タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

December 2011

上向き童子

6d790ddd.jpg西荻六童子、桃井四丁目交差点のところにある、勤労福祉会館のところにも、一体展示中、のはずがなかなか見つからず。

今年最後の気がかり解決!と帰り道寄ったら、思いがけなく玄関脇の小さな茶色いでっぱりが、その上向き童子でした。

来年は上向きで!がんばりましょう。

発見

74f924f4.jpg博多から、伯母とのお別れにかけつけてきた弟と、帰りの電車の中で、なんと二人とも「ますかけ」という、てのひらのど真ん中突っ切っている手相がおそろいだって気付きました。
52年も姉弟しているのに。知らなかった。大発見した気分。

吉祥寺駅北口前

eb00e701.jpg

クリスマスのイルミネーションをそのまま使っているのかしら、と思ったら21時ちょうどに雅びな琴の音とともに、派手にちかちかしはじめました。

よ〜〜っく見ると、武蔵野七福神の飾り、らしきものが、ぶらさがってはいるのだけれど、正直何がなんだか識別は不能。LEDで表現しようとしたチャレンジ精神はすごいけれど、一気にテンション、外気温並みにさがる〜。

しかも15分にわたるBGMつきショータイム、正月に「♪梅は咲いたか桜はまだかいな」はわかるけれど、五木の子守唄、という選曲はなんだかなぁ。

って好きでずっと見ていたわけではないの〜
バス待っているの〜
凍る寸前でバス到着、セ〜フ!

夕陽

BlogPaint

京王線の中からきれいな夕陽を見つつ高尾方面に向かっています。

小学校から12年間、京王線での電車通学で、見慣れた冬の夕陽のはずなのに、全く記憶が無いのは、もっと楽しいことや、悩みや、もろもろ忙しくあったからでしょうか?

写真は多摩川関戸橋付近。
鳥を観はじめた頃のフィールドに程近いのですが、さすがに水面は暗くて見えません。
今から四半世紀前、ここで初めて会ったミコアイサ。あのドキドキした気持ちは、今から考えるとちょっと「恋」、みたいなものかもしれません。

あれから幾星霜、いろんなものにドキドキしてきたけれど、この頃は?って思うとちょっと寡黙になっちゃうわ。

(@_@;)

37b982ef.jpgなんていうか、ローカル感漂う注意書。まさかこの電車が新宿発、中野、杉並、練馬と東京23区のうち4つも通っている電車とは思えないよね〜。

このあたりが西武線の西武線らしいところ?

それにしても電車のシート切っちゃう、ってどんな人よ!?

紅葉

52de490a.jpg小平から花小金井まで、多摩湖自転車道、ぶらり旅中。
まだ枯れ落ちていない紅葉発見。がんばっているね〜

小平〜

febf4591.jpg紅色のカンツバキ。カンツバキはツバキとサザンカの交配種なのだそうです。
小平でみかけました。

小平といえば嫁ミッション、雪でも吹雪でも風邪ひいてでも敢行せにゃならん、年末のお墓参りです。

シジュウカラが行ったり来たり、そんなのどかなお天気でほっとしました。

出かけるまで高司の手順が悪くて、半日つぶれたあとなので、おのずと私の機嫌も悪くなりました。
険悪な雰囲気の中で、亡舅にお供えするお酒を買いにセブンイレブンへ。
「きよしのお酒はこれ?」
と白鶴○を持ってた高司のドヤ顔。

確かにそれはきよしくんがCM出ているけれど、いまこのタイミングでそれを言う!?
気の使いどころが違いすぎ!とさらなる負のスパイラル突入。

軽くて、薄くて、もちやすくて便利

fed3c840.jpg


タカコさんのおじさまは傘をつくっていらした職人さんだそうです。
80歳をとっくに超えて、もう第一線はしりぞいておられるのですが、可愛い姪っ子に、手作りの袋を時々送ってくれるのですって。

素材は傘を作っていた時の残りの布たち。
なので華美なものはないのですが、ともかく軽くて薄い。
おじさまも美大を出た姪っ子に、かなり気を使ってらしてて、今回送ってこられた袋たちは、み〜んなデザインが違うの。おじさまの苦労がしのばれるプレゼントです。

その中から頂いたのがこちら。

おもてはワインピンク、中は銀色の一枚の布で作られたエコバッグです。
パタパタと折っていくと添付の小さなバッグにすっと入る。駅前などで配っているティッシュほどのコンパクトさになるのです。

新潟に持って行ったら、ともかく軽くて、荷物もしっかり安定して入って、もちやすくてとても便利でした。
タカコさんからのおすそわけ、大事に使います。

さて、今日はそのタカコさんの会社も仕事納め。
毎年納会にお呼ばれいただき、お弁当を食べ、おしゃべりをしてからカラオケ、という流れで年末の一日を楽しく過ごせる幸せを頂いています。

がっ!

今年はその幸せに影さす、デビルSちゃまの歌が!
まぁ〜!!一曲まるまる音程外れて歌っても、何故か94点とか出ちゃうカラオケの鉄人荻窪店8号室の機械。
誰もが90点超えだろうとおもうYさんや高司の歌は70点台だったりして、魔法の声をもつ男Sちゃま、なのかもしれませんが、とんでもなくブルーな私たち。
わたしは「きよしのソーラン節」で96点出したのですが、なんていうか、それすら96点が疑わしく思えてきちゃうでしょうが。

エイトマンなんて、かすかな記憶の中で残っていた歌が、全部宇宙のかなたにすっ飛ぶくらいの、とんでもなできだったのに、高得点。Sちゃまのドヤ顔に、溜息ばかりの夕べとなりました。

他の席がどこもひどい点なのに、Sちゃまのいるそこの席だけ高得点だったときには、タカコさんが「お誕生日席で、ここが一番音を拾いやすいのでは?」と分析してました。

来年はリベンジだぜ!

今日で仕事納めのところが多いのでしょうか?
楽しい年末年始でありますように!

クリスマスプレゼント

cf4fd2f8.jpg


いつもお誕生日とクリスマスにプレゼント交換をする、お友達Yちゃんから、今年も家族全員にクリスマスプレゼントいただきました。
とってもファンキーでPOPな彩りの小物達です。

私には大人花柄の500ccの水筒
高司には、鳥の形をしたハサミ
長男には可愛いデジカメ用かな?プチケース
次男にはネックストラップです。

今年、うちはクリスマスどこじゃなかったけれど、これでクリスマスが来た感じですね。
Yちゃんありがとう!

偲ぶ

父の5番目の姉だった「おばちゃん」が亡くなりました。
数えで101歳でした。
ここ数年、痴呆が進みきってしまっていたのですが、胃も腸も健康で、自宅で寝たきり生活を送っていました。
ずっと世話をしてくれた長男夫婦と、たまたま帰省していた孫娘、ひ孫たちに囲まれて、静かに逝ったそうです。
大往生ですね。

自分も外地に行っていて、結婚して、息子二人産んで、戦争未亡人になって、女の細腕で、息子二人を立派に育てた人です。とっても美人で、品のいい人でした。
4才くらいでしょうか、母と私、小さかった弟、「おばちゃん」と「おばあちゃん」5人で撮った写真があります。
おばあちゃんはホンモノのおばあちゃんではなくて父の3番目の姉で、父が養子に入っていたのでおばあちゃんと呼んでいました。
家はまだ建ったばかりの小さなもの、確か門の前、ゴミを入れる箱があって、私は白い大きエプロンをしています。二人とも今の私よりもおそらく年下。
っていうか母なんて、32歳くらいだわ。

不思議な気がします。

年末年始伯母とのお別れをしに八王子に行くことになりました。
いまだ首のコルセットがとれない母は遠慮させてもらいましょう、と説得をしました。

今日は午前中諸々の用事を済ませ、母を病院に連れて行き、送ってからたまプラーザ。
ここで従兄からの訃報を受け、弟と調整。帰宅しようと思ったら山手線事故で動かず、地下鉄をぐるっと回って帰宅、母の説得と、慌ただしい一日でした。


おかげさま

BlogPaint


昨日、作品展の撤収に伺った新潟から戻って、今年のキャラバンは無事に終了しました。

夜行バス2回、高速バス4回、新幹線3回…我孫子、軽井沢、新潟、大阪と計10泊プラス車中2泊で、奈良や京都にも寄りました。
行く先々でお世話になったみなさま、会うたびに力づけてくださったり、体調を案じるメールを送ってくださった方々、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
おかげさま、という言葉をしみじみと噛みしめております。

特に、新潟!出張で何度も行っていた新潟競馬場に寄れはしなかったけれど、今回の3回に新潟行きで、半世紀ぶりの新潟に新しい発見がいっぱいでした。
京都でむらか先生と過ごせたのも楽しかったなぁ…

お教室のCさんが「お楽しみも散りばめてあるからだいじょうぶね」と行って下さってて、まさにその通りでした。
上賀茂神社の天空の虹と、朝霞の彌彦神社は、絶景でした。

「帰って一日のんびり…」というのは、私には似合わないので、今日は午前中はたまっていた諸々をし急ぎ荻窪へ。

午後からはタカコさんのところの荻窪の倉庫で、額からひたすら絵を外す作業を。
杉並と新潟の二か所で60パネル以上飾っていただいたので、かなりのボリュームです。

大きいものは額に入れたままの方が帰かえて安全なので、4ツ切までの額までの大きさのものを8割方済ませて、ほっと一息。
額の裏の金具で爪先や指先を痛めないように。けっこう気をつけて作業しないと、絵を汚したり傷つけたりするので、ガサツな私には修行のよう。額はガラス入りで重いし、金具の開閉にもけっこう力がいるので、今の私の手はパンパンです。
外した絵は自宅の桐ダンスにしまうのですが、これは今日は勘弁。

そして、夕方はYちゃんちと母のところと、行ったり来たりしていました。

師走で、私は先生でも何でもないけれど、走り回った感たっぷりでね〜。

なのでキャラバン終了は思い切り楽しむぞ!と思っていたピグもまだまだお預け。
でも、最強の竿を50本ももらえたので、にっこり。
こういうぷちラッキー、大好きです。

みなさんも年末年始、ぷちラッキーがいっぱいありますように!

とっぴー

b2e21c6c.jpg


とっぴ〜と耳で聞くと、突飛〜と言われているようですが…

この「とっぴーちゃん」は違います。
「トッキッキ」というユニットを「きっぴーちゃん」と組んで、新潟の観光やイベントを盛りあげている、キャラクターなのです。ちなみにとっぴーちゃんは男の子、きっぴーちゃんは女の子。
「新潟県宣伝課長」という大役もになっているそうです。

ちなみにこの写真がとっぴーちゃん。

元小学校だったコミニュティセンターの玄関先に、雪をモノともせずに、今にも走りだしそうな勢いで立っていました。
ちなみにこちらのコミセンにある体育館の中では人工芝を敷き詰めてあって、地域の方がゲートボールを熱心に楽しんでおられました。

あれ?

0bed077a.jpg


新潟の古町モール内でみかけた、見慣れたローソンとは違う看板。とはいえ、京都みたいに景観上の規制で色を変えているようでもなく…

よくよく見るとどうも地元の学校とのコラボらしいのだけれど。
ちょっと不思議な気持ち。

佐潟でうれしいことが!

db8c25b6.jpg

鳥屋野潟の脇を通り過ぎて、佐潟水鳥・湿地センターにも連れてきていただきました。

佐潟に面した一面の大きなガラス窓が圧巻の観察コーナー。目の前にはマガモ、コガモをメインにすごい数のカモがゆったりと浮かんでいます。

ずらっと並んだ望遠鏡各々に真新しい「新 山野の鳥」「新 水辺の鳥」が。
なんと昨日この図鑑に替えたばかりと、12年おられるという環境省のSさんが教えてくださいました。
おもいがけない偶然に感激。

新潟の冬の鳥観、すごいものがありますね!

視線の先は、シジュウカラガン

e626a420.jpg

今日は公休なので、と福島潟のレンジャーCちゃんが、車で鳥観に案内してくれることになりました。

ビュー福島潟に伺うと、やはり公休だった館長さんと、佐潟のレンジャーSちゃんも同行してくださることに。
思いがけない嬉しいツアーにワクワク感が高まります。

「何がみたいですか?
ハクガン!
という無茶振りをしてしまって…。でもSちゃんが、田んぼでくつろぐオオヒシクイの群れの中に、早速シジュウカラガンを7羽をみつけてくれてラッキー。
なんて美しい姿でしょう。しかも一羽は寝ています。

このあと、ハクチョウがそこここに降りているたんぽを過ぎて、ミヤマガラスを堪能。
猛禽も、チュウヒ、ノスリ、チョウゲンポウ、オオタカ…あトビも。
最高の鳥観ができました。

おはようございます。

70333345.jpg昨夕の雷は夜にはおさまったものの、深夜にかけて風が強く吹き、ゴーゴーという音が泊まっているコテージにぶつかり続けていました。テレビなどがないと自然の音に敏感になるのね。果てしない夜っぽかったです。雪は思ったより積もっていません。

58ca95bc.jpg福島潟、さっきまでの青空が嘘のよう、雪が降り始め、雷がなり響いてきました。

福島潟

3dbf4b11.jpg福島潟毎週土曜日定例の観察会に参加させていただきました。ビュー福島潟の脇の田んぼ。雪のかたまり?と思うと白鳥で、オオヒシクイやマガン、タゲリと贅沢な空間が広がっています。さあ、頑張って鳥を観るぞ!

おはようございます。

d8392efe.jpg天気予報でびびっていたほど、新潟は寒くもなく、新潟駅前は雪も積もっていませんでした。重装備のモコパン:ウォームパンツで芽が出そうな白新線、車中からみた東潟駅構内の様子。 空が北国。

荒川渡ります

242a7335.jpg東京環境工科専門学校の皆様においとまして、さらば東京の灯よ、荒川を渡っていまから埼玉県。目指すは大寒波が来ているという日本海側、新潟です。今夜は新潟駅前泊、明日、水の駅ビュー福島潟作品展の撤収です。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ