今日は一日、気合でお仕事。
来週の小海のイベント、軽井沢や、JBF、大阪と一気に動き始めて、一気にいろいろとやりとりが必要になって、出てくださいといわれるイベントがあるのが、ありがたい限り。

そして、夜、facebookを閲覧。
何処かでみた絵だなぁ、と思ったら「フィールドガイド日本の野鳥増補改訂版」P.184,185。
谷口が追加で描いたタカの飛翔図のイラストだった。I氏が2012年にタカの渡り講演会資料として作ったものを堂々とfacebookにUP。
当時のコメントやり取りをみると、地方の友人と「いいなほしいなヨダレ」「データ送るよ、コピーして」「大きくね」ともあった。

こんな使い方を版元の日本野鳥の会が許可を出したとも思えず、私たちも絶対OKは出さないケース。
例えば卒論で絵を使いたいと相談があった場合でも、きちんと内容を精査して許諾を出している。
もし支部関連だとしても、全て許可をとるようにお願いしてあり、こんな安直な使われ方をされることは許しがたい。
著しい著作権侵害、そのもの。
データを送った先でも平気でコピーしまくっているかと思うと、怒りで身が震えて頭痛がしてきた。

今の日本で、まだこんなことを平気でやる人物がいるとは。

記事内に、出展は書いてあるが、認可を受けているとは書いていない。
出展記載があれば何をしてもいいというものではなかろうに。

facebookの過去の思い出ページって、こんなことも掘り起こしてくれるのね。

I氏本人は知り合い、高司の後輩。こないだも会った。
いま慌てて記事を削除したみたいけれど、おばさんは許しません。
もちろん日本野鳥の会にも報告します。
本人のメッセージ欄にきちんとした説明をもとめてから、これ書いているけどね
何十分もなって「ごめんなさい。取り急ぎ削除します」以降反応なし。
いいのかな?