タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

June 2018

え!?北村西望作品!?

36287640_1536669236433789_3064200660204388352_n

あれ?このエプロンのピラピラのタッチって、北村西望さんの作品じゃない?
と、よくみてみたら大当たり。

それはね、まぁね、井の頭自然文化園の彫刻館で2回も作品展をさせて頂いて、計3ヶ月、毎日のように北村西望作品みてれば、鍛えられますって。
と、呟く、新宿文化センターのロビー。

夜はこちらで、香西かおりさんのコンサート。
こないだの大月みやこさん&香西かおりさんのコンサートが素晴らしすぎて。
香西かおりさんの甘い、でも民謡で鍛え上げた、美声にうっとりしまくり。
近くだから行きましょうと高司を誘ったのです。
近くっていっても、20分近く歩くかも、だけど。

「好き」と「無言坂」「流恋草」あたり鉄板。
でも半分は心地よくて爆睡というていたらく。
ここんとこ4時間ちょい睡眠で、今日は、ほとんど外に居たので、身体が勘弁してくださいだったのかも。
かおりちゃんの民謡聴きたかったけどね。

そして、バンド♪
パーカッション、みなれた神のような動きと思ったらば、いつもきよしくんのコンサートで、後ろでずっと支えて良い音鳴らしてくださってる大宮真人さんでした。
そこ、とても、嬉しかった。
そんな夜でした。

え!?梅雨、明けたの!?

36411852_1536275849806461_4806634296230019072_n

今日は月末、しかも6月。そして7月も目前。
と、
新宿御苑は高司に任せて、私は用事を済ませに行ったり来たり。
さらに、7月末のイベントのことで、お電話しないといけない方々も大勢で。
数えたら今日は49回いろいろな方に電話をかけさせて頂いてました。
まさか、会場でお話しするわけにもいかず。
お日様に当たらなそうな野外で、ひたすら、電話。

途中でMちゃんからのメッセージで、梅雨が明けたと知り、みあげた空。

どうする?梅干し。まだ水あがりきってないぞ。

パンフもどうぞ

36305139_1534648203302559_8126593816460263424_o

今日は楽しむ会の鳥散歩で、みんなは午前中、新宿御苑の中を散策。
私は一人でギャラリーのお留守番です。

今回、作品となって展示してある鳥にまつわる保護活動や、啓蒙活動をしている団体の方に、関連するパンフレットもお贈り頂きました。
みなさまの思いが伝わりますように。

昨日の久しぶりの鍼が気持ちよすぎて、今日はやたら眠い一日でした。
でも、多くのお客様がいらしてくださって、賑やかで、もったいなくて寝てられません。

さ、今日で折り返し、明日から3日間、多くの出逢いがありますように。、

東京ヒルトンB1ヒルトピアに!

36188807_1533715506729162_448309687083859968_o

とんでもない蒸し暑さで、思いっきり無口になります、さらにこの風。
でも、粛々と前へ。

おかげさまで新宿御苑の作品展は大盛況。
ご家族、ご兄弟、ご姉妹、親類縁者の方々にお友だちと。
会員のみなさまが大勢さま連れてきてくださってありがたいことです。
そして、笑顔で、少しはにかみつつ誇らしげに、ご自身の作品をご紹介されて。
私が一番うれしくなる光景です。

とはいえ、新宿御苑に居てはできないこともあるので、今日は午後抜けで西新宿まで。
今日は7月のヒルトピアアートスクエアでの個展が、諸事情で前倒しになって7月26日からになったので、打ち合わせとハガキをお届けにあがりました。
会期が2日伸びたということですね、ありがたいことです。

あっというまに一日が経つのはありがたいのですが、そろそろ背骨や首肩が張りだしてきたので、帰りに阪田先生へ。
よっぽどひどかったらしく、思い切りバスバス鍼を刺してくださいました。
いやぁ軽くなった!あ、体重がじゃなくて、凝りが。

明日は完全復活だな、ヤクルトも勝ったことだし。

62歳になりたての影

36187838_1531589436941769_30125781082439680_n

今日は誕生日、62年前の6時50分に、母が生んでくれました。
早めに起きて、今日初日の作品展の追加のキャプションなどを作っていたら、ちょうど6時50分直前だということに気づき。
外へ行って、6時50分の朝日を浴びながら撮った写真です。

小さい頃は病弱で学校も休み倒していたので、自分が62歳という年まで生きられるなんて、全然思ってもみなかっただけに、なんともうれしい気持ちです。

誰かのお役に立てることを心に留めて、今日からまた一日一日を、大切に重ねて行きたいと思います。
みなさまよろしくお願いします。

搬入展示作業完了!

35296331_1530980447002668_6500276459527995392_o

昨夜ギリギリまでキャプションや、展示品を作り、ラッシュに揺られて新宿御苑まで。

明日からの谷口高司と野鳥を楽しむ会会員作品展。
会員の方に、額装した作品を持って10時半に集合していただき、
お時間のある方に少しお手伝いいただき、
さらにお時間のある方はお昼過ぎまで展示作業にお付き合いいただきました。
みなさまのお力添えで、展示作業14時半に終了しました。
ありがたいことです。

谷口含めて、30名の作品、68枚の額に収められた鳥たちが、明日から新宿御苑インフォメーションセンター1階アートギャラリーで、みなさまをお待ちしています。
ぜひ、お運びくださいませ。

「”タマゴ式”で描く鳥と水の景色展」
・明日初日〜7月1日(日)
・9時〜16時半(最終日15時)
・写真撮影録画禁止

キャプション完成!

36200007_1529568883810491_7653720300877512704_o

「先生、ぼく、がんばりました〜」
と、ちょっと叫んでみたい気分。
キャプション67枚分、やっとこ打ち終えました。
ふぅぅぅぅぅぅぅぅ。

明日からの会員作品展、作品への思いをMemoしてきてくださった方もおられるのですが、やはり読んでいただくのには、トーンを揃えてという作業も必要で、8185文字分の原稿になりました。
自分で好きに書くならば、これは3時間あれば楽にかけるボリュームだけれど。
そうじゃないので、丁寧な作業になります。
一枚最大140文字にどれだけ、みなさまの思いを込められたかなぁ。
図鑑のテキストと違う、”感情”の部分をも膨らます作業。
修行であります。

さ、明日はいよいよ展示搬入作業です。

頭の中にはもうイメージができあがっているので、それに沿って並べてみて…
んんんんん、きっととってもビューテホーに違いない。
楽しみです!!

”タマゴ式”尽くし

35922781_1526219534145426_8696925727741706240_o

今週は会員のみなさまにお逢いすることの多い週でした。
まず、木曜日の定例谷口高司と野鳥を楽しむ会。
お題はミサゴでした。
色は地味目ですが、みなさん、とっても立体的に描いてくださって、すごい迫力のミサゴが何羽も生まれました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

この日は、とてもとても嬉しいことがありました。
小学生の時に熱心に通ってきてくれていたSくん。
お引越しで疎遠になっていたのですが、参加したいと訪ねてきてくれました。
二十歳前の立派な青年になり、おばちゃんは見上げながら涙が出そうになりました。
ふつうの10代では体験しえないことを乗り越え、生きて、目の前に笑顔で居てくれる、それだけでも嬉しいのに。鳥の絵も忘れずにずっと描いていてくれて、しかもとても表現が上手になっていて。
足かけ17年、この会を長く続けていてよかったなぁとしみじみ思った日でありました。
Sくんありがとう。またいつでも描きにきてね!と再会を約束して。

そのあとは2時間、追加で来週からの会員作品展の、事前相談会を。
昨夜は完徹でキャプションを作り、今日の午前中は最後の事前相談会を。
今回の作品展では事前相談会を6回開催させて頂きました。
みなさま、描きあげていい笑顔で帰って行かれて。
晴れ晴れ、ですね。

あとの仕上げは私たち。頑張ります!

新穂高ロープウェーイで

35516861_1520914538009259_2873188183057629184_n
35528681_1520925158008197_1928902978371059712_o


雷さまに会えたのが嬉しくて、思わずUPしてしまいましたが、実は乗鞍畳平の前、朝8時集合で新穂高ロープウェイに乗る、というオプショナルツアーにも参加しました。
当日のお天気次第、ご自由にどうぞ、というご案内で、お天気悪かったら何もみえないからなぁ、、、と前日夜9時に寝て9時間きっちり爆睡して、起きたら快晴で、行くしかないでしょう!となりました。

東京から乗ってきたはとバスで、新穂高温泉駅まで。
そこからまず、ロープウェイに乗って鍋平高原駅へ。
そこから少し移動して、しらかば平駅からまた別のロープウェイに乗って西穂高口駅へ。
この駅の上が大展望台になっていて、焼岳から槍ヶ岳までパノラマで観られる絶景ポイントになっています。

前日は雨で高尾山まで煙っていたのに、一転、この好天はとても嬉しいものでした。

ただ、この時期、どちらのロープウェイも30分に一本しか運行していなくて、展望台以外ではゆったりできなかったのが残念といえば残念でしたが。

ふだんの自分の暮らしの中では、こういう景色を目の当たりにみるのはないことなので、とても新鮮でした。

雷さま降臨

35628351_1521135431320503_3343324593292050432_o

生まれて初めて観る鳥のことを、ライファーという方がいます。
私のライファーは250過ぎたところでこう着状態。
早々増えるものではありませんが。

なんと今回、乗鞍畳平で、自然観察員の方がみつけてくださったのがライチョウ。
で見事に一種増えました。
何とも感動しています。

写真は雷さま大きな岩と岩の間の、小さな小岩みたいなのがそうです。
完全保護色。

お父さん、緊張して見張りしているみたいで、背中に男の哀愁が漂っていますね。

お友だちのライチョウのプロに聞いたら、この辺りの雷さまはやっと抱卵に入ったころではないかとのこと。
ともかく無事に、巣立ってほしいです。

上高地、晴れる

35485211_1519786438122069_5606723481556221952_n
35558011_1519786478122065_6565406434526232576_n
根室で6日間、大洗‐釧路航路で3日間、たっぷり海を感じていたら。
山の空気が吸いたくなったなぁ、と谷口がしみじみいうので、ヒルトン東京ヒルトピアアートスクエアの個展の作品のためのイメトレもあって、駆け足で上高地・新穂高・乗鞍と行くことにしました。

71歳、昨年晩秋の入院以来、「生きているうちに行きたいところに行っておこうかな?」というスタンスに変わったようなので、そこは、旅が好きな私としても乗るしかありませぬ。
とはいえ、うちにある車は自転車だけなので、こういうときははとバスにすがるしかないので、やはりはとバスに。

やはり去年と同様、バスで上高地へ、お天気なら新穂高ロープウェイ、さらに乗鞍畳平というコースに申込みました。

でも、梅雨時、しかも台風がどうの、みたいな最悪な予報で。とても観光日和ではないなぁと諦めていました。
雨の上高地もキレイよね、きっとと。
実際バスが出てから中央高速、八王子高尾付近ではワイパーMAXで動いているくらいの雨。
途中も低い山すら雨で煙ってみえないほどだったので、もう五千尺ホテルでカレーライス?と思っていたら。

現地到着時には雨もやみ、明神池穂高奥宮にお参りして戻ってくることには、思い切りいい天気になってくれて、なんともうれしい景色をみることができました。
ガイドさんも添乗員さんも驚くほどのいい天気。

もちろん深呼吸したおしたのはいうまでもありません。

文房具が好き…

35360081_1515592405208139_4543668395182129152_o

こないだの一人文具祭りで買った鳥さんモノのアップです。

買うものは、使いやすい、美しい、楽しい、コスパもばっちり、そのどれかに該当していること。
これが3つとか該当していたら迷わず買いです。

ロフトも好きですが、ちょっとオシャレすぎ。
10代から通ってた銀座伊東屋は、いまだに背筋を伸ばさないと入れない店。
で、私にマッチしているのはやはり世界堂本店。
あのごちゃごちゃとした宝探し感が何ともたまりません。

そして、やはり無条件に手にとるのは
・鳥もの→いい感じでデフォルメしてるやつね、いい加減はいや。
・ムーミン→足元みて高値をつけてるのはスルー
・家もの→ドールハウスが趣味だった時期が長いので、家並み的なのは心が震えます

今回の鳥ものはドットのり、でもこれ、使い捨てタイプだったので超減点。
封筒を開ける鳥さん、かなりスタイリッシュ、左右の手どちらでも開けられるのがいいな。
Webでしかみかけなかったので、店頭に現物があってビックリ。

仕事周りに好きなものを散りばめて、目の保養をしつつ過ごしております。


選挙におもうこと

35488061_1518521944915185_179228736153976832_n

私はブログで政治の話をするのは避けてきましたが、今回たまたま選挙活動初日の街頭演説に2件、遭遇し、そのあまりの落差に呆れたのでその感想を書きます。

20年以上住んでいたお隣の区の区長選がはじまりました。
あなたには関係ないでしょうと思われるかもしれませんが、もし街頭演説に遭遇したら、母が住んでいる区なのできちんと話を聞きたいと思っていたのです。

O駅では2期目を務めあげた現職区長の街頭演説。
待機児童の話や、特養老人ホームの話。
この区ではともかく土地代が高い、特養をつくるときは1床4000万かかるけれど、土地代をぬけば2000万でできる。その分を他に回せるからと、区の施設で広い土地を持っているところに工夫して、保育園をまず建てたとのこと。さらに土地を活かせる工夫をして特養にも着手したと。
きちんと自分の言葉でいままで成し得てきたこと、これから進めることを話していた。
彼の政策の柱はただ一点、「区民の福祉」
声高に叫ぶわけでもなく、虚勢を張る訳でもない。環境に配慮したスピーカー音は、昔たった一人でO駅で辻舌鋒をしていたときと変わらない。
できることしか私はいわない、という潔さ。

何が驚きといって、超党派で現役区議さんがチラシ配りをしていたこと。
これも彼の8年のぶれない実績があればこそ、なのだと思った。
この区長とは彼が区議になる前からの知り合いなので、街頭演説を聞き、ホントに立派になってと親戚のおばさん目線でウルッときてしまった。周りで聴いているのはそういう地元のファンばかり。


次に出会ったのが、隣のN駅では新人候補の街頭演説。
人だけはいるが中身がない話ばかり。しかもお行儀が悪い。
安倍政権の悪口、確かに思うことは私にもあるが、それは区政と関係ないでしょう。
現職区長への罵詈雑言。それって、ほんとのことかな?とおもうようなことばかり。
それを駅前ターミナルだけでなく30メートル離れた所でもガンガン響くような声で、延々と語っている。
名前の連呼、悪口や罵詈雑言、それが貴方の政治ビジョンですか?と問いたいくらい。
冷静に聞けば聞くほど、いや、全然ピントがずれすぎてると思う。

用を済ませて、駅前でバスを待つ10分はホントに地獄だった。
パワハラとかセクハラとかと同じように爆音ハラスメントってないのだろうか?
人の悪口って聞いてるだけで不愉快、しかも逃げ場のない、もっといえば興味のない人の耳に届けて何が得られるとおもっているのか?
こんな理解できない街頭演説に頭痛が起き、逃げ場のない爆音にさらされ、家に着いた時には脂汗、胃がねじれるほど痛くなった。まだ耳が変。
過度のストレスにさらされた結果ですね。

そんなこんな。
母にはありのままを話しました。
N駅にいた候補が、昼間は、母宅の周りを選挙カーで一日中がなり立ててたとかで、彼女はそこに怒り心頭。
もともと現職区長さん推ということで、あぁ良かった冷静な判断ができていてと思った次第。

写真は昨日、突然出てきた夕陽。
一週間後はどの陣営も「戦いすぎて日が暮れて」の中に居るのでしょうね。
声高な悪口の花だけは咲かせないでほしいものです。



頑張れ菜七子ジョッキー

JRA久々の女性騎手・藤田菜七子ちゃん、おめでとう!
まず30勝、すごいなぁ。
女性が生きにくい典型的な世界で、ここまで活躍できるとは。
師匠が根本康広調教師だからこそ、ここまでと思う。

「根本くん」は、騎手デビューする前からよくよく知っている。3回騎手試験に落ちた春に、私が競馬会の職員になって東京競馬場で出会った。
クサることもなく明るく、下乗りなのに、調教助手ばりに事務仕事にも長けていた。
新しい勝負服を二人で一生懸命考えた夏の日、同じ東京生まれで同じ年と知り、自分は何と甘ちゃんな世界で生きて来たのかと、しみじみ思った。
彼の一番のファンになろう、とそのとき心に決めた。

10勝したらサインちょうだいね、と約束していて、その10勝までが長かったけれど、中山大障害に3回勝ってるし、あのシンボリルドルフを破って天皇賞も勝っている。
実況放送の
「あっと驚くギャロップダイナッ!!」
のアナウンサー雄叫びは、いまだに思い出すほど強烈な印象だった。
さらに翌春メリーナイスで東京優駿も獲った。
メリーナイスの東京優駿のときは、退職していて、長男を膝に抱きスタンドで観戦。長男は、母の歓喜号泣を不思議そうにみあげていた。もちろん当り馬券は換金なんてできなかった。

騎手生活は20年。まだまだと思ったけれど、彼の師匠・橋本輝雄先生の引退に伴い、すっぱりやめて厩舎を継いだ。
先生にお子さんはおられなかったので、彼なりの師匠孝行だと思って涙が出た。
橋本先生はとても人格者で人望も厚く、激動の美穂トレセン移動のときの調教師会会長を務められた方。その先生のスピリットを受け継ぎ、根本調教師として、柔軟な活躍をしている。

往年の名騎手を揃えての第一回ジョッキーカップ開催は、彼の尽力によるところが大きいと知った。
彼が中心となり声をかけ、きちんと体重も現役時代のままに戻してきたという。いくら減量には慣れていたとしても60歳近くなっての減量は難しいだろうに。
当該レースでは彼の売りだった、風車ムチを回すファンサービスも忘れていなかった。
つまり、競馬とは何かをわかっている、ほんとのプロだ。

菜七子ちゃん、師匠の背中をみつめ、大師匠の思いを継いでこれからも末永く活躍して欲しい。

一人文具祭り

35331232_1514842821949764_8517083927955898368_o

昨日の新宿御苑の帰りは一路世界堂の2階紙売場へ。
私の知ってるかぎりでは、ここが一番揃っているし、紙が新鮮。
やはり紙にも新しいもの、売れ残ったまましょぼんとしてるものがあるのね。
で、ボードやらキャプション用の透かし模様入りの紙やら全部で4000円ほど購入。
枚数にしたら150枚くらい?
めちゃんこ重い!!

でも何故、最初に重いものを買うかといえば、
そのあと、お店の中をふらふらと徘徊をしないため。
なのに。
気づいたら、こんなことに。
高司へのおみやげの筆箱はあえてかくして撮ってるので、もっとガツン。
にょろにょろはモモちゃんと半分こするの。
一人お誕生月特需。

そして、久しぶりに新しいOLFAカッター購入。
これから、修行?のキャプションづくりが待っているんだけど、バネ指っぽいので、細目のボディをチョイス。
年と共に手に馴染む道具が、少しずつ違っていくのね。

店員さんに、替刃みつけてもらってるところの待ち時間でぱちり。

それにしても何でこんなに文房具って萌えるのかしら?

森は生きている

35328705_1514838098616903_6346242873410715648_o

ことしは5月ではなく6月開催。
と気持ちに余裕を持っていたらもう10日後に迫っているという、谷口高司と野鳥を楽しむ会会員作品展。
いろいろいろと準備をしないといけませぬ。

母の用事を荻窪で済ませたあとは、搬入展示作業の最終確認に、一路、雨に濡れる新宿御苑まで。
壁をキレイにしたので、両面テープとか、くっつき虫系はNG。
キャプションも細いピンでとめるとなると、紙一枚の方がきちんと張れるかな。
いやピンはやはり危ないから、額の一番下のヘリに裏から貼ろうか。
去年好評だった、御来場者のコメントは、コメントコーナーを作ることにしようかな。
などなど。
現場をみるとただぼんやりしていたものが、きちっと輪郭がみえてくる、気がする。

会員のみなさんが今日も一生懸命、おうちで描いて下さっていると思うので、こちらも気合。
台風6号とか、みえないことにしないとね。

帰り道、振り向くと、新宿もんの周りの木々の深い緑。
ふと、「森は生きている」という言葉を思い起こす。
長男のやっていたバンドの名前でもあるのだけれど、その由来は「メメントモリ:死を思え」。
森は生であり、モリは死である。
何だか哲学。

ヒルトン東京☆ヒルトピアアートスクエアで個展開催決定

35237565_2088330731390361_5570623353720406016_n

ヒルトン東京☆ヒルトピアアートスクエア
『谷口高司作品展・彩鳥ぴあ〜美しい鳥その秘密〜』
開催のお知らせ。

野鳥写真家・大橋弘一さんがご紹介してくださって、夏のひと時、都心のホテルで個展を開催できることになりました。
以前、愛鳥の集いのおり、数点作品を展示したヒルトン東京です。
美しく、艶やかな鳥を中心に、鳥の美しさや行動の不思議にも迫る作品展にできたらと思っています。
「ヒルトピアで、鳥ピア」というテーマは響きが気にいって、は会場の方と決めました。
「ヒルトピアで、鳥ピア」を合言葉にぜひ、お気軽に遊びに いらしてください。

会場☆ヒルトン東京B1☆ヒルトピアアートスクエア
(新宿区西新宿6−6−2)
会期☆2018年7月28日(土)〜31日(火)
時間☆10時〜18時(初日12時〜 最終日15時まで)
☆谷口は全日在廊予定です。

☆入場無料
☆会場内写真撮影録音録画を禁止します

☆☆会場にはお気軽にお求めいただける作品もご用意いたします。
☆☆ヒルトピアversion阡鳥萬来手ぬぐい「Bleu Anglais」色を販売します。

☆☆☆体験”タマゴ式”鳥絵塾も開講予定。決定し次第お知らせします。

大洗のしらす

35268539_1511904272243619_3623491924259766272_n

ビバ♪ガールズ&パンツァー。
ビバ♪大洗。

次男が大洗に行くたびに買ってきてくれるのが、しらす。
自分のところ、母のところ、私たちのところ、と3箱買って帰ってきてくれる。
お買い物も、忘れられた被災地・大洗の支援ということなのね。

とっても新鮮な瑞々しいシラスは、シンプルに、青紫蘇と大根おろし、古式井上しょうゆで頂くのが一番の御馳走。

美味しく食べていたらば、長男がおみやげを取りに来がてら寄ってくれたので、残りのしらすをプレゼント。
幸せのお裾分けですね。

昨日の点滴は効果テキメン。
咳はかなりでなくなったものの、やっぱり点滴ハイで眠れない夜を過ごしました。
8時就寝って、完徹だよね。
12時半起床。一日、ぼぉぉぉぉぉぉぉっとしたまま過ごしてしまいました。

こんなで外は出歩けないなって、お出かけは見送り。
家でひたすら静かに凌いでおりました。

今夜はガッツリ、寝たいです。

一日、マグロのように動く

34722853_1510519349048778_6040358987671535616_n

遠く名古屋のお友だちから、暴れマグロといわれるほど、いろいろ行ったり来たりしていますが、さすがにね、こんな天気の時は…なんて甘ちゃんなことをいってられないのが、自営業。
とってもいいお仕事の打ち合わせだったので、ほぼスキップ。
つまり息は辛いが、気持ちはちっとも辛くない、そんな一日が今日でした。

病は気から、というわけではないね、
帰り、直行で中野坂上の喘息病院だったから。
でも、今日は高司も一緒の受診だったので、ある意味、楽。
私が点滴打っている間に、処方箋持って行ったり来たりしてくれたし。

夜は、すずらんで、お魚ごはん。
根室でお魚頂いてきて以降、ちょっと開きましたが、でも、すずらんさんのお魚は、大将渾身の焼き加減で超絶美味。
美味しくいただいて、帰ってきて、ま、ゴールがこの「ポケットキャンプどうぶつの森」のキャンパーレベル100へレベルアップだったのですが。
なんていうか、100になってももらえる賞品のしょぼさに、思わず寡黙になったほど。
一気に、あ、覚めないか。

夏、忙しくなりそうなので、ともかくここはガツンと乗り切らないと。

あれ?お寿司じゃなくて?

35114729_1509256742508372_4661354703865511936_o

ぁぁぁぁぁあああああああ、早く台風、過ぎてってちょうだい!!!
と念じつつ、起きてるんだか、寝てるんだかみたいな2日間でしたね。
やれやれ。

台風が過ぎ去る瞬間っていつも、居ても立っても居られないくらい睡魔に襲われて、今日も夕方近くに起きていられなくなり、ダウン。

起きたら、階下で高司が何とも楽しそうに笑ってて、あれ?と思ったらテレビ朝日の「帰りまテン」。
大好きな「特捜9」のメンバーでスシローのベスト10あてっこしていました。
あ、お寿司食べたいかも。
さらに、PCつけたら、facebook友だちのAyakoちゃんが旅先の札幌のお寿司をUP。

もう行くしかないだろーと、バス代かけてご近所くらくら寿司に行き、何故かコク旨冷やし担々麺食べている怪。

ま、外の蒸し暑さが、やっぱり生ものよりも、こういうものを欲するのかな?

帰りは25分ほどかけて徒歩で帰宅、ま、これができたところでOK.
明日からはバリバリお仕事。がんばる。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ