タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

May 2011

キムチ

c66fc270.jpg


トマトダイエットを決意してから、一日1個半から2個、トマトを食べているのだけれど、なんだか膝が痛くなってきて調べてみたら、トマトとバナナは「共通抗原性」なるものを持っているらしい。

ほら、Npが手術後、ずっと毎朝バナナ入りの野菜ジュースを飲んでいたら、膝がどうにもこうにも痛くなって、それでも我慢して台湾に出張に行って、現地のお友達のY女史に「膝が痛い」という話と一緒に、ジュース飲むかわりにバナナ食べなきゃ、って言ったんだって。
そしたらY女史が、
「あなたはバカですネ。台湾でバナナ毎日食べる人は一人もいません。膝、痛くなってあたり前です。そんなことも知らないのですか?」
て、流ちょうな日本語で言い放ったらしい。

Np大慌てでそれからバナナやめてみたらば、膝の痛みがすっととれたのね。

しばらくして日本でバナナダイエットが流行って、私もすっかりその気になってバナナ食べまくってたら、2週間後にキシキシキシって膝が痛くなってきて、「あ!!!そうだった!!」とバナナ連食NG伝説を思い出して、やめたらばキシキシがなくなったの。

で、もしかしたらと思ったら、バナナとトマト、「共通抗原性」があることがわかって、これはどうも似た者同士らしいということで、はて?と悩んだりして。

ま、そんなことを悩みつつずっと、どよよよんとしていたのだけれど、風もおさまって、肺の喘鳴もおさまったので、今一番体が欲するもの「キムチ」を買いに行きました。

韓国のお友達がくれるキムチが美味しいのは当然だけど…Lさんこんどもよろしくね…って…
いま日本で入手できる中で、安心素材で、たっぷり頂けるとしたらば、これかな?
国産野菜で作った国産キムチ。

ちょっと口から火が出るんだけど、味わい深いので。
晩ごはん、「目に青葉 山不如帰 初鰹」のカツオの叩きとで、美味しくいただいたのでありました。

明日からは完全復活の6月、としなきゃね。

青空!?

BlogPaint


大雨っていう予報だったのに、青空が見えてきた善福寺公園上空。
かわりに東北地方が豪雨というニュースを聞いて、とても切ない気持になりました。
天の試練というには、あまりにも厳しいことだらけで、身の置き所が無いような気持ちです。

身の置き所がないといえば、今日の私もそんな感じ。
この時期の台風ってだけでも勘弁なのになぁ。
お薬飲んで、貼ってしているので、発作は起きていないんだけれど、かなりしんどい感じです。

台風一過というけれど、過ぎた後、しばらくは気圧が安定していないから、ちょっと肺が大変ね。
はぁ。

そんなで酸欠の頭を抱えつつ、ご飯作り。
何故か、長男が美味しそうなチーズを、自分の朝ごはん用に買ってきてるけど、その手のお店寄るんだったら、買いものない?くらい連絡欲しかったわい。
寮母、今までのお育ての仕方を間違いだったかと溜息。

哀愁ただよう後ろ姿

737f4962.jpg


トラの森、ゴリラの森は、動物園ルネッサンスへ対する、強い熱意を感じる展示です。
希少種を残すことは、命の歴史を残すこと。
そして、私たち人間へ、二度と過ちを起こさないでという、声なき叫びを心に刻むこと。と思います。
今はさらに、震災で罹災した動物園の動物たちを預かっていると聞き、飼育係の方々のご苦労を
偲びます。

さて、写真はおそらく、メスのゴリラナナちゃん。
胸に名札を付けているわけではないので、おそらくとなりますが。

そして、こちらはお約束のオスのパンダ「力力」
「かか」ではなく「リーリー」と読みます。

71d0c13e.jpg


男は背中で人生を語るって聞きますが、動物もそうなのね、と思うような絵ですね。

お昼前に動物園にこられるという猫八さん、小猫さん親子と、先週のご挨拶をして、探検隊は流れ解散。

チーム谷口は、このあと京成で7分のところにある、町屋の父の墓参を済ませ昼食後、帰路についたございます。

よっし〜♪楽しい会にさそってくれてありがと!






雨にも負けず

db010145.jpg


けっこうな強い雨でも、動物たちは自分で決めた日常を、粛々と行っているようす。
特に猛禽類のケージでは、この雨にもかかわらず、力の限り水浴びをしているオオタカを発見。

精悍な彼でも、水浴び後は、なんだかとってもお間抜けな姿。
足の長さと、頭の小ささが際立っちゃって、あんたににらまれても恐くなんてないわよっ!って言いたくなる感じです。

写真の鳥は、ずっと雨に打たれていたの。
修行僧みたいな、見張り番みたいな…さて、この鳥は何でしょう?

上野動物園に来ています

45a9bf44.jpg


今日は朝一番で上石神井→高田馬場→上野と、電車を乗り継いで、上野動物園まできました。

何人かの親しい方たちと、動物園散歩。すっごく楽しみにしていたので、雨もまたよしですね。

めでたい鳥の代表、タンチョウも、雨には負けていませんね。
てっぺんの「丹」の部分、雨に濡れると深みが増します。
廻りの濡れた緑の輝きとあいまって、美しいこと、このうえありません。


共通装備

BlogPaint


そのあたりまでのお散歩デイパックとはいえ、震災があったあとなので、必要最低限のものだけは、常にデイパックに入れておこうと、詰めてみたのがこれ。
同じものを二つ作りました。一個は高司せんせのバッグ用です。

「え?だって玄関にいろいろ詰めたリュック置いてあるじゃない?」

とか言うので、

「あれは家に居られないような事態になったときに背負って逃げるもので、これは外にでかけている時に何かあったら、役に立つかなっていうものだよ」
というと、納得してくれました。
ここに除菌ウェットティッシュを入れて、あとは各々、カスタマイズして下さいってことで。

なんで割り箸かと言うと、結婚前に根室を旅した時のこと。
楽しみにしていた名物の駅弁を、高司せんせおなかいっぱいというので、私の分だけひとつ買って、さ、食べよと思ったらば。
いきなりリュックから高司せんせが割り箸出して、人の弁当に手を出したことに起因します。

これを図々しいやつと思うか、備えよ常にで偉いと思うかで、ずいぶんとその後の対応が違ったのでは?と思うのですが。
当時は「面白いっ!!」と受けてたのね。今は…返せよ、あの時の鮭、だけどね。


MEADOW GREEN

BlogPaint


お気に入りの、若草色のLafuma・20ℓのデイパックが、そろそろくたびれてきて、裏地がはがれてきました。
そりゃそうだ、今はなき吉祥寺近鉄裏の「BIGOAK」のセールで買って、もう10年は軽く経ってるもの。
裏地がはがれるまで使ったことってないかも、くらいのヘビーユース。

鳥さん柄が自慢の、レスポートサックのデイパックは重いものをいれると型くずれして背負いにくいし、「deuter」の30ℓは普段遣いにはさすがに大きい。
なんたって、母を連れて病院に行く時とかにメインで持つものだから。
でかいとか、重いとかは、NG。

ということで、こないだうちから探していたのが15ℓ〜20ℓのもので、本体も軽いもの。そしてもちろんお値打ち価格というところも譲れません。

で、見つけたのがこのLafumaの15ℓ。
2011年モデルで楽天のオープンしたばかりのお店で、正価4750円が、開店記念価格の33%引き、3150円。
もともとの値段もかなり抑え目だけれど、Lafumaはフランスのブランドだけあって、色目もオシャレだし、ざっくりとした仕切りが案外と使いやすい。アメリカのブランドよりも繊細なデザインだしね。
吉祥寺のお散歩のときに、本物を背負ってみて、これはいいかなと思って、ネットでお値打ち価格を見つけたのです。

送料とか色々考えると、もう一つ、高司せんせの分も注文しちゃろうかということになり、今朝めでたく、二つ仲良く届きました。(リュックが)

いま、高司せんせはフランス国旗の鮮やかな赤い色の、同じフランスのブランドmillet:ミレーでお出かけしているんだけれど、これが何故か、本人不満げ。
私にしたら、自分用に買っておいたものを、例の2010.1.15網棚リュック置き忘れ事件で、泣く泣くあげたのにね。
人によっては、赤いデイパックはまるで罰ゲームのようだ、という人までいてさ。はぁ?って感じだったの。

ということで、愛と平和の緑色をチョイス。えっと「MEADOW GREEN」っていうから。草原の緑?かな?
並べてみると、緑のカメムシみたいな感じだわ。

驚いたのは、その軽さ。470gって背負っている気がしないほど軽い。
背中にも風の通る道もあるし、両脇の大きなポケットは、水筒だけじゃなくて、傘やら何やら入れやすそう。
あ、右側のミッキーマウスみたいなカラビナは、私のものっている目印で私がつけたの。


かなりご機嫌なこのデイパック、デビューは明日のお出かけです。


lafuma

41d81135.jpg
with from R

ホットドッグ

70af19cb.jpg


私の理想のホットドッグのパンは、紀ノ国屋の4本298円のもの。
とても淡々としたパンだけど、具をはさむと、パンの主張がない分、とても美味しいの。

でも…コピスでソーセージ買ってから、パンを売っている三浦屋に行ったらば、残念なことに売り切れでした。
あらら。

私はフォーを食べているので、今日のお昼は高司せんせと次男の分を作るつもりなのだけれど…
んんんんん、ま、いいか。
と、ハンバーガー用のパンを買ってきました。

ひゃぁ、なんか不思議な感じね。想像しているホットドッグとは、ちっと違うね。

そういえば次男と行った冬のフランクフルトでも、路上で美味しそうな匂いがして、ひゅーと吸い込まれるように屋台で買ったホットドッグのパンも、妙に、丸っぽいものだったなぁ。
アツアツに茹でた、太めのソーセージを、ひょんと切れ目を入れたパンにはさんで、いかにもドイツ人ッぽいおじさんが渋い顔で渡してくれました。
ケチャップとマスタードは、オプションでお客が好みでかけるシステムね。

え?バターとかぬらないの、パンに?って思ったけれど。
パンが器のかわり、お持ち帰りの袋のかわりってことで、そこんところには全然、力、入れてないんだ。

寒い風の吹く中で、ドイツについて初めて食べる食事が、このホットドッグでしたが、美味しいんだなぁ、これが。
アツアツなので、体もあったまるし、持っている手もあたたかくなるし。

この、ただパンにひょんと挟んだだけのホットドッグ、お手頃で、究極のファーストフードは、そのあと廻ったドイツの町々で、かなりの登板率だったことは言うまでもありません。

さて、今日のお昼、パンの形状に不満を漏らすわけでもなく、二人ともぺろっと食べ終えました。
寮母さんの、お昼mission完了さ。

も・ち・ろ・ん、私は食べてないよぉ〜。
肥る可能性のある薬、飲み続けないといけないのなら、ここは奥歯かみしめて、がまん。

ウグイスの鳴いている家

ca326151.jpg


学校へ行く次男のご飯を作らねばならないし、母には言えないけれど3時から相棒だしで、母の欲しかったジャガイモや人参、紀ノ国屋のパン、高橋乳業のヨーグルト、DHCの化粧水あたりを抱えて、バスで善福寺一丁目停留所で下車。

ゆるゆる歩きはじめたら、「ホ〜〜」という美しい声。

あれ、ウグイス!?

耳を澄ませてみたらば、もう一声「ホ〜」

「ホ〜ホケキョ」

おぉやっぱりウグイスだね!!

4年前まで住んでいたマンションの窓から良く見える、無人の家、ジャングルのようになっているのですが、この環境が気に入ったのか、他に行くとこがないのか、ウグイスが潜んでいるようです。
気持ちとしては、ウグイスは、もうすこしひらけたところのヤブが好きなのかと思ったけど、考えてみたらそんなヤブってこの辺りにはいまはほとんどないものね。

あぁ、なんか良いなぁ、生き物の息吹を感じるよ。
ちょっとスキップ気味の私たち。

可愛いね、フラミンゴ♪

de30ab6d.jpg


吉祥寺コピスのショーウィンドウです。

日の丸かな?あ?違う?白いのは?え?フラミンゴ?

夏は何処?ってクールビズのお洋服の宣伝?

昨日、美容院にいってご機嫌の母、可愛いわね〜と見入っています。

明日は大雨というので、降る前にということで、今朝、7月の楽しむ会の会場予約で早起きしたついでに、そのまま起きて、母を吉祥寺の梶谷先生のところに連れてきたのです。

あ、その前にデイサービスでお世話になっている、桃三ふれあいの家まで、日曜日のバザーへ出品するものも、母と一緒にお届けしました。いつも玄関周りをゆっくり見る時間はないとのことで、職員さんがお世話しているお花を熱心にみていましたね〜
庭仕事が大好きだった母、ベランダだけじゃなくて土のお庭が欲しいんだろうなぁ…と。

父もいなくて、庭仕事もなくてmここはやはり娘が、お散歩連れまわすしかないですね。

今日の二人のお昼は、いつものフォー。
お野菜たっぷり、しかも!麺は母と同じに少なめで、かなり真剣にダイエットモード。

3f19f4d5.jpg

バラ

2af64cd1.jpg


お楽しみ「相棒」の再放送、今日のVol.3♯8「誘拐協奏曲」はおもいっきり「なんだかなぁ…」という展開で、最後、関係者全員が泥団子を、渡辺哲さんの大きな写真にぶつけるシーンに至っては、あらぁって思いました。

そういえば…
高司せんせが去年2月に「ぶらり途中下車の旅」で、旅人の渡辺哲さんとご一緒させていただいた時に、善福寺公園で
「“相棒”拝見しましたっ!面白かったです!」
って言った時にあんまり嬉しそうな顔、されなかった。
「冷凍のイカの…」
ってさらに言ったら
「あ、そんなこともありましたな」
って。
ガサツに見えて実はミシュランの調査員、みたいな役で素敵だったのに、はて?と思っていましたが。

いま調べたら、冷凍のイカで哲さんが刺し殺されちゃう「殺人晩餐会」は、Vol.2♯3だったのね。
ってことは泥団子ぶつけられる方が後の作品で。
そりゃ、いくら写真でも良い気持ちはしないわね。
って今頃気づいてもしょうがないけれど。

夕方から降りはじめ、今週はずっと雨というので、ご近所のセブンイレブンまで、校正原稿のコピーをとりに。

帰り道、もうとっくに誰も住んでいないはずの、閉まったまんまのお店の前に、美しいバラの花を発見。
手入れしている感じではないけれど、誰かがお水だけでもあげていたのかしら?

ちょっと嬉しいものを見つけた気分になりました。

激しく反応

dd72486a.jpg


「伊丹…米沢…?」
え?何々このお米?あ、そんな難しいものじゃないのね。
ただの伊丹米!?
ちなみに伊丹は捜査一課のキレもの刑事で、杉下右京に対して複雑な感情を抱いている人。
米沢は、鑑識のプロフェッショナルで、右京さんの懐刀、
やだ〜すっかり相棒病だわ。

今日は野菜を切り刻みながら3食ちゃんと作り、洗濯もし、で、「寮母業」を全う。
お外にはでかけたくないっていうか、15時〜の2時間は、絶対に家にいたいモードなの。

なぜなら「相棒」のVol.3を再放送中だから。先週まではVol.2だったんだけれど。今週からは3。
相棒は、おさらいの意味をこめて何度でも見たいんだけれど、特に初期の頃は、なかなか遊びもあって、楽しいしね。
今週も、来週も、相棒一色の午後の2時間。この2時間を中心に一日が廻っていくのさ。

明日から雨がしばらく続くというので、躊躇したのだけれど真夜中母宅に。
今日作った野菜のおかずを届けがてら、サミットにお米を買いに。
もすこし早く米飢饉に気づけば、他のお店でという選択肢もあったけど、この時間帯やっているお店は限られているし、雨の中手持ちで5kg運ぶのは絶対いやだからね。

千葉のお米が、さっぱりしていて美味しいので探していたら、見つけたのが「伊丹米」
あのイタミンとヨネザワさん?
もちろん、私の頭の中は例の「チャララララン!」が鳴り響いていましたが。

お米は日本の元気の素、がんばろう日本、がんばろう千葉、がんばろう風評被害で苦しんでいる人たち!

キャベツ

4fdabe8c.jpg


はんなり緑が美しい、春キャベツ、柔らかくて美味しいですね。

サラダにしても、お味噌汁にしても、スープにしても美味しい。

秋冬の間中、体重を意識して大根を食べていたので、これからはキャベツとトマトだな、と思うと嬉しいです。
トマトも季節が終わるころには、顔もみたくない関係になっているかもしれないけれど。
このところ、ちょっとリバウンド気味なので、朝はトマト丸ごと一個かぶりつき、そのあと野菜をいっぱい使って、お昼にいろいろと作り置き。

昨日、切って下漬けにしておいたキュウリ9本分を、玉ネギを加えて、漬け汁を変えてピクルス。

このキャベツ丸々一個切り刻んで、コールスロー。

不揃いなナス8本、トマト3個、玉ネギ、キャベツの外葉を煮込んでラタトウユ。

たっぷり、いろいろできました。
もっとも、明日の夜には、ピクルスに入れた丁子以外は、ほとんど消えているかもしれないけれど。

お誕生日おめでとう

BlogPaint


子たちが小さい頃は、荻窪のフュッセンでオリジナルのバースデーケーキを頼んだりしたのですが、22歳にもなるとさすがにそこまでのケーキというのも何だかなので、長男に荻窪ルミネのオー・ファン・パレで調達してきてもらいました。
父が存命の時に、入院先の病院で私の誕生日を祝ってくれたケーキもこのお店で買いましたっけ。
小さいけれど存在感のあるホールケーキで、お手軽で可愛いの。

ロウソクつけて、電気消して、写真撮って、ハッピーバスデー歌って…
っていうのが定石だったのですが。

え?あ?勝手に火つけて、え?吹き消して、もうおしまい?

ま、22歳で「ふぅぅぅぅ」もないわね。

ケーキをさっさと食べ終わってセレモニーはおしまい。

彼が生まれたのは22年前の10時24分でした。

ちょうどその時間に、NHKの「マドンナ・ヴェルデ」をつけたら、なんと!!出産のシーンで「元気な男のお子さんです」って助産婦役の柴田理恵さんが赤ちゃんを抱きながら言っていました。
あらまぁ、偶然とはいえ、びっくり。

母親の代理出産がテーマの「マドンナ・ヴェルデ」のような、複雑なことは何もなく、22年前、思い切り元気な産声をあげた子は、すくすく育ってくれました。
今年、大學四年生。
自分の信じた道を、元気に真っすぐ、感謝を持って歩いて行ってほしいものです。

禁断のピザ

046dea19.jpg


今日は次男の22歳のお誕生日。
夜は家族がみんな家に居るので、何か作ろうと思ったけれど。
台風2号のお出ましで、かなりの酸欠で買いものも行かれない状況。
水が気管に入ってむせてからさらにダメージ大。

ということで、ケーキは長男に荻窪で買ってきてもらって、久しぶりにドミノピザをとることにしました。
ドミノピザは、子どもたちが小さい頃、ピザ教室に参加させていただいてからのファン。

ダイエットの身には禁断の品々ですが、今日の私はそんなに食べられない状態だし。
お野菜別皿にもって、こちらを主食にしましょうっと。


おろしました〜おニューです。

e6295786.jpg


昨日は大安吉日で日がよいので、こないだ母に買ってもらったcrocsのサンダルと、長男が母の日にと買ってくれたステンレスポットをおろしました。

私自身は勝負師じゃないけれど。独身時代、げんをかつぐ勝負の世界にいたので、日がよいとか、ジンクスとかとは気になります。

新しいものをおろすときは、日がいい日。はもちろん、本を出して頂く時も、日はとっても気になるタイプ。
そして、人と会う仕事の前の日は、水回りをかなり熱心に掃除したりします。

ラッキーナンバーは私の場合「4」と「9」。
人によっては「え〜〜〜!?」と思われるかもしれませんが、ラッキー7、とか七転び八起きの8とか、はわたしにとっては普通の数字です。
「9」は賭けごとでは良い数字なんですよ。二七のカブ、おいちょかぶの世界?
ちなみに長男の出生時間は午後2時7分。
内心「やったね、二七のカブ」とガッツポーズをしたものです。


新しい靴をおろして良いことがあると、とても心が弾みます。

昨日の帰り路は、例のK女史のお義姉さまとお義妹さまともお会いできたのですが…
なんと!お義姉さまと私は同じ「相棒」大ファンで、眼鏡も右京さんと同じイワキのエアチタン「LINDBARG」のおそろいとわかったのです。
ぜひ!こんど、相棒でいままで2回ロケに使われているご近所の喫茶室「オクターブ」で熱く相棒を語りましょう!とお約束をしました。
楽しみだわ〜


それにしても「おニュー」なんて、とっくに死語だったかしら?

中野・あおい書店でフェアです

4643cd05.jpg


金曜日にご挨拶に伺い、手描きのポップをお預けし、土曜日、小猫さんの会の前にポスターや参考書籍をお届し、今日、いろいろなところにお電話で確認をして、あおい書店中野本店の野鳥の本フェア、おかげさまで、ますます内容充実となりそうです。

野鳥の本と言えば、神田小川町ホビーズワールドや、池袋ジュンク堂本店が通年通して品ぞろえが充実していますが、地理的に行かれない方や、夜遅い方が都合のよい方はぜひ、サンプラザ中野のうしろの中野サンクォーレにある、あおい書店をお訪ねください。
年中無休で10時〜23時まで営業されているとのことです。

ご好評いただいている中野・杉並地域限定フレーム切手「いのち輝く〜善福寺川流域で出逢える野鳥たち〜」も、同じサンクォーレ地下にある中野サンクォーレ内郵便局でお求めいただけます。
こちらは9時〜17時・土日休業ですのでご注意くださいね。

おそらくはこんな感じでポップ並べてくださってると思います。
担当のOさ〜ん、よろしくよろしく、アピールお願いします!

鳥合わせ

162210ba.jpg


新池までいくつもりが上池でみなさまと合流、
今日は鳥があまりいなかったそうで、早めの鳥合わせとなりました。

いつものように西村さんが、とってもしょぼい手作りの風力計で風向きを計っていると、ちょうど通りかかったK女史が「あ、カワセミ!!」と教えてくれました。彼女は、毎日、善福寺公園をお散歩して鳥の動向を細かく掌握している、エキスパートです。

このカワセミがまたとんでもなく良い子で、上池に張られたロープの上で、前を向いたり、後ろを向いたり、魚を捕まえて見せたりと100点満点。
鳥が少なくてテンション下がり気味のリーダーさんたちも嬉しそうでした。

解散後、テーブルを囲んでお茶会があり、Kさんの持ってこられた「谷中生姜せんべい」や、Yさんの手作り名物「チャイティー」などご馳走になりました。
緑の中で飲むお茶は格別でした。

善福寺公園

d4dacd7e.jpg


五月晴れに緑が映えて、美しい善福寺公園です。

今日は、お教室の最高齢で一番元気なKさんが、日本野鳥の会東京の探鳥会にみえるというので、えいやっと早起きして会いに行きました。
もちろん西村眞一さんや、大好きなYさんも居るので、半分スキップで、向かいます。

早起きと言ってもとっくに探鳥会は始まっているのですが。
どこで合流できるかな?

記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ