173969850_3759812480786109_3289343057398840538_n
長野・山梨からおひさまのあるうちに戻ってきて。
さて、のんびり、なんてことはなく。
先ずはご後援やご協力を頂いた方への御礼や、告知や、いろいろとやることが山盛り。
今回はロングラン開催なので、少しだけ時間の猶予があるので助かります。

で、そこそこに終えてから、2時過ぎに母宅到着。
まずは母をタクシーで美容院に連れて行き、合間に銀行やら振り込みやらを済ませ。
30分あるから、と美容院から、母のコロナワクチン接種会場に徒歩で移動。
お籠りで歩くことが少なくなって、とみに歩様が悪くなっているので、どうかな?と思ったら、カメの歩みで20分で会場の旧若杉小学校体育館へ到着。
ホッとしました。

母とワクチン接種の会場の行列に並んで数分。
身分証明書がいる?と気づき、大慌て。
我が家はかかりつけ医なので、住所氏名も保険証関係もわかっていて、ただチケットを持っていけばよかっただけ、だけど。
杉並区は大規模会場なので本人確認書類がmust。
杉並区の方に事情をお話しして、母を待たせて頂きながら、娘、走れメロスのような心持で母宅を往復、35分で戻ってきました。やれやれ。

でも…会場の体育館に入ったらば!
何と接種担当の医療関係者のみなさまは全員東京衛生アドベンチスト病院の方でした。
私の糖尿病発病の時からとてもお世話になっているMさんとか、今、お世話になっている内科の方とか。
体育館という場所柄、みためは野戦病院だけれど、雰囲気が病院のまんまの、明るく穏やかな雰囲気で、一気にリラックス、和むことができました。
病院のカラーって、あるのですね。
この病院の雰囲気は父を看取っていただいた時も、とても救いになりました。

母はご機嫌で注射完了、15分経過後、おいとまし。
駅まで歩いたらスシロー行けるね!というと、バリ歩いてみせました。つえぇ昭和のオンナ。
母はマグロ六貫盛りペロリ。

このあと娘の修業は22時までかかったのでございます。