タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

March 2014

おうちランチ♪

394cf4f6.jpg
午前中、あっちこっち走り回って、お昼はうち。
男衆にはドカンとしたお昼を作って行って、各々食べて出かけているので、一人のんびり晴れ晴れとおうちごはん。
荻窪・吟遊詩人の焼きたてバケットが何よりのごちそう。

窓から善福寺公園のサクラはちらほら見えるけれど、もう出るのはいやだな。
税務調査官窓際太郎→相棒再放送→5時に夢中、というゆるゆるな展開で、あっというまに平和な午後がおしまいみたい。

荻窪駅北口ロータリーでもサクラ。

a936f31f.jpg
真下までは行かれなくて、一番近いのがバスの最後尾からなので、何のサクラかわからないんだけれど、河津サクラのような色。

昨年はじめに大改修工事が完了して、この木もそれまでに植えられていたのかもしれないけれど、花は今年初めて咲いたように思う。

バス待っている間でも、ちょっとテンションがあがります。

中央線上り2号車くらいの車窓から、駅停車時間だけのお花見ができますね。
あ、中野−大久保間の土手も菜の花満開だったので、そろそろソメイヨシノとのコントラストが美しい頃かも。

窓からお花見、もいいかも。

進化したギョソー。

f11e0208.jpg
ギョソーといえば、魚肉ソーセージ。

こんな可愛い魚肉ソーセージを、高司5日ぶりのおでかけ夜間徘徊先の、いなげやでみつけました。

無添加で、しかも鈴廣のもの!
鈴廣、小田急線風祭駅のそばに、美味しいレストランやかまぼこ博物館とかあって、一年前、松田の河津サクラを見に行くバスツアーで寄って、それまで以上にファンになったの。
今年の同じ時期満開だった松田のサクラは、去年は寒すぎて数輪という、ありさまだったけれど、立ち寄った鈴廣で大きく救われたし。

ということで即買い。
お野菜と、お魚と、もちろん色のまま、上からカボチャ、ニンジン、ホウレンソウ。
どんな味かな?

ギョソー、息子たちのボーイスカウト生活では最後の命の砦でありながらも、あまり良い思い出はないらしくて。
イーティングのプログラムが何もかもだめだった情けない気分で食べたとかかもしれないけれど、例えば無添加の鯵の魚肉ソーセージとか買ってきても、完全にまたぐ状態。
今回はどうだろうか。
お弁当持ってく世代だったら助かりそうな食材だけど、もうその時期は過ぎてるしね。

反省ザル?

1fd7b878.jpgのようなポーズですが、けっこう本人は真剣に貼り付け作業をしております。

火曜日に東急セミナーBEたまプラーザ校のお教室に伺って以来、一歩も家から出ず、ひたすら絵を描いておりました。
似たような鳥ばっかり!
2種類で47羽も!

私なんか、見てても、訳わからなくって気が狂いそうになる。
って、ところを図鑑画家職人って本人が言ってるだけあって、職人さん実に淡々と描き続けております。

偉いよなぁ…

何の張り込み作業かは、もうちょっとしたらご報告できるかも。
67歳の踏ん張りはもうちょっと続きます。

いいのか?キョロちゃん串刺しで!?

d1d21e4a.jpg
森永チョコボールの新製品があると、つい買ってしまう、2つ。
子どもたちが小さなときからの、クセというか習わしみたいなもの。

もう、いくらなんでも尻尾振り切るくらいは喜んではくれないけれど、それでも「おっ!」くらいの反応はあるのね、これも彼らの習わしかな。

昨日のしのざき文化プラの帰り、同じ建物の1・2階にあるサミットストアーに寄ったらば、この「みたらし団子キョロちゃん」があったので買ってきたらば…
「え?キョロちゃん串刺し!?」
「だめだろぉ刺しちゃ!」
ともっともな反応。
確かになぁ、キョロちゃん刺したうえに、みたらし団子味のチョコって、もはやチョコボールじゃないかも。

でも美味しかったらしいから、ま、いいか。

しのざき文化プラザ。

449e916d.jpg
「荒川百年物語」今日から展示開始です。
都営新宿線で新宿三丁目からかたこと篠崎まで38分。駅西口から直でしのざき文化プラザがあります。

荒川の百年の歴史を振り返る展示、水の脅威を力に変えてこの地の方達が、一生懸命生きてきられたのがわかります。

高司のイラストはとても目立つところに、ドン!って飾ってくださっていて、ありがたいことです。
展示のクイズコーナーにもイラストが使われていたり、4月19日のワークショップの告知もしてくださっていたり、本人が一緒だったら、恐縮しまくりになるかもというくらい、そこらじゅうに名前を出して頂いてました。

江戸川区で生まれた野菜、小松菜を扱っているカフェも以前伺ったときより、バージョンアップしている感じ。
4月にうかがったときの楽しみが増えました。

事務局へのご挨拶と、ワークショップ会場の下見もできたのでホッとしました。

さ、これから東京03区域の西の端から東の端に帰ります。

びっくりの混雑!

14beb859.jpg
新宿御苑、さすがサクラの名所だけあって、とんでもない混雑でした。

「ビール、日本酒、ワインなどのアルコールは持ち込めません!」という呼び掛けとともに、入り口にはこの看板。そして長テーブルがあって、ガードマンさんによる、入苑者全員の持ち物チェック、いつもは作品の搬入口の通用門が出口専用門にと、完璧なフォーメーションで、お行儀の良いお花見ができるような体制で望んでいて、感心しました。

こんな中、インフォメーションセンターに、アートギャラリーとレクチャールームの使用報告書を出しに行くのもはばかれるけれど、お約束なので、平にご容赦。

大撮影会中。

6d14fdeb.jpg
撮影者次男、撮っているものは彼が昨日、秋葉原で仕入れてきたガンダムの何か。
彼のマグライトを上から照らす証明助手は私(証拠の左足)。

なんだかね、未開封でとっておくと価値があがる、ところをバリッと豪気に開けて遊んでみたいらしい。
自分で稼いだお金で、欲しかったものを買って、楽しい時間を過ごしているの図。
見てて面白いよ〜。

ちなみにこの撮影用の箱は、うちのサイトで商品を売ろうかというときに、長男のリクエストで買ったもの。
いまじゃ家に寝に帰ってくるだけの人なので、いろんなことが頓挫しちゃってるなかの、残骸が、今日は復活したわけで。
それもまた良し。

母の付き添いで鍼に行って、一緒に刺して頂いたら、すっかり気持ちが軽くなりました。
今日は早く寝ようっと。

青梅街道のケヤキも!

9f1b9377.jpg
見事に芽吹いておりました。

春だ、春っ!!

それにしても、街路樹のケヤキって本当にひどい刈られ方しているよね。
センスの欠片もない。秋の落ち葉がそんなに面倒なのかしら?

府中の東京競馬場の前の、馬場大門のケヤキ並木を、お手本にして欲しいものだわ…といっつも思う。

ケヤキの芽吹き。

e2820b70.jpg
中杉通り、杉並区役所の真前のケヤキ、みごとに芽吹いていました。

火曜日きたときには、まだ星を掃くホウキ状態だったのに、3日で芽吹き。どんどん春爛漫になってきている世間でしょうか。

母の腰痛打開作戦で、集中して鍼をすることにして、今日も南阿佐ケ谷・竹八でランチ、いまから西新宿経由、先生のところへ。

帰ったら家の前の青梅街道のケヤキも芽吹いていますように。

あらら…

9883e820.jpg
国産の橙ピーマン、ちょっと変わった形で切りにくかったので、縦半分にバンと切ったら、なんと中から緑のピーマンが。

何だか悪いことをした気がする。

新宿三丁目。

a3608973.jpg
昼間通るときとは違ってまばゆいネオンの海。
そこで何をしているかといえば、ワンセグで木曜八時のコンサート見ていました。
トップバッターがきよしくんで、しかも大好きな歌ベスト5に入る「情熱のマリアッチ」と番組表チェックしていたのに、すっかり忘れて、雨も止んだからって世界堂に紙を買いに来ちゃったからね。

まったくアホ。

で、背中に110枚一束の水彩用画用紙とか、10個の練りゴムとか、10本の鉛筆とか、背負ってワンセグ見るはめになりました。

街中だから、心の中で声援。

「荒川百年物語」

5e242d71.jpg
都営篠崎駅直結の、江戸川区しのざき文化プラザ3階で3月29日からはじまる企画展示。

今年、荒川放水路開削100年を記念して、これまでの歴史を振り返り、里山ならに里川としての荒川を知る内容ということで、荒川や湾岸で見られる野鳥のイラストでお手伝いさせて頂きました。

6月8日までの長期展示で、4月17日にはワークショップも開講予定です。

映画に出てきそうなモダンな図書館や、江戸川の特産品・小松菜をつくったお菓子などをだしてくれる洒落たカフェなども併設している素敵な建物は、9時〜21時半までオープンしています。

ぜひお立ち寄りくださいね。

うふふの2

8fb81560.jpg
ご近所Nちゃんからのバレンタインの女子チョコ返し。
彼女は、ほら「女だらけの戦艦大和」の管理人さんなので、このチョイス。
渋いけどワクワクします。

今、巷では「艦コレ」なる戦艦ものが流行っているらしいけれど、Nちゃんはそのずっと前から「女だらけの戦艦大和」書いているんだから、着眼点がホント鋭いと思います。

世間の艦好きさんにはたまらないだろうなぁ…

うふふの1

6476d345.jpgハワイ帰りのMさんからお土産。

1時間半並んでやっと手に入るという、マカデミアンナッツの蜂蜜。

そして!!ANA国際線機内で流れているという「森は生きている」の「日々の泡沫」が載っている機内誌。
嬉しいな。
本人も大喜びしておりました。
先日のワンマンライブも成功裏に終わった様子、一歩一歩頑張っていってほしいです。

Mさんには無理なお願いごとお願いしてしまって、ほんとに申し訳ないことでした。
感謝、感謝です。

竹八でランチ。

af8e3517.jpg
今日の午後は母のために過ごす日。
ということで彼女のリクエストで阿佐ヶ谷・竹八でランチ。こちらは、海鮮の丼ものも美味しいですが、佐賀の新鮮なお魚を西京漬けしたものが有名。
母はサワラ、私は紅鮭の西京焼定食と、卵焼きをオプションでとりました。

なんだかずっとワサワサしていて、鍼の先生もお休みしっぱなしだったら、母の腰が絶不調になってしまって。反省。
竹八でランチの後、西新宿まで出て、そこから鍼の先生まで歩くかな?と思ったら、タシーというので仰せのとおり。
よっぽど辛かったようですが、先生にちょっと強めに刺していただいて、帰りは軽やかな歩みになりました。

金曜日にもう一回お願いしてきました。娘、ちょっとお世話をしなきゃだわ。

我が家の、増税前駆け込みの買い物。

7f01fafd.jpg
鳥の洋服かけ、商品名は「ウッドペッカーウォールフック」です。

LOHAKOで、ディチェコのパスタやら何やらを頼もうと思ったら、これがセールで出ていたの。
「umbra」というカナダ・トロント生まれのデザインメーカーのもの。
5040円が1900円という破格のセール。
デザインはカナダで、作ったのは中国、のようだけれど。
鳥の形がシンプルで、価格と一緒に気に入りました。

こんな鳥さんが5羽もついていて、ちょっと幸せ。
帰ったら玄関でお迎えしてくれるんだよ。

冷蔵庫も、パソコンも、プリンタも、次男が買ってくれたので、うちでは増税前といっても、ちまちま缶詰買うくらいで、この1900円が一番大きな買い物かも。

今日は午前中の家から吉祥寺まで3.2Kmをせっせと歩き、小平へお墓掃除で、花粉と枯葉と戦い。
そして、デイサービスから戻ってきた母を連れて、今度から診ていただくクリニックに先生にお願いに行って、銀行やクイーンズ伊勢丹にも寄ってと、そりゃもうの一日でした。
睡眠3時間で、11時間は外を歩き回っていた計算になります。

でも、5月と6月にちょっと楽しいイベントもできそうだし、気にかかっていた母の通う病院も決まったし、嫁ミッションも完了したして、すごく気持ちがすっきり!

さ、寝よっと。
with from R

ニンジン?

d13c1cf9.jpg
花小金井の同心居のランチ。
トマトとキャベツと豚肉の醤油炒め、酢豚。
お野菜問屋さんが清瀬と花小金井でやっている中国料理屋さんなので、野菜がたっぷりで、ともかく美味しい。

自宅から徒歩で善福寺公園経由、某クリニック、梶谷先生と、母のことで吉祥寺まで歩いて、そのあと、高司と合流して。
長男の嫁ミッションのお墓掃除の前に、「ニンジン」としてこちらのランチとなったしだい。

さがんばるぞ!

春の気配っていうか、やっぱり春。

c0c973e7.jpg
大好きな香り。
小さい頃はちょっとこの花が怖かったんだった。

春の気配の3

daa0c5b3.jpg
柳の新芽、ふわふわ風にゆれていて、かわいらしいね。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ