タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

September 2015

夕陽一直線

12042612_706613589439362_3759271484866660395_n
気持ちいい朝、富士山もみえてテンションあがりました。
あがりついでに、いろいろと片づけて、午後は母を阪田先生のところに鍼に。
もちろん私もプチプチ刺していただいて、つかれがほぐれました。
鍼マジック♪

で、荻窪近辺にいた高司と合流し、東京純豆腐で遅い昼ごはん。
解散して、母の買い出しで吉祥寺三浦屋へと。

そして夜は井草八幡宮のお祭り、宵宮へ。

うん、よく動きました。
もっと動いていたのは、このお祭りの準備で今日で12連勤目の次男ですが。
ともかくこの日を無事に迎えられるように寮母ミッションをがんばっていたここ1週間ちょっと。
でも本番の今日は、彼は一日中ずっとお宮なので、私にぽんと時間ができた、という訳で、母のお相手となったのでした。

ま、いいや、ご機嫌で吉祥寺ぶらぶらしてくれたからね。

写真は荻窪で乗りそこなった電車を見送ってたら、いきなり目に飛び込んできた夕陽。
真っ直ぐ飛び込んできた感じが、なんだか幸せだったのでUP.



See's&一粒万倍日&天赦日

12063388_706149852819069_3536422679834268877_n

今日は「一粒万倍日」。
私にとって一番の幸せな一粒は、 このSee'sのチョコレートです。

米国西海岸やハワイで売っているチョコで、以前、ドールハウスショーの ツアーで添乗員さんにイチオシといわれて以来はまっています。

上は前回Mさんにお願いした時のパッケージ、下はOさんが今回ハワイで買ってきてくださったもの。
日本にもお店があるにはあるのですが、とんでもなく高いので、お出かけする方にお願いをしています。

買ってきてくださった方に感謝しつつ、一粒食べるだけで、幸せ、万倍、になります。

さらに、今日は、大安よりおめでたいといわれる大開運日
「天赦日」なのだそうです。
「一粒万倍日」に加えて 史上最強ってことですね。初めて知りました。

・預託契約・馬名登録は大安吉日(調教師さん)
・家の方向が悪いから、方位のいいところに寝るだけの アパートを借りている(調教師さん)
・ロッカー・調整ルームの部屋は同じじゃなきゃだめ(騎手)
・長靴を履くのは左から(騎手)
・霊柩車は幸せを呼ぶ車だから大レース前は探して歩く
・無事に騎乗できて戻れるよう若い女の子のお尻を触る(騎手)

などなど、「ゲンを担ぐ」ことに命を懸ける?ような競馬の世界の中にいても、聞いたことはなかった天赦日ですが、 調教師さんたちが「今日はいい日だからヨ」といっていた日に含まれていたのかな?

ちなみに、お尻を触られていた若い女の子は往年の私です。
いまならパワハラ問題かもだけど、目の前で馬も騎手も レース中に死ぬとこをみていると、私でよかったら…と
思ってスルーでした。みんな可愛がってくれたしね♪

今年の天赦日を遡ってみたら、なるほど、盛りだくさん なことをしていましたね。

そして、今日はきよしくんの新曲発売日だ。おしゃ!

画業40周年のマーク♪

12032055_706019379498783_1582352074737514003_n
ちょっと見にくいけど。これが「谷口高司画業40年記念」のマーク。
ベクトルのSさんに、いつものように象形文字のようなラフを描いてお願いして作っていただきました。
私の希望はただ一つ、赤いハートを入れて欲しいの、だったのですが、すっきり収まって嬉しいです。

このマークを、高司が野鳥図鑑画家として歩むきっかけとなった鳥、6種を選んで、携帯&スマホのぺたっとクリーナーを作成予定です。

JBF2015、10月31日10時から水の館3階での
谷口高司画業40年記念講演会
「フィールドガイド日本の野鳥と谷口の交差点」
後援:公益財団法人日本野鳥の会
では、入場料500円で、こちらを入場券がわりに、お持ち帰りいただきます。

落ち着いた環境の中でお話しを聴いていただきたいこと、
貴重な原画をお持ちするので、人の出入りが激しいと管理が心配…
とこの形にさせていただきました。
この商品の売価は500円、編集者の瀬古智貫さんとの、中身たっぷりの講演となる、はずなので、お客様に損はさせません。

受付開始はもうそろそろ…改めて告知させていただきます。
よろしくお願いします。

十五夜

12046606_703298203104234_9047706138693873988_n
家で一日、いろいろ秋の準備。
あっというまに一日過ぎていくのに、目の前の山はいつまでも山のまんま。

真夜中になって、買い出しに行きつつ、中秋の名月を…と思ったものの、お月様、雲の影にいることが多くて、ちょっとね、残念なお月見。

生まれて初めて覚えた百人一首は紫式部の

「めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに  くもがくれにし よはのつきかな」

でした。
こんな雲の夜のことだったのかしらんと、半世紀経って思ったりします。
そんな古の昔に生きてたとしても、月明かりの下、起きてる根性とかないけどね。

巻頭言と硯

12032001_705140399586681_5596273082805291518_n
昨日、雨が降り始めた時点で、今日のタカの渡り観察会は中止に。
お申込みいただいた方には申し訳なかったのですが、雨残りの予報だと、さすがに躊躇してしまったのでした。
来年こそ、ぜひ!晴れますように。

そんな一日。今日は家で、やれることをこつこつと。

で、昼食に帰ってきた次男がポストから持ってきたもののなかに、巻頭言を書かせていただいたユリカモメ10月号と硯がありました。
硯は、先日、平安神宮で結婚式を挙げた夫の従兄弟からのお祝い返し。
日本の職人さんが作った、「筋金入りのもの」を集めたカタログから次男がえらびました。

ユリカモメと硯が、全く同じ日に届くなんて、父や、舅、姑からの次男への
「これからもお習字、修練、頑張って欲しい」
メッセージかしら?
だって…ユリカモメに載っているご朱印の文字は次男のものなのですから。
何とも、不思議な気持ちになりました。

ちなみに巻頭言には、遅野井伝説のことや、一緒にチョウや魚を捕った親友のNPのこととか、書いてあります。

ちょうどBS朝日の「みらい遺産」出演時と重なった時で、谷口が「みらいに遺したい景色」ということで、この辺りをご紹介した補足の意味もあったのです。
読んだよ!よかった!とお褒めの言葉をくださったYさんに感謝。

新しい眼鏡&レンズ拭きクロス

11951377_704932896274098_6143954017052366477_n

秋のイベントに向けての新製品「ご当地!眼鏡&レンズ拭きクロス」
第一弾は「遅野井の野鳥」です。

善福寺池のあるエリアは古くから遅野井:おそのいと呼ばれていました。

奥州征伐の際、井草八幡宮で必勝祈願をした際、疲れた兵士に水を…と、源頼朝が井戸を掘ることを命じました。なかなか水が湧かないことに
「井戸が遅いのう」
と、頼朝がつぶやいたとたんに、豊かな水が湧いた…それが武蔵野三大 湧水地のひとつ、善福寺池の原泉、遅野井の井戸、という伝説があります。

昨年のIOC2014の際に作った東京の野鳥柄があまりに可愛かったので、基本はそのままに、デザインを変え、鳥を変え、高司が生まれ育った「遅野井の鳥」クロスとして生まれ変わりました。

1枚800円+税、もちろん安心のMADE IN JAPAN。洗濯OKです。
これからいろいろなところでお目にかかると思います。
よろしくご贔屓ください。

とろいのはきらい。でも…

12036363_704570729643648_1890501925465728504_n
とろみちゃん。大好き。

顆粒の片栗粉なので、水溶きをしないでもすぐ使えて、至極便利。
炒め物とか、ささっと振りかけて、くるっともう一回炒めれば、とろみがついているという有難いもの・

実家はいわゆる「あんかけ」があまり好きではない家だったのだけれど、高司の実家はあんかけLOVE.
何でもかんでもとろっとしたあんがかかっていて、びっくりしたものでした。
最初の頃は意識してとろみをつけてましたが、子どもが生まれて、そんなこと、どうでもよくなってきて。
ま、結婚して31年近く過ぎた今は、とろみをつけるものはさほど作っていません。

でも、片栗粉がないと不便、というときに、この「とろみちゃん」ほんとにいい仕事してくれます。

ご近所スーパーいなげやが、傘下に三浦屋を入れたことで、バージョンアップしてきたのですが、まさか、このとろみちゃんまで、と今日の買い物の成果あり、でした。

秋、青梅の空

12009547_704067023027352_5614196969463486373_n
頼んでもないのに生まれた台風21号。
何でだよ、と思いながらも、この連休に、ぜひ!と思っていた、お出かけを遂行。

まずは青梅市梅の公園へ。
タカの渡のカウントをされている日本野鳥の会奥多摩支部のみなさんに会いに。
タカよりも、みなさんに会えるのが嬉しいんだなぁ。
今日もFさん、そして、高司の先輩のHさんほか、多くのみなさんの笑顔にお会いできて幸せでした。

タカの方は、すごく近いところでのサシバ、遠いところにやたら早いハヤブサ、など、少なめでしたが、全然OK!
可愛いモズや、ヒタキもいて、楽しめました。
何より、青空と、秋の風が心地よい。
土曜日には楽しむ会の観察会も予定しているのですが…さて、お天気が心配。

そして帰りは、長男の嫁ミッション、お彼岸のお墓掃除で小平に。
去年も青梅でコスモスの花束を買ってか小平に寄ったのですが、その種が落ちたのかしら?
お墓の両脇にコスモスが生えていて、びっしりツボミを持っていました。
さすがにこれはむしれなかったなぁ。

16000歩超え、がんばりました。

It's not my day、か?

12049309_703572849743436_7366286512860523228_n
振り返ったら、早番だってメール送ってくれてた次男がいて、
「え?もうそんな時間!?」
と大急ぎ昼ごはんを作ったり。

某社に請求書送ろうと思ったら社判がない、万一と思ったら、東急セミナーに向かっている高司が勝手に持ち出し中だったり。

連休ずっとライブでやっと顔を見た長男に、布団を出させたら、
そりゃもうのばっちさ。
で、ベランダで、あっちこっち動かしながら干し倒して、とんでもなく暑い!!思いをしたり。

冷凍庫にあれがある♪と思ったら、なくて、探してみたら箱のまま。
高司に冷凍庫入れといてねっていったのに。まだ凍らせてもいなかったり。

打ってないと思い込んでた原稿一本打ってあったのを発見して、忘れてる自分にも凹んだりの。

そういう日を、It's not my day というのだろうな。ちぇ。

ちなみに「冷凍庫にあれ!」と思ったのがこれ。
トワイニング紅茶の片岡物産の夏ギフトのセール品。
巨峰と白桃独り占めの予定。
凍るころには何とか一日終わってるだろうか。

ひたすら家で潜伏だな

夜のとばり

12046606_703298203104234_9047706138693873988_n
闇夜のカラスを探しに行った…わけではなく、善福寺池の端に住むKさんから
「アオバズクが鳴いています」
とメールがきていそいそと出かけてみたのです。

耳を澄ませても何も聞こえなかったのですが。
遠くで
「ホホーホホー」
という声が聞こえたような聞こえなかったような。

ともかく、公園を後にして、音のするほうに歩いてみたら、公園そばの屋敷林から鳴き声が。
しばらく耳を傾けて、彼の無事な旅を祈りながら、お暇したのでした。

Kさんに感謝!

いまさら ぶつもり!?

f5bb62f9.jpg

お仲間のみなさまが、神戸の鳥学会で熱烈お勉強されたり、
白樺峠でタカの渡りを爆ウォッチングしたいるときに…

何故か急に、高司先生、古い古いNINTENDO DSを出してきて、何する?と思ったら…。

初期の『どうぶつの森』を開けて、大好きなタコリーナちゃんと超久しぶりの再会を果たしたものの
「はじめまして、たにぱんさん」
って、軽くあしらわれて勝手に凹んでおりました。

ちなみにタコリーナちゃんはタコの住民でお誕生日が私とタメ。
怖いけど、可愛いと思いたいらしい。

今回アメーバピグのクエストがお庭も、街も、今一つ詰まらないクエストなので。こっちへ走ったとみたが、いかが?

あぁ晴れたのにね〜

6eec5e67.jpg

昨夜、明日の朝は早起きして、26日の青梅の鷹の渡り観察会に行くときと、同じ電車で現地に行って、定点カウントしている奥多摩支部のみなさんにご挨拶して、どっかでご飯食べて、小平で長男の嫁ミッションのお墓のお掃除…と決めてはみたのですが。

台風20号居座り続けているのか、ともかく寝られない…
とっくのとうに一番カラスが鳴いたあとくらいの明け方5時すぎに、やっと眠れたのでとうてい、アクティブな計画は白紙となりました。
そりゃそうだなぁ、話しをするのが辛いっす、みたいなときにそんな無謀な計画をたてちゃいけません。

せっかく青空が出てきたので、悔し紛れに梅を干す作業4日目敢行。
真夏の日差しに3日干せばいいといわれる梅干し。
今年はハトさんと長雨との折り合いで、1か月半おくれての作業。
カンカン照りの下での作業は無理だったので、3日干したとはいえ、かなり不安だったのです。

梅干して、次男のお世話して、原稿打って、30分くらい転寝して、テレビ朝日ドラマスペシャル時任三郎さん主演の『所轄魂』観て…そんな一日。
『所轄魂』いずれ、連続ドラマになるのでは?と思うほど、よくできていたなぁ。
これからが楽しみ!

のど飴、ドン!

12027567_702345296532858_8715683990096805416_n
小笠原諸島の台風20号の被害がとても心配。
何で、こんなに台風が…と思う私も、咳き込んで明け方まで寝られない日々。
思いおこせばいまから24年前の今頃だわ、台風3つもいっぺんに来て、12年間なりを潜めていた喘息が思い切り復活したのは。

今年もやたら台風が多くて、ホントに辛いこと。
でも、そんな毎日でも、一日はあっというまに過ぎる。
そしていよいよ、次男の奉職する神社のお祭りも近づいてきた。

そこで彼からのリクエスト。
「龍角散ののどすっきり飴GOLD」

神主さんのお仕事、多岐にわたるけれど…
祝詞をあげるのも、参拝者をご案内するのも、社会科見学の小学生に語るのも、喉を使うのね、当たり前だけど。
やはり朗々と響く声の祝詞のほうが、参拝者も嬉しいだろうと思うので、喉は大事。
ちなみに、ノーマル青袋と、この金袋は、全然違う!そうです。

お祭り終了数日後まで公休日はなし、の次男。 飯炊き母も咳が、とかはいってられないなの、頑張りどころ。

らーめん なないろ

11998843_701799616587426_5040113103761243746_n
母の用事諸々にお付き合いして、吟遊詩人さんでパンを買って、そのあとは「なないろ」でお昼ご飯。

こちらのスープのベースはブランド鶏と海の幸。
いつもは味噌をいただくのですが、今日は基本のお醤油ベースの「なないろらーめん」を。
ネギそばなのですが、ただネギがのっているだけではなく、細かく刻んだチャーシューも和えてあるので味が深みがあるのです。
自慢の国産小麦を使った麺は150gにしてもらいました。
味玉半分なら食べられるという母に半分あげて、朝のタンパク質補給も兼ねて私は1.5個。
おなかに力がぐっと入る感じです。

私も完食、ラーメン久しぶりに食べて、あまりの美味しさに大感激していた母も完食。
この頃、食が細かった母が…と思うと嬉しくなりました。
「また来たい!」
というお店が増えてよかった、よかった。

イチモンジセセリが分かっちゃった日。

12038094_701798519920869_8590382693298263182_n
今日は区民健診の日。
練馬区民でも、昨年から杉並区と中野区の一部の病院で受診できることになったので、迷わずに東京衛生病院に。
今も1型糖尿病で通っている病院だし、去年この病気をみつけてもらった病院でもあるので、一直線。
朝食抜きはNGといわれているなか、検査のためにご飯抜いて行って、低血糖になったらどうしようって、ドキドキしながら終わって、さて帰りましょうと外に出たら、夏の名残のアサガオに、チョウがとまっておりました。

「イチモンジセリ?」
と、家に帰って写真だして¥聞いたら当たってました。そっか…
虫と花は、すぐそばに高司がいるので覚えなくてもまぁいいかって思ってたのに。
30年かけてついに洗脳された、ってことかしらん。
なんか悔しいな。

雨が降ったりやんだり。

とりあえず、健診後は母と待ち合わせて、彼女のリクエストに山盛り応えて、あっというまに終わる一日。

オナガヒロハシ♪

12003277_701301993303855_7082825055865667351_n
可愛くてかわいくて、いつか絶対会ってみたい鳥の一つ。
オナガヒロハシ。

フェリシモの刺繍の原画にも取り上げられたほど、やはり乙女心をワシづかむのね…ということで、本日の御台として登場してもらいました、

日本にはいない鳥なので、さらに興味津々。
高い山にいるのかな?いつか絶対、会いたいぞ!と思いつつ私もちょっと描いてみました。
(私の作品の写真は後日)
色をぬっていて楽しい鳥でもありました。

高司先生も、クールファイブ帰りなので絶好調。
いくつも年のちがわない、前川清さんのものすごい声量と歌のうまさに圧巻されたようでした。

それにしても、すごい雨の中、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
お教室終了後は雨が小やみになっていましたが…
無事におうちに帰りついておられますように。

追記…私の作品、丸い身体が好き♪
12002212_701785376588850_765715251124743235_n

ヒガンバナ

BlogPaint
朝からすごい雨、でしたが、今日は雨でもお出かけの日。

まずは原宿から代々木公園のわきを抜けて、NHKホールを通り過ぎて、渋谷公会堂へ。

10月4日で取り壊しが決まっている渋谷公会堂にお別れに…
といっても建物にさよならをいいにいっただけということはなく、もちろんコンサートに。
同じ「〇川きよし」でも、きよしくんではなく、前川清さんとクールファイブのコンサート。
ヤフオクで破格のチケットを落札できたので、いそいそと。

クールファイブ、ヘビロテで聴いてるほど実は大好き。
うまいなぁと思いながら聴いているのです。
もともとはメンバーのみなさんはジャズをやっていたとか。
その素養があってこその、この大人な感じなのだなぁって、生のステージを拝見してしみじみ。

写真は代々木公園に植えられていたヒガンバナ。

今日は実は父の命日。
渋公行きが決まった時に「9月17日って何かあったよなぁ…」と薄ぼんやりとは思ったものの、覚えてもいなかった親不孝もんの娘です。
ははははは、だから雨か?

それにしてもヒガンバナって、いまは公園に植えたり、埼玉の方では観光名所になってたりで、なんだか違和感ありあり。
小学生の頃、家で読んだ本に人が死んだところに咲く花、って書いてあって、ビビり倒したものの、近所を探検して、みつからなくてほっとした思い出があります。

ま、そんな、こんなな午後でした。

ケイト・スペード フォトローズ♪

ee4907f1.jpg

ヤフオクでとてつもなくキレイなバッグを発見。
モゾモゾモゾ…とまた、バッグ好きですの虫がうごめいて、ついプチッと。
ケイト・スペードというブランドのフォトローズというバッグ。
かなり大きめのトートバッグです。
新品なのに…即決落札価格の2/5という有難い金額で落札。
ビバ、ヤフオク♪

1型糖尿病になって、何が大変って、荷物がすごい量。
インシュリン注射・注射針・血糖測定器・測定用チップ・血を採るための機械・そのための針・アルコール綿…
書くだけでもすごいんだけど、持ってあるくともっとすごい。
しかも夏はインシュリンが温まらないように、保冷剤作戦も必須。

ということで、昨年まで使っていたバッグは単体では使えないことになりました。
大好きなLesportsacもこぶりなのは、どうしようもない、というあららな展開。
デイパックも、20L,でもどうかしら?みたいな。

それを言い訳に、バッグが好きというAB型の血をたぎらせておりますの。

薔薇って冬の花だから、これから大活躍かしらん?



フランス惣菜屋ラシェット

12037934_700517290048992_2444368642765152460_n
今日は、荻窪フレンチ惣菜ラシェットさんの定休日前sale♪

あっという間にできて、あっという間に消えた台風19号に肺が翻弄されて、抜け殻状態の私を憐れんで、高司がいろいろと買ってきてくれました。

備蓄用のものは冷凍庫に直行。

お店お勧めのオードブルセットはラスト2個だったとかで、3人で分けるとこんな感じ。
ローストビーフは次男にあげた、見た目同様太っ腹な私。
いろいろおうちで楽しめて、なかなかのお気に入りです。
で、パンは吟遊詩人さんの茶色いパン。いつもはチーズトーストだけど、今日は シンプルにトースト。

ちなみにスープの味付けは「梅酢」でしてみました。
さっぱりだけど濃厚な味になるのが不思議。梅の底力かしらん。


思い出すなぁ、松江…

11217817_700169853417069_5878867733727504264_n
あぁぁぁ松江、行きたい!!
と思ったのは、名古屋栄ワシントンホテルプラザで、朝食をいただいた「あさくま」でのこと。

お店のつくりが、昨年お世話になった松江・カラコロ工房の一階にある「ふれんち酒場 びいどろ」に似ていて、あらら♪
昨年11日間滞在した松江のことを思い出して、胸キュンになりました。
ほんとにカラコロ工房のみなさまには良くしていただいて…
故郷のない私の心のふるさとのような場所ができたのだなぁと、改めて思いました。

ちなみにこのホテル、こじんまりとしていて清潔でお手頃。
「至近での予約で禁煙ルームというのは、なかなか難しいです、名古屋や大阪では、特に」
っていつも頼む京王観光のT嬢がいってますが、確かに。そういう意味ではラッキー。

でもね伏見の駅ってエレベータとかエスカレータとかないの。
構内に階段10段分くらいのエレベータはあったけど、それから地下にまた降りて登らないと名古屋に行けなくて…
だいたい駅に着くまでも階段降りて降りてだし。
トランクもっての行ったり来たりなのでそりゃもう大変。
まさか「ホテルー伏見7分。電車3分。会場まで名古屋駅から3分。」ってあったのに、到着するまで45分かかろうとは。

タフじゃないと名古屋じゃ生きていけないかも。

35時間、26000歩超えの名古屋ツアー。
終わって帰ってきて、やっぱり今日は使い物になりませんでした。
次男も公休だったので、お昼ご飯を作らなくてよかったのがありがたい限り。
ほぼ寝てた気がする。
トランク引きずったり抱えたりが響いたのかも…
緩急ありすぎだわ。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ