タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

August 2020

大磯→吉祥寺

118327006_2997256263708405_7300966259394373682_n (1)
大磯は鳥だけでなくお愉しみも多い町。
鴫立庵でのんびりしてもいいし、古木のある神社も素敵だし、旧吉田茂邸のお庭も見事。

とはいえ
暑すぎたのでそこはとてもとても。
どうしても帰りに寄りたかった、総合食料品店「いづ常」さんへ。
照ケから坂を上って、国道一号線:東海道を右手にしばらくいった左手にあるお店。
こちらで奥出雲井上醤油店「出雲むらさき」を。
この「出雲むらさき」はたまり醤油のような濃厚なお醤油、冷ややっことか、お刺身とか、あと、焼きおむすびの仕上げにも使えます。
「古式井上しょうゆ」はこの頃見かけることが増えましたが、井上醤油のレア系はこのお店が一番。
井上醤油の先代と、いづ常さんの先代が親しくされていたとかで、島根に行ってもこれだけ多様な井上醤油を間近にみることはありません。

そのあとはそのままいづ常さんを通り越して東海道を直進、信号ふたつめ左手にファミマがみえてきたら左折。
ちょっと行くと、パンの蔵の案内看板が見えるので右折左折で、そのまま「パンの蔵」でパンを買って。
ゴールは大磯駅、のつもりだったのですが、ケーキの美味しい鴫立亭がみえる!
でも暑い!んんんんんん、でもご飯っていう気分じゃないから一息入れよう。
ということでお茶をして、着替えて、すっきりして12時前の電車に乗って帰ってきました。
といってもあえて各停で寝ながらですが。

寝て目覚めて、お腹が空いているのに気づいたので、吉祥寺アトレの新宿中村屋が運営するオリーブハウスで、恋と革命のカリーをランチに。
本店はお芋が二個なんだけど、ここのは鶏肉が多かったの(芋くれぃ)、でお薬味はお替わりなし。微妙な違いはあれど、基本の味は変わらず。

私も弟も、ここのカリーを食べるのがまずは大人の階段で、食べ始めてからは事あるごとに、喝を入れに新宿中村屋に寄っていたので、魔法の元気の基のような意味もあるのです。
そしてそれはいつしか、我家の習わしにもなっていて、少しうれしい。

3月末にTAKATAKAコンビのもうおひとりと、本店行って以来のカリー、懐かしくいただきました。

あぁそれにしても、おひさま。
浴びると疲れるけれど、翌日はかなりすっきり。
時差ぼけを治すにはお日様を帯びましょう的なことかしらん?
今日はかなりやる気むんむんで過ごすことができました。

大磯鳥散歩

118286286_2996431377124227_7206452062345918247_n (1)

今日は谷口高司と野鳥を楽しむ会の、大磯鳥散歩でした。
参加人数も通常10名様前後。
もちろんみなさま会員の方なので、不特定多数にはあたらないし、連絡先すぐもわかる。
野外で密になるということの方が、難しいかもだし、なので。

大磯駅8時半集合で、徒歩で照ヶ崎へ。

潮の関係か、岩礁のかなり先まで人が入っていて、アオバトの群は飛ぶものの、降りるに降りられない感じでした。
それでも、何羽かは海水を飲む姿が観られました。

途中で真横にあるスピーカーから、熱中症警戒警報の注意が流されると、スピーカー横にいたガラスは慌てて飛んでいきました。

飛べない私たちは、日影に移動し、アオバトの習性などと、絵を描くときに気をつけることなどのお話しで、後半を過ごしました。
さすがの暑さで、二時間弱での解散となりましたが、イソヒヨドリの若いオスが、良い声で鳴いていてくれたのが救いでした。
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。
無事にご帰宅されてますように

日影茶屋の夏のケーキ

118470755_2994062577361107_1089187803369571769_o
今日もお日様が霞むくらい暑かったですね!

炎天下3時間きっちり、
母の病院で退院後のお話を師長さんから伺い
→荻窪で打ち合わせ&お買い物
→母のお留守宅の整理→
と乗り越えて、ダッシュで次男が待つ我が家に帰り着いた私へのご褒美。

荻窪ルミネ日影茶屋:パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤの瀬戸内レモンロールケーキ。
ほど良き酸味とレモンの香り、夏のケーキですね。
こちらのケーキは東京ではここでしか買えないので、ある意味めちゃレア。
クッキーもおいしいので、お持たせ物はこちらのクッキーをよく包んでいただいています。
スワンシューや、れんこん餅も大好きですが、今日はこのケーキ、一択♪
次男もめちゃ喜んでくれました。

なんたってこの3週間、次男の「親んちのPC買い替えミッション」が延々続いていたのです。
でも、それも本日をもって打ち上げ。
家電番長の彼がいてくれて、ほんとに助かりました。
梱包までしてくれたので、これをTSUKUMO電機に送り返せばOK.

自分でPC組み立てちゃうくらいPC好きな次男をもってしても、仕事の合間でのPCの移動はこれだけかかりましたもの。
やはりPC一台のお引っ越しって大変すぎて、お籠り中に自分でやろうとか思わないで正解でした。

あとは私がPC並みにサクサク動けるかが問題ね。
がんばろ!

余は満足じゃの図

20200827本と蜂
好きなものに囲まれて、ご満悦の谷口の図。

蛾の図鑑は今日、次男が一風堂の帰りに買ってくれたもの。
写真図鑑ですが、標本の写真ではなく、生きているときの姿のものが背景も含め載っていてるところで大興奮。
背景と同化して擬態しているかのような蛾の姿もあって、おもしろい。
谷口の蛾の先生で仲人だった神保一義さん、そのご子息・神保宇嗣くんが、著者・今井初太郎さんの最初の頃の蛾のお師匠さんだった様子。
狭い世界なのでもしやと思ったのですが、名前が出ているとそれも嬉しく感じます。

そしてカレルチャペックの「長い長いお医者さんの話」は昨日の私からのプレゼント。
この本の翻訳者・中野好夫さんは、谷口長髪所のお客様だった方とかで、まだ5歳だった谷口に、谷口の父が買い与えたのだそうです。
この本が大好きで、何十回も読んだとか。本屋さんであまりに懐かしそうに語るので、版は新しいけれど、買ってきました。
挿絵は昔のままとのことで、時に落涙しながら食らいついていました。

敬愛する明日香治彦さんから頂いたヘラシギのTシャツを着て。
頭のてっぺんには昨日のガチャの蜂。
いい感じで、乗ってると思いません?

今夜はいい夢が見られそうですね!

ルーエでお散歩

20200827新が買ってくれた本
台風&低気圧で咳で眠れなかったり、なぜか朝から低血糖すぎたり、
でも、3時間ほどお昼寝をして復活。
長男からの電話で、母の退院日の打ち合わせをして。
すぐに次男から電話で、旧いパソコンの残った作業をするまえに、吉祥寺で晩ごはん食べない?と誘われて、しっぽ縦振りでおでかけ。

やっと、季節限定なうえに、数量限定の「細麺・つけ麺」を食べることができました。
つけ麺苦手だけれど、これは、飽きさせない工夫が随所にあって、美味しかったです。

そのあとは吉祥寺に昔からある書店ルーエに。
独特の品ぞろえで有名なお店です。
我家が外食後、時間があるときには、昔から本屋さんをはしごする習慣があります。
これは実家もそうだったなぁ。
ゆっくり選んだ一冊を、それぞれが抱きかかえて帰るのって、何とも幸せ。

吉祥寺では、ジュンク堂書店とルーエは大のお気に入り。

今日は遅すぎたのでジュンク堂は閉店してましたが、ルーエは絶賛開店中。
次男から
「おばあちゃんへはさざえさん、父さんは蛾の本、あなたは?」
と聞かれ、以前から探していたクーデンホーフ光子さんの本を買ってもらうことにしました。
次男本人はkindleで本を買うことが多いようですが、それでも、本を好きという大人になってくれてうれしいです。

さ、クーデンホーフ光子さんの世界にひたりましょう。

早起きは三文の…

20200826日影茶屋スワンシュー
今朝、母の病院からの電話で目が覚めました。
週明けに退院のめどがたったようで、少しホッとしました。
とはいえ、帰ってきたら怒涛の展開。
体力も落ちてきているだろうから、おそらく、半分は泊まり込むくらいの覚悟でいかないと。
そこをクリアできるように、ケアマネさんに電話をしたり、なんなりしているうちに、すっかり頭がクリアに。
4時間弱しか寝ていなかったのですが、ここは起きたついでに、点滴うちに…
と準備をして出かけたものの。

荻窪に着くまで思いのほか時間がかかり、11時半受付締め切りの中野坂上の病院につくのは、3分すぎそう。
あらま。
ならば、とりあえず買い物をして、いったん家に帰ろう、となりました。
でも、午後は荻窪で打ち合わせがあるので、戻ってこなければいけないのだけれど、それはそれで。

お仕事のある時以外、昼前に行動することはほとんどないので、いつものガーデンとか超新鮮。

池袋西武で並んで買う魚久のお徳用粕漬があったり→不定期入荷で数も少ないからあればラッキー。
日影茶屋で,ふだんあっという間に売り切れるれんこん餅があったり、
特大スズメバチのガチャ、ラスワンでゲットしたり。

病院行くよりもテンション上がるかもしれないくらい、15分ほどの徘徊は楽しかったです。

写真は、こちらもあればラッキーの日影茶屋のスワンシュー・

行ったり来たりした自分へのご褒美。

それにしても、スワンシューにも、湖に浮かぶスワンボートのように、コブハクチョウとかコハクチョウとかあるのかしらん?

今日届いたもの

118372996_2985044571596241_2841536616633904577_o
今日届いたもの

お待ちかね「きのう何食べた?」の第17巻。
例年通り9月発売かなと思ってたら、ちと早め?
今から正座して読みまする。

そしてもう一冊。
高司の親友の御本。
学生時代、司法試験を受けると決めていて、山に行く夜行列車の中で六法全書をいつも持ち歩いていたそうです。
裁判官として長く大変な案件を裁きながら、今は弁護士をしている彼。
「裁判官失格」というタイトルは出版社がつけたとか。
本人も「………」なタイトルで。
ファンの私たちも何でだよ⁉って思うけれど、でもこの本が売れて、裁判官のお仕事が大変ってわかることが大事なのねとも思ったりして。

今度会ったときにサインをもらわないと!

今日届いたもの

118374178_2985043341596364_87129927163480079_n
今日届いたもの

My Nintendo 「ポケットキャンプどうぶつの森」でコツコツといつのまにか貯まっていたポイント。
それでグッズを頂ける、らしいというのはNintendoのサイトで分かったものの。
どうしたもんだか、だったのが。
次男がSWITCH届けてくれた6月末に、スイスイスイと手配をしてくれて。
それから2カ月かな?
お待ちかねにもほどがあったけど、季節商品じゃないから全然OK!
「あつまれどうぶつの森」関連の絵柄ばかりで、めちゃ可愛くて
萌えております。

島から島への移動手段はDODO AIR LINE。
あのドードがパイロットだったり受付係だったり。

けものフレンズは「サーベルタイガーのサーベルさん」という、絶滅した動物もでてきたけれど。
あつまれどうぶつの森のどうぶつは、ザクッとリス・ネズミ・イヌ・ネコ・ゾウ・クマ・ヒツジ…
とアバウトな分け方で、しかもこの世のものとは思えないカラーリング。
なんなら「ダチョウ」カテゴリーに、タンチョウと思しき”ちとせちゃん”、クジャクと思しき”ジュリアンちゃん”、トキと思しき“トキオくん”まで入っている、そんなゆるゆるの中。
ドードーかなり目立つのですが、一推しなのです。

でも、トートバッグ、可愛すぎて使えないや。

脳トレ、再び

118233602_2982772341823464_1297832408047321561_o
完全お籠り4日。
門のポストまで郵便をとりにいった以外、外にはでていない。
どんどん沸いてくる台風→ぜんそく気味→酸欠。

だけど疲れることをしていないとなると、脳はさえるのかしらん?

脳トレ、NINTENDO DSでんっしんにしていた頃よりも格段の進歩。
体温を察知するセンサー付きのカメラ搭載、とか、
ともかく画面が以前の4倍以上の大きさで文字が書きやすい、とか
機械そのものがとても進歩しているので、
問題もとても多岐にわたっていて、おもしろく、やりがいがある。

2分間で30単語を記憶する「短期記憶」今日は16単語覚えることができました。嬉しいわ。

大玉先生も、次男が大玉先生専用に買ってくれた脳トレ、をSWITCH抱えてやっていますが。
この数字みたら、凹むかしらん?うふ。

そして、今日のドラマで出会った面白い台詞。

相棒17”辞書の神様”から
「辞書に生きるということは全てをあきらめること。時間も家庭も何もかも…」
文字フェチで、他の何も目に入らない辞書を編纂する元大学教授が主人公の話し。
その中で、サポートする助手のことばがこれ。
「図鑑に生きる」のもまさにそんな感じでございますよ。
ドラマは右京さんも霞むぐらいの変人のオンパレードで爆笑でした。

あ、うちの変人さんは…脳トレだけでなく「あつまれどうぶつの森」も絶賛堪能中。
いいのよ、こういうことしないと、頭固くなりすぎるから。

コンサート…

39804958_1622358694531509_2541986796548390912_o
2年前の8月22日は、八王子オリンパスホールでのきよしくんのコンサートでした。
写真は撮影OKのパネル。
いいコンサートでした。

雨が降ろうと、暑かろうと、遠かろうと、この19年、行きたいコンサートには通い続けてきた。
2時間のステージを堪能することが、介護やら、何やらで押しつぶされそうな私を支えてくれていた。
ここのところ、大きなストレスはないので、ペースは落ちているとはいえ。
きっとこれからも、きよしくんのコンサートに通って幸せに過ごしていかれると思っていたのに。

このコロナ禍でコンサートは中止に。

今月末からの明治座座長公演は開催とのことだけれど。
さて。
もちろん座長公演のデビュー戦は中日劇場・コマ劇場・新歌舞伎座と通い詰めた。どの公演も初日・中日・千秋楽に行っているし、コマはもっと鬼のように通ってた。
でも、私のきよしくん道のスタートは「あぁ、この人の歌をもっと聴きたい!」だったので、お芝居はもういいなって、ここ数年座長公演は行ってない。
お芝居とショーだと、ショーの時間がとても短くなるから。

そしてこの状況。
密で空気が滞っている空間に居続けることが、今の私にはただただ怖い。

何が何でもきよしくんファーストだったはずの私の中に
「コロナ感染への恐怖 > きよしくんへの想い」
という数式ができていたとは。
ちょっとがっかりな発見。

あつまれどうぶつの森 サソリの島

20200822サソリの島
お籠り第一弾の友は「きのう何食べた?」
コミック全巻をセットで買って、爆読。
もちろんテレビ東京でドラマ化されたものも、全編&お正月スペシャルを何度もみては、お料理がんばるきっかけにしていました。

私的には、お籠り第一弾のときほどの、えもいえぬ不安はないものの、やはり今はお籠り第二弾の時期と思い、なるべく家に居るようにしています。
熱中症とのダブルで要注意だし。

そんな第二弾の友は「あつまれどうぶつの森」
「おいでよどうぶつの森」を教えてくれたN夫妻も、お教室にみえているY夫妻も、発売と同時に始めていて、いいなぁ、でもうちはいつかなぁ?と他力本願、ならぬ息子本願でいたら、次男がお誕生日に間に合うように見つけて来てくれました。
うふ。
そしてドハマリをしている今日この頃。

夏の第4土曜日は「あつまれどうぶつの森」は、虫とり大会。
それに先立ち、前の夜、虫を早めにとってくるつもりで出向いた離島が、なんとサソリ満載の島。
難しいの捕るのが。
なのに、そのサソリしかいない島。
俄然、サソリ捕りに燃えた大玉先生。
渾身の37匹捕獲成功。
サソリにかまれると倒れるので、なかなか大変。

普段は8000ベルで売れるサソリ。
虫捕り大会の日は1.5倍で売れる。
そんなこんなで、虫捕り大会一日虫関係で約55万ベルゲット。
このうち大玉先生には捕獲手数料20万ベルをお支払い。

生き物のことも、社会のことも学べる。
おい森の時期よりもはるかに作りこんである「あつまれどうぶつの森」。
この沼は深くて居心地がよさげです。

桃のサンドウイッチ

20200820目黒果実園
昨日は家でブランチをとってから、谷口高司と野鳥を楽しむ会の講座へ。
終了後、時間的には中途半端だけれど、何か食べていく?となったのです。
何なら、時間調整して、晩ごはんを早めに食べたら、私が楽ちん、的な目論見も。

でも、暑さに堪えたのか73歳、
「食欲ないなぁ、あなたが低血糖になったらまずいようなら付き合う」
とかいっちゃて。
付き合うって何?は?と思いながら、とりあえず吉祥寺東急へ。
遅めのランチがあるかつくらあたりに行きたかったのに、ここでも気分じゃないの一言で目黒果実園リーベルへ。
季節の果実のサンドウイッチは、「桃」。
ビジュアル的には凸凹ですが、ま、桃だから、プロが作ってもこんなかんじよね。

一人前は無理という誰かさんと、シェアして食べたんだけど、私はあと3皿はいけました(回転寿司じゃないな)。

広々した店内はソーシャルディスタンス守っていていい感じでしたが。
なんていうかBGMがなぜか延々EXILE。
私は彼らは嫌いではないけれど、でも、頭上で大音響で延々聞きたい歌でもない。
席、かわりますといって、移動したほどでした。
んんんんん?吉祥寺東急でEXILEって、どうなんでしょうねぇ。

などと考えつつ、結局、帰ってから母の病院や、八百屋さんまで爆チャリ飛ばし、山のような野菜を買ってきて。
一息つく間もなく、セロリ刻みまくってキンピラ作ったり、大鍋いっぱいラタトゥユ作ったり、他にももろもろ作りして、さらに晩御飯、とパワー大放出の展開に。

こんどから大玉先生が出先で
「僕は食欲がない」
といったら
「あ、そうですか、では私だけ食べてから帰ります」
と捨て置いておこう、と固く決心をしたのでした。
73歳の食欲に合わせていたら、私が動けなくなる予感。

セロリ!!

117865873_2971014609665904_3779350413354403614_n
谷口高司と野鳥を楽しむ会が終わって、帰りは吉祥寺まで。
合間に仕事の電話をしながら、吉祥寺東急の目黒果実園リーベルまで。
桃のサンドウイッチで一息入れた後は、怒涛の展開。
とりあえずの買い物を済ませ、家にいったん帰り、そのあとは爆チャリで、母の病院とアキダイさんと。
やっとお野菜が店頭に戻ってきた感じだけれど。
果物はまだまだの様子。

セロリのとんでもなく立派なのが半株100円であったので、まず一つ買い。
も少しだな、と思って再度もう一つ。
自転車のかごで揺れながら戻ってきたら。

大玉先生、「何十回いってる!?」的な、お榊をそのままゴミ箱へ、という無神経なごみの捨て方をしてあって。
我が家のゴミ収集日月曜と木曜。
つまり、あと4日は家の中にゴミを置いておくしかない。
我家の一回のゴミの目安は30リットルの袋1つ。
生ごみは水をきっちり切ってコンパクトにしてにおいが漏れないように入れる、鉄則だよね。

な・の・に、そこへ裸の枯れたお榊を捨てたらどうなるか?
まして夏だからあさってくらいにはふたを開けられない展開が予想されるのに。

ふらふらで帰ってきて、ゴミ箱漁ってるうちに怒り心頭。
私の怒りに気づいて寄ってきた先生
「じゃ、やるよ」
は?何?もうとっくに終わってるし。
「じゃ」って何、え?何?以下略。

チャリこいでいる間は、セロリ、刻むのめんどくせぇ、とか思っていたのに。
人は怒るとエネルギー発散するのね。
あっちゅう間にザブザブ洗って、切り刻み、終了しました。

酒と醤油だけのきんぴらがメイン。
あとは、ラタトゥユ。
枝みたいな半端なのは、香草としてスープ用→冷凍庫

となりました。
怒り切り刻むって、何だかだけどね。
しかもラタトウュ作り始めて、玉ねぎ切ってて指切ったしね。

ま、そんなこんな。
暑い中、無事に帰ってきただけで良しと…はしませんよっと。




黄金鶸

117816141_2971473466286685_6418869391725670446_o
谷口高司と野鳥を楽しむ会。
毎年お盆の時期はお休み。
暦によっては第二金曜日のこともあるし、第三木曜日のこともあるのですが、今年は第二金曜日がお休みにあたりました。
ということで8月は2回の開講で、今日がその2回目でした。

一昨日、私どもがお借りしている貸部屋のすぐ近くの同様の効率の施設で、コロナ感染が確認されたとのニュースがあって、どぎまぎしたのですが。
・貸部屋を使用するにあたって、ソーシャルディスタンスを維持しているので濃厚接触者はいない。
・引き続き感染防止対策を施したうえで、施設使用を続ける
と管理する自治体からの発表があり、今日の講座も開講できました。

おそらく…
春先のコロナ感染拡大防止のために、息をひそめていたころと違い、すこしずつとはいえ、いろいろなことがわかってきたこと。
きちんと対策をとって、前に進まないといけない時期に来ていること
などが背景にあるかと思います。

私どもの会は、広めのお部屋をお借りし、ご夫妻や、ご兄弟などは同じテーブルで、あとの方は空間をとって座っていただいています。
手指のアルコール消毒は、施設入り口と、私どもで用意したものでの2回。
さらにアルコール除菌シートもお配りして、心行くまで、施設の備品を拭いていただくようにしています。

谷口も、フェースシールドor冷感マスクを駆使。

そんな中でオウゴンヒワの講座、無事に終了しました。
今日は小学生姉妹ちゃんも参加、緊張しながら、でも元気な鳥を描いてくれました。
暑い暑い午後でしたが、みなさまから元気を頂きました。
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

猛暑はもう少しでしょうか?無事!乗り越えましょうね。

マスクの新兵器到来

118207968_2967033773397321_2227894338170921124_o
今日は2か月に一回の糖尿病の受信日。
出かけようと思ったらヤマトさんから電話。
着払いの何かが届く、ということらしいのだけれど。

はて?発送先はまったく覚えのない会社の名前だし…
え?まさか、ウワサの怪しい種!?と思って待っていたら。
1か月以上も前に注文して梨のつぶてだったマスクのフレームの会社からの荷物でした。

親友がマスクフレームをしていて、息が楽というので、ネットで探し探しして、やっとこれは!?と探し当てたのが、愛知県一宮のこの会社。
フュギアの型を作っているところで、めちゃくちゃ試行錯誤を重ねて、この形に至った、とホームページに載っていたので、すかさず3個頼んだものの。
注文受付のメールも、
商品お届けの進捗状況のメールも、
発送の連絡もないまま
ず〜っとだったので、あぁ、売り切れたのねと思っていました。

なので戸惑いはしたけれど、かなりうれしい荷物の到着。

せっかくクールマスクをみつけても、息をするたびに鼻や口にぺったり布がくっついて泣きそうだったし、着けてみたらめちゃ快適。
なので、届けてくれただけでOKとしよう。

会社のホームページでも事務系苦手みたいな印象で、いつもならスルーするのに、どうしても欲しかったのは私だったから、ここは笑顔で。

それにしても楽だった。鼻と口のところにきちんとドームがあるとこんなに楽だったとは。
結局、受診・栄養相談・薬を受け取るなどなどで病院で4時間強。
さらに、何件か用をすます予定だったタウンセブンが全館休館。
とはいえ吉祥寺はちょっとデンジャラスでなので、バスを途中下車して西荻窪へ。
そんなこんなで軽く7時間以上、マスクをかけていたのですが、今日は
「エイッ」ってマスクを投げ捨てたくなることはなかったもの。

道具ってツボにはまるとほんとに便利なのねって思った次第。

ずらっとあっても

20200818ガチャ504台
次男のお誘いがあって、少しお出かけ。
夕暮れ時は、ここ数日で一番涼しい感じだったのでちょっとほっとしました。

次男を待つ間に、某お店で、ガチャを探す大玉先生の図。

こちらのガチャはトータルで504台。
バードウオッチャーのサガで、つい物がいっぱいあると数を数えたくなる。
もう、可愛いものとか、懐かしの〇×系とかいっぱいあるの。
それぞれの年代が狂喜乱舞する品ぞろえ。

でも、欲しかったバンダイのハチのガチャはない。
ダンゴムシ系もゼロ。
0/504はとっても残念!
海洋堂のもも少なかったなぁ。

荻窪タウンセブン啓文堂のわずか6台のマシーン。
売り切れだったとはいえ、ハチがあって、さらにダンゴムシもあったあたり。
中身が濃すぎて大好きだわ。

ガチャに求めるものは人それぞれ、私たちが変態なのかもしれないけど。

次男からは大玉先生、SWITCHの脳トレ買ってもらってました。
ここんところ、スカスカぶりが目に余るので。
まずは、脳を鍛えないとだからね。

モリケイの話し

今日の日刊スポーツ、ばんえい競馬で、出走予定馬が仔馬を産んで出走取消になったニュースが載っていました。

私がまだ日本中央競馬会に勤めていた時のお話し。

1977年:昭和52年、まだ東京競馬場に厩舎があって、馬も人も住んでいた頃のこと。
「田中さんとこで仔馬が生まれた!」
とそれはそれは朝一の事務所で、大騒ぎになったことがあります。
内厩の田中和夫厩舎に急いで行ったら、周りの騒ぎなど知らんふりで、ほんとに美しい葦毛の仔馬が母馬に寄り添って立っていて、めちゃ可愛かった。
御殿場に放牧中にどうも…だったらしい。

御殿場の牧場は、長く調教師会会長を務められた藤本冨良先生ゆかりの牧場。
母馬のモリケイの放牧場近くにいた牡馬は、有名な種牡馬で、藤本先生いわく
「お嬢、いい〜馬なんだよ、その馬が。お嬢でもほれぼれすると思うよ」
と語っていたほどでした。
いや私、馬には惚れないけどね。

でも。競走馬は血統書がすべて。
種付けも血統書もすべて人間:日本軽種馬協会が厳しく管理している。
当然、血統書が作れない馬は競馬に走ることはできないので、泣く泣く、神社の御神馬として手放すことになって。
葦毛は年を経ると真っ白になるから、御神馬としてはぴったりなんだけど。
なんだか切なかったなぁ。

モリケイはそのあとも競馬に勝ってて、母は強しってびっくりしたんだった。
などと、いうことを思い出しました。

管理がどうのって知らない人は勝手いうけれど、放牧場のような広ぉぉぉいところで、ずっと番をしているわけにはいかないしね。わかんないさ。
想定外のことって、起きるのよね。

は・ず・れ

117533300_2959239327510099_4565548937596877920_o
金曜日に点滴に行ったとき、買い出しも済ませてきたのですが。
でも、今日は大事なお友達のお誕生日だったり、
大玉先生の画材が欲しかったりだったので、夕方、ヨッコラショとおでかけ。

とはいえ、自転車と、空いている日曜の夕方のバスなら。
この暑さ、バス一択だったので、ヨッコラショの大半は、
お出かけモードへの切り替えのヨッコラショ。

セミの鳴き声と、雷鳴が鳴り響く中、荻窪についたら、雨の降り始め
サクサク用事を済ませて、文具店から書店へ移動する途中に
私のお気に入りのガチャコーナーがあって、そこでハチの新作発見。
吉祥寺アトレと、吉祥寺ヨドカメ、両方合わせて500はあろうかというガチャ
よりも
こちらの6台のほうが、好みに合う、つまりピンポイント率めちゃ高い。

今日も、ダンゴムシorダイオウグソクムシ系もあったし
スワンボートのガチャもあった。
で、茨城のお友達が廻して、すっごく羨ましかったハチのもあったので小躍り。

した瞬間に、脇から中身がみえたら「からっぽ」。中身ゼロって。

が・っ・く・ん

でも、ま、それもこれも、そんなもんと思って、さくっと用事を済ませ外へ。
夕立のような雨が降ったようで、真夏のにおいが蔓延していました。

ただ雨の降りが少なかったのか、暑いままだったのは残念。

また、ガチャ廻しがてらお出かけしたいところだけれど、ステイホーム。

今度はいつになるかしら?

8月15日

20200815籾井商店
終戦記念日の今日は、姑キヨさんの祥月命日です。
戦争中、出征した舅シロウさんの代わりに、店を切り盛りし、家庭を守っていた姑は、敗戦の夏に、長男を亡くしています。

あまり多くを語らなかった姑。
兵舎でも、こっそりと洗面器でメダカを飼って気持ちのバランスを保っていた舅。
極寒のシベリア抑留生活を、ただ一回一度しか語らなかった父。
いろんな思いがいっぱいあったろうに、それぞれの心の中でケリをつけていた戦争への悲憤を、また蒸し返し掘り下げて聞くことは、私には、憚れました。
もちろん私の周りで唯一の戦争体験者の母に対してもそうです。
母も、あなたが知らなくていいことを話す気はしないといいます。

戦争の中を何とか生きて、戦後を過ごし、日々を重ねてこられたことの方が、とても大事とも思います。

でも、75年前にこの国で戦争があったこと、忘れてはならない。

あの時代と、コロナのこの時代と、不自由さの根本が違います。
だからこそ、与えられた自由のを謳歌するだけでなく、規律やルールを守っていくことは大切なのではと思います。

姑の好きだったお店の、煮豆と、ほうじ茶をお供えして、一日、静かに過ごします。

デラックス♪好き。

20200814デラックス
母の退院が来週に迫ってきて(予定だけど)何となく気ぜわしない。
というか、きっと、また母宅に入りびたることになるのだろう、と思うので、ちょっとブルー。
ま、この暑さのなか、無謀なお出かけを望むこともない、だろうし。
ま、これだけコロナ感染患者がでてきているので、新宿行きたいもいわない、だろうし。
とは思うものの、91歳キヨコ、無敵なので、ここはシュミレーションを重ねて防御せねば。
退院部が決まったら、ソッコー、ケアマネさんに連絡して入浴サービスをお願いしないと。

そんな中、ぜんそく病院は、来週前半はお休み。
ということは、私はこの不安定な肺のまま、母の退院を迎え撃つことになる。
それは嫌だな、絶賛お断りだわ、ということで家の時計が3時になったとたん、お出かけモード。
驚く大玉先生に留守を頼んで、ダッシュで中野坂上まで。

銀行の用事も済ませ、
セミの声を聞きながら点滴を終えたあと、
明日が祥月命日の姑へのお供え物を買い、
出たついでの買い物もたっぷり抱え、
母宅に水やりに行って、父の仏前に花を飾り
あまりの大荷物に、大玉先生にバス停まで来てもらって、荷物をバトンタッチ。
母の病院までブツを届けて、武蔵関でまた買い物。
そしてやっとゴール。五時間半のツアー。

ビバ関東バス1日乗車券。
これも、青梅街道を荻窪駅から武蔵関行きのバスでまっすぐ行くと
→母宅至近のバス停
→我家からすぐのバス停
→母の病院の目の前のバス停があるからで、
素直に青梅街道のバス停を結んでいくと、無理なく無駄なく家に帰れる。
これは私としてはとても気持ちが楽。

写真は、武蔵関駅近スーパーで、ネーミングがステキすぎて思わず籠に入れたチップス。
ポテトデラックス、これ以上何を望む?

デラックスとか、
スペシャル、
お買い得、
限定
ということばにはとことん弱い。
そして弱くてもいいと思ってるから、ポテチ買って丸くなるんだけどね。
さらによつ葉バターも買うことができて、ご機嫌だった帰りのバスでの一コマです。

母には申し訳ないけれど、基礎疾患2つもちで、自分の身体もヨレヨレリンだからなぁ。
まずは、自分優先で進めさせてもらおうと。

記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ