タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

October 2014

熟考

d86a7804.jpg新"タマゴ式"鳥絵塾の担当のSちゃんから送ってもらったデータを、ベクトルさんが大きくして刷ってくださって、それをパウチして、ブーステントの壁面展示用の諸々が完成!

それに紐を通して、あとは、並べる順番を、考えて。
まだまだ、眠れません。

母さんが夜なべをして…

00b98d23.jpgまだ、袋詰め作業中です。
イベント前日なので、朝から慌ただしく、今日届く商品もあって、前泊で着いたホテルでも、いろいろちまちまとしています。

高司は、講演会の内容のチェック。図鑑、マナー、スケッチと、盛りだくさんな一時間なので、気合い入れないとです。

さ、もうひとがんばり。

ポスターの替わりに…

10710951_568766419890747_4376260747421929409_n<br clear="all">
今回の新商品の絵柄ばかり、すらっと並べたものをベクトルさんに作っていただきました。

可愛い鳥ばかり選んだのですが、並べてみるとすごい迫力!

パウチして、万万が一の雨対策もばっちりで、これが看板代わりになります。

頑張れアサガオ・第二弾

1377260_568764896557566_6020867755973301202_n

荻窪の路地裏でみつけたアサガオ。
花は小さかったのですが、鮮やかな紫で、きりりと咲いていました。
かっこよかったぞ。

ジャパン・バードフェスティバル目前で、次々と「やらなあかん」ことが出てきて、一個一個片づけながら、今日は合計3箱の荷物をホテル宛に送りました。

ホントになんていうか、夏休みの宿題を8月31日に一気にやってた大昔を思い出します。
人間なんて、そうそう変われるものではないってことですね。

明日、届くものは、手で持っていくことにして。

あ、テルテル坊主も作らないと!

もう少し、がんばります!

ホグロフス::HAGLOFSからネギ

10442347_568314819935907_7473805329863411905_n


次男が勤めの帰り道、スーパーマーケットから電話をくれて、 お野菜いっぱい食べたいから豚汁にしようか、と豚肉やら何やら材料を頼みました。

孝行息子くん、帰宅して来たら、自慢のホグロフス:HAGLOFSのデイパックからネギがこんにちわ状態
「こんな25歳いるだろうか?」
といいながら帰ってきました。
確かにこのデイパックからネギはあまりにアバンギャルドかも。

いやいいや、いつもホントにありがとう。
重いもの買ってきてくれるのはホントにありがたいのよ〜
だから母さんは今日みたいな日も3食きちんと作って…
あれ?
もしかしたら次男くんの掌でコロコロ転がされてる?
ま、いいか!

もちろん豚汁、美味しくできました。

行きたかったなぁ…新宿中村屋

acfeb296.jpg








今日は新宿中村屋ビルOPENの日。

母にとっては60年以上も前に、新宿中村屋の上にあった東急会館というところで結婚式をあげたとかで、新宿中村屋への思いはめっぽう強い。

以前の建物が建て替えと知ったときに
「できあがるまで生きていられるかしら?」
とか不安気にいっていたので、さぞOPEN当日に行きたいだろうと、覚悟を決めて誘ってみたらば結構つれない返事。

「やよ、並ぶの〜。もっと空いてからにしましょうよ」
「ビルは無くならないわよ」

え?あ?そうなの?
私は久しぶりにお会いしたい店員さんたちもいたし、どんなビルになったのかみたかったから、行きたかったのにな〜

なんだか気が抜けたので、お昼は新宿中村屋のカレールーでお昼作りました。
お芋を食べるとご飯は減らさなきゃなので、ちょっとしょぼん。

そして馬車馬のように一日JBFの準備。
まだまだがんばるさ。

がんばる一日

ea5de66a.jpg

その前に松江の作品展用にリビングで作画中。
仕事机のある部屋は次男と共有で、今日は次男公休日なのでこちらでお店、広げています。

私も武蔵関・荻窪とご近所で諸々用事があるのですがとりあえず缶バッチ500個袋詰め済ませたいところ。
あぁ野麦峠のような作業っていうか、苦行。

ということで、いま我が家の28年ものローズウッドのテーブルは、こんな賑やかなことになっております。

イベント前の「いつもの光景」ですが、いつもと同じことができることに、感謝ですね。

と、きれいにまとめたところに、高司が
「何で俺の頭がこんなビンボーくさいことになってるんだ!?」
との発言。
改めていわれてもなぁ…
いつもですから〜〜lear="all">

日本の野球発祥の地

10395856_567539566680099_4921851478540162355_n

学士会館の敷地の中に日本野球発祥の地の碑があります。
いつもここに伺うときは夜なので、明るい時に一枚、いつか撮りたいと思っていました。

巨人以外は野球じゃない!みたいな父に育てられたのに、結婚した相手は
「在京球団はヤクルト、巨人は日本のチーム、僕は東京生まれなのでヤクルトが好き」
という何ともな持論を展開する、ちょっと変わり者でした。
父と高司は野球の話はしなかったなぁ。

ちなみに、小さな頃ビクター少年合唱団の練習が長引くと、夜7時からの日本テレビ「巨人の星」がみられなくなって泣きべそをかいていた弟。博多転勤3回を経て、博多を愛するあまり、いつのまにか、巨人からソフトバンクに移り気中。
黄泉の国でさぞ父は嘆いていることでしょう。

今日はベクトル→ホビーズワールド→学士会館→日本野鳥の会→渋谷東急とバリバリ動けた一日でした。
思いがけない場所で、思いがけない方にお会いしたらり…
お会いしたみなさまに、元気をいただけて幸せなことでした。

日本の野球発祥の地のお話しはこちら↓↓↓
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/761/Default.aspx

5本指靴下への愛

9779_567188293381893_7740414619872976968_n

こんなアホアホな柄の5本指靴下、買ってしまいました。
タマゴ、というとすぐ欲しくなる上に5本指、
もういけません。

実は私5本指靴下の超ヘビーユーザー。
愛好歴22年以上。
何で細かい刻みかといえば、いま25歳になる次男が幼稚園年少さんのときのクラス保護者会で
「なんだ!?その足!?」
と私の5本指靴下をみたY子ちゃんに、とても驚かれたのを鮮明に覚えているから
いまでもお友達のY子ちゃん本人は、覚えていないかもしれないけれど。

出会いは、西荻窪・長本兄弟商会。
通商ナモ商会、ナモ夫人のK子さんから
「ともかくすっごくいいから履いてみて!絹だからあったかいの」
と熱烈推しされたことから。
当時で1000円とちょっと高めでしたが買ってみたところ…

暖かいし、蒸れないし、履き心地はいいしですっかりファンに。
5本指なので靴下の厚み分、足先の幅が広くなり、靴はワンサイズ上になりましたが、それでもいいものはいい。

しばら〜くして渋谷・東急ハンズ本店で5本指靴下コーナーと出会った時には、正直
「時代が私に追い付いてきたかぁ!」
とまで思ったほどでした。

いまではフランスのブランド、ランバン:LANVINまで絹混5本指を発売するほどになり、嬉しい限りです。
基本はやはり絹、5本指の特性が最大限活かされる素材だからです。
絹100%のものはなかなかありませんが「靴下屋」さんあたりでは手に入ります。
あと巣鴨の赤いパンツを売っているお店あたりもいいかも…
でも、たまに、こういう綿素材に浮気してしまいますが…

ぜひ!みなさまも5本指、履いてみてくださいね!

秋の気配の善福寺公園

1888649_567167893383933_7682237796614557348_n

木漏れ日も、紅葉も…
秋の気配がそこここの都立善福寺公園。
毎日ここで野鳥観察をされているK女史と高司。
彼女の野鳥情報は、確実で、いつも頼りにしています。


先日の千葉県立中央博物館「図鑑大好き」展担当の学芸員さんが、情報が的確で中身の濃い「一番強い図鑑」は、地元の人が、地元の情報を集めて作った図鑑だとお話しされていましたが、 まさに、彼女は「歩く善福寺公園野鳥図鑑」そのもの。

これからもいろいろと教えてくださいね!

10348372_567167556717300_4271506449921378783_n

そんな中のこの一枚。
善福寺公園上の池でのコサギが佇んでいるもの。
週末はボートがでるので、サギたちは思いがけないところに潜んでいることがおおいのです。

お知り合いのお嬢ちゃんの七五三のお参りと伺い、井草八幡宮まで行き、可愛い姿にメロメロになった勢いで、善福寺公園までお散歩という、贅沢な午前中を過ごした日曜日でした。

見本できました!

10370361_566764763424246_6226534206675178785_n

昨日の紙に切り込みを入れて、とりあえず見本を10個、作ってみました。

鳥が映える色と思うと、やはり、緑や青系がメインになりますが、それだけだと単調になるかなと思って、ちょっと賑やかにしてみました。
なんたって、このバッチをお披露目するJBFは、鳥好きさんのお祭りですものね。

ただ紙と一緒に缶バッチを入れればいいわけでなく、バッチが動かないように、裏に切り込みを「コ」の字でいれて、安全ピンをかますのです。

見本作って満足していちゃダメなので、また、「あぁ女工哀史」のような時間に戻ります。

がんばる!

午前中、歯医者さんでがんばったからちょっとパワーダウン気味だけどね。

カーテン?ではありませんの。

1016300_566394530127936_6579896315051636069_n


JBF用に追加製作した野鳥缶バッチの台紙用の紙です。
鳥の色に合わせて、世界堂で30分かけて選びました。

色も悩んだけど、発注数がまちまちなので、数を割り出すのも難儀でした。
二桁の計算が、これだけ怪しくなってるとはため息です。


ちょっと和のテイストになりましたが、背景に漢字を書き込んでいるのでいいかな?

もうベクトルさんで印刷が印刷も済ませてくださったの、 あとは袋詰め作業を根性で…

500個、寡黙になりますね…がんばろ。

がんばろとは思うのですが、さすがに昨日の疲れがどっと。

母一日お付き合いのあとにも爆チャリで向かう場所があったり、お醤油買いにクイーンズ伊勢丹まで行ったりと、大車輪だったのも敗因。
風邪薬2種飲んで、撃沈しておりました。あぁ情けないっす。

麗しの薔薇

1891172_565862050181184_8096027161568892284_n

雨に濡れていた薔薇。
なんて優美な色とかたち。
あまりの美しさに、バラではなく薔薇と表したくなりました。
あぁ、でも漢字で薔薇って書けないかも…

この薔薇は鍼の先生の路地で咲いていたもの。
今日は母のマンションのメンテナンスで9時〜17時まで断水。

断水ということは、水は使えない、ってことは…まず、トイレ問題。さらに、料理とかで溜めておいた水をよっこらしょと持ち上げるのも、S字に曲がった彼女には負担が半端ない。
もろもろ考えると家にいる方がリスクが大きいかなぁと思い、昨夜鍼の先生を予約。

午前中は先生のところでまったり過ごせるし、午後はT病院の定期健診があるし、銀行も行きたいといっているし…
何とか夕方までは外にいられるかな?
と思ったら帰宅は17時半、つまり丸一日お付き合いとなったわけです。

私はといえばあまり優美でないリュックを背負った、担ぎ屋さん状態だったのですが、もういってられないものね。
母が転ばないのが一番。

雨の日のお出かけ、疲れました〜

雨でも、おでかけ。

1012271_565483526885703_3889340512231044516_n

青梅街道のケヤキ、雨に濡れて嬉しそうにみえます。

まだ、この時間帯はそぼ降る雨だったけれど、そのあとはけっこう激しい雨でしたね〜。
でも今日はお出かけの日。

昨日の糖尿病1型でしょう、の診断を受けて、今日は中野坂上の喘息病院まで。
秋は他所に出かけることが多いので、昨年のように大阪で救急車となったときに、注意ずべきことを伺ってきました、
風邪気味の次男も一緒に受診したので、そのまま新宿世界堂へ。
イベント用の地模様入りの紙144枚。
最終的に数えたら、12の12倍って、なんだか嬉しい感。そして水彩用紙110枚一締め。
雨の中254枚の紙、けっこう重くて、その足でベクトルさんに印刷をお願いしに行きました。

そこへYGが印刷物を受け取りにお運び〜。
滞在時間5分もなかったのに、あまりのピンポイントにびっくり。

それから一路、立川へ。
今日朝日カルチャーセンター立川教室で開講させていただいたヤマガラの講座へ。

終わってから立川駅ビル徘徊、大雨の中、三鷹発北裏経由で帰宅したのでありました。

長い一日。でも、ま、相棒に間に合ったからいいか。

がんばれ〜

10407856_565301483570574_9056646420130573958_n


がんばるヒマワリ、いまから咲く気ムンムンです。
そしてなんとアブラゼミの声。

秋の気配いっぱいの石神井公園でしたが、すぐそばではまだまだ夏の名残。

遊び足りなかった夏、みたいな印象。

今日の雨に凍えずに、ちゃんと咲けるといいけれど。
がんばれ〜って気持ちの中で応援。

そして今日は私も頑張る日。

午後はずっと病院でした。

眼科で緑内障の疑いっていわれて検査だったのですが。
淡い光がフラッシュするつど、持っている機械のボタンを押す、という検査では、単調すぎて思わず睡魔に襲われてしまいました。いかん、いかんと思わず検査員の方に「一瞬寝てました」と報告。
結果、大勢に影響なしとわかってほっと一息でありました。

そして内科へ。
細かい検査の結果、2型糖尿病と判断できる結果は何もなし。
でも数字的には糖尿病。なのでやはり1型でしょう、とのお墨付きをいただいて帰ってきました。
量の増減はあるにしろ、一生インシュリン注射を打つこと確定ですね。
ということで。
とりあえずは先端恐怖症の克服を目指します!





三宝寺池、秋の気配。

1395997_564802080287181_222239440372438214_n

我が家に一番近いのは500m弱の善福寺公園。
そしてなんとかがんばっての徒歩圏内は石神井公園と井ノ頭公園。

今日は石神井公園に用があったので、歩きで向かってみました。
三宝寺池一周して約2時間のコース。
秋がきているのね、と思うような茶色い景色がそこここに。
水面に写る秋空がビューテホー♪

でも鳥はいなかったなぁ。
水鳥はカルガモ・バン・カイツブリくらい。時間もわるかったかも、ですね。
だけれど、いいお散歩になったので良しとしよう。

もちろんMIZUNO WAVE REVIVE II 履いての2時間!絶好調でした。

イノブタチョウ

10151357_564798640287525_5364361233427157462_n


亥と萩。

ちょっとくたびれた亥年の高司と、枯れかけている萩。

花札だといくらか点数になる札でしょうが…
この組み合わせだと、どうかな?
花札では7月の絵柄、じゃぁ、くたびれててもしょうがないかぁ〜

本人、イノシシのつもりで鼻のあな、全開です。

猪鹿蝶、というのをイノブタチョウっていいそうだわ。

ちょっと石神井公園まで歩いて行ってきます!の向かっているときの写真。

超絶の歩きやすさっ!MIZUNO WAVE REVIVE II

10312539_564563206977735_3245971433160419435_n


MIZUNO×東京大学コラボの現代版草鞋
MIZUNO WAVE REVIVE II
本日デビューです。

3本のベルトが足の甲をきっちり抑えて、でも底が柔らかくて
足裏にフィット。
どこまでも歩ける靴、という謳い文句のそのまま、とても
歩きやすかったです。
靴下の汚れが心配で、濃い目の色を選んで履いてみましたが
つま先に余裕があるので、何の心配もいらないことがわかりました。


とはいえ今日は「仏滅」
日本中央競馬会にいたときから、ゲンは思い切り担ぐことに
しているので、新しい靴を仏滅におろしたことはありません。
夜に靴をおろすときは、厄除けに靴底に「寿」の文字を書くと
いいと聞いたことがあるので、それで厄除け。

ま、いまは、1型糖尿病との出会いで、もしかしたら、
人生どん底の部分もちょっとあるのので、これから、ぐぐんと
上を目指すには「仏滅」デビューもいいのかも。

秋の善福寺公園

10376143_564563430311046_2857392712094733795_n<br clear=”all”>
あまりに良いお天気に、ふらふらと、善福寺公園までお散歩に。

すっかり秋の気配。

実は…去年の今日、オオヨシゴイが一日だけ、この新池の
このあたりに降臨したのです。
鳥仲間の方が、カメラをもった人に「あの鳥は何ですか?」
と聴かれ、高司にお呼びがかかり、爆チャリでかけつけたとこ、 なんとオオヨシゴイだったというサプライズ。
で、私も即参上。

戦前の中西悟堂氏の記録にはあるのですが、戦後はおそらく初ということで鳥肌が立ちました。

もちろん、きちんと記録として残るよう、お友達で、公の立場で保護活動をされている方数名にのみ、お声かけして、来ていただいたのは いうまでもありません。

オオヨシゴイの様々な行動をみながら、みなさんと過ごした あの秋の一日は、とても貴重で、良い思い出となりました。

ちなみにオオヨシゴイは一日で何処かへ飛んで行ってしまいました。

気の抜けたままの一日〜

10450169_564210110346378_7809832808717125791_n

カンツバキ、もう蕾をもっていました。
この花が咲くころには、秋のイベントが一段落しているのかな?

いつも通る道を、普段通らない時間に通ると、新たな発見があって、 ちょっとうれしくなります。


しかも、この秋初の天然ブリをゲットしての帰り道!
ブリの照り焼き大好きなんだもん。
お魚買えるタイミングで、切り身の好きな部分があると、得した気分になります。

昨日の抜歯に続いて、今日も歯医者さん。
口をあけたままで寝ている姿勢って、喘息患者には超大変。
のどに何も流れ込まないように、細心の注意を払わないとむせて とんでもない事になるから大変なの。
ということで、今日の私は歯医者さん行っただけで、もう脱力。

頭を使うことは初手から諦め、長男のカーディガンのボタンつけやら、家族全員の靴磨きやら、長男へワイシャツのアイロンのかけ方の指導やら、めったにないことばかりやったら、さらにくたびれてしまいました。
なんだかなぁの一日だけど、それも私の一日。

JBFまであと2週間だから、そろそろターボかけないとなのに。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ