タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

May 2019

ゴジラ?

61254383_2020424394724935_8531358260354088960_n

先日、宿直明けの次男が、立川に映画を観に行った帰りに
「晩ごはんを食べに行こうっ」
てメッセージをくれました。でも、母は気分が乗って、山盛りおかずとか作っちゃったあとだったので、
「うちへおいで」
と返信。

荻窪ルミネの茶屋に電話をしたら、次男の好きなスワンシューがまだあるというので、大玉先生パシリで行ってもらって、ケーキだけは用意。
お誕生日は出張でお祝いまだだったし、でも、さすがにケーキふぅ〜って年じゃないかなと。

その後しばらく経って、次男降臨。
ご飯を食べてから、何とゴジラ系の映画をAmazon primeで2本観覧。

KEN WATANABEの出ていた米国2014年版の前作。
世界のKEN WATANABEが、問題解決に何の活躍をしたんだか?的な戸惑いはあるものの、かなりブルル😱

主人公の骨太イケメンくんが、2012年版「アンナ・カレーニナ」で妖艶な演技をしていたアーロン・テイラー=ジョンソンとわかりそっちが驚き。
この映画はドイツの行くときの往復の飛行機で見入っちゃって、帰ってからDVD買ったほど、どはまりしたの。

そして、もう一本のゴジラは、1954年版。
CG全盛の時代でも、いや、そういう時代だからこそ、アナログ以外の何物でもない、荒削りなゴジラのこの凄味が半端なく、真夜中に目が覚めるという展開。

肝心のケーキは?というと。
スワンシュー2個と、サバラン1個、ゴジラ並みの食欲で平らげて、嵐のように次男は帰っていきました。

ゆるいお誕生日会だったけど、おめでとう!
これからも健康に気をつけて、がんばってね!

8010♪パレットって読むの。

61131257_2013908725376502_6629006069727232000_n
話しが少し前後しますが…

二荒山神社のあの長い階段の上り下りで、すっかり疲労困憊した私たち。
そのあと何としても食べたくなったのがフルーツパフェ系。
体よくいえばビタミン補給的な。

Googleで調べたら、何とホテル至近の駅ビルに美味しいお店があるらしい。

でも、暑さでぼぉぉぉぉぉっとしていて、店の名前わからなくて。

駅ビル2階の案内のお姉さんに聞いたら、1階のちょうどその辺りです、という極めてわかりやすい教え方をしてくださって。
なだれ込んだのが、8010:パレットというフルーツパーラー。
14106:愛してる、みたいな感じでしょうか?
とても長くお商売をやっている老舗のフルーツパーラーとのこと。
店内はモノクロでクールな雰囲気。
そこに果物がくるとさらに輝いて見えるという心憎い演出でした。

とちおとめのゼリーを頂いて、外に出ると。
レジ横のフルーツサンドイッチ、パンに合うスペシャルなクリームを使っていてとても美味しい、と地元のマダムに教わって。
とちおとめ、ぎっしり!!
思わず戻って一個買って、感涙するほど美味しく。

市貝から戻って帰りの電車に乗る直前にも買ってしまいました。

でもね、電車、来るときは四人がけだったのに。
かえりはフツーの中央線のような向かい合わせのシートで。
食べるのに、ちょっと勇気が要りました。
あ、こぼさないようにもしなきゃだったしね。

またこんど、栃木・宇都宮を訪ねることがあれば、
泊まりはメッツ、餃子はみんみん、フルーツは8010、に行こうと思います。

60966620_2017465631687478_8540338779271987200_n

幻覚?

61156757_2015218375245537_8225540259413229568_o

「あれ?サシバ!?」
と壁の影をみて、一瞬どよめいたのは、酸欠の頭だから?
何しろ、体育館の小学校に、ぎっしりの人。
しかも緞帳で前方はふさがれているので、風の通りもイマイチ。
生きて帰れるかしら?と思う気持ちも薄れるほどの暑さ。

途中、ポスター発表の会場に行くときにみかけた影が、一瞬サシバにみえてしまったのです。

午前中は、
「サシバ?」
「気持ちよく鳴いてるね?あの辺?」
っとお友だちの岩手大東先生とキョロキョロ探していたら。
テープでサシバの声が流れていたという、何ともな展開。

でも、サシバの繁殖数が日本一確認されている市貝という場所だから、という期待要素が大きいとね、あるあるかもしれません。

栃木がとても暑いから、運動会は午後はしないで云々というニュース本中で入ってきて。
もちろん、市貝も快晴の極み、農作物がよく育つ場所といわれるのが、よくわかります。

気力で乗り切った昼下がり。
大幅に終了時間が延びて、気づいたら宇都宮駅へのバスの発車時間に迫る勢い。
とんでもなく、アワアワな後片付けとなり、さらに消耗したのでありました。

こんどはもう少し、ゆっくり来たいな市貝に、って思いました。
私たちは急いで帰るけど、サシバたちは、この豊かな自然の中でのびのび子育てしてほしいです。

宇都宮二荒山神社

61194734_2013906488710059_833115443722977280_n

みてください!この長い急な階段。

この階段、ちゃんとのぼりきりましたっ!!

ずっと前、きよしくんのコンサートで宇都宮に来たときに、お詣りして以来。
その時は倒れるか?と思うほどハァハァして、このまま帰ろうかと思ったくらいでした。
太ももぴくぴくさせて途方にくれる私の横を、腰が直角に曲がった地元のおばあさんが、ひよんひよんとのぼって行って、あの時の敗北感は忘れられません。

階段がある家に引っ越して2年。
嫌でも日に数回、もしかしたら10往復以上、上がったり下がったりしているせいか、今回はさほどきつくなく、ちょっと深呼吸をしたのが残り17段のところ。
誰にも抜かれることなく上りきりました。

1分4秒、やっぱ肩で息。
大玉先生的には5分は上ったろう!という感じだったらしい。
でも、上りきったら、すごい美人さんが
「よおく上ってこられましたね!」
と明るく声をかけてくださって。
少しお話しをさせて頂いたら、まぁ!ご縁がありますね!という方で、疲れがすっとんで行きました。
彼女は、
「こちらの神さまはいつも試練を与えてくださる、でもその試練を乗り越えられたらその都度お礼参りに来ているんです」
とお礼参りの理由も教えてくださいました。

試練を与える、そこを乗り越える力も授けてくださる、、、
私の場合は、まずはこの長くて急な階段を上りきる、というところでしょうか?

このあと、お詣りもさせていただき、令和になって初のご朱印もいただいて、餃子御籤もひいて、階段を下りたのであります。

Welcome Party

61043141_2013927145374660_7474535356210085888_o

国際サシバサミット2019.
シンポジウム前夜は宇都宮駅前チサンホテルでの、Welcome Partyがありました。

私たちが海外にお招きされるときも、現地で必ず、笑顔でPartyをしてくださるので、もし満員なら、谷口だけでもと事務方のOさんにお願いしていたのですが
「二人を離れ離れにさせることはしません!」
という力強いお言葉とともに、2人エントリーとなりました。

今回、海外勢は、フィリピンと台湾。
事前の情報はなかったのですが、おそらくお逢いできるのでは?と楽しみにしていた方々とも再会できました。

写真のお二人。
フィリピンからいらした、Alex Tiongcoさん、Marts Cerveroさん。
二人とも野鳥保護にとても力を注いでいます。
サシバ以上に絶滅の危機に瀕しているフィリピンワシの保護のために、お引越しまでして、身体を張って活動をされています。

民間大使としてアジア各国の野鳥関係者と親しいAさんをもってしても、最高の御人柄といわしめるお二人。

いつも優しい笑顔で、逢うと一番にハグしてくれます。

お二人がこられると思って、万筋の着物+フクロウの帯、気合を入れて持って行って良かったです。
暑かったけどね。着物の暦の上ではまだ袷、だからここは根性。

左手に握りしめている烏龍茶は主催者の方から頂いたもの。
ウーロンハイを注いで廻るためのものではありませぬ。

懐かしい方々、普段お仕事でお逢いしてもお話しする機会のない方々、みなさんとお逢いできる機会は、私にとっては何物にも替えがたい貴重な時間です。

国際サシバサミット2019in市貝

61072884_2014968295270545_4073909516867993600_n


栃木県市貝町で開催された国際サシバサミット2019、シンポジウムに出展させていただきました。
市貝町のみなさまや、日本野鳥の会、日本自然保護協会など関連団体のみなさま、お世話になりました。

小貝小学校体育館が会場で、外の暑さ以上に、会場内の熱気がすごかったです。
市貝のお子さんたちの歌唱や太鼓よる、可愛い幕開け、
手作りの紙の飾りが可愛い舞台、
地元愛の詰まったお弁当、
協力企業のサントリーさんからの潤沢な天然水の御寄附、
樋口先生の基調講演も拝聴できたし、
すべてが歓迎モードで、一足早い夏空も心地よかったです。

フィリピンから参加のAlex&Martsさんは、仲良しのお友だち。
親しいお二人が、前日の宇都宮チサンホテルのパーティでのご挨拶に続き、市貝でも晴れやかな顔で、サシバの研究発表をされていたのを、とても誇らしく嬉しく思いました。
台湾やフィリピンの古いお友だちも大勢みえていて、笑顔でお会いできたことが幸せでした。

ブースに多くのみなさまにお立ち寄り頂き、ありがとうございました。
サシバの魅力を描いた商品を3種お持ちしました。
お手に取って頂き、感謝いたします。

また、出展の希望を叶え、色々お手助け頂いた遠藤孝一さんはじめ日本野鳥の会にみなさまにも、重ねて御礼申し上げます。

私たちは昨日帰京しましたが、今日の野外プログラムもとても魅力的で、参加したかったです。

次は宮古島ですね!楽しみです!

GREGORYスーラーデビュー

60990935_2012239642210077_5053932586078830592_n

鳥散歩の水元公園で、デビューさせようと決めていた、GREGORYスーラー28ℓ。
母の日にと次男が買ってくれたものです。

ユニセックス仕様のデイパックも数個あるのですが、イマイチしっくり来ないタイミングがあるのです。

でも、レディース仕様のデイパックは、夏活躍中のMAMMUTも、このGREGORYもとても背負いやすくて、使いやすい。
ショルダー部分の付け根の位置、とか、胸のベルトの位置、とか、ジッパーの持ち手、とか、腰のところのポーチの素材、とか、裏地の色や柄、とか、かなりいい。

鳥散歩では、三脚1台、プロミナ1台、双眼鏡2台、1ℓ&0.2ℓのステンレスボトル各1本、ポーチ2個、缶バッチ20個、お菓子一箱、印刷物、除菌シートなどなど、ぎっしり詰め込んで、通勤ラッシュに揺られても、しっかり、背負えていたので楽ちん、でした。

帽子はフェリシモ
側頭部をめくるとメッシュで風通しバツグン。
ワッペンはガールズ&パンツァーのあんこうチームのワッペン。

これも次男から。
何時もいろいろありがとう!
パンツァーフォー♪

30歳のお誕生日おめでとう

61374860_2012304828870225_8367154019881189376_n

今日は次男30歳の誕生日。
五月晴れの眩しい一日、吉祥寺で両親と長男でご飯を食べて、お散歩をして、解散。
そのあと、西荻窪の駅でしばらく、長男の手を握りしめて、夕陽を感じながら、あぁ、この景色は一生忘れないだろうなぁと思った夜、サンドウイッチを作っていて、あれ?あれ?となり、22時24分に、あっという間に生まれてきてくれたのでした。

予定日の朝まで悪阻があって、おなかの中でも暴れん坊ちゃんで。
ただ性別判断をなさらない先生だったので、正直『女の子なら大変だぞ!』と思うくらい活発だったので、男の子でほっとしたところもありました。

府中の実家に戻っていた両親も、西荻窪の病院に飛んできてくれて。
「さくらちゃん」誕生を待ち望んでいた長男は、寝落ちしてしまいましたが、家族全員がいるところで生まれてくることができたのは、この子が家族のカスガイになることを示していたのかもしれません。

あの日から30年。
長男とは別の意味で手がかかる部分があったけれど、天職と思える仕事に出会え、邁進でき、さらに心根の優しい青年に育ってくれて、ほっとしています。

そんな彼へのお誕生日プレゼント(仮)は新宿でみかけた大きなガールズ&パンツァーの看板の写メ。
まだまだ、彼も、私も、ガールズ&パンツァーブームは続きそうです。
パンツァーフォー!



鳥散歩♪水元公園

60811117_2012273502206691_8254905835579244544_n

谷口高司と野鳥を楽しむ会の鳥散歩。

毎年必ず訪れる場所のひとつ、水元公園。

ジモティの会員さん「お兄ちゃん」が、丁寧にナビをしてくださるので、これも大きな楽しみの一つです。

コアジサシの姿はありませんでしたが、ツバメは元気。
そして!みんな大好きオオヨシキリ。
数は少なかったけれど、とても元気にさえずっていました。
思わず、お帰りなさい!っていっちゃいました。
あの元気な声を聴くと、頑張ろうと思います。

谷口は、鳥や木や生きものをご案内。
私は後ろから行って、合間合間に、ツバメのようにジュグジュグジュグとおしゃべり。
会の主催者ではあるけれどでも、それは形だけで。
実はうちに来てくださるみなさまが、私の人生の併走者で、先生だなぁと感じる瞬間です。
いろいろな方に支えられて、教えて頂いて、本当にありがたいことです。

みなさま、本日もご参加ありがとうございました!
日焼け、だいじょうぶでしたか?

立飛アリーナ

60651971_2010386232395418_2920907176681668608_n

別に、大相撲立飛場所に出場するわけではありません。

先日、歌謡ポップチャンネルの「演歌男子大運動会」の募集が出ていたので、演歌への思いなどを書いて送ったら、なんと150組限定枠に大当たりしてしまいました。

きよしくんは大阪・新歌舞伎座で東京居ないので、他の方の歌を聴きに行く、のです。

咳が出ると、演者さんに失礼なので、ずっと自粛だったのだけれど、久しぶりの歌舞音曲。

若手と呼ばれる方々がメインで、2グループ含む12名が登場。

きよしくんの後輩「はやぶさ」のふたり。
良い顔になっていましたね、キリってしてた。

徳永ゆうきくんの新曲「渋谷節だよ青春は」は、なんとつんくさんの曲。
かなり嬉しい展開でした。

クリスタルボイスの松原健之さん。
声に透明感だけじゃなく、丸みが出てきて、一人どよめいてしまいました。
「最北シネマ」胸に染みました。いい歌だ。

みなさん、衣装を着ているとビシッとしているけど、体操着になると???
運動会というだけあって、そこここに素、というか人間性のようなものが垣間みられて、ほぉ。
純烈のみなさん、歌はともかく、お客あしらいがめちゃくちゃうまくて、乗せ上手。
何故あれだけ人気があるのか、よくよくわかりました。

立飛は立川飛行場の跡地なのですね。
アリーナというと、横浜や、さいたま、の広々したところを思っていたのですが。おそらく収容人員は1/4以下。
さらに、そこを仕切って、コンパクトにしてあったので、とても楽しめるイベントでした。
当ててもらって嬉しかったです。

いそいそ、いそいそ

BlogPaint

すっごい雨で、さすがに一日へたっていた私。

良かった、昨日のうちに、荷造りをしておいて。

いつもなら、何が何でも自分でセンターまでもって行くのですが、今日は、もう、お願いしてヤマトのお兄さんに取りに来てもらったくらい。
とはいえ黄金週間10連休の不安定感は、名残もなくて、希望日には楽勝と聞き、ちょっと安心。

片や大玉先生はやたら元気。
今週末のイベントに燃え立っております。

何だか小さな額があったらいいよね、といったら、いそいそと書いて、いそいそと額装して、自慢げな顔。

あまりに嬉しそうなので、一応、記念写真。

これをみて、海外からのお客様が喜んでくれたら、幸せだわ。

明日からはカラリと晴れるというので、がんばりましょう!

ポケ森で気を紛らわす

60457208_2007252159375492_8493802920288976896_n

屋久島の大雨のニュースに驚きつつ、今日夜半から明朝まで、東京も大雨の予報ということで。
私の肺も、しっかり武装中。
ともかく咳止めを飲んで、咳を長引かせないこと。
吸入もして、息を整えること。
細かい粉がとぶようなものを食べて、咳を誘発しないこと。
何て気にしていると、けっこう疲れる。
薬で、眠くなるのもけっこう面倒。

とりあえず、気合でやれることをして、サシバサミットの荷造りもして、あとはひたすら静かに一日。

こんな時は電話もできないので、お友だちがわりに「ポケットキャンプどうぶつの森」。

新しい動物が配信されて、5頭増えるはずが、まだ4頭しかで、足踏み中。
いくらオラオラ系で、好みではないといえ、全部揃わないと落ち着かないったら。

そういう意味では一日平和ではあったのかも。

patisserie coup de coeur

60506120_2005090552924986_2554386985607233536_n

今日の午後は、爆チャリでお出かけ。
しばらくして視界が変!?と気づく。
れ?れれ?

シニアグラス?っていうかモロ、老眼鏡で出てきてしまった。

とはいえ戻るのもアホアホだなぁと。
車の少ない道を選んで、何件か用事を済まして、転ばずに帰宅。
やれやれ。
けっこうなドキドキ。

昨日から数字と格闘中の大玉先生に差し入れをと、武蔵関の「patisserie coup de coeur」にも寄ってイチゴのエクレアを買って。

フタを開けてみたら、エクレアがひっくり返っていました。
私は転ばなかったけれど…身代わりかしら?

来週ちょっと大きなイベントがあるのだけれど。
準備に身が入らない。
情けないっす。
エクレアのご褒美、先に頂いちゃったので、ぐわんばらないとっ!!

90歳、New Balanceを買う

60470820_2001667776600597_7444889589262581760_o

ここ10年ほど、母のお気に入りの靴は銀座ヨシノヤから、new balanceへ。
最初は運動靴なんて、といっていたのですが、何足か買っていくうちに、運動靴の歩きやすさに目覚め、いまでは足型が一番合うと、New Balance推しです。

今履いているのも、かなり可愛いのだけれど、これを普段におろして、ということらしい。
病院用、プール用と履いていく先で、靴を決めている。
病院のスリッパが大嫌い!という人なので、納得。
そして私も、きっと将来そうなる気がする。

・防水で厳つい感じの、ファスナー開け閉めで履くモノ
・軽くてフィット感があるもの、みためジャージ状の素材のモノ。
・軽いけれど、敷き革に当たる部分がぺったんこのモノ。
最終選考に残った3足のうち、踵をホールドはしてくれるけれど、さほどごつくない、ジャージっぽいのに決定。
去年発売のモデルらしい。
それぞれ2回ずつ履いて、決定しました。

90歳で、普通の靴を選ぶのは、幸せだわ、本人も家族も。
できる限り、自分の足で歩いて、いろいろと行かれますように!

90歳でソフトクリームデビュー♪

60346800_2001701296597245_8109816720719347712_n

キヨコ、90歳にして、初めてのソフトクリーム🍦デビュー。
前から来たがっていたGODIVA。
ソフトクリーム復活していたので、トライ。
「幸せね✨」
のお言葉頂きました。

今日は母の希望でお出かけDay。
本局に保険の相談に行って、
ワコールのセールに行って、
思い立って靴も買いたいというので付き合って。
ねぎしでご飯を食べる。
ま、書いちゃえば3行ですけどね。
90歳と一緒に歩くというのは、これは修行のようなもので。
全方位に気を使いつつ、最短ルートを即座にみつけ、一番楽な動線を選ぶ。
がんばりましたっ!

で、GODIVA.
「上手に食べられるかしら?」
と心配するので、
「カップにする?」
って聞いたら、
「だってコーンのうちがわが美味しいっていってたわ!」
と。
「じゃ、小盛りにする?」
って聞いても嫌だ!というし。
なかなかのチャレンジャー。
もちろん、完食。何よりです。

家に大荷物共々、送り届けて、ミッション完了の6時間。

そのあと、我が家の買い物をして回ったらば、総重量13.4kgの大荷物。
ムスメも、ツマも、てぇへんだわ。

5月の爽やかなお天気で、いろいろとテンション下がらずに済んだのでOK

アオサギ

BlogPaint

夏のような空と風。

爽やかな午後、今日の谷口高司と野鳥を楽しむ会のお題は「アオサギ」でした。
アオサギ、けっこう複雑な羽の模様をしていて、目つきもサギなので、観ようによったら、ちょっと怖い。
ただ雅びに空を舞う姿とか、物憂げな佇まいは確かに大人。

そのせいか、アオサギやゴイサギ、うちの会ではファンが多いのです。

確かにアオサギの婚姻色のクチバシは、美しいし、とっても魅惑的。
自然を彩る神さまってすごい仕事をなさるのですね。

今日は大勢ご参加くださって、でも会場の、窓は開けていはいけない決まりなので、少し酸欠で、申し訳ないことでした。
小鳥と違って、ポーズを描きにくい鳥なのですが、みなさま、バランスよく描けていて、なかなかのサギのコロニーができました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

講座のあとは7月の新宿御苑作品展の事前相談会。
バラエティに富んだ楽しい作品群をお披露目できそうです。
お楽しみに!

GREGORYスーラー28リットル、ありがとう!

60532354_1998780316889343_3175249169946247168_n

「父はヨレヨレで、もう観察会の荷物は持たせらんないし」
「でもdeuterの24リットルだと、三脚とプロミナと、双眼鏡2台入れるとパッツパツだし」
「あなたが買ってくれたMAMMUTの18リットルのは、4方向通気だけど、背中のアーチが大きすぎて三脚入らないし」
など、など。
でもね、いま、母の欲しいアタックが、AmazonでSALEなの…と、ぷちぷちと小声でリクエストをしてみたら。

次男が髪を切りがてら、母の日のプレゼントを届けに来てくれました♪
GREGORYスーラー28リットルです。うふ。うれし。

昨春夏モデルで、背中の通気部分が透けて見える感じがオシャレ、容量タップリでも軽そうでいいなぁって思っていたら、瞬時に店頭から姿を消していました。

ともかくこれからの季節、背中の通気は最大の課題。
でも背中が涼しければ涼しいほど、ザック本体にアーチが食い込んでくる、のは、仕方ないんだけれど。
すーらー中のアーチは、今のMAMMUTよりもメイン部分には影響がないので、三脚もすっと入りそう。

今まで40年以上、いろいろいろなデイパックを背負ってきたけれど、アウトドア系での黒は人生初。
あ、黒じゃなくてミッドナイドグレーというオシャレっぽい色なのか。
中の赤が「紅」っぽくて乙女♪ツボです。
もともとはサルボというシリーズのレディス仕様なんですって。
腰の部分のベルトも厳つくないし、肩も涼しいうえに楽。

大玉先生も72歳で、しかも疾病明けだし。
とりあえず、私が10kg越えの大荷物背負って、お供、という体制は整いました。

ありがとう。かあさん、ぐわんばるわ。

ドリアン売り!?

60127514_1997263520374356_351490455533256704_n

今日は超久しぶりに、お友だちのIちゃんとデート。
昨夜遅くに急に決まったの。

荻窪に行く途中で母宅に寄って、豚汁を置いてと思っていたら。青梅街道めちゃ混みで断念。

逆ルートで、吉祥寺に出て、京王観光で至近の出張チケットを受け取って、電車で荻窪へ。
ベクトルさんに打ち合わせに寄って、Iちゃんと天丼食べて、母の買い物をしつつ母宅へ。
雨がぱらぱら来たので、早めの撤収、3時過ぎには帰宅という驚きの展開。

でも、家に戻ってから、あ!ポストに郵便を出さなきゃ!と思った時の格好が、上がアロハで、下がUNIQLOのリラコ。ステテコですね。

大玉先生に
「これでだいじょぶ?」
と聞いてみたら
「インドシナ半島の何処かの道端で、ドリアン売ってるおばさんみたい」
と断言されたので、スパッツに履き替えてすぐそこのポストまで。

でも、やっぱ、足もとの漁サンが、ドリアン売ってるおばさんのよう。
何なら、バナナも売ってみようかしら?

そしてこのあと、急ぎの用ができて小平。
それでエンジンかかって、大掃除、ゴミを5袋半出しって、っと
一日有意義に使えました。

ゆるると一日

60025227_1992482817519093_3095301381683150848_o

こないだ、東京駅駅ナカ、e-cuteのつばめグリルで買った、トマトのファルシーサラダ。
つばめグリルに行ったら、何が何でも食べたいトマト。
お持ち帰りできるのがありがたいなぁ。

で、家に帰って、ふたを留めてあるシールが、大阪市立自然史博物館のホネホネのシール♪と思った私は、やっぱハヅキルーペかしらん?

このところ、目の根性がなくて、ちょっと困り気味。

もともと眼はとんでもなく悪くて、東京医科歯科の眼科で診て頂いたときに
「よく今まで生活してこられましたね」
とお医者さまにいわれたほど。
でも、肺と一緒で、もともとが悪いから、ま、こんなもん、としか思ってはいないのだけれど。

今日は大玉先生が会議で、午後から留守。
原稿打ったり、次回のイベントの準備をしたりと、かなり快適に過ごしていたらば。
母宅に様子を観に行ってくれた先生から
「おかあさんが、くら行きませんか?」
って電話がかかってきて。あらま。

外へ出たい気分ではないけれど、ともかく痩せてきた母が、何かを食べたい、とか、これが美味しいというリクエストがあった時は、何が何でも遂行と決めているので、お付き合い。

お寿司はマグロ中トロ一貫がお気に入りで、しっかり食べてくれたのでちょっと安心。

そのあと、手が痛いという母のところに、明日届けようと思って、食材を買いに走って、豚汁やら何やらを作って。
なんていうか、平凡な一日だけれど、こういうの好き。

母の日

BlogPaint

キヨコ90歳3カ月27日。
おかげさまで元気です。
昨日のデーサービスでは午前中体操、午後は麻雀。
「一回満貫だったのよ」
と、シャラッといってるあたり、婆子の底力を感じます。

母の日で、私も高司も母と呼べるのはキヨコさんだけなので、御尊顔を拝しに真夜中に訪問。
何故真夜中になったかといえば、昨日、一昨日の大車輪が響いて、ちょっとくたびれ気味で、お昼寝とかしちゃったから。

食べたいお菓子のリクエスト、
ワコールのバーゲンへ行きたい、
などなど。娘、全力で頑張ります。

で、娘であるは、二人の息子の母でもあるのですが…

彼らといえば。

ご近所、サミットストアーで母の日のポップをみて
「母の日だから一応電話してみた」
と次男。
ま、こないだ打ち上げしてくれたし、昨日は東京駅で待っててくれたし、充分にね、親孝行。
なので、いまさら感はありますね。

片や長男。
もしかしたら、金曜日の15分お茶会で母の日業務は終了!と思ってるのか?
ん、でも、す、でもない。
ま、彼はいざという時の機動力半端ないので、お力はその時に発揮してもらいましょう。
という、静かな母の日でございました。

ま、そう育てたのは私だけどね。
カーネーションとか似合わないしな。


記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ