タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

September 2010

今日も雨

984c3b32.jpg


まぁあとからあとから、よく雨が降ってくるものだと思います。
秋の長雨、なら勘弁してほしいなぁ。

今朝は、10月末に右目の白内障の手術をすることになった母の、術前検査の日です。
作品展に重なってしまったのだけれど、病院がOKで、私たちが居る日が今日以外なかったので、やむをえず…

で、無事に手続きまで済ませて、途中書類を届けに来てくれたSちゃまとうさぎ屋に3人で寄って、高司の待っている新宿御苑まで。
母も行きた気だったので、連れて行くことにしました。

新宿南口から甲州街道沿いを新宿御苑まで。
このあたりは母の青春の地でもあるので、思い出話がぽろぽろと。
まだ、私がおなかに居るときの話しもちらと。
職場結婚だったので2人でお昼をたべて、そのあとは伊勢丹の赤ちゃん用品売り場に、えらい勢いで通っていたらしい。
「伊勢丹でも話題だったのょ!」
、Baby誕生に入れ込む、今の私よりもはるかに若い父と母の様子を思って、少し涙腺が緩くなりました。
待ちかまえてくれていたのに、こんなできの悪い娘で申し訳ないこって。

雨ではありましたが、今日も多くのお客様がきてくださって嬉しかったです。

先日発売の切手も残り部数が二ケタというお話しと一緒に、郵便局のGさんとYさんも来て下さいました。
それからお役所関係の皆さんも…

雨の中、重ねがさね感謝です。

キュート♪

b7bf9953.jpg


ちょうどこの時期は、年明けにむけて色々なことが具体化してくる時期です。
去年もおととしも、新宿御苑で、携帯握り締めて電話しつつ、打ち合わせにお越しいただく皆様をお迎えしたものでした。

ことしもまさにドンピシャの時に作品展が重なり、今日は神戸から可愛いお嬢さんたちをお二人をお迎えしました。
先日、荻窪千疋屋でお迎えした方たちのお仲間で、高司の描いた鳥が、いろいろな方面に羽ばたいて行くのを実感します。

このサギさんは、今日来てくれたMちゃんのスカートに刺繍してあったもの。
お魚くわえて大満足のところですね。
後ろには、お魚が捕まる前のシーンが刺繍してあって、にこり。
古着なんですぅっておっしゃっていたけれど。「鳥」のお話しにあわせてmの心遣いに感謝です。

彼女には、こちらの慌ただしさで、お待ちいただくことがいろいろあって、不安な思いをさせてしましました。
でも、もう大丈夫ですね〜。このチームは颯爽と船出をしました。
あとは可愛いイラストと、的確なテキストをこちらで用意して、お嬢さんたちゆだねましょう。

スッキリ晴れました

BlogPaint


お天気だけはどうしようもないものの、皆様にあれだけ力作を描いていただき、これだけ準備をしたのだから、やはりこういう時は晴れて欲しいもの。
昨日、かなりうらめしく空をにらんでいたらば、今日はすっきりと晴れてくれました。

a050f103.jpg



早めにお昼を食べて、西村さんのクラブツーリズムのお客様をお招きして、和やかなきもちで一日過ぎて行きます。

会員の方も、足元がいい方がお出でになりやすいせいか、今日は大ぜいいらしていただきました。
みなさまの嬉しそうなお顔を拝見すると、こちらもとても嬉しい気持ちになります。

母島への準備

aa623117.jpg


来週には、お仕事で25時間船に乗って南の島に渡らなくてはいけないので、こちらも気合いで準備をしなくてはなりません。

よっし〜から、先端のあるサンダルは船のシャワールームの扉から足を保護するのに必須と言われ、長男がはいていて心地よさそうだった、ワニのマークのCROCSをネットで激安入手しました。
色は「sea blue」
一歩間違えると、共用のスリッパみたいに見える色もあったので、ビューテホーなのにしました。海の青さよ〜波の白さよ〜

これって、よくエレベータに乗る時に気をつけてって、書いてあるのに似てるね。
でもかなり履き心地はいいですね〜船の上はこれで縦横無尽に歩けそう。

そして100円ショップで、水しぶき防止の雨合羽や、ものをひっかけるSカンや、食料をたっぷり持って行くための袋やらを買いこんできました。

息子たちの毒牙にかかる前に防御「ママの喰うな」と書いてあるものは、こないだ買ったリゾットです。船の中はお湯があるというので、食堂じゃなくて、手持ちの食糧で過ごす覚悟なの。揺らぐかもしれないけど。
佐藤賢一さんの「カポネ」も文庫上下巻みつけたし。

船に乗っ即爆睡するのが、もっかの楽しみでございます。

新宿御苑、雨です

f03a8b5d.jpg


おかげ様で今日から新宿御苑インフォメーションセンターアートギャラリーで「谷口高司と野鳥を楽しむ会」会員作品展がはじまりました。

今回のテーマ「気になる鳥」の気になる理由を絵の提出の時に承っているので、キャプションの下にまとめて展示してあります。
じっくり、読んで、会員のみなさんの鳥への思いを知って頂けるといいなぁと思います。

今日は朝から大雨で、午前中は雷も鳴る、かなり激しいお天気でした。

にもかかわらす、大勢の方にお見えいただき、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

いただいた薔薇の花束。
乙女な色合いに、かなりテンションがあがりました。
感謝です!

56c9fd7b.jpg

なんとか展示しおわりました。

BlogPaint



今回のテーマは「タマゴ式で楽しく描く"気になる野鳥"」
高司の「気になる鳥コーナー」はこんな感じです。

銀座画廊「響き」での個展のときに、とても評判がよかった「オオサイチョウ」と「シロフクロウ」も出しました。

きのうの印刷したキャプションにカンパネを貼って切って、さらに裏に両面テープを貼って…とカッタ―新調して臨みました。
カッタ―ボードは西村さんのをお借りして大助かり。

高司が額からだして、レイアウトを考えて、西村さんが、自身の作品と、伴さんの作品をかけて、私が切り貼り隊と、完全分業制です。

雨で時間通りに準備開始できなかったので、押せ押せになりましたが、なんとか形になりました。ほっ…
61c8d4c9.jpg



なんのかんの言っても、仲良しさんの2人です。

弱力助っ人

63682022.jpg


今日の搬入、野鳥写真でお手伝いくださる西村さんが、自慢の2トントラックを出してくれる予定だったのですが。この雨で断念。
ほろをかぶせただけでは、濡れちゃいそうなんだもん。

で、いつものカローラを出してくれました。
とはいえ、3階の倉庫から荷物を持って降りるのは、主に私。
70枚近くの額を、小分けにして、何度上り下りしたでしょう。
がんばりました〜

西村せんせといえば、傘持って下で待ってるだけ。
こういうときの西村さんは、とても強力助っ人とは言えません。
御苑についても、荷物ひとつ降ろすわけじゃないし。
しかもお休憩がとても好きなの。
着いた瞬間「お昼!」と言って、光麺いって、もどってきたところがこの写真。

とはいえ、飾る段になると仕事は早いし、道具は万全だし、きちっと平行をとってくれるし…。何より、お互いてんぱって険悪になりがちな高司と私の間をとりもってくれたり、それなりにお役には立つんだけどね。
とかいうと「もう俺はしらねぇ…!」「ここで降りて電車で帰れょ」ってすねちゃうからなぁ。

ともかく大荷物がいっぺんで運べたのには大感謝です。

裏門のところ、なんだかウツギの仲間の花らしいの。
チョウチョが大好きらしい。
4181840c.jpg

どろなわ

73f9589c.jpg


帰りはご近所いなげやで食材山盛り買って。
ともかくmadameGからは「草を喰え、野菜を喰え」と言われているので必死。
で、ごはんの下準備をして夕方5時半から鬼の形相でパソコンとにらめっこ。

やっと72枚のキャプションも御あいさつ文もできました。
でも、まだまだ作らなきゃいけないものがいっぱいあるの。
去年までの新宿御苑のデータは壊れたパソコンに入っていたので、一から作り直し。

指に神様が降りて来たかのように、思ったよりも早い仕上がりであります。
少しは寝られそうね。

たかばしら

BlogPaint


来ましたよ〜の声で一斉に真上を見上げると、タカたちが上空をすぅぅぅっと飛んで行きました。
かなり遠かったり、高かったりだったのです、タイミングをずらすと見つけられないのですが、今度は真上。
嬉しい限りです。

みなさまの視線の先の空。
ここにいっぱい飛んでるの
BlogPaint



12時過ぎに、定点観測地でもある東屋をおいとまして、途中のベンチで大急ぎ、お弁当を食べてから、一路、帰宅。

と思ったのですが、ここは寝る時間をさらに削ってでも…と小平霊園に。
お彼岸にはいつもお掃除にいくところなのですが、とてもその時間がとれずにいたのです。ここを逃すと、母島から帰ってきたあとになりそうなので、お墓参り。
嫁、がんばりどころです。

こんにちわ〜

f8fba163.jpg


丸の内さえずり館でとってもお世話になった、日本野鳥の会奥多摩支部のFさんです。
毎年、この時期に遅めの夏休みをとって、鷹の渡りの定点観察を、支部の皆さんとされているのです。
今回も、事前に、いろいろと教えていただいて感謝感謝です。

Fさんはじめ、支部の皆さまがとても温かく迎えて下さり、気持ちのいい日のスタートです。

絶景に、秋の風… 来てよかったなぁ

BlogPaint



この山の稜線ぎりぎりを遠くにとんでいるんだけど、タカ。

じょろうぐも

45cdb36d.jpg


みんなでゆるゆるおしゃべりをしながらだと楽しくて、あっというまに青梅市梅の公園に到着しました。

気持ちいい青空にスキップしたいくらいね。

このジョロウグモ、♂を5匹も従えて、とても堂々としておりました。
すてき!

おっは〜

1fb27d64.jpg


日向和田つきました.
6時に起きて、お弁当のサンドイッチを作って、6時54分の西武新宿線急行に乗って、拝島で青梅線に乗り換えてっと。

一日日延べした、楽しむ会の青梅梅郷鷹見の会。

この隆々とした川が、多摩川。
2時間ドラマにでてきそう…っていうか、前でてたし。

この直後、ハヤブサの若いのが一羽低いところをどアップで飛びました。

清掃完了っ!

3c47eac1.jpg


宣言通り、実家に2時半について、母と母の荷物を置いて、程よき頃に帰宅。

家に帰ったら、洗濯機が動いていて残時間が7時間38分。

ひぇ!?何!?と思ったら洗濯槽の掃除機能を、次男が使ってお掃除中でした。

7時間以上洗濯機を回せないのはどうよ、
と思ったのですが、サラダ用の野菜をいっぱい洗って、ジャガイモ9個だか使ってポテトサラダも作って、ぴぐの新しいエリアで釣りを少しして、会員のみなさんのキャプション46枚なんとか目処が立って、法医学教室の事件ファイル31」を横目で見ながら明日の準備もすませた頃に終了。

見た目、とってもぴかぴかになってます。
さて、試し洗いでもしようかな?

青空かぁ…

bea2be7d.jpg


今日は楽しむ会で吉野梅郷へタカの渡りを見に行く予定でした。

昨日の11時半の時点の天気予報で、青梅市日向和田は15時まで雨。
だったので、お昼に日延べを決定したのでした。
だって、雨なら飛ばないし、タカ。

とおもったらば、お昼過ぎに、吉祥寺、か〜っと青空が広がりました。

あらら…

ま、でも風強いしね…といいながらもちょっと残念に思いつつ、三鷹方面から来る総武線を写真撮ってみました。鉄子のようだわ。

あら、じゃキャプションができたのね…なんてことはなく。

一昨日雨の中、ずるずるで帰ってきて、うち倒れて寝たらば、4時過ぎに、氷が落ちてきて、何かと思ったら、寝ているところの真上にあるクーラーからヒョウのように氷が落ちてきたの。

考えてみたらば、夏中クーラーつけていたことなんてなかったから、すっかりフィルターのメンテナンスなんて忘れてたんだけど。いや、確か次男が、一回真剣にしてくれていたけど…でも、これはしとかなきゃいけなかったね、掃除。

それで真夜中氷でびっしょりで、凍死しかけたあげくシャワー浴びて目が覚めて。
ピグつけたらお友達のボーグさんご夫妻が慰めてくれて、少し救われたんだけど。
やっぱ睡眠不足〜
ということで、昨日は爆睡。そして今日は半ばやけで、母の病院の付き添い。

ここんところ寂しい思いを81歳にさせていてるので、2時半までに実家に着くことを宣言してのお散歩です。


花火のひろばは?

12a23dd4.jpg


おかげ様で新宿御苑の作品展は、計70枚を超えるものになりそうです。
作品にあわせて展示するキャプション作りが、まったく全く進んでいないので、気合いでやらなきゃいけないのに…なかなか進みません。

私がしなきゃいけないのはキャプション作ることだけど、でも、他にもやらなきゃいけないことも山盛りあって、それらのことでお電話受けたり、お電話かけたり、荷造りしたり、探し物したり…とパソコンの前に座っている時間がありません。

今日は夕方から、タカコさんのところへ。
そして西荻窪、吉祥寺へ。
最後はロンロン改めアトレのユニクロでセールのワイシャツを前に、千路に悩む次男を救いに向かいました。

彼は、なんだか怪しげな色に手を出したくなる傾向があって、でもなぁ…というときは救出しにいくの。
今日の迷いは焦げ茶の地味なシャツを買うかどうかで…なんていうか
しごく地味で渋いデザイン。定年後20たっても着ないだろうというという雰囲気のを何故か握って悩んでました
青年!もすこし爽やかな色を選べ!!

ロンロンには花火の広場という吹き抜けの待ち合わせスポットがあって、そこには我が家の思い出もいっぱいいっぱい詰まっていたのだけれど、アトレになって、まぁ巨大な緑の柱が立って、花火はなくなってましたね〜

でも、なんだかこの意地の悪い巨大な鉢。前はこの柱の周りに椅子があって、お年寄りは一息つけたのにね。これじゃ、寄りかかることもできないや。こんな巨大な鉢、作る意味ってあったのかしらん?
もちろん、その奥にあった小さな休憩コーナーも撤去。
若者だけの街じゃないのをわかってないね。アトレは。

お金落とすのって、若者かな?
お金どぉぉんって落とすのは、若者の親や爺婆の世代でしょうに。
その世代を大事にしてないもんね、出ているお店もそんな感じ…

これで東急百貨店一人勝ち、とみたね。

リフレッシュルーム

BlogPaint


会場のある建物は飲食禁止なのですが、8階にあるリフレッシュルームだけはOK、と事前によっし〜がチェックをいれてて、お昼を食べに上ってみました。

なんたって外は思い切りの雷で、凄い爆音がするので8階と聞いて、これは大天体ショーがみられるのではっ!?と気合いが乗ったのですが。

これが全然、稲妻のいの字もないの。
えらくがっかり。
ホールの窓のある南側でも稲妻が見えなかったのにね。
北側に当たる線路方面にも、全然稲妻が見えないの…

ちぇ、つまんねぇの、というとこでしょぼんと撮ったのがこの一枚。

と・こ・ろ・が

このすぐ後に、雷が、我孫子駅の信号に落ちたの。

ということを後で知ったの。
私はリフレッシュルームに3時過ぎまで居たのだけれど、雷が、まぁうるさくてうるさくて。
しかも途中で携帯がつながらないときがあって、あら?とは思っていたのだけれど。

まさか、目の前に雷落ちていたなんてね。
稲妻って、離れていないと見えないんだろうか?
ということに、いまさらながら気づいた私。

そんなでアンビリーバボーな雨の中、カート転がして、帰りには荻窪で山盛りのお野菜を買って、とんでもないお荷物で家に着いたのが9時過ぎでございました。

山階賞会場

52d2d8cc.jpg


新宿御苑の「谷口高司と野鳥を楽しむ会」会員展の、今日は、事前相談会の最後の日です。なのに、雨で、しかも雷もバリバリと…なんだか申し訳ない気持ちになります。
みなさん、力作を張りきって描いて下さって、迫力のある作品がそろった、素敵な展覧会になりそうです。

みなさんが美しい鳥をどんどんと描いて下さっている、居心地の良い空間にお暇して、今日は我孫子まで。

我孫子は日本で唯一の鳥の研究所・山階著類研究所があり、さらに日本で唯一の鳥の博物館があり、さらにさらに日本で最大のジャパンバードフェスティバルもある、鳥好きさんの聖地みたいなところです。

今日は我孫子駅に隣接した我孫子市のふれあいホールで、2年に一回、野鳥研究に大きく貢献された方に送られる、山階賞の授賞式があり、よっし〜が一緒に来ませんか?とお誘いしてくれたので、尻尾をふって、カートをひっきずりながら、訪ねてきました。
今月5回目の千葉来訪であります。

先週の鳥学会の時にお会いした方、お会いできなかった方、みなさんとお会いできました。ワシタカシートも誉めていただきました。うれしいな。

海外の頂き物

BlogPaint


朝4時にYeちゃんからメールで、アメリカで出産した娘のEちゃんとこから戻ってきたことを知る。Eちゃんも男の子のママになったのかぁ…と感慨深いものがあります。
で会議と会議の間にへろへろになりながら届けてくれたのが左の小箱。
アメリカ東海岸では有名なお菓子らしい。

で夕方、こないだからパプアニューギニアのお土産を届けてくれるって言ってたKちゃんから、すごく可愛いパッケージの珈琲が届きました。
夏の暑さでくったりのところへもってきて、お母さまのこともあって…ちょっとお疲れ気味の様子。
な〜んにもお土産を売っていない空港だったって、驚いてましたね〜

二人とも、旅疲れもあるとはいえ、基本、疲れの原因は「旅」ではなく「家族の御世話」。かくいう私も疲れをしらない81歳と、このごろとみに呆けている64歳の御相手でかなりぐったりな毎日。
そういう年代なのね〜私たちって…このか細い双肩と、幸せ薄そうな背中でどしんと、いろんなもの背負いすぎてるのかもね〜

背負いすぎているといえば、この頃の我が社も、来年の創立20周年を目前に、いろいろとお仕事が動いております。
お金が入っていいわね〜なんてことはほとんどなく、でも、高司の絵を使っていただくのならばありがたいと、調整をしてお受けしている今日この頃。

ざっと数えて10月頭までの7つのことが並行してすすんでいるところ。
10月半ば以降のイベントまではとても手が回らない現状で…ご無沙汰、不義理ありましたらばご容赦を。
もし…あれはどうなってる?と不安に思われる向きはぜひ直接ご連絡をくださいまし。

明日は、午前中、新宿御苑の作品事前相談会。11時に荻窪を出て、我孫子の山階賞授賞式会場まで、よっし〜の手引きで出かけてきます。

雨も、台風も、私も、暴れないように祈っていてね!

紅茶

26962953.jpg


長男が5年にわたり御世話になったアルバイト先を来月半ばでやめることになって、御餞別の先渡しといって、可愛がってくださっていた人生の大先輩からいただいた紅茶です。

天然のアプリコットのフレーバーで香りも高くて、とっても甘味のある紅茶でした。

5年も勤めていたのだけれど、思うところがあっての退職。
おそらく人生大切なことを多く教えていただいたのだから、感謝をもって残りのお仕事をこなしてほしいと思います。

おしゃれ

BlogPaint


昨日のぐったり事件で、ほとんど自棄。
やんなきゃいけないこと山盛りだけど、もういいや。と夜はずっと一昨日から読みはじめた佐藤賢一さんの「女信長」を結局朝の4時まで読んでました。

新刊で出た直後に買ってからまる4年。
常に視界の中にあったのに、開くことがありませんでした。
この4年の合間に諸々の引っ越しがあって、お姑さんと父を送って、ふぅ…こんな長編を腰をすえて読む時間がなさすぎた気がします。

信長が御長という女性だったというおはなし。
荒唐無稽かもしれないけれど、信長が女性ならば合点がいくことがあまりに多く、50歳を前にした女ならではの葛藤がまた愛おしく。爆読。
あと100ページあまりのところで、睡魔に負けたのですが…
本を読みながら寝るのが独身時代のお楽しみだったので、極めて心地よかったです。

た・だ・し

心地よかったのはそこまでで、起きた後は目がショボンだし、頭回らないし。
いろいろお電話をいただいて受けこたえるだけで必死状態。
あ〜いかんいかん。
新宿御苑も目前だから、キャプションとかも作らなきゃいけないしね…

ということで禁断のチョコを一口。

なんて可愛いパッケージだろう…

記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ