タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

May 2009

はな

3517032c.jpg


禿げたてっぺんの頭皮に寝皺?ができるほど、よく寝ている父にため息。
焼き入れて、車椅子に乗せ、点滴ぶら下げて、院内散歩。
暖かかったので敷地内の教会の裏手で、しばし日向ぼっこ。

見つけた花は、ニワゼキショウ、というのだそうです。高司が教えてくれました。

葱坊主

BlogPaint


父のパジャマを買いに吉祥寺伊勢丹まで母と。真昼間に母と出かけるのは久しぶり、かも。毎日会ってるとわからないや。
店員さんがSサイズを引き出しの奥から10種以上出してきてくれて、まさかSサイズを選ぶ楽しみがあろうとは…とびっくり。しかもパジャマの丈つめと袖つめはサービスとのことで2度びっくり。

今年いっぱいで閉店が発表された吉祥寺伊勢丹ですが、こんなサービスがあるんならもっと告知してくれれば良かったのに、と思いました。

さて、母とは北海道物産展で、父の好きそうなお寿司を買ったあとに、葱坊主でおうどんの昼食。

昨日行った川口の話しをしていたら、母は5歳まで川口の鋳物工場に里子に出されていたと、ぽろっと話してくれました。母の生母は、母が3ヶ月の時に亡くなっているので、里子に出されたのでしょうね。

ピアニストだった母の父が再婚した時、赤羽に連れ戻されたとのこと。
当時赤羽には芸者置屋がずらっとあって、赤羽の西洋館と呼ばれていた母の家は、その置屋街のすぐそばのお風呂屋さんの隣に建っていたそうです。

こんど赤羽行ってみる?と聞いたら「行ってもいいけど、もう変わっちゃってわかんないわよ、きっと」とポツリ。
義母に苦労した、母の幼少期をたどるのも、何かなぁ…と。
いろいろ考えてたら涙腺がゆるくなりました。

3333

3ef7b385.jpg


はじめて行く街が近づくと、我が家の携帯登板率がUPするの。「ケータイ国盗り物語」。全国を600国にわけて、エリアごとに「国盗り」ボタンを押すと、その国を統一できるの。途中山賊とか化け物とか出てくることもあるけれど…いま私は160国統一してる。

そして、毎日、日付が変わると、こっそりとアクセスするのも「ケータイ国盗り物語」。なんで毎日かというと「クイズコーナー」っていうのがあって、だいたい4択か3択なんだけれど、これにはまっているの。当たると10コバンもらえてアバターお着替えとかできる、という…。
ずみません、なんでそんなモンが面白いのよ?という話ですが。

で、今夜もしました、国盗りクイズ。
外れると悔しいから知ってる問題でも、復習を兼ねてパソコンのサイトでチェックしながらやってみるの。で、答えを選んで送信…
ぅおっ!!今日の正解者の中であたしは

3333人目!!!

3333って次男誕生の時の体重です。
その当時だって超めずらしい天秤ばかりの産院だったので、3330までは正確。最後の3グラムは微妙だったんだけれど、私はぞろ目大好き!なので、とりあげてくれたT先生が「さんぜん、さんびゃくぅ、さんじゅぅ…」と錘をのせてるときに「3で!お願いします」とお願いした次第。

3333gだった小さな人も、にょきっとでかくなり、おかげさまでこの24日で20歳になりました。
誕生日には家族ばらばらでおめでとメール&入院中の父から
「お誕生日おめでとう、おじいちゃんも頑張るから、○○ちゃんもがんばれ」
の祝電を送りました。二十歳になって○○ちゃんもないかもしれないけれど…

24日夜にかかってきた二十歳の第一声「20年間育てていただきありがとうございました!」
ほぉ…
そのあと「俺って酒強いみたい」
研修先のお疲れ様会でビール&日本酒&サワーを10杯ほど飲み干したらしい。
「ゲボしときなさい!」と言ったものの「ヘーキ」というので「水いっぱい飲みなさいね!!」と思わす…でも翌朝4時半にちゃんと起きたというのでびっくり。

ともかく、自分の行動に責任を持って、酒と女に気をつけて、人とご縁に恵まれた豊かな人生を送って欲しいと願っています。


川口リリアメインホール

8cb2df29.jpg


茅ヶ崎のKnちゃんから、お仕事で行かれなくなったからと、きよしくんのコンサートチケットを送ってきてくれました。プレゼントなんて嬉しすぎます〜

入院中の父には「人に会うから」と、夕方、世話をしに寄ったらいろいろリクエストがあって、けっこう押せ押せで川口到着になりました。やれやれ。
この美容院のような小さめの文字看板の下が入り口。私が知っている大規模ホールでは駅から一番近いホールです。
シャ乱Qの、しゅうちゃんトラブル後の復活ライブの時のスタートが、ここの川口リリアで駅出口から人が鈴なりでほっとした記憶がありますが、きよしくんでは初めてかもしれません。

なんたって市川以来なので素人?も同然の今年のコンサート。
かなり新鮮な気持ちでステージを見つめている自分がいました。
全18曲きっちり歌いあげた見事さ。昼の部から通算すると36曲だものね。喉を鍛え上げている感じがします。力強さが増したステージでした。

帰りはおなじみのみなさんと一緒に電車に乗って久々のリフレッシュ♪

Knちゃんありがと〜〜

一応本日のセットリスト&感想

10周年を表す鐘の音が10回鳴り響き…
^ソイ慮弌椎鬚げ子様風シフォン付きジャケット
 民謡流れる中、中心に大きな提灯、両脇に13個ずつの提灯のセット
△よしのソーラン節…ハッピ風赤い衣装
 MC 掛け声に「うぃーっす」が入ってるのに笑い。
星空の秋子
だ草人情
 MC ひがしくん
ヅ鬚猟エレジー…エメラルドグリーンのスーツ
ε豕ブギウギ
Ь樽の人よ
蘇州夜曲
 MC オスカーを知らなかったの!?というとこでにこり。
 「あっという間に一日一日過ぎていくので
  一日一日悔いのないように過ごして生きたい」
 「氷川きよしがズンドコきよしから進化してどれだけ
  心に届く歌を歌うかが今後の課題・目標」
 「明日の自分がどれだけ輝けるか、毎日がスタート」
影ぼうし
砂山
 MC ひがしくん応援団長
玄海船歌…黒いスーツ
 MCひがしくん語り
浪曲一代…くり色の着物、カラシ色の袴
大井追っかけ音次郎
花の渡り鳥
番場の忠太郎
 MC
旭豬
アンコール
 箱根八里の半次郎…紅白オオトリの衣装
 きよしのズンドコ節

Amazonのレビューも書いたのだけれど、今回のアルバム収録曲、かなりの粒ぞろい。どの曲も収録時よりかなり歌いこんでいる印象だけれど、中でも「東京ブギウギ」「小樽の人よ」は秀逸でした。
「番場…」「箱根…」も原曲よりかなり低めのキー。でも低音が響いてかえって新鮮。

あんなにたどたどしかったMCも、なんとまぁ立派になって…
完全に親戚のおばさん目線でしょうか?
デビュー10周年、きよしくんをずっと応援してきてよかったぁと思わせるステージでした。


 

モンガ堂さんより愛の宅配便

84f53eed.jpg


ありがとうございますぅの3弾目は、モンガ堂さんからの本のお届けです。

モンガ堂さんは一箱古本市のお仲間です。そして、もと同じマンションの住人。
一箱の関係から、このブログを読んでくださって、登場するお店や景色から「近いところに住んでいるのかなぁ?」と思われていたんですって。で、その頃は顔もわからなかったので、わざわざ秋の一箱で「こちどり」を訪ねてくださって、あらびっくり!同じマンションってわかったのでございます。

7年間も同じ玄関を使って出入りしていたのに、一回もお会いしたことがなかったのにね〜
そのあとは電車の中や、西荻の裏道あたりで、お会いしたり、わざわざ神代植物園のイベントに訪ねてくださったりと、嬉しいご縁の方なのです。

モンガ堂さんが時々ぽろっとポストに入れて行ってくださる、鳥の関係の本は、私たちにとても元気をもらいます。

ありがとうございます(*'-'*)

雷雨のなか津多屋レストランへ

BlogPaint


一日中zzzzzzzできてたら、どんなに幸せだろぉなぁと思いながら、かなりの気合を入れて、母&高司と父の病院まで。

おすしが食べたいというので、父の昔からのお気に入りの某店支店で聞いてみると「中トロ一貫420円」だそうでそこでまずびっくり。私の好きなくるくる廻るお寿司なら3皿6貫食べられちゃう…。でも父が食べたいのなら…と大蔵大臣の母が言うので、リクエストのあったお寿司を握ってもらおうと頼むと、職人さん4人もいるのに20分以上もかかると言われ…すし5貫で20分って!?一貫420円でも20分って!?となんだか腹立たしくなって撤収。

それで別のお店の、お気軽な4貫580円の中トロで手を打って持っていくと、それでも喜んで食べてくれました。よかった。病院のご飯に飽きているから、とりあえず「お寿司」ならば父も嬉しいのね、きっと。
父の就寝の世話をしてから病院をでると、長男から電話があって、4人でご飯ということになりました。

母のお気に入り津多屋レストランで、長男がオムライスを熱望していたので、一路上石神井へ。バスにのって青梅街道営業所バス停で乗り換えてのルートですが、降りる頃には思いっきりの雷雨でびっくり。10分ちょっとでこんなことになるなんて。

雨の中でも「食べないで帰る」選択も、「よそのお店に行く」選択もない私たち、初志貫徹で津多屋さんにたどり着き美味しい晩ご飯を食べたのでございます♪
100円のサラダ、ドレッシングを上からかけるタイプになっていました…なかなか美味♪

ありがとうございます

31eecf88.jpg


高司は雨の中、善福寺公園まで。Sちゃまが来ていて、昨日積みっぱなしの荷物を受け取らなきゃいけないので傘をさしておでかけ…したらしい。
Sちゃまはちゃんと愛車で倉庫まで荷物を高司と荷物を届けてくれて、こないだ行った雲取山のお土産までくれたそうです。行きに買って山登りをずっと見守ってたお土産の様子。

「ちゃんとUPしてな」

ということで「ありがとうございますぅ」の第2弾。

紅茶は、その雲取山にSちゃまたちと一緒に登って、よりによってSちゃまと同じお布団で寝ることになったYRさんのお土産。孫と一緒にボルネオだかにアウトドアツアーに行ってらしたのだそうです。
さりげなく雨の中、高司に渡してくださったそうです。嬉しいなぁ。

チーズ・チーズ・チーズ

2c989fd2.jpg


なんて意地悪な雨でしょう。
東京バードフェスティバルというと、寒かったり、雨だったり…昨日のようなお天気は珍しいのです。
昼間だけでいいから、晴れ間が出てほしいなぁと、ブースを出しているお仲間のみなさまの顔を思い浮かべています。

私たちは、参加申し込み時には5月の予定がまだ全てが確定していなかったことと、確定している日程をみても準備をする時間もないことから、今年はブースは出していないのです。ごめんなさい。

とはいえ、今日は日本野鳥の会東京支部の、善福寺公園探鳥会です。
お友達のN元支部長の担当探鳥会なので、毎回できるかぎりサポーターで参加しているため、行く気むんむんだったのですが、雨で中止となりました。
こちらも行く気むんむんだった母に中止の旨を高司に電話を頼んで、引きつづき爆睡zzzzzzzz…。

なんたって昨夜12時前には、シャワー・歯磨き歯間ブラシ・お薬吸入全部終え、眠れる体制でベッドでPSP:プレイステーション・ポータブルでロコロコ2やってて、そのまんま夢の国へ、のはずが

「ねぇねぇゲームつけっぱなしだけど大丈夫?」

と、わざわざ人を起こして確認してくれた高司先生。
大丈夫でないのは今日も4時間睡眠で動いていたあたし。PSPは消えるの、つけっぱなしだと。
その直後、長男が帰宅したと同時に、日付が変わって次男の誕生日になったのでメール打って。結局4時まで寝られなくなってしまったので爆睡。

おなかが空いて眼が覚めたので、家にあったお手軽チーズをいっぱい使ってブランチ作ってみました。うふふぅ〜




七彩

97bda80d.jpg


帰り道は、撤収の遅い私たちを、坊やともども待っていてくれたSちゃまが、父の病院まで送り届けてくれました。優しい人です、ありがと。

父は、午前中に初孫=うちの長男の来訪を受けて気合スイッチが入った様子。酸素吸入が外れて、熱も下がりつつあって、血中酸素も96まで戻って、気持ち元気。ほっとしました。

昨日「明日は大井だから…」と言ったのを「大阪」と思い込んでいたらしく、「ここでへばっちゃいかん」と思った節もあるみたい。
「Sちゃんに車で送ってきてもらったんだよ」と言ったら「大阪からか!?」とか言ってました。いやいや。いくらSちゃまでも大阪はないと思う。けど。
「みんなに迷惑かけて…」と言えるまでに気持ちも復活してきたのは、嬉しいわ。

母は昨日私が買ってあげたユニクロの、ローズピンクのポロシャツで登場。
看護婦さんに「私の母は、60代はピンク世代だからいっぱいピンク着るわよ、って言ってます。」「お似合いですよ!」と言われてかなりご機嫌。
明るい色を着ると元気になるからね。

父の買い物をしながら、晩ご飯は3人で「七彩」でご馳走になりました。
根岸の蕎麦屋さんで修行をされたご主人が、添加物ゼロで作ったおそばとかえしが売りのお店です。
私は、ミョウガ、紫蘇、ネギ、ゆず…お薬味たっぷりの「揚げナスの冷やしそば」を、母はうどんバージョンをいただいたのですが、体にすっと入ってくる美味しさでした。

母は、一人だと父のことをいろいろ考えちゃうから、食べられない…何が何でも私たちを晩ご飯相手に確保しておきたい。
私も、病院にいけば、行き帰り含め軽く3時間はかかって、毎晩ご飯を作るのは無理。母の思いも無下にはできず、ご相伴に預かっているのです。

ただ、父が食べられない状態だから、気持ちで華美な食事はNG…控えめな予算でも、十分美味しいものに出会えるエリアに引越してこられ、高司に手を引かれ、母は嬉しいようです。

ありがとうございますぅぅ

7b72ae00.jpg


思いがけずお土産も一杯いただいてしまって、思いっきり恐縮しております。

身が縮んでいるようにはとっても見えないと思うけれど、恐れ入って縮んでいるのです、気持ちの上では。

この場を借りて、ありがとうございます〜

父のことでかなり気持ちがへたっていたのですが、少しパワー復活できました。

いただきます

ae3ab711.jpg


今回の講座の窓口はKさんでした。彼は研究者で、とても信頼できる方。データを集め野鳥の保護活動もし、野鳥公園のことでも走り回っているのに…お弁当の配達までしてくれて超恐縮!

でもね、書類を出すように、バッグから縦にお弁当が出てきたときは、思いっきりドキドキしてしましました〜
きゃは!!
案の定、ご飯以外は、全員ポジションを外れて暴れん坊将軍状態。
食べれば一緒だけれど、一応、元あったと思われる位置に戻してからいただきました〜

高司や息子たちなら「弁当を縦」なんて罵倒しちゃうけれど、そこは万年青年Kさんのお人柄。
こういうの、嫌いじゃありません。ごちそうさま!

そして!!講座の合間は引きもきらず、多くのお仲間が訪ねてきてくださって、とてもとても、嬉しかったです。ありがとうございます。
炎天下、イソップ橋を渡ってきてくださるだけでも大変なのに…私たちは幸せだなぁと思います。

2週間前の大阪ツアーで「大阪城公園、鳥、いいみたいっすよ」と新大阪ついた瞬間に電話くれて、Sちゃますっかり喜ばせたYくん。今日も「いまどこにいます?」と電話をかけてきてくれました。もう園内に来ていて、Sちゃまにも会いたいらしい。

イベントを終えたSちゃまが目の前にいたので「ここにいるよ、ご自慢の品いっぱい持ってきてるみたい」というと「僕も…」って。あんたねぇ…
Sちゃま&Yくんは、鳥の絵の古書収集で張り合ってるの。でも、何でわざわざ、闘い?の場にうちの講座の横のテーブルを選ぶかな?

猫の絵を描くYくん、今日は作品も持ってきてて、某セミナー担当のTさんに見せていたら、そこにもSちゃま割り込んできて、こないだ行った北海道の野鳥の写真集をみせてましたけど。なんていうか…頼むよ!!



はじまりました

7bbb443d.jpg


11時半からコアジサシ、13時半からアカコッコ、15時からコアジサシ、今日のプログラムです。
下は5歳の坊やから…去年も来てくださったお嬢さん…楽しむ会の方、多くの方にご参加いただきました。ありがとうございます。

有料のイベントなので敷居が高く感じるかもしれません。でも、ダイジェスト版とはいえ通常のお教室と同じようにお話をし、途中、何回も作品を拝見します。
興味を持ってくださった方に、受講料もお払いいただくことでさらに集中していただき、講師側も気合を込めてお教えすることができます。

小学校4年生以上の参加をお願いしていた時期もありました。
なぜなら、子守代わりに講座に参加させる方も少なからずあったからです。でも、本人が描きたくもないのに1時間近く幼いお子さんが座っていることは不可能。となると、騒ぐ=他の受講者のみなさまに多大な迷惑がかかる…でも親御さんは近くにいない。あらら。ということが度々あったのでございます。

でも、ここ数年、そういう親御さんは少なくなりました。
物騒な世の中になってしまったからで、それはそれでなんとも心が重いのですが、イベントの時の戸惑いも激減しました。

いままで描けなかった方は一人もいない、というのが、この講座の大きな特徴です。
描きたい!と思う気持ちがあれば、5歳の坊やでもちゃんと鳥は描けます。これがタマゴ式の楽しいところ、とちょっと高司を尊敬。

今日参加されたみなさんが、作品をちゃんと飾ってくれるといいなぁと思います。


会場について、まず看板を。

4cb69dfb.jpg


Sちゃまが車で家までお迎えに来てくれて、朝から気合のT坊の帽子をとりに戻ってから、一路環七を、東京港野鳥公園へ。
毎年早起きだったのですが、Sちゃまも一つ役職からはずれたのでメインで動かなくてもよくなったし、私たちもブースを出さないので、ゆっくり目の到着です。

体験!“タマゴ式”鳥絵塾の会場は、今年もお願いして、正門からずずっと奥のネイチャーセンターを用意していただいているので、時間的に行ったり来たりは難しいの。
なので到着後は、入り口エリアや芝生広場にブースを出しているみなさんと「お久しぶり」や「こないだはどどぉも」とご挨拶にまず廻りました。
みんな元気そうで良かった♪

ネイチャーセンターの1階図書コーナー、今日はここで3回講座をします。一日まるまる使える場所、ということで、東京バードフェスティバルとしては貴重な、屋根も机も椅子もあるこのコーナーの講座も3年目。

もう机もきちんと並べておいていただいていて感謝。人数少なめだったので、少しアレンジを変えて、間仕切り代わりのホワイトボードの裏に看板を書くことにしました。

絵を高司先生に描いていただいているところです。

っていうか描かせている?ところです。

fd318a59.jpg

おはようございます

b04a2403.jpg今日は東京バードフェスティバルです。
ブースは出しませんが、ネイチャーセンターで3回“タマゴ式”鳥絵塾を開催します。
コアジサシとアカコッコを描いていただけます。

会場には最新式の観察機器もずらっと並びます。ウワサのコーワの新機種も触れるかもしれません。
可愛いフィギュアをつくる招き鳥さんにもゆっくり会えるかな?

季節もいいので、ぜひいらしてくださいね。

がんばる

e37f63d9.jpg


明日の東京バードフェスティバル用にベクトルから「アカコッコ」のぬりえを寄付していただきました。裏にタマゴ式で鳥の絵を描いていただいて、あとはぬりえを楽しんでいただける優れものです。いつも、良い紙で作っていただいてありがたいことです。

そのベクトルや、新しい本、三宅島、ファウラ、わが社のご案内など、富士通で頂いたミニ図鑑にはさんで明日参加者の方にお渡しするために、真夜中、気合を入れて作業中です。
やはり紙媒体で情報をお伝えしたい、ご自分のペースで読んでいただけるから…と思うのです。

いかん!!追分コロニーで今回分預かってくるのを忘れました!!送ってくれた分もう残ってないし。何しに軽井沢まで行ったんだか…
紙媒体がだめならば、せめてこの通る大声でアピールしなけりゃね。

もちろん明日の朝はSちゃま号がお迎えに来てくれるの。
頼りになります!!



ミッション完了

bf14e0d6.jpg


吉祥寺のK先生のとこに、父の近況報告をしに行きがてら、母を連れて行き、ヨドカメでプリンタのインクや用紙を買って、重いからと母の家にいったん置きに寄ってから、高司が先発隊でひげを剃りに行ってくれていた父のところへ。

点滴つけて酸素引っぱって、気分がかなり病人っぽいんだけれど、特に先生から家族へのお話もなく、本人には「ゆっくり直していきましょう」とのこと。まだ少し熱があるからなぁ、覇気のない父を見てるのは、ちと淋しい。

父の通訳は私の役目で
「どこかで晩ご飯でもたべていきなさい」と言うのを母が「うどん食べていくのね」と、どこをどう聞いたらそうなる?みたいな会話を大声で軌道修正。4人部屋だけど今日も誰も居ないからね、貸切状態。

母のうどん発言に「俺がそんなケチな男か!?」と父、立腹。
よしよし、怒っててこそあたしの父ちゃんだ。

でも母が食べられるお店の「ふじかけ」「津多屋」「ねぎし」はヘビロテにも程があるし、今日はまだ帰って作業があるので、今日は大戸屋に。
あんまり静かなところに言っちゃうと湿っぽくなりそうだったし。

凹みがちな母を一人置いて帰るのも忍びなくお茶まで付き合って帰宅。

今日ももちろん関東バス一日乗車券。乗車券様々でございます。都合8回のったもんね、結局。

「北海道野鳥ハンディガイド」届きました!

e11a9013.jpg


私たちの敬愛するカメラマン大橋弘一さんの新著、できたてホヤホヤの「北海道野鳥ハンディガイド」です!!
昨日、北海道新聞社のYさんからお電話いただいて届くのを心待ちにしておりました。

ぅお!!渋いマットなビニールカヴァーつきですね。

くんくんくん、鼻をくんくん…北海道出発して2日経ってるからなぁ、できたてホヤホヤの大好きなにおいはしないけれど、なんていうか、ページがぴたっとくっついている感じ、まっさらな本でございます。

大橋さんもYさんも東京で生まれて東京の大学でて、北海道の大自然に魅せられたお二人なの。あたたかな思いが伝わってきそうなそんな一冊に、高司が参加させていただいて、ありがたいことです。

北海道の鳥観にはぜひお供に。
札幌ジュンク堂はじめ市内書店では、おそらく平積みになっていると思います。
一冊買ってから、道内鳥観ツアー、スタートしてくださいね〜

中国料理 ふじかけ

674553f0.jpg


母がこないだの指輪の迷惑料?かな?でお小遣いをくれたので、夜はふじかけに…昨夕から喧嘩している高司がなんでちんまり一緒だかはわからんものの。教室の合間に再度行かせていただいた父の病院で、けっこうお世話に疲れきってたのでそのまんま晩ご飯に。

こんばんはおこげ!!!湯気が素敵!!!

具沢山のスープをじゅっとかけて、最初のぱりっとしたおこげが一番好きなんだけれど、猫舌だから熱すぎて食べられないの、ジレンマだわ。
でもスープ吸ったのも美味しいから幸せなのだけれど。

昨日はかなりシンプルな食生活だったのにいきなり元気満開な食事に。

でもね、やっぱ、元気でいなきゃ。いまは踏ん張りどころだし。

ふじかけのあと、母のところにより、サミットでお買い物し、ばったり会った、長男の親友に「あんた肥ったんじゃない?」とよりによってこのおばさんに言われたくないだろう一言をつい言ってしまい…
帰ってシャワー浴びて、ただいま2回目の洗濯機が回り終えて1時35分。干したら、寝よぉっと。

サンコウチョウですぅ

b8c8ebc0.jpg


「月・日・星ホイホイホイ…」と鳴くことから「三つの光」でサンコウチョウ、が今日のテーマです。
長い長い尾羽、今日のポイントはそこに尽きるかと。
みなさん余裕で描いてくださっててほっとしました。

サンコウチョウはなかなかみられない鳥。
いまから15年以上も前に埼玉にいると聞き、次男が幼稚園に入ったのを幸いにスタコラ会いに出かけたことがありました。

いましたね〜いるにはいたけれど、なんだか中途半端な長さの尾なんだ、その♂が。あれで長い尾の絵に描いたようなサンコウチョウに出会えていたら、独身時代のように、鳥観にまた力が入ったのだろうけれど。

それはそれはの超脱力だったので、すこしずつ鳥以外の他のものへも興味が行くようになりました。映画だったり、ドールハウスだったり、シャ乱Qだったり、ケリーちゃんだったり、きよしくんだったり…

それが幸せだったのか、どうなのか?
でもいろんな人と出会えたから、幸せだね、

ある意味私にとってターニングポイントとなった鳥、ですね。

マンゴー

ebb81fb2.jpg


池袋でSちゃんとさよならして、ジュンク堂にご挨拶に寄ったら北海道新聞社のYさんから「新しい本とチラシ、送りました!」と携帯に電話。
ぎりぎり今週末の東京バードフェスティバル間に合ったのでほっとしました。

「北海道野鳥ハンディガイド」です。
基本種がカメラマン大橋弘一さんの写真でばっちり載ってる、使える図鑑です。
ご覧になりたい方はぜひ23日に東京港野鳥公園のネイチャーセンターにいらしてね。

池袋から代々木経由で荻窪。何で、代々木経由かというと、山手線内回りのホームのお向かいに、総武線三鷹行きが来るからね。歩くのめんどな時はこの手です。

で、母のところに、西武で見つけた弁升のおべんとを届けがてら、父の着替えを貰い、家にとってかえして用意してあったお教室のものを握り締め、速攻、父の病院に行き…昨日は点滴、今日は酸素吸入と管が増えてるのにあららぁと思いながら、KちゃんとHちゃんの待つデニーズへちぼっと寄って。78Calって書いてあったマンゴーでリフレッシュ。

Hちゃんとこにあげたいもこはとっても立派に大きくなってて、写真を送ってくれたのだけれど。
私がいもこはそれほど愛していないのを。Hちゃんとダーリンが昨日のブログで読んでて、やたら悪がってくれて。
いやいや、そんなこと、気にしないで。

それより、どうしてHちゃんの方が成長が早いんだろう?あ、本人じゃなくていもこが。
やっぱり、イタリアンパセリ、なんてオシャレなものを食べさせているからかしらん?専従でお世話しているママがいるからかしらん。
ちなみにうちは玉砕覚悟の3年ものの明日葉。

Kちゃんには専門家のダーリンに、父が腰を打ったときからつけ始めた鎮痛剤のジェルの副作用を教えていただいたの。同じ鎮痛剤の経口のもので私はかなりひどい発作が起きたこともあるので、ここ数日の父のヘタリ具合はこのジェルも関係していないかと…。
副作用があるかないかは人それぞれだから、やめてみて様子を見る手もあると。なるほど!!さんきゅ!

そんなこんなで、さて、もうひとふんばり。



記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ