7ce00e15.jpgお寿司が食べたい気分になったけれど、くるくる廻る天下寿司にはとても出かける気にはなれず、はじめて出前をとりました。といってもご近所に配達してくれるお寿司屋さんってあるのかないのかわからなくて、銀のさら、というケイタリング専門のお店。

昔、出前と言えばお寿司だったように思うけれど。いまは出前と言ったらピザだもんなぁ。
40分待って届いたお寿司、なかなかたっぷりのお魚の切り身と、すっごく小さめのご飯でありました。
ロイヤルコペンのお気に入りのお魚のお皿に乗せて見たら一人前こんな感じ。
けっこうたっぷりにみえるけれど、お米、私の親指ほどもありません、一個当たりね。
乗せ方が何だかだったのか、鉄火巻き置いた瞬間に、美しいお魚だったお皿が、ヒラメに変身しちゃってちょっとがっかり。
しかも食べ終わってからガリついていないの気付いたし。お寿司にガリってセットじゃないのかしら?

今日はちょっと森林や林業のことについてお勉強していました。
日本武尊が日本書紀で「スギとクスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺につかうように。それらの木々の種も蒔くように」と指示した話が出ているらしいの。びっくり!そんな昔の時代から、森を再生するという考えがあったのね。