タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

May 2017

がんばれ、我が家

74d14040.jpg新宿御苑で、会員のみなさまの絵に見惚れてから、夕方は引越しの総仕上げ。
旧宅、新宅、次男の寮、母宅、と休みをとってくれた長男の車でなんど行ったり来たりしたことか。
次男も公休日なので、大活躍。
ボーイスカウト仕込みの、フットワークが今日ほど頼もしかったことはありませぬ。
母は手持ち無沙汰で、バンの後ろに座って車番。
夜には、タクシー、さらにチャリと。
潔い断捨離ができないタイプの夫がいると、大変。

今日の新宿御苑

18815369_1158397904260926_5211114234525516455_o

今日からはじまる、谷口高司と野鳥を楽しむ会会員作品展
「"タマゴ式"で描く薫風に立つ鳥展」
まさに風薫る5月。
とても幸せな青空のもと、初日を迎えることができました。
ありがたいことです。

初日から大勢のお客様におこしいただきました。
18813691_1158447130922670_6754729408861336092_n
明日以降もお待ちしています!
よろしくお願いします。

いよいよ!

6b05f1ac.jpgいよいよ谷口高司と野鳥を楽しむ会会員作品展、明日5月30日〜6月4日まで開催です。
会場は新宿御苑インフォメーションセンター一階アートギャラリー。
今日は搬入展示の日でした。
昨年までと違い額は各自持ち込みか、時間指定で発送。
額はインチが八つ、色も白〜濃茶系。
背景も入れてね。
といろいろ縛りがあったのですが。
並べてみたらとても濃い内容になりました。
ありがたいことに、この会場で、8回目の開催なので、会員のみなさまもイメージが掴みやすいようです。
一年かけてさまざまな鳥への想いを絵にしてくださいます。
幸せな6日間のスタートです。

アサイー

42a68e5f.jpg


少し朝寝しようかしら?なんて無理で、7時半に起きて朝9時台にご飯食べて、チャリで旧宅へ。
アクロバティックな格好で洗濯物室内物干し機を背負いながら亀チャリで新居へ。
よくぞ転ばなかったと思いながらまた、爆チャリで旧宅へ。

万一ネットの環境が整わないと、作品展に不自由なことができちゃうので、PC&プリンタは旧宅のままなの。

それから合間に寝落ち挟んで、一心不乱に明日搬入の「谷口高司と野鳥を楽しむ会」会員作品展のキャプション作り。
気づいたら、11時間くらい経ってて。手足がすっかり冷えきって、恐らくは低血糖。

旧宅お向かいの、ロイホに駆け込んで、とんでもなく遅い昼食というか第2食。

住んでるときは、10年間で2回しかご飯食べに来てないのにねぇといいながら、アサイーで〆。

引っ越しや諸々の日程を何とか移動と思ったけど無理で、展示会は絶対動かせない。
となるとこういう展開になるのはわかりきってたことだから。
さらに、全部自分で決めたことだから、楽しく頑張れるけど。

新宅から探し物に来て、私が作業するPCの前で、巨大ゴキブリのように音を立てまくる、誰かさんが、やってねとかいったら「ぜってぇやだ!」っていっちゃうだろうな。

さ、気合入れてっと。

5月の私

18700530_1154787664621950_2677779918169895443_o

これが私の5月のノート。
何ていうか、お時間余裕がありますね、みたいな感じで、何も書いていない。
けど。
この中に、高司の古稀のお祝いや、大橋弘一さんとのトークショーや、沖縄取材&ワークショップや、2回の引っ越しや次男の引っ越し、ピアノやクーラーの搬出とか、山盛りいろいろあったのに。

年に何度か、忙しすぎて、ノートに書く間もないことがあるのだけれど、ここまで長きにわたって真っ白というのはなかったかも。
この「僕の悪い癖」をなんとかせんとな。
と思いつつ、今月はこのまま流れで、と呟いてみる。

ちなみに今日は
朝一、7月の貸部屋の予約バトル。
午前、月曜搬入の会員作品展の最終事前相談会
お昼をルミネの新宿中村屋でカリー食べて
新宿中村屋&紀ノ国屋&世界堂&伊勢丹を駆け足で回って
吉祥寺もそのまま寄って、次男宅、母宅に寄って
念願のゴミ箱ゲットして、いまは旧宅でキャプション打ってるとこ。
明日一日で、きちんとかたちにしないとね。



ECOM駿河台作品展終了しました

f7e2e137.jpgありがとうございました。

おかげさまで、三井住友海上ECOM駿河台での谷口高司作品展、本日15時をもって終了いたしました。

都会の一等地神田駿河台の、緑溢れる空間で2か月、多くのお客さまにお運びいただき、谷口の描いた鳥たちもよろこんでいることと思います。

開催に際し、三井住友海上、日本野鳥の会、文一総合出版、ベクトル、小川五郎さまはじめ、多くのみなさまにお力添え頂き心より御礼申し上げます。

いつかまたこの地での再会を楽しみに、、、

やっと映画「PARKS」観にいけました!

18739741_1153967821370601_5577847914392890305_n

午前中は事務連絡、午後一は、お世話になっているお医者さまの糖尿病教室。
で、ほんとはお片付けに専念したいところだけれど。

長男が出させて頂いている井の頭公園100周年記念映画「PARKS」が、今週末で上映が終る館が多いとのこと。
上映と同時に我が家には嵐上陸で、行かれる時間がなかったのだけれど。
やはり、スクリーンで観ておきたいとなり、次男がチケットを手配してくれて立川シネマシティまで行って来ました。

井の頭線が冒頭にでてきて、もし京王帝都(井の頭線も含む)に勤めていた父が生きていたら、どんなに歓んだかしらと、思わず、涙腺決壊。
長男が出てくるまでのドキドキ、あららな展開にも笑いつつ、エンドロールの名前も下から上まできっちりと追いました。
ヤマハも、ボーイスカウトも、初ライヴも、大学も、すべて吉祥寺だった長男が、嬉しそうに画面に映っていて嬉しかったです。

高司は国際環境年ブラジル会場で、次男はフランスのダンスの映画でスクリーンデビューしてるので、つぎは私?なんてことはないな。

さ、お片付けにもどらんと!

お誕生日おめでとう

e30fef33.jpg


今日は次男28歳の誕生日。
引っ越しウィークの最中だけれど、母と私たち両親とで、ささやかな誕生日を茶屋のケーキですることができました。

28年前のいまごろは、陣痛の最中。
分娩室の椅子が壊れるというアクシデントがあって、大騒ぎでしたが、ちゃんと生まれてくれました。
あれから28年。
振り向けば何処かに飛んで行ってた鉄砲玉くんで、なんど迷子の放送をされたかわかりません。

いまは静かに座してお仕事をきちんとできる大人になりつつあるのがほんとに不思議に思います。
優しい子に育ってくれたのが,ただただ嬉しく有難いです。

誕生日に引っ越しだたので、半徹で引っ越し準備という、ヘビーな28歳のスタートになったけど、キミなら大丈夫。
まずは健康。
寮での一人暮らしをエンジョイしつつ、いっそうお仕事に励んでもらえたらと願っています。

さ、いよいよ!

fce6c1b3.jpg今日からこちらのテラスハウスでの生活が始まります。
アート引っ越しセンターのイケメン二人組が、引っ越し第1弾の9日に注いで今日も来てくれて、そりゃもう、ご機嫌。
二人とも、笑顔で、力持ちで、機転がきいて、なかなかいない好青年。
もう、ホントにいっぱいに手伝ってくれて。もう一人の女性スタッフとキビキビと樹海のようなマンションから、要るものを仕分けてくれて大助かりでした。
今まで何回、アート引っ越しセンターにお願いしたかわかりませんが、今回もいいお引っ越しができました。
完璧な仕事ぶり、みていて気持ちいいです。

ただ、箱を開けるのは私たちの仕事。
全部で何箱あるか数えるのもしんどいけれど、寝るスペース確保するため、すごいいきおいで、荷物を開けています。
もうひとがんばり。

プチお誕生日会

18664699_1151554784945238_6587547501788446299_n

今日は我が家の節目となる日。
この家をたたんで、気分晴れ晴れでリスタートの5月。
やっと煙じじいともおさらばです。
ふぅ、不毛な闘いで疲れ切りました。

その書類をやり取りする場に一緒に来てくれた次男の誕生日は明後日。
だけれど、明後日は彼の引っ越し当日。
明日は我々の引っ越しで時間がない。

なので、ちょっと早いけれど、銀座三笠会館池袋パルコ店でプチお誕生日会。

丁寧で気合の入った洋食、キャラメルプリンが大絶品でありました。

まだまだ怒涛の5月は続きます。
笑顔で着地できるように、がんばります!

ありがとうの沖縄

18519907_1149361945164522_4778580655945798607_n

那覇で、台湾の大恩人Yさんとお逢いし、翌日は空港にお送りし、それから名護へ。
さらにやんばるのいろいろな場所へ取材に行き、那覇に戻り、ジュンク堂書店那覇店でのワークショップのあとは首里城まで。
盛りだくさんの3泊4日の沖縄滞在でした。

そのほとんどに付き合ってくれたのが、高司の同級生でやんばるに移住したのりぴ。
同級生といっても小学校一年からの付き合いなので、まぁ、とんでもなく仲良し。
チョウチョの話しとかしていると目がキラキラしているの。
鳥も、チョウも盛りだくさんすぎて、ものすごく幸せな沖縄の旅。

名ガイド&名?運転手ののりぴには大感謝です。

昨夜は国頭の漁協の組合長さんがやっているという、美味しいお魚のお店にも連れて行ってくれました。
今朝は、やんばるの可愛い喫茶店「小春屋」で美味しいゴーヤジュースをいただいて、しばし歓談。

いろんなパワーとインスピレーションをいただいてリフレッシュ。
嵐の5月後半戦を元気に乗り切っていきたいと思います。

ジュンク堂書店那覇店で体験"タマゴ式"鳥絵塾

18519986_1149646321802751_4904603828781844309_n

今回の旅の目的のひとつに、ジュンク堂書店那覇店でのタマゴ式鳥絵塾がありました。

沖縄らしくて描きやすい鳥をと、アカヒゲを描いて頂きました。
今回は、缶バッチつきで、さらにアカヒゲに親しんでいただこうという考え。

みなさま、丁寧に、熱心に描いてくださって、堂々としたアカヒゲが生まれました。

ご参加頂いたみなさま、企画にご尽力くださった那覇店店長Mさま、司会をしてくださったNさま、ありがとうございました。

野鳥の宝庫沖縄の鳥を、これからもいっぱい描いてくださいね。

人生を初やんばるで

4e39862f.jpg

人生初ヤンバルクイナ。(写真をクリックしていただくとシャープな写真がみられます)
民家の庭先へ、道路を挟んだ茂みから移動してきた瞬間がこれ。
とても、鮮やかな赤いクチバシですが、コレが自然界の中だと、案外目立たないから不思議。
ヤンバルクイナ3回、ノグチゲラ3回と、神々しいまでのやんばる体験。
ドキドキしすぎて疲れましたが、心地よい疲れ。
高司先生はアカヒゲにも、いろいろな蝶々にも会えて大満足のやんばる滞在となりました。

漫湖、美しい

35d7f695.jpg


e02eee67.jpg
梅雨入りした沖縄で、すっきり晴れてテンションが上がった今日。
台湾に帰るYさんを見おくり、まずは漫湖にご挨拶に。
こちらは、ラムサールの指定湿地となっていて、モダンな観察センターと、木道が整備されていました。
クロツラヘラサギが優雅に羽を休めていて、その周りをセイタカシギ、チュウシャクシギ、キョウジョシギ、ツルシギなど、いろいろなシギが歩いていました。
まさに、これぞ、湿地。
いろいろな生き物をみつけてテンションの上がる高司先生です。

いざ、沖縄へ

58af6169.jpg私達にとって姉のような存在の、Yさん。
台湾野鳥図鑑で、言葉には尽くせないほど、お世話になった方です。
高司は一度きちんと御礼をいいたいと、強く願っていたので、彼女の沖縄来訪に合わせ、諸々強行軍でしたが、沖縄まで逢いにきました。

羽田空港を出たときはドン雲り飛びたった瞬間にずっと四時間睡眠が続いていたから、寝てしまってそのあとはわからない。
でも高司に起こされて眼下をみたらばこんな感じでした。

到着時間はかなり遅れてものの無事到着。

土曜日にワークショップをさせていただくジュンク堂書店那覇店にもご挨拶を済ませ、Yさんとも再会を果たせたのでありました。

ウェルカム北海道野鳥倶楽部

18491422_1146457618788288_1048763378497218822_o

お世話になっている野鳥写真家・大橋弘一さん主催「ウエルカム北海道野鳥倶楽部」の東京での第一回バードミーティングが開催されました。
会場は、谷口の作品展を開催中のECOM駿河台です。

第一部は鳥の名前に関するご著書も多い大橋さんの、いろいろな鳥の名前の由来のお話し。
鳥の名前に詳しい写真家を自負される、大橋さんならではの、面白いお話しを沢山伺うことができました。

第二部は、大橋さんと谷口の、北海道の鳥にまつわるトークショー。
半世紀近く前、初めて北海道を訪れ、その豊かな鳥層に感激した谷口。
その頃と、今の北海道の野鳥の様子の違いを丁寧に語る大橋さん。
高校・大学同窓で、共著もある二人ならではのやりとりは、身内でも思わず聞き入ってしまいました。

熱心なファンの方も集まって、中身の濃い楽しい時間をすごすことができました。
大橋さん、お声かけいただきありがとうございました!

幸せの空間

18485956_1145605632206820_7668384709631815104_n

今日は夫の古稀のお祝いの会でした。
ご縁をいただいたみなさまにお集まりいただき、素敵な夕刻を過ごしました。
遠方からも多くの方が駆けつけて下さり、嬉しいことでした。
ふだんの、フィールドワーク用のお洋服とは違い、みなさん、オシャレをしてくださって、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。
お運びいただいたみなさま。ありがとうござました。

お花もいっぱい頂いて、申し訳ないことでした。
お花と、谷口の数点の作品が部屋を明るく彩ってくれました。
何より、みなさまの笑顔が、キラキラと輝いて、眩しいほどでした。

古来古稀稀なり、とのことばを思うと、70歳まで日々を重ねるむずかしさを改めて感じます。

帰宅したら、元政治家の方が99歳のお祝いの会をされたとニュースで。
まだまだ、がんばってもらわんと!


緑あふれる善福寺公園

18446518_1144375538996496_2258729263481313928_n

午前中、超久しぶりの善福寺公園へ。
日本野鳥の会東京支部が主催する「善福寺公園探鳥会」の35周年記念の会があったのです。
ここのところ、慌ただしくしていて、最初のときだけご挨拶に伺い、私は戻ってきましたが、オオヨシキリの声がしたり、エナガの巣立ち雛がいたりと、なかなか盛り沢山の会だったようです。

35年、開催し続けることは、リーダーの方たちのご努力もでしょうが、毎回参加してくださる方々の存在こそ大きいと思います。
これからも継続して、続いていけますように。

写真はすっかり葉をつけたソメイヨシノのてっぺんで悠然としているカワウ。

カワウのように羽があったら移動は楽なのでしょうが、今日は地道に大荷物持っていったりきたり。

さぁ、もうひと頑張りです

微妙なお道具

18425086_1142546205846096_7485353488708171179_n

私の信条のひとつは、できるだけキッチン用具は増やさない。
最低限の鍋やフライパン、道具で何とか工夫して乗り切ることにしていて、それは一人暮らしを始めた22歳から変わらない。

でも、この頃、次男が通販やらWebやらでいろいろとみつけては、買ってくれる。
本人は親孝行のつもり、なんだけれど。
例えばニンジンの細切りをつくるスラーサーは、ちょっと細すぎて歯ごたえないのがもの足りなかったり
例えばキャベツの千切りマシーンは、楽に見えて、どんどん中心部が陥没してくるので、残ったキャベツの処遇に困ったり
ま、いろいろ。

そして、そのいろいろに、ニューヒーロー登場か?
というのが、卵の底にパチンと穴をあける、写真のマシーン。
ゆで卵のときにパチンすると皮がむきやすくなるんですって。

ふぅぅぅん。

ふだん私は卵を洗って、何処かの角っこで、タタタンとタマゴの底にヒビを入れて茹でる。
これでも充分楽にむける。なんなら1個17秒くらいで楽勝でむける。
で、洗い物も増えないし、全く問題ないし。

このマシーンは、きっとヒビを入れるよりも、茹でている時の割れとかには効果があるのだろうけれど。

正直、ちょっと面倒なのね。

facebookにこのマシーンのことを載せたら、血糖測定用の針でパチンするひととか、画鋲で底に穴をあける人とか、さまざま。
そうだよね〜道具に頼る生活よりも、代打で何かできる方が得した気分んになるもんね、

鳥三昧の半日

18401891_1142925465808170_571400607206867822_o

新宿御苑の環境省ギャラリーでの作品展まで1カ月を切りました。

今日は午後は、作品展の事前相談会。いつもは白板に集中して作画される皆さんも、事前相談会はマイペースでOKなので、なんとも和やかで、明るい雰囲気。

絵を軸に、みなさんがサロンのように楽しんでいただける場所が提供できれば…という思いが、会を設立して15年過ぎたあたりから結実しつつあります。
もちろん、会の雰囲気を盛り上げ、参加してくださる、会員の方々がいて下さればこそ。感謝しかありません。

そして夜は会場を移って、この頃何かと話題の「ツミ」。
男前のツミがどんどんできあがって、会員のみなさまの進歩は目を見張ってしまいました。
同じタマゴ式という技法で描いていても、ちゃんと個性が反映されている、タッチをみただけで、何方の絵かわかる方も大勢いらしゃいます。
それも私たちには嬉しいことです。

今日のツミを何方か作品展に出展されないかしら?とちょっと楽しみにしています
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ