タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

January 2013

ふむ

ec64d593.jpg3Mのやたら立派なマスクで歩いた一日。大絶賛だったのはお医者さまと看護婦さん。荻窪ルミネの顔見知りの店員さんたちには「どうしたんですかっ!?」。重病と思われたみたい。私は元気です。

マスク星人

5a784884.jpg昨日の3Mのマスク、つけてみました。
かなり大きいし、形状が不思議。つけたまま走ってみても、メガネ曇りませんがけっこう暑いです。小顔効果がのぞめるかしら?

かなり大げさな感じですが、いまから吉祥寺の病院、大久保の鍼と母を連れて行ってきます。
ウイルスととか、みえない汚染物質とか、自由人の母とか、おでかけするのも闘いだわ。

3M 好侫譽奪ス 防じんマスクDS1

170d29e6.jpg国家検定合格品、ノーズクリップ&エンボス加工&2面立体構造&位置調整タブ…
というおよそマスクとは思えないほどいろんな能書きがついています。

ここのところニュースを賑わしている、西の国の大気汚染。風に乗ってこの何かわからない粉塵が飛んでくるかもしれないと、外での仕事もある次男がいきなりの防御態勢。
PC前で時間かけていろいろ機能を比べ、一番高性能でコストパフォーマンスの良いものと選んだこのマスクが、ガツンと一箱20枚入りを注文したのが届いたのです。

ずっと以前に台湾でSARSが大流行した時、台中に住むお友達からマスクが欲しいとSOSがあり、その時指定されたのがやはり3Mのものでした。
立体的に作られたもので、医療用。完璧にウイルスを寄せつけないらしい。
うち用にも一箱買ったものの、口にはめると息が出来なくなるくらい機密性が高くて、酸欠で歩けなくなるほど。結局使うタイミングを逸するうち、ゴムがのびてしまってゴミと化した情けない記憶がよみがえってきました。

今回のマスク…どんなもんかなぁと遠巻きに見ていたら、粉塵が私の肺へも影響があるといけないからと、真っ先に一枚試着させられました。
あら、不思議、こんなにいろんな機能満載なのに、ちゃんと息ができます。顔にもとってもぴったり合うし。いいかも。

でもね〜なんていうか位置調整タブというのが、まるで孫悟空だか河童の口元のようで、かなり異様。
しかもゴムは頸にかけるのが1本、頭頂で固定するようが1本、とかなり大げさな作り。耳にかけるゴムはない。

昨日今日はお籠りだったのですが、明日は一日外なので、これを付けていくように息子から言われたものの。さて。ビジュアル的にかなり勇気がいるかも。
明日、吉祥寺や大久保で杖をついた婆連れている、小太りの河童みたいのがいたら、それは私です。
怖がらないで声掛けてください。

はらぺこあおむし♪

571ce3b6.jpg200円のガチャです。
ツボでした。
夫と次男が横にいなければ、5種全部出るまでずっと廻していたと思います。
でも、1000円投入したからってオールクリアできる保証もないし。
密かにリベンジを誓い、昨日の夜のヨドバシカメラを後にしたのでした。

チョコレートケーキははらぺこあおむしが、いろんな果物や野菜をむしゃむしゃ食べたあと、最後にこれを食べて
「……そのばん あおむしは おなかがいたくて泣きました」
ってなる食べ物でしたね。
まだお腹が痛くなる前のあおむしがケーキから顔を出している。あおむし部分だけが立体的なチャームです。


「はらぺこあおむし」は息子たちが小さい頃、ボロボロになるまで読み聞かせした本の一つです。
おなかがいたくて泣きました…というところで彼らが心配そうな顔になり、最後美しい蝶になってにっこりするのをみるのが好きでした。

エリック・カール、レオ・レオニ、マーガレット・ブロイ・グレアム、バージニア・リー・バートンあたり、いまでもソラでお話しできそうなくらい大好きでした。
絵本って子どもだけでなく、大人も幸せにしてくれるよね。

んん〜〜〜、このガチャもそういう大人狙いかな?乗ってしまったぁ〜

白くてまるいものは…

1c1944ce.jpg吉祥寺駅北口のバスロータリー。昨夜7時頃の様子です。
クスノキの街路樹の中に、ハクセイキレイがちらちらと見えました。
ふだん地面を歩いているか、建物の縁にとまっている姿を見ることが多いので、このアングルでみるとエナガのようで可愛いですね。

日没時間には、すごく不器用にクスノキにボコボコと降りてくるのですが、夜が更けると静かに眠っているようです。

私たちが見上げて写真を撮っていると、若いカップルが「あれは何ですか?」と聞いてきました。
何が居るんだろうっていつも気になっていたんです、と。
いいなぁ。そういうカップル。

え?うち?公休だった次男が自転車で買い出しにでかけた吉祥寺で、荷物が多くなりすぎたというので、志願してお手伝いにいっただけ。
彼の自転車はクロスバイクなので荷台がついていないのね。買いだしはやっぱママちゃりが無敵だね。
ま、晩ご飯「ねぎし」でごちそうになって、楽しいひと時でありましたが。

ボンタンアメ

52d958f8.jpg次男が大好きでいつも買ってくるボンタンアメ。
このレトロなパッケージがたまりません。お酒もタバコも好きだった父が、ふるさと鹿児島のボンタンを思い出してか、この飴を嬉しそうに買ってきた半世紀前と、おそらく同じだと思う。

次男はタバコは吸わないけれど、お酒は薩摩隼人の父ゆずりでめっぽう好き。
ボンタンアメ好きも隔世遺伝かな。

ただ私は小さい頃、山盛り文旦の皮の砂糖漬けを食べさせられて、背負い文旦が終わったみたいで、ちょっと苦手なんだなぁ。
半世紀前、鹿児島から当時チッキで送られてくるものといえば、鰹節・餡の入っていないかるかん・文旦、そして文旦の砂糖漬けくらいで、いつも家にあの甘い皮があったような。

チッキっていう響きあたり、とても昭和だけど、でも、長い旅をして届く荷物のありがたさがあった。
いまみたい流通が発達してくると、それぞれの地方の味が身近になりすぎて、ありがたさも薄れがちかしらね。


色の不思議。

273b1f37.jpgずっとまえにきよしくんの歌番組収録に行った時、きれいなエメラルドグリーンの衣装がテレビで放映された時は水色になっていて、ほぉ、と思いました。

昨日の高司のブログで紫のパーカーに映っているのが実は深い緑のパーカーです。
Sちゃまの奥さんのJちゃんは写真を専門に勉強していたので、顔にあわせて色の調整をして撮ってくれたのです。
いつもよりずっとカッコよく撮れている気がするのは、やっぱJちゃんの腕がいいからね。

この写真の背景にあるのは高司の活動の案内プレートです。杉並区の方が作って飾ってくださいました。
善福寺川「水鳥の棲む水辺」創出事業2013シンポジウム、今年は近隣の小学生たちの水鳥のカウントでお手伝いしましたが、以前開催されたシンポジウムで、担当者の方と出合ったのがきっかけで中野杉並地域限定切手を作っていただいた経緯もあり、私たちにとっても御縁のある会合なのです。

さて、今日はホントに久しぶりに家に居た日。一歩も出ずじまいでした。
考えてみれば例年1月は秋からの疲れが出て倒れていることが多いのです。
でも今年は、なんと9日から13連日お出かけという快挙。
よく、ノロやインフルもらわずに済んでいると思いつつ、さすがに今日は家で潜伏&洗濯。
私は洗濯ものするの大好きなの。何だかいろんなことがスッキリする気がするもの。
そんな時は、BGMはつんちゃんの声が出ていた頃のシャ乱Q。
君の香りがする雨、とか都会のメロディとか、いいよね。




無花果と生ハムのサラダ

a61a76f0.jpg無花果ってあまり食べたことないのだけれど、干した果実を上手にもどした甘味と、生ハムの塩気が絶妙。荻窪ル クール ピューで新しい味との遭遇。

勤労福祉会館西荻地域区民センターでの、杉並区主催善福寺川「水鳥の棲む水辺」創出事業2013シンポジウム。都市部を流れる川のさまざまな側面を知ることができた実り多い3時間半でしたが、さすがに座りっぱなしは疲れました。

朝から一食しか食べていないので、モンガ堂さんに寄ったあと、ここまで足を伸ばして、高司とエネルギーチャージ中。

( ̄ロ ̄;)

f391886b.jpg「ごはんたべた?」
「食べたわよ、バタートーストにマーマレードぬって、コーヒー」

病院に向かう道すがらの母との会話。これが昼前なら、そうなの、で済む話しだけれど、3時すぎだから大問題。
出かける前に洗い物増やすのがいやだとか何とかいっぱいの言い訳。
案の定、病院で血圧低めで先生のチェック入りました。出かける前だからこそ、食べなければいけません、と。そりゃそうだ。

「ねぎし」なら食べられるというので、ランチタイム終了間際に入店、はじめての豚旨焼きをお願いして、完食してもらいました。ほっ。

私は昼に打ち合わせを兼ねて軽くランチをし、タカコさんのところでお願い事をし、と動き回ってはいたのだけれど、まさかの母の腹ペコあおむし状態で、一緒にランチをいただくことに。麦ごはん1/3にしてもらって、早めの晩ご飯ってことですね。

母もそろそろ一人でおいておくには不安かな、と思う夕方。

ほぉ…

dc500de8.jpg昨日伺った支那そばや本店店頭に飾ってあった佐野実さんのお言葉。
独特の美学ってやつでしょうか?

麺が男でというのを、うちで例えると、高司は案外、芯のしっかりしたストレートの中太麺あたり。
スープが女…って今の私のビジュアルだと迷わず背脂チャッチャ系だけど。心意気としては澄み切った塩、あたりでお願いしたいものです。

今日は朝から電話、電話で、そのあと母を病院、鍼、買い物に連れていき、昼ご飯晩ご飯ちゃんと作り、夜中10時過ぎに荻窪の倉庫まで大荷物持って行くという、ハードな一日でありました。

それでも、昨日の佐野さんの美味しいらぁ麺と、多くの方にパワーをいただいて、今日も一日終わりそうです。 ありがとうございました。
今日みなさまにかけて頂いた言葉をしっかり胸に刻んで、まっすぐ進んでいかなきゃ!がんばります。

リアル版「まるごと羅臼 鮭らぁ麺 しょうゆ味」

3fb747ae.jpg
長い名前のラーメンですが、なんと超レアなラーメンなのです。

ラーメンデータバンクのサイトを見ていたら募集していた、戸塚駅前支那そばや本店での、「明星 佐野実 らぁ麺」の発売を記念したリアル店舗試食プレゼント。ふらっと応募したらぬわんと当選!
いそいそと湘南新宿ラインでやってきました。
2名エントリーだったので高司と一緒です。

私がラーメン行脚していた頃、塩ラーメンはまだ少数派で、ひたすら塩ラーメンにこだわって作っていたのは、佐野実さんのお店と銀座・勇、天神下大喜・環八沿いせたがやくらいでした。これらのお店の塩ラーメンは絶品で、塩ほど嘘のつけないラーメンはないと、しみじみ思いました。

その佐野さんの限定ラーメンのスペシャル。何を置いても伺わなければ!と気合いでの参戦。
何とも品の良い五臓六腑に染み渡る優しい醤油味のスープ、細いけれどしっかりした麺、下味をつけて揚げた鮭、青菜、穂先メンマ、そして極限まで薄く刻んだネギ、本当に美味しくいただきました。

らぁ麺の鬼と呼ばれる佐野さん、とてもシャイな雰囲気の方で、お会いできたのが嬉しくて握手お願いしちゃいました。
楽しい一夜となりました。ラーメンデータバンクのみなさまありがとうございました!

柏尾川

e28badaf.jpg富塚八幡宮から戸塚駅に戻るのに柏尾川沿いを歩いてみました。元気な子どもが3人水辺の生き物を捕っていました。もっと元気なハッカチョウがうるさく泣いてちょっと混乱。

戸塚宿総鎮守

2c178303.jpg戸塚に初めてきたので、まずは富塚八幡宮にお参りにきました。古墳を背に歴史ある本殿がありました。全国の戸塚姓富塚姓の守り神でもあるそうです。

「きくぅ〜」

7bf8f52d.jpg生まれて初めての鍼、かなり気持ちよく施術中の次男です。年末年始の怒濤のお仕事攻勢、そこに先週の雪で、疲れがどっとでて、ついには寝返りもうてなってきました。

覚悟を決めて、宿直明けで午後休みという今日、阪田先生にお願いして鍼デビューをしました。一応ついてきてという先生、本人の意向を受けて、ついていきました。
先生、気合いで18本も鍼刺してくださいました。かなりほぐれた様子です。
鍼のデビュー戦はつかれが出るから早く帰りなさい。といわれたのに、新宿まで歩いて、ヨドバシカメラはしごして、何だか中学高校のときと同じようなお散歩になりました。
ま、これで、つかれが取れれば何より。

杉並公会堂デビュー

a396062b.jpg
昨夜は御縁ある方からチケットを頂いて、杉並公会堂小ホールでの、アテル・ハリムさんのエンジョイ!ベートーヴェンコンサートに行ってきました。高司は改装なった杉並公会堂は初めてで、ちょっとワクワクしていました。
私も、母の敬老の集いのお供で大ホールには2回行ったことがあるのですが、小ホールは初めてでした。
ハリムさんの渋いバイオリンの音色が、若いピアニストの高橋望さんの爽やかな演奏と響き合って、とてもいい雰囲気の小じんまりしたホールでした。

私は演奏の途中で、咳が出かけて残念ながら途中からは、ロビーで拝聴していたのですが、バイオリンの音っていいなぁって改めて思いました。
それにしてもなぜ咳が…出掛けにお医者様から頂いている「ここぞというときに飲む咳止め」を飲み、水分もたっぷり補給して出かけたのに…降ってわいたような咳だったので、やはりいつもの「無臭系防虫剤」がどこかに漂っていたのかもしれません。残念!

味噌おでんデビュー

373ac763.jpgお友達のNちゃんが一家そろって名古屋に転居したときに、給食もなにもかも八丁味噌だらけで、子どもたちが登校拒否になりかけたと聞いたことがありました。

その八丁味噌のおでんが、昨日伺ったふじみ野市立産業文化センターのそばのクイーンズ伊勢丹の特設「ご当地おでんコーナー」にならんでいたので、怖いものみたさ?もあって晩ごはん用に買ってきました。

最初のビジュアルのインパクトの強さは半端なかったですが、味のほうは、くせになる味系。甘味が疲れた体に染みて美味しくいただきました。
なんもかも八丁味噌だとつらいかもしれないけれど、単発なら大歓迎かな。

BIRDMORE主催第5回鳥祭

d352f283.jpg埼玉県ふじみ野市立産業文化センターで開催される、飼い鳥LOVEさんたちの、お祭りに参加中です。

ヒメウズラを飼っているMさんに教えていただきエントリーすることができました。お部屋を一つくださるというので、4時間半の開催時間中、3回新“タマゴ式”鳥絵塾をさせていただくことになりました。

みなさん、飼い鳥をいま飼っている方、過去に飼っている方がほとんどで、とても上手に描かれています。
大きいホールでは60ブースそれぞれが個性的な鳥さんのグッズを展示即売、こんな楽しいお祭りがあるなんて、知りませんでした。また次回も伺いたいと思います。

お越しいただいたみなさま、お世話になったみなさま、ありがとうございました。

やっと新年が来た感じ?

1c76ca04.jpg今日は奇跡のように次男が土曜日公休で、長男も家に居るという日、と昨夜遅くわかったので、母がかねてからお正月ご飯をしたがっていたご近所の木曽路に家族で行くことにしました。

席の予約をするには高いお料理を頼まなければならないのですが、せっかく土曜日も平日とほぼ同じランチがあるお店で、それはもったいないので、11時半開店と同時にまず私が席をキープするためにダッシュで歩き、一族郎党が集うことになりました。
ま、郎党と言っても5人ですが。

次男は神職なので年末年始は12連勤という怒涛のお仕事モード。睡眠時間をとるだけでも大変だと、お正月っぽいこともなかなか。
ということで、今日、まったり5人でお昼を食べて、お正月のご馳走代わりとしました。

みんな元気で楽しくお仕事できることがまず今年の目標。
母は転ばないことね!
みんながんばりましょ!

ごちそうさまでした!

本日最大のミッションは

9fe1d924.jpgこの熊本産の名前のわからない柑橘類の、葉を落とさず母宅に持ち帰ることでした。

何箇所か凍っている鍼の先生への道を、転ぶことなく無事クリアできたと思ったらば…母は荻窪でみつけたこの実にえらくご執心で。葉のないものも多かったのですが、どうしても葉がついている実が欲しいらしく、娘、根負けしました。
あぁしんど。

メインのパソコンはいまだ復旧できずで…。ワードも入っていない高司のパソコンだと、何もできないので、午前中、タカコさんのところにお願いしてパソコンとプリンタをお借りし、やっと鳥祭ようの小さな配布プリントができあがりました。第一難関突破ですが、まだ展示用のキャプションとか手付かずの状態。

併行して高司が母を吉祥寺の梶谷先生に連れて行ってくれたので大助かりでした。
行く先々で「あら?今日は娘さんは?」といわれ「いえ、今日はお婿さんが…」と嬉しそうに母は言っていたようです。そんなご機嫌な母を、総武線の中で引き取って、高司は倉庫へ。というこの時間の綱渡りが第二の難関。
転ばずに大久保駅と鍼の坂田先生のところを往復するのが第三難関。

いくつもの難関を越えた上での、この「葉っぱを落とさずに持ち帰る」ミッション。
他に荷物のある中、この実を大事に抱えつつ、足元踏ん張るまるまるとした私って、結構こっけいな様だったと思います…
今日は乗り越えるものが多すぎて、高尾山5回くらい往復したような気分でした。

何とか一日終わりました〜

5849c566.jpg昨日の朝からパソコンがびくとも動かなくなりました。
次男のお古のパソコンなので、彼も一生懸命復旧作業をしてくれたのですが、いまのところは、どうしたもんだかの体。
当然、不自由だらけで、もうお手上げ状態です。

午前中は大事なお仕事の打ち合わせがあったのですが、こちらで作った資料は打ち出せず、あるものを持てるだけ持ってでかけました。先方が完璧な資料を作ってきてくださったので、助かりましたが、冷や汗ものでした。

日曜日のイベント用に色々と印刷したかったのですが、あきらめモード。
とりあえず倉庫で荷造りをして送れるものを送り、帰宅後、夜は谷口高司と野鳥を楽しむ会の夜間のお教室という一日。
会員のみなさんのパワーと笑顔に、今日はどれだけ力づけられたことでしょう。

今日は皆さんと一緒に絵を描きたい気分だったので、ノートにお題の「ウソ」を描いてみました。もちろん高司先生のご指導は受けられず、一人地味に描いたものです。
なんだかウソまで疲れていない?

メールも送受信できない状態なので、連絡取れない方、ごめんなさい。
谷口高司鳥絵工房内で、連絡先等記載しました。
御用の方、お手数おかけしますがよろしくお願いします。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ