タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

September 2011

井草八幡宮例大祭

c05da7c7.jpg


昨日の宵宮から明日の神幸祭まで、ご近所の別表神社井草八幡宮は、例大祭でとても賑やかです。

次男がお手伝いに行っているので、昨日もお参りに伺い、今日は母を連れて一日参りに、

f5ff2a3e.jpg



境内で目ざとく孫をみつけて、両手のウオーキングポールさばきも軽く、孫のいる社務所に一直線。

なにをするのかなぁ?って思ったら「おみくじください!」ときっぱり。
お買いものじゃないんだけどね〜と微笑ましく見ていると、なんと母は「九番・大吉」をさらっと当てました。
何もかも良い、みたいなおみくじって、あたると嬉しいですよね。

境内を何を買う訳でなく。人の流れに沿うて、ゆるゆると散歩。
このゆるゆるは案外疲れます。いろんな匂いもして、ちょっと苦手。
なのに、このゆるゆると、匂いと、屋台の灯りと、お囃子の音が混じると、これぞ「お祭り」という感じがして血がたぎります。

今年は、今日から施行される東京都暴力団排除条例の関係からか、屋台はそこそこ隙間があいていました。
つ・ま・り…その方面といかにも関係がありそうな面構え、風体の人がいる屋台は姿を消していて、由緒正しい的屋さんたちの屋台が無理なく並んでいた印象でした。刺青入れている人も、ヤンキーみたいな剃り込み入れてる人もみかけなかったなぁ。
地元PTAとしてお祭りパトロールに参加していた10年前よりも、ずっと怖くなくなった、感じです。

井草八幡宮のお祭りは、戦後になってから「必ず雨が一日は降る!」という、都市伝説が誕生しました。
でも今年はだいじょうぶかな?
晴れてほしいです、後一日!

いかめし

60ac1413.jpg


どぉぉぉぉぉしても苦手なのが煮たイカ、北海道物産展の会場はけっこうなイカ臭さで、母と私のイカセンサーは著しく反応。
即「森のイカ飯」をみつけました。
苦手な母、何故か高司の好物というと、お土産にって「森のイカ飯」購入決定。

えええええ〜
しかも森の…って銘打ってるけれど、このイカ飯に使っているイカの産地はニュージーランド産なんだって。
ま、いいか海は一つに繋がっているんだもんね、

まだ温かかったので、ずっとショルダーバッグにぶらさげて持って帰ってきました。
うう…こんなに長く、苦手のイカ飯と密着時間過ごしていたのかな。
ぶるぶる。

お茶

89beaf55.jpg


お友達から頂いた、今日が有効期限のお茶券を握りしめて吉祥寺第一ホテルへ。
ロビーのカフェ、丸テーブルとシンプルな椅子、かなりフランクでケーキも紙皿だけど、ケーキはやっぱりここのは美味しい。
お値段的にも雰囲気も、気楽でいいかも。
母はモンブラン、私はゼリーで一息入れました。

巽鮨

b4dd3fa8.jpg


朝一番に、煙害対策で関係各所に連絡と報告。
そのあとはタカコさんのところの倉庫の屋根修理に、大家さんがみえるというのでご挨拶がてら伺って。
で、荻窪まで出てきた母と吉祥寺の梶谷先生のところへ。

吉祥寺東急に寄ったら北海道物産展がやっていたので、北海道に行きたい母がのりのりでお散歩。
以前物産展で食べたお寿司が美味しかったと言いだしイートインへ。
おたる巽鮨。イカをたまごに替えてもらいました。親切。
いただきま〜す!

到着!

7e9dd840.jpg


届きました、ダイキンの空気清浄機。

サイズは分かって頼んだのに、いざ箱が来てみたら、とんでもなくでかく、箱から出してみたらば改めてでかい。

f8107264.jpg


両脇から空気を吸って、上面から出すタイプ。
その綺麗な空気が出てくるところは操作パネルとあわせて新聞の半分の大きさ。高さは70センチくらいかな?

ACK75Lという機種で、1年前の最新機種。つまり型落ち品です。売れ残り?だね。
新製品が出てくるタイミングなので、これがとんでもなくお買い得で、正価の4分の一で手に入りました。

買い物的にはお得だけれど、お向かいの煙害老人が煙さえ出さないでいてくれたら、不要のものだったのだから、例え安くても、かなりむかついています。
抗議に行った翌日の、水曜に引き続き、昨日も盛大に燃やしてたしね。
ぜんそく患者がいるので燃やすのやめてください、という言葉が理解できないらしい。

家の中に入りこんでくる煙に、どれだけの効果があるかは、わからないけれど、気休めにはなりそう。


帯、届きました〜

607ea783.jpg


着物はどうした?とこの頃言われます。

着物、もちろん好きです、しゅるしゅるとまだ着られるし、お気に入りの帯とか見ていると、きもちがほっこりします。

ただ、母と出かけるときは着物はとても無理。
何かあった時のとっさの動きを、袂や裾が邪魔をするので、ひたすらサポートしやすい、動きやすい格好メイン。
着物登板率はどんどんと低くなってきているのが現状。

登板率が低くなると、Yahooオークションもそれほどのぞかなくなりました、
着物も帯も、今あるもので充分に足りているし、基本仕事着なので華美なものには興味はないし。
着物への煩悩は消えたも同然と思っていたときに、たまたまヤフオクで目にとまったのがこの帯。

とぼけたような幾何学模様がチャーミング。
新品の作家ものの帯、なのだそうですが…なんというタイミングか、1001円で落札。
お仕立て代3500円も破格だけれど、いいのかしらん?と、こちらが恐縮するような金額での落札。

果たして現物は?と思いつつ仕立て上がりを待っていたらば、本日到着したのですが…これが想像以上にいい感じ。写真では分からなかった細かい地模様入りで、模様部分の織りもとっても自然。ふっくらとしてて、かなり〆心地がよさそうです。

こういう帯には、昔ながらの柄の着物は合わないので、縞とか、水玉とかかなぁ。
ここんところのブルーな気持ちを、軽くしてくれた帯。
さて、いつしめようかな?
楽しみ〜

夜明け

7f74d241.jpg


昨日、点滴終わって19時過ぎに帰ってきたら、マンションの中庭まで煙充満中。
一昨日の一家総出の必死抗議は、まったく、煙害老人には届いていなかったわけだ。

信じられん。

ぜんそく病院の先生が
「その人は、ぜんそくの突然死とか理解していないんでしょうかね」
っておっしゃったので
「息子たちが、ぜんそくは死ぬんです、だから母の命を助けて下さい、まで言っても俺には関係ないというような人ですから」
と答えてきたのですが、さすがに今日で昨日はないだろう、24時間たってない。
煙で人をいぶり殺す気だな?と思う。

息苦しいまま結局平らに寝ることができず、のパソコンに向かってて、気づいたら夜が明けていました。

夜明け?って思って調べたら、今日明日の東京の夜明けは5時34分なんだね。

いまはとっても新鮮な空気。

煙害老人がモノを燃やさないうちに、さてと、寝てみようかな。

点滴中。宣戦布告2日目

c5b60765.jpg


ぎりぎり、点滴可能時間に病院セーフ!で誰もいない点滴室で一人点滴中。
土曜日のブロイラーのケージみたいに並んで打っていたのがウソの様。
受付終了間際の病院の静寂、ちょっと居心地悪いよね。
誰もいないをいいことにちょっと一枚証拠の写真。

もっと早く来たかったのだけれど、「煙害老人宣戦布告」したので、今日はその相談で走り回っていました。
煙害老人がまさかのネットOKだったりすると、まんま手の内を明かすことになるので、何処に行って何をしたかは秘密。

わかったことは、私たちは自分たちが思っている以上に忍耐強いらしい。
某所では、いままでよく我慢していましたねっていわれました。
もっと被害の現状を強く訴えてよいということ、だそうです。

お医者さまからも、ここのところの私は発作以降、立ち直りに時間がかかっている点を指摘されました。
そして家に居て具合が悪くなるということは、明らかに発作の原因は家にあるということです、ともお話し下さいました。

煙害老人、あれだけの抗議とお願いをしたのに、もちろん、馬耳東風。
本日19時留守宅に長男帰宅時にすでに煙あり。19時20分次男帰宅時に煙くさいので現地へ確認、煙は見られず匂いだけだったとのこと、消した後ってことかな。
この涼しさに出る蚊ってどんなだろう。

点滴の拳の先は煙害老人、、負けないぞ。
10月中旬以降のとんでもなく忙しくなる前の、貴重な一日を、朝9時〜いままで、ずっと、打倒煙害老人のためだけに使った感ありあり。
これを徒労にしないためにも、気合いだぜ。

続きを読む

ゆうやけ

5696fa5c.jpg


何てきれいな夕焼けでしょう。

秋っぽい色。

ふだん、カラスは、あまり好きじゃないけれど、この景色ならアンテナあたりに居てくれてもいいなぁって思います。

でも、こういう時はいないよね〜

急に日が短くなった気がする、中野坂上でございます。

宣戦布告

かねて、このブログでも、Twitterでも、ずっと困った発信をしていたご近所煙害問題。

経緯はこちら↓↓↓7月26日のTwitterのわたしのぼやき

※※※※※

我が家の通年の煙害問題。消防署、区役所と、苦情相談に。煙を出し続けている家に出動対応。その都度、言い訳が違う噴飯もの。蚊の退治でモグサだのヨモギだのと。は?お宅は真冬に蚊が出る?お宅のヨモギは燃やすとプラスチック臭がする?住宅街でもの燃やすことが大問題なのに、メガトン級の非常識。

区役所の方が「ご近所の喘息患者の病状がおたくの煙で悪化している」と伝えてくれて、煙の元凶宅から「なるべく燃やさないようにします」と、昨日言質をとったと連絡。えええええ!?今朝も思い切り燃やしていましたけれど。なるべく燃やさないって、どういうことだ?

ちなみにご近所の喘息患者とは私。春夏秋冬、早朝、深夜でもものを燃やす煙害元凶宅。無防備に寝ているときに、煙を吸うと…私の肺はパニックになります。良いお医者さまに恵まれているので、予防に努めこの程度の発作で済んでいるけれど、それでも都の気管支喘息認定患者。この環境は最悪。

※※※※※

7月2日の私のぼやき…

我が家の悩み、お向かいのお宅が何かを燃やしていること。煙がすごいんだ。今日ももう20分ものを燃やしている。すごいの、家の中が煙たくて。ここは住宅街で都内では焚火すら法令でできないはずなのに。こないだは真夜中、何台もの消防車が出る騒ぎになっったのに。どうしたらいいんだろうか


※※※※※

夜中に消防車11台出動した騒ぎもあった、あのあれです。

夏の間も謎の物体を燃やし続け、煙出し放題。

当然窓はあけられず、洗濯物も干せずで、ご時世に逆流してクーラー頼り。
やっとさわやかな秋になっても、ひたすら燃やし続けけるK家。
この涼しさで、クーラーを入れる訳にも行かず、煙が出るたびに窓を閉めて防御態勢をとるも、換気扇を逆流して入ってくるんだ煙は。

今日も夕方から盛大に燃やしはじめた。
私の咳がまったく止まる気配がないのは、はっきりいって、この煙のせい。

このままだとこの煙に殺されると思い、無謀と知りつつ、煙の元凶であるK宅に意見をしに行きました。
高司と一緒に。薬の袋をぶらさげてね。
庭で何かを燃やしている最中の高司よりも高齢の男性が出て来て、どこのものだ?と聞きました。

裏のマンションです。煙、けしてもらえませんか?喘息の発作が出て迷惑してます。

意味が分からないというので、家まで連れてきたましよ、どんなに臭いか知ってほしくて。

我が家の玄関の靴が臭いの、洗濯ものが臭いの、好き放題言ってましたね。

はぁ!?誰のおかげで、洗濯ものも外に干せず、換気一つできない家になってるのか、それすらも理解できないのか…
煙のにおいはしないって、そりゃそうだ、自分の体に煙炊きこめている状態だもの。

やっぱり思い切りの非常識な輩だった。
区の人は自分が説明したら納得して帰ったと。
私たちは全然そんな説明うけてないのに、

喘息は死に至る病気という認識ももっていない。
長男が「煙に迷惑しているんです」「母の命を何だと思ってるんてすか?」といっても、その口のきき方はなんだと問題をすり替えるし。高司が色々訴えても、話しをすり替えるし。

喘息は自己コントロールできる病気、そのために、起こさないようにアンテナ立てて日々暮らしているのに。
39歳になる直前に、喘息発作で入院して、臨死体験をして以降、喘息との付き合い方を変えて、以前ほどの大きな発作起きないで、ずっときていたのに。

ここへきて東京都のぜんそく認定患者を受けるまでになり、薬も8種類も飲まなきゃならなくなった原因は、ただ一つ。無神経に炊かれまくる煙だと説明をしたんだけれど。

薬なら俺も飲んでいるという、頓狂発言。
あげく、蚊をどうするんだ、おれを刺す蚊を!?蚊取り線香だ?きかないんだよ、だからいろいろやってるんだ、おれは蚊の専門家だ。
煙でぜんそくなんていう医者なんて信じられないから変えればいい、
煙がやなら住まなきゃいい。

とまで言われて、これはまとまな会話が成立しないことを痛感。

途中から来て頂いた、同じ煙の被害を訴えているお隣のご主人が間にたって
「ともかくこうやって具合が悪い人がいるのだから、Kさん、しばらく何も燃やさないでくださいよ」
って言ってくださったけれど。
「約束はできない」と言い放ち、不愉快だと帰って行きました。

話しの3分の1は、このマンションが建つことが反対だった…って話だった。
20年以上も前のことを、新住民に言われてもどうしようもない。
煙は、今は蚊退治の為ってて言ってるけれど、四季を問わずばんばん煙を炊いている、その理由は「いやがらせ」だな。

怒る気も起きないほど。いやいや、違うな、怒りの度合いが大きすぎて、爆発もできないほど、怒りマグマが溜まっているんだな、今の私は。

いいよ、わかったよ、闘いたいんだな?
闘おう!
都の条例でも禁止されているくらいの「住宅街で煙を出す行為」が、どれだけ非常識なのか、思い知りたいようだから、思い知らせてあげる。

騒音おばさんならぬ、煙害老人と、私は、このマンションの新鮮な空気と、我が家の平和と、私の肺の平和を取り戻すために、正々堂々闘うことを、ここに誓います。

みなさん、どうぞ応援して下さい!

バスを待ちつつ、ケヤキの木肌をみる

04c95968.jpg


ケヤキって大好きな木だけれど、夜にまじまじと木肌を見たことがありませんでした。
とても幻想的な木肌をしているのですね。ちょっとびっくり。
ケヤキはつい、すくすく伸びた枝先に目が行ってしまうけれど、木肌ウオッチングも楽しいかもしれませんね。

で、なんで青梅街道でケヤキの木肌をみているかといえば、バスを待っているから。
落としものしてしまったのね。
でもお知り合いの運転手さんの車だったので、そのバス車両がくるっとまわって戻ってるまで待っているところ。

落とし物がバリのお守り。

お昼からタカコさんのところに行って、諸々色々、ご相談やらお願いやら軽作業やらしてから、今日も点滴を打ちに中野坂上まで行ってくるね〜とご挨拶すると、デザイナーのTさんのバリ土産を頂いたの、可愛い籠に入っている、魔よけの携帯ストラップ。
綺麗な青い石やガラスの先に、銀色のお守りがついている美しいもの。

それを早々無くしちゃだめじゃんね〜

病院の帰り、荻窪に戻って小さなラーメン食べて、シウマイ買って、地上に出るエレベーターのところで、きれいな石って見ていたんだから、そこまではあったんだ。
途中で母のところに寄って、帰りのバスに乗るところで、ないことに気付き、母に探してもらい、母宅にはなかったから、最後の望みはバスかな?って思って待ってるの。

ちょうど乗務員さんの交代時で、これから乗務されるバスを待っている運転手さんと、四方山話をしているうちに、奇跡の様に、お待ちかねのバス到着、誰に踏まれることなく椅子の後ろに、ちょこんと、まるで「みつけて!」というように落ちていました。
ワイヤーが切れたのね。

ということで再会を果たした、お守りです。丸い容れ物はケース、これに入って売っていたのですって。

b0fa8722.jpg


なおさなきゃね!Tさん可愛いお土産をありがとうございます。この色目、ツボです。

青空

3e0f5996.jpg


昨日の白樺峠は4000超え、こちらの公園の上空も270超えという、明るい情報をうかがっていたのですが、今日は写真のようにスッキリ晴れている、という時があまりなく、タカたちもまばらに上空を飛ぶ程度でした。
残念!
でも、上空を飛ぶサシバは拝むほど神々しかったです。

こちらの公園は、日本野鳥の会奥多摩支部の皆さんが、長年、定点観察をしている場所でもあります。
奥多摩支部のみなさんは、とても優しいの。いつも窓口になって下さるフルさん、フランクな支部長さんIさん、はじめみなさんが、いつも笑顔で迎えてくださって、本当にありがたいです。

タカのわたりはちょっと残念だったけれど、懐かしい方がたにお会いできて、嬉しい一日となりました。

ご参加いただいたみなさま、お世話下さった皆様、ありがとうございました。

咳がコホホホうるさくてすみません。気管支炎からくる咳で、風邪ではないのでご安心を!
明日、もう一発点滴打ってきます!

つきました

80b5f8c1.jpg


今日は楽しむ会のタカの渡り観察会です。
昨日の点滴効果があまりなく、朝、駅に向かう途中で咳が止まらなくなって、乗る予定の電車にのれず、みなさまを日向和田の駅でお待たせしてしまいました。大反省。ごめんなさい。

日向和田駅から青梅市梅の公園に向かう途中。
よく2時間ドラマに出てくる、神代橋からみた多摩川です。
Yさんのはなしだと、今日は200トンだかの水を放水予定があるので、河岸にはいかないようにと、駅に掲示があったとのこと。

何日も前の雨が、この濁流になっているのですから、紀伊半島の方はもっと大変ということですね。
自然の猛威は、目の前のことだけじゃないと改めて思いました。


母が買ってくれたキザキのウオーキングポール今日デビューだったのですが、去年上るのが大変だった公園の東屋への階段、思ったよりも楽に上ることができました。
膝痛とか腰痛はないのですが、このポールは喘息持ちにも強い味方になりそうです。

209種類のコアラ

523b3167.jpg


明日は、お楽しみ、タカの渡りを、楽しむ会のみなさんと一緒に観察しにいくの。
吉野梅郷、今日は200羽を大きく超えた数が飛んだとのこと。
あしたもぜひ!!飛んでおくれね〜

で、みなさんのエネルギーチャージ用にささやかなお菓子を袋詰め中。
メインのお菓子を。「おとっと」か「コアラのマーチ」か悩んで、両方買ってきて、どちらが当たるかお楽しみ、ということにしました。
男性陣がおとっとでもいいかもね。

で「コアラのマーチ」の袋の裏をみたらば、びっくり〜

コアラのマーチのコアラって209種類もいるんですって。
えええええ〜
まじまじと見たことがないけれど、どんなんいるんかな?あとで見よう!って思ったら、お掃除大好き高司に捨てられたあとでした。
いいや、あしたお菓子屋さんで立ち読みしてやる〜ってお菓子屋さんで立ち読みって変だよね。

台風一家で病院めちゃ混み

3a803978.jpg


青梅街道、お気に入りのケヤキ並木の枝が、台風15号でかなり折れた様子。
空が広く見えています。
芽吹いたばかりの頃の空の広さ、だけど、葉っぱは夏を越えたガングロ:死語?葉っぱ。
ちょっと戸惑う風景です。

タフなはずのケヤキが、勘弁して下さいって、折れちゃうくらいの雨風だったのねと、改めて。

勘弁して下さい…は、私も一緒で、今日はこれから病院まで、ちょっと点滴打ってきます!
咳が止まらないよのね〜
頂いているお薬を段階的に投入してもダメってことはダメ、だから。
よっこらしょっと行ってきます。


※※※※※

よっこらしょとついた病院、土曜日の午後っていう、有難い時間帯の開業のせいか、すごい混みよう。
先生方3名でフル稼働でしたら、待合室、どこに座ったらいいでしょ、私、という感じでした。

若先生がおっしゃるには、台風が居座り、連休が二日あり、さらに気温が下がったという、3拍子が、混み混みの原因とか。

台風は確かに元凶だ。元気な人だってだるくなったりするものね。

連休…苦しいけれど、病院お休みだし、明日まで我慢してみよう…っていうタイプだな。
下手に救急車お願いしても、救急病院での治療方法がいつもと違うと、それが不安で、その不安がさらに呼吸困難を呼ぶ、みたいなものですね、。
わかるぞ、私も、やだ、それは。
だったらいつもの病院で頂いた薬と、考えられる最善の気分のそらせかた…TV空までもピグでもゲームでも、喘息のことを意識しないで居られる方法で時間をやり過ごす。

気温の変化…これはかなり過敏だったけれど、面の皮同様、他の皮も。
いえいえ
他の肉も厚くなってきたからか、私としては鈍化している。
点鼻薬が効をなしていて、口をとじて寝られるようになったことも、とても大きい。
口あけて、冷気入ってきたら、気管びっくりする、確かに。

でも、喘息って、こういう原因の他に、体調とか、気持ちとか、いくつかの要素が複合的に重なって起こるもの。

で、私の場合はそこに、逃げようのない「煙害」が入るわけよ。
都の条例でしちゃいけないこと、なんだけれど、でもばんばnモノを燃やしている人が実際いる。
行政にも色々働き掛けているけれど、らちが明かない。

先生きっぱり、
「条例って違反しても、刑罰にはならないんですよね。そこが問題。」

なるほどぉ。守らなくても、口先だけで「もうしません」とか言えばいいわけか?
子どもが、いたずらして、「もうしません」というのと、同レベルか。

これは条例を変えるか、相手が改心するか、相手がどこかへいくか…3つに一つだな。
私が諦める、とか引っ越すとかの選択肢はありえない。
少なくとも被害者である私が、家売ってまで逃げなきゃいけないことではない。こちらには全く落ち度がないのだから。
政治家にでもなるしかないのかな?

ちなみにたき火の条例は、調べてみたら板橋区が一番分かりやすかった。

「西暦2001(平成13)年4月1日から施行された東京都環境確保条例によって、ごみの焼却行為が原則禁止」
になったこと、その条例のもと、どういった行為が禁止行為かをきちんと書いてある。

でもね東京都環境局のサイトの中からはみつけられない…
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/
何処捜せばいいか分からないんだわ〜

だめだめ、ともかく今日は心を安静に。

大山阿夫利神社

f5dfabc8.jpg


次男のゼミの合宿先は、伊勢原駅からバスで30分の目黒旅館。関東本鎮護大山阿夫利神社の宿坊だった、お宿だそうです。
神道を学んでいる学生たちのゼミなので、当然、阿夫利神社へも参拝に出向き、いろいろとお土産を頂いてきました。

お塩は能登のもの、飴は「一里飴」といって日本橋から品川へ、一里の道の間美味しかったといういわれのあるものらしい。ほぉ。
ありがたく頂戴。


今日は朝5時半から、お向かいの家で、何かを燃やしはじめ、夜の7時過ぎまで、ずぅぅぅっと煙との闘いでした。
気づくと収まり、気づくと燃えている、というパターン。

高司が見に行ってくれたりしたのですが、煙はあるものの、ぼうぼうと燃え盛っているものがないため、原因は掴めず仕舞い。
とはいえ煙を無神経に出す家は2軒しかないので、このどちらかに間違いない。
彼らは自分たちが迷惑をかけている、とは思っていないのかな?
窓をしめてあっても、煙って換気扇を逆流して家に入りこんでくるんだよ。
で、無防備に寝ている時に煙を吸うと、当然喘息発作が起きる。

空気も安心して吸えない家って、どうなんだろう、と思いつつ、今日は喘息止めの吸入5回吸わざるを得ない状況。
台風が去っているんだから、原因はこの煙害以外考えられない。
住宅街で一日中煙炊いている、アウトローな方々に、行政すでにお手上げ状態だし。裁判しかないのかな?

それにしても吸入5パフは、かなり悪いね。今夜は寝られそうにないので、肌に張るタイプの喘息薬を導入。
25日はタカの渡りの観察会だから、やっぱ、明日は点滴打ちにうってこよっと。

台風一過

ef2be7f3.jpg


皆様のところは雨の被害は大丈夫でしたか?

横殴りの雨、というのがあるんだ、と初めて知りました。
我が家のベランダのガジュマルの30年物の木が、あおられて倒れたくらいの雨。
お向かいの家のアンテナが、常時、激しい、グラインド状態で、目が廻ったし。

その雨に、太古の血が騒いだのか、次男、何故かベランダでT.M.Revolutionのオンステージ。
動画まで撮ってのりのりでした。不思議な奴だ。
ま、雨に濡れて風邪引くような柔ちゃんではないので、そのままやらしておいて、母さん、無料でライブ見学。

で、今朝の台風一過の空。
おぉぉ眩しい!と思いつつ、じっくり見ると、お気に入りの屋敷林の様子が変。
明らかにケヤキの大木の形が違う、それも何本も。
ケヤキもやられた台風だったんだ、と思うと改めて怖い。

ちなみに台風一過って、小さい頃は台風一家と思いこんでいて、雷さんの一家とは仲良くやれているんだろうかtと、空を見ながらドキドキしたものです。


この年になっても、胸はドキドキ…って喘息の吸入薬が原因なんだけれど。
台風いなくなったから、今日は快調?と思ったら、我が家の男衆が肩こりに貼ったシップの匂いが誘因、決定打がお向かいの家方面から匂ってきた農薬臭で、かなり散々な肺状態。
ちょっとへたり気味?

でもがんばって企画書一本打ちました。サイトは秋冬のイベントが決まり次第順次更新中。
どんな小さな花でもいいから咲いてくれると嬉しいです。
家に居ても、あっていうまに時間が過ぎる、今日この頃。

水鏡

857bfa05.jpg


母を部屋に連れて行き。おしゃべりを少しして、本日のミッションは自己終了。。

帰り道、行く時には見られなかった、様々の色のイチョウの葉が、水たまりの上に落ちていました。
この雨だから、人も、山も。被災地も、みんな心配。

こちら現場

20375bca.jpg


くるっとまわって、ゆっくりウオーキングしていたと思ったら、いきなりダッシュで走り去った、気まぐれなお嬢さんみたいな、とんでもなく迷惑だった台風15号。
あ、でも台風15号につけられた名前は「ロウキー」。これってプロレスラーの名前なんですって、だからオトコ?

それにしても。すっごい雨でしたね。明朝、陽がのぼった時に被害がこれ以上ひどくならないことを、祈るばかりです。

もちろん私もお籠りモード予定だったのですが、根性と気合いを振りしぼって母宅まで。
母は今日はプールに行くと決めていて、迷いなく行ってきます!モードで、くれぐれもきをつけて…と電話で言ったものの、そのあどんどん風雨が激しくなってきて、お向かいのテレビアンテナがぐるぐる回るようになって、これはちょっと迎えに行かないと…と思うに至りました。

とはいえ、高司は母と同列、すでに練馬区で頂ける老人サービス券の該当者なので、この風雨の中は怖くて出せない。
次男は土日・助勤で月火・ゼミ合宿。もう目の焦点が合わないくらいくたびれている。
ということで、発作小康状態でキープしている私が行くことになりました。

マンションの外で待つこと20分で送迎バスがつき、超ご機嫌で母は降りてきました。
わずか30歩ほどなんだけれど、この雨の中、一人で歩かすのはやっぱり不安だし、気をもんでるくらいなら来たほうが、とエイや状態。

もう下水道の処理能力を超えているのか、青梅街道は水浸し状態。
関東バスの水しぶきみえるかな?

Foxfire エクスカージョンダブルパック

19761c30.jpg


この頃お気に入りのコピス吉祥寺・ICI石井スポーツ。
病院帰りに必ずお散歩に寄るの。
ユニクロのヒートテックで、高機能・新素材の服に目覚めた母、今年の夏はクール仕様のTシャツ、何枚も買ってました。

こないだ寄った時に、目にとまったのが、この四角いデイバッグ。
いや、デイパックというほど背負う部分に工夫はないので、ブリーフケースで背負えるタイプ、というのが正解かな。

これから、12月の個展のA4版のご案内チラシを、常に必携態勢でいたい私にとって、悩みは重さ。
チラシの紙はしっかりしているのでかなり重くて、ここはファイルに入れて背中に背負いたいところ。

でもLafumaの15リットルではA4は全然無理だし、deuterの25リットルだと、入りはするけれど大きすぎて、家出人のようになってしまう。
何かないかな〜と思っていたら、このFoxfireのと出会ったのです。

A4がしっかり入る大きさというだけでなく、メインの背中部分にはパソコンが無理なく入るクッションつきのポケットもあり、外には、たっぷり収容できるポケットが2段。この外付けのポケットは、別売りのショルダーバッグと同じものがついているらしい。
小分けでいろいろ収納できる工夫がしてあって、しかも上と下では中の造りが違うのです。

完全にツボ!しかも、30%オフという何ともなタイミング。これからは無地展開で柄ものは作らなくなるからだそうです。え〜可愛いのに…
すかさず母が「いつもお世話になってるから…」って買ってくれました。わぉ。

いつもありがとぉ〜大事にするね〜

Foxfireは、フライフィッシングがスタートの、創業1982年という比較的若いブランド。
私が鳥を見はじめて、少したったころにでまわってきた。洒落た色目以上に、ゴールドクレストをデザインしたブランドロゴのタグが、すごく素敵だったのだけれど、確か当時は女性用の商品はなかったなぁ。
女性用があったのって、Janeriverくらいだったかな、いや、それも微妙…

ともかくアウトドア用品の女性物は皆無に等しくて、着るものは町着を代用してました。
町着って死語?
例えばラルフのトレーナーとかポロシャツです。綿100%のもので、それ以上でも以下でもない、いまのような機能性はないものですね。
デイパックは、エディバウアーのがこぶりだったので、オレンジとか迷彩とか買って使っていました。
どうしても必要なゴアテックスの雨具だって、なくって、男物のSサイズとか着ていたのだから、このところの山ガールブームでの、オシャレなアウトドアの品々は隔世の感があります。
こんなきれいな色目のものが、当時あったら、どんなに嬉しかったことでしょう。

AB型のオンナはBAGが好き、だけど、やみくもに買う訳じゃないわよね〜と「鳥パズル」の編集のIちゃんと思い切り語り合ったことがあったけれど、この紫に水玉のバッグもそうだからね〜無駄遣いじゃないよ〜バンバン使うしね!

とはいえ、ここ数日は、ダブルの台風で、おそらくは大撃沈の日々。
胸の付け根が痛くなってるってことは、かなりしんどいってことなので、きちんとメプチン吸って、手が震えるからゆっくりパソコン打ちながら、やり過ごすことにしなきゃね。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ