タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

May 2016

初日、はじまりました!

13346618_828754130558640_1437934634385539892_n

おかげさまで、谷口高司と野鳥を楽しむ会会員作品展、無事に初日を迎えることができました。
朝から、まぁ高司先生いろいろと。とりあえず、携帯だけは忘れないでほしいものです。
とはいえ、四の五のいっていられないほど、やること山盛り。
早めにきてくださった会員さんたちの連携プレーで、あっというまに会場内整いました。
ありがたいことです。

お天気にも恵まれて、新宿御苑新宿門あたり…
遠足の子どもたちや、お友だち同士のグループ、外国の方たちと、とても賑やかです。
作品展会場も、朝からずっと、お客さまで賑わっていました。
会員の方も大勢来てくださって、嬉しそうにご自身の絵をご覧になる姿に、こちらまでにっこり。

写真は、ふと、会員さんだけになった会場。
作日も来てくださった足長おじさまとかぐや姫さまもお出でです。
お話しが弾むなか、高司先生が色鉛筆画の実演中。
背中合わせでももちゃんが、フェリシモ「鳥の楽園」シリーズの刺繍も実演してくれています。
13344604_828754183891968_5853873245752105676_n

ちなみに場内の刺繍はももちゃんと、すまこさんのお二人の作品。
超絶細かい技術にため息です。
私もももちゃんみたく、ハヅキルーペ買ったら刺繍できるようになる?

みなさま、ありがとうございました!

13327486_828241460609907_227909881766050286_n

明日…今日からの谷口高司と野鳥を楽しむ会会員作品展、搬入展示作業無事に終わりました。

朝一番、赤帽さんにお願いして荻窪の倉庫から新宿御苑インフォメーションセンターに作品や用具を搬入。
会員の方の作品、伴義之さんの作品、高司先生の作品、合わせて62点の額を、バランスをみながら配置を決め終わった頃に、お手伝いの足長おじさまと、かぐや姫さまが到着。
さくさくと、手順よく進めてくださって、おかげさまで3時前展示作業終了しました。
お手伝い頂いたお二人には深謝です。
もちろん3カ月越しの宿題を抱えて、今日まできっちりと仕上げてくださった会員の方にも御礼申し上げます。

まだ少し足りないキャプションを作って…と思いながら帰路につき、お友だちのところに寄ったら、帰宅途中の次男とばったり遭遇。サミットストアで腕が抜けるかと思うほどのたっぷりな食材をポンと買ってくれました。
ポン=母、炊事当番、ということで、今晩は彼のリクエストのグラタンと、アボガド&キウリのサラダを作りました。
誰も褒めてくれないけどね、偉いぞ私。
今日はご飯抜きとかいう選択でもいいくらいだったのにね。
次男にはことのほか甘いなぁ。
でも彼は私の癒しだから、可愛い癒しちゃんが枯れないようにちゃんと栄養そそがないとね。

でいまやっと諸々打ち終わったところ。よっしゃっと。

さ、この6日間、多くのお客さまを、笑顔でお迎えできるようがんばります。

ぎりぎりセーフ!

13319967_827996590634394_3531761441584804719_n

明日っていいうか、今日搬入展示作業をする谷口高司と野鳥を楽しむ会の作品展。

高司先生は会員のみなさまの絵を一枚一枚サイズを測って、画材屋さんまで何往復もしてマットを切ってもらって、貼りこんで、額に入れてという、地道な作業をALL1人でこなし、肩で息をしながら帰ってきました。
おつかれさま。

私はといえば…片方の目で笑点をみながら、みなさまのキャプションをそれぞれ仕上げて、そのあと場内のご挨拶やら、撮影禁止やらの諸々を作り、ギリギリ、セーフ。何より!

もっと早く作業をといわれそうですが、作品が出そろってのバランス:たとえば同じ種類の鳥が数点出展された場合、言葉が被らないようにとかしないといけないので、なら一気呵成にということで、毎度毎度、直前での作成になってしまいます。
何より、出そろった作品と、描いたみなさんの笑顔を思い浮かべながら、来場者の方との橋渡しになるようなキャプションをと考えている作業は、実は、私の大きなお楽しみ、でもあるのです。
とはいえ根を詰め過ぎたかしらん。

高司先生とguest出展者のキャプションは明日帰ってきてからにしました。

さ、寝よ!
5時間寝たら、倉庫ー新宿御苑で1日がんばります!
せめて倉庫から作品をおろすとき、雨が降っていないと良いのですが。

おぉ〜い、バス、早く来いよぉ

13267691_827832250650828_9139690822115666100_n

朝からずっと、PCに張り付いて、明日搬入の作品展のキャプション作っていたら、さすがにくたびれて、あと、6枚のところで買い出しに、よっこらしょと出かけたのが夜の8時半。

日曜のこの時間でも、一時間10本走っているはずの、荻窪行きのバスが15分来ない。
一時間10本ってことは6分に一本と思うんだけどそんなことはないのかな?
あ、来た!とか思うと目の前で青梅街道営業所の車庫に入ってちゃうし。
待ってる間に、西荻窪行き4本走り去って行きました。

こういうの、心が折れるというのかしら?

さらに、やっと着いたクイーンズ伊勢丹で30%引きとかいう諸々を買って、レジ終わって、袋詰めしようとおもったら、サッカー台が変な形になってて、バスケットの中身蒔いちゃったり。
やれやれ

だけども、ちゃんと目途たったから大丈夫!
明日搬入のときだけは雨じゃありませんように。

いよいよ!

13310608_827337040700349_4140250700816913829_n

今日は楽しむ会会員作品展の最終相談会。
みなさま、力作を描きあげてくださって嬉しかったです。
ありがとうございました。
初夏がテーマなので、子育ての景色も数点。
元気な緑が背景だと、鳥も元気に目に映ります。
いろいろな「鳥」への思いをずしっと感じつつ
キャプション、頑張ってつくりますね!

明後日搬入、火曜日初日ですから、もう目前。
ファイトです。

あら、今日も空の写真だぁ
私の逃避行動の一つかしら、空を見上げるのって。

続きを読む

Hobby's World第38羽、UPしました。

13138838_816030671830986_2695328661960443735_n

いつもお世話になっているHobby's WorldのWEB連載「着物でハーネス」第38羽更新いたしました。
今回は福島市小鳥の森に伺うことになった、きっかけやら現地での感想、認定NPO大阪自然史センターのアマゾネス軍団のお話などを書かせて頂きました。

お時間のある時に、ぜひ!のぞいてくださいませ。

着物でハーネス最新号→→→◆◆◆

写真は福島からの帰りの新幹線で撮れた一枚。
沈む夕日が、田植えをまつばかりの田んぼに映って美しかったです。
いまごろは早苗がそよそよと、かしら?

明け方の空

13245450_825781647522555_7985383189249062643_n
明け方、明るくて目が覚めたら、雲があまりにキレイだったので一枚。
なんだか希望を感じさせる空で嬉しかった。

けど、そのあと二度寝。して7時半に起きて、原稿2本打ちつつ、関係各所に電話して
大急ぎ次男分のお昼ご飯を作り、世界堂に向かう高司が母を連れて先に到着してた阿佐ヶ谷竹八でランチして、新宿からバスで大久保の鍼の先生のところにいって、そこでまた一眠り。
英気を養った後は中野経由、阿佐谷うさぎや。そして母を送って、倉庫に行って、山のような思い出ボロボロの山を仕分けし気づいたら9時過ぎ。
大車輪で一日でありました。

途中井の頭自然文化園のぞうのはな子が死んだ知らせを聞き、茫然。
しばし涙にくれたものの、はな子はきっと今朝の空をみて、空に旅立とうと思ったのかなとも思ったり。
あぁでも寂しいなぁ

バースデーケーキ

13238999_825639827536737_368300905028802050_n

5月24日、27年前の夜10時24分に3333gで生まれてきてくれた次男。

昨夜、ちょうどその時間に「ローソク、ふぅ」と思っていたのが、ケーキ調達してきた、父親=高司。

「そんなの勘弁してください」と口でいうわけじゃないけれど、背中で大抵抗だった次男。
夕食後、部屋にお籠り。

結局真夜中過ぎて「おめでとう」コールだけで、ケーキを頂く事になったのでした。

あぁ、めんど。

新宿に用事があった高司が気合を入れて買ってきた高野のこのケーキ。
ショゥケースはマンゴーだらけで、マンゴー苦手な我が家にとって、お手頃価格のはこれ一択だったらしい。
マンゴー、世間はそんなに好きなのかしらん?
ローソク、可愛いパステルカラーだったんだけれど、ま、確かに「ローソク、ふぅ」の年じゃないわね。

今日は一日頭の中でクマゼミが鳴いている?くらいの耳鳴り。
やれることだけ、ちまちまとしておりました。
こういうときはご飯だけ作って、あとは勘弁ね、というスタンスでございます。



27歳おめでとう

13239095_824742107626509_251580472321053684_n

今日は次男の27歳の誕生日。
おめでとう。
そして、いつも支えてくれて、ほんとにありがとう。

ただいま、絶賛明け渡し作業中の倉庫で、彼の小さかった時の写真や、作文や、絵がでてくるたびに見いってしまってタイムトリップ。

振り返ると、もう何処かに行ってる、チョロスケだった彼が、まさかの神職になるなんて。
大声で名前を呼びながら、必死で探していたあの頃の私に、教えてあげたら、きっと驚きまくるはず。

これからも感謝を忘れず、粛々と自分の決めた道を進んでほしいものです。

私といえば…朝一で倉庫のゴミを出しに行き、銀行に行き、遅番の次男のお昼を作りに家に戻り、荷物を受け取り、袋詰め・梱包作業をし、荷物を送りだし、また倉庫に行きという、一日でございました。
倉庫、大丈夫だろうか、あと23日で片付くかなぁ?

思いがけないお散歩

13241189_824297757670944_5380296738286144815_n

5月中に手続きが必要とわかって、今日は急きょ練馬区の年金事務所に。
真夏の日差しのもと、歩いているだけで「じゅっ」っと音を立てて溶けそうなくらいの暑さのなか、やっとたどり着いた事務所の前にそれはそれは立派なお風呂屋さんがドンと建っていました。
見越しの松も生えていて、名前も「富士の湯」。
すごいなぁ。屋根も「唐破風」の凝ったもの。

壁は絶対富士山よね。雪を頂いた姿かしら?赤富士かしら?
どんな富士山かなぁ。
妄想、けっこう広がります。
お風呂で妄想、なんて怪しすぎますが、壁の絵、だからね。興味があるの。

けっこうな時間乗っているとはいえ、バス一本で着く場所にあるので、こんどは営業時間内にぜひ!探検しにきたいと思いました。

そしてもちろん!今日も日がとっぷり暮れるまで、倉庫で大荷物とため息。

というのも、年金事務所まで、暑い中行ったり来たり歩いたうえに、荻窪にでるのは石神井公園からのバスって思って3停留所歩いたら、もうそれだけでぐったり。
さらにバスで、一番後ろのまん中の席に座ったのに、途中乗り込んできたリュツク:ノーブランドものばかりってことは正統派山行きピープルではない?:歩け歩けの亜流爺婆か?という、全く遠慮も配慮もない図々しい軍団に、ぐんぐん押しやられて絶対座りたくなかった窓際に。
ほぼ25分も陽にさらされて、荻窪駅到着したものの、とても気分が悪くなってしまって、倉庫で撃沈。

なんか悔しい。

寝て曜日

13239388_824020901031963_4075384861973395702_n
いっぱいの出会いがあって幸せだった昨日。
この頃、アウトドア用の高機能繊維を使った洋服が、ちょっと皮膚に負担が大きいので、オール天然繊維のこんなかっこうでの参加となりました。
うむ、見事に肥えている。
さらに写真を撮った高司も見事…実は私の後ろには朝10時ですでに若冲210分待ちの行列もあるのですが、写ってないもん。

ともかく凄い人出だった上野。
人あたり、日光疲れ、で帰りはヘロヘロ、何万歩も歩いたような気になっていましたが、まさかの8000歩ぽっきり。
荻窪で一日あっちこっち行ってる方がよっぽど歩いてるという事実に愕然でございます。

今日はひたすら御身大切DAY。
いくらでも寝られるのも、なんだかなぁ

いろんな偶然があった上野動物園

13256529_823151511118902_4687390053626386735_n

今日は日本橋高島屋セミナー「谷口高司画業40年記念・大人のためのバードウオッチング・上野動物園」でした。
鳥をご覧になるのはほぼ初めての方々とのことでしたが、色々な鳥をご覧いただきました。
鳥の習性や、体の仕組みなど、様々なことに興味を持っていらっしゃるのが伝わってきて、嬉しくなりました。
五月晴れの行楽日和で、激混みの上野動物園。
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

今日はその激混みの上野動物園入場券売り場で、高司の後ろに並んでいたのがTさん。大学時代の先輩で、ネパールや天売島の鳥のパイオニア。お願いしてご一緒に回って頂きました。

写真は和鳥舎でのひとこま。飼育係の女性があげる餌に鳥が喜んでいるところ。をご覧になって、Tさんも私たちも盛り上がりました。
このあと回ったツル舎では、Tさんがネパールでヒマラヤを越えて越冬地に渡るオグロヅルの話しもしてくださいました。

和鳥舎では、日本野鳥の会の理事長さんにお逢いしたり、午後から参加したシマフクロウシンポジウムでも多くのかたにお逢いすることができました。

さらに!帰りの電車の中では、高司の幼馴染みAくんのお姉様にもばったり。
いつも私たちのことを気にかけてくださる方でこちらも嬉しい出逢いでした。

こんな広い東京で、サプライズだらけの幸せな一日でした。


逢う魔が時

13094268_822694024497984_8215876674842078499_n

この時期は、夕暮れ時からもう一頑張りできそうな、そんな気分になります。
逢う魔が時の不思議なパワーを感じるのは私だけかしら?
夏は暑いだけで一日の長さに参るけれど、5月のこの時期は生きているだけで心地いいものね。

ちなみに今日は午前、倉庫の撤収準備に行く途中で、花泥棒の婆さんにご注意申し上げ、そのあとごみの大袋持って行ったり来たり。
午後は母と合流し、大久保の阪田先生のところに鍼に。
西荻窪こけしやでお茶して、クイーンズ伊勢丹で買い物に付き合って家まで送り届け。
さらに、自分ちに荷物置いてから、も一回倉庫に向かうという、電池はとうに切れてるだろうと思うのですが、不思議なことに動けました。
ゴールは次男も一緒に「一膳めし屋すずらん」でお魚の美味しい晩御飯。

ここ数日大車輪モードで動けているのは何故かな?はてな?

やはり毎食ごとのインシュリンを休むようになったのが大きいかなぁ。
低血糖にならない、低血糖になるのに不安を感じながら動かないでいいことは精神的に楽ちんではあるの。

さ、明日も上野動物園で日本橋高島屋のお仕事、そのあとはシマフクロウの講演会、会員の方からの作品受け取り、と、無事ゴールできますように!

ハヤブサと高司先生

13256463_822070274560359_2990665044353539184_n

今日の楽しむ会、御題は「ハヤブサの顔を描こう」でした。
みなさま画用紙一杯にどうどうとしたハヤブサを描きあげてくださいました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

日本鳥学会の目録で前回の7版。
いろんな驚く展開があったのですが、このハヤブサもタカ目タカ科から、ハヤブサ目ハヤブサ科に。
なんとインコに近い仲間という位置づけになりました。

いわれてみれば確かに似たところがけっこうあるような、ないような。
クチバシが短めのようにもみえるし、顔も丸いようにみえる。
その辺りを飛んでいるワカケホンセイインコにハヤブサのフェイスペインティングをしたら…もしかしたらハヤブサっぽくみえるかも…

などなど、いろいろ思いがいききするハヤブサ。

ま、私は薩摩隼人と娘なので、ハヤブサがたとえインコにコスプレしてもLOVEに変わりわないのですが。

日陰に収まったわ!

13220905_821569494610437_4855234744165330787_n
今日は14時半まで仕事の電話の合間に、鬼のような勢いで原稿を打って
津多屋さんでお弁当を受け取って母宅まで届け。
頼まれていた書類を二通作って、いったん自宅へ。
5時ギリギリで郵便局に滑り込み、水野青果さんでお野菜かって、家に置いてからそのあと吉祥寺に本を買い出しに。
さらに母の買い物を三浦屋で済ませて、母宅経由で帰宅。
という、あわあわな一日でした。

とはいえ、サクサクと心地よく進んだので、もうそれだけでOK。

ふだん母と出歩くと道が倍くらい長く感じるのだけれど、一人だとサクサクと進めて、正直、かなり楽。
ま、そんなことは良い子にしている母にはいえませんが。

一日盛りだくさんに動けたことに感謝ですね。

写真はあまりの日差しに、イチョウの街路樹の日陰に入ったら、すっぽり収まって、ほっとしたとこ。
はみ出るよりも嬉しいでしょ?

我が家のソウルフード

13226846_821177004649686_6891348215619768056_n

よくよくみたらば、この3日間私のブログは高司先生祭りになっておりました。
全く意としていないのに何でだ?

ということで今日は我が家のソウルフード、正直村のおせんべ「つりきち」くんです。
全長わずか2.8cm。
煮干しの粉がふんだんに入った無添加のおせんべ。
ナチュラルハウスで時々売っているのでみつけると買ってきます。
そして気づくと無くなっています。
カリポリカリポリと歯ごたえも好き。

今日は多摩森林科学園で鳥散歩の予定でしたが雨で中止。
午前中は原稿サクサク進んだのに、午後は爆睡という体たらく。
脳の使い方を考えないとだね。

珍客到来

13233008_820594291374624_8690565897220093231_n

月曜午前は諸々連絡の電話。
そのあとは、倉庫にダッシュで向かってひたすら掃除。
倉庫明け渡しまでカウントダウン。鐘鳴りまくり。

谷口調髪所でお友達のSちゃまと撮った写真がでてきて、
「二人とも若いね〜!Sちゃまにみせたげないと!」
って騒いでたら、なんと、御大自ら倉庫の階段上って訪ねてきてくれました。
あぁびっくり。
いい笑顔でしょう?

これから2時間くらいお昼行ったり何だりで、おさぼり。

持つべきものはお友達?

いやぁそれにしても、終わるのだろうか、この荷物の山!!

あっというまに夏の景色

13241327_820031841430869_5820471604137767876_n
「パヤパーパヤパーパヤパー 違いの分かる男」
のようにちょっと高司先生にポーズをとってもらいました。

今日はひさしぶりの善福寺公園。
愛鳥週間の全国一斉探鳥会が行われていると朝知って、急きょご挨拶に。
サクラを観にいったきりなので、子どもの日の池になびく鯉のぼりも、キショウブも観ないままという、あららな展開だったと、行ってから気づいたりして。

下の池はスイレンの花全開だったし、逢いたかった方に逢えたしで、幸せな時間でした。

いろんなところから「宿題」を頂いていて、その宿題を考えるのは楽しいのだけれど、道半ば感があるので、今日はもう少し頑張ってお仕事だぃ。

イケメン、サンコウチョウ

13177361_819379871496066_1803960187077381267_n

昨夜の楽しむ会はサンコウチョウでした。
「ツキ ヒ ホシ ホイホイホイ」と鳴くので、それを月日星とみたてて三光鳥。
なんだか明るい希望を感じさせる鳥ですね。

私自身、観たことがあるのはほんの一瞬。
埼玉の奥の方の林で、一瞬だけ、♂が長い尾をたなびかせて、左から右へ、
さっと移動したのを観ただけなので長い間憧れの鳥でした。

先週、福島市小鳥の森にお邪魔した時に、サンコウチョウの第一陣到着と聞いて、心が湧きたちました。
といっても、『絶対観たい、観てやる!』という感情ではないんですね。
あぁ、同じ空間にいるんだぁ、幸せだなぁ、という感じ。
もしかしたら”枯れてきてる”ってやつかもしれません。

そんなで、昨夜、参加していただいたみなさまが描いたイケメンくんに、かなり心癒された私でありました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

木漏れ日の中、動く!

13151387_818553474912039_5955072312425319180_n

お友だちのところに、元気な赤ちゃん誕生のニュースで、嬉しい朝。

まずは午前中ダッシュでベクトルさんに
「脚立の心でいってくらぁ」
と高司先生に宣言したら、あれ?って顔。そうか、きゃ:脚は一緒でも、脚立じゃなくて飛脚ね。

マンションをでたらば敷地内に一本あるふさふさしたケヤキから木漏れ日。
幸せ!
丸坊主に近い街路樹のケヤキではこうはいかないわ。

午前中、荻窪中をくるくると回り、家にも一回、帰宅。
大急ぎでシャワー浴びて、ご飯を食べて、気がかりだったところに電話を数本。
2時半目指して、また荻窪へ。

そして夜はお楽しみのお教室!さ、がんばらねば!
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ