タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

June 2015

夏越の大祓いの日

11665410_667789089988479_2988158406018830578_n
今日は6月30日。
ご近所の井草八幡宮では夏越しの大祓いが行われていました。
一年の半分が過ぎる今日、この半年についた穢れを祓い、晴れ晴れとした気持ちでこれからの半年を迎えましょう、という日ですね。

私と母は、今日は阪田先生のところに鍼に。
夏越しの大祓いのセレモニーにも伺いたかったのですが、母の腰の方が心配で。
こんなに曲がった腰で、よく半年、一人で頑張ってくれました。
ケアをこまめにして、母がにこにことわらっていられる日が一日でも長く続くことが私の望み。

そして、もう一つの望みは、家族が全員、まっすぐに信じた道を進んでくれること。
イラストの道、
音楽の道、
神様への道、
自分たちで選び進む道はそれぞれだけれど、胸を張っていつまでも仕事をしていって欲しいものです。

もしかしたら、今の私は、家族のことで心をどきまきさせることがない分、幸せなのだと思います。

さてと、今年も半年、何とか過ぎました。
支えてくださったみなさま、ありがとうございます!

明日からの後半戦、ますます忙しくなります!
高司の画業40年イベントもいろいろ企画中。
どうぞ変わらぬご支援を、よろしくお願いします。

ほれ、指先をピシッと!

11665506_667450696688985_2451541861688564344_n
善福寺公園で打ち合わせのあと、荻窪経由で池袋に。
どうしても今月中に済ませないといけない手続きがあってダッシュでいってきました。

その帰り…大泉学園に降り立ったら、駅中に洒落たコーナーが。
銀河鉄道999のモニュメントに、松本零士さんのコメントが添えてありました。
アニメーションの街ということのようです。

横で高司に敬礼させてみたのだけれど、なんていうか、先代の三平師匠の
「どぉ〜もすみません」
みたいになっちゃう辺り、情けないっす。
facebookのお友だちからは、指先をビシッと!という指導が入っておりました。

このあと、メーテルさんやラムちゃんの作り物の間を通って、新しくできた大泉学園の駅ビルに。
期待の三浦屋新店舗は…なんだか異様にお魚の匂いがして、参りました。換気のせいかしら?
ジュンク堂書店も入ってて、ちょっと楽しい帰り道でした。

6月、善福寺公園の緑

1508627_667401820027206_2891287024380881369_n
善福寺公園下の池。
高司が大切にしている景色の一つです。
ここに立つといろいろなことが心の中に蘇るらしい。

今日は来週の取材の打ち合わせで、可愛いお嬢さんと楽しいひと時を過ごしました。
いろいろなことに興味を持ってお話しを聞いてくださって、うれしかったな。

さくさくと段取りよく進むようにがんばらないと、です。

公園でいろいろな方にあったのも、幸せなことでした。

さらばズンドコトランク

11403492_666985113402210_6509783493546561629_n
太っ腹な次男が誕生日プレゼントにくれた、白く輝くトランク!

その隣で「申し訳ありませんね」ってくたびれてるのが、12年前に買ったACEのトランク。
当時きよしくんが”きよしのズンドコ節”を歌うときに、こんな感じのストライプのスーツ着てたので「ズンドコ柄」と命名した このトランク、札幌から博多から松江から、追っかけも、お仕事も、何処へ行くのもほぼ一緒に、行ったり来たりした、相棒でした。

タイヤは擦れてすごい音がするようになって、前ポケットの縁もすれて中のワイヤーがみえてきたので、そろそろ限界?と思っていたところへの、昨秋の1型糖尿病発病。

インシュリン注射に関連するものを、有事に備え多目に持つのは必須なので、当然、旅の荷物も多くなってしまい、正直、この春の島根や名古屋のお勉強会はきつきつで困っていたのです。

新しいのはポケット部分がパソコンを入れられる仕組み。
もちろん私が入れるのはパソコンじゃなくてお注射系ポーチ。
トランク内部に膨らむのでけっこう大きなポーチも入ります。
つまり、ハンドバッグに無理やりお注射系を入れないでも済む、出し入れも楽。
ってことで、容量的には気持ち多いだけだけど、使い勝手は数段よさそう。

4輪で5cmキャスター、自由自在だわ。
キャスターストッパーもついているから電車の中とかをトランクが勝手に動くことがない、はず。
従前品のワールドトラベラーは、容量が多いのだけれど、ストッパーがないところがひかかっていたの。

ということで、ズンドコにお別れして、これからはこの白いのを使いこなさねばなりません。
がんばろ。

次男には心からのありがとうを!

お誕生日特需ちう

11702736_666974576736597_1185363501829184492_n
お誕生日から2日。
白いトランクが届きました。
「お誕生日、お母さんの欲しいもの買ってあげる!」
と太っ腹な次男がいってくれたので、トランク!とリクエスト。
ACE×Amazonのコラボトランク。ワールドトラベラー。白い小さな模様入りでオシャレ。

いま使っているACEの12年もののトランクが、いよいよダメになってきたので、かなり嬉しい。

レオレオ二のシャツは親友のY枝ちゃんから。
Y子ちゃんが、私の思い出のマグが割れたというのでプレゼントしてくれたスナフキンのマグは絶賛愛用中。

ありがたやありがたや。

不思議な夕焼け〜

10374531_666585990108789_469599635099335167_n
昨日のお誕生日特需、facebookでのみなさまからのメッセージや、お祝いありがたく拝見。
もちろんテンションあがって、頑張ろう!モード突入。

朝から、8月のお教室の会場を借りる作業をしたり、高司が受ける取材の諸々をしたり、サイト更新したりとけっこうなねじり鉢巻きぶり。
3つくらい並行していろいろしながら、一個が済むともう一個初めて、みたいな感じでした。
サクサクサクと進んでいたのですが…
ふと見上げると、不思議な空の色。
美しい、というより妖艶な感じ。

ベランダに出て、写真撮った瞬間に緊張の糸がプツリと切れて、もはやここまで状態。
何だか魔法にかかったようでしたが、根を詰め過ぎるなということででしょうか?

この湿気ですが、除湿をがんがんにかけているので、肺の調子はけっこういい。
空気が重い状態は、肺にも重いのです。
ただ私はお肉を着てるので、快調ですが、男衆には寒いみたい。
ま、各自調節頂いて、母は生き延びるのであります。

お誕生日プレゼントの2

10600640_666274503473271_8366432315514779027_n
母が
「お誕生日プレゼント、好きなもの買っていいわよ!ママの予算は1万円」
っていってくれたので、好きなもの=LIBERTY、そしてLesportsac:バッグということで、こちらをぽちっとしました。
もちろん母の予算との差額は、高司先生供出です。

今年2月に発表された、このシリーズはこの「MARGARET ANNIE」と「PEPPER」の2つの柄を組み合わせたものが多いのだけれど、これは一つの柄だけでできています。
私はPEPPERはちょっと苦手な柄なのでラッキーでした。
いくつかあるSMALL EVERYGIRL TOTE よりも、全体的に4〜5cm大きいEVERYGIRL TOTEなので、荷物が収まりやすいかなって。
何より、軽いのが一番の260g。
こないだの、着物でリュックと思って買ったkananaより500g近く軽いのは嬉しいわ。

夏に浴衣でも持てそうなので、うふふ。

美しい景色

11412105_666189330148455_149619399229765889_n
母のところにも挨拶に。
途中通った井草八幡宮の楼門のまえで、クロアゲハが、いったりきたり、
降りはじめた雨が少し溜まったのを飲みにきていました。

なんだかとっても優雅な姿。

梅雨の一日でしたが、どうも私の生まれた日は晴れてたみたい。ほぉ。

お誕生日プレゼントの1

11013195_666186526815402_2303702389268799628_n
今日は59回目のお誕生日。
59年前の朝6時50分に、母が産み落としてくれたのです。
前日の夜は、下高井戸の旭鮨で、上司の方にしこたまお寿司を御馳走になっていたとか。
私の酢飯好きはここからきているのかもしれません。

お誕生日といっても特別なことがある訳ではありません。
ケーキという気分でもないので、ここのところ1型糖尿病の関係でNGだった、津多屋さんのメンチカツを食べたくらい。
外食よりも白いお米が食べたいかなぁと。次男の大洗土産のしらすを山盛り。

写真は、次男に頼んで書いてもらったご朱印です。
彼が國學院大學に入学し、神道の勉強をはじめてから、全国各地の神社にお詣りにいき、ご朱印をいただいてきました。
最初は彼の学業成就を祈っていたのですが、いつの間にか、この地を訪れることができた幸せや、家族がそれぞれの場で頑張って暮らしていることなどへの御礼をのべるようになっていました。
どうか〇〇をよろしく、というようなお詣りをしなくなったのです。
そして、銀座鳩居堂のが2冊、大神神社、伊勢神宮…と4冊がほぼいっぱいになったので、5冊目。

とてもよい記念になりました。

苦竹…え?にがったけ、だったの?

11667405_665884913512230_6832021440555109078_n
三宅島の帰り、ダッシュで一個だけ買ってきた苦竹のお漬物。
三宅村商工会女子部のみなさんのお作品。もちろん無添加。
私たちがお邪魔した10日前は、島の名物苦竹の最盛期。
苦竹はアズマネザサという、ササのタケノコ。
ほろ苦さにうっとりでした。

このお漬物は、苦さはほんのり、でもご飯のおかずにぴったりな感じ、今度行ったら束で買ってこよっと!

昨日の緊張と、ほんの少し慌ただしかった6月の疲れが出たのか、高司は今日はずっとぼっとしていました。
私も、こういう天気のときはもうヘロヘロ。
さらに、次男も今日は公休で。
仕事に行く長男を見送ってから、ずっとデロデロ、グダグダとしておりました。
58歳最後の日、なのですが断舎離すらする気になれず。
ま、いいか…

ジュンク堂池袋本店トークショー

ジュンク堂
今日は、何か月も前から決まっていたジュンク堂書店池袋本店4階のカフェでトークショー。

安西英明さんと「フィールドガイド日本の野鳥 増補改訂新版作成の現場から」と題して、高野図鑑の意味と意義などを高司が一緒にお話しさせていただきました。
高野図鑑の「高野」とは、30年前に亡くなられた超一流のバードウオッチャー、高野伸二さんのことです。
安西さんも高司も、若き日、まだお若かった高野さんの薫陶を受けて、鳥全般の知識を深めた仲なので、この図鑑がずっといろいろな方の手で紡がれながら、世に出続けて欲しいと願っているのです。

数日前に満員御礼だったのですが、当日キャンセルがでて、空き待ちで立っておられた方も、座って聞いていただくことができ、ほっとしました。

お客様、楽しむ会会員のみなさん、出版社の方、鳥のお仲間…
多くのお客様にお運びいただき嬉しかったです。
皆々様、ありがとうございました。

シャ乱Qの演歌の花道

11246975_665111886922866_6261617976293618537_n
シャ乱Qのアルバムはほぼ持っているのだけれど、意識的に買ってこなかったのが、これ。
「シャ乱Qの演歌の花道」。
Q唯一の主演映画のサウンドトラックで、なんていうか完全に「色物」系。

つんくさんが大阪からロックバンドでデビューする気ムンムンで上京してきたら、演歌枠のデビューで、天草乱之介でデビューをするという、全編お笑いが散りばめられている映画。
でも歌唱力ものすごくある人だから、挿入歌がいい感じで演歌。

で、こないだレインボーブリッジの下を通って「虹色橋」を無性に聞きたくなって、Amazonみてみたら
「出品者からお求めいただけます」
欄もあって、なんと46円で新品がでていました。
何だよ、46円って。長年買わなかった私にご褒美か?
どうせ開けちゃうから外のビニルが破れてても全然OKだし。
と、送料350円払って買ってしまいました。

ま、聞きたいのは正直「虹色橋」だけなんだけどね。
尾藤いさおさんの「しんぼう峠」とか陣内孝則さんの「男の人生」とか、大笑いの歌も入ってます。売れない演歌歌手と、スターの役。
あ、でもお二人とご自身の経歴にこの映画はちゃんと入れてあるので ちょっと嬉しい。

昨日つんくさんの娘ちゃんがDSリズム天国の歌を歌ってるというので、さっそく聞いてみたら、もうDNAがスゴイ!
何だかうれしくなって、このアルバムも開ける勇気がなかったのだけど、開けてつんくさんの曲を聴いているうちに、他のCDも聴きたくなって。

つんくさんが手術してから、どうしても聴くことができなかったCD、今日は一日中流れています。
何て幸せ。娘ちゃんの声が、私の心の中の棘を溶かしてくれたかのよう。

私の本体?はもう最低なくらい、今日は咳。
こういうとんでもない気圧配置で、雷雨注意報出まくりで、遠くに台風なんて日は、辛いっす。

このところの疲れの出方

10246501_664806900286698_3901718927232561568_n
長男は昨夜は京都でライブ、次男は宿直ということで、久しぶりに朝起きなくて良い日。
やれやれ。
この頃、疲れが翌々日くらいにでてくる気がします。
やれやれ。
しかもこの時期に台風って、まったくです。

そんなで今日は呆けたおした一日でした。

写真はOさんたちがお世話している、多摩センターの駅のそばの、とっても元気な花壇。
誰か私に愛という名のお水をください、ってあたりでしょうか?

WBSJトークショー

10408860_664371826996872_48006578709584086_n

多摩センターから不動前に。

午後は(公財)日本野鳥の会の事務局で
「フィールドガイド日本の野鳥 増補改訂新版」
出版記念のトークショー。もちろん相方は安西英明さんです。
相方?漫才みたい…でもまさに相方という感じの1時間半。
もちろん高司が実生活同様「ボケ」安西先生が「突っ込み」です。
二人の40年近い交友歴を反映して、何の遠慮も緊張もなく、 けっこういいたいことをいってました。
とても生き生きと。
で、暴走しかけるところを、この本の編集をしてくださった司会のSさんが必死でフォロー。

Sさんと私の間で何度このトークショーのことで電話・メールの やりとりがあったことか。
最後に近づくにつれて埴輪顔になっていく私たち。
マネージャー?の綿密な打ち合わせに、応える気がない芸人さんか?的な。
そして…この満足そうな笑顔!

お客様にはとても喜んでいただけたようなので、ほっとしましたが
水曜日のジュンク堂書店池袋本店でのトークショーはどうなる!?状態です。
お越しいただいたお客様、本当にありがとうございました。
Sちゃまご夫妻、東急セミナーBEのマダムお三方も来てくださって、高司はとても心強かったようです。

それにしても昨日は忙しかったなぁ。
朝6時起きで出かける準備して、多摩センターへ。
12時半過ぎに多摩センターをお暇して、小田急線特急で下北沢、井の頭線で渋谷、お弁当を買って、山手線で目黒経由で不動前。ほぼ駆け足。

インシュリン注射関係で荷物は多いし、草履で行ったから足ボロボロだし。
着物でリュック作戦は、袂が邪魔でなかなか難しいかなぁ。帯との兼ね合いも微妙だし。と課題満載。
足元はやっぱり草履より草鞋がいいかも。

多摩市グリーンライブセンター

936689_664369213663800_5832876932374365598_n
こちらが多摩市立グリーンライブセンターの会場です。
大きな大きなガラスの窓、緑越しに陽が差し込み、何とも美しい。

こちらで、多摩市の方に、基本中の基本の鳥ということで「シジュウカラ」を描いていただきました。
鳥に造詣の深い方が多く、会話も弾んだ講座となりました。
全員、個性あふれるシジュウカラを描きあげてくださって、嬉しかったです。
ご参加いただきありがとうございました。

会場をご提供くださったセンターのKさまはじめみなさま、橋渡しをしてくださったOさん、にも御礼申しあげます。

みなさまとまたお会いできますことを!

種を蒔くひと

10428557_664364233664298_1309462426695413147_n
昨日開催させていただいた、多摩市グリーンライブセンターの体験”タマゴ式”鳥絵塾。
企画してくださったのは、うちの一番古い会員のOさん。何度も、鳥の絵を描きたいとアプローチしてくださって
「谷口高司と野鳥を楽しむ会」が発足したのです。
あれから10年以上が過ぎ、その間に会でのお話しをベースに、”タマゴ式”の本が二冊、会員作品展もお借りするのが難しい環境省の新宿御苑の施設で6回も開催することができました。
本当にありがたいことです。

Oさんはお花を育てるのがお小さい頃からとても上手だったそうで、小学生の頃は道行く方に、庭で丹精したバラの花を、小さな花束にして差し上げたりしていたと聞きました。
写真に写っている花壇も、小川さんが働きかけて企業や行政を説得し味方につけ、サンリオピューロランドに行く途中の道を飾っているものです。
限られた予算を、Oさんがお持ちの経験値でカバーして最大限活かしているのが伝わってきます。

私どもの会といい、この花壇といい、Oさんはきっと、いろんなところで「種を蒔く人」なんですね。

出会いに感謝です。

お天気で何より!

11046686_663806327053422_3815440904041905779_n
今日は多摩市グリーンライブセンターでシジュウカラの体験”タマゴ式”鳥絵塾。
楽しむ会の創設を働きかけてくださったOさんのご尽力による鳥絵塾です。
そのあとは、速攻で日本野鳥の会の事務局まで。
「フィールドガイド日本の野鳥 増補改訂新版」のお話しを安西さんと。

どちらの講座もみなさん熱心に聞きいってくださって嬉しいことでした。
ご参加いただいたみなさまありがとうございました。

明日以降に現場の雰囲気をご紹介したいと思います

久しぶりのダブルヘッダーで高司もかなりおくたびれ、私も4.6Kgの荷物をずっと持ったり肩にかけたりしながらあっちこっちで、さらに睡眠時間3時間だったっけ、状態で。かなり眠いです。

写真は京王線からみた、空。
何だか気持ちよかったです。

母、ご機嫌。

1897968_663507330416655_1499008327620577488_n
今日は朝から雨で、午前中大車輪で仕事をしながら、母を阪田先生のところに連れて行くかどうかで悩んだのだけれど…
母の他の用事もあったので、雨のやみ間をぬって、お出かけしてきました。

雨の日のお出かけはホントは絶対にいや。いつもの百倍くらい神経使う気がするもの。
滑って転んだりしたら、もう、何もかも大変なことになっちゃうし。
だから、何か所か、母を屋根のある安全な場所で待たせて、母の用事を済ましにいくという荒業で乗り切りました。
阪田先生のところは新宿駅からタクシー乗っちゃったけど、ワンメーターで気持ちがこれだけ楽になるなら、これからも愛用しちゃいそう。

写真は阿佐ヶ谷・竹八でランチしてるところ。。
雨でお客さんが少なかったのか、いつも行く時間帯だととっくに売り切れの、限定ランチ「いろどり」があったので、初めて頼んでみたら、大正解で、超ご機嫌の母です。
母とのお出かけはいつもご飯食べているところの写真が多いけれど、他じゃ、カメラ構える余裕がないの。
座っているときは安心でしょ?

さ、明日は早いから、今日は早寝しなきゃ!

レ・トゥワール・ソレイユ×ユニクロ

ソレイユ
今朝の、ユニクロのメルマガで「全品超目玉!」ってリラコが載ってて、速攻買いに行きました〜
1290円が790円だもん!
行っちゃうでしょう?
レ・トゥワール・ソレイユとのコラボのリラコ(女性版ステテコ)。
ストライプのステテコっていうとバカボンのパパみたいだけれど。

レ・トゥワール・ソレイユは、色それぞれにまず意味があって、意味のある色を組み合わせたストライプにはさらに壮大なタイトルがついていた、気がする。
ストライプだけでもすごい数のパターンをもつフランスのメーカー。
この辺りだと吉祥寺アトレに入ってて、キャンバス地好きな人にはバッグ、たまらん品ぞろえ。
私はキャンバス地のバッグは苦手だから、いつも見るだけで終わりなんだかれど、でもユニクロとのコラボは嬉しかった。

さらに、他のリラコはレーヨン100%だけれど、このリラコは薄地の綿100%て、こないだ一枚買ったら超花丸だったので、 追加で2枚。
私がはいても、バカボンのパパにはならん、はず…。
この夏は楽ちんだぁ〜

アオバト!

10686985_663262450441143_7358206742787508107_n
今夜の楽しむ会は、「アオバトを描こう」。
森に棲んでいるのに、夏の間、ミネラルを補給するために、海に来る、ハトです。
海水を飲みに来るのね。
塩分はどうなの!?高血圧とかなるんじゃないの!?という問題にはならないのだろうか、と思うのですが、生きていくうえで大事なことがそこにあるから、飲みに来るのでしょうね。

前回のアオバトは海水を飲む姿を上からの視線で描いていただいたのですが、今回は真横から、きちんと細部の色にもこだわってびっちり描いていただきました。
7月にはナマでこの鳥をみに、みなさんお大磯までお散歩予定。

いつもお顔見知りの方々と、楽しく過ごす時間はとても穏やかで、幸せな空間でした。

お天気が不安定な中、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ