タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

January 2014

PRADAのバッグを洗ってみました。

9a319b88.jpg
ネットで調べて。
オキシクリーンという漂白剤をお湯に溶かして手洗い、そしてよくよくゆすいで脱水して、タオル詰めて、自然乾燥で成功!というのを見つけたのでやってみました。

結構な大騒ぎでしたが、ほんとにどんどん汚れが落ちていって、気持ちいい。
一応プラダさんのプライドもあるだろうから、詰めるタオルは古いバーバリーにしてと。
いまは空気清浄機の上で逆立ちにして乾燥中。

オキシクリーンは通販では売ってるけど原材料が不明だったし、次男が中学の時、実演販売でだまされて買って何だかだったとか言ってたしで、銀座ハンズでやっと見つけて、よしゃと購入。

このショルダーは、使いやすかったので黒いのの次におそらく15年ほど前に買って、散々使って、汚れちゃったまま。
でも、7年前の引越しの時に他のくたびれたバッグは全部処分したんだけれど、これだけは捨てられなかったのは、父の誕生日に買ったから。
保証カードにくっきり1月8日って書いてあると、何だか捨てられないうえに、父が亡くなっちゃたからよけい。

ということでダメもとで大洗濯したかったのです。
1月中に済ませたかったので、すっきり!
あとは乾いてくれるのをまつだけね〜。

踏張る!

2b2eaf74.jpg善福寺公園のコサギ。
黄色い足指が、少しオレンジかかってみえるけれど、冠羽はさほど伸びていないから、まだバリバリの繁殖モードではないのかな?

池の淵の釣り防止用ロープで、思い切り踏張る格好は可愛いね。

さて、私の左犬歯奥の歯。
高校生のときに、分倍河原の歯医者で、虫歯というだけでとっても簡単に犬歯を抜かれて以降40年の長きに渡り、犬歯の代わりの義歯を支えて、踏張ってきてくれたのですが、今日のM歯科でのお話しでは、もはやこれまでとのこと。
近いうちに抜歯だそうです。

M先生のお話だと、今の時期、虫歯くらいで抜歯する医者はいないし、まして犬歯をいとも簡単に抜くなんて信じられないとのこと。
犬歯一本抜けたところにブリッジかけるとすると6本の歯にかけないといけないくらい、力のかかるところだそうです。
そこを40年、たった一本で支えてくれたのだから、もう少しでサヨウナラするこの歯には、ありがとうしかないですね。
でも、抜くの怖いなぁ。

大利根ながれ月。



今年デビュー15周年を迎えるきよしくんの、シングル第一弾は目が眩むほど男っぷりがいい姿が浮かぶ。股旅ものです。
おなじ股旅もの「箱根八里の半次郎」がデビュー曲なので、原点回帰ということですね。
ずっと以前に頂いていた楽曲とのことで、作詞は亡くなられた松井由利夫先生。

松井先生の詞は、松山恵子さんの「お別れ公衆電話」や坂本冬美ちゃんの「男の情話」でもお馴染みですが”歌は3分のドラマ”ということが、ほんとにわかる、すごい作品ばかりです。
きよしくんの「箱根八里の半次郎」「大井追っかけ音二郎」「きよしのズンドコ節」「番場の忠太郎」「一剣」「きよしのソーラン節」も松井先生の作品で、キラ星のごとくヒット曲が並んでいます。

最初のころ、きよしくんは歌詞の内容を細かく松井先生に伺って、松井先生も丁寧に丁寧に教えてくださっていたと聞いています。
ちゃんと詞の深いところを理解し歌いたいというきよしくんの気持ちに、先生が応えてくださったのですね。

もう松井先生はいらっしゃらないけれど、きっとこのCDの出来には満足されているのでは?と思うほど、威風堂々の歌いっぷりでした。

このごろ新星堂が荻窪からなくなったので、今回は銀座・山野楽器で購入しました。
ついでといっちゃなんですが、お姉さんに
「すみません”森は生きている”の”森は生きている”というアルバムはありますか?」
とぽちっと聞いてみました。
なんと!!インディーズの棚の「も」の枠の一番最初にありました。
嬉しかったなぁ。

貞女は二夫にまみえず、なんて古い言葉が頭にうかびますが、きよしくんは大好き、森は生きているは心配、ってあたりかと。

セントル・ザ・ベーカリーのお話のその後。

6ae321ba.jpg
別件でSちゃんに電話したら
「ブログ拝見しました〜。あのパン美味しそうですよね、いつ行ったら買えるんですか?」
「いや、それが、何だか大変でね」
と昨日のパンの話しでそりゃもうの一盛り上がり。

今日の銀座は午後は雨。ちょっとお買い物しに出かけたら、セントル・ザ・ベーカリーの前は行列がありません。
昨日パンを差し上げたらとても喜んでくださったミハラヤのオーナーさんに
「ちょっと見てくる!」
って許可を頂いて、お店に行ってみたら、店内に短めの行列。

昨日も受付てくれた担当のお姉さんに伺うと、昨日と同じ角食ならあるというので、きっぱり
「2本ください!」
と2と書いたカードを頂いてから、速攻Sちゃんに電話。
「Sちゃん何時まで会社にいる?」
「えっと6時くらい…」
「パン買えたからね〜」
「え!?え?ホントですか」
というやり取りの後、都内某所で、引き渡しの儀式を。

Sちゃんはご近所の名物惣菜のスッコチエッグやお惣菜を買ってきてくれて、プレゼントのつもりだったのに、物々交換になってしまいました。
申し訳ないことでした。
こんな爆弾みたいなおばさんにいつも付き合ってくれるSちゃん、大好きです。

で、このお店、10時開店の前に並ぶと、角食2種、イギリスパンがそろっているのだそうです。
以前は土日の方が混んでいたらしいのですが、今はどの曜日も変わりないとのこと。雨の日は気持ち並ぶ方が少ないようです。
今度はイギリスパンも食べてみたいなぁと、再挑戦もくろんでおります。

セントル・ザ・ベーカリーの…

bdb20dcc.jpgタマゴと胡瓜のサンドイッチと、牛蒡のスープのハーフサイズです。
タマゴはたっぷりですがとってもさっぱりしています。
サンドイッチに切ったパンの耳もつけてくれるのは嬉しいですね。
店内はシンプルだけどオシャレ。
オープンキッチンでは、真っ白な厨房服を着た、きりっとした女性が、テキパキと注文をさばいています。
トーストを注文した人は、自分で好みのトースターを選ぶようです。
これも美味しそう…

で、なぜこのお店に行ったかといえば。
昨日ギャラリーミハラヤにお越しいただいたYさん情報。
オシャレで、美味しいお店を教えてくれる、素敵なおじさまです。

銀座で一番美味しいパン屋さんが目と鼻の先にあると聞いて、早速、今日行きがけに高速度下の寄ってみると行列。
いったんギャラリーに行って、オーナーにお客様がいらしたところで、再挑戦。
もっと行列。
一応列に並んでから、整理しているスタッフに聞くと、中のカフェで待つことも可能で、その場合は整理券を発券するとのこと。ならお昼もまだだし中で一息入れましょうとなった次第。

食パンだけを3種扱っているお店で、パンそのものの味を真剣に味わってほしい、という思いがひしひしと伝わってきます。

私のいただいた引換券は16:05〜16:20までに引き取ることになっていたので、事情を話していったん戻り、また取りに行きました。
並んでから軽く一時間は外で待つよりも楽だったけれど、このためだけに銀座に来るのは、きっと大変ね。

パンはきちんと底紙の入った袋に入れてくれました。2斤いただいたので、オーナーさんと母で半分こ、うちで1斤としました。
明日の朝が楽しみです!

カレーの壺。

8705d74a.jpg
日本野鳥の会で扱っているフェアートレード商品、スリランカからの「カレーの壺」。
動物性油脂も化学調味料も使っていない香り高いすぐれもののベーストです。

カレーはあまり家では作らないのですが、パスタやチーズトーストにして、美味しくいただいています。
私は直接パンにぬってチーズを乗せますが、ちょっと辛いと思うので、マヨネーズに少し入れてぬってもいいと思います。

昨夜は寄り合いがあって、若い方々が希望を持ってお話しする、キラキラした瞳を、眩しくみていました。そして、まだまだ、この世界も捨てたものじゃないぞと、誇らしく思いました。

個人でできることは小さいかもしれないけれど、みんなの力が重なれば、すごいことができるぞ、と改めて思った次第。
幸せな夜でした。

「森は生きている」

a7304fbb.jpgワンマンライブを渋谷WWWで開催することになりました。
「森は生きているのワンマン」
2014年3月20日(木)
開場18:30 開園19:30
前売り2800円/当日3300円(ドリンク代別)
だそうです。
詳細はこちらで…
http://www.moriwaikiteiru.com/band/live_schedule.html

ギャラリーミハラヤのオーナーさんにできたてのチラシをお見せしたところ
「絵がいいね〜」
と、画廊の外の一番目立つ壁に貼ってくださいました。
銀座一丁目並木通り沿い、という最高のロケーション。
ありがたいことです。

今年初の歌舞音曲…

21f30e2a.jpg渋谷公会堂での「坂本冬美コンサート」でした。

今年デビュー28年目という冬美ちゃん、大好きな歌い手さんの一人です。
森進一さんの育ての親、猪俣公章さんのお弟子さんということで、デビューした時から贔屓でした。

20年ほど前は「男の情話」という曲が、詞も曲も大好きで、大好きで、夢の中でも歌ってたほどです。この曲の作詞をされたのが、きよしくんの「箱根八里の半次郎」や「きよしのズンドコ節」などのヒット曲を多く作ってくださった松井由利夫先生と知った時は、とても驚いたものです。

懐かしのヒット曲から、いま頑張っている「男の火祭り」まで、とてもエネルギッシュな舞台でした。
中でも二葉百合子先生直伝の「岸壁の母」の迫力といったらすごかったです。

体調を崩し一時芸能界を完全休養していた冬美ちゃんが、二葉先生のところに通って、この歌を一節一節学んで、自信を取り戻しカムバッグしたという話しは心打つものでしたが、その歌も魂がこもったものでした。

戦争の悲惨さ、むごさ、哀しさ…そして二度と戦争を繰り返してはいけないことを、この歌はいつも教えてくれます。
今の日本の平和が、ただあるわけではなく、多くの方々の犠牲と、心の叫びの上に成り立っていることを、この歌を聴くことで日本人は思い出すことができます。

「アジアの海賊」から「また君に恋している」まで、いやぁすごかった!
バンドの構成はバイオリンとグランドピアノが入って13名。曲によっては尺八・三味線・和太鼓も入り圧巻の音でした。
きよしくんの通常コンサートのバンドもずっと13名構成ですが、やはりこれだけの人数での生演奏だと音の厚みが違います。

冬美ちゃんの歌に元気をもらって、この冬を乗り切っていきましょう!

写真は、渋谷公会堂の二階の窓から外を見たところ。ふだん、きよしくんで来てるときには景色とか目に入ってないので記念に一枚。

あぁそれにしても、渋谷CCレモンホールって時は、なんて派手派手なサイン!?と思ったけれど、いまはとても地味めな看板。ちょっとさみしいわ。

NEWS!

de7ac48f.jpg朝日新聞本日1月27日(月)付け夕刊、3面文化欄に「森は生きている」が1/8ページの大きさで、たっぷり紹介されています。

「森は生きている」でキーボードがんばっている長男から、竹橋でメールを受けて、渋谷ハチ公広場の新聞スタンドで買いました。

ずいぶんとほめて書いてくださって嬉しい限り。
背景にいる渋谷の若い人たちよりも、テンション高めな私たちです。

お時間あったらみてください。

高知物産館。

f58eef48.jpg「おたべ」の「はちきん鶏と高知元気野菜のスープカレー」。
今日のお昼です。

20分で行って帰ってと慌ただしかったのですが、今日は夜まで予定があるので、ギャラリーミハラヤのオーナーにお客様がいらしたタイミングで、無理やりお昼にでかけた次第。

スープカレーといえば北海道。fauraの美しい作品に囲まれていると、体が北海道を欲してしまうのかも。
ただ、札幌のスープカレーと違って、高知のスープカレーは、ホンワカ、柔らかい味でした。
さ、今日もがんばるぞ。

るるぶ古事記!

3bf1e00a.jpg爆読しながら紅茶を飲む、文化の香りする日曜日!と決めていたのになぁ。

TBSの渡瀬恒彦さんの十津川警部と、テレビ朝日西村京太郎シリーズの高橋英樹さんの十津川警部のハシゴをし、高橋英樹さんの方は途中で爆睡しちゃったあたりから、ただのでろりんした日曜日になり果てました。情けない。
いまから巻き返します。

ちなみにこの「るるぶ古事記」も「図鑑と探鳥地ガイドでまるごとわかるバードウオッチング」を編集してくださったSさんの本。
口述古事記でも頭が煮えそうといったら、「実はこんな本も作ってたんです〜」ってすすめてくれました。
古事記編さん1300年記念のおととしの本なので、有楽町の本屋さんにはなく、Amazonで見つけて速攻ゲット。

古事記の舞台がふんだんに使われた写真や地図で、より立体的になっていて楽しいです。

やっと!

641d0d36.jpg届きました、やしきたかじんベスト。

訃報を聞いて、あぁ、また生の歌を聞きたかった方が亡くなったと、とても残念に思って、速攻Amazonをぽちっと。
在庫があるアルバムが少なくて、大好きな「東京」の入ってるのがこれだけだったので、選択肢はなかったのです。

やしきたかじんさんが歌を歌うなんて知らなかったのですが、アメーバピグでお友達になったボーグ&こりんごご夫妻と大阪でカラオケに行った時に、初めて歌ってくれたのがこの「東京」でした。
ゲームの中で毎晩のように会ってはおしゃべりしていたので、初めて実際に逢ったとは思えないほど、居心地の良いお二人で、とても歌が上手なの。
初の4人カラオケ大会は、ボーグさんのこの「東京」と、こりんごちゃんの美空ひばりが大迫力でほんとに思い出の曲になりました。

「東京」というとそれまでは桑田圭祐さんの曲を口ずさんでいましたが、その日以降はたかじんさんの「東京」になるほど、インパクトが強かったんだ。

ずいぶんとゆっくり家に届いたアルバムだけれど、じっくり聞きたいと思います。
それにしても「鈴虫の声をもつゴキブリ」なんてひどいこと、誰が言ったんやろ?

善福寺川「水鳥の棲む水辺」創出事業。

e02db4ef.jpgシンポジウムに来ています。
杉並区が主催のイベントで今年で6年6回目。
区役所の担当者のみなさまの熱意もあって、杉並区を斜めに横切る善福寺川を中心にして、多くの方が携わっておられます。

私たちもほんの少しお手伝いさせて頂いています。
区役所の方が気を使ってくださって会場に切手シートのご案内を展示して頂いていて、嬉しいびっくりでした。

私は早めにおいとまして、これからギャラリーミハラヤさんへ。
展示入れ替えに行ってきます!
どんな作品が北海道から届くのか、楽しみです。

ネオンサイン。

1da632ee.jpg
グローランプ換えて、蛍光灯もビックカメラに買いに行って、プラ板も洗ってきれいにしました。
もちろん、ギャラリーミハラヤのネオンサインでショーケースの上にあります。

ショーケースには大橋弘一さんの渾身の一作、ヒレンジャクですが暗くて見えないかと思います。
「faura10周年の歩み展」のご案内ハガキではわからなかった舞いおちる雪も写っていて、とてもドラマチックです。
明日で前半が終わり、来週からは別の作家の作品が並びますが、大橋さんの作品はずっとそのまま、みなさまをお待ちしています。
ぜひ!お越しくださいね。

と毎日のようにお誘いをさせていただいて、そして、毎日のようにお知り合いが来てくださったり、お知り合いが展示を紹介してくださったりで、お店番、楽しく過ごさせていただいています。
ありがとうございます。
みなさまに感謝です。

神保町共栄堂スマトラカレー。

e28bc5fe.jpg
お弁当でも買ってミハラヤさんに向かおうと歩いていたら、神田駿河台にある会社に努めている弟とよくランチをしたスマトラカレーの文字が!
有楽町丸井イトシア・東京カレー名店会という、都内のいろいろなお店のカレーを提供しているお店です。

昨日はお昼食べはぐれて、山形物産館のこんにゃく玉がメインのお腹に力が入らない展開だったので、すぐ座れるなら、ここで食べていこうと決心。

かなり少なめのミディアムサイズで880円。本店よりかなり高め、しかもご飯が柔らかすぎてかなり情けない味でした。本店は確か900円でルーもご飯ももっと多いし、スープつきだもん。

レトルトに一手間かけた印象だけれど、イトシア価格?
せめてご飯だけでもしゃっきりしていたらと、本当に残念!

ま、弟に怒りの写メ送ったついでに、諸々連絡できたので、よし、とするか。

新宿御苑から高層ビル群。

4839ff86.jpg
書類を提出しに新宿御苑の事務所まで。

楽しむ会会員のみなさんの作品展で、アートギャラリーに一日つめていることはあっても、奥の方までお散歩することはあまりないので、今日は入苑料払って、御苑の中を通り、千駄ヶ谷門にでて、総武線→有楽町経由でギャラリーミハラヤにくることにしました。

苑内とっても広いのね。

スズメもかなりの数いたし、ハクセキレイがヒラヒラ飛んだり、マガモの小さな群れがきれいだったり、通り抜けるだけでも楽しめました。

思えば世田谷区立松沢小学校の一年生最初の遠足が、ここ新宿御苑でした。
家のまわりに自然があふれていたあの頃、なんでこんな広々した何もないところに来なきゃいけないんだろう?つまんない!とふてくされていた私。
家電の三種の神器テレビ・冷蔵庫・洗濯機とかの方がだんぜん不思議で、おもしろい時代でした。
昭和だ〜

有楽町イトシアの灯り。

7d3da31e.jpg
緑のLED電球がメイン。
白や青、赤、ピンク辺りはよくみかけるけれど、緑はちょっと不思議な気持ちになります。
冷たい雨にぬれてさらに艶やか。
イトシアなのか丸井なのか、いまだによくわからないのですが、交通会館との間の道はこんな感じ。
思いきり都会の景色で、23区のハズレに住んでいるとつい、写真を撮りたくなります。

今日はギャラリーミハラヤさん2日目のお店番。
ドアを入った瞬間に、美しい写真やイラストで、北海道にいる気分になれるのが素敵です。

fauraのファンで定期購読をされている方がお越しくださったのですが、なんとその方は、義弟の教え子さんで、義弟の研究室に高司の作品が飾ってあるのを良く見ていましたってお話しくださいました。
義弟といっても7歳年上なのですが、東北大で教鞭をとっていて、教え子さんはまだ義弟が若かったころからのお付き合いだそうです。鉄つながりです。

船の画家。水野さんが立ち寄ってトランペットを演奏をしてくださったり、高司の本を知っておられる方が来てくださったり、とても賑やかな一日でした。
かわいいU嬢が休日返上で来てくれたのも嬉しかったなぁ。長男と近い年代のお嬢さんと話すのは何でこんなに心が弾むのかしら?

帰りは交通会館の三省堂書店にマイブームの古事記の本を探しに。
いつも伺っているジュンク堂書店だと池袋店も吉祥寺店もどこに何があるか、だいたいわかるのですが、三省堂は完全にアウェイなので、散々迷ってしまいました。
しかもやっと見つけた本が、本文よりもボリュームのある、鬼のような注釈つきで、思い切り睡魔に襲われるし。
注釈つきの本って、ほんと苦手。
よかった3部作全部買ってこなくて。


with from R

読書タイム!

5276cbbd.jpg
ずっと前にいただいたお菓子の包装紙があまりにかわいかったので、文庫本の表紙にしました。

中身は「全国一の宮めぐり」。
今は4冊目になった我が家のご朱印帳。きっかけは勤労学生として神道を学びはじめた次男を、まさに神頼みで無事をお願いしたかったことからです。
全国の神社をお参りするのに、入門編として求めました。

全部で五十二社掲載されていますが、私たちがお参りしたのはまだ十六社です。一の宮よりも、別表神社をメインにお参りしているためですが、まだまだ、お参りに伺える神社があるのはありがたいことです。

ということで、今から予習。

荻窪―銀座は丸の内線でちょうど30分。往復1時間の貴重な読書時間も楽しみつつ、いまからギャラリーミハラヤさん目指します。お店番は13時出勤目安なので、午前はバッチリ家のことをしてこられるの、嬉しいです。

女子会?

3387f7c3.jpg
今日初日の「faura10年の歩み展」
faura編集長の大橋さんは、今日と最終日に来廊されるということで、お店番の私は野放し。

JTBの本でお世話になったSさんと、ずっとお昼をしようねって言っていて、なかなか都合がつかずだったのですが、やっと今日叶いました。

鳥仲間一おしゃれなYさんオススメのメルジェリーナで、ランチ。
本のことから、着物のこと、老後のことまで、それはもうの楽しい時間でした。彼女の作る本はどことなく、書店でもわかるようになってきたので、これからも応援したいと思います。

いよいよ!

19ad2c7f.jpg
明日から銀座ギャラリーミハラヤで
「faura10年の歩み展」が始まります。

北海道の大自然を愛するギャラリーオーナーの倉上さんと、前に高司の作品展をさせて頂いたときに、
「北海道にお友達ですごい野鳥写真家の人がいてね…」
と、大好きな大橋弘一さんのお話をしたことがきっかけで今回の展示会となったのです。

東京で生まれ育った大橋さんが北海道に移住し、そしてこの10年心血をそそいで季節ごとに世に送り出してきた「faura」。
大橋さんをはじめとした作家陣の作品がずらっと並んだ壁面は圧巻です。

いろいろなお仕事と並行して、これだけ準備されるのは大変だったと思います。ありがとうございました。
言い出しっぺがお手伝いにうかがわないなんて、女が廃るので、私の一月はこの展示メインで、今日も伺ったしだい。
一足お先に、よいものを観させていただきました。

今週と来週、作品の入れ替えもあります。
どうぞ!銀座で北海道の大自然の息吹を感じにいらしてください。

会場:銀座ギャラリーミハラヤ 中央区銀座1の4の6(並木通り沿い)
会期:明日〜2月1日(土)26日休廊
時間:12時から18時半(25日と最終日は17時)入場無料 写真撮影禁止
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ