29216056_1422884451145602_7284651672346142024_n

昨日は母を吉祥寺の皮膚科に連れて行きました。
インフルも流行ってるし、母を連れて何処かにとかは冬は極力避けているのだけれど。
さらにいえば、母も風邪ひいてしばらくは?な体調だったし。

でも、これは急いで皮膚科の先生にみていただかないと!ということがあって。
もう30年以上も診て頂いている先生が、体調によっては休診なので、朝一で電話をしたら、今日は大丈夫とわかり12時に母宅により、ラッキーなことに目の前に来たタクシーで向かったのです。

久しぶりに先生に診て頂き、心配だった皮膚炎もお薬ぬってれば大丈夫となり、薬ももらって一件落着。
母に、お昼は何が食べたいの?と聞くと
「ランチは、かつくらでカツを食べたい気分」
というリクエスト。

まさか一昨日の夜もたつみ亭でカツを食べたともいえず。

姑キヨさんは、98才7ヶ月まで豚カツ完食して、キャベツ残して、それでも99才1ヶ月まで生きていた。
年寄りがカツを食べたい本能のようなものは、大事にしないと、と、かつくら行き決定。

家に床屋さんしにきていた次男も高司共々合流。
みんなでランチとなりました。
かつくらの京のおばんざいセットは目にも舌にも楽しいから好き。

で、そのあと、東急の地下で買い物をし、青梅街道営業所行きのバスで座って終点まで。
母宅に向かうバスに乗ろうと待っていたら、なんと井荻行が来たのでするっと乗って。
母も私も欲しかったしまむらの靴下をげっと。
途中二回母が行方不明になることもあったりして、やっと帰宅したのが、迎えに行ってから6時間後。

久しぶりにお出かけで疲れた!と思いはしたけど、今日の方がもっと疲れが出るなんて予想もせず。
10時過ぎまで爆睡、ブランチ食べて、また4時間昼寝、と全く何の使い物にもならずの一日。

やっぱり母を連れて歩くのは、3時間までだなと猛反省。