edab1ce0.jpg


この辺のコンビニは、タイミングが悪いと棚が空っぽ。
お菓子屋さんも、スーパーも、入荷が少ないせいか空いている棚が目立ち、次男お気に入りのお菓子がなかなかありません。

こないだなんて、カサカサ音をたてながら不二家ホームパイの袋に顔を突っ込んで

「あぁいい匂い!」

とか言ってたくらい、お菓子飢餓状態だった次男。
かなり慎重なので、震災以降はほぼ家に居て、ニュース真剣に見る日々が続いていたので、ちょっと煮詰まり気味かしら?

昨日、荻窪の、「お菓子のまちおか」でほんの少し売っていたホームパイを買ってきたところ、

「おぉぉぉぉぉぉぉ」

と一人ドラミング状態で大感激しておりました。

パイそのものが手もとにあるのにもかかわらず、袋に顔突っ込んで

「お母さんもかいでみ、ホントいい匂いだから」

と言われて、母ちゃんかなり戸惑いました。
袋の匂いをかいでも、おなかは膨らまないしなぁ。
そんな癖が身についちゃったら、けっこう恥ずかしいだろう、これから…とも思うしな。

でも、彼があまりに熱心にいうので、思わず袋かいでみたら、個別包装にもかかわらず、かすかにパイの匂いが。

あまくて、やわらかくて、バターが遠くから来るほのぼのとした感じ。

なんていうか、寒くてゴツゴツしてて風がきつい、今の世相と正反対の匂いだね。

癒される気持ちはよそぉ〜っく分かったけれど、人前ではやめようね!!