39951684.jpg春がギュッとつまったような「新筍土佐煮」です。
鰹節たっぷりの柔らかい筍、菜の花、梅のお麩が、桜の模様の器に盛られていて、目にも楽しい一品。

京王プラザホテル八王子「海山」の銀杏コースで頂いたもの。
先日の伯母の五十日祭のあとの清めの席は、縁のある方たちとの、心温まる集いでした。
伯母の若いころの写真を持ってきた方がいて、これがとても美人。
今の私よりも、はるかに若い父が写っている写真もあって、なんだか不思議な気持ちになりました。

その写真に写っている人は、いまは誰ももうこの世にはいません。もし、あの世、というのがあるのなら、みんながそこで、同じように集まっているのかしら?と思うと、寂しさの中、ちょっと救われる気もします。

今日は父の月命日、父が亡くなって今日で2年と5か月。
一緒に吉祥寺の病院に出かけた母は、お供えする花と、父の好きだったGODIVAのチョコレートを2粒買っていました。

今年の春は、去年よりも心弾む春にしてあげたいなぁって思います。