タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

January 2017

シロカモメ

fd492182.jpg

根室へは中標津空港が近いのですが、天候不安があるこの時期、1日1便に懸けるのはちょっと博打かな?
と釧路空港から、釧路経由根室へのルートにしました。
羽田→釧路はJALだと1日4便運航されているので、万一があっても、まだ望みがあるし。
結果、移動時間がかなりかかることになりましたが、、お仕事に穴を開けないで済んだのでそれはOK。
根室の4泊5日もいろんな嬉しい出逢いがあって幸せだったし。

ただ、鳥が残念なことに。ワンチャンスだった昨日は、終日雪で、しょぼん。

ということで、今日も初日と同じ様に、釧路川河口まで。
春採湖ものぞいたのですが氷結していて鳥影なかったしで、手堅くカモメを観ることにしました。
このシロカモメはかなり近いところまで来てくれた個体。
オオセグロとか、ウミネコとかは苦手だけれど、シロカモメってじっと観てると、何だか他のカモメやカラスにおどおどして可愛くみえてきたから不思議。

降り積もる雪

986aa7f4.jpg

半端なく寒い春国岱ネイチャーセンター。
雪のなかにうもれているかのよう。
せっかくお知り合いの息子さんが、車でおくってくださったのに、鳥影もなく。
残念。
でもね、いいの。
イベント当日さえ晴れてくれれば。
雪の根室も、なかなか素敵

無事に終わりました

ff51c02e.jpg

春国岱ネイチャーセンターからの夕陽。
今日のタマゴ式鳥絵塾は、個展会場の半分を使って、ルリビタキとオオワシを描いていただきました。
忙しくて鳥の一羽も、みられなかったけれど幸せな時間でした。

ねむろバードランドフェスティバルでの、素敵でエキサイティングな3日間。
戸惑うことも少なく、無事に終了することができました。
ここまでご尽力頂いた根室市観光協会、ねむろバードランドフェスティバル事務局、春国岱ネイチャーセンター、ボランティアのみなさま、ありがとうございました。
ご一緒できた団体のみなさま、そしてご来場頂いた全てのみなさまにも、心より御礼申しあげます。

また、笑顔でお逢いできる日までお元気で!

晴れました!

ea403446.jpg

ねむろバードランドフェスティバル、本日の私たちの会場は、春国岱ネイチャーセンターでした。
窓の外の美しい景色。

地元のボランティアさん、のお話しだと、根室は365日中360日は風が吹いているような場所なのだそうです。
が、今日はほぼ、無風の、とても穏やかな天気。
こんな時はそうそうないとのこと。

やっぱ、あたしって、最強の晴れ女っ!て、いっちゃおうかなぁ?

わわわわわわ

f2fa7531.jpg根室のマスコット「ねむろう」くん。スペシャルゲストで登場でした。
確信を持って、細く映ると思っていたのに、なんのことはない、親子のような姿に。

根室へは

d41d83ee.jpg

レアな機関車、ルパン三世号で来ました。
ものすごい迫力のルパン三世と銭形警部でラッピングされています。
ルパン三世の作者、モンキーパンチさんが根室線の浜中の出身ということで、素敵なコラボとなったようです

北海道ではじめての

d87bf787.jpgタマゴ式鳥絵塾。
今回はタンチョウを描いていただきました。
みなさま、身近に野鳥がいて、そして興味ももっておられるので、とてもバランスよく描かれていました。
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。
明日は春国岱ネイチャーセンターで二講座させていただきます。
よろしくお願いします。

イラストコンクール表彰式

64f31ff8.jpgねむろバードランドフェスティバル、根室近郊の子どもたちから409枚の応募があった作品の中から選ばれた、各賞の表彰式。
誇らしげなお子さんたちの、きりりとした顔、会場内に溢れる拍手、素敵な空間でした。

頑丈!

4cb7813c.jpg

雪靴どうしよう?
新しいの現地で買う?
根室のホテルの側には靴屋さんないって、、、
などなどいいつつ、結局、いつも軽井沢や高尾山方面に履いて行っている、L.L.BEANの10年モノできてしまいました。
が、結果オーライ。
高司先生はつるりん1回
私はゼロ。
さすが米国製はタフ自慢だけあるなぁ。
転ばず無事に根室入り。

釧路の夕陽

10b0b70c.jpg
お昼近くのJALで釧路まで。
頭ではわかっていても、広がる雪原はやはり迫力。
さらに、カラスに追い立てられるオオワシやオジロワシをみたりしていると、日本って広いのねと、しみじみ思います。
釧路川河口は氷結。氷が割れてぶつかって、また氷ってと繰り返すうちに、蓮の葉のようになることから、蓮の葉氷と呼ばれるものだそうです

夕方、といっつも3時過ぎ。河口にはカモやカモメがぞろそろ。
この写真は16時間19分。日本で一番早い日の出の街は、一番早い日暮れの街でもあるのですね。

サラサ×サーティワン

16195325_1036554903111894_5083431181111615572_n

ZEBRAのサラサが、描きやすくてこの頃好き。
時々、スペシャルな柄のモノが売られていて、1本だけ持っているフローリスト柄の補充をと探していたら、見つけたのがサーティーワン・アイスクリーム シリーズ。
ホルダーにもリフィルにもアイスクリームの柄入り。

真夜中に発見して、思わずヨドカメ店頭取り置きを頼んでしまいました。
可愛い…
で、可愛いものに逃げているときは疲れている時かもなぁ。

家でギリギリまでいろいろやって、吉祥寺ヨドカメ行って、荻窪で採血してから、中野坂上の薬局に行って、丸亀製麺で大急ぎご飯を食べて、また荻窪戻って、糖尿病の受診をして、買い物して、母宅よって、トランク詰めて。
明日はひたすら移動日だから、寝るのはそこでかな。
ふぅ。

はな子…

16143049_1035250816575636_178417529878150286_n

井の頭自然文化園、特設展「アジアゾウはな子の69年」
涙がどうしてこんなにでるのかなぁ。
はな子さんは「はな子」を一生懸命生き抜いたのだなぁと思いたいし、信じたい。
そこにあるのは大勢のはな子さんへの、思いと愛と。

同じ年の高司先生も、お別れをきちんといいたかったのか、何度も何度も展示の写真や、はな子の遊んだおもちゃをみていました。

上野の講演会で井の頭自然文化園の永井清園長から、花子さんの追悼展が、今月末まで再々延期での開催となりましたと、聞いたので、何が何でも行かなくてはとなったのです。

でも、月末までは仕事が詰まっていて、今日がラストチャンスということで、教室が終わってダッシュで井の頭まで来た次第。

はな子のいない園内の寂しさ。何処をみても切なく、苦しくなりました。

鳥尽くしのしあわせ

16298801_1035246396576078_2685039734326561410_n

今日の楽しむ会は一日鳥尽くし。
まずは善福寺公園で鳥観。
今話題のアトリも、イケメン?のシメ・モズ・ジョビも、誰もが好きなカワセミもいてくれて楽しい鳥観となりました。
でもね
ほんとはいっぱいいるはずのキンクロハジロが、水面氷結でゼロという展開。
午後のお絵かきの御題が「キンクロハジロ」だったのにね、新たな伝説が生まれた感じです。

楽しい空間を、鳥と、みなさまが作ってくださって、ありがたかったです。
ご参加いただいたみなさま、お風邪召されていないですか?

こんどは何処かでキンクロを!
16266203_1035249153242469_7019040496146987985_n

母のみつけたもの

16299994_1033986586702059_8350205620733045123_o

今日は母の用事を済ますために吉祥寺まで。
東急目指してパルコを通過しようとしてたら、Cath Kidstonのお店のセールにばったり。

母は小花系がお気に入りだけれど、どうしてもLIBERTYじゃなきゃいや、とかじゃなくて、Cath のレトロな花柄もけっこう好き。

で、一目ぼれしたのが、このスリム レザー クロスボディ ウェルズ ローズというバッグ。
本革の上にCathの花柄をプリントした手の込んだもの。
ウェールズの薔薇、響きもキレイ。
グレーの地色にお花がきれいなの。写真の数倍美しい。
どうしようかしら?といいながら結局50%OFFでお買い求めでありました。

嬉しそうだったなぁ。

母が可愛いものとか、きれいなものを好きなうちは、元気かな?
ちょっと、よかった。

上野動物園干支の講演会へ

16179303_1032791226821595_5451002441490971672_o

先日、復旧なった東京都動物園協会のZOONETで知った干支の講演会。
タイトルが
「ニワトリ・人の心をつかまえた鳥」
というタイトルに、心をわしづかみされて、申し込んだら、当選ハガキを頂きました。

そこで、いそいそと上野動物園脇の東京都美術館の会場まで。

各園の園長さんや副園長さんたちが、昨年のできごとと今年の抱負をお話しくださっての幕開け。

井の頭自然文化園の園長さんが、昨年を文字で表すとしたら「はな子」でした。と、写真をみせてくださりながらお話しされた時、ぽろっと涙がこぼれました。私のお隣の女性の方も一緒。
今でもはな子さんへのお花や贈り物があとをたたないこと、
はな子像の寄付金が集まったこと、
はな子の思い出展が2度会期延期となって1月末までになったことなど、
いまでもはな子さんのことを忘れられずに思いを抱いている方が大勢いるのがわかりました。

講演会は東京大学総合研究博物館教授・遠藤秀紀さんのお話し。
ニワトリの歴史、ニワトリの種類、日本のニワトリの今、などなど、興味深いお話しを伺うことができました。

外へ出たら動物園の工事中の壁に、まぁダイナミックな落書きが。
大きな大きな文字で、動物の漢字が書いてあります。
よくよくみると、ただの壁だとつまらないという配慮でしょうか?
漢字に横に動物名があって、意図的に書いたものをわかってちょっと嬉しくなりました。

すごい混雑の中、奇跡のように誰一人画面に…あ高司先生が。
そうだった、どんだけデカいか、立ってくるっていってたんだった。


まさか、のマスキングテープ

16003063_1032076936893024_5018184836120021653_n16105485_1032076920226359_2722429527902285240_n
ヨドカメで売ってたKING JIMの、切手あるマスキングテープ。
意外と、お出かけ先で、セロテープ的なものが欲しいときが多くて、でもセロテープはけっこう荷物。
いよいよの時は柄物の絆創膏でペトッと貼るっているので、こういうのは、すごく嬉しい。

柄も、オシャレな水玉や、和柄、花柄があったのだけれど、この目玉焼きがなんともキュートで迷わずこれ。
「アサゴハン」という題がついてました。
15佗、50伉垢機剥離紙が着いていて剥がして使うタイプ。
二つに折ると付箋代わりにもなるし、便利。

もちろん「ヨドカメは僕に任せて」という次男が買ってくれたの。
二つに折るとマッチみたい。
速攻、携帯の充電器ポーチに入れました。
お守り。

根室の準備もまだ自分のものを詰めるまでには至っていなくて、がんばれ私。

黒いリボン?え、紫?え、濃紺?

16114069_1031211230312928_7719888872956347014_n

根室でのお肌の保湿用にDHCのオリーブオイルをLOHACOで。

可愛い柄♪と思って、届いてみたら、え?リボン黒?黒いリボンってあり?

ちあきなおみさんの名曲、喝采の
「〜届いた手紙は黒い縁取りがありました」
みたいに、黒って、何だかなと思うんだけど、この頃、ブログの写真も黒い縁取りしている人もいるくらいだから、リボンも黒もありなのかもしれないけれど、でもやな感じと一瞬。

で、よくよくみたら、パッケージは紫のリボンで、本体は濃紺のリボン でした。
ドアップしないと色判らないじゃん。

寒い寒い一日、ベランダに速攻洗濯物を干しに行って、速攻取りにいっただけで、あとは外気に触れなかったのに。夕方には咳が出始めて、恐るべし、大寒。

紅い猿の子?

16003285_1030540813713303_9172975491132590753_n

今日の楽しむ会、貸室がいっぱいで午後開講となりました。
お題はベニマシコ。

耳で聞くと可愛いけれど、漢字でみると「紅猿子」。
サル年の私からみても、あんまりな感じ。
あんなにキュートな鳥なのに。

キュートにみえるのは色合いもだけれど、ちょっと短めのくちばしで顔がぺりゃんこにみえるせいもあるかしら?
ただ、そこはみなさん、とっても苦労されていました。想定内の長さのくちばしは描きなれているけれど、短いのは確かに難しい。

でも、結果は、全員可愛く描いてくださって安心。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

一応高司先生のシャツの色目も、ベニマシコに合わせてみました。
とはいえ、今日は会場は女性陣ばかり。
なのでみためは紅一点だけれど、ホントは白一点、なの。

久しぶりの神楽坂

16105699_1029519563815428_5358374764137281469_n

午前中びっしりお仕事して、息子たちのお昼ご飯つくって、そのあとは都内徘徊ツアー。
マグカップ計28個、背負って、手に持って、けっこう頑張って行ったり来たりしたのです。
途中降りそこなった駅があって、無駄な動きもあったりして。

全部のミッションを終えて、中野坂上の病院にお薬を…と思ったけれど、時間切れ。
ゴールは神楽坂、ということにして、病院は後日。
久しぶりに30分ほど神楽坂をお散歩。

肉まん五十番がすっごくきれいになって、道を挟んで神楽坂上交差点に移動していたのが、まずびっくり。
洒落たお店が増えてたし、流れているBGMも何ともオシャレで、またびっくり。
清濁併せ呑む感のある不思議な大人の雰囲気の街が、ちょっと垢抜けて戸惑ってしまいました。

でも、あの坂は好き。って思ったら、神楽坂は早稲田通りのことなのね!
とさらにびっくり。
ってことはうちのそばの早稲田通りをまっつぐと行けば、神楽坂に着くのね。
ほお。

みぃっけた。

16142373_1028702030563848_2951271582313222752_n

秋にジャケ買いした明治のチョコ。
パッケージも可愛くて、材料がシンプルなチョコは味も抜群で、かなり好き。

それが、今年になって、まず新シリーズで種類が増えたと思ったら、さらにその中から人気の2種が、小ぶりの14個入りで、廉価版で売りはじめました。
400円しなかったから、かなりお買い得な気分?
毎日一個食べても2週間。

あ、もつわけないかぁ。

根室でのお仕事が目前に迫ってきているけれど、その前にやらなきゃいけないこともいっぱい。
そして、今年の冬はともかく寒いと、現地のみなさまが。

このチョコは非常用かな?
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ