タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

September 2012

お天気が心配。

7d9fb910.jpg今日はご近所、井草八幡宮の例大祭宵宮です。
この頃は土日に合わせて例大祭をするお宮も多いようですが、こちらのお宮は曜日に関係なく、9月30日が宵宮、明けて10月1日が本祭、とても賑わうお祭りです。今年は14日に5年に一度の流鏑馬も予定されていて、地元はもりあがっています。
とはいえ、なんとも不穏な天気予報で、気をもんでいます。せめて22時閉門までもってほしいのですが。かなり暗い空になってきています。ただの雨じゃすまない雰囲気。心配。

橋寛憲さんの針金造形作品展

ab5c7c62.jpg「いろいろないきもの」というテーマの作品展です。
一本の針金から、カエルや昆虫、鳥などを作りあげる、橋寛憲さん。
生きものの息遣いが、感じられる素晴らしい作品を銀座松屋のギャラリーで拝見してから大ファンになりました。
今年はJR阿佐ケ谷駅北口2分のところにある
art gallery OPPO (電話03-3223-2080)
で明日30日17時まで、開催中です。
写真はお客さまのリクエストで制作中の「ヤモリ」です。可愛い手がたまりません!

※橋さんご本人とギャラリーの許可を得て撮影掲載しています。

W台風のばかやろぉ~

オガ本や魚サンを愛でつつも、今日も私は肺にまったく余裕なし子ちゃん。
小笠原なでながら太平洋北上してる台風18号と、何処かの国の方向に行くはずが、18号が気になって追いかけている17号のW台風挟み撃ちのおかげで、肺はそりゃもうの絶不調。
酸欠気味だと、前後不覚で寝ちゃっているってことがあるのね。
今日は3回もキーボード枕に爆睡してました。
このままだと、明日は確実に点滴コースだわ。

持病持ちのみなさま。どうぞお気をつけて!

オガ本と、魚サン!

0026c97a.jpgできたてほやほや。JTBパブリッシング楽学シリーズ「自然3・世界遺産小笠原」
小笠原に通って30年という写真家・榊原逸雄さんの、美しい写真満載の、かゆい所に手の届くような完璧なガイドブック。
おととし小笠原に伺う前に、この本があったら、もっと楽しめたろうなぁという充実の内容。

高司が野鳥図鑑部分でイラストをお貸ししたので、1冊送って頂きました。
鳥のイラストが美しいのはもちろんですが、番外のオガサワラオオコウモリの情けない顔も必見です。
みなさまのお近くの書店にもそろそろ並ぶ頃なので、ぜひ!ご覧くださいまし。

この本に惜しい!と思うところが一つあるとしたら、それは魚サンに触れていないことかなぁ。
「魚サン=漁業組合のオリジナルサンダル・略して魚サン」
父島と・母島の魚サンは、デザインも質感も違って、それぞれに根強いファンがついているのですて。
島の方々のオフィシャルな履物、といっても良いくらい、老若男女が履いておられました。
私のは母島モデルの840円。おしゃれな色でしょう?茶色が主流なのですが数色展開。
まだもったいなくて履いてません。


空を見なよ

355f8b4b.jpg
今日も何だかあわただしい1日でした。
こんな日はシャ乱Qの「空を見なよ」のような、心の持ちようがとっても大事と、こないだの青梅梅の公園展望台から見た秋空の写真を貼ってみました。

なぜなら、今日は思いきりブチ切れた日だったからね。

2時に寝て、6時半に起きて、11時半まで必死でお仕事しつつ、合間に戻ってくる次男の昼食を作り、母を連れて荻窪の病院&買い物、で一旦母宅に母を送り、中野坂上の私の病院に。この間ベクトルさんにデータのこととかで3回伺い、最後また母宅に寄って、やっとこ家に戻り。

「僕何でもします」という夫の声を聞き流し、最後の力を振り絞って晩ご飯作りかけたら、昼食の皿が食洗器の中に放置されたままという無責任な状態に、一気に怒り決壊。
食器はこまめに洗いましょう、中途半端な量だからと洗わないのはやめてください。とあれほど言っているのに。
晩ご飯でお皿やコップ人数分出るのよ、入らない分をどうするのかな?
ただ食洗機のスイッチ入れることすらできない奴が、何をえらそうに、何でもしますだぁ!?
結局、食洗器が稼働終わって、次の食器を入れるまで、私は眠れないということが、なんで65にもなって分からんか。
ということで久しぶりに切れたのでございます。

そのくらいのこと、って思うかな?でも食洗機が終わるまでの1時間強って、待っていると長いのですよ。
食洗機のある生活20年弱の私には、到底手洗いの選択はなし。だって、水も電気も時間もエコなんだもん。

分かる人にはわかる苛立ち。
分からない人は、きっとそういうことをご家族にしていて、気づいていない。でご家族も余裕があって。しょうがないなぁで済むんだろうけれど。
私にはまったくそんな余裕はありません。てか、何度同じことを言えばいいんだろうと、徒労感だけが募るのよ。
何一つ私が留守の8時間の間、難しこと頼んでなんかいないのに。
ほとほと疲れた、こういうのは。

寝るタイミングを逃して、もうすぐ3時だもん。やんなちゃう。
明日の朝は意地でも起きない、息子たち、好きに食べて出かけてよ。


頂き物

3045b977.jpgなんと!!荻窪で採れたブドウです!!
いつもお世話になっている印刷会社ベクトルのTさんの家で採れたもの。家の周りをぐるり囲むようにブドウの木が伸びているらしい。
今年はハクビシンが邪魔をしに来て、大騒ぎだったのだけれど、無事に収穫できたのですね。よかった…

ハクビシン、害獣としている自治体と、かなり前から日本に住んでいる獣としてタヌキと同じように扱っている自治体とがあるようです。
捕まえてもいいか、いけないか。みたいなところも微妙に変わってきますね。
コジュケイだって元は籠脱けだろうし、とか考えると、ハクビシンはどうしたものか。タヌキとは一線を画してやりたい、むしろアライグマ寄りの扱いにしたいけどな。

脱皮したてのトカゲって…

fb6f4aa7.jpgイワシの一夜干しに見えない?
けっこうテラテラ生々しく光っていて、それはそれできれいだったのですが、でもイワシに見えましたって。
青梅梅の公園の展望台で、タカの合間に高司が見つけて、しばらく遊んでもらってたトカゲです。

さて、この丸々太ったトカゲ以上に丸々肥えている私が、今日一日抱えていたのは、来月末に出していただく予定の本の最終色校正。
こないだ入稿した時には、ばっちり!だったはずの内容が…
環境省・絶滅危惧種リストが8月28日に選定しなおされていたり、例の日本鳥学会の目録で色々と変わってきた部分がでたりで、なんていうか、ほんと泣きそうでございました。とはいえ出版月日をずらす訳にはいかんしな。
ひたすら字数とにらめっこでした。
台風は相変わらず足元に居るし、苦しい時に何故かお向かいの家が蚊を退治すると称して異臭むんむんで何か燃やしてくれるし。泣きっ面に蜂状態。さすがに凹みちゃんだわ。

大人の雪見だいふく!

a542e77d.jpg息子たちが小学生だった頃、給食のハイライトのひとつが「雪見だいふく」でした。
みんなと食べる、給食の中での非日常、スペシャルのアイスクリームはことのほか美味しかったようで、「雪見だいふく」がでた日は大興奮で帰ってきたものでした。

あれから幾星霜。ここのところアイスクリーム売り場に行くと探していたのが、この「大人の雪見だいふく」。
なんだか大人仕様らしい。
私は雪見だいふくは苦手だし、ダイエット最中なので当然NGですが、病み上がりの次男の熱望してやまない新商品だったので、そりゃもう熱心に探しました。
でも全然売っていない!諦めかけていたところ…思いがけない掘り出し物が満載のご近所「ガッツストアー」で、次男本人が見つけて、やはり大興奮で帰ってきました。もしかしたら「雪見だいふく=無条件で体内アドレナリン上昇」という流れができているのかもな。
お味の方は「うめぇ、これうめぇ、誰にもやんねぇ」という、ま大人とは遠い表現で、ほぉ、説明にはなってないなと。

でも、息子たちと同じように小さい頃「雪見だいふく」で興奮した世代には、この「大人の雪見だいふく」は響きからいってたまらんだろうなぁ。確かにあの時より大人だし。自分でアイスクリーム買えるんだぜぃ、みたいな嬉しさもあるだろうし。
もしかしたらこれから「大人の…」という商品展開が嵐のように押し寄せてくるのかな?「大人のエンゼルパイ」とか「大人のカール」とかね。

あ「大人のためのバードウオッチング入門」って本もあるから、忘れないでね〜

それにしても台風、2つもいるのよね。9月のこの時期の台風は夏の疲れが残る身には、ほんとにしんどいわ。

コスモス

fd90c2f7.jpg秋桜。コスモスという響きも、漢字の表記もなんだか心の奥をくすぐるような気がします。

青梅梅の公園では、日本野鳥の会奥多摩の方々がやさしく受け入れてくださって、幸せでした。
20羽以下の小さなものではありましたが、鷹柱も何回か観ることができました。
気流に乗ってサシバたちが、空に上がっていく姿は、本当力強い。
無事の旅路を祈りつつおくりました。

楽しくタカ観をしたあとは、長男嫁ミッションの墓参。今回は秋のお彼岸編ですね。
日向和田からの青梅に、そして西武新宿線で小平に。
写真のコスモスは、青梅の農協の売店で見つけたものです。お仏花もあったのですが、コスモスがあまりに美しくて、舅も自然散策が好きだったので、喜んでくれるかなと2束求めました。
もちろん恒例草むしりミッションも敢行したしね。

8時10分に家を出て上石神井駅に戻ったのが16時54分。
着いた途端に次男から晩ご飯に「白菜と塩豚の煮もの」のリクエストがあって、家に帰ってもう一仕事。でも、実りの多い一日でした。
お世話になったみなさまありがとうございました。


青梅梅の公園につきました。

dfba2f76.jpgどれだけタカが飛んでくれるか…。楽しみです。
ここは日本野鳥の会奥多摩のみなさんが、毎年きちんとしたデータをとり保護の役に立てている、大切なフィールドなので、邪魔をしないように、タカを探します。
風、気持ちいいです。

ホントは一昨日、Sちゃまと3人で来ようと言っていたのですが、お天気で断念。
今朝目覚めたらあまりに良いお天気。「今日は鷹が気持ちよく飛べるね〜。良かった」と家に居るつもり発言をしてはいたのですが、気づいたら速攻で出かけてきました。仕事の打ち合わせで参加できなかったSちゃま、ぶんむくれだったけれど、許してね。
仕事押せ押せの高司ではありますが、フィールドに出るのも勉強なので、ここもご容赦を。

大間のマグロの中骨の出汁いりの醤油。

8b482ccb.jpg堂々としたマグロが踊っている、何だかありがたいラベルのお醤油。
名前は聞いたことがある「大間のマグロ」。その中骨が使われているという醤油は、醸造酢やハチミツなど天然系の調味料も加わってとても深い味、濃厚で動物的な味でした。
150mlで600円というのはやはり大間ブランドかしらん?
とはいえ、これは閉店間際のいなげやの、半額ワゴンでみつけた戦利品です。
マグロを買うほど贅沢なご飯をしていないので、お魚との相性は未体験ですが、お豆腐系にはばっちりでした。

ご心配おかけしていた次男は、昨日から仕事に復帰。早々に宿直で下が無事に乗り切りました。午前中仕事をして、夕方は会議に出て、雨に濡れながら行ったり来たりでしたが、おかげさまで一日無事に過ぎました。
やっぱり若いなぁと。、今頃になって、どぉぉんっと色んな疲れがでている私、しみじみ羨ましゅうございます。
昨日もし晴れて青梅までタカの渡り見に行ってたら、完全にダウンのパターンだわ。
体力回復と、雨でとどまっているタカたちの活動開始と、どっちが早いだろうか。

おひさしぶりのでんでん虫

30a5290a.jpg雨上がりの井の頭自然文化園動物園で木の根っこに居た、でんでん虫。
小さい頃は府中の家の庭に山盛りいたのに、マンション住まいが30年近くにもなると、とんとご無沙汰。
ヌメヌメ感は相変わらず苦手だけれど、「あ、元気だった?」と言いたくなるのは何故だろう。

次男の体調も、でんでん虫のように、そろそろと回復。おかげさまで、今日からやっと仕事に復活しました。
昨日、母の主治医の梶谷先生に、過日の顛末を話したら「それはシンナー中毒だね」と。ワックスにはシンナー系のものが入っているので要注意なんですって。激しい頭痛や目の痙攣などは、一晩ワックス臭を吸ったことの、明らかな中毒症状だそうです。
お腹が締め付けられる程痛かったのは、体内に毒が入ると一番最初に腸が反応して、蠕動活動をするからだそうです。で、腸内にあった便を(不快な方、ごめんなさい)腸が細切れにしていくので、次男の腹部のレントゲンは、真珠の首飾りように腸に黒い丸が点在していたのですね。小腸までそれがいってたというのは、かなりな反応だったようです。
「瞳孔も開いているっていわれたの」「え〜!?よかったね〜無事で。ともかく今度そういう匂いがしたら逃げなきゃ」。

救急搬送先の先生方もとてもよく診てくださったのですが、お腹の痛みは胃腸炎です、というところで、え?何が原因で!?とちょっと「?」の部分があったのですが、梶谷先生のお話ですっかり目からうろこでした。長いキャリアに裏打ちされた先生の、ツボを得たお話、さすがと感服した次第。
それにしても人間の体ってすごいのね。異物や毒が入ったら、頭痛や腹痛で教えてくれるんだから。

といいつつ私の肺も午前中から黄色信号点りっぱなし。案の定、台風17号Jelawat(ジェラワット)が生まれたと夕方発表になりました。つつがなく過ごさなきゃ。
今日はホントは青梅梅の公園に高司とSちゃまと3人でタカの渡りを見に行きたかったんだけれど、天気がこんなで断念したの、。正解でした。

はな子さん慰問中。

b027bd0f.jpg私のほうが若いのよ、とはな子さん、ブブヒッって鼻を鳴らして抗議しています。

将軍さまの孫と語らう

38e8426b.jpgキヨコ83歳。
井の頭自然文化園彫刻館あたり、北村西望の作品が雨上がりの緑に映えて美しいです。

動物園に所用があって、母の病院帰りに寄ったら、敬老週間で付き添いの私まで入場無料でした。
母はこのあと「あの時会っておけば」とか思うといやだからとはな子さんのところまで。それは65歳のはな子さんの台詞だよね。

やん、ゆるきゃら?

6c4ba0dc.jpgと思っちゃいそうなマンタの絵。
見れば見るほど、脱力で、でも可愛い。描いた人がきっとマンタ好きなんだね。愛がこまっているもの。

そして!この「石垣島のマンタちん」というネーミングも”ちんすこう”にかけているというあたりで秀逸。

こないだの連休で沖縄行ってきました〜というHさんから頂きました。
「わかってもらえると思います!」って。
うん、ツボだったよぉ。ありがとう!

そしてこのマンタのように呆けた顔をしていた次男も、今日はおなかがすいた様子で、ちょっと人心地。
それにしても「カツ丼食いてぇ〜」はどうなのよ、と思いながらも、お教室の帰り大戸屋でカツ丼買ってみました。がっつりいけたので、そろそろ大丈夫モード突入かな?

思いきりの笑顔でしょ?

c0f1a92f.jpg専門店のフリーペーパーの取材を受けている高司です。
「書斎のお写真も…」といわれ、そんなもんはありませんっ!と荻窪の倉庫の上で写真を撮っていただきました。
可愛いお嬢さんと、動きのいいカメラマンさん、気持ちの良い取材でした。
どこの、何に載るかは今は内緒です。もう少し待っててね〜

新宿御苑の前から時間がなくて髪も切りにいかれなかったので、朝一番でお友達の床屋さんに駆けこんで、さっぱりしてきました。
多少髪が心もとなくなってきて、口では丸坊主にしよぉかな、とか言ってるけどまだまだ未練がある様子です。NPには切るものがあるだけいい!と言われているしね。

そしてみなさまにご心配いただいた次男、なんとこの騒ぎで2.5kg減。母は250gだって痩せるの大変なのに。
でもさすがに一気に痩せた彼は、骨のかたちがわかりすぎて、かなり哀れです。丸裸のヒナみたい。それでも昨夜12時間ぶっとうしで寝られたので、いくらか人心地がついたようです。現場復帰まではもう少し!

元気な時にはまずい

a38dc319.jpgといわれる「経口補水液」です。
脱水症状の次男に、スポーツドリンクよりも、こちらがいいとお医者さまが進めてくれました。
昨日、買ってきたのを飲みつくし、スポーツドリンクも飲みつくし、濡れた子犬のような目でみるので、しょうがないなぁと、雷がバンバンなる中、ご近所まで買い出しに行ってきました。
リュック背負っていくことか?と思いつつも、張り番で見ててくださいって言われた手前お世話せにゃいかんのだろうな、23歳成人男子で私よりもずっとでかくてもな。

なんだかね、カッコウの托卵とかに似てない?
さしずめ私は声のでかさでオオヨシキリあたりかな。セッカのようにせわしなくは泣けないし…とか言ってたら、高司が
「セッカは今度ウグイス科からセッカ科になったんだよ」
「ヤブサメとウグイスはウグイス科のままなんだけど」「
「センニュウ科とヨシキリ科………」
延々今度の新しい鳥類目録のおさらいをはじめました。
やっぱトイレに貼って覚えるしかないな。

今日の一日に感謝

be3fc16c.jpg
新宿御苑作品展千秋楽の今日、わずか40分ほどしか会場におられずに、とても残念でした。
お越しいただいたみなさま、申し訳ありません。
そして撤収を手伝ってくれたSちゃま二世、ほんとにありがとう。

昨日からの絶不調が続いたままだった次男、顔色も最悪で、脱水症状もあったので救急車を要請しました。
東京医大の先生からは頭痛と熱なら再診を、痙攣や腹痛の場合は救急車を、と指示を受けていたのですが、結局東京医大での受診がよいだろうという救急隊の判断で、今日もそちらへ。

腹部のレントゲンでは胃腸炎がみられ炎症反応も昨日より上がっているとのことでしたが、それだけで本人が驚くような高熱や激しい頭痛がでるだろうか、というところと、中毒症状は急に出るものばかりではない、ということで内科の先生お二人に加え、神経内科の先生にも診ていただきました。
とりあえずの中毒症状は見られないとのこと。ワックスとの因果関係はわからないので、これからも頭痛や腹痛・吐き気などあったら要注意なので2日間は張り番をしてください、と言われ、点滴を一本していただいて、昨日のお薬とは別のお薬をいただいて、なんとか帰宅したのが3時過ぎでした。

次男に何か食べたいものは?と聞くと「ももかん」「?」「桃の缶詰」
というので、おまけに桃のゼリーもつけてあげました。
よっ!母さん太っ腹!って見たまんまか、それじゃ。

みなさまにもご心配おかけしましたが、ぬりかべのように真っ白だった顔に、ほんのり血の気が戻ってきました。
ありがとうございました。
おじやも食べ、桃缶も一人食いし、話もしっかりできるようになりましたが、もう少し仕事もお休みいただいて、数日は家で様子見です。


ここは西新宿

b5d12c04.jpg絶不調の次男とともに、救急で行った東京医大病院で見上げた空。
彼とこの病院にきたのは、前回は14年前。

学校の池に落ちていたおもちゃのピストルの弾、BB弾を耳の穴に隠す、という不思議な行動をし、それがとれないと父親に訴え、さらに耳の奥に弾を押し込まれ、それでもお絵かき教室に行っちゃった日の夜。
救急で耳鼻科を訪ねたのでした。
ここの病院は歌舞伎町あたりの救急の患者さんも多く運び込まれます。その日はちょうど組の方々の抗争があったらしく、強面でいかにもその方面の方々が、血まみれになり、吠えながら何人も運ばれてきました。「お巡りさん、いてぇよぉ〜」と訴える組の人に「貫通してないぞ、そのくらいで泣くな!」と桜田門の人。血染めのワイシャツ、走る警官隊、まるで映画のようでした。

その中に耳の穴に詰まったBB弾をとってもらうために、ちんまりと待っている私たち母子。完全に浮いておりました。どこ見ていいかも分からない妙な緊張感。
やっと弾をとっていただいて、外に出て見上げた空に
「おかあさん、すっかり夜になっちゃったね。帰ろうか」
と、しっかりと私の手を握りつぶやいたのが次男でした。生まれて初めて見る光景、よっぽど怖かったんだろうなぁと思ったものでした。

今日の彼の不調の原因は、どうもぬりたてのワックス臭のするところで一晩過ごしたことで中毒症状がでた様子。
血液検査、頭部CT、レントゲン検査をしていただいてから大きな点滴を。その間も熱が上がっていって、13年前とは違うドキドキでした。とりあえずは帰宅し、経過観察中です。

今日せっかく新宿御苑にお運びいただいたみなさま、不在で大変失礼しました。そんな事情でごめんなさい。

KONNEで冷汁。

28021d56.jpg新宿駅サザンテラス口にある、宮崎物産館のKONNE。
イートインがあるので、思い立って帰り道、高司とそこで冷汁を頂きました。
コクのある味噌味の汁に、豆腐やシソやゴマが入っていて、会場の暑さにへたり気味の体には沁み入ります。
「んまいっ!」

おかげさまで新宿御苑の作品展も5日間が無事終了。今日も多くの方にお越しいただきました。
ありがたいことでした。会員の皆さんが、とてもうれしそうにご自身の作品を見入っている姿が素敵で、あぁ準備頑張ってよかったなってしみじみ思います。

鳥学会大会の様子もTwitterで刻一刻とわかって、面白かったなぁ。良い時代に生まれたってことでしょうか?
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ