e1bb5d87.jpgこんな可愛い大学ノート、売ってるんですね〜今は。

花柄のシリーズは、もう1冊ピンクの小花のも入ってA5版5冊で399円。いわゆる束ノートってやつで、ロフトで見つけました。
コクヨの製品です。中国製ってところが不安といえばちょっと不安、だけれど、この可愛さなら文句ありません。

水色のは、東大生のノート云々って表紙にシールが貼ってあったもの、これもコクヨ製で、中の罫線には均等にドットが打ってあって、図面とか描きやすいらしい。ほぉ。

私がお勉強をしなきゃいけない頃には、可愛いノートなんて皆無で、あっても表紙だけちょっと可愛げな色目の、アメリカ製のもので、消しゴムで文字を消すと、とんでもないことになる粗悪品も多かったです。
日比谷のアメリカン・ファーマシーとか、銀座のソニープラザやクロサワに行っては、すっごく吟味してノートを選んだ記憶があります。
表紙の黒い大学ノートは、とってもいやで、コクヨのキャンバスノートもその頃はダサダサだったからいやで。
考えて見ればノートを買う事に集中しちゃって、その後がおぼつかなかったんだね。
あの頃、こんなノートが手軽に買えれば、とか思っちゃう。

この花柄のノート、ピンクの花系は、買ってくれた母に謹呈しました。あとは、これからとりかかる本用に、相手の編集者の方に合わせて、使い分けようと思います。茶色っぽいのはIちゃん、赤っぽいのはSちゃんかな。
今度は”ノート揃えておしまい”にしないで、頑張って本のかたちにしないとね。

ということで、今日は久しぶりに元気な状態で家にいたので、断捨離の一日となりました。ずっと気になっていたものが、すこしは減ってスッキリ!したかな