04cc0b27.jpg
「多摩川小町とよばれてた頃♪」
なんだか嬉しそうに母が古い写真を見せてくれました。
今から60年近く前の母、洋装の写真は多いのですが、着物の写真は珍しい。父の定期入れの中から、古い写真が何枚も出てきた中に、入っていたんですって。

見せてもらったら、学生時代や、就職したばかりの父の写真、両親が婚約した頃の写真、ご機嫌な娘:私の写真とか何枚も入っていました。幼少期、豊かな暮らしでも両親との縁が薄かった父にとって、はじめて出来た大事な「家族」。
その思いを、父はずっと定期入れにしまっていたのですね。

それにしても多摩川小町かぁ。母が、自分で言っちゃってるだけってことはないんだろうか…


で、明日の杉並区の観察会に備え、点滴打って、桂花でラーメン食べて、世界堂で諸々買い出しして、帰ってきたにもかかわらず、何で、母と古い写真をみがてら、夜の3時間も母宅にいたかというと、母宅の水回りでトラブル発生して、クラシアンのお兄さんが到着するのを待っていたからでありました。
クラシアンの練馬支社が歩いて30秒のとこにあるので、お願いに行き、一生懸命早く来てはくれたのですが、それでもね、時間はかかるものね。

さ、明日の探鳥会、晴れは無理でも、午前中だけでも雨、もってほしいなぁ。