196379921_3767920606641963_788759756966321057_n

お弟子のYくんちでとれた「世田谷〇〇産高級手摘み梅」。
今回は2回に分けて5KGも送ってくれました。

小海に行く前に届いた第一弾のは、出かける直前にビニル袋に入れて冷蔵庫へ。
第二弾も、月-木まで、母のワクチンや病院、私の病院でびっしりだったので、箱の中のまんま。
ちょっと傷んでしまったもののあったけれど、見事に追熟完了で、いい色目になりました。

大きなシリコン製のたらいで洗って、水を切って…ってしていたらば。
「CHUMSのこれが役に立つ日が来たね」
とBE-PALおまけのCHUMSの扇風機?を持ってきた先生。
得意げにぶーーーーーーんって梅に風を送り始めました。

なんていうか「殿が魚を焼くと美味しい」的な雰囲気が滲み出ておりますね。
本人的にはこれでもお手伝いをしている、つもり。

梅ちゃんたち、大きくて形のよいのは梅干しへ。
ちょっと柔らかくなりすぎたのや小粒なのは、今年はジャムに。
それぞれ、丁寧に仕込んだのであります。

梅の花が咲いてから、蜂さんの役目をし受粉に頑張り、
雨が降ったり、風が吹いたりしたら、梅ちゃんの様子をみに行き、
新聞紙をふかふかのベッドのようにして、梅ちゃん詰めて送り出してくれたYくん。
毎年ほんとにありがとう。
来年は、授粉用に蜂さんのコスプレ衣装でも送ることかしら?