BlogPaint



雨、降り続いていますね。

もちろん、今日も一歩も出ずじまい。

今の私がかかえている課題は不要不急のことばかりなので、あえて家から出ることもせず過ごしています。

静かに毎日、家にいるにはいるけれど、窓を大きく開け放つわけでもなく、電気を煌々と灯すわけでもないので、読みかけの佐藤賢一さんの本を開けることもなく、極力省エネでご飯を作る以外は、暗く寒い部屋の中でB5版より小さいノートパソコン見つめながら、過ごしております。

なんだか、暗い?
着ぶくれた私が、お湯を入れた小さなステンレスボトルを脇に置いて、ちまちまとパソコンの画面に向かうってのは、珍妙と言えばと珍妙、かな。

そんな中だけれど、悲壮感や、孤独感が少ないのはアメーバピグのお友達のみなさまと繋がっていることが大きいように感じます。

東海エリア在住のボーグさんは、電話をくれたり、夜毎、地震のことや、原発のこと、これからの日本のことなどお話し相手をしてくれます。
ひそひそばなしをすると、写真のようにピグ達はうたた寝しちゃうのですが、活発にお話しはしているの。

私のお誕生日に釣りゲームコーナー「小笠原エリア」でお隣になったのがご縁。とても穏やかな方で、話していると気持ちが落ち着きます。
奥さんの、こりんごちゃんは明るくてチャーミング。阪神淡路大震災
経験者なので、一言一言がかなりポイントをついています。

ドールハウスでお友達になったポンコちゃんも、ピグにお誘い。
私と同じ様に、真っ暗な部屋でピグをぴこぴこしながら、お部屋の模様替えを楽しみつつ、盛り上がります。

チャットなんて、と思っていましたが、メールと違いダイレクトにやりとりできるので、かなり楽しくお話が進みます。
このごろは高司も夜中に、台湾のピグ友さんとお話しをしています。

アメーバでも震災の募金を呼びかけしていて、募金の証しのTシャツを着ているピグたちを、モバイルのゲームの方でよく見かけます。
集まった金額をみると、おおお、っと思います。

小学生もピグを楽しんでいるので、昼間はうるさいお子ちゃまがいるエリアがあることことも事実。
でも、真夜中のピグは大人ばかりなので、かなり静か。
なんていうか現代版大人の社交場、みたいなもんでしょうか。

そんなでお籠りの日々も、かなり充実しているの。

ではワタクシ、これから、また社交場に行ってまいります!