4f2fbc94.jpg


杉並区には「遊歩道」というのがあります。

自転車でぶんぶん飛ばしていると見逃しちゃうのだけれど、歩いていると思いがけなくであうことがある不思議な道です。
おそらくは、昔、川や用水路が通っていたあとなのでしょう。
くねくねと家やマンションの間を通る道は、細くて、車も通れないようにしてあるため、のんびりとお散歩できる温かい空間です。

今日は新高円寺で遊歩道にであいました。
毎月27日は翌々月の楽しむ会の会場ネット予約の日。
朝8時半から約1時間、パソコンにはりついています。サーバーが一時的に重くなるので、なかなか次のページに進めないのでじっと待ちます。

ぶじ4箇所押さえられて一息、サイトのスケジュール更新をしたあとも、ちまちまといろいろとしていると、父の担当のお医者様から「検査の数値が安定してきたので退院できるタイミングではありますが」と連絡が。
ただそれは検査結果だけであって、体の機能とは別なので…と。

確かに殆ど歩かなくなってしまった今の状態では、父が家に戻ってきても、母一人ではどうしようもないし。退院の目処が付いた時点でケアマネージャーさんと今後の対応を考えることになっていたので、まず連絡。月曜に病院に行ってくださるとのこと。
タクシーにも乗れない状態だものなぁ。問題山積み。

そして新宿経由で新高円寺へ長男と。
長男の小学校・中学校で同級生で急逝した青年との、お別れに行きました。ここ数日、気づくと涙が出ている状態。悔しくて、悲しくて、どうしていいかわかりません。ご家族の顔をみて、またさらにつらくなりました。
斎場で、懐かしい子どもたちが声をかけてくれたのですが、みんな立派に大きくなっておばちゃん、わかりませんでした。女の子はキレイになって、男の子は凛々しくなって…。この子達の未来が、健康に恵まれたものであることを祈らずに入られません。