44876453_1704065466360831_1764510283323146240_o
44832290_1704113653022679_3097925323233165312_o
この週末、秋の信濃追分に行ってきました。
毎年秋には、練馬区少年自然の家ベルデ軽井沢の「野鳥観察会&野鳥イラスト教室」で、信濃追分に伺っています。
宿泊者対象ですが、告知も丁寧にしてくださるので、とてもありがたい講座です。

何年かまえからは、楽しむ会のお泊り鳥散歩でも、会員のみなさまとご一緒することにしました。
谷口だけのspecialプログラムを何点かご用意。
もちろん宿泊はベルデ軽井沢。

会員のみなさま全員宿泊者ということで、ベルデ主催の講座もご参加いただけるという盛りだくさんな内容。
今回も多くの方が軽井沢駅にご参集くださってありがたいことでした。

以前は信濃追分ベースで観察会をしていたのですが、試行錯誤の末、ここ数回は私たちが前乗りで軽井沢入りして、まずは雲場池を下見。
その翌日、同じルートをみなさまに歩いていただくようにしています。

この時期の軽井沢といえば「雲場池の紅葉」なのですが、やはり夏の暑さが堪えたかのようで、今一つ、冴えわたる紅色ではないのが残念。
いつもと色目が違うせいか、駅前の紅葉のポスターも、いつもの雲場池ではなく、イメージイラストに変わっていました。

でも、世界各国の観光客の方は「目指して」雲場池にいらっしゃっているので。
それはそれはすごい混雑。
ラッシュアワーのような状態で池の周りを歩きます。

昨日は早々に脇道に入り、少し歩いたところでカラの混群と遭遇。
シジュウカラ・ヒガラ・コガラ・ゴジュウカラ・ヤマガラ・エナガ・コゲラ…
まぁ、どの鳥も動きの速いこと、なかなか視野に入れるのが大変でしたが、小鳥たちが周りを飛んでいる、というところだけでも、嬉しく幸せでした。

もう少し葉が落ちると、鳥はもっと観やすくなるのでしょうが。
でも、その頃はきっと寒すぎて野外観察も難しいかなぁ。

もう少し鳥がでてくれればよかったのですが…
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
また!ぜひ!お泊りいきましょうね。