タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

April 2010

今日の幸せは…

9362eb46.jpg


午後3時に家をでて、井草八幡宮にお参りして、母をひろって荻窪経由で梶谷先生。
連休のはざまで先生のところも混んでいて、ここをおいとました時がちょうど5時。
それからロフト経由東急、カルディィ、アトレ経由で荻窪に戻って。ル クール ビューでお昼というか晩というか第2食をご馳走になって、荻窪ルミネが9時。

81歳の母に、入院前「風邪をひいてはいけないから」と、なるべくお出かけ禁止にしていたのですが、晴れて退院、しかも「ただの年寄りのイボ」と判明して、今日は心行くまで街をお散歩したかったのですね。
口やかましかった父が存命の時には、考えられなかった「帰り時間に縛られない」という幸せを、母は堪能している感じです。

糸の切れた凧、ですね〜

やっと凧婆を家に送り届け、冷蔵庫が空っぽだったのでサミットで大買い物をし、家に戻ったら11時、ほぼ真夜中。
それからほうれん草3束ゆで、ゆで卵を12個作り、カジキマグロをタレに漬け込み、ひき肉を炒め、キウリ8本を塩漬けし…もちろんおかずも作り、と大騒ぎなことになりました。

凧婆をあまり無下にはできないし。とはいえ、毎回これじゃ私も身がもたん。
はてどおしたものか?
とはいえ、今日はかなり母子でゆるりと過ごせたのもまた事実だし。

写真は、退院祝いにmadameSから頂いたお菓子と、母がホビーラホビーレで買ってくれたLIBERTYの生地でございます。
このLIBERTYはディジー・フィールドという名前

ただいま1時45分。これからちょっとお裁縫をしてみようと思います。


井草八幡宮

99dfe46b.jpg


歩いて母の家に向かう途中で、井草八幡宮に寄って、母の退院のお礼と報告のお参りをしました。
大灯篭の奥にある石の鳥居は昭和7年の建立。
77年も春を迎えているのですね。

以前は初冬が好き、と、ひねたことを言っていましたが、この頃はいつの季節も美しく、心楽しく感じます。

芽吹いた木々の合間を、カラスが巣材を探して、いったりきたりしていました。
春に繁殖する鳥たちも、今年の寒さはさぞ、戸惑ったことでしょう。

けやきの芽吹き

58ef0e52.jpg


月曜の夜から、ほぼ3日半、家に籠っておりました。
極めて不健康な暮らし、でもしょうがないね、喘息でていて健康じゃなかったんだもん。

今日は洗濯機を3回まわして、ちょっと活気づいた勢いをかりて、午後から母を吉祥寺の梶谷先生のところへ連れて行くことにしました。

3日半ぶりの外の世界は、いきなり欅げ芽吹いていて、青梅街道が別の道のようにみえたのでありました。

お天道さまが眩しいぜぃ。

不細工な花だけど。

dd0a08ac.jpg


のど飴と、吸入と、次男が買ってきてくれたモスバーガーとで、夜にやっとこ立ち直り。母の世話は帰京してきた弟に一日お任せ、だったのでかなり気持ちも楽だったし。

夜は、ちゃんとご飯を作り、見たいドラマもないので、また布を広げ。
いろいろと布合わせをしてみて、はぎれだらけのリバティの中で、この2種だったらいいかも、とpepperという柄の色違いでお花のブローチ、作ってみました。
作り方見ていたら「簡単じゃん!」と思ったけれど、見本と似て非なるものがどんどんと出来上がり、かと言って後戻りする訳にもいかず、黙々と花びらを作って行き、こんな感じになりました。
アンシンメトリーなのは「味」ってことで。

不器用が作った不細工な花ではありますが、けっこう気に入っているかも。

お?美味しいのど飴!?

250646ca.jpg


この世に美味しいのど飴があるのだろうかっ!?というほど、のど飴が苦手。
特にこの頃のシュガーレスののど飴は、薬っぽいつるっとした舌触りが嫌いで、NG。

飴そのものは好きだったのだけれど、高校生の頃、不二家のノースキャロライナという渦巻のキャラメルを食べすぎて大きな虫歯が2本できて、結局抜かなきゃいけなくなって。一日一袋は多いとは思ったんだ、その時も。で、飴は卒業したのです。

でも、今日のこの変な気圧配置で、朝から肺は絶不調。
なにかのはずみでむせると、エンドレスで咳が続いて、酸欠で頭がぼぉ〜っとして、全く動けなくなるので、ぜんそくの吸入を吸いながら、今日は飴をなめることにしました。madameG的には飴もNGだけれど、緊急事態だしね。

こないだパッケージが渋くて、しかも昔ながらの作り方をしていて、混ざりものがない…いいんじゃない?と思いました。
龍角散の会社のものです。
全然薬臭くないし、とても喉が潤う感じで、気に入りました。
美味しいのど飴って初めてかも。
これは抹茶タイプ。もう一種類茶色いのも売ってたわ、こんど買ってみよ〜っと。

コホンといえば龍角散、というCMを鵜呑みにして、コホンといった時に龍角散に挑戦して思い切りむせてひどい発作を起こした過去があるだけに、粉の龍角散は勘弁だけれど。この飴はいい感じです。

原点

BlogPaint


外は雨だし、ハードだった先週のつけがドンときて、今日も撃沈。
すっかり寡黙になり、かと言って寝ているわけにもいかず、何かを初めては片づけてご飯を作るを3回繰り返す賄いのおばさん。よく食べるんだわ、これがまた、息子2人。

銚子の「犬若食堂」がTVにでてるょ〜と千葉のお兄様かで電話があったり、福岡から帰ってきた弟から電話があったくらいで、ぼややんと過ごした一日。
ゴムが伸びきっているみたいね〜

さてそんな中、高司が嬉しそうに持ってきたのが、この小さなパン屋さん。
森井ユカさんとの出会いのきっかけになった、東急ハンズの講座で作ったものです。ホットドッグとか、イチゴののったデニッシュとか…
オープン粘土をこねて焼いて、楽しかった思いが蘇ってきました。

ここのところちょっと手作りにはまりたいモードなの。
粘土とかドールハウスとか。ちまちまと家にこもっていたい気分。
世間が出歩く黄金週間に、お籠りに走るのもよいかも。

それにしても高司せんせ、この15年も前の作品をどこから出してきたのかしらん?吉祥寺に「おばあちゃんの玉手箱」というお、それはナイスなおもちゃ屋さんがあるのだけれど…「おじいちゃんの玉手箱」みたい。

ちなみに「おばあちゃんの玉手箱」は通称「おばたま」
じゃ「おじいちゃんの玉手箱」は「おじたま」
何だか「あじたま:味玉」みたい。ん〜〜ラーメン食べたいっ!
お酒も飲んでないけれど、真夜中のラーメンて魅力的。
でもね〜ダイエッターはそんなこと、ポロリとも言っちゃいかんのだろぉな。

うふ

06a0e6dc.jpg


以前お教室に来てくださっていた方で、ここのところ事情でお休みされているSさんから「ルームシューズ作りに凝っています」と、お送りいただいたのが可愛いお花のついた室内履きです。

そこはセーム皮みたい、表はオシャレなざっくりした生地、裏は足のあたりがいいワッフル生地と、とても手がこんでいます。
すごいなぁ〜室内履き、手作りできちゃうんだぁ〜

私なんか丸いアップリケでも、あわあわしているのに。
Sさん、尊敬してしまいます!ありがとうございました。
大事にさせていただきます。

右手の小さいものはコンバースのミニチュアです。
よく出てきてるんだわ、これが…

昨日の混みこみの病院での人疲れは、東大農場のあの清涼な空間をもってしても立ち直れず、今日は一日蟄居。
下手っぴなりに、ご機嫌で布をちくちくしていたのに…

当然、晩ごはんはどこかで食べてくるだろぉ〜と踏んでいたのに、息子たち二人、家につく3分前に「ご飯ある!?」と電話してくる始末。
昨夜ゆでたほうれん草二束も、鍋いっぱいのスープももうすでに底を尽きかけているし…

ったく!と冷蔵庫の野菜室のドアを思い切り締めたらば、まだ手が残っていて、左手負傷。
ぐれてやる!!

ビフォー&アフター

36f0bc3d.jpg


去年買ったユニクロの麻55%綿45%のシャツです。
夏のお散歩にいい感じかなぁ、と買ったのですが、ナチュラル過ぎて私が着ると……首にタオルでも巻いた日には野良着になってしまいます。

なんとかカスタマイズして着たいなぁと思っていたのですが、妙案が浮かばずに一年。

ぉお〜そうだぁ〜(*゚∀゚)っ

長男・次男が出払った瞬間に、テーブルが作業台に早変わり…っていつも作業台のようなものなのですが、今日はこれからするのがいつもと違う「作業」だからね〜

で、チマチマと秘蔵のリバティを、あぁだ、こぉだと言いながら選んで丸く切り抜いて、まわりをぐし縫いして、丸い芯を入れてきゅっと絞って、アイロンかけて…。

アップリケしてみました。かなり必死だったっす。
fd6e0cc5.jpg
with from R


「LIBERTYの缶バッチ着けてる」みたいなイメージで、丸いのをぐいぐい縫い付けてみたの。青〜パープル系の布をメインにしてみました。
数えてみたらば全部で19種類の布を使っています。
同じ布でも、柄の出方で全く別の表情になるのが面白いです。

まだ丸いアップリケは残っているので作業続行です!

いただきます

BlogPaint


みなさんと田無駅でおいとまして、母と私は武蔵関・三浦屋で紀ノ国屋のパンをしこたま買いこんで、上石神井津多屋カレーレストランへ。

顔の傷が気になってちょっと引っ込みがちな母が、東大農場の緑とみなさんから元気を頂いて、すっかりテンションが高くなり、晩ごはんにカレーを食べたい!と言いはじめて、高司と私がお伴したのです。

高司は、東大農には遠い昔にチョウチョを見に行ったことがあるとか、すっかり記憶が飛んでる部分もあったらしく、かなり新鮮な発見があったようです。
母と私は今日がデビューで、すっかりあの空間が気に入りました。

気持ちよく歩いて、おなかも空いて、美味しく晩ごはんを頂いて…
春の一日が過ぎて行ったのでございます。

幸せな景色

BlogPaint


今日、ご一緒したのは、楽しむ会の方々。
たまたまお教室のあとにみんなでおしゃべりをしているとき、東大農場のお話が出て「いきたいね〜」「いいね〜」ということになり、農場のご近所のKさんを隊長に、にわか探検隊ができたのです。

みなさん、おだやかに、のんびりと自然の美しさを堪能されていて、急遽、仲間入りさせていただいた母もとても嬉しそう。
おかげさまで素敵な春の一日を過ごすことができました。

チョウもハチもイモムシも鳥も、一生懸命、生きている演習林。
またぜひ、行きたいなぁと思います。

別天地、爽快な風

539e939a.jpg


「東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林田無試験地」という長い名前の、9.1ヘクタールという広大な敷地のなかには、のびのびと育った木々がいっぱい!
空気も風も美味しくてとても満ち足りた空間が広がっていました。

ハナズオウは幹まで一杯花がついていたし…

ハンカチノキの花も咲きはじめていたし…

a5498f7b.jpg

東大農場へ、一路

9e6402a5.jpg


病院の母の会計は702番。
でも番号順で計算が出来あがるのではないので、一番大きな数字が12時10分前の時点で745番だった、ってことは、患者さん=お客さんがすでに745人もいるってことでしょ?午前中終わる前に、すごい数だわ。

と呆けながら、さんざん待って、抜糸代含めて、金70円なりをお払いし、今回の入院手術騒動はひと段落。あとは術後一カ月の診察のみとなりました。

午後は東大農場に行くので、田無駅に2時に着きたい!
ということで猛ダッシュで北上。
新宿→高田馬場→小平といくか…
吉祥寺にでて、花小金井行きのバスに乗って途中で降りるか。

ちょっと博打でしたが、吉祥寺からバスで行くことにしました。
明大前の構内がちょっと洒落たつくりになって、スープストックもあるので、昼食はそこで「生姜と七種類の野菜スープ」と白ゴマご飯。ヘルシーで安心なお昼を速攻でいただいて、吉祥寺もすんなり、奇跡のように2時ちょうどに田無についたのでありました。

誰かいる?

289209c4.jpg


たっぷりと合計13時間寝た昨日。夜には絶好調でよっし〜の原稿を9枚分打って送って。今朝は早起きして、母を病院に連れて行くのです。

いくら自力で歩けるとはいえ、81歳をラッシュ時に連れて行くのは難儀。
でも病院の時間もあるから、ここは気合い。

やっと座れたつつじヶ丘過ぎたあたり、ふ電車の床をみると、上目がちの目玉が。

京王線の窓越しに日が差しているだけのこと、なのですが、なんだかとぼけた顔みたいでおかしいでしょ?

可笑しいと言えば…

母の眼の下の大きなイボ、先週手術してとって病理にまわしてみていただいた結果、先生がきっぱりと

「ただの年寄りのイボ」

と。2回も大声で言われて、母はほっとを通り越して、むっとしてましたが、ま、81歳は立派なとしよりだからさ、しょうがないよ。
ご心配いただいたみなさま、ありがとうございました。

桜の花をかたどった月餅

44ea136f.jpg


いただきものの靖国神社の「神饌」です。

新宿中村桜の型を押した月餅と、桜色の金平糖の詰め合わせです。
靖国神社の境内には600本もの桜の木があり、東京都の桜の開花の状況を調べる木もこちらですし、日本の国花も桜、なので、こちらのありがたい桜の詰め合わせになるのですね。

デビュー

e9de1107.jpg


高司の新しいデイパックです。
あの…「谷口高司・JR中央線東京駅での網棚に高価観察用具入りデイパック置き忘れ紛失事件」のディパックはやっぱり出てこなかったので、私がずぅぅっと先の60歳還暦用に買っておいたMILLET。泣く泣く供出しました。

赤くても忘れるかもしれないから、名前も書いておいたら?と言ったら、妙に静かに作業をしていて、のぞいたら、名前じゃなくてシロフクロウを描いていました。
なんか、違う気がするけどね。

品川から荻窪へ行くのに、山手線も京浜東北線も事故で動いてなくて慌てましたが、東海道線で東京まででて、なんとか凌げました。
はじめの一歩講座「こちどり」にも、みなさまにお越しいただいて、幸せでした。

朝が早かったし、お昼もコンパクトなお弁当だったので、帰りはル・クールピューで早めの晩ごはん、母の慰問にも寄り、9時からの土曜ワイド劇場も見られて、超充実の土曜日がおかげさまで無事に終わりました。

あ、もちろんMILLETのディパックも無事、家に背負って帰ってきましたよ。

東京港野鳥公園

BlogPaint


品川駅から都バスで、東京港野鳥公園まで。
昨日一昨日と雨だったので、ことのほか緑が美しいです。

コガモやホシハジロ、キンクロハジロといったカモの居残りちゃん。
バン・オオバンもすいすい水辺を…
コチドリもいてくれてほっとしました。

せかっくお越しいただいたのに、鳥がいないとなんとも切ないけれど、ゆったり鳥も見られて嬉しかったです。
こちらから、荻窪の教室にも参加される方も5名いらして、有難いことです。

来月の東京バードフェスティバルでお世話になる方とも、お話しが出来たし、楽しむ会の最初の頃からの会員のKさんも、会議が終わったあと待っていていてくださって懐かしい笑顔にお会いできました。

そして!nちゃん。小さなときから、イベントに訪ねてきてくれるnちゃんとママもわざわざ宇都宮から来てくださって、再会を喜びました。高司はnちゃんからお手紙を頂いて、にこにこしています。よそのおうちのお嬢ちゃんなのですが、気分は孫ちゃん、らしい。
ほんわか、たんぽぽのような可愛いお嬢ちゃんに、おもいきり癒されました。

BlogPaint


今日のお弁当はなだ万の春のお弁当です。とっても幸せ♪

さ!お昼も美味しくいただいて、これから荻窪へ向かいます。

品川駅つきました

07c0d5ea.jpg


おはようございます!
今日は午前中、東京港野鳥公園で野鳥観察会、午後3時半からは荻窪でコチドリを描く会。
お天気は快晴、ほっとしました。嬉しいな。

品川駅エキュートでお弁当を買ってから、集合場所へ。

この懐かしい湘南電車の模様!
確かミカンの産地を走るので、実のなったミカンの木、ということで緑とオレンジ、と聞いたことがあります。
この垢抜けなさが、なんともノスタルジック。

缶コーヒー

BlogPaint


とっても可愛い四輪駆動のチョロQもどきがおまけについた、缶コーヒーをみつけました。こういうのは弱いんだわ〜
どうみても可愛いし、よく出来ているので、5種まとめ買い。
とはいえ、我が家は缶コーヒー愛好者はいないので、本体はSちゃまの御接待用に。
5本ってことは5回遠出の時に、活用できるわけですね。

もちろん、おまけは我が家のコレクションでございます。

おかげさまで母、退院しました。

BlogPaint


Sちゃまの天才的なハンドルさばきで、あっというまに狛江に到着。
退院の手続きもあっと言う間に終わって、30分以内に病院を出てこられました。

車も停まれるところ、ということで昨日から母は木曽路に行く気むんむん。
だったのですが、さすがに家のそばの木曽路は間に合わないので、調布の木曽路に入りました。

娑婆にでて嬉しそうな婆の顔です。
Sちゃまも大好きなので、完全リラックスしています。
ばんそうこうが痛々しいですが、これは月曜日の抜糸までの辛抱。
わずか5日ではありますが、入院にしていたので、ゆるゆると再発進、させたいと思います。

母からみんなへご馳走、ということで高司とSちゃまはすき焼き御膳、母と私は木曽路セットをいただきました。抹茶のてづくり豆腐、というのがポイントらしいです。

BlogPaint



Sちゃまは口では
「じゃ、お母さんだけ乗せて帰るから」
と言いながら、しっかり目的地まで送り届けてくれたのです。

ありがと〜〜

ベルデ軽井沢名物フクロウたちとの再会

BlogPaint


母の退院の日時がいったりきたりで、結局もとの予定通りとなり、かえって慌ただしいことになりました。

今日はベルデ軽井沢の宿泊手続きをしに練馬へ。
いまベルデで開催させていただいている作品展の、最後の週末にベルデ主催のイベントがあって、それに合わせて、翌日、楽しむ会でも「遠足」と称して泊まりがけでおでかけすることにしたのです。

楽しみだ〜

受付でみつけたのが支配人・手水さん手作りのフクロウさんたちです。
ぅお!?カブトムシもいる??
何だか嬉しい再会になりました。

これからSちゃまが迎えに来てくれて、母のところに直行です。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ