タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

August 2011

からっぽ

264ccda5.jpg


昨日に引き続き、ひたすら家で静かにしていた日。
台風、二つもいらないよね、ほんとに。
夏の暑さで体力消耗してるところへの、台風はホントにきついの。

とはいえ、お仕事、ちゃんとしています。秋冬に向けて、準備段階。
BGMは二時間ドラマ。韓国のドラマは好きではないので、古い火曜サスペンスとか見ている。
古いドラマは、小道具やファッションが当時の世相を反映していて面白い。
殺人現場や女性の描写も、いまなら絶対NGていうのもあるけれど、それもまた時代。

寮母業務もやってるよ、3食ちゃんと作ってます。
明日は雨というし、食材がいくつか切れていたので、閉店間際の、ご近所いなげやまで。
そしてそのあと道挟んでむこうの、セブンイレブンを散歩。

昨日も同じパターンだったんだ。
真夜中のスーパーとコンビニ徘徊の図、ってまるでニートのようだわね。

写真はいっつも混んでいるいなげやの駐車場。何にも停まっていない珍しい光景。
こんな写真をみると、よっし〜がまた

「ふふふ…姐さん、空が広いですね」

とか言いそうだけどね。

それにしても台風、どうなるのでしょ

さくやちゃんの消しゴムはんこ

190db5aa.jpg


長男がとても楽しみにしていた、消しゴムハンコができてきました。
これがまた、おもいきりそっくりなので笑ってしまいました。

15歳で高校で出逢って、ニコルというバンドでずっと一緒に活動でして、卒業後も交流のある、さくやちゃんの作品です。

何年か前、さくやちゃんがアメリカ留学に行く時に、新宿厚生年金会館近くのライブハウスで、「いってらっしゃいライブ」を長男たちがサプライズでやって。
来ていいよと言われて、行ってほんとに楽しかったのよ、親も。
さくやちゃんの伸びやかな声はとっても綺麗で、長男が奏でるピアノやギターやベースやドラムと、すごっくマッチする。

さくやちゃんは彼女ではなくて、親友?同士?のような存在なのかなぁ、お互いに。

ひと目で長男とわかる作りは、10年間の二人のタッグの賜物だね。
彼はさっそくこれを仕事先で、相手に渡すメモとして大活躍させているらしい。
ふざけてる感じは全然しないから、いいのかな。女の子が花柄のメモ、渡すのとおなじようなもんだね。

人だけじゃなくて、犬や猫、なんかもオリジナルでバンバン彫ってくれるらしい。
ちょっと興味のある方はこちらをのぞいてみてね→◆(^^)◆

このサイトは長男がお手伝いしたんだそうです。親バカかもしれないけどかなりいい感じだわ、

若い二人の成長が眩しい、成長しきったはずが、いまだに横に伸びている私は、居座り台風12号のおかげで、なんともどんよりな一日を過ごしました。
頼む、ダブルの台風、早くどこかに行っておくれ!


三益でラーメン

baedc6d0.jpg


朝陽の中の爆チャリで、すっかり目が覚め、結果二度寝の夢は潰えて、朝からちゃんとお仕事お仕事〜。

1時からは、12月の作品展の打ち合わせで荻窪まで。
メールでのやり取りが主流になって、遠方とのやりとりは便利この上ないのだけれど、やはり顔を見ながらお話しさせていただく安心感というのは、メールでは得ることができません。

今日はチラシや展示物の詰めだったのですが、かなり、ぐいぐいと具体化してきて、わくわく感が増してきました。

さて、打ち合わせも無事済んで、ご一緒だったタカコさんと一緒に、三益に。

43年使い続けた製麺機で、毎日5時半から、麺を打ち、丁寧にスープをつくってる、70歳を越えたマスターがやっている小さなお店です。
しかも一杯350円。
東京衛生病院のそばにあり、病院帰りに寄るここのラーメンは、父も好きでした。

マスターは相変わらずお元気で、ちょうど開票結果がでる民主党政権の諸々を、深い解説付きで語ってくれました。

お漬物は、マスターの亡くなった奥さまのぬか床を、いまも大事にして作っているという有難いもの。

いまは色々なラーメンがあるのは、元ラーメンフリークとしては充分承知して入るけれど、ここのラーメンはいろんな意味で別格なのです。

あま〜いトマトゼリー:マルハニチロ

98dd1692.jpg


野菜スイーツが流行っているみたいだけれど、はたしてこれは何!?

パンを買った後に寄ったセブンイレブンで山積みしてありました。
しかも今なら箱買いできますって書いてあるの。

一個390円のものを箱買いって、そりゃ豪気な話しだろ〜。

ふむふむ

国産のトマトが丸ごと一個入っているんですって、気になるカロリーは159Ca。
じゃそんな甘くないのかな?
目障りな添加物もないってことは丁寧に作られているってことよね〜

ちょっと悩んだけれど、お試しで買ってみました。もちろん1つ。

焼きたてのパンと目玉焼きとお野菜、そしてこのトマトゼリー半分が朝ごはん。

ホントに丸ごと皮をむいたトマトがど〜んと入っています。
でもトマト独特の癖のある匂いはしないし、甘さもかなり控えめ。
廻りのゼリーもトマト風味で、二つのトマト味が新鮮。

かなりのボリュームなので一人一個食べたらそれはそれで、満足感はあるかも。
この金額なら、生のトマトがいくつ買えるかな?って話しだけれど。
でもたまにはこんな楽しい、味の寄り道もいいかな。

いってらっしゃいませ〜

7d5a8136.jpg


3時に寝て7時に目が覚め、じゃ長男を送り出してから、二度寝だな、とか思っていたら、朝一番でお仕事のメールが届きお返事している間に、母がデイサービスに出かける時間になりました。

デイサービスの日は朝必ず電話をしてて、もちろん今朝もおはようコールをしているのだけれど、父の命日が近くなり、ちょっとこの頃寂しげなので、お見送りをしたげようと、爆チャリで母宅へ。

お迎えの車が来る駐車場まで下りていたので、何分かおしゃべりをして、ニコニコ笑顔で出かけて行ってくれました。
お友達もできて、施設の方にもよくしていただいて、楽しい時間を過ごせることに、母も私も感謝でいっぱい。

朝陽を浴びてじゃきっとしたので、井草八幡宮にお参りに寄り。宮司先生とご挨拶もできて、さらにありがたい気持ち。

さ、これから上石神井まで焼きたてのパンを買いに行こっと!

よなかのひまわり

ef0dc686.jpg


震災の影響で延期になっていた次男の実習が、今日から2泊3日であるというので、午前中は落ち着かなかったのですが、彼が出かけて行ったあとは、とっても静か。
2年間住み込みで某神社にお世話になっていた時は、家の中はこんな感じだったっけ?というくらい静か…っていうか、ちょっと虚ろ。

そんななか高司は図鑑の仕事と並行して、冬の作品展への作品づくり、私はサイトの更新作業をひたすら。
気になることを一気に片付けながら、江→テンペスト→三波春夫特別番組を見て居たらば9時になってしまいました。
三波春夫先生、やっぱ、生き方も、歌うことへ対する姿勢も、すごいです。

おまんたばやしを歌いながら、高司と母宅に向かう途中で、長男から夕食はいらないというメールが届いていたことに気づき、それじゃ母の家に行ったあとで”天の道”で冷中ね!となり、今晩は今年初めての冷やし中華に決定。

00430592.jpg


幸せな晩ごはんになりました。
”天の道”の冷やし中華、史上最強と思います。

行き帰り歩くと、蝉の声よりも秋の虫の声。
日もどんどん短くなっているし、こうやtって秋がストンと来るのかな?

練馬善福寺交差点に咲いていたヒマワリ2号と3号、どこまで踏ん張れるかしら?

848e45fb.jpg


いつもお世話になっているあんさんぶる荻窪の空中庭園、オミナエシが一カ月前よりももっと茂って、ああ植物の世界はもう秋なんだなぁと思いました。

毎年、盛夏は講座をさせていただいても、出席される方が極端に少なく、お一人とかお三方という時もあったほどなので、今年は8月の夜間の楽しむ会はお休みにさせていただきました。

一カ月ぶりの今日は「飛んでいるカワセミ」に挑戦。
懐かしい皆様とおあいできて、嬉しくなりました。
学校の夏休み明けの気分ですね。

さ、今日が今年後半戦のスタートです。
これから5カ月、韓国図鑑の日本語版をお披露目、”JBF”と”かんさい自然フェスタ”2か所でのべ2か月近くの個展と、おかげさまで大忙しになりそうです。
どうぞ皆様、よろしくご支援くださいまし。

お買い得

9a29f98a.jpg


これが今日の掘り出し物、コレールのスクエアのお皿と、スクエアの小鉢です。

同じデザインの丸皿は母のところにあって、なかなか使い勝手がよいのですが、我が家にはコレールの丸皿はすでに別デザインのがあるので、ま、いいかと思っていたのです。
でも四角だったらまた話しが別だわね〜。

四角いお皿って手持ちはないし…
コレールはともかく軽くて丈夫で、使い勝手も良いし…
おそらくは半額くらいの値段だし…

などと話していると、どんどんと人だかりができ、そのうちのお一人の熱烈なコレールファンの奥さまと、

うちこのランチプレート20年前に台湾で買ってきてまだバリバリ現役です〜
これ、便利そうね〜、あ、この四角い小鉢もおすすめよ〜
程よき大きさですね〜。きちっと重なるのも便利だし。
疲れている時とかはこのお皿、割れる心配ないしね〜
洗いやすいですものね〜
安いですよね〜このお値段…

などと思わず色々熱く語っているうちに、ワゴンの品はどんどんと売れて行くという、私たちはサクラでしょうか?現象まで起きたりした、この夏の日を、このお皿を見るたびに思い出すのかな?

ちなみにこの柄は「ヨーロピアンハーブ」。お値段もネットで調べたら半額でした。うふ♪

この雨にこの大荷物。

35333155.jpg


今日は母の病院や、銀行巡りにも付き合う日だったので、工事が終わったら速攻おでかけ。
ぎらぎら暑い太陽に眩みながら吉祥寺へ。

半分用事が済んだあたりで、すれちがったのはKちゃん。
桐朋の同級生。学生時代はあまり行き来がなかったのだけれど、ご近所ということがわかってからの仲良しさんという不思議なご縁の子。

そのKちゃんそりゃもうの大荷物で、どうしたの?と聞くと
「東急で食料品のセールやってるの、半額とかあって開店と同時に並んで、いまよ!」
とのこと。お中元の解体セールかと思いきや、解体しないで箱のまんま半額に値引きしているんですって。

横で母の目が”きらん”と輝きましたね〜

で行ってきました、吉祥寺東急の大食品まつり。
冷やかしのつもりが、家庭用品のスペシャルセールもあわせてやっていて、あら良いわねとなり。
コレールのお皿とか、にんべんの鰹節(本枯れ節パック30袋1000円)とか、白子のり(1200円⇒420円)とか、よこすか海軍カレーとか大人買い。
とぐろを巻いている列に並ぶこと15分、母がくれたお小遣い諭吉があっというまに飛んで行きました。

恵比寿麦酒のセールもあって次男に電話したら「いる!」というので、それは彼のお小遣いで買わせることに。
商品引き取りに来た次男と、同じくコレールのお皿を大人買いした母と3人で吉祥寺コピスに移動して、地下でいつものフォーを。

食べて、さぁ帰ろうとしたらば、まぁぁぁすっごい雨!!
しばらく雨宿りして、やっとバスに乗った時の荷物は、こんな量だった、という写真です。

つきました

e34a6e57.jpg


新しいインターフォンとりつけの日です。
このマンションは築20年くらいなので、各戸のインターフォンが故障してももう部品がないものもあって、マンション全戸の取り替えとなったそうです。
エントランスはちょっとした工事現場みたい。

我が家は今日の午前中の予定で、取り付けに来てくれ若いお兄さん、仕事はテキパキなのですが、顔にちょっと幼さが残っていて、聞いたら次男よりも一学年下なんですって。
ほお。なんだか不思議な気分です。
確かに次男のお友達で、社会にでてバリバリ働いている子もいるので、あたり前でしょ?と言われればそうなんだけど。
「世代交代」という言葉が浮かんできたりしてね。

新しいインターフォン、カラー液晶画面で、ガス漏れ&一酸化炭素&緊急警報までついている、かなり手ごわい機械です。
さっそく鳴らしに行った高司。使いこなしに一番不安の残る人が、エントランスにボタン押しに行ったんじゃだめじゃんね。

散歩してみました

95428e0f.jpg


真夜中に雨の音で目が覚めて、大急ぎでベランダに干してあるズボンや靴下をとりいれたら、目がパッチリ。
途中で目が覚めると、身の置き所がないよね〜

そんなで、昨日の疲れも抜けきれず、一日、薄ぼんやりとした頭で過ごしていたのですが、いかんいかんとコピーをとりに行く高司と連れだってちょっとお散歩。
いつもと違う道で、歩いて行きました。

サクラ並木の中で、どうも鳥におしっこをかけられたらしい、と見上げてみたり

毛虫とあって記念撮影をしてみたり

a0e3f266.jpg



睡眠の足りている、もと昆虫少年、元気で何よりです。

82歳プールデビュー

5cf9cd62.jpg


父は鹿児島産で、海は大好きだったけれど、東京育ちの母は海はNG。プールも嫌いで、親子で海やプールで泳いだ記憶がないくらい水が恐い人。

ところが…82歳にして、プールデビューを果たすことに。
デイサービスでお世話になっている桃三ふれあいの家からご紹介いただいて、いよいよ今日宮前のVIMに出撃です。

腰痛が出てきたこと、デイサービスの主催者のOさんが熱心にすすめてくださったこと、デイサービスのお友達も通いはじめて楽しそうにしていること…あたりがきっかけだと思うのですが、82歳で初めて水着を買って、というのは、娘としてもかなり驚きです。

ま、娘の戸惑いをものともせず、母はかなり上機嫌でお水にはいり、ゆるゆると歩きはじめ、かなり楽しんで参加していたのでほっとしましたが。
泳ぐコースではなくリハビリというか、筋力UP目的のカリキュラムで、付き添いの方もいるという至れり尽くせり。
9月からは正式に入会して毎週、送迎バス付で通うことになりました。

ふぅ。

荷物もちしたり、山の様な申し込み書類をすごい勢いで書いたりで、11時〜3時までずっとおつきあいし、ご機嫌な母とはま逆で私はかなりぐったり。
これから週一回は通ってくれるので、その間は気持ちが休まるのかな。

これから銀行に行く!と息まく母に「水にはいった後は疲れるから今日はダメ。私もやだ、こんな暑いのにまた出かけるの」ときっぱり言い置き、帰ってきたらば、おなかをすかせた夫と次男が…
ひゃぁぁ。今日は私の時間は無しだわね。

動物

39d145c8.jpg


先日お会いした、井の頭自然文化園の園長、成島さんから頂いた御本です。
もちろん成島さんの監修執筆によるもの。
「良い本だよ!」
って小声でおっしゃっりながら渡してくださいました。
嬉しいなぁ〜

とってもコンパクトで見やすい大きさ。
新山野の鳥と比べても、ちょこっと大きいくらい。
中身は田中豊美さんはじめ、イラストレータの方々の力作の、動きのある動物画がいっぱい。
写真もポイントポイントで使ってあり、短いながらも、サイズや本来の生息地等含めた端的な解説が添えられていて、半端ない情報量です。

鳥の図鑑や関連図書は、我が家には、小さな図書館の野鳥コーナーよりも多くあるの、高司の仕事柄あたりまえのことなんだけど。

でも改めましての「動物」の本っていうのは、なんだかとっても新鮮で、ページをめくるたびに「うぉ!」「ほぉ」とか奇声発しぱなしです。

特にサルの仲間のページは気合い入れて見まくり。

だって申年なんだもん、だからサル好きなんだもん。
サル好きで、中でもオランウータンが一番だったの。
ハタチの頃は、犬山モンキーセンターにオランウータンのノリエちゃんと、弟の誠くんに会いに、新幹線乗って通ってたし、日本中の動物園のサルに会いに行ってたなぁ。

会ったことあるサルの名前は、イラストだけ見てすぐわかる。30年過ぎてもほぼ完ぺき。覚えているものですね〜。
脳の柔らかいハタチの頃に、英語とかさ、簿記とかさ、覚えていたら人生変わってたかも知れないけれど、私の場合はサル。
真剣にピグミーマーモセットを家で飼えないもんだろうか?なんて考えていたくらい、サル命。

いままで動物園に動物図鑑を持って行くなんて発想は、まったくなかったけれど…
だって今の動物園の案内板は、動物ごとに、完璧に知りたいことが載っているから。
でも、この本を持って動物園に行ったら、「同じ仲間にはこんなのもいるのね」とか「ビーバーの尻尾の構造はこうなのね」とか、色々わかるから、二倍も三倍も楽しめると思うの。
わかっているつもりのことを、おさらいするのも、かなり、面白い…

これで950円+税って、なんて親切価格なのかしらん♪

もちろんこの本を持って一番最初に行くのは、成島さんのいらっしゃる井の頭自然文化園です。
わくわくするぞ〜
ちなみに成島さんは私の知っている獣医さんの中で、一番、ウィットにとんだ、楽しい会話をされる方。
大好きです〜♪

楽しい御本、ありがとうございました〜

学士会館サマーコンサート

cdd97137.jpg


会場は202号室、重厚なホールです。

解説は東京芸大の佐野靖先生。
観客は、"故郷”や”われは海の子"などお馴染の唱歌を歌いながら、先生の解説に耳を傾けます。
四季折々が唱歌の中だけで残っていくのでは?と先生が懸念されていて、暑かった先週を思い出して妙に納得。

〇と✕、白と黒。暑いと寒い。二進法の権化パソコンの復旧と、日本の四季がなくなりつつあるよう感じること、なんだか関係があるのかな?

そして若い演奏家による、様々な曲の披露。
唱歌からクラシックまで、程よき空間で、音が直に届く心地よさ。
思わず、手のひらで音を抱きたくなるような素敵な空間でした。

ピアノは前田拓郎さん、テノール布施雅也さん、ソプラノ佐藤容子さん。
希望にあふれた若い方たちのパワーって、よい刺激ですね。

2時間ちょっとの公演、あっというまに終わってしまったのですが、お馴染の方々ともお会いでき、嬉しい限りでした。

心に栄養をもらえた、贅沢な一夜に感謝。

プロ野球発祥の地

700e7b5e.jpg


今夜はご縁のある学士会館でのサマーコンサート。

母も楽しみにしていたので、一緒です。
学士会館入り口には、プロ野球発祥の地のモニュメントが。

いろいろ書いてある石碑とかよりも、ぱっとひと目で、手にボール持ってるから野球の何か?ってわかるからいいよね、

神保町って古本だけじゃなくて、こないだよっし〜に連れてってもらった渋い喫茶店やら、何やら、お散歩にぴったりなところだなぁとしみじみ。

おたのしみ

fe964d4d.jpg


ここのところのワタクシ。
秋のイベント2つの準備と、冬に二か所で開かれる個展の準備をしつつ、9月に開かれる、と、あるパーティーのお手伝いをしているところ。
高司せんせも共著で本を出させていただいたこともあるKさんの慰労の会。
彼は、ガンの仲間の「カリガネ」に強い思いを抱いている方なので、会場側の御配慮で、お料理のどこかに「カリガネ」っぽいものを何らかの形で添えて下さることになりました。

とはいってもカリガネの丸焼なんかではありませんよ〜
もちろん串焼きでもありません。

カリガネの模様や絵柄を、どんな形でお料理にあしらってくれるのかは、未定なのですが、ひと目でカリガネってわからないと盛り上がりに著しく欠けるよね…ということで、高司せんせに、厨房に渡す下絵を描いてもらいました。

もちろん

でっぱった白いおでこ、とか、目を囲む金色の輪、とか、カリガネの特徴も明記しました。

さ、当日、どんなかたちでこの鳥が再現されるのか、とても楽しみです。

お昼は「すみか」

368b01e9.jpg


今日は約1週間ぶりに、母を梶谷先生に連れて行く日。

吉祥寺、今日はむちゃくちゃ混んでいましたね〜どこから人がくるのだろう…というくらい混んでいました。
隣接する練馬区が37.9度とかいう暑さだと、お出かけ躊躇しちゃうだろうけれど、今日はお出かけ日よりだったしね。

とはいえ急にに涼しくなった気もするけれど、結局は真夏と同じ洋服でも、なんら変わらないのは、やはり背中に大荷物背負ってたからかしらん?
悪いわね、荷物増えちゃって…といいながら嬉々として闊歩する母。

病院と東急で少し買いものする予定が、あれもこれもと言いはじめ、次男と合流して、就職祝いを買ってあげる♪という展開になり、結局は8時間を超えるおつきあいとなりました。

なんていうかぐったりよ。

写真は、たまには違うところで食べたいわ、というリクエストにお応えしての「すみか」
ふだんは大人の空間だけれど、今日は週末ということもあってか、お子様もちらほら。
行儀の悪いのもけっこういて…
店内散歩するようなこどもはね、ファミレスに連れて行きましょうよ、ご両親!と言いたくなる子もおりました。

ふぅ。

やっとみつけました、ウエストポーチ

320a2127.jpg



6da81adc.jpg



またまたLafumaでございます。

やっとみつけたオシャレなウエストポーチ。
デイパックで斜めがけバッグは、ちょっとおのぼりさんみたいで避けたいスタイル。とはいえ。
なんたってこの身幅。
なのであんまりちんまりしたサイズだと、おなかに何かたかっていますか?みたいな、とっても珍妙なことになるのね。

高機能バッグのマンハッタンパッセージだかのウエストポーチも、中がオレンジ色になっていて、仕分けポケットもいっぱいで使い勝手は良いのだけれど、似合わないんだこれが。
大好きなレスポのは、サイズが思い切り小さいか、腰を覆うくらいでかいのしかなくてNG。

で、ぽぉぉとヤフオク見ていたらば、このLafumaのウエストポーチに行きあたりました。
程よき幅で、本体の厚みはそれほどなく、ウエストポーチにも、肩かけにもできる。
ウエストポーチ用ベルトは本体にしまえるから、見た目もいいし、肩かけのベルトは取り外し可。
中の布は、すっと前に神保町でみつけたLafumaのバッグとお揃いの百合柄。

もちろん新品、しかもお値段即決価格で1480円。
ひょぉぉぉ。正価6720円が、どんだけお安くなってるの!?
送料500円入れても、かなりお買い得なので、迷わず落札しました。

出品者は京都の方だったのですが、この手の商品を多く扱っていらして、とても気持ちの良いお取引ができました。

到着して、さっそくいろいろ入れてみる。
バッグはこの瞬間が楽しみよね〜。
最低限の装備に、まさかの250cc水筒までOKとは、ちょとびっくり。

大活躍しそうな予感であります。嬉しいなぁ。

あ、高司せんせからのプレゼント、ということを忘れずに書くようにって。
そうでした。一応ね、そういうことです。
もちろん、お返しに休眠中だった私の高機能ポーチ差し上げましてございます。


はじめましての白瓜

812c074f.jpg


目にも鮮やかな瑞々しい緑色の、白瓜。

こないだご近所の水野さんの若奥さんが「美味しいよ!」って押してくれたので、思い切り気合い入れて買ってきたもの。
この場合の気合いは、1本100円というお値段ではもちろんなくて、うまれて初めて買う、というところの気合い。

ちょっと厚めに切って塩もみして、小さな器に薄切りにしたみょうがを塩でもんで、両方冷蔵庫で少し寝かせてから、水を絞り、ほんの少しのお塩と寿司酢であえて、味をなじませてできあがり!

色の美しいさわやかなおつけものができました。

夏はきうりのピクルスが定番なんだけれど、白瓜もたまにはいいなぁって思ったの。

もうとっくのとうに食べおわちゃったけれどね。
携帯の保存メールの中に入ったままだったのでお披露目でございます。


今日の練馬区の最高温度は37.9度。だそうです。

子供だった病院行くか行かないかの瀬戸際の温度ですね〜。

歩いて2分の郵便局まで往復しただけで、干物のようになった高司せんせ、半端ない暑さだったようです。
そんなで家から一歩も出る気もせず、昨日一昨日の疲れをいやすのに専念していた一日でした。

だらんとしてると、上野動物園のパンダを思い出してしまうなぁ。

(^-^)

458cba44.jpg


そして嬉しいお届けものがもう一点。

仕事仲間のSちゃんからです。
家業をお手伝いするかたわら、図鑑に必要な鳥の生態分布図のトレースをしていて、大事なチームの一員です。

藤沢で彼女がお気に入りの「然庵:しかりあん」の品々だそうです。

ペンギンの袋にペンギンの型のクッキー。チャーミングですね〜

ありがとう!ごちそうさま!
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ