17884685_1116285491805501_548038670751583393_n

ちょっとこの頃放置気味で拗ねてたので、午後は、母を連れてお散歩。
荻窪ルミネの新宿中村屋でカリー&デザートまで食べてご機嫌キヨコ。
このあとは、本屋さんに行きたいのとのこと。
佐藤愛子さんの「90歳、何がめでたい」がどうしても読みたかったんだって。

88歳的にはま『何がめでたい』までに気分は到達していないらしいが、琴線に触れるものがあったらしい。

私自身、佐藤愛子さんの本が大大大好きで、独身時代、怒ることがあると、この方の本を読み、怒りの焔を鎮めていたことがある。
怒りにを消すにはもっと大きな怒り、ってことかな。
「何かあるたびに『これは書ける!』と思うことにしている」
というお言葉も私の座右の銘。

母も佐藤愛子さんに魅かれるのは血統かな。