23472102_1308393392594709_5215031935683250457_n

青梅街道街路樹のケヤキの大木の木肌。
人に歴史ありみたいな、美しさ。
美しいかどうかは置いておいて、70年と10ヶ月な歴史を重ねてきた高司先生。
今朝38度9分エントリー。
いくらんなんでも高すぎるし、足の痛みもあって、とても動けそうもないので、決まっていた寄り合いをひとつキャンセルさせていただいて。
予定してくださっていた先方には申し訳ないけれど、歩くのも難儀な状態で、今日はご勘弁。

知恵熱かしら?
とケヤキをみながらまず中野坂上の病院へ。
ここの病院は阿佐谷に分院があるころから通っているけれど、年末よりも混んでいて、今までで一番待ったかもしれない。
レントゲンも撮り、血液検査もし、でわかったのは「インフルではない」「肺炎でもない」ということ。
熱の原因はわからないけれど、炎症反応が高いので強めの抗生剤で様子をみましょうと。

丸亀製麺できつねうどんを飲みこんで、こんどは整形外科に。

背骨も足もレントゲンを撮ってもらったところ、足の痛みは骨折でも何でもなく、背骨のクッションにあたるところが加齢で摩耗していることからくす神経痛ではないかとのこと。
牽引をすると画期的によくなる人も居ますがどうしますか?と先生がおっしゃるので、人生初牽引を。

抗生剤が効いて熱が下がればいいのだけれど。はて。

結局私も7時間半、病院2つ掛け持ちでお付き合い。
高司の摩耗は背骨のクッションだけど、私の摩耗は神経だわ。
あぁくたびれた〜