タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

February 2014

ボタン?

6576a2fc.jpg
カラフルでキュートなボタンが山盛り、に見えますか?
実はこれ、一枚の布です。
メガネやカメラのレンズを拭く「マイクロファーバークロス」
写真をそのまま転写プリントしたもののようです。
フランスのお品。

フェリシモのカタログから見つけました。
「Mrs.f旅のかけら」シリーズのものです。
一目ぼれでした。

フェリシモさまとは高司が原画で、私がテキストでお手伝いしている「谷口高司さんとバードウオッチング気分で楽しむクロスステッチの会」や「壁一面にまぁるい鳥かご 鳥の楽園クロスステッチの会」で、ご縁ができ、今もお仕事をずっとご一緒させて頂いているのです。

社員の方々の明るい笑顔や、一生懸命モノを作ろうとする姿勢に接して、何かを買うならまずフェリシモのカタログをチェックして、と思いようになりました。
可愛いだけでなく、使いやすさだったり、洗濯しやすさだったり、一部のシリーズは国産にこだわっていたりで、かなりフムフムと見入っています。
そして結構熱心なユーザーに。
あぁ、でもね、ついつい買うもの多くなってしまって、迷ったりもするのです。

そんな中でのこのクロス。届いた時はちょっとスキップしたいくらいでした。

もうとっくに女の子の時代は過ぎているのですが「ボタン」も大好きなもののひとつです。
そういえば今までボタン嫌いっていう女子&女史に会ったことないなぁ。

「アンネの日記」の本のこと

このところの憂鬱の報道のひとつが「アンネの日記」の破損事件

確かにタイトルどおりの内容。
だけどそこに書かれていることがらの重いこと。胸が潰れそうになった。
人の日記は読むな、って当たり前のお約束を守らなかった罰を
受けているような気すらする、鉛のように沈んでいく読後感。
ちょうど中学生の時に、学校で読まなければいけなくなって、
かなり辛かったのを覚えている。

でもね、いくら、重い内容でも。辛い読後感でも、本は破かないさ。
まして自分のものではない、公共物を裂いたりはしない。

本は、ワザとじゃなくてもまたいだだけで、父親にこっぴどく叱られた、
辞書は覚えたところを破くといいとウワサに聞いてもできなかった。
当然、スクラップは週刊誌どまり。
月刊誌にハサミを入れるのはかなり逡巡する。
そしてBookoffの105円コーナーは宝の山のように思ってしまう。

そんな自分にとってはこの事件は内容云々ではなく、とても胸が痛むのだが。

犯人が「アンネ」のタイトルがなくとも関連書籍を破損している…
というが、それだって、本を読んでるからこそわかってるのでは?
モノを教えてもらった御恩を仇で返しちゃいけないやね。

愉快犯=不愉快犯、早く捕まってほしいわ。

横浜・泉平のいなり寿司。

41df6d99.jpg
ほっぺがまるで「こぶとり爺さん」のような高司。
痛み止めで痛みがとまると、思考回路もとまるようで、覇気のないこと。
なので、大好きな横浜・泉平のいなり寿司を荻窪で買ってきてあげました。

どうしてもベクトルさんに行く用事が出来たので、雨ならPM2.5も平気かもとか思って、覇気のない高司を置いて、私が荻窪に行くことに。
行けばね、吟遊詩人でパン買って、明日は晦日でお榊とお仏花買って、とどんどん大荷物になっていくわけだ。母宅にも差し入れを置いて、私にしては最速の2時間で家に戻ってきたけど。

それからずっと咳が止まらん。
午前中にお仕事の電話しすぎたのもいけなかったかな。
暑いのか寒いのかわからない天気にでかけて雨にぬれたのもNG.
大荷物で身動きとれないのも致命傷だな。
などと考えてもどうしようもないので、夜はピグしながらぼっとすることにしました。

その大荷物の中に、ちゃんと愛の差し入れを忍ばせてるあたり、妻の鑑と思うのだが、機関銃のような咳しても奴は「だいじょぶ?」とも聞きません。
ふん、もう何も買ってきてやらん。

なんとかの一つ覚え。

ba848f27.jpg
芸がないのですが、今日も豚汁、作りました。

今日は大根1本半、人参3本、長ネギ2本、ヒネ牛蒡2本、蒟蒻2枚、豚肉、そして鰹節だしのパック。
味噌は仙台味噌に、八丁味噌も足してみました。

ひたすら刻んだり下湯でしたり。酸欠で手紫色っぽいのが気になるけど、昨日よりもはるかにご機嫌です。

できたての若い味もいいけど、明日の夜くらいが美味しいかな?

高司は右の頬が腫れて、こぶとりじいさんのよう。
何とか病院に行かないようにゴネてたものの、やっと水野歯科で受診。
お疲れ気味なのかもしれません。

作日から1週間春休みの次男は、今日もプレステ4三昧かと思いきや、上京中の同窓生と待ち合わせたらしい。

今日はお籠りでゆるゆると。さ、そろそろ相棒再放送だわ。

京橋千疋屋のフルーツババロア♪

99ae5ce4.jpg
高司のお誕生日ケーキ、ではなく、私への見舞いの品でございます。

久しぶりに肺が厳しいことになって、点滴二日続けて打って、薬の種類増やしたら、息は楽になったものの、なんていうか、不調?
何も食べたくない私になってしまいました。

ということでお願いして買ってきてもらった次第。

ちなみに高司は東急セミナーBEたまプラーザ校の有志の方に。お誕生祝いをしていただいたと、スキップして帰ってきました。Mさん、Kさんありがとうございます!

明日もう一日、ゆるりんすればなんとか復活できそうな予感。

写真の吸入器は、昔から使っているメプチンエアーという吸入薬。前はコンパクトな容器だったのだけれど、カウンターついたのでとても邪魔。
一日MAX8吸入って決まっているのだけれど、なかなか守れない人が多くてカウンターついたみたい。即効性があるけれど、心臓に負担がかかるのわかっていても、つい吸っちゃうみたいな。
私は怖くて4パフまでだけれど。

親が薬の管理をしている間はいいけれど、10代になって自分で薬の管理をしはじめた子にトラブルが多いと聞きました。カウンターついたからって守れるかどうかは本人次第。
薬はきちんと、ということなんだけれど、妙におちつきません。

漢珍亭閉店。

e809b0f5.jpg
60年ありがとうございました、の小さな閉店のお知らせにお店を閉めたのを知りました。
20年くらい前のラーメン本には、春木屋と並んで荻窪の名店としてよく紹介されていた店で、台湾のご夫人がつくる煮タマゴが有名でした。
思い切り昭和の匂いのする店で、私の600軒のラーメン行脚で、1回は行ったけれど2回目はなかったと記憶しています。

この店には、まだデビュー前の森進一さんが一時期勤めていたことがあったそうで、後にトップスターとなったとき、ご対面番組で店主と再会を果たすも、店主が森さんをまったく覚えていなくて番組として盛り下がったとか。
あの寡黙な森さんが、後日ラジオ番組で
「ちょっとくらい話し合わせてくれてもいいのに、知らない、覚えていないの一点張りで…」
と語ったほど。高司が理髪店でラジオを聞いていて、あまりに可笑しかったと電話をくれたほどでした。

それにしても60年、商売するのは大変なこと。
いまのとことん道を極めるラーメン道には、そぐわなかったのかもしれませんが…こうやって、昭和がまた一つ消えていくのですね。

会員作品展目前!

f8a14ff1.jpg
テーマは「春を歌う鳥」ですが、みなさん基本的には描きたい鳥を描いていただいているので、まさに百花繚乱、美しい作品ばかりです。

谷口高司と野鳥を楽しむ会を立ち上げるきっかけを作ってくださったOさんが、ご自身の作品を持って久しぶりにきてくださったのですが、みなさんの進歩に驚いておられました。

これからもみなさんにいっぱい鳥の絵を描いてほしいと思います。

亀戸升本・魚殿 若 弁当

d8b08913.jpg
お弁当やら何やら引きずって帰って、一階玄関エントランスで暗証番号がわからなくて、しばし呆然。熱のせいで家に入れないのはなさけない。悪戦苦闘してやっと開けてたどりいた家人の反応は。

高司は一応お出迎え。のち明日の会議用作画作業継続。
長男はなんだか新しい曲の打ち込み作業か、部屋にこもったまま。
次男は宿直明けで、シャワーも浴びずに、年をまたいで発売を楽しみにしていたプレステーション4にかじりつき状態。

A型高司も含めオールB型男子の対応。
いつまでたってもお弁当食べる気配なし。

ま、そんなもんだわ。
私もね、おこわ苦手だから、こっそり自分だけ亀戸天神升本のお魚弁当10%引きで買ってきたから、お互い様。
長男が先週もらってきた風邪が今回の元凶だとはおもうけれど、倍返しするのもなんなので、気持ち隔離して仕事のPC前で食べることにしました。
量は控えめだけれど、美味しかった!
食べられているうちは大丈夫かな。

真っ赤かなバスケット

6e9e44c9.jpg
昨夜から、ずっと咳が出て眠れなくて、熱も少し出てきたので、中野坂上・仁友クリニックに高司に連絡をとってもらったら、休日当番の日だから診療時間内にどうぞとのこと。

バスと電車乗り継いで行ってきて、とりあえずインフルエンザではないことがわかって一安心。
点滴打っての帰り道、何故か家でフルラインナップそろっている男衆のお弁当を買いに荻窪ルミネへ。

ご飯炊いておく?とかいう高司の無神経な声は完全無視。熱のある母ちゃんは病院から戻るだけで、もうてんぱってる状態だから、家でご飯は作れません。

彼らには米八のおこわ弁当。私は…とザ・ガーデンで食べたいものをバスケットに入れていったら、見事に赤一色。イチゴ食べたいなんて一年に1回あるかないかだから、本人もびっくり。
体の芯を冷やしたいってことかしら?
もちろん後からホウレン草とか入れまくったけれど。いつもと違う行動パターンは謎!

さ、今日は一日寝ることにしようっと。

観音開きの冷蔵庫って…

8afbcb4a.jpg
なんだか「家政婦は見た」感、半端ない気がします。

♪ちょっ〜とのぞいてみてごらん…って歌っちゃいそうでもある。

もちろん冷気がばっと出ないエコ設計なのはわかっているけれど、こののぞき見気分。早く使い慣れなきゃね。

すぎなみ環境ネットワークの観察会。

b9b9b4f6.jpg
毎年お手伝いしている観察会、今年も熱心なみなさまが参加してくださいました。

2週間続けて週末に雪の影響があったので、祈るような気持ちでした。
善福寺公園の池の水面を渡る風は厳しかったものの、今日は日向は暖か。
キジバトが日向ぼっこをしているので、参加者のみなさまにも地面をさわっていただいたら、ほのかな暖かさにびっくりされていました。


今日の観察会で一番人気があったのはツグミ、キンクロハジロあたり、アオサギも多くいて熱視線を浴びていました。

シジュウカラ元気にさえずっているし、エナガは2羽連れだっているし、オナガガモはディスプレーしているしで、鳥の世界はもはや春。
私たちも雪を理由に出不精になっていてはいけませんね。

おかげさまで楽しい時間を過ごせました。
ご参加いただいたみなさま。企画してくださったすぎなみ環境ネットワークのみなさま、ありがとうございました。
私たちが善福寺公園で鳥を見ていたらぜひ!お声かけくださいね。

巨大なチョコレート?

4f29bf2e.jpg
なかなか渋めの茶色いボディ。
本日我が家のお迎えした家電第二弾、Canonのプリンターです。

よっし〜が「使いませんか?」と届けてくれた複合プリンターが、紙送りできない状態になってしまったの。よっし〜の頭を悩ませていたプリンター本体の大きさも、狭小住宅には半端ない威圧感だったので、エイヤっとこれに。

冷蔵庫騒動が一段落ついたので薬をもらいに中野坂上の病院に行こうとしたら、絶不調の次男がインフルかも…というので、同行。
インフルではなくてただの風邪とのことで安心したとたん、ここまで来たら新宿・ヨドバシカメラにプリンター見に行かないと!となり、火曜日に続いてのヨドカメ行脚。

Canonはうちでずっと使っていた機種なので好きなの。
よっし〜のエプソンに浮気していた数年間で、すごい進化を遂げていました。
お手軽シリーズ、黒・白・エンジ・茶の4色があってツボだった茶色にしました。

目前の新宿御苑作品展のキャプションだったり、ギャラリーミハラヤさんの書類のお手伝いだったりがあるので、即、お役に立つ感じ。
これで紙送りできずに、途方にくれることがなくなるわ〜

買ってくれた上に、10kgをものともせずに持ってきてくれた次男に感謝です。

それにしても、北海道の神威民芸のワゴンに想像以上にぴったりの色。違和感なしでまるで家具から生えているみたい。

長い間、ありがとね〜

67b9dc11.jpg
我が家の食生活を18年近く、支えていてくれた冷蔵庫さんが家から出て行きました。
といっても家出ではなく、買い替えで、選手交代、お疲れさまとなったのです。
なんだか後姿が寂しそうだなぁ。

息子二人の10代の胃袋を満たすために、親は馬車馬のように働き、冷蔵庫さんもフル回転で働いてくれたのですが、この頃夜中に唸るようになってきていました。
冬とはいえ、壊れちゃった後の混乱を考えるとさすがに不安になって、次男の後押しもあって超エコタイプを購入。

今日中のお届けよねと、のんびりしていたら、朝一番での到着とのことで、中途半端のままだった庫内のお掃除を30分で片付ける羽目になりました。
そりゃもうの大車輪。

「うちっていつもそうだね」
と、公休日に合わせて受け入れ態勢をとっていてくれた次男の一言。
いつもなら
「それがどうした?文句があるか?」
と都はるみちゃんの「浪花恋しぐれ」”どあほう春団治”なみの開き直り方をする私も、
「おっしゃるとおり!」
と呵々大笑い、でありました。

それにしても次男の頼りになること、大きな家具も上手に動かせてくれるは、冷蔵庫を動かした後にでてきた「地獄」も見事に片付けてくて。
感謝、感謝。
お掃除下手な母ちゃんでごめんよ!

今夜の楽しむ会はオオワシ!

519799a4.jpg
今夜は世界中のバードウオッチャーから熱視線を浴びている、オオワシです。

勇壮な雰囲気が出るように描きましょう…とお話ししていたのですが、会員のみなさんは小鳥が好きな方も多く、やさしい顔のオオワシも生まれました。
みなさんの個性が出る瞬間で、これはとても楽しい時間です。

楽しむ会関連の講座は降雪のため2回、中止になりました。会の歴史が始まって15年近くで初めてのことです。
でも、今日は予報が変わってくれて、無事に講座をすることができほっとしました。
みなさんの笑顔に会うと、とても元気がわいてきます。

いろいろなところで、いろいろな講座をさせて頂きますが、やはりこの会は私たちのホームグランド。とても気持ちが和みます。
あと5日で67歳を迎える高司ですが、気力体力が続く限り、この会を続けたいと申しております。

みなさま、これらかもよろしくどうぞ。

春の香り

a8db293f.jpg
昨日見つけた小さなブーケ。
サクラの花と、菜の花、なでしこ、スイトピーと春らしい色合い。
お仏花を買いに行ったのだけれど、お花も少なくて、思わず目にとまったこのブーケを買ってきました。

まだまだ甚大な雪の被害報道が続いている中、軽井沢のお友達を心配しつつ、多少の不自由はあっても、日々を過ごせているのは幸せなことと改めて思います。
流通が滞ったとはいっても、しのげる範疇の街にいて、何ひとつできないのはもどかしいですが、一刻も早い復旧を祈るばかりです。

風邪気味の長男、花粉症の症状が出てきた高司と次男、かゆみの原因がやっとわかったけどまだ完治していない私と、けっこうヘナヘナな我が家ですが、これ以上みんなひどくならないように心して暮らしたいと思います。 

みなさまもどうぞご自愛くださいまし。

「森は生きている」さいたまスーパーアリーナへ!!

さいたまスーパーアリーナでの”VIVA LA ROCK”
5月3日〜5日、埼玉県初の大型室内ロックフェス。
5月5日のステージに「森は生きている」登場です!

オフィシャルサイト→ ■■...

こどもの日に、こどもからこんなプレゼントがあるなんて。
嬉しいです。
そうそうたる出演者のみなさんから、いろいろなことを
学んで糧にできるといいなと思います。

豚汁、豚汁〜。

f820e068.jpg
大根1本半、人参3本、ネギ白いところ3本分、新ゴボウ3本、こんにゃく2枚と、豚肉。
切りまくって豚汁作成中。

こないだ買い物に行かれない時には作った豚汁は、味噌も足りなくて、豚肉もひき肉しかなくて、人参も少しで、思い切り盛り上がらない豚汁だったから、今日は気合い。

ちなみに今日の味噌は、丸高蔵という信州諏訪の無添加十四割。大豆と米を10対14で作ったものだそうです。いつもは有機の玄米味噌なので、味の違いが楽しみ。

今日はイレギュラーで母の病院2軒かけもちだったので、疲れているんだけれど、でも、豚汁気分なんだわ。

もう少し煮ないとね。

そしてもう2冊。

1cd2f408.jpg
こちらは大好きな「BIRDER」3月号。
3月11日(火)〜16日(日)新宿御苑インフォメーションセンター1階アートギャラリーでの「谷口高司と野鳥を楽しむ会」会員作品展の告知をしていただきました。
テーマは「"タマゴ式"で描く春を歌う鳥たち」です。
ぜひ!お運びくださいませ。

もう1冊。
早稲田大学エクステンションセンターの春講座のご案内。
実は4月開校の中野校で「体験"タマゴ式"鳥絵塾〜鳥を描くことで広がる世界〜」を開講させていただくことになりました。
4月〜6月までの6回です。火曜日午前中の時間です。
ご興味のある方はこちらまで…https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/3389/
よろしくお願いします。

にっこり。

99973b78.jpg
こないだ買ってきた友人の叶内拓哉さんの新しい図鑑、そして今日は真木広造さんの新しい図鑑、重いけど買ってきたらやたら嬉しそうにみているので、絵を描きつかれている高司の写真撮りました。

真木さんのは、テキストを書いておられるお二人も存じ上げているので、これからご苦労をしのびながら私も拝見させていただくところ。

日本鳥学会目録に準じ写真図鑑の両雄が出そろって、今年はこの2冊だけでも十分に図鑑豊作の年。無敵の2冊のそろい踏みに心から拍手を送ります。

うちも今年は2冊、増補改訂版を出す予定ですが、のちのち誇れるような仕事をしてほしいと思っています。

図鑑って、見るとき、パラパラパラと気楽にめくって、「ああでもない」「こうでもない」みたいなことを、みなさま気楽におっしゃるのですが。
とてつもなく地味で忍耐のいる仕事の積み重ねが、この1冊なので、愛情をもってまず見てあげて欲しいと思います。
身内からのささやかなお願いでございました。

お粥つくりマシーン。

2f9396a3.jpg310円。
ヨドバシカメラのアウトレットでみつけたの。
エビスという会社のもので、国産。
国産という響きが好き。

スプーン一杯のご飯で五分粥、スプーン2杯のご飯で全粥がお湯入れてだと3分でできちゃう。
半信半疑でやってみたら、ちゃんとできました。
お鍋でじっくり炊くお粥はもちろん美味しいけれど、急いで食べたい時には便利かも。

透明なのがフタ部分で、吹きこぼれ防止の穴が空いています。しかも、作り方わからなくならないよう、ちゃんと型押ししてある親切さ。こういうかゆいところの手が届く、造りもいいね。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ