タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

December 2010

井草八幡宮到着

f12bf360.jpg


紅白歌合戦白組優勝⇒蛍の光⇒紅白のクラッカーが両脇からぱ〜ん!
というシーンが流れた瞬間に、母宅を出て井草八幡宮に。
結構早足ででて50分に行列最後尾に到着。
今日は楼門よりもさらに内側、境内の手水舎の脇です。

さて、ここからお参りするまで何分かな?

Mission完了

2949307e.jpgもう一つのMissionは、母のところの障子張りです。

前からリクエストされていたのですが、ずっと先のばしにしていたので、ダッシュで、家に戻って、初詣の準備をしてから、ご近所のホームピックへ。

障子紙売場で、流れているDVDを高司と二人で口をあけてガン見。必要なものを買いそろえて母の家へ。

さっき学習したとおりにことを進めようとしたら、あらら、この障子枠は金属でできているのね。えええ〜全然わけわかんない。
前の住民の方も迷って悩んだ跡がそこここに。

切り貼り作業の得意な高司が、なんとか力業で、張りおわったのが、これ。よかった。年内にまにあって。
ほっとしました。

今年も残すところ一時間を切りました。
紅白を観ながら、いま打っています。

今年は頂いたお仕事は全部、頑張りましょう、こちらからも積極的にアピールしていきましょう、を信条に過ごしてきました。

おかげさまで、谷津干潟で二回、軽井沢で一回、作品展を、谷口高司と野鳥を楽しむ会の会員展を3年連続で新宿御苑インフォメーションセンターアートギャラリーで開催させていただきました。

東京、ジャパン、大阪と三ヶ所でのバードフェスティバル、ホテルマウント富士でのイベント、ベルデ軽井沢での野鳥塾、小笠原母島での環境省イベント、銚子、江戸崎など各地に伺うことも多かったです。
高司と二人で、カートをひきずって、売れない演歌歌手の営業のような風情で、一ヵ月は旅の空の下でしたが、どこでも皆さんに優しく迎えていただいてうれしかったです。

また、中野杉並地域限定切手や、フェリシモ野鳥クリップの発売、ぶらり途中下車の旅の出演、5年ごしのモンゴル図鑑の発行、など思いがけないことがいっぱいありました。
よっし〜、タカコさんのところで一緒に作ったワシタカシートも好評いただきほっとしました。

頂いたご縁とご厚情にに感謝を忘れず、このご縁をとぎらすことなく、来年も、日々過ごしていきたいと思います。

あわただしい一年で、連絡もできなかった方もいらして心苦しく思っています。

どうぞ来年もよろしくおねがいします。
今年一年本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

あ、そろそろきよしくんの出番です。今年ほどきよしくんのコンサートにいけなかった年もなかったけれど、きよしくんからパワーもらったのは間違いありません。
きよしくんの笑顔にも乾杯!

今年最後の日が沈みます。

1289fb0e.jpg


寒風吹きすさぶ小平霊園。
半端なく寒いっす。とはいえ年内にはなんとかお掃除に来たかったのでそれはいいの。

問題は、行きの電車。
みるからに、あやしい酔っ払いのオヤジの脇の席がふたつ、確かに空いてはいたけれど、まさか、そこ目指して高司が座るとは…。しかも手招きまでしやがって酔っ払いの真横の席に。下手に断って酔っ払いに絡まれてもと仕方なしに座り。
酔っ払いのオヤジが、「ええ花小金井、とまってんじゃねぇ、さっさと小平いけや」「はyさくいかねぇと店閉まるだろぉ」とか、ずっと四の五のいうのを、真横で身を固くして聞くはめに。
他に空いてる席もあるのに、わざわざ行くかそこに?
しかも高司先生、私の怒りにっていうか、酔っ払いに全く気付かず、サイテー最悪じゃん。
酔っ払いオヤジと、ボケじじいの間の席なんて罰ゲームみたいだわ。

花さしを素手で冷水洗って、ケヤキの葉っぱをかき集めてしているうちに、急速に水分を風で飛ばされた指がぱちっとひび割れて来て、さらにテンション下がりまくり。

私が何か悪いこと、したかしらん?
お墓掃除、大晦日にしか来られない人だっているでしょうに、何が気に食わないんだか…来ないよりもずっと良いと思うんだけどなぁ。
過酷な嫁mission。

というもやもやの中で、今日最後の夕日が沈んでいくのであります。はぁ…

ブリ大根完成!

ca4ca6b0.jpg


昨日クイーンズ伊勢丹にいったとき、鮮魚売り場のお兄さんが「ブリ大根、つくってみて!」と1パック780円のブリのあらを、なんと!2パック500円でいいよと強烈おすすめ。
50%OFFシールつきのものが大好きな私が、この破格のお申し出を断るわけもなく。
とはいえ、買ったからにはブリ大根、作らにゃならぬ…と気合いで作ることにしました。

人生初ブリ大根を、この師走のしかも大晦日に作る、か?という話ですが。

アクをとらなきゃいけないので、コンロに張り番。
ならばと煮豚も作ることにしました。濃いめのダージリンで豚肉を少し茹でてから、川越松本醤油と「大地の輝き」というみりんと、しょうがで煮ます。

なんとか完成して、ほっとしました。

さて、これから嫁mission、小平へお墓のお掃除に行ってきます。

おでかけ

aa199eb2.jpg


今日から年始まで、次男は足利伊勢神社で助勤をさせていただくことになりました。
以前学部実習生でお世話になっていた神社にお勤めになっている方の、ご実家で、有難いご縁です。

彼の進みたい神官への道は、年末年始、忙しく厳しいものでしょうが、学生の時期の今でなければできない体験を、今年と来年、しっかり勤めあげて、今後に活かしてほしいと思います。

ありがとうのクリスマスプレゼント♪

ecc0c790.jpg


朝5時にY枝ちゃんから、クリスマスプレゼントを年内に渡したいというメールが届き、おぉぉそうだった!とここんところずっと母の世話にかまけていて、クリスマスも正月もないモードですでに30日、と気づき愕然。

吉祥寺の梶谷先生のところに母を連れて行く前に、彼女のところに寄って、クリスマスプレゼント、いただいてきました。
家族全員に…です。中身は、私のが可愛いスパッツで、男衆はキュートなおパンツ。
なかなか洒落の利いたチャーミングな柄で、3人並べて写真撮って、お礼に送りました。

ちなみに私からは渋めの中国手刺繍の帯。
ずっと前にヤフオクで新品破格でgetしたものの、あまりに格調高くて、作業着で着物を着る私には、しめる機会もなさそうなので、彼女の還暦のお祝いもかねて、貰ってもらうことにしたのです。
「きれい…」
と喜んでくれる笑顔に、こちらも嬉しくなりました。

よっし〜同様、Y枝ちゃんも向かい干支の「虎」で、私の人生に必要不可欠な人です。
日々を誠実に生きることの大切さをいつも教わっているの。誠実さが、仕事も全力投球につながって、寝不足気味なのがとても心配…
おばあちゃま業も加わって、さらなる忙しさ。元気で過ごしてほしいものです。

さて…
元気、といえば母81歳。梶谷先生⇒コピスの三浦屋⇒東急百貨店、一回帰ってからサミット&クイーンズ伊勢丹と全然疲れを知らない様子。
娘は、合間に年賀状書きに、家に二時間半戻っただけで、結局、レコード大賞のきよしくんも見られずじまい。
バスの一日乗車券は11回の使用と、師でもないのに走り回る30日となりました。

ル クール ピュー

ea1ac40c.jpg


今日は一日おこもりで、昨日、ぎりぎりでベクトルさんに仕上げて頂い年賀状書きに没頭するぜ、と思っていたらば。

朝一番で、東京ガスへ、父から母への名義変更の件で連絡を入れると「あらら」と思うことがあり、結局、母を連れて荻窪の銀行2軒へ。母の単なる印字漏れだったのですが、なんていうかぐったりでした。
年をまたいで、まだいろいろやらなきゃいけないこと山積みで、ちょっと溜息。

銀行終わったから帰るよ!というと「え?ご飯食べて行きましょうよぉ〜」

ということで、結局、連日のル クール ピュー通い。
肉が苦手な母ですが、ここのお肉は美味しく頂けるのというので、躊躇なく決定。

お教室のYさんというお母さまの介護をされているかたが
「年寄りで一番大事なのはたんぱく質。あとのものは点滴でも何とかなるけれど、タンパク質は口で食べるしかないから」
と教えてくださって。
考えてみればキヨさんも98歳と7カ月まで、お野菜・海草スル―でトンカツばりばり食べていたから、これは正論かと思い、母にも「お肉食べてね」とこのところ強烈アピールしているから、よけい断れないね。

2時に、今年の元旦に放映した「相棒スペシャル」があったので、それまでには何とか、と必死で帰宅したものの、今日の私のエネルギーはこれにて完全放出。
「相棒」みながら、待ちに待ったポイントがやっとついたピグで、お部屋拡張作戦に気合いを入れて一日が終わったのでありました。

o0320024010951334295

かわゆい

3ba0362e.jpg


予定通り!粛々とミッションを敢行。保健所も、銀行も、司法書士さんのところも、町屋の父のお参りもオールクリア!
気合いを入れれば何とかなるものね…と1時すぎには、ル クール ピューで、母とお昼をとることができました。

3時に、母はケアマネージャーさんの訪問があるし、私もベクトルの納会があるので、無駄のない動きができたのですが、でかければ「糸の切れた凧」と化す母を制御するのに、これはなかなか良い作戦かもしれません。

毎年お誘いを受ける納会は、和やかな雰囲気、二次会はカラオケと、お世話になっているうえに申し訳ありませんっ!と恐縮してしまいました。

カラオケは、いつもの「カラオケの鉄人」ですが、しばらくぶりに行ったらば採点画面が変わっていて、かなり大仰になっておりました。
しかも採点が変なんだわ〜。じょんから女節、76点なんてなぁ。

気合いで、大阪でボーグさんが歌ってくれたやしきたかじんさんの「東京」に挑戦。最初の4小節がうろ覚えで、あららら、だったのですが、サビ以降はなんとか。と思ったら、これが「ジョバイロ」と並ぶ本日の最高得点、91点でございました。

やっぱ、変かも。

写真はnちゃんにクリスマスにいただいたL'OCCITANEの、ハンドクリームとその袋です。可愛いツリ―。
パソコン脇に置いてはにっこりしているのさ。

どぅだっ!!の練馬大根 3.6㎏

BlogPaint


                phot by ARATA

どどんがどん!という感じの立派な大根。

練馬大根でございます。

練馬区田柄というところの吉田さんという方がつくられたものらしい、シール貼ってあります。
練馬区田柄から杉並区桃井のクイーンズ伊勢丹へ、そして練馬区関町南の我が家へようこその、3.6㎏。

おぉとどよめいてくださいまし。

さらに、5㎏の米やら、タマゴ20個やら、人参4本やら、やたら重くてかさのあるものばかり買って、夜遅く爆チャリで戻ってきた私にもどよめいて下さいまし。

米と大根でまさか8.6㎏あるとは思わなかったわ〜

支配人さんに持って行けるかしらって聞いたら
「ひきずってでも!」
とエールを送られ、レジの可愛いお兄さんには
「おかあさんって、すごいと思います。小さい頃、冷蔵庫には開ければものが入ってると思ってたけど、あれはお母さんが運んでくれてたんですよね」
と、キュートなコメントをいただきつつ戻ってきました。

我が家の男どもに聞かせたい様なナイスコメント!

あんたたちが、まずそぉに食べる小松菜だってね、良いのを選んで買ってきて、洗って、茹でて、切ってってそりゃもう大変なお手間、かかってるわけよ。
また、大根のポトフ!?とかいう顔してるけど、大根もね、重いのよ、それをかかえて帰ってきて、切るのに格闘しているわけだな。

さて、この野太い大根は、今晩のおみそしるにちぼっと…
残りは今から「また大根のポトフ!?」に変身でございます。
文句言うんじゃねぇぞ。

今日は昨日の大掃除のつづき、そして歯の治療にM先生のところまで。
12月は母も、高司も、次男も、お世話になったのですが、私だけ来年も通うようになりました。
メンテナンスね。

明日は、練馬区の保健窓口に、喘息患者の認定申請用紙をとりに行って、母を拾って司法書士さんの事務所経由、父のお参り。怒涛の年末進行?でございます。

26日のクリスマスケーキ

BlogPaint
<br clear="all">
こないだの澁谷祭で、長男と同世代の、ホビーズワールドの看板娘Yちゃんと、おともだちのUちゃんとおしゃべりをしていた時、
「30年前は25までお嫁に行かないと、売れ残りのクリスマスケーキっていわれたんだょ〜」
と話したら
「えぇぇぇぇぇ〜」「聞いたことな〜い」
ってどん引かれてしまいした。

おおおおお、時代が変わったのね〜と自分がとっぷりと老けた気がしましたね〜

就職試験では
「結婚したら、仕事はやめますか?」
と聞かれたりして『なんだ、それ?』と内心思いながらも
「ハイ!」
と笑顔で答えたりして…

25歳までは「お嫁にいかないの?」「彼氏は?」とか言われ続け、25歳過ぎると腫れものにさわるような空気に変わってく
『25までに結婚するのはそんなに重要なことなのかっ!?』
と毒づいた…

そんな女(私だけじゃなくって、よ)の怨みつらみが男女雇用均等法につながり、セクハラ・パワハラはNGという、あなたたちには当然の「いま」になっているのだよ、お嬢さんがた。

と〜っくに死語になってたのね〜「売れ残りのクリスマスケーキ」
25歳過ぎたら誰も買い手がない、なんて失礼なこと言わせないよね〜

さて、写真の帯、クリスマス専用の帯。
これこそクリスマス過ぎたら使えないもの。

クリスマス会や忘年会で、年に2〜3回の登板しかないのだけど、今年は昨日の学士会館だけ、でした。
また来年ね〜


今日は、一日、珍しく大掃除。
いきなり高司が配置換えを思いついて、大騒ぎでした。
まったりとした日曜日、過ごした方のによぉ。

ま、更新したまま行方不明だった、パスポートとか、古い商品券とか出てきたからいいんだけどね。
これでいつでも高飛びできる!?


学士会館クリスマスコンサート

神田神保町の学士会館でのクリスマスコンサートに、ご縁があって伺うことになりました。サマーコンサートに次いで2回目ですが、先回同様東京芸大の佐野靖先生のレクチャーと、ピアノ前田拓郎さん、テノール布施雅也さん、そして今回はフルーティストの上野由恵さんも加わって豪華な空間。冬の歌、クリスマスの歌を中心に盛りだくさんの内容でした。

なかでも、上野さんが特に思いの強いという韓国の音楽家、尹伊桑:ユン・イサンの「無伴奏フルートのためのエチュードより第5番」は衝撃的でした。

ユン・イサンは戦前日本で音楽を学んだことで反日運動で逮捕され、釈放後ドイツで音楽を学んだことがスパイ容疑となり死刑宣告まで受けた不遇の音楽家です。
祖国韓国での活動は叶わず、ドイツで一生を音楽家としてすごした方で、様々な作品を残しているそうです。

フルートというと流れるような、可愛い小鳥のおしゃべりのような音色を思い浮かべますが、この作品は、まるで日本の尺八のような力強い音からはじまり、人間のありとあらゆる感情のほとばしりを表現するかのように、想定外の音が続いて行きます。

異国で音楽を学んだことで投獄・拷問・死刑判と、激動の人生を歩まざるを得なくなった作者の、怒りや嘆き、慟哭、雄たけびの声が聞こえるかのような重い曲です。

もし、これを韓国独自の楽器用に作曲すれば、発表の範囲は狭まったでしょうが、フルートという楽器用に楽譜をおこしたことで、多くの人がこの曲を聴くことができるのですね。

生の歌声、生の楽器、プロの心意気、小規模のホールだからこそ伝わる息遣い…
とても楽しいコンサートでした。

我が家全員に、母、そしてお顔なじみの方も多く来られていて、思い出深いクリスマスになりました。

写真は深夜の善福寺ジョナサンで。
長男の大事なお友達nちゃんから頂いた、今、話題のL'OCCITANE:ロクシタンの超天然シア ハンドクリームをつけて、超ご機嫌の婆の図です。

BlogPaint

クリスマスイブってなんだっけ?

クリスマスプレゼントにわくわくしていた幼いころ。

クリスマスのたびにどきどきしてた乙女の頃。

子どもたちがサンタさんを幾つまで信じるかなとチャレンジしてた頃。

いろんなクリスマスがあったけどね…今日は…………

約2名、おでかけしてた奴がいましたが、いずれも手ぶらで帰ってきました、家に。
私は好きではないけれど、ケンタッキーフライドチキンが青梅街道挟んで向こうにあるような、ここ2週間ほど思いっきりクリスマスを意識できちゃうロケーションで、手ぶら。
チキンの前通っても何も思い浮かばなきゃ、ケーキも浮かばんわな。

想像力の欠如。

で残り1名は、クリスマスってわかってるのかどうなのか。

という、気の利かないにもほどがある男3人を前に、私を慰めてくれたのが、これ。

Anylock 2号×2本(グリーン) NAGR-22




ビニールに入った食品の使いかけを、ぴちっと留めるすぐれものの「エニ―ロック」
プラスチックの芯に、切れ込みの入ったカバーが一周まわっていて、そこにうまく袋の口を入れるとぴちっと保存できるの。

どこがいいかというと、このそとのカバーについている溝が、背中を掻くのにちょうどいいんだわ。

ま、昨日、帰りに渋谷TOEIで、こっそり「相棒 劇場版Ⅱ」観てきちゃったから、ご機嫌度はそこそこ。で背中掻くぐらいで済んでるんだけどね。

君たちもさぁ、3食作って洗濯もしてくれる寮母さんに対して、もうちっとは気を利かせましょうよ…

澁谷祭

渋谷にある東京環境工科専門学校。
よっし〜のところにいるT嬢ことYちゃんの、出身校で、フィールドワークでの即戦力になる人材を育てるためにがんばっている学校です。

今日はそこの文化祭「澁谷祭」です。
去年も「タマゴ式鳥絵塾」を開講させていただいたのですが、今年も伺うことになりました。

M先生が窓口になってくださって、学生さんたちも熱心にお電話くださっての今日、
「ルリビタキ」「ミサゴ」の講座です。
一般的には「ルリビタキ」の人気が高いのですが、ふだんフィールドに出ている生徒さん達には「ミサゴ」が魅力的だったようで、「ミサゴ」の出席者の多さは思いがけないことでした。

校内では、生徒さんたちの発表ブースだけでなく、「食」コーナーも充実。
卒業生が携わっているというとりたてホタテの網焼きや、ピサンゴレンおいうインドネシア料理、大きな餃子のようなアルゼンチン料理など、賑わっていました。

よっし〜のところでお顔なじみのCさんも、会社をリタイアされて、こちらの学校の1年生で通っておられます。
Cさんのように社会人を経験してから、あらたな学びの場としてこちらに通っている方も多くみられるのがこちらの学校の大きな特色と思います。

居心地のいい空間のなかで一日、過ごさせていただいて嬉しかったです。
ありがとうございました。

忙中ヌシあり

o0320024010932673329


今日は一日、ちまちまと作業。打って刷って切って貼って…明日の澁谷祭の準備です。
今回の目玉は「手描き・鳥のしおり」。学生さんが多いので、3枚一組ではなくてバラにして、台紙も作って、ちょっとオシャレに袋詰めしました。

そんな合間のお楽しみは…ピグ、ピグ〜

ほんとかどうかわからないけれど、ラッキーアイテムで当った帽子をかぶって、アマゾン川で釣りをしたら、一発目にヌシと呼ばれる金色の魚がおでましに。
で、思いがけずあっさりと釣れてちょっとご機嫌になりました。

明日からの「相棒 劇場版Ⅱ」公開目前で、テレビ朝日は「相棒」一色。だったのでかなりご機嫌。
さ、さ、いまから柚子湯だょ〜

本日のお疲れ度

昨夜から、また怪しげな体調、のところにもってきて、朝一番で歯医者さん。
30分超えの大口を開けたらば…今日一日のエネルギーをすっかり放出してしまいました。ああ、情けな…

写真の小笠原母島小富士探検ツアー昼食時のくたびれ度をレベル4とすると…

s-母島の5


全然元気なはずなんだけどなぁ…

大体年末、インフルエンザになったり、喘息の大発作が起きたり、大風邪で寝込んだりというのが例年のパターン。
なので「くたびれてるみたい」程度なのはまだまだ上々なのですが。

ともかく明後日の東京環境工科専門学校澁谷祭の準備だけは粛々とね、進めていかないとね。という火曜日。

ちなみに写真はSちゃまの800㎜ではなくて、イケメンおやじのKさまのもの、
ふつーのデジカメでこんだけくたびれているんだから、800㎜だったらどんだけだったことか…

明日が満月

2d7145aa.jpg


夕方、打ち合わせの予定が、先方のお父様が急きょ入院ということで延期に。
まだ私よりもお若い方だけれど、やはり親御さんの御心配があるのかと、人ごとではない気持ちになりました。

この冬、親御さんが病気になったとか、入院されたとか、本人が入院しているとか、そういうお話しがとても多く思います。
やはり、「暑」が今年の漢字に選ばれたように、異常な暑さも影響しているのかもしれません。

打ち合わせが延期になったので、高司に頼んでおいた母の眼科行きの付き添いを、私が行くことにしました。デーサービス当日なので、お迎え、ですね。30分で必死に歩いて到着、かなりの運動量です。
眼科は一人で行けるとは言うのですが、時々検査が入るので、そのときは瞳孔開く薬をさすためにかなり足元が危なくなるので、お付き添い。

診察が無事に終わって荻窪・東京衛生病院をでると、エントランスの美しく飾られた杉の木の奥に、見事な月。
イルミネーション越しに撮ると写らないのは、ほんわかとした明るさだからかなぁ。
エントランスに面した病棟で、父が逝ったので、ここを通る度に、まだまだ切なくなります。

母のデーサービスは、今日はクリスマス会でたいそう楽しかった様子。
テンション高いまんま、ベクトル⇒吟遊詩人⇒ルミネ⇒ル クール ピュー⇒サミットストアと徘徊。当初の思惑より3時間遅れで、やっと家に戻ってきました。
どこにそんな元気があるんだろうか?
さすがに今日はみかん5kg買って行くとは言いませんでしたが。

ゆでたまごマシーン

37f02c37.jpg


ちょっと細めでのっぽさんのニワトリ。
これは電子レンジで作る茹で卵マシーンです。

真ん中でぽこっと外れて、内面はタマゴの形にアルミが貼ってあるのですが、下半分のアルミは穴があいたお皿のようになっていてそこを取り外し、水を規定の量入れてから、元に戻し、タマゴに殻ごとおさまってもらって、600wで6分。

きちんと黄身が真ん中に来る、美しい茹で卵が出来上がりました。
うちはいつも、どうせガスを使うのならエコもあってまるまる1パック茹でて、翌日の朝のサンドウイッチ用と、味卵用にわけるので、1個単位での茹で卵というのを考えたことはないのです。でも、たとえばミモザサラダの彩りとかお弁当とかだったら、これは便利と思います。
ただ、電子レンジ内が熱いときは、しばらく休ませるように、って取説には書いてあります。

で、どうして、このニワトリさんが家に来たかというと…

よっし〜会のクリスマスプレゼント交換会で、Kちゃんのが当ったからです。
Kちゃんは某動物園でアルバイトをしながら、正職員を目指してお勉強中の、とっても可愛いお嬢さん。
タマゴ式鳥絵塾に遊びに来てくれたり、こないだの銚子では同じ部屋になって、真夜中探検隊をしたり、娘のように愛おしい子です。
Kちゃん、!ありがとね〜。

よっし〜会

12fa2664.jpg


もうひとりのよっし〜山階鳥研の名物男Sさんを会長として、我らがホビーズワールドの元祖よっし〜が万年幹事を務める「よっし〜会」。

最初はSさんを囲む会とか、テキーラを飲む会とか、まどろかしく言っていたのですが、Sさんもなまえに「よし」が入るのでいっそのことダブルよっし〜にする?ということになり、それじゃ漫才師みたいだろうということで「よっし〜会」になったのです。
新年会も、暑気払いも、クリスマス会も、いつも会場は「鳳蘭」。
谷津干潟で長く鳥の記録をとっているBちゃんが経営する、日本橋浜町にある中華料理屋さんです。毎回定員ぎりぎりの24名が集結します。

上の写真の指がBちゃんのものね。
で左のハシビロコウに似ているのが元祖よっし〜。
彼は私のことを「姐さん」と呼んでいるのですが、実は「兄としてお慕いしとります」と本日言い放ったので、目線なしで写真載せてしまいました。

まぁね、どっとでもいいけど、姐さんでも兄さんでも。
父もお前が男だったらって死ぬるまで言ってたくらいだし。
小学生の時、男の子と殴り合いのケンカして、学校に抗議に行くっていう母親を「子どものケンカに親が口出しするな」って啖呵切って泣かしたこともあるし。
好きなことばは「男気」だしな。

下のケーキはホビーズワールドの看板娘、Y子ちゃんが、学生時代アルバイトをしていた成城風月堂のクリスマスケーキ。
入刀前に写真とりたかったなぁ。

b25438cd.jpg



今日は美味しいテキーラがある、というので、ほんの少しいただき、美味しい屋久島の焼酎もあるというので、ロックとウーロンハイで頂き、Hyperりつこに変身。
本日のミッションである「クリスマスプレゼント交換会」も無事に終わったのでありました。
20歳でやめたお酒だけれど、うぅぅぅん、やっぱ、好きかも。

あ、もちろんテキーラ、今話題の「ABZO」ごっこもしてみました、っていっても灰皿ないからコップでね、「俺の酒が飲めないか」って。

おっは〜

4e508f47.jpg


10時半から21時半まで、たっぷり母の荷物持ちをした結果、昨日は、お風呂に入った後12時には爆睡街道でした。どうやって寝たんだかも記憶にないもんなぁ。

で、思い切り寒くて目が覚めたら、明け方。
空があんまりきれいだったので、寒いついでにベランダにでて、写真撮ってみました。
あぁ、朝って気持ち良いのね〜

とは思うものの、まだまだ寝足りない私。
昨日飲み忘れた薬を飲み、はき忘れた5歩指の靴下をはき、フル装備で2度寝に突入したのです。

ホントは、今日のよっし〜会のクリスマス会のプレゼント交換アイテムを、昨日のうちに作っておきたかったんだけれど。しょうがないね。

さぬき紅

1a8bcd56.jpg


木曜日の夜、クイーンズ伊勢丹によったらば、支配人さんが「このみかん、すごく美味しい」とおすすめしてくださったのが、この「さぬき紅」。
普通のミカンが枝分かれした時に、突然できたみかんらしくて、超レアなんですって。
地元でもあまり出回らないらしく、東京で買うのも難しいらしい。

という話を母にしたらば、「ママも欲しい!」とのたまいました。
それが夕方日も暮れた頃。

それまで何をしていたかというと、10時半にM歯科で母と落ち合い、荻窪のR銀行で思い切り煩雑な手続きをし、ル クール ピューでお昼を食べて、大荷物になったのでいったん母宅に荷物を置き、そこから今度は吉祥寺の梶谷先生へ。郵便局、ヨドカメのユニクロ、ロフトと徘徊。以前から熱望していたゴミ箱1m×40㎝×35㎝くらいのを買い…していたのです。この時点で娘、かしぐほどの大荷物。

そのままバスを乗り継いでクイーンズ伊勢丹に行き、さぬき紅をポイントで箱買い。

ここでさすがに娘にはこれは持てないと気づいたらしく、「Yちゃんに来てもらいましょうよぉ」と孫を呼び出す決意を固め、クイーンズ伊勢丹2階のモスバーガーまで呼び付けて。という荒技を使い、いやいやいや、お元気で何より。

さぬき紅30個が本日のお手当。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ