タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

November 2009

今日のきもち

ecda6675.jpg


猫八さんはバードウオッチャーでもあるので、鳥の柄の帯にしようかなぁとも思いましたが、思い切って招き猫の柄の帯にしました。
帯が映えるようにと思ったら、仲居さんっぽい小紋になっちゃったんだけれど。
でも公演後、ホールでご挨拶できた猫八さんが、帯を喜んでくださってよかった〜♪

私たちの席は一番後ろで、見慣れたっていうか、一族っていうか、NPや千葉のお兄様やTG3と一緒。みんなでワハハと笑えたのは嬉しかったなぁ。
なかなか楽しい席でゆったりと会うことができないもんね、いつも。

藤井一興さんが弾いたノクターンの調べも心に染みました。
聴きながら今日は父の事を思い出していたけれど、ずっと経ったら、ノクターンを聴くと今日の、みんなでにこにこ猫八さんの話を聞いたことを思いだすんだろうなぁ。

久しぶりの旅行で天パってる母を落ち着かせに、高司が実家に寄ってくれている間に、準備やら、留守時の諸々や、原稿打って、いま3時5分っす。
4日間、写真だけがずぅぅっと続くブログになりそうですが、どこあたりを彷徨ってるか当ててみてくださいね!

四代目江戸家猫八襲名披露独演会

47f63273.jpg



4485f164.jpg



バードライフ・アジアの関係で、芝離宮朝日ホールの小猫さん改め猫八さんの独演会に伺いました。
こじんまりしたホールですが、猫八さんのニワトリ・ウグイス・ホトトギス・イカル・鈴虫・猫・カラスetc.……いろいろな生き物の声が、元気に鳴り響いて、笑いに包まれた素敵な空間でした。

後半は、大谷康子のヴァイオリン、藤井一興さんのピアノ、の生演奏もたっぷりと、山本直純さんが小猫さん時代に彼のために作られた交響曲を、披露してくれました。もちろん猫八さんの声入りです。

何気なく、聞いて笑ってで終わりにしてしまいそうですが、9歳の頃、父上の舞台を袖で見てからこの道を目指して50年、道具に頼らない、誰でもわかる「ものまね」を極めた芸は、努力精進のたまもの、なのですね。

11月は襲名披露で都内だけでなく、北の地方を廻られたとか。そして、12月は関西方面へと、お忙しい様子です。たったおひとりでの舞台、さぞ緊張の日々でしょうが、体をいたわって無事、乗り切ってほしいなぁと思いました。

大都会

598ca03b.jpg


明日は早く出るので、いつも旅行に持っててるコロを引きずりながらズンドコ柄のコロを引きずりながら、ラッシュ時、80歳老婆の手を引いて電車に乗るのは無理!と思いヤマトでホテルに送り、吉祥寺の京王観光でチケットを受け取り、大戸屋で遅いお昼を食べ、何とか予定時間に汐留あたりに到着。

旅行前はいつもだけれど、ほんにあわただしいこと。

昨日のウオッカのジャパンカップ優勝も、きよしくんの「ときめきのルンバ」を作られた水木れいじ先生が日本作詞大賞を受賞したのも、横目でみながら、ちまちま動いておりました。
今日も然り。年末進行のお仕事先と、私たちの来年の予定とのすり合わせ。いつもお世話になりっぱなしの先さまに、またお願い事。

さて、東レシルックじゃない、つまり正絹…反対語はスフ?古い?…の小紋で、色合いが仲居さんのようかもとは思いながらも気合いを入れて、帯も名古屋できちんと結んで出かける先は……

問題山積み〜

075447cd.jpg体重減ってもまだまだ太い!ということが、色無地を着るとまざまざとわかります。
ぷち凹みつつ、残り6kg減めざしてしゅくしゅくとがんばります。

はりねずみの瓦せんべい

334a9b2c.jpg


こんな可愛いハリネズミの瓦せんべい (´▽`)

高司が敬愛してやまない薮内正幸さんの絵をもとに、ご子息Rくんが「浅草亀井堂」の荻窪のお店で、特別に焼いてもらったものなんですって。
山梨・白州の薮内正幸美術館のおみやげコーナーにあるのですが…今月いっぱいで美術館は冬眠に入るので、どぉしても欲しい!って言う方は、今日明日中に美術館にダッシュしてくださいね!

可愛いすぎて食べるの躊躇しそう…でも、またこの瓦せんべい、美味しいのです。
はじめて頂いた時「え…瓦せんべい?」と思ったのですが、一口食べて「えっ!?これが瓦せんべい?」とテンション一気にあがりました。
こんな美味しい瓦せんべいに出会ったことはなかったの。

ここんところ、ダイエットミッションでおやつNGなので、家には隠匿物資も枯渇している状態。
でも、ダイエット無縁の高司と長男には「なんかない?」ビーム出しっぱなしなので、こないだのジャパンバードフェスティバルでお隣ブースだったRくんから頂いた、秘蔵のハリネズミちゃんを供出した次第。

私も食べたいなぁ…葛藤の日曜日。

どか〜ん

dca25281.jpg


頂き物のお豆腐や揚げです〜美味しいんです〜!!

うちと実家の測量をお願いした、土地家屋調査士のHさんがお父様と、昨日、父にお線香をあげによってくださって、お土産にと頂いたものです。
Hさんはとても好青年で、私たちもですが、父も一回会っただけで大ファンになりました。仕事もきちんと真面目にされて、誠実さあふれるお人柄。時々お手伝いに寄られたお父様もとても懐の深い方で、いろいろ初めてのことばかりで戸惑う私たちに大きな安心感を与えて下さいました。

母が喪中欠礼のはがきをお出ししたら、留守時に寄ってくださって…
ちょうどお電話いただいたのが京都の伏見稲荷大社をお参りした後で、父の死を悼んでくださるHさんとお話ししながら、こんな若い方が、父の最晩年を支えてくださっていたのだなぁ、幸せだったなぁと改めて有難く思いました。

いつも手土産にご親戚が作られているお豆腐類を持ってきてくださって、父も美味しく頂いていたのです、昨日もお父様がトロ箱抱えて持ってきて下さったのです。

しばらくはお豆腐メインのご飯です。嬉しいなぁ。




ゆとりかぁ

f4080f6f.jpg


テレビをつければ「紅葉特集」。なかでも「京の紅葉」の艶やかさに、母の心はそぞろ。「いいわねぇ〜」「紅葉…♪」
父は浄土真宗大谷派のお寺で法名を付けていただいているので、東本願寺にご挨拶にでも行ったら?と、確かに私も言いはしたけれど、ま・さ・か本気で行く気モードになっていたとはっ!

梶谷先生の帰り、いつもお世話になっている吉祥寺駅の一階にある京王観光のTさんを訪ねて、いろいろ聞いてみたらば、母の思っていた予算内で十分に行かれることが判明。
ホテルも東急ホテルのお得なお部屋だし…。のこり二日は、先週、京都&奈良行ってきたTmちゃんが泊ってお勧めという、ロハスなホテルで過ごすことになりました。3泊とも朝ごはんつきだしね。

母の懸念は高司。「置いてくのは可哀そうよ〜」とかいうけれど、私たちは去年の夏から5回関西方面にお邪魔しているし、何も黄門さまのご一行じゃないんだから、ゾロゾロと行かんでも。
第一、本人がさほど行きたい!という気になってないし。

Tさんは若いけれどとても頼りになるの。
お昼一緒に食べて、高司もはじめは同席していたんだけれど、気にする母に「いいんじゃないんですか?今度ご一緒すれば」って。今回もテキパキ、と決めて行ってくれました。
ごちそうツアーじゃなくて、むしろご朱印ツアーだからね。
まだ、母は自力で歩けるし。

ということで、来週ちょっくら関西に行くことになりました。

高司と二人なら買わないような、ガイドブック、2冊。
大きい字で縦書きでチャラチャラしてないものっていうと、このあたりがベスト?
ゆとり…って文字がなんとも不似合いだけどね。



ちいさいはくさい

817d88b8.jpg


どこでご飯を食べる?とゆるゆる歩いているうちに、山形県酒田市のアンテナショップの前に行きつきました。
新鮮なお野菜山盛り!でも重いしね〜と言っていたところ、小さな白菜が目にとまりました。むいてこうなったんじゃないの、最初からこの大きさ。

こないだ白菜の効用をテレビで聞いてたものの、一人暮らしでは余ってしまう白菜に手を焼いてばかりの母は、買うに買えない状態だったけれど、これなら程よき大きさではない?

白菜抱えて東急でご飯をして、荻窪に向かう高司に白菜預けて、母と子はよろよろと京王観光やら、ユニクロやら、啓文堂書店やら、徘徊しつづけたのでございます。

ま、気落ちしがちの母が、外にいれば気持ちが晴れるので、ここは笑顔でお付き合いだね。

白菜は晩のお味噌汁の具に化けましたとさ。

白鳥

c349c1f5.jpg


もっと紅葉しているかと思ったら、まだ緑の色濃いモミジもあって、ちょっと拍子抜け。ケヤキも、黄色みの方が強いです。

でも何本かは絵ハガキのような紅い葉になっていて、見事。
その後ろをきこきことスワンボートが通り過ぎて行きます。
風情が無いと見るか、公園らしくてよい、と見るかは微妙ですね。

公園にハクチョウというと、何年か前の善福寺公園上池へのコハクチョウファミリーの到来を思い浮かべてしまします。
溢れんばかりの人、押しかけて来たメディア、そしてあの!餌やり騒動。
コハクチョウに、おむすびや、カレーパンや、食パン1斤投げ飛ばしていた人たちは今頃どこで何に餌を投げているのでしょう。

井の頭公園、ユリカモメがさっそうと飛んでいました。人から餌を貰うDNAを受け継いで陸に上がったものの人の方にその準備が無くて、手持無沙汰のオナガガモや、可愛いキンクロちゃんなど、のどかな光景でございました。

井の頭公園

10328587.jpg


思いがけず早く健康診断が済んだ母と、高司と3人でゆるゆると井の頭公園へ。
善福寺公園では黄色の花のお出迎えでしたが、この公園では黄色い蝶が私たちを迎えてくれました。

越冬する蝶だそうです。

がんばれぃ〜

善福寺公園の紅葉

0bf8e13f.jpg


「わしは紅葉になれたかの…」
幼少のみぎり母君から「紅葉のような家臣となれ」と教わったという「天知人」の直江兼続の最後のセリフでしたね…

ぼっと見つめる高司先生、胸に去来する言葉ははたして何?

ま、「もみじまんじゅうはアンコだろ、やっぱ」程度とは思いますが。

それにしても、肉眼だと拾えない光が、携帯のカメラで拾えるなんて、技術の進歩ってすごいのね。
光が入るだけで、ありがたぁい感じになりまする。

はて

7f43b8c4.jpg


ここんところ毎日1万歩歩こうと思ってる私。
だってせっかくダイエットモードでも、運動しないと脂肪が燃焼しないで筋肉だけ衰えちゃうというんだもん。

ということで、吉祥寺の病院に行った母と落ち合うべく、家からてこてこと善福寺公園経由で歩くことにしました。

上池のところに、とてもきれいな黄色い花。何の花かな?

サイズダウンっす!!

ee307944.jpg


なんでも買ってあげるわよ、とテンションの高い母の財布に、まさか娘、歯を丸出しで喰らいつくわけにもいかず、遠慮がちにジーンズを一本買ってもらいました。
24年来お気に入りのsassonです。
もちろん大昔は普通サイズ。銀座松屋のsassonでどんだけ買ったかわからないくらい、ハマったものでした。そのままの体型なら無駄にはならなかったけどね〜。それから幾星霜。タゲリを見に行ったときに寄った浦和伊勢丹で大きいサイズコーナーでsasson見つけたときはうるっときたものです。

着物といい、大きいサイズコーナーといい、自分に甘々だった私が、いまのダイエットミッション敢行に、日々励むようになるとはっ!恐るべきmadameGのパワー!!!

さらに恐ろしいことがっ!!

大きいサイズに合うサイズがなくて「フツーの売り場に行ってください」って店員さんに言われたのですぅ♪
そ、つまり、痩せたのよ〜ちぼっとだけれど。
このわずかの差が、大きいサイズとフツーサイズとの違いだよ。

このsassonもゆるゆるになるといいな。

クリスマスだね〜

7b3cfb67.jpg


デパートの放ったら無敵なのは私も一緒。1時間で帰るよ!って言っておきながらとてもとても…
でもね、仕事の連絡はメールや携帯でみなさん届けてくれるので、ホント携帯があるのは有難いことです。

1時間が◎時間になったお詫びに、と、母がジョアンで買ってくれた、高司と長男へのお土産のパンです。
とっても可愛いクリスマスバージョン。
おひげちょぼちょぼ生えても、孫は孫で可愛いらしくて「喜んでくれるかしら?」ってわくわくしながら、美味しそうなのを選んでいました。

袋も可愛いね。クリスマスは街歩きもちょっと心が弾みます。

お気に入り

BlogPaint


新宿丸井の地下の壁、かなり面白いです。いろんな素材を使ってあって、合間に観葉植物を植えてあって、なんだか暖かい感じです。


午後一番、爆チャリで母の待つ病院に。彼女の定期検診の時に、父のいた病棟の看護師さんたちに、改めてお礼を言いに行きたいというので、せっせとお手紙書いて駆け付けたのでございます。

窓口にいらした看護師さんが覚えていてくださって「もう落ち着かれましたか?」と声をかけてくださいまいた。ありがたいことです。
去年の11月末から、10か月弱のうち4カ月以上、父はこちらの病院でお世話になって、きめの細かく看ていただきとても幸せだっと、改めて思いました。

タカコさんのところにチャリを置いて、伊勢丹に頼んであったセーターを取りに行きたい、という母に付き添って、新宿まで。

デパートに放ったら、81歳キヨコ、無敵です。あっちへとことこ、こっちへとことこ、いろんなところを見て回り、なんとも幸せそう。
23区やらsassonやらで気に入ったものも見つけて大満足。丈詰めを待つ間に、遅いお昼。

872a3080.jpg


チャヤ・マクロビレストランでペンネのハンバーガーです。
こちらは日影茶屋の姉妹企業で、ばりばり、マクロ。
マヨネーズ(状のもの)かな?と思ったら、マスタードで、ちょっと安心。
私はガブリ、丸かじり。母のは4つに切ってもらって、とても美味しく頂きました。

カレンダー

763bd0ca.jpg


毎年恒例のカレンダーへのスケジュール書き。

以前は子どもたちの行事中心だったので、3月まではびっしり書き込めるけれど4月以降は白紙、4月からは何年生になるかも、予備校生のままかもわからない…というなんとも歯切れの悪い内容。でもね、いまはもう大学生になったから、彼らの予定は一切書き込みはないの。あ、誕生日くらいかな?

ということでうちのカレンダーと母のところのカレンダーに、今のところ決まっている予定を書き込んでいきました。
高司の彫った消しゴムはんこで、楽しむ会をはじめとして、いま決まっている外部の講座もぺたぺたと押して行きました。

数えてみたら41日になりました。ありがたいことです。
もっともっと、いろいろなところに来年はお邪魔したいなぁと思っています。
カレンダーが真っ黒になるくらい、予定が入ると嬉しいなっ!

みなさま来年もどおぞ、よろしくお願いします。

吉祥寺駅前

7ebddf1d.jpg


午前中、madameGのもとへ、ぽにちゃんと一緒に、直接指導を受けに行ってきました。今日のテーマは「外食事の注意」
痩せるのって、ちょっとやそっとじゃぁ、難しいわね〜

荻窪で病院帰りの母と合流して、つらつらと吉祥寺まで。

駅前のイルミネーション、おそらくは去年のもののバージョンアップ版。
LED照明が雨のように、流れてみたりして。そのうえ、5時ちょうどに、思いっきり音楽鳴っていたなぁ。もう少しチェックしてみなきゃ。

母とはここんところずぅっと、時間がなくてあわただしく出かけることしかできなかったので、今日はほんの少し、のんびりと吉祥寺のお散歩、付き合いました。
クリスマスのカードを買って、部屋に飾って、少しはテンションあがってくれたかしら?

めんこのおはなし

61397321.jpg
HPに、こないだデビューしたばかりの「めんこ」の紹介を載せました。

東京では「めんこ」なのですが、関西ではめんこ、とは言わないらしい。
京都では「めんこ」なんだけれど、大阪から西は「べったん」和歌山は「たたき」三重は「しょうや」と呼び名は様々のようです。
「べったん」や「たたき」はめんこを叩きつける動作や音から来た呼び名ですね。
では「しょうや」は何でしょう?

「しょうや」は「庄屋」のこと。めんこの裏面に「じゃんけん」や「サイコロ」不思議な数字などが入っているのですが、その絵柄の「庄屋」に由来しているようです。
「庄屋」と「キツネ」と「鉄砲」がセット。
庄屋はキツネに騙され、キツネは鉄砲で撃たれ、鉄砲は庄屋のもの…
じゃんけんみたいな展開なのでしょうか?

関西は丸いめんこが主流と聞いていたのですが、「丸めん」は大昔の話で、私と同じ年の元少年は四角いめんこ「角めん」で遊んでいて、丸めんはコレクションアイテムだったそうです。

我孫子では大受けだっためんこですが、大阪は反応ほぼゼロ…何故かなぁ「あ!呼び名だ!」と「めんこ」の看板をつけてたミスに気付いた時にはあとの祭り。
動物や虫のフィギュアを扱うカロラータさんのMrチータ「やばい、面白いよ、これ」と、ただお一人が思い切り喜んでくれたにとどまったのでした。

いままでうちで扱ったものは、ぬりえもポストカードも関東と関西で、何の不自由なくやりとりできていたのですが「めんこ」は、かなり不思議な印象をもちました。
もっともモノの本でも、めんこの裏面の遊び方は、まったく残っていないそうなので、呼び名くらいで驚いてちゃいけないよね。

JBFの時に新妻Sちゃんに手タレして貰った時の写真を再び…
めんこよりも左手薬指に燦然と輝く、結婚指輪に目がいっちゃうよねぇ〜

今日は、スタジオパーク出演のきよしくんテレビ熱視を中心に、一日、この冬のイベントの何やらかやら連絡をとり、HPの更新をしてました。夕方はタカコさんのところへ。西荻駅でばったり教室のmさんとお会いし⇒家までバリ歩き、そののちチャリで実家で母と食事。という緩やかな一日でございました。

よっし〜大活躍

52119b53.jpg

何に一回、七輪を拝むのがこの朝鮮大学校です。

鄭先生の奥さまが中心となって、前日からお知り合いに焼き肉の仕込みをお願いされ、ご飯やキムチ、キウリと用意し、炭をおこして、スタンバイしてくださるのです。
七輪の炭は気まぐれさんで、なかなかよーいドンで炎が出るわけではありません。

私たちの七輪は、よっし〜が上から風を吹き入れ、下の風通しの穴からタカコさん紙を筒にして吹き入れし、炎がぼぉおぉと上がって来ました。

よっし〜火の粉にまみれて大活躍の図、です。

ちなみにお隣の七輪、高司やおともだちのヒデオちゃんが、炎怖さで、ぱたぱたと気の無い風を送っていたらいつまでも炎が出ず…「大器晩成!」とか言いながら。こちらの七輪のお肉に熱視線、でありました。可哀そうだから1枚ずつあげたけどさ。



段ボール座布団から折りたたみ椅子へ!!

81eaeedb.jpg

鄭先生の活動を拝聴した後のお楽しみは、名物「焼き肉」パーティです。

七輪一台に4人、というのがいつものお約束。そしてみな三々五々に段ボールの座布団?をお尻に、楽しく焼き肉に興じるのです。
それでも十分幸せな時間なのですが…なんと今年は!!

折りたたみのおしゃれな椅子が用意されていました。
鄭先生の同級生のご友人の方が、段ボール座布団にびっくりされて、いっぱい寄付してくださったのだそうです。
今日は膝の手術を目前に控えた、千葉のお兄ちゃまも一緒だったので、段ボールに座れるか心配だったのですが、思いがけない折りたたみ椅子の登場に、にっこりでした。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ