはずしていること2回、エレベーターも相変わらず人任せ…というかなりくたびれる状況。

はぁ

でも父が何とか無罪放免になったので、急に気分が晴れ晴れしたらしく、荻窪まで電車で行って、はし本で天ぷら定食を食べたい!となりました。

こういうときはもちろん高司もお呼ばれ。
いつもの天丼もそりゃもうの美味しさですが、定食も素敵でした!

フキノトウの天ぷらも春のほろ苦さを感じて幸せ!!

私と母は、もともとイカがダメ、父も今日は胃袋に自信がないからイカはパス。
ということで、高司のところにイカが4つ集まって大変な大盛り状態になっていました。

2年ぶりの「絹」の着物

a4441a1f.jpg



今日、どぉしてラーメン断念して、あげく細心の注意をしながらモスバーガーを食べたのかといえば、何年か前ヤフオクで買った大島の着物を着ていたからです。かなり体になじむ生地なので、着たものを、洗い張りし再生した着物のようです。一回も風に通すこともなかったのですが、防虫剤の匂いもなく助かりました。

数年前に格安で見つけたペンギンの帯もおろしてみました。帯は新品にこだわるのですが、これはカモの帯と一緒で、かなり生地が固い。そこへ持ってきて綿芯仕立だったので、さらに固い。結ぶのけっこう大変で、これは〆馴れるまで時間がかかりそうです。

b5d906b9.jpg



できました「想い出の家」アルバム

82273967.jpg


西村カメラマンは、よくご自分の作品を、小さなアルバム仕立にして見せてくれます。富士フィルムの商品で、表紙や、バックのカラーを指定し、データから写真をチョイスし、アルバムにするのだそうです。

彼のお誕生日に会ったあと、ちょうどカメラを持っていたので、カメラのきよしへ。
両親が52年住んでいた府中の家のアルバムを今日こそ作ろう!と決心したのです。

うちのパソコンがよれているので、データ整理できずにいたらばSDカードにたっぷり662枚も写真が入ってたので、まずその読み込み作業が大変、その中からアルバムにしたい写真の場所をみつけるのが大変、25枚もしくは35枚に写真を絞るのが大変、やっと選んだ写真のページだてがこれまた大変…

余裕をもって始めたつもりが、きづけば蛍の光が店内に鳴り響くくらい時間かかってしまいましたが、何とか指定作業完了しました。
家に戻って、常々アルバム作成を「簡単」と豪語していた西村先生に、講義のお電話。やはり写真を整理してもっていかないと大変なことになるのだそうです。表紙も、厚いスケッチブック状のものが写真が真っ直ぐに抑えられて良いとか。
写真の自慢だけでなく、苦労話も聞かせておいてくれればと思いました。

さて、そんな大変な想いでできあがった、府中の家のアルバム。

両親のお引っ越し記念に渡そうかと思っていたのですが、やはり元気なうちに渡したほうが…と、帰りわざわざバスを降りて、届けてきました。
お母さん泣くかなぁ?と何故かワクワクしていた高司の思惑どおり、母はウルウル。昼寝から起きた父も喜んでくれました。

「うちには宝物がないから、これが宝物ね!」と母。

こぉんな親孝行な娘という宝がおるだろうが!?

モスバーガーでやっとお昼!?

BlogPaint

次男の研修先へは、学期末のご挨拶に。気持ちばかりの東京ラスク「サクラスク」ををお持ちしました。こちらの研修先にお世話になる前の、4日間の合同研修に出かけたのがちょうど去年の今日でした。

彼もはじめての世界で不安だっただろうけれど、送り出すほうもなんとも胸が苦しい思いをしました。
あれから一年、毎朝5時起きで、暑さの中も、寒さの中も、先輩の中で頑張った彼を、とても誇りに思います。

朝・塩むすび一個、お昼鮭むすび一個、そしてオオサワのプリン、だけで気づいたら5時半。帰り中野までバスで出たことでやたら時間がかかり、私の中で、できたら行きたい「もう一つの相棒・鑑識米沢守の事件簿」鑑賞ツアーは撃沈。

ともかく何か食べなきゃ!と思ったのですが、着物が着物だけに、ラーメンは無謀だろう…となり、モスバーガー。
モスもねぇ〜考えてみればソースがたっぷりだからかなりリスクがあったけれど、最新の注意でとびきりハンバーグサンド(レタス)セット完食しました。
それにしてもレタス美味しい!そして、ホットウーロン茶、ベストマッチ!

満開のさくら

8a62e1a7.jpg


青空にサクラのはんなりとした色は、美しさを通り越して切ない気持ちになります。
午前中は善福寺公園のサクラを見ながらタクシーで往復しましたっけ。
やはりサクラは日のあたるところの方が早く咲くのでしょうか?

大宮八幡宮さくら祭り

d77760d6.jpg


「コブシもサクラも満開です」というコピーに「まだだろぉ」と決め付けていたら、ホントに満開でびっくりでした。
こちらでは3月から4月にかけて毎年さくら祭りを開催しているとのこと。
土日には茶屋や雅楽演奏もあるそうです。

オオシマザクラ

d855a9a0.jpg


午前中は父の病院。父だけを連れて行くつもりで行ったら、母もスタばってました。違うだろぉ〜無理やり用事みつけてついてくんなよぉ〜と立ちくらみがしました。

だって車椅子の前歩いちゃうわ、病気の父にエレベーターボーイさせちゃうわ、なんていうか父と二人の時より5倍は大変。お願いだから家に居て頂戴!!

それでも病院・薬局寄って伊勢丹で父の帽子を受け取って・オオサワ寄って戻ってきて、我が家に戻ったのは2時近く。そこからプリンと、今日2個目のおむすびを食べて、大急ぎ着物に着替えて、次男の実習先にご挨拶に。

駅を降りたお寺の境内に、見事にオオシマザクラが咲き誇っておりました。

吉祥寺・オオサワ ぷりん

76eafde6.jpg


久しぶりに早い時間に吉祥寺伊勢丹地下のオオサワに寄ったら、ありました!プリン♪

嬉しい…

私の中では、日本で一番のおいしいプリン。

しっかり自立するタマゴたっぷりのプリン。絶妙のホイップ具合の生クリーム、その下にスポンジがあってキャラメルが染みているの。

しあわせです〜


コレクション

622afc24.jpg


これは歯ブラシの柄です。

ピンクのハートが大好き!だから携帯から見られるブログのデザインもハートにしてあります。

私が乙女だった頃、まだ、印刷技術や染料開発が進んでいなかったから、オシャレなピンク、というものになかなかであえなかったのです。
ボタン色みたいな色はあってもキュートなピンクはなかなか。
お友達のガマちゃんが好きな色がこのボタン色で、みんなで「ガマちゃんピンク」と呼んで、ちょっと避けておりました。

ホールマークのカードに銀座クロサワあたりで出会ってワクワクし、サンリオはデビューしたてで、イチゴの柄のカップやノートにクラクラしながら新宿アドホックに通ったものでした。
ホールマークの大人の世界は真似できなかったけれど、赤いイチゴは身近に思ったのでしょう。

赤と白のギンガムチェックがやたら流行った時代でございます
それとベルボトムのジーパン、ジーンズではなくジーパンね、そしてズック。ズックっていうのだろうか、いまは。スニーカーか?
ちょっと遠い目。

赤白のギンガムチェックにときめく時代は終ったけれど、まだ、ピンクのハートは大好き!
なので、この歯ブラシをみつけた瞬間、大人買いに走る決心をしたのでございます。このシリーズは6種類の柄の模様があって、ハートは1/6の確立。扱っていないお店もあるので、この頃の楽しみは薬局めぐりです〜

どぉ〜ん!
BlogPaint



大人買いの結果。でも、この間「相棒」見ていたら、若年性アルツハイマーの人のお話で、引き出しを開けたら歯ブラシや、鉛筆がびっしりと出てきたけれど、私の場合はいまのところコレクション。

今日は一日お籠もり。映画「相棒-劇場版-」のTV放映、去年お金出して見にいった唯一の映画なのに、筋、忘れすぎている…
他の歯ブラシも買占めに走ったりしたら、ちょっとアルツ入ってあぶない?


「大人のバードウオッチング入門」チラシとポップ

c95ddd83.jpg


「鳥パズル」の時に担当編集のIちゃんが気合を入れて可愛いPOPを作ってくれて、書店のご挨拶廻りに大活躍だったのです。
こんどの「大人のバードウオッチング入門」でもPOP作ってね!と担当のKくんにIちゃん作の秘蔵の一枚を謹呈して、楽しみに待っていたらば、立派なチラシとPOPを作ってくれました。
ありがとぉ〜

「大人のバードウオッチング入門」の本と、このチラシを持って行くと。
山梨・白州の藪内正幸美術館でポストカードを一枚プレゼントしてくれる、という特典がつきます。
そして、同じく。野鳥イラスト教室「「谷口高司と野鳥を楽しむ会」の基本の基・はじめの一歩講座に、事前予約のうえ本とチラシをお持ちいただいた方にはレンタル画材代をサービス。

もちろん先行販売のホビーズワールドには本もチラシも置いてあります。
ホビーズで本を買ってくださると、チゴハヤブサのワッペンシールプレゼントつきですので、さらにお得。

全国津々浦々の書店には遅くとも4月10日に、書棚に並びます。
どうぞ春のバードウオッチングにご活用下さいまし

青森バンザイ

f0cab21e.jpg

サミットで買い物をしていると、高司が
「ねぇすごいものみつけちゃった!」と大興奮!
とっても美味しそうな泥ゴボウに、キュートなお名前がついていました。
私たちの大事なお友達に同じお名前の子がいるので、速攻、メールで写真送っちゃいました。

このゴボウの産地は青森です。

健やかに育ったゴボウちゃん!ぜひ今度キンピラにっ!

何で今度キンピラに…かというと、今日も父を連れてK先生のところまで。というハードな一日だったので、かなりヘロヘロ。不満顔だったけれど、病院にお付き合いはいらないから、と母は置いて行きました。
風邪気味でとりあえずは抗生物質で様子見、ということで、月曜日も通院です。

お昼を何か買って帰ろうと父なりに気を使うので、一番近い伊勢丹まで。ついでに、このまえ頼んであった父の衣料品を受け取りに行って、帽子売り場の前を通ったので、いくつか被せてみました。
意外なことに大喜び、いくつかの候補のなかから結局DAKSのハンチングをチョイス。嬉しそうでした。

こどももそうだけれど年よりも「あなただけ」というのがいいのかも。

買ってもらっちゃった(・◇・)ゞ

ca93bd47.jpg
with LOVE from R

ご飯を食べたあとは次男のリクエストでヨドバシカメラへ。
相変わらず次男の買い物は時間がかかり、相変わらず姿がたびたび消え「たったいは何処へ」と心配口調から「たったかたったいは何してるのかね」あげく「あほたったい、行っちゃうよっ」という流れになります。
ちなみに「たったい」は、彼がある日突然、自らを「たったい」といいだした名残で、さしたる意味はない、はずです。

行きたいなぁオーラを出してたら、5階のゲーム売り場にも寄ってくれたので、お母さんむちゃくちゃ嬉しい!尻尾がついてたらちぎれんばかりに振ってたと思います。
新しいソフトもチェックできたし、DSiのファンキーな新色と、PSPのどこへ着地したいのかわからないようなディープな新色もみられたし。
そして何故かWBC関連セールをやっていてゲームソフト格安コーナーもあってビックリ。

「ぇ〜ロコロコ2、1980円だって、3000円も安いんだよォ〜」と握りしめてたら「しょぉがないなぁ、欲しいの?買ってやるよ」と、たったかたったい様が買ってくれました。こんどから「あほたったい」って呼ばないようにしよぉと心に決めました。

それにしてもロコロコ、可愛すぎます♪

恵存

a646c918.jpg


結婚前の高司の著書は2冊でした。そのあともおかげさまで引き続きだ出版の機会に恵まれ、今度の本で表紙に名前が載る本としては30冊目となりました。ありがたいことです。

子ども達が大きくなるにつれて、私も本をはじめとする高司の仕事に関わることが多くなり、彼等に不自由をかけることも多くなりました。
洗濯だけは毎日欠かさずしても、食事は外食だったり、お弁当だったり、ということも進行状況によっては、増えてきます。並行していくつかのお仕事が進んでいるとなおさら…

まして、この本は3年前にお話しがスタートして、途中引っ越し7回、姑を看取り、入れ替わりに両親の世話がはじまり…と怒濤のごとく、いろんな波を乗越えながら、書き上げたもので思いはひとしおです。
その間、息子たちには、やさぐれることもニートになることもなく、自分達の力で、自分達の道を歩きはじめてくれていました。

今夜は、息子たちそれぞれの名前の下に、高司と私から、感謝のメッセージを添えて一冊ずつ本を贈りました。豪華なディナーをご馳走できなくてゴメンね、だけど、とりあえずのご報告ね。

いろいろありがと!

おひつ屋

e7874398.jpg


家に帰って、「大人のバードウオッチング」関連のお願いや確認電話を、午前中に引き続き怒濤の如くかけていると、次男から電話。
「もしもしぃ(⌒〜⌒) 」

そのご機嫌な声の調子、半端な時間での電話…ということは今日もおやすみだったのかな?ビンゴ!ということで、芦屋の作品展の絵を描いていた高司・就活もバイトもなく家にいた長男と4人でご飯を食べることになりました。とはいえ、彼が吉祥寺に出てくるのは7時過ぎなので、家までには戻っては来られません。

何、食べるのかなぁ?サンロードで息子たちのあとを着いていくと「ねぎし」と「おひつ屋」という看板のあるビルに。吉祥寺のねぎしは入ったことないねぇ、でもおひつ屋もおいしそうだね〜と散々悩み、チャレンジ!ということでおひつ屋に決定。

定食が900円以内というリーズナブルな価格設定。麦ご飯たっぷりで、学生満足メニューも揃っていて、子ども達のバリバリな食欲に感心しながら、ついこちらもつられて食べてしまいました。
ごちそうさまぁ〜

あっぷ

6befaacc.jpg


11時半に両親の介護保険やデイサービスのことで、担当ケアマネージャーTさんの来訪があるので、爆チャリで実家に行き、「用件のみにて」と一旦もどり一息。「徹子の部屋」の六角精児さんに見入りつつ、ご飯・津多屋さんの鮭・玉子焼き・納豆・うちのピクルスで軽くご飯を食べて、再度爆チャリで両親を吉祥寺のK先生のところへ。

父が妙な咳をしているのでレントゲンをとってもらって、とりあえずは抗生物質で様子見ということに。途中熱を測っていたら、途中で抜けてしまい、その時点で36.7℃。二度目は何故か39℃という数値で父は「39℃もあればつらいよ」と勝ち誇ったようにきっぱり。

でもおでこさわってみても39℃はない感じで、先生が秘密兵器で計ってくださったら37℃でした。そのとたんに父は「39℃あったら自分でもわかる」と…さっきと言ってることが違うよね〜

今日は父が歩くのもつらいというので往復タクシーでしたが、年寄り2人病院連れて行くのはかなり大変!

日本で一番タフなモクレン

3319457c.jpg


こちらは幼稚園正門にあるモクレンです。

この木の二股のところに乗っかるのが、この幼稚園では永遠のトレンド。
そしてこの二股部分も永遠の人気スポットなのです。
それはお母さん達も一緒で、ここでのおしゃべりタイムは、なかなか楽しいもの。いつも誰かしらがおしゃべりをしています。
こどもたちの木登りでもけっこう無理なお願いも聞いてくれ、おかあさんたちの機関銃のようなおしゃべりにもつきあってくれ、そして毎年美しい花を咲かせる、日本で一番タフなモクレンの木と思います。

ちなみに次男はこの木で木登りのおもしろさに目覚め、ひょんひょんとどんな木でも登れるようになりました。

長男中学一年の運動会。表彰式の時に、次男の姿が見えなくなったなぁと思ったら、表彰台の横にそびえるヒマラヤスギのに登ったまま、上のほうで固まっていたことがありました。木に登って遊んでいて、表彰式がはじめって降りるタイミングを逸し、子猿と化していたのです。

途中で、木の上にいる子猿に気づいた生徒達がざわめき始めて、親としては身の置き所がありませんでした。
おぼっちゃま小学3年生の出来事です。

コブシ満開

8a28fc6d.jpg


息子達がお世話になった幼稚園の庭にある見事なコブシの花です。

入園式には正門のところにある立派なサクラが満開でお出迎えをするのですが、卒園式のときはコブシの花がほころびはじめということが多い印象があります。
春休み、子ども達のいない園庭に咲き誇るコブシ、私は大好きです。

コブシの花言葉は「友情」「歓迎」「信頼」

子ども達の思い出には残れない花かもしれないけれど、コブシの花言葉を胸に、ここを巣立ったこどもたちが元気に生きていってくれればよいなぁと思うのです。

記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ